みなさんこんにちは、日本ではあまり見かけない椰子(ヤシ、ココナッツ)の実、以前何かで以外と体にいいということを聞きました。一体どんな成分が入っていて、どのような効能があるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「成分」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「食品成分データベース」
このページで「やし」と入れて検索すると、やしに関して3件Hitしますので、それぞれクリックすると詳細表示されます。

ご参考まで。

参考URL:http://food.tokyo.jst.go.jp/freeword/fword_top.pl
    • good
    • 0

果実は、ヤシ油・マーガリンの原料となり


果実水は飲み物として、胚乳はココナッツミルクとして
料理に使われたりします。
果実の繊維質のところは、織物やローブの材料に。
固い殻の部分は燃料になったりします。
葉っぱは家の屋根になり、樹液は砂糖になり
また発行させてワインや酢、蒸留酒にもなります。
根っこの部分は煎じて飲むと、解熱効果があり
薬にもなります。
以上~!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天然ヤシの実の洗剤?スプレー 透明な容器は、ペットボトルの蓋にかけるとヤバイ?

http://www.jca.apc.org/unicefclub/research/93_palm/palm_3.htm

麦茶入れたペットボトルの蓋にスプレー上記のをかけようとしたらダメだと言われました。

もしかして、天然で透明で健康被害なしにみえるけど、実は有害物質なのでしょうか?

台所でそこら中にスプレーみたいに霧吹きみたいにかけたりしましたが、不味いですか?

バイキンを殺菌効果あるのでは?

ただの洗剤なのかな?でも容器に説明文がほぼなく、透明な容器で無害にみえます。
危険という表示もないし。

Aベストアンサー

http://www.live-science.com/honkan/qanda/qabasic01.html

こちらがご参考になるかと思います。
端的に言えば、「天然成分」に惑わされるのは危険ということですが。

Q小顔サプリメントの成分&効能などについて

こんにちは。
先日、Vrushというちょっと怪しい?サイトでSlim Faceという小顔サプリメントを購入しました。
そのサプリメントの成分は、
・サフラワー油・L-シトルリン・共役リノール酸含有脂肪酸・イチゴ種子エキス末・ヒハツエキス末・コーンシルク末・ウラジロガシエキス末・メリロートエキス末・ゼラチン・グリセリン・ミツロウ・グリセリン脂肪酸・エステル・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6
とサイトに書いてありました。
しかし、これとまったく同じ成分で太もも&ふくらはぎを細くするサプリメントが他のサイトで販売されていました。
これはどちらの効果が正しいのでしょうか?
自分は運動しているので、足が細くなるのは少し困るのですが・・・
この成分の中で害を及ぼすのはありますでしょうか?
一回試しても大丈夫でしょうか?
また、Vrushを利用した事や、小顔サプリメントを体験した事がある人の意見も聞きたいです。
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あえていうなら、「どちらの効果も正しくありません」というのが正解です。
なぜなら、この種のダイエット用サプリには、
脂肪燃焼については「焼け石に水」という程度の効果しかないからです。
(全く効果がないとは言えないから、誇大広告にはなりません)
痩せるにはやはりカロリー制限と運動、結局はそれしかありません。

それと「小顔」、これは全く根拠のないものです。
女性の顔に対する印象は、髪型とか化粧とか普段の言動とかで全く変わってくるものだし、
結局はそういうところで対応していくしかないのではないでしょうか。

というわけで、まだ試していいのは「太もも&ふくらはぎ」の方でしょう。
「小顔」の方には効果はないでしょう。

Qリン酸塩を使った粉末の食器洗剤の環境への負荷は?

