人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ドイツ語を初級から学習したくて検討中です。
聞く、話すということに重きを置きたいのですが、
同時に文法等もしっかり勉強したいと思っています。

ドイツ語を教えてくれる語学学校は、ある程度限られていると
思いますが、いろいろな観点から比較し、それぞれの学校の
長所と短所を教えていただきたいのです。

通学する場合と通信教育の場合の両方について知りたいです。

また、ドイツ語を学習する時のポイントなどについても教えて
いただけるとありがたいです。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1のflorenzです。



駅前留学とベルリッツだったら、語学学校としてしっかりしているのは「ベルリッツ」です。
ベルリッツは世界中にあって、それなりに語学学校としてのシステムとレベルを保っています。

ただ、授業料が高いんですね。
ゲーテ、欧日協会、ハイデルベルクの授業料は、時間換算すると1時間1000円くらいなんですが、ベルリッツは3000円以上だったと記憶しています。
ベルリッツだけは、身近に通ってた人がいないのですが、知り合いの知り合いというレベルで聞いた話では、語学学校としての質はいい、という噂です。

駅前留学は、残念ながら先生が「外国語としての語学教育」をするレベルではありません。
先生本人が「(語学を教える)教育はまったく受けていない」と言っていました。先生として雇われた時の研修も名ばかりだったそうです。(先生としての心得だけだったそうです)
日本の大学に留学していてそのアルバイト、とかその程度で、彼らはゲーテなどの先生としては雇ってもらえないレベルの人がほとんどのようです。

ご存知の通り、駅前留学は自由予約制なので、一緒になった他の二人がどこまでやっているかによって、日によってテキストのやる場所もバラバラです。
自分がまだやっていない文法を必要とするページなんかやられた時には、たまったものじゃありません。
また、先生によってもやり方が全然違い、文法をちゃんと教えてくれる先生は少ないです。(語学を教える教育を受けていないのでしょうがないと言えばしょうがないのですが・・・)
一番下のレベルなのに、大学で一通り文法を終えている人とかが多く、まったくの初心者には向かないのです。
私はほとんど初心者の状態で駅前留学したのですが、結局そこでやったことはまったく役に立ちませんでした。

けど、文法を一通り終えているレベルだと、駅前留学でも大丈夫だと思います。
一通り終えていれば、テキストが飛び飛びでも努力でどうにかなります。
聞く・話すを中心にやるので、会話力を落とさないために、と通っている人もいます。(私も、語学留学後、チケットが余っていたので、同じ理由で通いました)
だから、聞く・話すを学ぶための補助として通うのにはいいと思います。

ドイツ政府管轄のゲーテ・インスティテュートが上級までちゃんとクラス制を取っていることを考えると、自由予約制が語学の勉強に向いているのかいないのかはなんとなく分かりますよね。

欧日協会でやっている通信教育ですが、あるのは知っていますがどのような感じなのかは私はよく知りません。
No.1でも書きましたが、HPがあります。HPに通信教育についても書いてあります。
HPから問い合わせもできるので、メールか電話で一度問い合わせてみてはどうでしょうか。
欧日協会の受け付けの人はとても親切ですよ。


勉強についてですが、
趣味でドイツ語をやるとか、会話でコミュニケーションを取れればいい、という場合は文法にはそれほどとらわれる必要はありませんが、いずれドイツ語力を証明する必要がある場合、文法はとても大切です。
文法も大切にしないと、文法ミスの癖は一度ついたらなかなか直りません。

ゲーテ主催の資格試験(ドイツ政府管轄の資格)でも、初級から筆記でも口頭でも文法をしっかり問われます。
ちなみに、ゲーテの試験は、部外者でも受験可能です。

いい勉強法が見つかるといいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

何度もお返事くださり、ありがとうございました。お礼を申し上げるのが遅くなってしまい、申し訳ありません。

そうなんですよね。ベルリッツ、高いです・・・。とりあえず、と問い合わせてみたら、ドイツ語はマンツーマンしかしていない(教室によっても違うのかもしれませんが)とのことで、だから尚更高かったのかもしれません。1レッスン10000円
近く(?)するようで、いくら内容がよくても、残念ながら私としては、断念せざるをえません。

通学をするとなると、あとは駅前留学しかないみたいなのですが、florenzさんの
体験談を伺うと、何だか躊躇してしまいますね。

でも、通信教育のみでは不安な気もするし、迷うところです。

もう少し、考えてみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/01 22:41

補足に対するお返事です(ってココでいいんですよね)。



下でflorenzさんがおっしゃっている通り、NOVAやベルリッツは、少しはドイツ語を
かじった人でないと難しいのではないでしょうか。ドイツ語は、割と文法が難しいですが、
たとえばNOVAが文法をひとつひとつやっていたら、本来NOVAが提供するはずの「聞く」
「話す」教育ができなくなる気がするんですよ。だから、私も初心者にはツライかも。

