外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

同じ質問をリクルートの方に起てたのですが(締め切り済)、明日労働関係の相談センターへ相談しようと思い、もう一度自分の立場を冷静に考えるために法律のカテゴリーに書かせてもらいます。よろしくお願いします。(一部重複・訂正・加筆あります)

私は去年の11月からヘルニアの手術・術後管理の為に休職中(パート)です。8時間契約・入社5年目になります。仕事は一部、重い荷物を運んだりする業務も含みます。
2月から復帰予定の為に、本日会社へ挨拶に出向いたところ、完全に仕事復帰が出来ない状況なら、今は人員が足りているので解雇ということを告げられました。
「労働時間がいっぱいなので人が足りてる」「以前と同じ条件(賃金・部門)では使えない」ような趣旨の話でした。
会社の就業規則(解雇)には
・私事都合により欠勤が2ヶ月到達したとき
・業務行為が完全に出来ない精神または身体上の故障・もしくは病気または虚弱または老衰傾向が発見された時
が、あることを今日初めて知らされました。私は最初にお休みを頂く際に2月に復帰する予定であることは言っていて、会社側も了承してたのですが(この間は口頭です)・・・その際ヘルニアの手術が「私事都合2ヶ月の欠勤」にあたることは知らされておらず、寝耳に水の状態です。

私が休んでいる間に他の人が部門異動して私の担当のところに入ったのですが、その方も私と同じく長期療養明けで、重荷物の運搬できないそうです(今日、使用者に直接聞きました)。
なぜその人が働けて、私が解雇対象になるのか。
やはり労災ではないヘルニアの入院・手術は「私事都合2ヶ月欠勤」になって解雇対象になるんでしょうか。。。
休職から復帰する時って、こういう事があるんでしょうか?
文章がまとまらず申し訳ありませんが、客観的な意見をお聞かせください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「リクルート」の方の質問を見させていただきました。


パート、アルバイトであっても、客観的に合理的理由のない解雇は無効であり、また、解雇する場合の手続きとして、短期間の雇用等の場合以外は、30日以上前の解雇予告か、平均賃金の30日分以上の解雇予告手当の支払いを会社は行わなければなりません。(労基法18条の2、20条)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …(労基法)
「最初11月の段階では2月に復帰とだけの口約束でした。しかし、本日は「人が足りているので部門異動・もしくは解雇。もうあなたの仕事がない」との事でした。」
法的には,口頭でも契約は有効に成立します。ただし,争いとなった場合,「言った・言わない」の水掛け論になり,立証できないことが多いのですが・・・。
「パート契約は3月までで、今日の解雇通知(口頭)で、「一応30日前に言ったから」と言われてしまいました。」との部分が気になります。
契約中途での解雇は原則としてできず,民法628条の規定により「やむを得ない事情」で契約解除する場合で,(会社に)過失がある場合は,損害賠償義務を会社が負うことになります。ただし,労働者側の勤務成績不良等が原因である場合は、使用者は、残余期間の賃金の支払い(損害賠償責任)は免除されることになります。
解雇の理由が「2ヶ月間の欠勤」であれば上記の口約束の効力の争い(病休という制度があったのか:病休制度があるのであれば欠勤と取り扱いが異なると思いますが,会社から制度の有無手続きについて指示がなかった),「今は人が足りてる」というのであれば,残余期間分の賃金を上限とした損害賠償の問題,解雇ではなく契約の更新拒否というのであれば,雇い止め(反復継続して有期雇用契約を更新している場合は,期限の定めない契約として,解雇権濫用の法理の適用あり:正社員の解雇と同じような理由がないと契約更新拒否はできない)の問題となるのではないでしょうか。
(契約の中途解除)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/tai …
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/sou …
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1468/C14 …
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/ji …
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …(民法)
(病休と復職)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan …
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/sou …
(雇い止め)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/tai …
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1467/C14 …
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/ji …

相談されるときに,よく口頭での約束,会社の不誠実な対応等,事情をよく説明されるとよいと思います。
(URLの引用が多くてすみません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「リクルート」のカテからこちらへ移す際、文字数が制限され、かなり省いた部分がありました。

・病休(休職)の扱いについて、私は就労規則でどんな風に明記されているのか知りません。また会社側(使用者)からも手続き等があることは全く知らされていません。まずは相談の前に、今回の休職(医師による「労務不能期間の記入」等の診断書あり)と、「私事の2ヶ月の欠勤」がどう絡むのか、就労規則の休職の項について確認してみます。

ヘルニアの手術明けという事情はあるにしろ、今まで5年もずっと半年ごとに契約を更新してた訳ですので「30日前に言ったから」発言は今回の3月までの契約で終わり・次の契約更新はない・・・というニュアンスでかなり一方的で混乱しています。私やめなくちゃいけないんですかね・・・(/_;)

