アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

学生実験で大腸菌群の定量試験を行っています。
その際、メンブレンフィルター法の時に使用する
M-エンドウ培地を調製すると、必ず沈殿ができてしまいます。
調製方法は、4.8gを量りとり2mlのエタノールと98mlの水で
加熱して溶かしています。
何度やっても沈殿が出来てしまうので、こうゆう培地なのかとも
思うのですが、どうなのでしょう?
それとも、私の調製方法が悪いのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

A 回答 (1件)

メルクの製品については、マニュアルに「Suspend 51 g in 1 litre of distilled or deionized water containing 20 ml of ethanol 96 % and heat to boiling to dissolve completely. 」とあるので、煮沸すれば完全に溶けるようです。


http://service.merck.de/microbiology/tedisdata/p …

この回答への補足

遅くなってしまってすみません。回答ありがとうございます。
申し訳ありませんが、英語が苦手なのでHPを拝見させていただいてもほとんど
理解できないのですが、毎回調製の際には煮沸させていますが溶けきれません。
煮沸後、冷えてくると沈殿は増えているような気さえしてしまいます。
煮沸が足りないなどの理由なのでしょうか?

補足日時:2005/12/17 14:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度になりますが、回答ありがとうございました。
1ヶ月以上待ったのですが新たな回答をいただけなかったので、
締め切ることにしました。あれから、教えていただいた
HPを翻訳ソフトで翻訳してみたところ、「完全に溶ける
ように・・・」というフレーズがあったので
やはり完全に溶けるものなのだと分かりました。
しかし、なぜ私が調製すると溶けきらないのかは分かりませんが
次回調製するときには、いつも以上丁寧に行いたいと
思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/15 16:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!