ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

総資産と時価総額の違いを教えてください。
総資産=実際の企業価値
時価総額=期待値を含めた企業価値
という考えで合ってますか?

A 回答 (3件)

>総資産=実際の企業価値


現金、有価証券、土地、建物、機械、ソフト、在庫等々、企業として保有している資産の合計が総資産。
ですが、簿価で計算されているので、土地などは時価評価とは異なり、実際の資産の価値とは異なる面も場合によってはある。
減価償却等も関係?。私がよくわかってませんわ(^_^;)。

>時価総額=期待値を含めた企業価値
株価☓発行株式数が株式時価総額。株価そのものが期待値、将来的価値の予測を含んだものなので、
時価総額はその時々で大きく増減することはあります。

合ってるかというと、ほぼそんな感じだけど、ちょっと違う面もというところでしょうか。
    • good
    • 1

実際の企業価値を表すのは、総資産から負債総額を差し引いた純資産です。

たとえば、負債が総資産を上回って債務超過に陥っている企業は倒産寸前の状態ですから、総資産で企業価値を判断することはできません。
時価総額=期待値を含めた企業価値 というのは、そうだと思います。
    • good
    • 1

総資産は、流動資産・固定資産・繰延資産など、会社の全ての資産を合算したものをいいます。

これは、貸借対照表(B/S)の借方を全て合算したものであり、また貸方の負債と純資産の合計額と一致します。

一方で株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業の利益や資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本金と時価総額の違い

株式総数1000株として1株1万円で発行したとしたら1000万円ですよね。
そこで、質問ですが、この会社が上場したとして1株が10万円で取引された場合にはこの会社の資本金は1億円になり、逆に1株が1000円ならば資本金は100万円とされるのでしょうか?
帳簿上の資本金と時価総額というのは異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

> -----Original Message-----
株価が急落して1株が1000円になってしまっても資本金は3.1億円で時価総額が400万円になるということでよろしいでしょうか
> -----Original Message-----
そうです

Q株価が下がると、なぜ企業が危険な状態になるといわれるのでしょうか?

株価が下落すると、その会社の価値が下がることと同じ意味であり正常な運営がなされない危険な状態に陥りやすいというのは理解できます。
しかし、それがなぜなのかわかりません。
例えば株価が、企業が銀行等より資金を調達する際の信頼の指標として使われている場合、株価が下がり資金を借り入れにくくなるというなら理解できます。
しかし企業が株を発行する場合、資金を調達する目的で行われるため、その発行された株券が投資家に買われ企業が自由に使用できるお金が手に入った段階で、その「株券を発行した」という役割を全うするのではないでしょうか。
つまり、企業が手にするお金はその株券をいくらで発行したかという過去の時点での価値に基づき、現在その価値が下がったとしても企業が株券発行により手にできる金額は過去に発行したときの金額であるため、現在の株券の価値が下がったとしてもすでにお金を手にしてしまっている以上あまり影響を受けないような気がします。
今後、発行する株券があるとすれば、それは下落した価格での発行となり受け取れる金額が株価が高かったときよりも少なくなり、資金調達が苦しくなることは想像できます。
どなたか、このあたりの事情に詳しい方がおられましたら、「なぜ株価が下がると企業の正常な運営に支障をきたすのか」、教えていただきたくお願いします。

株価が下落すると、その会社の価値が下がることと同じ意味であり正常な運営がなされない危険な状態に陥りやすいというのは理解できます。
しかし、それがなぜなのかわかりません。
例えば株価が、企業が銀行等より資金を調達する際の信頼の指標として使われている場合、株価が下がり資金を借り入れにくくなるというなら理解できます。
しかし企業が株を発行する場合、資金を調達する目的で行われるため、その発行された株券が投資家に買われ企業が自由に使用できるお金が手に入った段階で、その「株券を発行し...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

すべての疑問に答えられないですが

例えば、株価下がる、もしくは下がりそうということになると
企業は転換社債の発行が難しくなり、もしくは株へ転換する可能性が低くなり
結果として、社債として返還しなといけないとなると
企業は本来開発などに使うキャッシュを返金にせざるを得なくなってきます