とある粉末状の食器用洗剤(製造元から直送してもらっています)を使っていますが、この洗剤は市販のコンパクト洗剤に比べて、環境への負荷はどのようなものでしょうか?この洗剤と併用して、よくあるヤシから作った自然派の液体洗剤(下記成分参照)も使っていますが、それとの比較も知りたいです。

粉末の食器用洗剤の液性:弱アルカリ性
粉末の食器用洗剤の成分:界面活性剤(オレイン酸メチルウレート7%)、リン酸塩(P2O5として17%)、炭酸塩、硫酸塩、ケイ酸塩、酵素配合

コンパクト洗剤の成分:?(手元にないのでよくわかりません)

ヤシから作った自然派液体洗剤の液性:中性
ヤシから作った自然派液体洗剤の成分:界面活性剤(16%、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、脂肪酸アルカノールアミド)

このリン酸塩を使った粉末の洗剤、あまりに良く落ちるので便利で使っているのですが、逆に環境に悪いのじゃないかという不安を持ってしまいました。ヤシから作った洗剤よりは環境に悪いでしょうが、市販のコンパクト洗剤よりも圧倒的に環境に悪いのなら考え直そうかと思っています。どうぞよろしくおねがいします。

とある粉末状の食器用洗剤(製造元から直送してもらっています)を使っていますが、この洗剤は市販のコンパクト洗剤に比べて、環境への負荷はどのようなものでしょうか?この洗剤と併用して、よくあるヤシから作った自然派の液体洗剤(下記成分参照)も使っていますが、それとの比較も知りたいです。

粉末の食器用洗剤の液性:弱アルカリ性
粉末の食器用洗剤の成分:界面活性剤(オレイン酸メチルウレート7%)、リン酸塩(P2O5として17%)、炭酸塩、硫酸塩、ケイ酸塩、酵素配合

コンパクト洗剤の成...続きを読む

Aベストアンサー

環境への負荷をどのような観点からかにもよるのですが、リンの富栄養化に対しての配慮であれば、リン酸塩の含まれていないものをご使用になればよいと思います。

それ以上にトータルで環境への負荷をお考えになるのでしたら、いわゆる合成洗剤より石鹸をご使用になることをお薦めいたします。

今回比較に出されている洗剤の成分である界面活性剤はすべていわゆる合成洗剤です。石鹸に比べてその毒性が問題視されています。私も石鹸から合成洗剤に代わる過程で、自然生態系への悪影響、自浄作用の低下があったのではないのかと関心をもっているところです。

粉末の洗剤のリン酸塩以下は、界面活性剤の働きを補助する成分です。これらがなければ、その界面活性剤の働きそのものが弱くなるということです。
コンパクト洗剤は各メーカでさまざまな合成界面活性剤を組み合わせていますので、一つ一つ検証しなくては比較のしようがないと思われます。合成界面活性剤は、新しいものが常に開発されていると思います。その安全性についての検証はどうしても後手になるのがこれまでも経緯だと認識しています。

最後に、「やしから作った自然派」とおっしゃっていますが、原料がやしからとった油脂であると言うだけです。自然のものを使っていると言うイメージだけです。工業生産に供給できるだけの量を天然やしだけでまかないきれると思われますか。やし畑を作るために多くの森林が切り開かれました。やし油が使われるまでは、食肉産業から出てきた動物性油脂が使われていました。すなわち、やしの実洗剤とは、森林を切り崩し、これまで資源として使われていた動物性油脂を産業廃棄物に変える役割を果たしているのです。

環境への負荷をどのような観点からかにもよるのですが、リンの富栄養化に対しての配慮であれば、リン酸塩の含まれていないものをご使用になればよいと思います。

それ以上にトータルで環境への負荷をお考えになるのでしたら、いわゆる合成洗剤より石鹸をご使用になることをお薦めいたします。

今回比較に出されている洗剤の成分である界面活性剤はすべていわゆる合成洗剤です。石鹸に比べてその毒性が問題視されています。私も石鹸から合成洗剤に代わる過程で、自然生態系への悪影響、自浄作用の低下があっ...続きを読む

Q柿の成分で便秘になる成分は?。

柿を食べると、
便秘になり痔に苦しんだことが
何回もあります。
干し柿を食べたいのですが、
怖くて食べれません。

何の成分が、ダメージを与えているのか
教えてください。

Aベストアンサー

柿には、「タンニン」という成分が含まれていますが、そのせいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3
(wikipediaより、「タンニン」)