欧日協会の通信教育コースですが、私は利用していないので、よくわかりませんが、
WEBで見る限り、会話の通信教育コースで使用している「Sprachakurs Deutsch」は、
通学コースでも使用している教科書です。通学コースではこの教科書を使いながら、
文法をチェックしたり、会話をしたりしていました。「Sprachakurs Deutsch」は、
テープ教材があるので、通信教育のコースは、きっとこれを利用するのだと思います。

一般的に言って、通信教育では通学と同様の教育は得られないと思いますよ。実際に、生のドイツ語に出会って、自分でドイツ語を話すことができるのが、通学コースの醍醐味で、
やはりこの方法が一番ドイツ語を身につけやすいと思うからです。
ただ、通信教育で文法をある程度かじっておいて、NOVAで駅前留学するっていうのも、
可能なんじゃないですか?いろいろ質問もできるようなので、独学で文法を学ぶよりは、
励みになるし、効果も高いんじゃないかと思います。もちろん、根気はいりますが…。

こんなところで、回答になっていますか?頑張ってください。
わたしももう少し仕事が落ちついたら、またドイツ語をはじめたいと思っています!

追伸:欧日協会の通学コースは22レベルではありませんでした。レベル1~7まであって、
 1~3はさらにabcの3レベルにわかれています。レベル4以降は、会話とか翻訳とかの、
 内容によってコースが分かれているだけのようです。ごめんなさい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。(お礼を申し上げるのが遅くなってすみません)
欧日協会の通信教育の資料をさっそく請求しました。現在届くのを
待っているところです。

そうですよね。通学の場合は、わからなくてもドイツ語で話さざるをえない
状況に置かれるわけだから、一人で勉強しているより身につきやすいのでしょうね。もう少し検討してみます。

何度もお返事くださって、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/01 22:22

こんばんわ。

ドイツ語を学んでいたものです。

まず、katze98さんがどちらにお住まいなのかわからないので、的外れになったらごめんなさい。

ドイツ語を学べるところで一番有名なのは「ゲーテ・インスティトゥート」というところです。
多分ドイツ語を志す人なら必ず一度は聞いたことがある名前だと思います。
ここはドイツ国内をはじめ、世界各国に学校を持っており、東京では赤坂のドイツ文化会館にあります。
ドイツ語の検定試験などもやっていて、ここでとった検定資格は、ドイツの大学に留学するときなどに
ドイツ語能力を証明するものにもなる、といえば、どれだけ権力を持つ学校であるかがわかるでしょう。

私の印象では、ここはどちらかというと文法より聞く/話すということに重きをおいた学校だと思います。
とはいえ、初心者のためのコースも用意されてるようなので、本格的に頑張る!と思われるのでしたら、
ここはオススメな学校だと思います。実際、私がドイツ文学科に在籍中も結構通っている子がいましたよ。
また、夏や冬にはドイツのゲーテ・インスティトゥートに短期留学する、ということもできますよ。
▼ゲーテインスティトゥート
http://www.goethe.de/os/tok/jpindex.htm

また、私が通っていてとても気に入っていたのは「欧日協会ドイツ語ゼミナール」というところです。
こちらは、渋谷にあります。こちらも22レベルに分けたレベル別の学習をしているので、初心者もOKです。
使っている教科書が、文法を順番にやっていくものだったので、大学などで文法を学ばないではじめる人も
とっつきやすいのではないかと思いますよ。
何よりも、少人数制なので(少ないクラスは3人というのももありました)アットホームなカンジがすごく
いいと思いました。授業の振替も聞くし、リーズナブルだし、私的にはココが一番オススメです
(いろいろ意見はあると思いますが)。

また、通信教育もやっているので、東京にお住まいでないのでしたら、通信教育という手もあります。
▼欧日協会ドイツ語ゼミナール
http://www.onichi.co.jp/

そのほかにも、東京であれば、代々木にハイデルベルグというところもありますね。ここは、周りに通った
という人がいないので、よくわかりません。
▼ドイツ語学院ハイデルベルグ
http://www.alles.or.jp/~heidel/

私がわかるのはこのくらいですが、ドイツ語を学ぶ人たちのために、というコンセプトで作られている
「ドイツ語コム」というサイトがありますので、こちらを見られても、独習方法などがわかるのでは?
▼ドイツ語コム
http://www.asahi-net.or.jp/~vg5t-ngi/

