TLCおよびHPLCで成分が分離するのはなぜか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的な原理はペーパークロマトグラフィーやチョーククロマトグラフィーと同じもので、吸着力と溶解度のバランスに基づいていますネ。


TLCの場合、通常はシリカゲル、場合によってはアルミナを用い、HPLCではODSなどを用いることが多いですが、いずれにしても、分離対象となる物質のアルキル基などがそれらに吸着するのですよネ。そして、TLCの場合は自然の溶媒の上昇、HPLCの場合はポンプによる溶媒の流れと、吸着率のバランスによって分離するのですネ。いずれの場合も、溶媒の極性によって溶解度は変化しますので、純相のTLCの場合は酸や水を加えてRf値を下げたり、逆相のHPLCの場合はアセトニトリルやメタノールの率を上げてリテンションタイムを早くしたりします。また、HPLCの場合は温度が高いと吸着率が低くなるので、カラムオーブンで加温し、リテンションタイムを早くする方法も用いられますネ。
対象物質の構造式が僅かでも異なっていれば(光学異性体であっても)、Rf値やTrに差をつけることは可能です。
もし、HPLCを実際に使っておられるのであれば、使用説明書と共に解説書がついていて、そこに詳しい理論解説がされていると思いますヨ。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0

kawakawaさんの回答に少し補足です。


1.「BioLad」等のカラム用品を扱っているメーカーに請求すればHPLCの基礎的説明書が手に入ります。
2.一般のTLC・HPLC・GPC等の分離原理に関しては成書が沢山ありますのでそれらを参考にされると良い思います。
・HPLC入門/Sandy Lind…[他]/廣川書店/1998.6 
・International HPLC Sympos…/Kansai Sem…/1985. 
・キラル分離/A.M.Krstul…[他]/廣川書店/1997.5 
・蛍光分析化学/G.シュベット/培風館/1987.6
・高速液体クロマトグラフィーの実際/Lloyd R.Sn…[他]/東京化学同人/1992.3 
・高速液体クロマトグラフィー/Fallon[他]/東京化学同人/1989.9 
・生体高分子の高速液体クロマトグラフィー/R.W.A.Oliv…[他]/

これら以外にも洋書もあります。

ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国公立を狙いたいのですが、今のままでは無理だと思います。しかしなぜか頑張ればいけるという余裕はなぜか

国公立を狙いたいのですが、今のままでは無理だと思います。しかしなぜか頑張ればいけるという余裕はなぜかあり、勉強に身が入りません。赤点は一切とったことはなく、学校も普通より少し上の学力だと言われています。スイッチをいれないとやばいですよね?ガツンと言ってください。

Aベストアンサー

余裕がなぜかあるのは、大してやっていないからじゃないでしょうか
平均よりちょっと上ぐらいの高校で国公立に行く子は1桁~2桁じゃないでしょうか。
赤点はとったことない、といっても、それぐらいの学校だと問題もさほど難しくないでしょう
下のほうの生徒のことも考えないと行けませんからね。
高校に入るときのレベルの「真ん中」を基準にしても意味がないんですよ
進学する気がない人、大学や国公立を考えていない人も合わせての「真ん中」ですから。

大学受験はその中の「大学を目指す人」の中で
国公立ならさらに「国公立を目指す人」だけの競争になります。
だから高校受験と雲泥の差ですよ。

AO使うにしても上位1桁に入るのがいいのでは。
とにかくその高校の過去の毎年安定して国公立に行っている人数を見てみましょう
自分がそのランクに入っているかどうか。

一般選考を目指すならとにかく校外模試を受けて、自分がどれぐらいの位置にいるか確かめてください
「国公立を目指す人の中でこれぐらいの順位」っていうのがわかると思います
今の学校の順位は専門や短大や就職希望の人もいれての順位ですから…。

そして、自分が一定期間勉強してまた模試をうければ「これぐらい上がるのがどれぐらい大変か」
が見えます。

やってないうちは、なんでもカンタンに見えるんですよ。

スポーツでも音楽でも見てるだけの立場ならプロのことさえあれこれ批評できるものですが
実際やればその立場に立っているだけでどれほど大変な実力をお持ちかわかると思います。

高校だと「山月記」ってやるかもしれません
あれと一緒ですよ
自分を試さず自身だけ持ってると、結局はどうしようもないことになります。

「本当は○○大学に行ける実力があったのに」といいながら挫折して
ニートや、行けた大学で本気を出すのがばかばかしいとロクな就職ができなかった人を
たくさん見ました。
結局専門学校へ行き、本当は大学に行けたのに、と
こんな仕事じゃ、とテンテンとしているうちに、どんどん就職先の質もおちて
30過ぎて非正規雇用もいろいろな意味で限界に
ここ数年部屋から出てこないって人もいます

余裕がなぜかあるのは、大してやっていないからじゃないでしょうか
平均よりちょっと上ぐらいの高校で国公立に行く子は1桁~2桁じゃないでしょうか。
赤点はとったことない、といっても、それぐらいの学校だと問題もさほど難しくないでしょう
下のほうの生徒のことも考えないと行けませんからね。
高校に入るときのレベルの「真ん中」を基準にしても意味がないんですよ
進学する気がない人、大学や国公立を考えていない人も合わせての「真ん中」ですから。

大学受験はその中の「大学を目指す人」の中で
国公立な...続きを読む

Qプラトンのアカデメイアで学び、現実を重視しようとする(万学の祖)といわれるのは誰ですか?

