ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

大学を卒業して6年ほどがたちました。学部は教育学部(系)を卒業しましたが、教員免許は取らずに卒業しました。(標準的なカリキュラムでは必要単位に満たない学校でした)
現在は進学塾で教師をしています(算数/数学受験指導)
在学中は教員の採用は絶望的に思えたので、民間に就職しましたが、やはり音楽の先生になりたいという希望を捨てきれずにいます。(免許を取っとけばよかったと後悔しています。通信制で単位が取れるところもあるんですよね?実習はどうなるんでしょう・・・?)
あと数年で団塊世代が一斉に退職するということでかなり教員採用にも余裕ができるという話を聞きました。実際のところどうなのでしょう?特に音楽の採用はもともと少ない職種ですし、そんなに状況は変わらないようにも思いますが・・・実際に現場で働いている方の声をお聞かせいただきたく質問させていただきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 私立学校の教員です。


 団塊世代の退職に伴い、教員採用もやや易化するようですが、小・中・高の校種ごと、教科ごとにも、また地域によっても随分事情は違うようです。一例を挙げると、東京近郊の小学校教員は、競争率がいずれ1倍近くになり、だれでも採用されるようになるのではとも言われています。
 ただ高校の音楽、美術など実技教科は、これまで採用のない年も多く、急にやさしくなるとは考えられません。また私立学校であっても教員免許のない人間を採用することはありえません。
 一般的には30歳~40歳くらいで公立学校の採用試験も受けられなくなりますし、あえて教員免許を取るために時間とお金をかけるのももったいないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
免許をとるための労力のことを考えると、二の足を踏みます。
よくある話かもしれませんが、自分の夢と家族の生活を天秤にかけたとき、というやつでしょうね。よく考えてみます。

お礼日時:2006/01/07 01:40

♯1、再びです。



残念ですが現場の教員に「声楽の実力」はそれほど求められません。実績があっても無くてもです。
元同僚に実績もあり、イタリア留学から帰ったばかり(声楽)の人が居ましたが生徒との関係や教え方において良好とは言えずに早めに退職されて行きました。

ご自身で勝負をかけていきたいと思われるのならば何とも言えませんが就職先の生徒があなたの指導力について来れる生徒ばかりとは限りません。
私は就職当時生徒から「音階はどうしてドレミなのか」とか「何故音符はこのようなかたちをしているのか」「旗(譜桁=漢字に自信が無いです)の向きはどう関係するのか」などと言った質問も随分受けた記憶もあります。

いずれにしても現在音楽科の教員を募集している所は少ないと思われますし教員免許も無く学校の教育現場に働きたいと思うのであれば私立の学校でそう言う採用条件を取っていると頃があるかどうかお調べになって如何でしょうか?

音楽だけでは…と仰いますが音楽と他の教科と併せ持つ人は現実には少ないと思いますし、「音楽が出来る、優秀=指導力を期待出来る」とは思われてはいません。
実績を評価されるとしたら精々がクラブの外部指導講師などではないでしょうか?

クラブの指導であれば教員免許もなく、「先生」として学校に出入り出来ますよ。音楽で言えば勤務先にも吹奏楽の外部講師がいらしていますし、私の友人も同じように外部指導者として吹奏楽を教えに中学や高校に行って居ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございました。
「やはり」というかんじですね。(笑
まあ、そんなに甘いものを期待していた訳ではありませんが・・・
たしかに、自分の学生時代にことを振り返ってみても、音楽の授業をまともに受けてる奴なんていませんでしたから・・・かくいう自分もそうですし。^^;
それにしてもやっぱり、音楽的な実力はそんなに問われないんですね。もっと日本は芸術教育に力を注ぐべきだと思うんですが・・・ね。

お礼日時:2006/01/07 01:35

#1の方のおっしゃるとおりかなり厳しいでしょう。


音楽の教員ということになると、
特に私立は、各校、音楽の専任は1人いれば十分で、
あとは非常勤という感じです。

ただ、音楽のできる教員(他教科)は重宝がられるかもしれません。
知人に、社会科や国語科の教員で、吹奏楽部の顧問をしておられる方がいます。また、特技として音楽ができれば、文化祭などでは、何かと役に立つかもしれません。よって、他教科の教員免許を取得(数学や理科、英語などがよいかも?)して、音楽の才能を生かすという選択肢もあります。一度、検討してみてはいかがでしょうか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
NO1方にお書きした通りです。
この上でさらになにか教えていただけることがあれば、お手数でがお願いいたします。

お礼日時:2006/01/06 09:40

現場の音楽科教員からお答えします。



現在は学校全体の単位数が以前に比べて変わっております。総合学習の導入や、週休2日制などの導入により全体の単位数も減っている現場も多いです。それに加え、音楽は以前に比べても単位数が減りつつあります。従って結論から言うと団塊世代の教員が1世に退職しても退職数=求人数ではありません。

これについては音楽に限らず他の教科も同じですが音楽は特に「音楽だけ」の免許では現場は取りたがりません。
音楽と書道、音楽と体育、音楽と美術などのように主要教科ではない教科の免許を併せ持つ人が有利と言われています(これは30年以上前の私の母の時代から言われています)

