初心者でもわかりやすい、精神障害について書かれてある本を、よければ教えてくください。。。。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手にとりやすくて(内容的・値段的)入り口として現役患者としての私がお勧めするのは、



「心の悩み」の精神医学
野村総一郎著、PHP刊、PHP新書、690円、ISBN4569600174
防衛医科大教授の先生ですが、読みやすく総覧的、入り口としては最適かと。

精神科に行く前に読む本
早坂繁幸著、ワニブックス刊、ワニのNEW新書、690円、ISBN4584103283
具体の病例を示して、どういう風に病院にかかるか等の心構えも優しく書かれています。

みんな元気に病んでいる。
サンマーク出版、1365円、ISBN4763192477
病気じゃないよ、フツーだよ
二見書房、1260円、ISBN4576006177
藤臣柊子(ふじおみしゅうこ)著
2冊ともマンガ家であり現在も神経症で通院中の作者がマンガと文章で語りかけるエッセイ集。少し神経科にかたよっているところはあれど、とりあえず手にとって見るにはいい著作。

こんなところでしょうか。
あとは、きたやまおさむさんの本も読みやすいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!参考にさせていただきます。本屋へいかなくては・・・。(笑)

お礼日時:2001/12/16 10:54

このあたりは、いかがでしょう。



「みんなの精神科 心とからだのカウンセリング38」
きたやまおさむ 講談社  2000年9月
ISBN: 4-06-256462-9  580円


星和書店 という出版社のものは、専門的なものが多いけど、なじみやすいのもあります。医療従事者側と患者側と、両方の視点から出されているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆さっそく本屋へ行ってみます!

お礼日時:2001/12/09 11:43

ひとまず、こーゆーのはどうでしょう?


以下、紀ノ国屋BookWebより(12/7現在 在庫ありだそうです)

宝島社文庫
精神病を知る本 ISBN:4796616209

413p 15cm(A6)
宝島社 (1999-11-08出版)

・別冊宝島編集部【編】
[文庫 判]NDC分類:493.7 販売価:\562(税別)
近代医学が発見した「精神病」の謎を解く。
精神分裂病とは何か?精神病にとって「治る」とはどういうことか?「精神病」を読み解いた名著、待望の文庫化!狂気を知るにあたって、精神医学の知の外部に踏みとどまりつつ、精神医学の内在的な批判として展開されている。

第1部 精神分裂病とは何か?
第2部 精神医療の現場から
第3部 精神病院の外部で
第4部 狂気と表現の深部に
第5部 「精神医学の知」の外へ

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!参考にさせていただきます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 11:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報