不動産鑑定士と司法書士の試験ってどっちが難しいですか?不動産鑑定士は3大難関国家試験といわれていますが
合格率は高い。一方、司法書士は合格率が低いですよね。
宅建からステップアップという前提で回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

宅建からのステップアップで、簿記とか経済学にある程度経験があれば、鑑定士の方がとりやすいと思います。

でも勉強量は宅建とはけた違いに必要になるでしょう。
 勉強量や難易度って考えると今司法書士は司法試験より難しいと言う人もいるようです。
 資格を取った後の仕事や収入を考えると、今のところ司法試験の方がいいんじゃないですか?
 鑑定士は仕事量が限られているし、既存の人たちで役所関係の仕事は占められているということで、新規参入は難しいと聞きました。
 学部が経済、経営、商系で経済や会計学はそこそこ出来るということであれば、鑑定士の試験そのものはそれほど困難ではないと思います。
 もし今不動産関係のお仕事をしていて、将来の仕事については問題が無いということであれば、鑑定士は悪くないでしょう。(実務年限を満たすために、お礼奉公が必要なようですけど。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

>勉強量や難易度って考えると今司法書士は司法試験より難
>しいと言う人もいるようです。
というのには驚きました。とにかくもっと情報収集してどちらがより魅力的か考えたいと思います。

お礼日時:2001/12/10 21:59

鑑定士はある程度の学歴等をもった方しか飛びつきの二次試験を受けられませんし


(学歴等の条件が満たされていないと一次試験からとなります。)
書士は学歴差別が無いので受験者層が広いからそれで合格率に大幅な差が出やすい
のではないかと思いますよ。

ところで、「3大難関国家試験」って司法試験、書士、鑑定士のこと?
そんなこと言ったら中央官僚や研究職員の方が怒っちゃいますよ。
国家公務員1種の理系や技術士試験なんかの理科系国家試験のほうがはるかに
難しいですよ。普通はこれも混ぜて五大難関国家試験というのですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど国家公務員は超難関試験のようですが、
私にとってそれほど魅力的ではないのです。

ところで、三大難関国家試験とは、司法試験、公認会計士、不動産鑑定士のことです。

お礼日時:2001/12/10 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qほとんど初心者。7月21日美容師国家試験は無理?

こんにちは。
今年の7月21日に美容師国家試験を受験希望です。
周りが皆、無理だから諦めろと言いますが美容師の方・美容関係者のかた・美容学校生徒さんアドバイスお願いします。

おおもとが美容室のエステサロンで働いておりました。
今年の5月に課題がでて直前になったら集中的に同僚に教えてもらう約束でした。
しかし、去年の初めに妊娠が分かり初期から入院が続いたため退社を余儀なくされました。

山野美容専門学校を通信化で今年10月卒業予定です。
単位は取れています。後は受験をするのみです。
スクーリングには参加していましたが、周りは美容室に勤めるアシスタントの子達ばかりで全くついていけず、出席して単位をとるのが精一杯でした。

去年の10月に子供を産み、練習もほとんどしていない状態です。
今回の課題はワインディングになりましたが現段階では20分でセンターしか巻けない状態です。
カットに至っては20分でバングをまっすぐ切るのが精一杯で到底試験に挑める状況ではありません。

でも、どうしても美容師の免許を取りたいと思っています。
来月から子供を保育所にあづけられるようになりました。
美容室でパートをしながら国家試験に挑戦したいと思っています。
空いている時間は全て練習に当てるつもりでいます。
美容室のオーナーは、『毎日は難しいけれど曜日を決めて閉店後に指導してもいい』と言ってくれています。


PCに向かっている時間も練習に当てなければと思っていますが、あまりにも身内が『今の段階でそんなに出来ていないのに受かるわけがない』というので私には無理なことなのかとも思えてきました。

試験当日まで2ヶ月を切ってほとんど初心者に近い状態で国家試験に挑むのは無謀でしょうか?