またご指摘の株券発行による資金調達ですが、ご指摘の通り
今後の発行に支障が出てきます
将来下落しそうな株券発行やIPO株を買う人はいないですよね

ということで株価が下落すると少なくとも資金調達という側面から
企業にお金が入ってこなくなります

なので企業経営に支障をきたすということになります

そういう資金調達を行っていない場合は
「直接的には」株価下落は影響ありません

ただしその会社の株を購入している株主にとっては
企業の成長を見込んで株を買っているので下落した場合は
株主総会が荒れる可能性はあります

あと他の会社の株を購入している、いわゆる持合みたいな場合等は
当然決算に影響があります。決算処理で評価損みたいな形で
会社経営に支障が出てきます

ご参考になれば幸いです

こんにちは

すべての疑問に答えられないですが

例えば、株価下がる、もしくは下がりそうということになると
企業は転換社債の発行が難しくなり、もしくは株へ転換する可能性が低くなり
結果として、社債として返還しなといけないとなると
企業は本来開発などに使うキャッシュを返金にせざるを得なくなってきます

またご指摘の株券発行による資金調達ですが、ご指摘の通り
今後の発行に支障が出てきます
将来下落しそうな株券発行やIPO株を買う人はいないですよね

ということで株価が下落する...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q企業価値の質問

企業価値は時価総額+有利子負債-現金同等物
ですが、なぜ有利子負債を足して現金同等物を引くのでしょうか?
これでは有利子負債が多ければ多いほど企業価値が上がってしまいます。(有利子負債が多いほど株主資本比率が下がり倒産する可能性が高まるのに、、、。)
現金同等物が多いほど優良会社になるのに、なぜ引くのでしょうか?

私が思うには
企業価値は時価総額-有利子負債+現金同等物だと
思います。
私がどこか勘違いしているのでしょうか?

知っている人がいましたら教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここでいう企業価値(EV)とはその会社をいくら出したら買収できるかと言う金額で判断するものなので
EV=時価総額+有利子負債-現金同等物
になっているわけです。

買収しようとする会社が借金を抱えていればいるほど買収にかかる費用は増えると考えるのが自然ではないでしょうか?逆に買収の対象の会社が現金同等物が多ければ多いほど、買収にかかる費用は少なくて済むのではないでしょうか?

(考察)
質問者さんのお考えの企業価値が以下のようだったとします
EV=時価総額-有利子負債+現金同等物

金融関係や重厚長大の産業などはものすごく有利子負債が大きく、なかには有利子負債>時価総額
の企業もいくらでも存在します。この場合、有利子負債が大きければ大きいほど企業価値はきわめて小さくなり、ひょっとすると0だったり、マイナス(誰でも良いからこの企業ただであげるから持っていってくれ!)状態になってしまいます。こんなことおかしいですよね。

借金があるということは逆に企業の信用状況がそれだけ高いと考えてみれば納得できるのではないでしょうか?

(分かりやすい例)
例としては大変よくないですがこういうことです。
結婚したい女性がいたとして、その女性が200万円の借金があった場合、結婚費用200万円だったらあなたは少なくても200万円+200万円=400万円は必要でしょう。200-200=0円とは考えないと思います。

ここでいう企業価値(EV)とはその会社をいくら出したら買収できるかと言う金額で判断するものなので
EV=時価総額+有利子負債-現金同等物
になっているわけです。

買収しようとする会社が借金を抱えていればいるほど買収にかかる費用は増えると考えるのが自然ではないでしょうか?逆に買収の対象の会社が現金同等物が多ければ多いほど、買収にかかる費用は少なくて済むのではないでしょうか?

(考察)
質問者さんのお考えの企業価値が以下のようだったとします
EV=時価総額-有利子負債+現金同等物
...続きを読む

Q切片あり回帰と切片なし回帰

実務で回帰分析を使う必要に迫られています。
初歩的な質問ですみません。。

切片ありで回帰したり、切片なしで回帰したりと場合によるようですが、使い分けってどういう意味があるのですか?

