新しいミレニアムでそれなりに盛りあがってますが、
もともと日本では西暦の意識はなかったはず。
いつからどのような形で西暦が使われるようになったか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 戦国時代、キリスト教が伝われたときには、キリスタン仲間では「御出世以来千五百九十四年/日域文禄三年端月三日(高槻キリシタン文書)」とか「御出世以来一六ニ一年しやねいろ(ポルトガル語の1月)の二日(教皇パウロ五世宛京坂キリスタンの奉答書の日付)などに記載が見られますが、キリスト教の弾圧以来、の記述はなくなります。

その後、蘭学者や外国に明るい人物は、存在を知っていましたが、使用するという事は、キリスト教を認めることに直結されていましたので、明治になってからも、一般では使われませんでしたが留学生を中心にした知識人の間では便利さから明治2年には、津田真道が、キリスト紀元では抵抗があったためか、元号を廃して神武天皇紀元を採用するよう政府に建議し却下されましたが、明治5年の太政官布告で「(神武)紀元を日本紀元とする」と公式に決められ、第二次大戦終結まで使用されました。明治6年から
太陽暦を採用しましたときの木版の「明治六年太陽暦」には、には、大きく「神武天皇即位紀元当り二千五百卅三年」とあり、傍らに「西洋一千八百七十三年」とありま
す。すでに、キリスト教信者内では、支配者側に無用の混乱を避けるため、わざわざ中国語で「天主降生千八百六十八年歳次戊辰瞻礼記」なる表現もされて使用していました。暦の西暦表示は、この後、数年後西洋化に対する反動のためかなくなりました。教育では教えられましたし、大正、昭和と外国との交渉が多くなるにつれ、ハイカラな響きを持って、大衆社会には受け入れられました。でも、正式には「日本紀元」でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shoyosi様
早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。
実は「日本人にとって」初めての新世紀では?
と思ったのですが、1901年当時でも
新世紀ということは意識されてたわけですね。
最初のミレニアムには違いありませんが・・・
これに関連して日本人の西暦3000年は来るでしょうか?
なんてことを考えてしまいます。
その頃はイスラム暦になってるかも知れません。
助かりました。取り急ぎお礼まで。

お礼日時:2000/12/12 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西暦が一般に浸透したのはいつから

西暦は6世紀にエウシグウスが考案し、次はwikiからの引用ですが
西暦1年から531年までは概念上の存在であり、実際の紀年法として使用されたことはない。その後も長らくこの紀年法は受け入れられず、731年にベネディクト会士ベーダ・ヴェネラビリスが『イングランド教会史(イギリス教会史)』をキリスト紀元で著してから徐々に普及し、10世紀頃にようやく一部の国で使われ始め、西欧で一般化したのは15世紀以降のことであるという。
西暦が国際社会でもっとも用いられる年号となったのは、キリスト教圏であるヨーロッパ各国の世界進出や植民地拡大により非キリスト教国でも西暦が普及したからである。

一般に浸透したのが15世紀以降とありますが、例えば1453年のコンスタンティノープル陥落の報などは、当時の人もその出来事が「1453年」のことであり、この数字は世界史上に刻まれる年であるといったような感覚は持っていたのでしょうか?
wikiの説明だとざっくりしすぎているので、当時の人々が自分が生きている世界は今何年なのかという感覚をどのように持っていたのか、何の暦で年数を測っていたのか、その理解はどの程度広まっていたかということを詳しくお聞きしたいです。

例えばローマ人のことでもいいのですが、彼らは建国記念が紀元前753年なので、この年を起源としてそれから2年・・・3年・・・etc という感じで自分たちの世界の年数を把握していたのでしょうか。例えばビザンツ帝国は自分がローマの正当の後継者だという意識を持ち続けていたとすれば、滅亡の1453年のことは起源から数えて2206年目にあたるから、彼らは2206年という年数を把握していたのでしょうか?
当時のビザンツの愛国的な歴史家が祖国の滅亡年を2206年として歴史書に記したというような、こういうエピソードは存在するでしょうか?