それに音楽を専門に勉強し、音楽の教員になりたいひとは現役大学生を始めあなたのように既卒者にも沢山居ますので相変わらず音楽科教員への道は狭き門だと思います。

特に私立校では音楽に限らず生徒数の減少に伴い教員のリストラを謀っている(現場教員から言わせるとこの字が適当ですね)経営者も山ほど居ます。

と言うことで現在免許をお持ちで無い上に音楽の実力がどの程度おありなのか不明な状況では実際に「学校」の音楽の現場に就職するのは難しいと思われます。

只…現在も講師をされているとの事ですが、学校以外の音楽教室などでの「音楽の先生」や自宅で開業する「ピアノの先生」などであれば免許が無くても、音楽を専門に学ばなくても可能だと思います。

御参考までに…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに「音楽だけ」というのは、わたしも難しいのではないかとは思っていました。
音楽の実力に関しては、ピアノはまあ普通に引ける程度、専門は声楽で、実力的には全国屈指(自分でいうのもなんですが、実績はあります。)ではないかと思います。
それと、いままで受験指導の中で培った数学力もあります。これを武器に勝負はかけられないかと思うわけです。
果たして無謀な勝負なのか、分のある勝負なのか・・・?

お礼日時:2006/01/06 09:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q団塊の世代の教員の大量退職

教員を目指している33歳の者です。

団塊の世代の教員の大量退職はいつ頃訪れるのでしょうか?

また、そうなれば教員になるチャンスも増えるのでしょうか?

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

>団塊の世代の教員の大量退職はいつ頃訪れるのでしょうか?
2007年から、どんどん教員の方々が退職されると思いますよ。また、2007年を待たずして退職されている人もけっこういます。

>そうなれば教員になるチャンスも増えるのでしょうか?
熟練した指導力をもった教員がいなくなるということで、若い人を育てようという動きが出てきております。実際に東京都の教員採用試験については、採用の倍率が平成13年度では13.4倍に対して、平成17年度・18年度では10倍を下回っています。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr050609j.htm
小学校については採用の合格率が高く、中学校・高等学校については採用の合格率が低いですが、団塊の世代の教員の大量退職のために中・高での採用の合格率が上がると思われます。

よって、教員になれるチャンスが到来しているわけです。このチャンスを逃してはなりません。質問者様が教員を目指しているということであれば、今年や来年にもすぐに採用試験を受けられる状態にしておいて、ぜひ合格を目指してください。

>団塊の世代の教員の大量退職はいつ頃訪れるのでしょうか?
2007年から、どんどん教員の方々が退職されると思いますよ。また、2007年を待たずして退職されている人もけっこういます。

>そうなれば教員になるチャンスも増えるのでしょうか?
熟練した指導力をもった教員がいなくなるということで、若い人を育てようという動きが出てきております。実際に東京都の教員採用試験については、採用の倍率が平成13年度では13.4倍に対して、平成17年度・18年度では10倍を下回っています。
http:/...続きを読む

Qこれからの教員採用は増える?減る?

このページを開いていただきありがとうございます。
私は今、高校3年生で来年から大学生になる予定です。
小学校教諭と保育の免許が取れる大学に進み、小学校教諭を目指すつもりです。

今から回答者様には2019年、つまり私が大学を卒業する時の予想をしていただきたいのです。
予想ですから、答えなどはないので一番論理的だなと思った方にベストアンサーを押したいと思います。


人口の自然増減は5年連続減少で、このままだとそのうち1億2000万人を切ってしまうのではないかと不安です。
そして今、少子化はどんどん進んでいます。
したがって、この少子化の影響で小学校の教員採用は減ると思いますか?

それとも高齢社会なので教員の定年退職が多い時期と被る可能性があり、若者や新卒の教員採用は増えると思いますか?

私が考えられる増減する理由はこの2つしか思い浮かばなかったのですが他に根拠となることがあれば教えて下さい。

また、可能ならば常勤、非常勤講師の割合がどのように変化していくかも考えていただきたいです。


大学に入ってからは最初からしっかりと勉強するつもりです。
そこで、教員採用試験で「大学一回生の時からこの勉強をしておけば楽だっただろうな」と後悔してしまうような暗記系や理解に時間がかかる教科があれば教えて下さい。
参考書などで勉強します。

質問が2つになってしまい申し訳ないです。
回答よろしくお願いします。

このページを開いていただきありがとうございます。
私は今、高校3年生で来年から大学生になる予定です。
小学校教諭と保育の免許が取れる大学に進み、小学校教諭を目指すつもりです。

今から回答者様には2019年、つまり私が大学を卒業する時の予想をしていただきたいのです。
予想ですから、答えなどはないので一番論理的だなと思った方にベストアンサーを押したいと思います。


人口の自然増減は5年連続減少で、このままだとそのうち1億2000万人を切ってしまうのではないかと不安です。
そして今、少子化は...続きを読む

Aベストアンサー

http://journal.shingakunet.com/career/2780/
http://www.asahi.com/articles/ASG9602R1G95UTIL052.html

地域にもよりますが、今から5年後ぐらいまでは増加を続けると予測されています。
広島大大学院教育学研究科の山崎博敏教授による研究です。

ただ、文科省は教員を増やしたいのですが財務省は減らしたがっています。
クラスあたりの児童・生徒数がいまから極端に変わらなければ増加するでしょうね。


人気Q&Aランキング