ドイツ語を学習する時のポイントは…、どんな語学でもそうだと思いますが、文法は大事だけど、とらわれ
すぎても、なかなか上達しないのかな、と思います(私がそうでした。文法を気にしすぎるので…)。
通信教育やラジオ講座というのもありますが、できれば、ゲーテやドイツ語ゼミナールで実際にドイツ語を
話される方とたくさん話をすることが一番だなぁと、私は感じています。

こんなところでしょうか?
もし、もっと聞きたいポイントがありましたら、補足でご質問ください。わかる範囲でお答えします。

この回答への補足

詳しいご説明、ありがとうございました。
rumbaさんご推薦の、欧日協会ドイツ語ゼミナールですが、
通信教育の場合も、通学した場合と同等の教育が受けられる
でしょうか。もちろん、性質の違いはあるでしょうが。

私が住んでいる地域で、通える範囲にあるドイツ語を扱っている
学校は、NOVAとベルリッツがあるようなのですが、
これらはいかがなもんでしょうか。
もしご存知だったら、教えていただけますか?

補足日時:2001/11/30 09:41
    • good
    • 0

katze98さんのお住まいがどの辺かによって不可能になるかもしれませんが、ドイツ語学校は少ないのです。


おすすめは以下の3つです。

・ゲーテ・インスティテュート(東京:赤坂、京都、大阪)
・欧日協会ドイツ語ゼミナール(東京:渋谷、神戸)
・ドイツ語学院ハイデルベルク(東京:代々木)

ゲーテ・インスティテュートは、ドイツ政府がやっているもので、世界中にあります。
先生もしっかりしていて、読む・書く・話す・聞く全てに重点を置いています。
ゲーテでの成績証明や資格ならば、ドイツで通用します。(日本の独検はドイツでは通用しません)
http://www.goethe.de/os/tok/jpindex.htm

欧日協会はゲーテの姉妹校として認定されていて、先生もゲーテとかけ持ちの先生が多く、授業内容はゲーテと似ています。(でも、使用教科書はゲーテで使用しているものと違います)
通信教育もあります。
http://www.onichi.co.jp/

ドイツ語学院ハイデルベルクは、ゲーテと同じテキストを使っていて、授業内容はゲーテと似ています。
http://www.alles.or.jp/~heidel/


ちなみに駅前留学は、初心者には向いていないのでやめた方がいいです。(経験者です)
通信教育はドイツ語に限らず、かなり根気がいるものです。

ドイツ語はなかなか聞く・話す機会に恵まれないので、できれば学校に行った方がいいと思います。
学校で少し習ったら、ドイツ人と文通やメール交換をするとドイツ語学習の糧になっていいですよ。
学校が近くになかった場合に通信教育でするのにも、文通やメール交換は励みになると思います。

がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくにありがとうございました。
3つの学校の似ているところと違うところを教えて下さって
ありがとうございます。とても参考になりました。
ただ、住んでいるところの関係で、これらを利用するなら
通信になります。
駅前留学は、やっぱりやめた方がいいですか。
通える範囲にあるドイツ語を扱っている学校は、この駅前留学のところと
ベルリッツなんです。

お礼日時:2001/11/30 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都内23区で安くドイツ語習えるところ

みなさん
1000円/時間でドイツ語習えるところご存知ですか?
平日仕事終わってから19時ぐらいから通いたいです。
ゲーテー等は高いです。
大学で1年間ぐらいは習ったけど、まったくです。
※ネイティブの先生にこだわっていません。

Aベストアンサー

皆さんが書かれている通り、1時間1000円では皆無でしょう。それよりも、Webseitで内容が間違いないものを紹介します。

1.東外大言語モジュールlドイツ語 これは動画、文法など初歩から学べます。しかも授業料は無しですよ。
2.German Course DW. ドイツの海外放送局のドイツ語講座 初歩から上級程度まで。 初歩の説明は英語です。
  発音は所謂放送用のアナウンサー等のものです。これも練習問題が豊富です。
3. You Tube で German for Beginner とかEasy German とかいう動画は役立つはずです。
あとは、高田馬場にドイツ語会話喫茶があるようです。

上記の1,2,3はお勧めですよ。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q大人が公文式で学んで効果ある?

中年の今になって学習意欲が湧いてきて、勉強したくなりました。
自分のレベルにあったところから学習できる公文式で学ぶのはどうかな?と思うのですが、
成人してから公文式で学ばれている方はいらっしゃいますか?

