大手通信業や銀行などで、合併劇が盛んな今、事実上吸収されてしまった会社の株式は、どうなるのですか?どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

合併した存続会社の株券と一定の割合にて交換されます。



例えば、先日合併した国際電気・八木アンテナ・日立電子の
三社の場合だと、

・存続会社は国際電気
・旧日立電子の株式1株に対し、国際電気の株式を0.44株交付
・旧八木アンテナの株式1株に対し、国際電気の株式を0.52株交付

という比率で交換され、吸収された形の会社の株式は全て
存続会社である国際電気の株式になります。

なお交換比率は、お互いの会社の資産や株価などで対等な価値と
なるように決定され、原則として株主には損得がでません。

#合併効果の結果、株式が市場で買われ、その結果株主が
#得をするかもしれませんが、株式の交換比率自体は
#対等になるように計算されているはずです。
    • good
    • 2

 合併契約のとき、旧1株を新0.3株とするように割り当てます。

この割り当ては、合併時の株価、1株あたりの純資産などを検討して、決定します。赤字が多い会社ですと、旧1株に新0.1株とかいうようになります。

 見本は、下記のHPです。

参考URL:http://www.taikan.co.jp/release/tyouin.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸収分割(全部)と吸収合併

会社法に、会社の合併や分割の制度があります。
そして、吸収分割は権利義務の全部を分割することもできるようです。それはそれでいいのですが、これって吸収合併と何が違うことになるのでしょうか?
分割のほうは分割会社の抜け殻のようなものが残るということでしょうか?

Aベストアンサー

簡単には、法人格が残るか否かの違いになりましょう。「分割会社の抜け殻のようなものが残る」というイメージで大丈夫かと思います。

Q日本通信放送株式会社の分割吸収による株式数について

現在、日本通信放送株式会社の株を保有しています。
先日次の内容の文面が送られてきました。
「この度、株式会社エコワとの分割吸収および減資の議案が承認され株式併合します。よって株券を当社まで提出し、期日までに提出しない場合株券は無効となります」
お金を払って買った株券を期日までに送らなかったからと無効になってしまうものなのでしょうか。

Aベストアンサー

そのようですね。
買った時点で投資価値は半減してるあの会社ですよね?
しかも、いまだに上場しないという。

まあ、絶対現金に出来ないという時点であきらめるべきでしょう。

私も資料一式kもらって直接問い合わせてみました。

社長がいろんな団体とかに名前載せてる時点で先行きあぶないですよ。
社長の名前を検索してから判断しましょう。

Q吸収分割契約書についての法758IIIの意味

株式会社に権利義務を承継させる吸収分割契約についての会社法758条の3項「吸収分割により吸収分割株式会社又は吸収分割承継株式会社の株式を吸収分割承継株式会社に承継させるときは、当該株式に関する事項」とあるのですが、吸収分割承継株式会社の株式を吸収分割承継株式会社に承継させるとはどういう意味なのでしょうか?
初心者ですいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q吸収分割承継株式会社の株式を吸収分割承継株式会社に承継させるとはどういう意味なのでしょうか?

これってそのまま読むと確かに変な感じがしますね。でも、本当にそのまま読んでしまっていいんです。

まず甲社を分割会社、乙社を分割承継会社とします。甲から乙へ財産等の移転がある場合、その財産の中に、甲社が持つ甲社株式(自己株)があればそれが吸収分割会社の株式、甲社が持つ乙社の株式があれば、それが吸収分割承継会社の株式、となります。

よって、吸収分割承継株式会社の株式を吸収分割承継株式会社に承継させるとは、甲が持っていた乙社株式を乙社に渡すことです。以後は乙社にとって自己株としての保有となります。758の3は、この場合には吸収分割契約書に記載しろと言っています。

ちなみに、758の4は、対価として乙社が甲社に対して交付する株式という意味で、これは新株発行株または自己株交付となります。758の3の甲→乙は権利義務承継ですので、新株発行はできません。

