求人を募集するとき、もちろん某就職雑誌などに求人情報を載せたり、社内のホームページに求人募集欄を作ったりすると思います。
しかし、なかなかいい人材に巡り合えない場合が多々あります。
皆さんはどういった形で、人材を確保しているのでしょうか?
やはり、派遣会社などと提携をくんだりしているのでしょうか。
今実際に、年収400万以上でOffice製品などの経験がある方を募集しているんですが、あまり反応がないのです。仕事内容としては社内のユーザーサポート
です。いい案がありました、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


社内のユーザーサポートということですので、そういった関係の専門学校に、
求人案内を貼りだしてもらうようにすればいかがでしょうか?

私も働きながら、土日などに専門学校に通っていますが、とてもやる気のある方が多く、私も刺激されています。

掲示板などで求人案内を貼ってあると、就職先を探している方も多く、見ている方も多いと思います。

何よりも、学校で基本を学んでいる方々なので、即戦力になるというのが強みでしょう。(^^)
    • good
    • 0

採用は、非常に難しいものですが、


うまくいかない原因は、多々あります。

1.採用手法の問題
2.募集職種の問題
3.企業の採用力の問題

それらを総合的に、分析しないと、
間違った対策をしてしまいます。

例えば、人材紹介会社にオーダーを出す事は
可能ですが、その企業に採用力がなければ
紹介はしません。

それは、派遣も一緒です。

じゃー、媒体を選択しようという
ことになっても、
それこそ、新聞、折込、求人誌など、
いろいろ有ります。

また、それらの媒体特性を考慮した上で、
企業アピールの内容もけんとうしなければ
いけません。

特に、そのユーザーサポートの仕事内容によって
正社員がいいのか、派遣でまかなえるのか
が、変わってきます。

なので、信頼のおける採用コンサルタントか、
営業担当をみつけることをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確実な人材募集方法。

建築関係の技術者を募集したいと思っています。
アルバイトではなく将来的に専門技術者に育てたいです。

最近の傾向なのか募集を行ってもなかなかいい人材に恵まれないのがしばしばです。

ここ1~2年の例
・学○援○会  4人面接 採用にいたらず。
・フ○ム○   3人面接 やむなく採用するが即退職
・リ○ナビ   1人面接 やむなく採用するがまったく使えず解雇

費用をかけ、労力をつかい、採用してもまったく育たない。
この繰り返しです。

不景気と言われてますが、どうなんでしょ?
求人誌の人は大きく広告だせば・・
とかいうけど、リ○ナビなんかは100万するしね。

どうしたらいいか困っています。
助けて~~~

Aベストアンサー

こんにちは。

不景気だからとか関係なく、いつの世でも基本的には求職者が企業を選ぶという
姿勢で人材市場に臨んだほうが良いと思います。

kaito88さんの会社は、人材に期待し、かつ、その分の教育もしようという所だと
感じているのですが、その思いや制度はちゃんと広告媒体を通じて伝わっている
のでしょうか? そこのところが、一番大事かと思います。

媒体ごとの広告費や取れた人材の質は、その媒体のせいでしょうか?
媒体への評価がおおよそ同じだった場合に、ああも売上げ(=評価・期待)が
上がるものなのでしょうか?

広告の中身を再吟味して、もっと多くの人に伝わるものを考えたほうが良いと
思いますよ。また、媒体の営業マンは、多くの人事マンと会っていますから
その人事マンの真剣度や思いのあるなしで動き方も変わってきます。
この話は、営業マンに媚びろという話ではなく、人材への思いを問われている話だと考えてもらえれば助かります。

私は人事関連のコンサルをやっているのですが、「人が採れない。」という
悩みを持ちながら、人材に対して適切なアプローチができていない企業を
多くみかけます。

企業としての魅力、欲しい人材の要件定義、人材に見合った待遇、少なくとも
この3点の明確化と現状の客観的評価ができていないと話はまとまりません。
これらがアンバランスだと、運任せで終わってしまいますよ。
特に、人材の要件定義はひじょうに難易度が高い作業だと思います。

結果として、媒体を使わずに今春卒業した学生で未就職の人が対象となったり、
来春卒業の学生が対象となるかも知れません。
一方で、思いもかけず年齢が上の人を採るかも知れません。

> 費用をかけ、労力をつかい、採用してもまったく育たない。
> この繰り返しです。

私には、上の表現がひじょうに気になります。
採用および教育というものは、まさにこういうものですよ。
そう上手くいくのであれば、東大すら簡単に通りますよ。
人材および媒体に嘆くのであれば、自社の反省すべき点を省みるべきです。


最後に、山本五十六の有名な言葉を紹介させていただきます。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」

山本五十六をもってしても、海軍の士官に対してはそういう気持ち・態度で
あったということです。
そういう私も、毎朝これを読み返して自分自身のマネジメントが正しく
行われることを意識しなければならない身です。
とくに「褒める」が難しいんですよね。苦労しております。

___________________________________________

偉そうなことを書いたので不愉快にさせてしまったかも知れません。
もしそうであれば、お詫びいたします。

こんにちは。

不景気だからとか関係なく、いつの世でも基本的には求職者が企業を選ぶという
姿勢で人材市場に臨んだほうが良いと思います。

kaito88さんの会社は、人材に期待し、かつ、その分の教育もしようという所だと
感じているのですが、その思いや制度はちゃんと広告媒体を通じて伝わっている
のでしょうか? そこのところが、一番大事かと思います。

媒体ごとの広告費や取れた人材の質は、その媒体のせいでしょうか?
媒体への評価がおおよそ同じだった場合に、ああも売上げ(=評価・期待)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報