事業計画書について簡単に分かりやすく教えて頂けませんでしょうか。
またそれをどこに提出したりすのですか?
できれば具体的にお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

事業計画書とは、あなたが独立開業を考えておられるのなら、その事業の内容、取扱商品、収支予算などを記したビジネスのプラン書になります。

平たく言えば、どのような事業をしたいかを説明する資料です。事業計画書は基本的には、自分自身のために作成するもので、特に提出義務はありません。
ただし、国民生活金融公庫などから、開業資金を借り入れようとするなら、事業計画書の提出が必ず求められます。そして、あなた自身の経験や事業計画書などをもとに、融資の審査が行われます。
会社に所属されておられるのなら、上司に対して、提出する必要があるでしょう。あなたの考えておられる事業のプランを、口頭説明だけでは不充分です。事業計画書としてまとめる必要があるからです。

参考URL:http://makuri.destiny-market.net/bizplan/
    • good
    • 2

事業計画書(ビジネスプラン)作成に役立つ本です。



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827202 …
    • good
    • 0
    • good
    • 0

事業計画書を作成する理由については、2つの側面があります。



1.金融機関などからの借入や、ベンチャーキャピタル(VC)などからの出資を得るため。
2.自分のビジョンを紙に落とし込むことにより、より明確にするため。

事業を開始する場合には、必ず事業計画書を作成することをお勧めします。航海図なしに、航海には出られませんよね?

VCや金融機関などの投資家がまず着目する点は、ざっくり言って、
1.その会社が何をやっている(やろうとしている)のか
2.誰がやっているのか
3.市場はあるのか
4.ユニークな点、他社との差別化->競争力->競合、リスク対策
などです。
それらに触れた上で、
1.事業を行う上で必要なリソース(資源。人、物、金など)は何で、それらをどうそろえるのか?
2.収益の上げ方
について、具体的に述べる必要があります。

山登りや航海に置き換えると分かりやすいです。
山登りで言うと、
1.どの山に登るのか
2.誰が登るのか
3.何を使って登るのか
4.どのルートからどうやって登るのか
を、明確にイメージするということです。

そのほか、必要なものとして、売上・利益計画、資金繰り表といった数字が必要になります。

下記URLはNIFというVCのページです。参考になると思います。

参考URL:http://www.nif.co.jp/toolbox/plan/plan.html
    • good
    • 2

 事業計画書、作成したことありますよ。

おおむね資金調達の際に説明資料として作成される書類と覚えておけば間違いありません。

 例えば金融機関にまとまった事業資金の借入を申し出るときは、借入資金の用途について説明を求められます。その際に、こういう事業を計画していてこれだけの資金が必要なのだが、これだけの利益を見込んでおりこの期間で返済できるのでぜひ借り入れをお願いしたい、という説明には事業計画書のスタイルが最も適しているのです。国や地方など公的機関の予算要求時にも事業計画書が作成されることが多いようです。

 具体的な事業計画書のサンプルを一つ挙げておきますのでご参考まで。

「事業計画書」(財)日弁連法務研究財団
 http://www.jlf.or.jp/about_jlf/jigyou.shtml

 以上、お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:http://www.jlf.or.jp/about_jlf/jigyou.shtml
    • good
    • 0

事業計画書とは字のとおり、その事業における今後の


企画・方針・計画・目標等を数値を中心にまとめたものです。
提出先は、金融機関・取引先・株主など必要に応じて提出します。

以下、作成のポイントを書いておきます。


●事業計画書策定のポイント

1.自分自身が事業に納得する

2.銀行家に納得してもらう

3.投資家に納得してもらう

4.オープンなシステムにする

自分たちだけでの勝手な納得ではいけない

5.大きな顧客を獲得する

6.スタッフを説得する

7.M&A、IPO

出口がはっきり見えていなくてはならない

8.経営陣に対して動機付けを与える

●事業計画書の構成内容

どのような項目がどの程度網羅された ものが求められるのか

1.エクゼクティブ・サマリーを作る

インパクトのあるものに。一見して 理解できるような構成立てが必要

2.企業概要;どういうビジネスをするか

3.商品・サービス

4.市場の分析

5.業界の分析

6.マーケティング戦略

7.オペレーション戦略

8.調査・研究、R&D

9.経営陣;バックグラウンド

10.リスクと前提条件;全てをオープンに

11.スケジュール

12.資金計画;経費は多めに、利益見込みは少なめに
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業計画は総事業OR各事業?

事業計画書の作成を経験された方が多数いらっしゃると思いますが、この事業計画書、例えばIT企業を立ち上げるに当たって、(1)ウェブ制作事業と(2)翻訳サービスを開始するとした場合、事業計画は別々に作成する方が良いのでしょうか、それとも、これらを合計し、一つの事業計画に纏めるべきでしょうか・・・。

融資を受ける際に提出する事業計画は当然ひとつであるべきと解釈していますが、複数提出することも可能なのでしょうか?