経験者の方、ご助言お願いいたします。

こんにちは。
今年の7月21日に美容師国家試験を受験希望です。
周りが皆、無理だから諦めろと言いますが美容師の方・美容関係者のかた・美容学校生徒さんアドバイスお願いします。

おおもとが美容室のエステサロンで働いておりました。
今年の5月に課題がでて直前になったら集中的に同僚に教えてもらう約束でした。
しかし、去年の初めに妊娠が分かり初期から入院が続いたため退社を余儀なくされました。

山野美容専門学校を通信化で今年10月卒業予定です。
単位は取れています。後は受験をするのみで...続きを読む

Aベストアンサー

2ヶ月あれば大丈夫。
寝る間も惜しんでやれば平気です!
資格マニアでもとれる国家試験ですよ!
集中力と体力、根気、努力あるのみです。
無理は禁物ですが私は孤独に一人でがんばりました。
まずは、カリキュラムを組んで、パートごとに時間を気にせずトレーニング
それから、スピードここで涙すると思います。
でも大丈夫、涙の後には必ず結果がついてきます。
それに今回がんばれば自分に自信がついてどんなことでも乗り超えられると思います。
初心者だからこそ集中できるんですよ!
やり過ぎはよけいなことを考えてしまう原因になるかもしれないし。
がんばってください。
私も夜中までやりました
皆がんばっています。
まけないで!

Q司法書士試験に合格された方に質問があります。司法書士試験に合格したときの感覚を呼び戻して、再現して頂

司法書士試験に合格された方に質問があります。司法書士試験に合格したときの感覚を呼び戻して、再現して頂けますか?
①何が見えましたか?
②何が聞こえましたか?
③身体の状態はどんな感じでしたか?
④どんな味がしましたか?
⑤どんな匂いがしましたか?

答えにくいものについてはスルーして頂いて結構です。合格したときがどのような感覚なのが知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

行政書士共々頼りない資格でした!今もそうですが。銀行や不動産屋の小判鮫ですから!とりあえず簡単なので取ってみたって感じです。司法試験から比べれば月とすっぽんですから!今も民事の法廷ではカッコ悪いだけの資格です。

Q11月10日の高圧ガス国家試験について

あさって11月10日に、高圧ガスの試験があるのですが、合格ラインというか何割正解すれば、合格なのでしょう?一生懸命勉強しているのですが、そこのところが判らないので困っています。

Aベストアンサー

確か7割程度だったと思います。私が受けたのは一番レベルの低い「丙種特別」だったので5択問題だけでしたが、乙種以上になると記述などもあって、採点の基準はよくわかりません。何にしても、一生懸命勉強して備えているなら、合格ラインなど気にせず、ケアレスミスに気をつけて、落ち着いて受験してください。ちなみに合格者の受験番号は高圧ガス保安協会のH.P.で発表されます。

参考URL:http://www.khk.or.jp/

Q不動産鑑定士のほうが司法書士より合格難易度が高いと言う意見を聞くのですが・・・?

不動産鑑定士のほうが司法書士より合格難易度が高いという意見を聞いた事があるのですが、実際はどうなのでしょうか?

予備校のサイトを見ますと、確かに司法試験、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士、税理士等は難易度が高い試験だと紹介されていますが、
不動産鑑定士と司法書士ではどちらが難易度が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

資格試験の神様とかいう少し前の本でも
文科系3大難関資格と言えば、旧司法試験、公認会計士試験、
そして不動産鑑定士試験ですから・・・
鑑定士は3次とかまであったのでは?
今年の司法書士試験1次午前部択一の問題も、少しばかり
易しかった模様ですよ。
鑑定士は信託銀行の精鋭部隊とか、専門の人が受ける(受けさされる)
ようですよ。

Q医師国家試験について

医者になるには医大をでて国家試験をうけて合格しなければならないことはしっていますが、医師国家試験は一種類しかないのですか?専攻(たとえば、内科、外科、精神科、小児科、)などによってうける国家試験がちがうのですか?それとも一種類しかなくて一般的にすべて知っていないと国家試験にはとおらないということですか?自分が何科の医師になるかは国家試験に合格してから自分で決めるということでしょうか?教えてください。また歯科は別の歯科医師国家試験があるのですよね。

Aベストアンサー

>医師国家試験は1種類しかなく、何科希望でも同じ試験をうけるということですね。

その通りです。
1種類の試験しかなく、眼科も内科も外科も皮膚科も全て同じ試験を受け、合格後2年間の研修を経て分かれます。

http://www.shikakude.com/sikakupaje/ishi.html

こちらに受験科目が載ってますが、受験生は全ての科に関して一通りの知識が必要ですから、この時点ではどの受験生も同じですね。

Q司法書士と不動産鑑定士、金融機関の評価が高いのは?