よろしくお願いします。

西暦は6世紀にエウシグウスが考案し、次はwikiからの引用ですが
西暦1年から531年までは概念上の存在であり、実際の紀年法として使用されたことはない。その後も長らくこの紀年法は受け入れられず、731年にベネディクト会士ベーダ・ヴェネラビリスが『イングランド教会史(イギリス教会史)』をキリスト紀元で著してから徐々に普及し、10世紀頃にようやく一部の国で使われ始め、西欧で一般化したのは15世紀以降のことであるという。
西暦が国際社会でもっとも用いられる年号となったのは、キリスト教圏であるヨー...続きを読む

Aベストアンサー

>例えば1453年のコンスタンティノープル陥落の報などは、当時の人もその出来事が「1453年」のことであり、この数字は世界史上に刻まれる年であるといったような感覚は持っていたのでしょうか?
「当時の人」とありますが、どこの地域に住んでいて、いかなる宗教を奉じていたかで変わるでしょう。

>当時の人々が自分が生きている世界は今何年なのかという感覚をどのように持っていたのか、何の暦で年数を測っていたのか、その理解はどの程度広まっていたかということを詳しくお聞きしたいです。
暦の歴史から始めませんと判り難くなるかとおもいます。
古代から世界中の人達は各々のグループ(民族)ごとに暦を持っていました。
最大の理由は農耕と祭神の為です。

ローマに御興味がお持ちようですので、取敢えずローマの暦の変遷をご説明します。
ロムルス暦:前753年制定・・・304日/年→厳冬期は無視(どうでもいい日)
ヌマ暦:前710年制定・・・355日/年→月の周期から計算して354日として1日足しました。(奇数を尊重)
ヌマ暦の改革:前153年(現在の英語の月名の原語が確定した)→地球の公転365日とのずれは閏年を設けて調整した
ユリウス暦:前46年制定・・・365日/年→4年に一度閏年
アウグストゥスの改暦:各月ごとの日数を変更した→8月の名称をsextilisからaugustusに変更した
これ以降、歴代の皇帝が自分の名前を月の名称にしようとしてすったもんだやってます
当時のローマでは1年の始まりは春分の日でした。

ローマ暦の紀元は西暦前753年を紀元としていました。
西暦3世紀にディオクレティヌスが西暦284年を紀元と改定しました。
ディオクレティヌスはキリスト教を徹底的に弾圧した皇帝でした。
西暦525年に神学者ディオニュシウス・エクシグウスが悪魔が定めた紀元である、と法皇に進言してキリスト生誕を紀元としする現在の西暦を定めました。
ただし、聖書の記述とは矛盾があり、現在の天文学の推定から実際のキリスト生誕は西暦4年となるとされています。

一方で古代エジプトでは、365日/年とした太陽暦が既に使われていました。

イスラム教圏では、イスラム暦が使われていました。354日/年→30年間に11回の閏年を設けてありました。
西暦622年に相当する年をイスラム暦の紀元としました。(ジュラ紀元)

イランでは西暦192年に、このイスラム暦を改めて独自のイラン暦を作りました。
これが現在でもイランで使われている暦です。

ユダヤ教では西暦前3761年を紀元とするユダヤ暦が使われます。

ミャンマー(ビルマ)では西暦前544年を元年とするビルマ暦を今でも使っています。

フランスはフランス革命のときに共和暦(フランス革命暦)という暦を作りました。

ソ蓮では1929年10月1日から1940年6月27日の間ソヴィエト連邦暦というものが使われていました。

中国ではローマ時代よりも遥か昔から太陰暦(旧暦)が使われていました。

>一般に浸透したのが15世紀以降とありますが
キリスト教圏での話です。
9世紀にヨーロッパに広まったという考えもあります。
実際に世界中に広まったのは植民地が拡大した18世紀以降です。

>滅亡の1453年のことは起源から数えて2206年目にあたるから、彼らは2206年という年数を把握していたのでしょうか?
自分の国の歴史は自分の国の暦で考えます。
イスラム教圏の人が、異教徒であるキリスト教徒が使う年号に一々換算して考えていたとは思えません。