皆様からのご助言をいただければと存じます。

Aベストアンサー

事業計画書を見る側からの視点です。

作成根拠が積み上げ方式になっているのか、それとも期待値のみの机上の空論になっているのかはとても気になります。
また単価×受注数などというようにシンプルに説明できる必要があります。

ということで、事業部門別に計画は作成してください。
予想損益、資金計画は合算したものが必要ですが個別もあった方がよいです。
見る側はいずれにせよ要求しますので。

最後に、事業計画書の「フォーマット」というのはWebでも本屋でもいろいろなところにありますが、必要項目は割愛せず記載すべきですが、書き方までこだわる必要はありません。
重要なのは、読み手が読みやすく、理解しやすい内容にすること、必要十分な内容になっていること、です。
論文になってしまっては意味がありませんしかえって逆効果です。

Q事業計画書の収支計画について

独立して個人事業主として11月より開業します。
事業計画書を作成していますが、収支計画書の考え方でわからないことがあります。教えてください。
開業当初2年位は事務所を持たずに自宅でやっていこうと思っています。
収支計画の経費科目の中で、人件費を報酬と考えるならば、家賃、賃借料は自宅で仕事をしている場合どうとらえたらいいのでしょうか。
自宅は持ち家ですが、管理費、修繕積立金の諸経費がかかっています。
その部分を家賃として計上するのか否かがわかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1の追加です。
利益の計算は下記のようになります。

売上高-売上原価=売上総利益
売上総利益-経費 =利益

なお、参考urlから下記のものをご覧ください。
平成14年分収支内訳書(一般用)
平成14年分所得税青色申告決算書(一般用)

確定申告書に添付す様式が有ります。
これにそって作成されるとよろしいでしょう。

なお、青色申告にされると、税制上の特典があり有利です。
青色申告は、開業から2ケ月以内に申請する必要が有りますが、特典などの詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.htm

又、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へ行かれると、無料で、起業や記帳についての指導や相談を受けることが出来ます。
一例として、下記のページの左側メニューの「経営相談」のところをご覧ください。
http://www.nagoya-cci.or.jp/keiei/

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kisairei1/01.htm

#1の追加です。
利益の計算は下記のようになります。

売上高-売上原価=売上総利益
売上総利益-経費 =利益

なお、参考urlから下記のものをご覧ください。
平成14年分収支内訳書(一般用)
平成14年分所得税青色申告決算書(一般用)

確定申告書に添付す様式が有ります。
これにそって作成されるとよろしいでしょう。

なお、青色申告にされると、税制上の特典があり有利です。
青色申告は、開業から2ケ月以内に申請する必要が有りますが、特典などの詳細は下記のページをご覧ください。...続きを読む

Q事業計画

新しく事業を始めようと思うのですが、銀行で融資を受けるための事業計画書など

国の補助金などの手続きや書類の作成などをしてもらえるような(ファイナンシャルプランナー?)

てきな行政書士?見たいなのはないのでしょうか?あるならどのような項目で検索したら

よいのでしょうか、教えてください。

自分にかわかっててつずきなどを行ってもらえるような

Aベストアンサー

1)司法書士で企業設立やベンチャー好きの人が結構いますので、
  行政書士よりは司法書士事務所の方が良いと思います。
  ”ベンチャー 司法書士 場所”位の検索で沢山出てきます。
2)いわゆるコンサルタントという人達が沢山います。
  ”ベンチャー コンサル 金融”
  ”ベンチャー 補助金代行”位の検索で結構出ます。

経験則ですが、起業した時にこの様な人たちを何社か入れて
それなりに経費も払ってましたが、成果はイマイチでした。
もちろん頼んだ先の腕が悪かったのかも知れませんが、
結局、社員では無いので他人事みたいになってしまいます。

自分(社長)の人物評価、事業内容で決まる場合がほとんどで
事業計画書の善し悪しは大きなウェートを占めてはいないと思います。
余裕が有れば管理部長的なスタッフを雇われる方が良いと思います。

外注を入れても色々と紹介はしてくれるでしょうが、
決め手には成らないと言うことです。

参考になれば幸いです。

Q事業計画書

起業する前の状態でベンチャーキャピタルから出資してもらうため事業計画書を作っているのですが、起業前の状態で計画書に記載する項目で「会計処理の基準」や「主たる取引先」、「予測資金繰表」、「損益計画」は必要ですか?

Aベストアンサー

新規創業の企業が失敗する原因はいくつかありますが、中小企業白書などの調査では

製品の買い手が見つからなかった
現金が足りなくなった
思ったほどの利益が出せなかった

の3つは常にワースト5に入っています。
「主たる取引先」、「予測資金繰表」、「損益計画」の3つがないということは、いつ失敗してもおかしくない新規創業だということになります。

ベンチャーキャピタルの審査基準はそれぞれのキャピタルごとに異なりますが、上記の3つに関しては、たとえ基準として挙げられていなかったとしても、これがない場合は審査に通りにくくなります。場合によっては上記3点は作ってあるのが常識であってこれを提出できない起業家は、起業する能力がないとみなされる可能性もあります。

起業するにあたっては当然必要なものです。提出してくれといわれたときにその場でかばんから出して、「これです」と見せることができないようであるなら、その新規創業は失敗すると考えた方が良いでしょう。

Q事業計画書について

銀行から融資をうける際、事業計画書を提出すると思うのですが、
決まった書式や、記載しなければならない事などアドバイス
いただけたらと思います。

また、株式会社設立の手順を簡単に教えていただけるとありがたい
です。本などで勉強をしているのですが見慣れない専門用語が多く
苦戦しているもので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業者です。

どのような事業を計画しているかは分りませんが
そもそも事業開始に当たり銀行からの融資を前提として考えるのはリスクがあると思います。

銀行からの融資がなくても成り立つ事業計画を立ててみてはどうでしょうか。
銀行からの融資を前提とした事業はは二番手ではないでしょうか。

お役に立てれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報