金融機関に就職を希望している者です。
就職に有利になる資格を取りたいと考えているのですが、金融機関の評価が高い資格として司法書士と不動産鑑定士を選びました。しかし、両方とも取得するのは難しいのでどちらかに決めたいのですが、金融機関の評価が高いのはどちらの資格でしょうか?
できましたら、金融機関で働いておられる方のご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

どっちもたいして変わりません。
というか必要ありません。
貸付に関して登記、鑑定が必要だとしても費用は債務者もちですので銀行は金を払って雇う実益が無いのです。
それならばもっと普通にコミュニケーション能力、営業力などある方のほうが余程優秀です。

企業の人というのは士業者を使う立場なのですから。

Q国家試験の種類と大まかな難易度

国家試験のことを雑学として知っておきたいなと思って、いろいろなサイトを見たんですけどわかりづらかったので質問します。

・種類  司法試験とか公認会計士試験、薬剤師国家試験や医師国家試験、1・2級建築士といった誰でも知ってるような試験しか知りません。他にどんな国家試験があるのでしょうか?

・難易度 司法試験や公認会計士試験は勉強してもとれるかわからないと聞いたことがあるので一番難しいんだなと思いました。上に書いた他の試験や僕の知られざる国家試験はどのくらい難しいのでしょうか?

もはや一般常識なのかもしれませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
結構難しい質問ですが、私なりに大まかにまとめてみると。
業務独占資格(資格を持った者でないと業務出来ないもの)
・医療関係:医師、薬剤師、看護士、診療放射線技師・臨床検査技師・作業療法士など
・士業:司法試験(弁護士)・司法書士・弁理士・税理士・公認会計士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・技術士(名称のみ独占)・中小企業診断士など
・技術専門的な業務独占:建築士、電気工事士、ボイラー技士・自動車運転第2種免許・クレーン運転士
これらとは別に必置資格(会社等の組織に必要に応じ置かなくてはならないもの・・・主に「者」がつく)
・衛生管理者、危険物取扱者、電気主任技術者、旅行業務取扱管理者、宅地建物取引主任者など
難易度は資格により様々です。医療関係はその分野の学校を出ていることが前提ですし、士業資格は一様に難関です。また受験資格が厳しい者もあります(この時点で難しい)。逆に受験資格が無くとも間口が広くなり受験者数に対して合格者数はわずかになるものもあります。
また例外を除いて、頭の数字が特>1>2>3の順で難しくなります。必置資格でも第一種電気主任技術者や特級ボイラー技士になると、同業の人から尊敬されます(それほど難しい)。
というわけで、あまり当てにならなかったかもしれませんが、ご参考までに。

こんにちは。
結構難しい質問ですが、私なりに大まかにまとめてみると。
業務独占資格(資格を持った者でないと業務出来ないもの)
・医療関係:医師、薬剤師、看護士、診療放射線技師・臨床検査技師・作業療法士など
・士業:司法試験(弁護士)・司法書士・弁理士・税理士・公認会計士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・技術士(名称のみ独占)・中小企業診断士など
・技術専門的な業務独占:建築士、電気工事士、ボイラー技士・自動車運転第2種免許・クレーン運転士
これらと...続きを読む

Q司法書士と不動産鑑定士の難易度について

司法書士と不動産鑑定士を取得しようとする場合どちらの方が難易度が高いのでしょうか?

