タンパク質はその性質から大きくわけると、膜タンパクと水溶性タンパクに分けることが出来ますが、その二つの塩基配列上の大きな違いとか、特徴って
あるものなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特徴はあります。

先に回答してくださったかたが言う通りで、膜タンパクは疎水性のアミノ酸がずらっと続く部分が有り、水溶性タンパクは親水性アミノ酸で構成されることが多いです。

参考までに SOSUI というホームページを紹介します。ここに自分が知りたいアミノ酸配列をコピペして質問すると、膜タンパクか可溶性タンパクか返信が返ってきます。

ちなみに膜蛋白質は2つに分類されます。1型膜タンパクと2型膜タンパクです。1型はN末端が細胞外に向いているもので、2型はC末端が細胞外に向いているものです。1型には疎水性アミノ酸クラスターが2ヶあり(シグナル配列部分と膜貫通部分)、2型には1ヶ(膜貫通部分のみ)です。2型がどのようにして膜に行くのかは、よくわかっていなかったのではないかなあ?1型の膜への移行機構は、生物学の大きな参考書(細胞の生物学 etc)には必ず載っていますよ。

参考URL:http://sosui.proteome.bio.tuat.ac.jp/sosuiframe. …
    • good
    • 0

簡単に。



膜タンパク質:
膜は疎水性であることから,疎水性アミノ酸が多い。

水溶性タンパク質:
親水性アミノ酸が多い。

ところで,ご質問にある「塩基配列」は「アミノ酸配列」の間違いですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高タンパク質・カリウムの食品について教えてください。

父は肝臓がんによる腹水があります。
高たんぱく質・カリウムを含んだ食品をとるように医者から言われています。(入院していますが、食事療法はしてくれていません)カリウムは果物をとるように言われましたが手軽に食べれるバナナがいいのでしょうか?それとカリウムを多く含んだものにはいろいろありますが、海草類を手軽に食べる方法はあるのでしょうか?やはりおしゃぶりこんぶなどは塩分が多いと思うのでやめたほうがいいのでしょうか?それと高たんぱく質のものは何を食べたらよいのでしょうか?同室の人達はスティック状(クッキーみたいな)の栄養補助食品を食べているので、父はそれをほしいと言っていましたが、そのようなものでも良いのでしょうか?質問ばかりで申し訳ありませんが、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

大変ですね。
私の母親も特養老人ホームで寝たきりです(介護度5:寝返りも出来ない、意思の疎通も出来ない、食事は胃ロウからの流動食、栄養的にはミネラル分が不足な状態?)。

とりあえず食品について調べて見ました。
下記が参考になるかと思います。

カリウムが多い食品
http://www.big.or.jp/~ryoke/kenko02.htm
http://www.drakahige.com/FAMILY/CHILD/BIRTH/2001/2001092501.shtml

バナナはカリウムが多い果物ですね。
(私の母の場合も特養老人ホーム入所した比較的元気だった頃はよくバナナを持っていってやりました。)

高蛋白質食品
「食品の1点重量」少ない数値の方が高蛋白質です。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/hayami.htm

食べる目安になるかと思います。

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Qタンパク質の食品以外での使用。

タンパク質を食品以外に使用されている例がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、化学工業品、繊維製品の製造等いろいろな分野で用いられています。
 直接製品に入っているものでいえば、洗濯洗剤(酵素パワーの○○といったのがありますね。これにはプロテアーゼ、セルラーゼ等の酵素が入っています。)
 医薬品でいえば、点眼薬などに用いられる塩化リゾチームなども有名です。パパインなどのタンパク質分解酵素を含んだ洗顔料もありますね。
3 その他
 牛乳に含まれるカゼインというタンパク質に酸を加えると、カゼインプラスチックといって象牙に似たものができます。実は白い三文判の原料はこれです。
 また、大豆タンパク質から生分解性プラスチックを作るといった研究も行われています。
3 
 

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、...続きを読む

Q分泌されるタンパク質をコードする塩基配列の特徴とは

こんにちは。
質問させて下さい。

細胞外に分泌されるたんぱく質というのは
どのような塩基配列の特徴をもっているのでしょうか??