切片ありで回帰してR2を算出したり、回帰係数の推計の場合は切片なしでやったり。。

初級のテキストではその辺に焦点を当てた説明が見当たらなかったため質問させていただきました。

どういった議論の範疇なのか、など勉強のヒントだけでもかまいませんのでよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

実務でということは、Excelでもお使いになるのでしょうか。
(x,y)のデータが複数あり、それをグラフ上にプロットしたときにx,yの間に直線関係が認められるか否か、そのひとつの判断のひとつとして、回帰計算があります。

切片のあり、なしの選択は、理論的にx=0のときy=0になると考えられる母集団(データの集まり)であれば切片なし、x=0のときy=0にはならない、或いはその関係がよくわかっていない母集団であれば、切片ありにすると良いでしょう。

例1.1gあたり10mm伸びるというバネがあり、重さ(x)と伸び量(y)の関係を調べてグラフにしてみた。 これは理屈から考えて、重さゼロのときは伸びゼロですから、切片なしで回帰した方がよいでしょう。

例2.東京都内に住む、100組の夫婦について、夫の年収(x)と妻の年収(y)の関係を調べて、グラフにしてみた。 この場合、夫の収入がゼロのとき、妻の収入もゼロなんて根拠はどこにもありませんから、切片ありで回帰すると良いでしょう。

ご参考まで。

Q来週、就活の本社面接で東京へ行くことになりました。 交通費は領収書を提出すれば負担してもらえるそうで

来週、就活の本社面接で東京へ行くことになりました。

交通費は領収書を提出すれば負担してもらえるそうですが、その2日後に違う企業の面接が同じ東京であります。

個人的に他の会社の面接については、どうしても黙って置きたいと思っているので、互いの会社に領収書を提出しようと思っています。

そこで、一つは新幹線の往復分を購入し、領収書を出して払い戻し、もう一つは自分が乗る飛行機の領収書を互いの企業に提出しようと思っています。

払い戻した金額については、交通費のみで宿泊代が出ないので、そこに当てようと思っています。

また、地方ですので、行って帰ってまた行く事はとても厳しいのでこの手段しかないかと思っています。

横領になる事は分かっていますが、、、


払い戻した事実がバレる可能性はありますでしょうか?

また、他になにか良い案がありましたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、元総務事務担当者です。

たしかに就職試験を二社受けようとして、それがわずか2日間しかなければもったいないですよね。
領収書が必要ということでしたら、東京までの往復切符やビジネス切符などを2セット購入されればどうでしょう?
もちろん、その際には領収書をふたつにわけます。
そして、余った切符は必要とされる人にお譲りされたらどうでしょうか。
もっとも、飛行機では半券を求められる可能性が高いのでだめですが。

詐欺罪になるかどうかは…保証の限りではありません。
自己責任でお願いします。

良心がとがめるようでしたら、片道だけを請求すればどうでしょう。
理由としては「東京には個人的な利用もありましたので、往復をだしていただくわけにはいきません」とかなんとかです。

Q買収された会社の株価はどうなるのでしょうか?

経済のことをほとんど知らないで、初歩的な質問ですみません。
買収されたA社の株価が100円だとします。
このA社がB社に買収されたとします。
買収されたのでA社はなくなってしまうと思うのですが、買収されたA社の株価はどうなるのでしょうか?
また、A社の株を持っていた人の株は、どうなってしまうのでしょうか?
すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化(株式を100%持つ)されれば上場は廃止されます。その前にTOB(株式公開買い付け)が行われて、市場に出回っている株を回収します。TOBに応募する人を増やす目的で、市場価格より高い価格で買い付けるのが一般的です。もしこれに応募しないで株を持ち続けても、臨時株主総会で定款を変更し株に全部取得条項を付して、すべての株を強制的に買い取ることになります。

合併の場合や持株会社の傘下に入る場合は、元の企業や○○HDといった持株会社の株と交換となる場合が多いです。この場合、交換比率によっては株価が大きく動きます。元の企業1株につき、新しい企業の株が何株割り当てられるかによるのです。
投資家に不利益が出ないようにはなっています。しかし高い価格で買ってしまって、仕方なく塩漬け状態となっている株を安くで買い取られたり、違う企業の株と交換となってしまって投資家が損をするのは良く有りますね。

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化...続きを読む


人気Q&Aランキング