公文は全く初めてで、子供の頃も経験がありません。
英語と国語を学びたいと思っていますが、どうでしょうか?

大人になってから公文で学ばれている方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

海外で公文式の指導者をしている者です。私の教室には、たくさん大人の生徒さんがおられます。主として英語・ドイツ語などの語学を学習されている方々ですが、中には、お子さんと一緒にお父様が数学を勉強したり、日本の古典が読みたいと言って国語を一から学んでいらっしゃる主婦の方もいます。語学は、特に忙しい駐在員にとっては、自分で好きな時間に自宅で学習できるので(普通の語学学校と違って時間の拘束がない)、便利なようです。出張途中の飛行機の中でプリントをやっていたというお話も聞きました。また、公文の学習には、毎日必ず「聴き・読み・書く」という行為が伴うので、週1回程度の個人レッスンより、はるかに定着度が高く、学習の進み方がはやいのです。

私の教室には、今まで何人も最終教材を修了した大人の生徒さんがいらっしゃいます。英語だと、中学生くらいのところから始めて、平均2年くらいでしょうか。

「学び」ということは、畢竟「生涯学習」に尽きます。学びたいときが「学びどき」です。公文は、徹底して個人学習なので、年齢制限はありません。成人学習に経験のある指導者の教室を選んで、学習されることをおすすめします。

海外で公文式の指導者をしている者です。私の教室には、たくさん大人の生徒さんがおられます。主として英語・ドイツ語などの語学を学習されている方々ですが、中には、お子さんと一緒にお父様が数学を勉強したり、日本の古典が読みたいと言って国語を一から学んでいらっしゃる主婦の方もいます。語学は、特に忙しい駐在員にとっては、自分で好きな時間に自宅で学習できるので(普通の語学学校と違って時間の拘束がない)、便利なようです。出張途中の飛行機の中でプリントをやっていたというお話も聞きました。ま...続きを読む

Qドイツ語で「ごめんなさい」。

ドイツ語でごめんなさい(名詞)が
★Entschuldigung[エントシュルディグング]
★Verzeihung[フェアツァイウング]
というところまで分かったんです。
それでどちらもほぼ同じ意味と書いている辞書と「すみません」と「ごめんなさい」に分けてある辞書があったのですが,
自分が悪いことをしてごめんなさい,という意味の「ごめんなさい」はどちらの方がふさわしいでしょうか?
それから読み方は
★Ent - schul - di - gung
 エント - シュル - ディ - グング
★Ver - zei - hung
 フェア - ツァイ - ウング
で合ってますでしょうか?
特にVerzeihungのhungの部分がよくわからなくて…
良ければご回答下さい。
ありがとうございました。

Aベストアンサー

Entschuldigung
は、Schuld(罪) を ent する(取り除く)こと 
というのが語源です。
また、「言い訳」という意味もあります。

「言い訳」というのは
日本の文化の中ではあまり良い事ではなく
「言い訳せずにさっさとあやまれ!」と叱られたりします。
しかし、西欧文化では
過ちのプロセスを解明し表明することで反省をも
表現する事につながるので
言い訳することはとても大切な事だとされています。
失敗の原因を自ら述べる、という意味合いです。

Entschuldigung と謝るのはつまり、
私に言い訳をさせて!
そして私に、私の罪を除かせる行為をさせて! 
という意味なんです。
英語の excuse me にあたります。

Verzeihung
の方は verzeihen (罪を許す)という
動詞の名詞化ですから端的に
「ご容赦!」 と言っていることになります。

長々と語源を書きましたが
だからつまり、日本語的にどう違うのか・・となると
ほぼ同じですよ、というのが妥当な答えです。


言葉に忠実でありたいわたしは
言い訳が存在するような場合には
(もし聞かれたら失敗の理由を言えるような場合)
Entschuldigung  または  
Entschuldigen Sie bitte! を使い
言い訳が言えないけど、私が悪かった、許してね・・
というような場合には
Verzeihung または
Verzeihen Sie bitte! を
使うようにしています。
100% というわけでもないですが。

Entschuldigung
は、Schuld(罪) を ent する(取り除く)こと 
というのが語源です。
また、「言い訳」という意味もあります。

「言い訳」というのは
日本の文化の中ではあまり良い事ではなく
「言い訳せずにさっさとあやまれ!」と叱られたりします。
しかし、西欧文化では
過ちのプロセスを解明し表明することで反省をも
表現する事につながるので
言い訳することはとても大切な事だとされています。
失敗の原因を自ら述べる、という意味合いです。