また、酵母などゲノムデータベースが充実している生物の
細胞外に分泌されるたんぱく質の塩基配列を全て知りたい場合
にはどうしたらよいのでしょうか??

どなたかお願い致します。

Aベストアンサー

全部を説明できるものではないし、分泌型の蛋白だけでもないようですが、
signal peptide と呼ばれるアミノ酸配列をコードした塩基配列があるようですよ。

参考URL:http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textbook/ribosome.htm

Qタンパク質の食品を教えてください。

タンパク質の食品を教えてください。

Aベストアンサー

お肉、お魚、大豆類です。

Q生体膜と膜タンパク質は同じものなのですか。

学校でもらった資料で、「生体膜の構造と機能」というタイトルのところに、膜タンパク質の役割(輸送体や受容体、酵素としての役割)が書かれてありましたが、URLのWikipediaのサイトでは、これらの役割は生体膜の役割として書かれてありました。膜タンパク質と生体膜は同じものなのでしょうか。

Aベストアンサー

同じものではないと思います。

生体膜というのはおそらく細胞膜のことを指していると思います。細胞膜は細胞の周りを囲んでいる膜のことですが、膜タンパク質はその細胞膜上にあります。

イメージとしては、海の上に浮かんでいるたくさんの小さな島を思い浮かべていただければ分りやすいと思います。海面が細胞膜で島が膜タンパクです。それか、イボイボの付いた健康サンダルかな。イボイボが膜タンパクで、そうじゃないところが細胞膜。あんなに規則的に並んではいませんが。

膜タンパクは、細胞膜を貫通している場合と、細胞膜表面だけの場合とがあります。その機能については概ね質問のところに書かれているとおりです。

Q食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加

食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加熱分解し、硫酸アンモニウム(弱塩基塩)とした後、強塩基を反応させ弱塩基のアンモニアを遊離させ過剰の硫酸で捕集し、
逆滴定で全窒素量を算出して粗タンパク質含有量を求めますが、アンモニアを遊離させるおり、パルナス・ワグナー蒸留装置を使い水蒸気蒸留によって丸底フラスコから水蒸気が発生、そして硫酸アンモニウム+強塩基の入っている蒸留管へ水蒸気が入り、アンモニアが発生して所定量の入った硫酸の受器へ水蒸気と共に冷却され捕集されます。水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、食品中の粗タンパク質含有量を求めるには水蒸気蒸留装置を組まないで、フラスコ、試験管に硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して生じるアンモニアを過剰の硫酸で捕集してはいけないのでしょうか、アンモニアの受器への流れなども関係があるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

>水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、

→アンモニアは逆に水に大変溶解しやすい物です。発生したアンモニアを確実に受器まで送るため、水蒸気蒸留します。

>硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して
質問者さんの方法がよくわかりませんが、ケルダール法だと分解液中に水も含まれていますので、直接加熱してアンモニアを完全に捕集しようとすると、溶液を乾固することになりませんか。

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Q食品中のタンパク質量の求め方

食品中に含まれるタンパク質量を求める方法を探しています。
ケルダール法以外の方法を知っていましたら、教えてください。
また、ミクロ法、セミミクロ法の違いを教えてくださるとうれしいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> ケルダール法以外
ビュウレット法とか.アミノ酸分析とか.

> ミクロ法、セミミクロ法の違い
試料量の違い(にあわせた最適化).

Q大腸菌の膜タンパク質について

大腸菌の膜タンパク質についてお聞きしたいことがあります。

大腸菌の膜タンパク質にNa,K-ATPaseは存在するのでしょうか?
 自分は、哺乳類の膜タンパクにのみ存在すると思っていたので。
また、大腸菌にはKイオンを取り込む輸送系は存在するのでしょうか?
どなたか、ご存じでしたらどんな事でもいいので教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕もあの後気になって PubMed で検索しましたが,
48件ほどヒットしました.
検索式は「"Na(+)-K(+)-Exchanging ATPase"[MESH] AND "Escherichia coli"[MESH]」です.
ざっと流し読みしたところでは,
大腸菌に形質導入して実験している論文,
または大腸菌の感染についてふれている論文が
ヒットしているようです.

何か良い論文をとってきて,
それを書いている研究室に問い合わせればはっきりとした答えが
わかると思うのですが…

がんばってください.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報