また、宅建取得後の場合、不動産鑑定士の勉強が楽になると資格学校のWEBサイトで言われていますがどの程度楽になるのでしょう?(現在宅建試験に向けて勉強中なので知りたいです)宅建持ちなら司法書士より不動産鑑定士の方が楽なのでしょうか。

不動産鑑定士は論文試験合格後に実務修習があり(1~3年)それも難しいようですが論文試験と比べると楽なのでしょうか。

コツコツ勉強すればいつかは受かるといわれている司法書士と宅建持ちなら楽になると言われている不動産鑑定士、宅建取得後にどちらを選択するべきか非常に迷っております。

ちなみに恥ずかしながら自分は字を書くのが遅くて汚く、論作文が苦手です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者さんの質問の無邪気さに呆れています。一体何を根拠に宅建持ってれば楽になるというんでしょうか。この楽の意味は何でしょう。

コツコツ勉強すればいつかは受かるといわれている司法書士と宅建持ちなら楽になると言われている不動産鑑定士

これはどこの予備校のキャッチフレーズなのでしょう。残念ながらこのレベルの質問をするようでしたら、受験はやめた方がいいかと思われます。簡単に言えば、司法試験や国家公務員I種を受けると思ってください。司法書士試験は司法試験の短答式試験より難しいと言われておりますし、不動産鑑定士は司法試験並みです。従って司法試験に近い国家I種をあえて引き合いにしたのもこれらの試験レベルは似つかわしいと思えるから、質問者さんにわかりやすいかな、と思い挙げました。論文試験とはただ単に作文できればいいというものではありません。センター入試ご存知でしょうか。その試験で例えば現代文の出題に対し、トップレベルの学力、すなわち解答力があれば、受験をお薦めしますが、ないのであれば、論文試験のある資格の受験はお薦めできません。又、コツコツ勉強すればいつかは受かるといわれている司法書士といわれていますが、誰が保証したのでしょう。よく会計系の資格、例えば日商簿記1級や税理士なんかでも似たようなことが言われたりしますが、とんでもない間違いです。誰でもは受かりません。質問者さんは、試験の内容を知ってコツコツ勉強すればいつかは受かると言っていますか。どれだけ大変か。宅建の比ではありません。

ただ、不動産鑑定士と司法書士どちらが受かりやすいかと言えば、司法書士でしょう。基本的に択一問題と書式申請に関わる問題と考えられます。論文は一切ありません。書式(記述)問題は、なじみが一般人にない為苦労しますが、論文試験に比べれば対策が立てやすい。論文は作文ではありませんので、かなり高度な能力が必要です。いずれにしても、超難関資格です。楽だ云々は現実あるかもしれませんが、それは、合否には関係がありません。買い物で商品を選ぶように、これとこれ、どちらにしようか。なんてことには合格者はなりません。考え方が間違っており、物事の捉え方が甘いように思えます。質問者さんが100人受験する試験で必ず3番以内で合格する自信があるなら、言うことはありません。でも現実は3番目くらいでないと駄目な試験です。合格率3%って、そういう意味ですよね。

宅建を勉強しているなら、宅建に死に物狂いで取り組みなさい。人によっては行政書士も翌月うけて両方受かっちゃう人もいるんです。言っときますが、これより司法書士は大変ですよ。勉強の仕方は司法書士のほうがやり易いですが、合格レベルにもっていくのは至難です。もう少し資格試験の真実、勉強法を自分なりに研究する必要がありそうです。コツコツ勉強すればいつかは受かる、なんてことは言えない自分に気がつくはずです。

質問者さんの質問の無邪気さに呆れています。一体何を根拠に宅建持ってれば楽になるというんでしょうか。この楽の意味は何でしょう。

コツコツ勉強すればいつかは受かるといわれている司法書士と宅建持ちなら楽になると言われている不動産鑑定士

これはどこの予備校のキャッチフレーズなのでしょう。残念ながらこのレベルの質問をするようでしたら、受験はやめた方がいいかと思われます。簡単に言えば、司法試験や国家公務員I種を受けると思ってください。司法書士試験は司法試験の短答式試験より難しいと言...続きを読む

Q国家試験を落ちた場合

私は今、臨床工学技士を目指して大学に通っています。
最終的には国家試験を合格しないといけません。
もし、臨床工学技士を目指して4年間勉強して国家試験に落ちた場合、その先はどういう進路に行く人が多いでしょうか?
もし、国家試験に落ちて就職する場合どのような系統の就職先が多いですか?