Entschuldigung と謝るのはつまり、
...続きを読む

Qドイツ語を独学で勉強したいのですが。

独学でドイツ語を勉強しようと思っているのですが。

先日、某オークションで購入したテキスト(なんと20年近く前のものでした)で
勉強を始めたのですが、さっぱり理解できませんでした。
本当に超初心者が独学する場合に適した参考書、テキスト等がございましたら
教えていただきたいのですが。

それとも、独学じゃ土台ムリな話なんでしょうか・・
11月の独検4級を、今のところ目標にしているのですが。
ちなみに、こちら仕事を持つ主婦です・・。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も仕事を持つ主婦です。
仕事というのがドイツ語教師です。

質問者さんが
習得してぜひ実現したい! と願っているのは
ドイツ語でモノを読み書きすることなんでしょうか。
それともドイツ語で旅したり会話することなんでしょうか。

読み書きが当面の目標ならば
しんどい道のりだとは思いますが
独学でもまぁ、何とかなるでしょう。
しかし、会話が当面の希望ならば
独学は無理なのでぜひ、
私の教室に(笑)おいでください。

10年くらい独学でかなり勉強した、という方が
教室に来ます。
初心者ではない、という自負があるので
入門クラスではなく中級あたりに入講なさいます。
しかし、ABCもわからぬ状態で教室にはいった、
学習歴3年というような方にもおいつけない。
いまどきのドイツ人社会では使わないような
やたらむずかしい単語を連発するばかりで
構文はまちがっていたり
当たり前の挨拶語や感嘆表現がいえなかったり。
ついにへこんでしまわれて
入門クラスに入りなおしたり、
それもプライドが許さない方は去っていかれます。

会話は独学じゃ厳しいです。

また、読み書きにしても
ドイツ語は大変に難しい言語です。
英語は間口が狭くて奥行きが広い言語です。
とりあえず中学生程度の文法でも
何らかの文は読めるし話せる。
でも中学文法だけでは物理の専門書や哲学書は
読めないですよね。
ドイツ語は逆。
間口が広く奥行きが狭いんです。
とりあえずの初頭文法を攻略するだけでも
何年もかかるし、膨大な規則を覚えなくちゃならない。
その全部を攻略しないと、
簡単な文もわけがわからないままです。
しかし、辛抱して攻略さえすれば
あとは15世紀にかかれたルターの聖書も
ヘーゲルの哲学書もリルケの詩も
問題なくわかります。

会話にしても文法知識にしても
信頼できるよい教師のもとで学ぶほうがずっといいと
私はおもうけれど、
それでも独学書をご推薦するとしたら
「ダンケ博士の・・・」 とか
「Z先生の・・・」というような
明るいイメージの命名がされている参考書は
使いやすいようですよ。

郁文堂や三修社がドイツ語の出版社としては
有名ですね。

どうしてドイツ語を勉強しようと思い立たれたのか
仕事柄興味があります。
お差し支えなければ、きっかけを教えてください。

こんにちは。
私も仕事を持つ主婦です。
仕事というのがドイツ語教師です。

質問者さんが
習得してぜひ実現したい! と願っているのは
ドイツ語でモノを読み書きすることなんでしょうか。
それともドイツ語で旅したり会話することなんでしょうか。

読み書きが当面の目標ならば
しんどい道のりだとは思いますが
独学でもまぁ、何とかなるでしょう。
しかし、会話が当面の希望ならば
独学は無理なのでぜひ、
私の教室に(笑)おいでください。

10年くらい独学でかなり勉強した、という方が
...続きを読む

Qこども連れのドイツ赴任。子どもが、ドイツの小学校Grundschuleや幼稚園Kindergartenで、やっていけるか心配です。

 仕事の都合で、まだ少し先の話しですが、1年間ドイツに滞在することになりました。娘が小学校3年生、息子が幼稚園の年少(いずれも渡独時点)なのですが、滞在するところには日本人学校がありませんので、もし連れていけば、現地の学校(ないし幼稚園)に入れざるを得ません。そのため、子ども達がやっていけるかどうか、心配しています。渡独前にドイツ語の勉強をさせておけばいいのですが、子ども向けの講座も知りませんし(今住んでいるのが地方なものですから、大人向けのドイツ語学校さえも存在しません。)、子ども達はドイツ語の知識がないままに渡独することになりそうです。そこで、お子さんを連れて渡独され、お子さんを現地の学校に通わせたご経験のある方(あるいは現在通わせておられる方)がいらっしゃいましたら、お尋ねしたいのです。ドイツの小学校Grundschuleや幼稚園Kindergartenでは、ドイツ語を解さない子ども達の受け入れ体制は、整っているのでしょうか。学校のHPには、ドイツ語を解さない子ども向けのクラスもあるように記されているのですが、実態がどの程度のものかよくわかりません。また、ご自身のご経験ではだいぶ苦労なさいましたか。ご教示いただけると助かります。