干し柿は、渋い柿を干すことによって、「タンニン」が水溶性から不溶性になり、渋く感じなくなります。
ただし、タンニンが無くなったわけではありません。
渋柿と干し柿のタンニンの量は、ほぼ同じです。

また、干し柿は、干すことにより水分が抜け、食物繊維の含有率が高まります。
不溶性食物繊維は、ご存知のとおり、便秘予防・改善に役立ちますよね。

ただし、前述したとおり、干し柿には、食物繊維もあるけれども、タンニンも含まれています。
タンニンは取り過ぎると便秘の原因となりますので、干し柿も人によっては注意が必要です。
それで、干し柿を食べると便秘が改善される人もいますし、逆に、質問者様のように便秘になる人もいるのです。
干し柿を召し上がるのなら、少量ずつ、様子を見ながらにされたら良いのでは、と思います。



下記のサイトをご覧になってください。
私が説明するよりも分かりやすく書かれています。

http://r-sa.info/06.html 【柿で便秘?】
(以下、要点を抜粋しました)

『渋柿は便秘になってしまう効果があり、甘柿には便秘を解消する効果があるとされています。
何故なのでしょうか?
まず柿には、タンニンという渋みの成分が含まれており、タンニンによってたんぱく質の成分を変え、細胞や血管を収縮してしまう収れん作用という作用が発生します。
タンニンを摂取してしまうと、腸の粘膜に特殊な膜を形成します。
これによって腸に対しての刺激が減ってしまい、便秘の原因に繋がってしまうこともあるのです。
反対に甘柿のタンニンは固まっていますので、渋柿のように渋みはありませんが、タンニンが柿の中に含まれていることには変わりがありません。
ですので甘柿も渋柿同様、食べ過ぎることによって便秘の原因に繋がってしまう可能性はあるのです。』

以上です。
私は専門家(栄養士)ではありませんが、ご参考までに。

柿には、「タンニン」という成分が含まれていますが、そのせいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3
(wikipediaより、「タンニン」)

干し柿は、渋い柿を干すことによって、「タンニン」が水溶性から不溶性になり、渋く感じなくなります。
ただし、タンニンが無くなったわけではありません。
渋柿と干し柿のタンニンの量は、ほぼ同じです。

また、干し柿は、干すことにより水分が抜け、食物繊維の含有率が高まります。
不溶性食物繊維は、ご存知のとおり、便秘予防・改...続きを読む

Q実験室で洗浄に使用する洗剤について

実験室で使う洗剤を購入しようと考えています。いままで「ヤシノミ洗剤」が使われていたのですが、他の洗剤でも大丈夫なのかしりたくて。個人的に泡立ちがいまいちなのでジョイとかにしたいな、と考えているのですが・・・
理科系のカタログにはヤシノミ洗剤しかかいていなくて、これは何かちゃんとした理由があるのかな?と思い質問させていただきました。
どなたかご存じなかたいらっしゃったら回答お願いします。

Aベストアンサー

ヤシノミ洗剤の成分表示を見ると界面活性剤と書いてあるとのことです。界面活性剤には多くの種類のものがあり、その中には非常に毒性の強いものや、使用後に分解されにくいため環境に悪影響を与えるものがあります。有害化学物質を使用している商品ほど、主成分を隠して、添加している自然素材をアッピールしているのが一般的です。TV中には、企業秘密と言うことで成分を公表していない者もあります。
科学をする方でしたら、この際、「泡立ちがいまいちなので」なんて言わないで、健康にどうかをこの際調べてください。

「ヤシノミ洗剤」については
http://www.jca.apc.org/unicefclub/research/93_palm/palm_3.htm
生活の中の有害化学物質
http://nn-chemi.at.webry.info/200912/article_1.html

Q搾りたて牛乳と成分無調整牛乳の成分は違う?