日本でも、
江戸時代にはオランダと通商しており、領事館もありました。
とうぜんオランダ人が使う西暦は知っていました。
定期的に領事館から上がってくるオランダ風説書の作成時にはオランダ側は西暦を使っていたでしょう。
おそらく和文の報告書を作成した通辞が、年数を逆算して日本の年号表記にしていたのではないのでしょうか。
それはそれ、これはこれで、相変わらず太陰暦(旧暦)を使い続けました。

>当時のビザンツの愛国的な歴史家が祖国の滅亡年を2206年として歴史書に記したというような、こういうエピソードは存在するでしょうか?
寡黙にして知りません。

暦を共通なものとするのは、あくまでも国際交流の上で必要があるからだけです。
日常的には、昭和だの平成だのと日本国内でだけ通用する年号をお使いになられていませんか?

>例えば1453年のコンスタンティノープル陥落の報などは、当時の人もその出来事が「1453年」のことであり、この数字は世界史上に刻まれる年であるといったような感覚は持っていたのでしょうか?
「当時の人」とありますが、どこの地域に住んでいて、いかなる宗教を奉じていたかで変わるでしょう。

>当時の人々が自分が生きている世界は今何年なのかという感覚をどのように持っていたのか、何の暦で年数を測っていたのか、その理解はどの程度広まっていたかということを詳しくお聞きしたいです。
暦の歴史から始め...続きを読む

Q西暦何年、っていつから言われるようになったのでしょうか

現在2009年ですが、この西暦で年号の数字を言うのは世界的に、いつからなのでしょうか。まさかキリストが生きているとき「(西暦)30年」なんて言っていなかったと思うのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。

「世界的」とは言っても、主に欧州ということになるのですが、
西暦(ユリウス暦)が一般的になったのは意外と遅くて、15世紀。
その後、16世紀にユリウス暦はグレゴリオ暦に取って代わられることとなります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%9A%A6

ご参考に。

Q日本人が西暦を認識したのはいつごろ?

日本人が西暦というものを認識したのはいつごろでしょうか?
江戸時代ぐらいまでは元号表記だった気もしますが
そのころには西暦というものの認識はあったのでしょうか?

Aベストアンサー

西暦の存在を知ったのは、日本にキリスト教の布教に来たザビエルが、
各地の有力大名に渡した手紙の記載からだと言われてます。

もちろん、広く使われるのは、明治の改暦以後ですが、
江戸時代の鎖国下でも、長崎でオランダ人と交渉する役人や特許を得て貿易にあたる御用商人、
西洋の科学技術を学ぶ蘭学者には、必要不可欠な知識でした。

オランダ語の権威者であつた江戸屋敷詰め仙台藩医の大槻玄沢は、
寛政6年(1794年)閏11月11日が
西暦で1795年1月1日に当たることから、
江戸三十間掘で主宰していた私塾・芝蘭堂で、「オランダ正月」と称する西暦での新年会を開いた。
オランダ正月はそののち数十年にわたって毎年開かれ蘭学者・蘭癖(おらんだオタク)が一堂に会しました。

 天保6年(1835)に刊行された『蘭学重宝記』は、西暦と年号の対照表やオランダの地図、曜日や星座など、蘭学を学ぶうえで便利な知識が集められています。
 この重宝記の著者を見ると賀寿麻呂大人、、校閲は篤麻呂大人と、一風変わった名前が記されています。
実はこの賀寿麻呂大人は、津山藩の洋学者・宇田川榕菴。
校閲を行った篤麻呂大人は、シーボルト先生だそうです。

西暦の存在を知ったのは、日本にキリスト教の布教に来たザビエルが、
各地の有力大名に渡した手紙の記載からだと言われてます。

もちろん、広く使われるのは、明治の改暦以後ですが、
江戸時代の鎖国下でも、長崎でオランダ人と交渉する役人や特許を得て貿易にあたる御用商人、
西洋の科学技術を学ぶ蘭学者には、必要不可欠な知識でした。

オランダ語の権威者であつた江戸屋敷詰め仙台藩医の大槻玄沢は、
寛政6年(1794年)閏11月11日が
西暦で1795年1月1日に当たることから、
江戸三十間掘で主宰していた私塾・...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qなぜ西暦に統一されたのですか?