 仕事の都合で、まだ少し先の話しですが、1年間ドイツに滞在することになりました。娘が小学校3年生、息子が幼稚園の年少(いずれも渡独時点)なのですが、滞在するところには日本人学校がありませんので、もし連れていけば、現地の学校(ないし幼稚園)に入れざるを得ません。そのため、子ども達がやっていけるかどうか、心配しています。渡独前にドイツ語の勉強をさせておけばいいのですが、子ども向けの講座も知りませんし(今住んでいるのが地方なものですから、大人向けのドイツ語学校さえも存在しません...続きを読む

Aベストアンサー

現在、主人の仕事の都合で、小学校3年生の息子と共にドイツのブラウンシュバイク市(Braunschweig)に滞在しています。滞在期間はたったの8ヶ月、あと数日で帰国予定です。もちろん、日本人学校などなく現地校に通うしか選択の余地はなかったので、渡独することはずいぶん迷いました。現地校に通った経験のある友達に相談したり・・・決断の決め手になったのは「財団法人海外帰国子女教育振興財団」の方に電話で相談し「短い期間とはいえ、かけがいのない経験になる。ぜひ、行くべき!」という言葉でした。
下のお子さんに関しては(私には幼稚園の方は分かりませんが、他の日本人の方を見ていると)問題ないと思います。と、言いますか、幼稚園に早く馴染むかどうかは、言葉の壁ではなくその子の性格によるので、日本にいるのと同じだそうです。受け入れ態勢も幼稚園であれば、大丈夫みたいですね。
さて、上のお子さんの方ですが、私どもの経験を話します。ので、あくまでも参考程度になさってください。
小学3年生になってまもなく渡独が決まり、あまり本人にプレッシャーを与えないようにとドイツ語の挨拶さえも覚えさせませんでした。もちろん、私もグーテンタグくらいしか知りませんでした。実のところ、そんな時間もなく、住居が決まったのも本当に直前、学校は現地で決めることにして、バタバタと渡独しました。ただ、出発前に「ブラウンシュバイク」で検索すると数少ない日本語のサイトに「日独協会」を見つけたので、藁をもすがる気持ちで会長にメールをうちました。そして会長からの返事があり、この小さな町に週に1回だけ日本語母国語教室があることを知ったのです。kappa8555さんの住む予定の市はずっと大きいですし、調べてみると日独協会もありました!ぜひ、検索してみてください。
当の現地校ですが、ちょうど夏休みだったので、学校が決まったのが9月に入ってからでした。主人のお世話になる仕事先の方に探していただいたのですが、やはり地域によって評判のよい(家庭の質のよい)学校はあるようで、一般にはギムナジウムが併設されている小学校がいいようです。仕事先の方に口ぞえしていただいて、学区外だけど歩いて通える小学校に入学しました。校長先生にご挨拶したその日(始業の日なのに)からいきなり5時間授業を受けました。ビックリです。ドイツ語補習授業はなんと、週2回、まったく話せないのでマンツーマンです!
「ドイツ語を話せない日本人が現地校に通う」はっきりいって、かなり大変でした。はじめの2ヶ月は、名前を呼んでも反応がなく、常にボーっとすわっているだけ、ちょっと普通ではない状態。授業中は全てをシャットダウン。もともとマイペースで、日本でも困っていたので、ドイツで少し周りを見れるようになれれば、とかすかな期待を抱いて来たのですが、かえって拍車がかかってしまいました。担任の先生からは連日連絡帳に怒りのメッセージが・・・反論できないくらい様子がひどいので、本当に悩みました。救いは友達が非常にやさしいことです。わけのわからない行動をする日本人を、受け入れてくれていることです。本当に家庭の質というのはあるんだなあ!」と実感しました。時々会うご両親もとてもあたたかいのです。
10ヶ月経った今現在ですが、正直、ドイツ語は今だ話せません。(私も)多分うちの子は何をするのでも、とても上達が遅いのだと思います。ただ、話せなくて友達を作り、どうにか授業中分からないながらもやり過ごす術を覚えてしまいました。相手がどう発音しているかを聞き取れるようにはなってきたようで、時々「・・・ってどういう意味?」と聞かれます。小さな進歩ですが、これってやはりすばらしいことだ、と思っています。
日本語の母国語教室ですが、そこに通う日本人はほとんどがドイツ人とのハーフの子、それでも息子は「日本語がしゃべれる!」と週に1回は水を得た魚のように生き生きとしています。私もそこで学校からくる様々なドイツ語のお知らせを解読してもらったり、ドイツ語会話本には載っていない子供達の口語をおしえてもらったりと、なくてはならない存在です。
小学校3年生という時期は、確かに、自然に習得するには遅すぎるのでしょう。ただ、それ以上にヨーロッパの文化や様々な人種・言葉に触れ、確かな体験として記憶するには適当な時期だと思います。小学校の勉強を家で教えることは3年生以上になると困難になってきますし、私はいい時期だと思いました。
うちの子は一人っ子で遊び相手が親だけ、きょうだいがいればもっとよかったろうなあ、時々思います。
最後に、私達は随分あちこち旅行に行きましたよ!それもすばらしい体験でした。