いつもお世話になっています。よろしくお願いいたします。
タイトルのとおりですが、私は酪農の友人からたまに搾りたて牛乳をいただきます。いつも加熱してから飲むのですが、ほぼ下痢してしまいます(味は抜群です)。
しかし、成分無調整牛乳を買って飲むと、大丈夫なのです。
成分無調整牛乳ということはそのままの牛乳(絞ったままの成分)のような気がするのですが(何も足さない・何も引かない)・・・
同じ牛乳のような気がするのですが、搾りたての方は色も黄色っぽくいかにも"濃い"感じがあります。
実際は、市販されている牛乳とは何かを除いたりして成分の違いはあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>成分の違いはあるのでしょうか

1)高温で加熱殺菌している
風味が変わる。
http://milk.asm.ne.jp/jimu/hitori/hitori_04.htm
低温殺菌は美味いらしいが入手したことなし。

2)ホモゲナイズド処理(ホモ牛乳)
大きな脂肪を細かく分散させ、牛乳全体に均一に分布させている。
大きな脂肪が上澄みの黄色い部分で、「濃い」と感じる。
脂肪の分子が大きいから消化しにくいので下痢しやすい。

Q洗剤やシャンプーに使われているラウリル酸の ラウリルの言葉の語源は、

洗剤やシャンプーに使われているラウリル酸・・の ラウリルの言葉の語源は、どこから来ているのでしょうか? たしか、ヤシ油が関係していてように思えるのですが。 ネットで調べたところ、合成洗剤の陰イオン・・・。とありますが、どういう言葉から出来た言葉か知りたいのです。

Aベストアンサー

語源は月桂樹のローレル(laurel)じゃないでしょうかね。ローレルから取れる脂肪酸がlauric acidで、lauric acidと炭素骨格の同じアルコールということでlauryl alcoholとなったように思います。資料を調べたら、lauric acidはココナツオイルやローレルオイルに多く含まれると書いてありました。

ヤシ油にちなんで名付けられたのは、パルミチン酸(palmitic acid)の方だと思います。油やしがpalmですから。

参考URL:http://www.thefreedictionary.com/lauric+acid

Q実はカロリーの高い焼き芋と実はカロリーの低いドーナッツどちらが太りますか?

一ヶ月間毎日500キロカロリーの焼き芋を食べるのと一つで130キロカロリーのドーナッツを三つ食べるのだったらカロリー的に考えて焼き芋の方が太りますよね?

Aベストアンサー

単純にカロリーだけ見るならそうですね。

ただ、さつまいもには食物せんいやビタミンが豊富です。代謝や美肌に深く関係します。ドーナツは栄養的にはいも類に比べれば偏っています。
おいもの炭水化物は確かにカロリー高めですが、ドーナツに大量に含まれる油に比べれば、運動した際エネルギーになりやすいです。ドーナツは砂糖も多いですし。焼き芋に砂糖や油なんて加えませんよね?

ダイエットを考える食べ方をする時は、単純にカロリーだけ見るのではなくて、代謝を助ける栄養素が多いもの、食物せんいの多いものを選ぶのも手ですよ。

わたしなら、焼き芋を選びます。

Qヤシノミ洗剤は合成石鹸なのでしょうか?そうなら粉石けんと違って何か良くない点があるのでしょうか?

お世話になります。

少しでも自分や環境に優しいものを使おうと石鹸
生活を1年程前から始めているのですが、洗濯洗剤
は粉石けんではないみたいだけれど良さそうと思って
ヤシノミ洗剤を使っています。
ただ、石鹸を使った生活に関するHPを結構見てみた
のですが、一度もヤシノミ洗剤って出てこないので
やはりこれも合成洗剤なのかしら??と思ったり。
実際の洗濯の為に手間のかかる、HP上に載っている
粉石けんは使えないとは思うものの、良いと思って
ちょっと高いけど(売り出しとか殆どないし)と思って
買っているのですが、一般の合成洗剤と一緒なら全く
意味はないし、と思いまして。
一体この洗剤はどういう位置づけなのか??と改めて
考えてしまいました。
合成洗剤なのか、そうでないのか。合成洗剤なら
一体普通のものとどう違って、何が良いのか?
一応蛍光剤とか入っていないというのが良いという
のは判りますが…。