Aベストアンサー

>>国家試験に落ちた場合、その先はどういう進路に行く人が多いでしょうか?

この業界は 試験に受かるか受からないか。
それだけです、もちろん受からなかったら内定は取り消し。
アルバイトをしながら、国家試験を来年受ける。
アルバイトなら大学側が紹介してくれる場合もある。

他の就職先?あるわけがありません。
臨床工学技士!それになるための学科です。

必ず合格しましょう。頑張って下さい。

Q司法書士と不動産鑑定士のダブルライセンス

司法書士と不動産鑑定士のダブルライセンスって、役立ちますか?共に不動産に関する業務(登記と鑑定)中心なので、いいかと思って。それから、公認会計士等も考えているのですが、どれが司法書士とのダブルライセンスとして有効でしょうか?
実際にこれらのダブルライセンスを取得して、成功している例があれば、事例を挙げて教えてください。

Aベストアンサー

回答がつかないようですので、私見ですが回答してみます。司法書士を取得したうえで、さらに別の資格を取得したいということですね。

不動産を扱うという意味では、不動産鑑定士という手段もあるのだと思います。また、公認会計士も考えているとの事ですね。回答としては「自分の目指すべき方向と合致した資格を取得してください」となります。

不動産のプロを極めたいということであれば不動産鑑定士を、企業の法律顧問としてプロを極めたいという事であれば公認会計士という手段もあるのだと思います。

ただ、司法書士の仕事をしながら、不動産鑑定士や会計士の仕事をするのは大変だと思います。不動産鑑定士は「現場」での測量や鑑定などがメインであるため出張も多いようですが、司法書士はどちらかというと所内での事務的作業が多いようです。1人でこれらを一緒にされるのは結構ですが、結局はどっちつかずで中途半端となるのが最悪のパターンです。このため、司法書士の先生も権利の登記関係は自分できっちり行い、表示登記は土地家屋調査士、不動産の鑑定は不動産鑑定士、会計関係は公認会計士や税理士などと分担して行っているのが通常のようです。そのため、関連する事務所同士の繋がりは強いようです。

私の知る限り、司法書士として活躍されている先生がダブルライセンスとしてお持ちの資格は、宅建、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどのようです。逆に関係が深い土地家屋調査士や不動産鑑定士のダブルライセンスをお持ちの方は少ないようです。なぜなら、それぞれが「重い」仕事なので1人で仕事をせずに分担しているからです。先に書いた宅建などは「軽い」仕事なので、司法書士の仕事をしながらそれらの知識を活かせるというのがメリットのようです。また当然ながら「司法書士」という資格一本で活躍されている先生も大勢いらっしゃいます。
ちなみに、公認会計士をお持ちの方は私は知りません。

ところで質問者さんは司法書士資格はお持ちなのですか?もしお持ちでなければ、司法書士資格取得も含めて、今後自分がどういう道に進みたいのかを今の段階で決める事が一番大事です。あれもこれもと資格を取得されるのは結構ですが、結局自分がどういう仕事をしたいのかでこれから取得する資格も決まるのだと思います。生かせない資格を持っているだけではただの資格マニアとなってしまいます。

自分の適性について色んな書籍等を見て調べられる事をお勧めします。
それではがんばってくださいね。

回答がつかないようですので、私見ですが回答してみます。司法書士を取得したうえで、さらに別の資格を取得したいということですね。

不動産を扱うという意味では、不動産鑑定士という手段もあるのだと思います。また、公認会計士も考えているとの事ですね。回答としては「自分の目指すべき方向と合致した資格を取得してください」となります。

不動産のプロを極めたいということであれば不動産鑑定士を、企業の法律顧問としてプロを極めたいという事であれば公認会計士という手段もあるのだと思います。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報