現在、主人の仕事の都合で、小学校3年生の息子と共にドイツのブラウンシュバイク市(Braunschweig)に滞在しています。滞在期間はたったの8ヶ月、あと数日で帰国予定です。もちろん、日本人学校などなく現地校に通うしか選択の余地はなかったので、渡独することはずいぶん迷いました。現地校に通った経験のある友達に相談したり・・・決断の決め手になったのは「財団法人海外帰国子女教育振興財団」の方に電話で相談し「短い期間とはいえ、かけがいのない経験になる。ぜひ、行くべき!」という言葉でした。
下の...続きを読む

Qドイツ語を生かせる仕事はありますか?

最近職業として、国際公務員に興味を抱き始めた者です。国際公務員を目指すか否かにかかわらず、大学を卒業してからスイスの大学か大学院に進学しようと考えています。ただ、国連の公用語にドイツ語がないため、悩んでいます。国連の公用語であるフランス語を学んで国際公務員を目指すか、ドイツ語を本格的に勉強して留学し、それを生かせる職業に就くか。ドイツ語を生かせる職業は何かありますか?今大学一年生で、二年生の春からドイツ語の語学学校に通うことを考えています。長々すみません。

Aベストアンサー

こんにちは。ドイツ留学と就職活動を経験した者です。参考になるか
わかりませんが…

 ドイツ語を生かした職業は、国内では殆どないと思います。外資系・運輸等の
会社はドイツ語を話せる人材ではなくて、英語が話せる人材を欲しがっています。海外企業とのビジネスでは英語を使いますから、仕事でドイツ語を使うことはないです。maribaさんが流暢に英語を使える方なら商社に入って、そのドイツ語圏での支社勤務を狙うことが出来ます。
 どうしてもドイツ語というなら、特許翻訳の仕事を募集している企業を
視野に入れてみてください。これは若干名の募集しかしませんので
リクルートナビなどのサイトには載らず、大学の就職課に聞く必要があります。
あとは勉強して検定を受けて翻訳家もしくは通訳になるのも手です。

留学or進学をするなら2年以上、きれいなドイツ語を話す地方の大学に行くのが
いいと思います。1年では役に立ちませんし、ドイツ語といってもドイツ・スイス・
オーストリアは微妙ですがかなり違います。
語学学校は多分ゲーテ・インスティテュートを指していると思いますが、
ドイツ語圏の大学で学ぶ場合、ゲーテの資格を取っていることを条件に挙げているところが多くあります。だいたいZMPと呼ばれる資格が必要とされます。

これらのことを既にご存知でしたら長々とごめんなさい。がんばってください。

参考URL:http://www.goethe.de/os/tok/jpindex.htm

こんにちは。ドイツ留学と就職活動を経験した者です。参考になるか
わかりませんが…

 ドイツ語を生かした職業は、国内では殆どないと思います。外資系・運輸等の
会社はドイツ語を話せる人材ではなくて、英語が話せる人材を欲しがっています。海外企業とのビジネスでは英語を使いますから、仕事でドイツ語を使うことはないです。maribaさんが流暢に英語を使える方なら商社に入って、そのドイツ語圏での支社勤務を狙うことが出来ます。
 どうしてもドイツ語というなら、特許翻訳の仕事を募集している企業を...続きを読む

Qドイツ語、das と es の使い分け

ドイツ語、das と es の使い分けがよくわかりません。es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?das のほうが具体性を帯びているのでしょうか?

Aベストアンサー

>es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?