Q株式公開を前提とした合併後の株式譲渡における株価について

現在、勤めている会社が株式公開を前提とした合併を予定しています。
合併前に相手の会社が、こちらの会社に増資を行い株式比率を55:45とします。
この時点で、株価は1000円(1株)→5万円(1株)増資時となります。
その後、合併時には、比率を80:20にしたいから
相手の会社がこちらの株を自社株買いとして買い取る
そうなのですが、この時点での株価は上場後に売却するのに比べて
どれぐらいの差が出るのでしょうか?
なお、相手の会社は、これまでの実績から2年で上場をしたいと言っており、
上場後の時価総額は、100億を目標にしているそうです。
合併時に持っている株を売っても、上場後と大差はないから
売ってもらいたいと言われています。
合併時に上場後の株価が見えるので、上場後の価格に
近い額で買い取らざるを得ないからとも言われました。本当にそうなのでしょうか。
どなたか、教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>上場後の時価総額は、100億を目標にしているそうです。
DoCoMo並ですね。よっぽどの大企業とお見受けしました・。

ただ、持っているといろいろといわれそうですが、
保有継続でいいでしょう、。

上場後に回答すると言っておきなさい。
高値売り抜けの予感と。

Q吸収合併

吸収合併についてお伺いします。
普通 吸収合併と言いますと、吸収するほうの株は上がると思いますが、又されるほうの株は下がると思いますが、いかがですか教えてください。

Aベストアンサー

吸収する側をA社、される側をB社とし、各々の株式の市場の思惑時価が1000円、100円とします。

合併比率で、10:1とした場合、B社株10株をA社株1株に交換することになります。
たとえば、合併比率が8:1であったなら、B社株8株がA社株1株に交換できることにな
りますので、A社株は下落しB社株は上昇することになります。
合併比率が12:1であったなら、この逆の動きとなります。

要は、吸収される側と吸収する側は、合併すれば同じ会社になりますので、一方的にどちら
かが上がる(下がる)というものではありません。
市場が期待するそれぞれの株価と合併比率がどのように違うかによって株価は動く、ということになります。

勿論、合併自体を市場が好感すればA社株は上昇するでしょうし、失望すれば下落するということもあります。

Q吸収・合併で単元株未満になってしまいました

タイトルの通りなのですが、保有していた銘柄が吸収されて、別の銘柄になってしまいました。その時の合併比率によって、保有株数が0.013(だったかな)になってしまいました。そこの売買単位は1株なのですが、私の持っている株はもう売買できないのでしょうか。
ややこしいので、売ってしまうか、それか0.987株分買い増しして1株にしたいのですが、もう不可能でしょうか。(配当金は0.013株分だけついていました)無知で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単位株という言い方は今は単元株という制度になっています。(まあ、意味するところはほぼ同じです)

買い増しできるかは、発行する会社の制度によります。
買い取り請求は可能です。
詳しくは、こちらをどうぞ。
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/tan_miman.html
関連語、主要キーワードで、買増、買取についてもおわかりになれると思います。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/tan_miman.html

Q会社の取得と吸収合併の相違点について

会社の取得と吸収合併の相違点について教えてください。

会社の取得の際の仕訳(取得金額を150とする。)
(借)諸資産  100 (貸)諸負債   50
(借)のれん  100 (貸)当座預金 150

会社の吸収合併の際の仕訳(増加する資本金を100、増加する資本準備金を100とする。)
(借)諸資産  500 (貸)諸負債   300
              (貸)資本金   100
              (貸)資本準備金 100

それぞれが、このようになると思います。

ここで質問を1つしたいと思います。

質問 どうして、取得では「資本金」や「資本準備金」が登場しないのに、吸収合併の際は「資本金」や「資本準備金」が登場するのですか?(取得の問題も、吸収合併の問題も買収(吸収)される会社には資本金が存在しています。)

回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方もおっしゃってますが、「取得」というのは投資の形態を表しています。もうひとつの投資の形態は「持分の結合」です。
一方「合併」というのは企業結合の形態であって他には「株式交換」「株式移転」などがあります。

企業結合の問題では「合併」等をしたとき、その投資の形態が「取得」であるか「持分の結合」であるかを判定するのです。
吸収合併=取得などとすぐに決まってる訳ではなく、合併後の持分の比率によってそれが取得なのか持分の結合かを判定することになります。(実務上は9割以上が取得になります)

質問者さんの事例では両方合併を表していると思われます。(上は株式交換とも考えられますが)。
そして上が「取得」下が「持分の結合」の時の仕訳となっています。
さらに上のは現金勘定は資本金勘定の間違いです。(合併の取得ならば資本金が出てこないことはありません)

両者の違いは「取得」は時価評価をすること、「持分の結合」は簿価のまま引き継ぐことが違います。
時価と簿価の分の差がのれんになります。(そのため持分の結合はのれんが出ない)
また「持分の結合」はそのまま引き継ぐことに意味があるので資本金と資本剰余金が別々のまま引継ぎますが、「取得」は投資額と考えられるものがすべて資本金となります。

