最新閲覧日:

バブル経済が崩壊し、政府はどのような対策をしたのでしょうか?

A 回答 (2件)

結果からみれば何もしなかったのに等しいと思います。

村上龍氏が主催するメールマガジン「JMM」をご存じないですか。氏はバブル崩壊後から今日に至るまで、政府が問題(事後処理)を先送りにして、そのあげくの果てに銀行、証券会社および生命保険が破綻していくのを嘆きとも言える「失われた十年」と言っています。私はすべてこの一言につきると思います。
 バブル崩壊後に政府がしなければならなかったことは
(1)早急な金融機関等が抱える不良資産の処理
(2)金融政策-公定歩合の引き下(ゼロ金利政策)
(3)財政政策-公共事業等による景気刺激
ですが、(1)は先に述べたように先送り、(2)は預貯金の金利も下がるので金融機関には諸刃の剣、(3)は戦略的な思考もなくお金をただばらまいただけです。要するに今持って「失われた・・・・○年」とバブル崩壊を引きずっているわけです。なお、JMMは書籍として日本放送出版協会から刊行されています。これを読まれればいいと思います。

 
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2000/12/28 04:23

不良債権処理にてんやわんや・・景気回復のためにと称して、8年間で約100兆円


以上もの資金を公共投資として投入し、財政は火の車!!。今年4月、ようやく倒産
法制が施行され、ほんの少し、不良資産の解決に役立つようになった。端的にいえば、
効果的な対応はしてなかったということです・・・というよりできなかったということ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/18 02:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