プラトンのアカデメイアで学び、現実を重視しようとする(万学の祖)といわれるのは誰ですか?

Aベストアンサー

アリストテレス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9

Q血球成分、血清成分の違い

こふたつの違いはなんでしょうか??
わからなくて困っています。
だれかわかりやすく教えていただけませんかよろしくお願いします

Aベストアンサー

>筋逸脱酵素ってなんですか??
筋肉が壊死した時に血中に“逸脱する”、つまり放出される酵素です。この血中濃度を測ればどれぐらい筋肉が壊死しているか概算できます。


詳しいことは専門家ではないので勘弁を

Q公務員試験の参考書選び及び、難易度について

公務員試験の参考書選び及び、難易度について
私は、今23歳の男です。公務員に興味があり来年の地元市役所[人口約13万の市です]を受験しようと考えております。
中級・上級共にC日程で専門試験はありません。1次試験は教養と適性、2次試験は面接と論文とY-G検査と身体測定です。
参考書は昨年、兄が地元公務員[III種]を受ける際に使用していた、市販されている国家IIIor地方初級対応の参考書が7冊あります。
そこで、質問なのですが
1.市役所の中級及び上級の参考書は国家III種・地方初級の問題で補えるでしょうか?
 それとも、新たに市役所中級or上級対応の参考書を購入した方がよいのでしょうか?
2.約13万人の小さな市の問題とはどの程度なのでしょうか?

以上、どなたかお願いします。

Aベストアンサー

現職の都道府県職員です。
>1.市役所の中級及び上級の参考書は国家III種・地方初級の問題で補えるでしょうか?
全く使えないわけでもないでしょうが、
一般的には、
上級・・・・大学卒業程度
中級・・・・短大卒程度
のレベルの問題が出されます。
国家III種及び地方初級は、高校卒業程度のレベルですので、
ちゃんと地方上級用の参考書で勉強した方がいいですよ。
それから、あなたの受験する市のホームページに過去問題はないでしょうか。
あれば参考にできます。また公務員予備校のホームページにも傾向と対策が載っている
場合がありますので参考にしてください。
参考リンクはあくまで例です。ここの回し者ではありません。

参考URL:http://www.tokyo-ac.co.jp/koumuin/index.html

Qタラコを100回唱えると意味が分離するのは何故?

すみません、脳生理学か、言語学の方かなあ、と思うのですが、素朴な疑問です。
以前、本かTVでやってた気もしますが、、

タラコタラコタラコ・・・・(まあ何でもいい訳ですが)と1分間も発語しつづけると、(まあ、5秒で10回くらい言えるんですよ。そのうちだんだん疲れてくるので次第にペースダウンして、結局だいたい100~110回くらいになるんですが)
何故か、頭の中で〔tarako〕という「音」と、あの粒々してゴハンにのせるとおいしい魚卵=わたしの好きな食べ物の「たらこ」という「意味」が分離してしまうんです。

これは、一体どういう仕組みなのでしょうか?
基礎も基礎の生理学は習ったのですが、できれば一般書くらいの平素な言葉で、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 大脳はいろいろな部分で仕事の分担をしています。例えば「たらこ」を食べると舌→舌に存在する味覚細胞(味覚芽)→味覚の感覚神経→大脳側頭葉の味覚野と伝達され味が認識される(味が分かる)となります。何度も食べているうちに「たらこ」を見ただけで「たらこ」の味を思い出す(分かる)ようになります。記憶野が「たらこ」を記憶していたので、視覚(見ただけで)分かるようになります。これが「学習」とよばれるもので、各分担された大脳の仕事の分野を繋ぎあわせていきます。何年もの経験によっていろいろなものを記憶し、頭頂葉で知覚認識判断できます。
 さて、「たらこ」=「美味しい魚の子」と認識されていますから、「たらこ」と言ったり、聞いたりしたら、直ぐにイメージができます。
 ところが、「たらこ」を繰り返して言う、(大脳前頭葉の運動野から運動神経→筋肉→発音の繰り返し)を行うと、その繰り返しの神経伝達だけが強く働くようになり、「たらこ」の美味しいという認知の回路より強くなってしまします。このとき、「たらこ」は意味の無い言葉としか認知されなくなります。
 繰り返しをやめてしばらく経つと元に戻りますが。
 かなり、以前の大脳の働きや「学習」から抜粋して答えましたが、現在では脳内のホルモン(ドーパミンなど)の働きも指摘されています。

 大脳はいろいろな部分で仕事の分担をしています。例えば「たらこ」を食べると舌→舌に存在する味覚細胞(味覚芽)→味覚の感覚神経→大脳側頭葉の味覚野と伝達され味が認識される(味が分かる)となります。何度も食べているうちに「たらこ」を見ただけで「たらこ」の味を思い出す(分かる)ようになります。記憶野が「たらこ」を記憶していたので、視覚(見ただけで)分かるようになります。これが「学習」とよばれるもので、各分担された大脳の仕事の分野を繋ぎあわせていきます。何年もの経験によっていろいろな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報