現在は世界的に西暦で統一されてると思うんですが、なぜ西暦が選ばれたのですか?また、東洋の暦はいつ頃廃れてしまったのですか?

Aベストアンサー

世界が西暦に統一されたかは分りませんが、
日本の暦は、太陰太陽暦から太陽暦に変わったのは、

「日本の暦は明治5年12月3日を、
新暦の明治6年1月1日とする。」
という事が明治政府の太政官の布告からあったということです。

理由は国家財政上の問題とか言われているようです。
その頃、明治4年から月給制をしていたそうです。

太陰太陽暦の閏年は1ヶ月増えて13ヶ月になります。
太陽暦に変わる前月の12月は2日間しかないという事ですね。
太陽暦の閏年は1日ですね。

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/faq/reki/kyuureki.htm
このWebページに少し触れられています。

Q紀元前と紀元後をなぜ分けるの?

タイトル通りの疑問なのです。当たり前すぎなことなのかもしれませんが、教えてくださいお願いします。どういういきさつで分ける必要になったのでしょうか?
またいつから分ける様になったのですか?

Aベストアンサー

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれた年を紀元とすることにしました。
これが、現在我々が使っている西暦の始まりです。
何故西暦0年が存在しないかと言うと、西暦が作られた6世紀半ばのヨーロッパは、まだ数学が発達していなかったためか、「0」の概念が無かったのです。
そのため、「西暦0年」ではなく、「西暦1年」から始まったのです。これは平成0年がないのと同じですね。
だから、紀元1年より前の年をあらわすには、0がないので当然ながらマイナスを使えず、「紀元前」とするしかないわけです。
この西暦は、まず教会で用いられ、それがヨーロッパの一般人に定着するのはそれから数世紀経ってからで、 実際に世界的に使われるようになったのは、18世紀になってからです。
日本に至っては、明治以降、つまり19世紀に入ってから、やっと使い始めました。

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれ...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

QNEW MINIの故障で泣いています

私は車が大好きです。
今までに5台の国産車を乗り継いで来ました。
丁度、6台目に乗り換える時、BMW NEW MINIが日本で発売されました。
3月2日、ミニの日です。
ローバーミニのデザインを彷彿させる斬新なフォルムに、すぐに魅了されました。
しかし、価格は別として輸入車の信頼度(故障などの)がどれくらいのものなのか慎重を期して、車好きの知人とかに意見を聞いてみました。
その人曰く「僕は輸入車は乗った事は無いんだけど、故障は相当の頻度で起こるらしいよ。しかもありえないような」との事です。
この話は参考にはしましたが、僕はすでにNEW MINIのフォルムの”とりこ”に成っていますから、半信半疑と言った感じでした。
僕は、近頃の輸入車はそんなに故障って無いだろうと思っていました

現在僕が乗っているのはR50です。グレードはクーパーです。

購入してから、2ヶ月でリモコンキーのロックが出来なく成りました。
どうもドアの内部の小さいモーターが動かなく成ったらしいです。
直ぐに修理してそれからまた1ヶ月経ったある日の事、一般路を走行中に信号で止まった時、何故かエンジンストップ。
いくらエンジンを掛けても回りません。
赤信号なので、後続車からクラクションを鳴らされ焦って、色々と
触っているうち、フロントパネルにEDとかSDとかの訳の分からない表示がされてしまっていました。とにかく、人に押してもらい
その場を離れました。
ディーラーはコンピューターの誤作動だと言って、何か修理をしたようです。
その故障はそれからは起こりません。
その後も、ヘッドライトの光軸調整のモーターが動かなく成って
片目に成ったり、とにかくこのような故障が頻繁に有ります。
頻繁というより一ヶ月おきという感じです。