すみません、まとまらなくなったのですが、タイトル
に書いたのが要旨です。もし何かご存知でしたら教え
て下さい。

お世話になります。

少しでも自分や環境に優しいものを使おうと石鹸
生活を1年程前から始めているのですが、洗濯洗剤
は粉石けんではないみたいだけれど良さそうと思って
ヤシノミ洗剤を使っています。
ただ、石鹸を使った生活に関するHPを結構見てみた
のですが、一度もヤシノミ洗剤って出てこないので
やはりこれも合成洗剤なのかしら??と思ったり。
実際の洗濯の為に手間のかかる、HP上に載っている
粉石けんは使えないとは思うものの、良いと思って
ちょっと高いけど(売り出しとか殆どないし)と...続きを読む

Aベストアンサー

品名:洗濯用合成洗剤
界面活性剤(25%、アルキル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸ナトリウム)、水軟化剤(アルミノけい酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、酵素

明らかに合成ですね;ただ…

石油から作られる界面活性剤LASは、一切使用せず、蛍光剤や漂白剤も無配合。だから、生成りや色柄ものが色落ちすることなく、自然な仕上がりです。また、皮膚刺激のもとになる物もできるだけ抑え、無香料・無着色。お洗たく後の排水も、微生物によって99%以上生分解されて地球に還ります。
という商品説明なので、合成なのに良品なの??と訳がわからなくなりますよね。

無添加ではないが、石油系合成洗剤(ア○ックやア○エール等)よりは良いところがあるといったところではないでしょうか。このような微妙な位置づけの商品結構ありますね。
あとはもう、消費者の判断というか満足度だと思います。とことんこだわるか、アレよりマシと思うか。アトピーや手荒れがひどいようならこだわった方がいいかもしれませんね。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~wadasho/y-zukaisentaku.htm 

品名:洗濯用合成洗剤
界面活性剤(25%、アルキル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸ナトリウム)、水軟化剤(アルミノけい酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、酵素

明らかに合成ですね;ただ…

石油から作られる界面活性剤LASは、一切使用せず、蛍光剤や漂白剤も無配合。だから、生成りや色柄ものが色落ちすることなく、自然な仕上がりです。また、皮膚刺激のもとになる物もできるだけ抑え、無香料・無着色。お洗たく後の排水も、微生物に...続きを読む

Qココナッツのカロリーについてパート2

ココナッツのカロリーについてもうひとつ質問中です
たくさんご回答いただきありがとうございます
さらに質問でごめんなさい
ローカロリー説と高カロリー説で二分しています
私がこの質問をしたのは今ソニプラとかで売っている『トーステッドココナッツ』というお菓子にはまっているのですが(ココナッツを焼いて乾燥させたココナッツチップみたいなさくさくしたお菓子です)カロリー表示があるのですが外国語でわからず販売会社に問い合わせたところ80gで27キロカロリーとの回答でした
80gで27キロカロリーとはかなりローカロリーです
おいしくてローカロリ-ならって思ったのですが本当か!?って不信感も出て来たので質問しました
ローカロリーだからと安心して食べたら太った!とかは嫌です
みなさんどう思いますか?
いくら会社でもやっぱり信用できないのかな??
ご意見お聞かせください
お願いします

Aベストアンサー

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/isarastore.com/g/169/index.shtml
たびたびすみません。もしこの商品だとしますと、先ほどのカロリーは、砂糖抜きのものなので、さらにカロリーは高くなると思います。
家にもタイで買ってきた同じものがありますが、それには40gで200カロリーと書いてあります。
ダイエットには向いてません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報