以上が仕訳の決まりですが、なぜか?については混乱されているようなのでもう一度この分野を復習するのがベストだと思います。
取得と持分の結合の意味さえ分かれば理解できると思います。

他の方もおっしゃってますが、「取得」というのは投資の形態を表しています。もうひとつの投資の形態は「持分の結合」です。
一方「合併」というのは企業結合の形態であって他には「株式交換」「株式移転」などがあります。

企業結合の問題では「合併」等をしたとき、その投資の形態が「取得」であるか「持分の結合」であるかを判定するのです。
吸収合併=取得などとすぐに決まってる訳ではなく、合併後の持分の比率によってそれが取得なのか持分の結合かを判定することになります。(実務上は9割以上が取...続きを読む

QSBIの吸収合併について(初心者です)

分割ということは理解しているのですが、「SBI証券の株式一株に対しSBI株一・一五株を、Fオール一株に同二・五株を、SBIパート一株に同〇・〇五株をそれぞれ割り当てる。」の割り当てるというのはどこに割り当てられるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今回の吸収合併によって、SBI証券・ファイナンスオール・SBIパートナーズは上場廃止になります。

3月の権利日の時点で上記3社の株式を持っている人に対しては、替わりに統合先であるSBIの株が割り当てられます。

例えばファイナンスオールを1単位(1株)持っている人は、3月に2.5株のSBI株と交換されるということです。つまり権利日の次の日には、ファイナンスオールの株が無くなる替わりに、SBI株が2株と0.5株分のお金が口座に入ることになります。

Q取引先が吸収合併 請求先は?

取引先がある会社に吸収合併されることが決まっています。
支払条件はよくあるパターンの
「納品検収 月末締め翌月末払い」です。

そこで質問ですが、吸収合併の日を境として

吸収合併前の旧会社からの注文を
納期の関係で吸収合併後に新会社に納める

ような場合は一般的に請求先はどうすればよいのでしょうか?
新会社宛に請求書を発行する?

または、納品日が吸収合併後になることが明らかな場合、
吸収合併前に新会社から注文書を発行してもらう?

上記以外も含めて一般的な方法を教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

合併の場合、旧会社の債権債務は、新会社(存続会社)がすべて引き継ぐことになっています。

ご質問の場合、旧会社からの注文書に基づき、新会社に納品し、新会社に請求書を発行することになります。

理由は、
注文書発行時・・新会社(合併した後の状態、という意味です)はまだ存在していない。
納品時・・旧会社はすでに存在しない。
請求時・・旧会社はすでに存在しない。からです。

また、合併前に新会社名で注文書を発行してもらうことは、一般的ではありません。
合併により、旧会社の債権債務は自動的に新会社に引き継がれます。
つまり、合併の日の前に旧会社がした注文は、自動的に新会社の注文に切替ります。
逆に、合併の日より前に、新会社が発注することは、新会社(合併後の状態)としては存在していないので、辻褄があいません。

合併により、社名変更するとイメージするとよいかもしれません。
例えば、1月からさくら銀行と住友銀行が合併し、新社名が「三井住友銀行」になるとします。
絶対に、合併前の12月には、三井住友銀行名で注文書がだされることはありません。

合併の場合、旧会社の債権債務は、新会社(存続会社)がすべて引き継ぐことになっています。

ご質問の場合、旧会社からの注文書に基づき、新会社に納品し、新会社に請求書を発行することになります。

理由は、
注文書発行時・・新会社(合併した後の状態、という意味です)はまだ存在していない。
納品時・・旧会社はすでに存在しない。
請求時・・旧会社はすでに存在しない。からです。

また、合併前に新会社名で注文書を発行してもらうことは、一般的ではありません。
合併により、旧会社の債権債...続きを読む

Qこれまでの上場企業の吸収合併の日付と発表日

これまでの上場企業が吸収合併を
行なったその会社名と合併した日付
また、合併することを一般に告知した日付を知りたいです。

そのようなことが一覧になっているサイト
もしくは調べられるサイト
もしくは調べられる冊子などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

 
https://www.release.tdnet.info/inbs/I_main_00.html
ここで調べることができますが..................

これまでの上場企業・・・・東証の発足が1878年だから135年間の一覧が欲しいの?
 


人気Q&Aランキング