実はこれを書いている今、また故障で修理してもらっています。
右のウィンドーのガラスの開閉が出来なく成ってしまいました。
開閉用のボタンを押してもまったく反応ナシ。
ガッチリと閉まったままです。
駐車場で駐車券を挿入するために思いっきり幅寄せしていたため
ドアを開く事も出来ず、仕方なく左のドアを開けて車から降りて駐車券を挿入して清算しました。

後続車からは「馬鹿じゃないのって」顔されました。

その後、今、デイーラーにて修理中です。費用はモーターの交換調整共で35,000円。
こんな修理が今までに、5回以上、合計30万は払っています。
もう、嫌に成って来ました。
営業マンに不平を言ったら「故障は僕に言われてもねー」です。
そして更に「もしウィンドーのガラスが開閉出来なくなった時は
ドアのスピーカーの付近を、手で思いっきり叩いたら、ゆるんで動きますわ。でもこれは裏技ですから」って自信たっぷりに言われました。
という事は、ガラスが開かなくなったら、ドンドンと手で叩くと開く車なんだって思いました。

もう腹が立って腹が立って。
300万円もする車を手で叩くのかって。
国産車への乗換えを真剣に考えています。

ミニに乗っておられる方にお聞きしたいのですが、
このようなご経験はありますか?
結構故障の多い車なのでしょうか?

輸入車の事、すべてについて言ってるのでは有りませんし
このような故障が頻繁に起こってもまだ、BMW MINIは好きです。
せっかく、気に入って快適に乗ろうと思って購入したのが
ただ、少し残念な思いをしていると言う事です。

私は車が大好きです。
今までに5台の国産車を乗り継いで来ました。
丁度、6台目に乗り換える時、BMW NEW MINIが日本で発売されました。
3月2日、ミニの日です。
ローバーミニのデザインを彷彿させる斬新なフォルムに、すぐに魅了されました。
しかし、価格は別として輸入車の信頼度(故障などの)がどれくらいのものなのか慎重を期して、車好きの知人とかに意見を聞いてみました。
その人曰く「僕は輸入車は乗った事は無いんだけど、故障は相当の頻度で起こるらしいよ。しかもありえないよ...続きを読む

Aベストアンサー

何か書かれている内容を読むと新車で買われたような感じもしますが実際には中古なのですね。

それは書かれたほうが良いですよ。
文中で30万も修理代に掛かったとかかれていたので不思議に思い、調べてみたら、R50なので2001年から2006年までに生産された中でも初代の生産の終わっているシリーズの物ですね。

残念ですが中古ではそれまでにどの様な使われ方をしていたのかなどの状態がわからないものですので、そればっかりは判断しようがありません。
しかも初期型ですからね。

日本車だって中古なら3年目でも修理が多い車もあります。
特に、日本最大手メーカーの初期型なんか必ず何か起こりますからね。

輸入車だから修理が多いように取れるような書き方をされていますが、現実にはそんなことはありません。

本当に好きなら、新車からその車に付き合ってみてください。
そうすればどこが弱いかなども判ります。
いまの輸入車は日本車と殆ど故障も変わりません。
日本車のほうが致命的な故障は多い位になってますからね。

300万もする車を叩くようなと書かれていますが、もしかしてR50の初期モデルを300万で最近新車として購入されたのでしょうか?
そんなことはまず無いと思いますが・・・

ちなみに現行のモデルは2006年から、R55,56です。

何か書かれている内容を読むと新車で買われたような感じもしますが実際には中古なのですね。

それは書かれたほうが良いですよ。
文中で30万も修理代に掛かったとかかれていたので不思議に思い、調べてみたら、R50なので2001年から2006年までに生産された中でも初代の生産の終わっているシリーズの物ですね。

残念ですが中古ではそれまでにどの様な使われ方をしていたのかなどの状態がわからないものですので、そればっかりは判断しようがありません。
しかも初期型ですからね。

日本車だって...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報