おおよそそう言えます。人称代名詞と指示代名詞の違いということです。

前出の名詞(中性単数)を受けるとき das を使うと強意的です。

Ich nehme es.(普通)
Ich nehme das.(強調)
また Das nehme ich. のように倒置してさらに強調することもあります。 *Es nehme ich. とは普通言いません。三人称の人称代名詞はアクセントをもたないからです。

前出の名詞を受けずに、今から指し示すときは他のヨーロッパ語と同じように性数にかかわらず das を使います。

Das ist eine Pfeife.「これ(それ)はパイプです」

遠近はあまり問題にしません。dies(es)「これ」jenes「あれ」はペアをなして対照的に言うときによく用いられます。

前出の名詞受けずに使われる es は仮主語として後出の名詞や名詞句を受けたり、非人称動詞の主語、虚辞です。

Es war einmal ein Koenig. = There once lived a king.
Es friert mich.「私は寒い」
Ich habe es eilig.「私は急いでいる」

他に es は前出の名詞を性数にかかわらず受けているときや、形容詞や補語名詞を受けるときもあります。

>es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?

おおよそそう言えます。人称代名詞と指示代名詞の違いということです。

前出の名詞(中性単数)を受けるとき das を使うと強意的です。

Ich nehme es.(普通)
Ich nehme das.(強調)
また Das nehme ich. のように倒置してさらに強調することもあります。 *Es nehme ich. とは普通言いません。三人称の人称代名詞はアクセントをもたないからです。

前出の名詞を受けずに、今から指し示すときは他のヨーロッパ語と同じように...続きを読む

Qウィーンに1年住むとしたら、英語?ドイツ語?

1年半後、もしかしたら仕事で1年間ウィーンに赴任することになるかもしれません。(24年春に決定します。)
国際機関での仕事のため、そちらは英語で問題ないのですが、生活するに当たり、ドイツ語をどの程度勉強したらよいのか、英語の方に力を入れた方がよいのか、悩んでいます。
ウィーンのドイツ語はなまりがあること、みなさん英語もわかると言うことなので、普通のドイツ語を学ぶより、英語を一生懸命勉強した方がよいのかなと思っていたりします。
(けれど、挨拶等のドイツ語の必要最小限は勉強する予定です。)

現在、英語の能力は、TOEFLで65点です。(勉強開始後5ヶ月)
ドイツ語は0です。

こんな私の場合、この1年半は、英語に全力を注ぐべきか、数ヶ月はドイツ語をやるべきかアドバイスをいただけますと幸いです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ウィーンは英語も通じる」という観念は観光客に対することで、そこに数ヶ月以上住んで、衣食住を普通のアパートに住んでするには、ドイツ語は必須です。 例えば、スーパーに陳列されている品物のほとんどが、ドイツ語だったり、店員は英語が通じなかったりします。
また、日本人は日本に来ている外国人を見て、『日本語が出来ないのは当たり前。』と、思いますが、ドイツ語圏の国民性として、『ドイツ語圏に住んでいるのに何でドイツ語を話さないのか?』と、思うのが普通です。 多少の文法や冠詞の間違えなど、気にせず、ドイツ語を話した方が、生活をする上で、日々の人間関係が楽になるのは確かです。 ドイツ語が多少でもしゃべれれば、人との距離は縮まりますし、人と付き合いが増えれば、それだけドイツ語の知識は増えますし、人間関係もスムーズに行きます。 これが、もし、英語しかしゃべれなければ、何ヵ月後にはホームシックになったり、部屋に閉じこもったりする様な状態にもなりかねません。

英語とドイツ語は大変似ているので、今しゃべれる英語のフレーズをドイツ語に訳したり、単語帳を日本語/英語/ドイツ語の3欄で勉強すると、ただドイツ語を勉強するよりスムーズにドイツ語を身につけることが出来ますし、英語も今より理解できるようになると思います。 また、時間があったら、ゲーテ・インスティトゥートなどの学校に通われることをお勧めします。
ゲーテのA1やA2の教科書のフレーズは丸暗記することをお勧めします。B2までで、ほとんどの文法が終わり、B2を終えた頃には、日常会話にはほとんど困らなくなります。

ドイツ語圏には方言が多いですが、それでも皆、学校では標準語で教育されているので、分からなければ聞き返せばいいことです。

「ウィーンは英語も通じる」という観念は観光客に対することで、そこに数ヶ月以上住んで、衣食住を普通のアパートに住んでするには、ドイツ語は必須です。 例えば、スーパーに陳列されている品物のほとんどが、ドイツ語だったり、店員は英語が通じなかったりします。
また、日本人は日本に来ている外国人を見て、『日本語が出来ないのは当たり前。』と、思いますが、ドイツ語圏の国民性として、『ドイツ語圏に住んでいるのに何でドイツ語を話さないのか?』と、思うのが普通です。 多少の文法や冠詞の間違えなど...続きを読む

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング