これからの季節に親子でハイキング! >>

水を沸騰させると、底の方から空気の泡がでてきますよね?
あれってどこからでてくるんでしょう?

A 回答 (5件)

 


  すでに複数の人が答えていますが、補足的に述べます。
 
  >水を沸騰させると、底の方から空気の泡がでてきますよね?
 
  水を沸騰させると、底の方から出てくる「気泡」は、空気ではなく、水蒸気の気泡です。
 
  >あれってどこからでてくるんでしょう?
 
  液体状態の水が加熱により状態変化を起こし、液体から気体に変化しているのです。ですから、水のなかから出てくるというのが答えです(初期には、水に溶け込んでいる気体が出てきます。例えば、海は、たくさんの二酸化炭素や酸素を溶かし込んでいますし、普通の水のなかにも二酸化炭素や酸素が溶け込んでいます。魚は、水中で、この解けている酸素をエラから取り入れています。とはいえ、沸騰するぐらいになると、ほとんど水蒸気になります)。
 
  なお、沸騰して出てくる泡を見ていると分かりますが、ある特定の位置あたりから、小さく泡ができ、それが段々大きくなって、底から離れて、浮かんで来るように見えるはです。あれは、底の面が一様でない場合(例えば、傷があるとか、小さな錆びがあるとか、何か不純物が付着しているとか、そういう場所では、一様な水のなかと違い、熱の集中が他の場所より高く起こるため(また、気化が起こりやすい条件があるため)、まずそこで気化が始まり、小さな泡ができると、今度は、この泡のなかの空間に向け、水が水蒸気として蒸発して行きます。泡がある程度大きくなると、浮力によって、水面近くに浮いて来て、水面から空中に逃れ出ます。
 
  泡が大きくなるのは、泡のなかへと、水の気化が起こるからです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆々様ありがとうございました!
おかげさまで、よーやく疑問が解けたような気がします。
点数あげられなかった方々、ごめんなさい。

お礼日時:2001/12/08 11:50

hitayaさん失礼ます。


jun1038さんの疑問に関して、

液体が気体に変化することを気化、
表面(気体に触れている面)からのみ気化している状態を蒸発、
表面以外から気化したため、気化した気体が液体の内部を次々にとおり抜けていくことを沸騰といいます。
    • good
    • 0

ビーカーに水を入れて加熱すると、次第にビーカーの側面内側に気泡が現れます。

これは水に溶けていた気体です。
沸騰すると#1の方がおっしゃる通り加熱部分から水蒸気(気体)が発生します。従って、水の沸騰で発生する泡は水蒸気ということになります。
    • good
    • 0

こんにちは。



カテゴリは違いますが、最近似たような質問と解答があったなあ、
と思って、質問検索に「蒸発」と入れたら、下のURLを
見つけることができました。参考にしてみて下さい。

(ただ、ちょっと気になったのは、沸騰・蒸発・気化の区別です。
 私の考えでは、一般に液体が気体に(室温程度でも)なることが
 蒸発や気化で、沸騰はその特別な場合、すなわち
 物体の温度が沸点に達して内部からも気体への変化が起こること
 を言うのでは、と思うのですが。
 どなたか補足していただけるとうれしいです。)

では。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=175830
    • good
    • 0

あれは、空気ではなく水蒸気です。



水を熱すると水蒸気になりますね。熱を加えている部分が一番先に熱くなりますから、そこから加熱している場合は底から水蒸気が出てきます。

もちろん側面から加熱すれば側面から出てきます。
加熱した火箸を突っ込むと火箸と水の接点から水蒸気が出ます。

こんな回答でよろしいでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沸騰の時の泡は空気、それとも水蒸気?

 水が沸騰する時水中から出る泡は空気なのでしょうか、それとも水蒸気なのでしょうか。
 できれば理由も教えていただけると大変嬉しく思います。 
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

沸騰する前に出てくるぽつぽつとした泡は空気だね。
水温が高くなると溶解度が落ちるからガスになって上がってくるのだよ。

沸騰し始めればほとんどが水蒸気だね。
鍋やフラスコの下が温められてそこからガス化して
水蒸気になって上がってくるのだよ。

Q【沸騰した時の泡】

鍋やヤカンで水からお湯を沸かす時に、底から『ボコボコ』と泡が出ますよね?
あれは、いったいどのような理屈で、気体はどこから来るものなんでしょうか?

当方、理科系の話には全く疎いのですが、気になったもので。

どなたかわかりやすく解説していただけませんか?

Aベストアンサー

 沸騰とは、「液体が内部から気化する現象」です。水の場合、1 atmで100 ℃で沸騰します。100 ℃以下でも、水の表面からは気化しますが、これは「蒸発」という現象です。

 それではなぜ、100 ℃になると、水(お湯)の内部から気化するのか、ということですが、それは、100 ℃になると、水の蒸気圧が1 atmに達するからです。水の深さによる圧力の増加が無視できる場合(深海では水圧が水面直下より高くなりますが)、パスカルの原理により、水の中のどこでも同じ圧力なので、100 ℃未満では、水の内部から気化しようとしても、水圧によりつぶされてしまって、気化できません。

 100 ℃になると、水の蒸気圧が1 atmになるので、水の内部からも気化が起こり、それが浮かび上がってきて、泡となってボコボコするのです。つまり、あの泡の正体は、気体の水、すなわち水蒸気ということで、前の回答者さんのおっしゃる通りです。

 泡が水面から少し離れると、周りの空気により冷やされて、再び液化し、細かい粒子になり、それが人間の目には白い煙のように見えます。これが湯気で、細かい液体の水の集まりです。よく湯気を水蒸気と勘違いしますが、水蒸気は目には見えません。気体と液体を区別しましょう。

 沸騰とは、「液体が内部から気化する現象」です。水の場合、1 atmで100 ℃で沸騰します。100 ℃以下でも、水の表面からは気化しますが、これは「蒸発」という現象です。

 それではなぜ、100 ℃になると、水(お湯)の内部から気化するのか、ということですが、それは、100 ℃になると、水の蒸気圧が1 atmに達するからです。水の深さによる圧力の増加が無視できる場合(深海では水圧が水面直下より高くなりますが)、パスカルの原理により、水の中のどこでも同じ圧力なので、100 ℃未満では、水の内部から気化しよう...続きを読む

Qなぜ100度になっていない水も蒸発するのでしょうか?

中一の子供に
「水は100度で蒸発するって習ったけど、部屋や外に置いてある水が、沸騰してないのに、ちょっとずつ蒸発してるのはなんで?」
と聞かれました。
どなたか中学生にもわかるように、説明していただけるかたいらっしゃいませんでしょうか!(自分もそういわれると、気になってしょうがなくなりました・・笑)

Aベストアンサー

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(氷にはならない)けれど、完全に切り離されてばらばらにもならない(水蒸気にならない)状態にある水の「分子」の集まりです。この集まりの中には、ちょっと"元気な"分子もいて、中には空気中に飛び出してしまうものがあります。一方、空気中の水蒸気の中にはちょいと"元気"がなくなって、"おとなしくしている水"の仲間に加わるものもあります。

 このような性質を持つ水を、空気といっしょに密閉容器に半分くらい入れて温度が一定の状態に保ってみましょう。最初は水蒸気がなかった、つまり完全に乾燥した空気があるとします。初めのうちは、水の中の"元気者"がどんどん出て行って空気中に広がり、湿度が上がっていきます。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるので、そのうち容器の中の空気は水蒸気でいっぱいになってしまいます。湿度100%です。こうなってしまうと、後は、ちょいと"元気がなくなって"水に戻る分子と"元気よく"水から飛び出す分子の割合が等しくなって、見かけ上何も変化が起こらなくなります。

 密閉容器の場合は、上記のようになりますが、水が部屋や外にある場合は、空気は大量にありますしどんどん入れ替わりますから、周囲の空気の湿度が何かの理由で100%にならない限り、水からは分子が逃げ出す一方になります。そのために、からっとした季節には、雨上がりにあった水たまりがいつの間にか蒸発してなくなったり、洗濯物がよく乾いたりするわけですね。逆にじめじめした季節には乾きが悪くなります。

 ちなみに、水は1気圧のもとで100℃で沸騰します。このときも蒸発は起こっていますが、水の表面ではなくて内部でいきなり気体になる(この現象を「沸騰」と呼んでいます)分子の方が圧倒的に多くなるので、目立たなくなります。

("元気"のような擬人的な表現を使いましたが、本来は"運動エネルギー"のような物理用語を使わなければいけません。中学生にもわかるように、ということですので、敢えて"禁断の"表現法を使いました。)

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較