サイトの方も参考になりました。私は本当に無知ですので助かります。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/23 02:04

No.1、No.2、No.3に続いての回答です。



「有期労働契約の締結及び更新・雇止めに関する指針」というのがあって、1年以上勤務した有期雇用の労働者に対しては、雇い止めの場合、会社は、労働者に30日以上前の通知が求められています。
http://www.shiga-roudou.go.jp/kantoku/2.html
「反復継続して有期雇用契約を更新している場合は,期限の定めない契約として,解雇権濫用の法理の適用あり:正社員の解雇と同じような理由がないと契約更新拒否はできない」とうのは、一般的には3年程度継続勤務している場合ととらえられているようです。
会社が「解雇ではない。雇い止めだ」というのであれば、「契約を何度も更新してきており、長期療養後復帰した人もおり、契約が更新されるとの期待を自分が持つことに合理性があり、解雇と同じ客観的で合理的な理由がなければ更新拒否はできない」と主張し、会社が応じない場合は、個別あっせんの利用の前に、労働局長の指導・助言を求めるという手もあります。
(労働局の総合労働相談センターで相談し、労働局長の指導助言や個別あっせんについて相談すると、内容に応じて対応してもらえると思います。)
また、上記指針では前回更新された雇用契約書に契約更新の有無、更新の考え方、更新の判断基準を示すよう求められています。
会社は、解雇や雇い止めを軽く考えているようですが、法律や判例では、以前ご紹介したサイトにもあるように、手続きや理由について慎重な立場を取っており、労働者にとって最も重いことと考えられています。
それゆえ、復職ができないときは、不当な解雇により精神的損失、経済的損失について補償(損害賠償)を個別あせんや裁判等で求めることもあるのだと思います。
(何度も回答してすみません。少し気になりましたの回答させていただきました。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々とありがとうございます。昨夜は明け方まで眠れず、ずっと考えていました。少しずつ落ち着いてきて、解雇を受け入れる方向で行こうかと思っています(まだ意思表示等はしてなくて、自分で考えて迷っている段階です)。
解雇に関して、手続き等全くわかりません。
何もわからないのをうまく突っ込まれて、「利用されてるっぽい」と周りに注意・心配されてしまうタイプなので、心構え等もしたいのですが、こちらの件は改めて質問をさせていただきます。

本当に色々と参考になりました。教えていただいたサイトもわかりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/23 16:14

No.1、No.2に続いての回答です。


就業規則の周知については、事務所や食堂に置いて、誰でも見られるようにしておけば、違法ではない(周知はしていた)ことになります。(この辺が、労基法が労働者の権利というより、使用者(会社)の義務を規定した法律といわれるところでしょうか・・・。)
就業規則の規定があるとは言え、口頭での合意はその特約として優先して適用されるべきとも考えられます。以前の回答でも、立証の問題になると難しいと言いましたが、会社は口頭の復職の約束をどう思っているのでしょうか。会社が約束を認めるようであれば「就業規則に反することを約束したんですか」と言えるし、「口頭の約束は守らなくていい」と開き直るようなら、録音等の対抗手段を講じることも、考えられます。(普通、そこまではなかなかしませんが)
また、口頭の約束自体認めないのであれば、miffy05さんの後任の長期療養明けの方の処遇の根拠は何なのか、miffy05さんとの違いは、どう説明するのかと主張することも考えられます。
(これらは、個別あっせんや裁判等でも主張できると思います。)
労働局や労働基準監督署への相談と、退職証明書(解雇理由証明書)の交付請求で、会社の対応が変わる(話し合いに応じる姿勢を示す)こともあるようです。
労働時間や休憩、安全管理、年次有給休暇(具体的理由を聞く、忙しいとかパートだからと言って与えない等)などで、法律に触れるような対応をしている場合、調べに入られるのを嫌がるようです。(監督署等への相談により不利益な取り扱いをすることは禁じられていますが、現実には職場での嫌がらせ等があり、しごとがやりにくくなることはあるようです。そのような場合は、再度監督署等へ申し立てを行う必要があります。
    • good
    • 0

一般論として,私傷病により労務を提供できないというのは,解雇の合理的理由になり得ると思います。


http://www2s.biglobe.ne.jp/~oosawa/newpage1.htm
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1451/C14 …
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/inde …
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan …
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan …
就業規則に規定があるのであれば,解雇の根拠規定も存在することになります。
しかし,従業員に周知していない就業規則の効力というのも問題があります。(無効いうのが多数説のようです。) http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syu …
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/inde …
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan … http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/sou …
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburu …

周知がなされていない就業規則の効力と,一般的に合理的とされる「傷病による完全な労務提供ができないこと」の問題と思われます。相談センターでよく相談されることをおお勧めします。
対応方法としては,まず, miffy05さんが会社に残ることを希望するのか,金銭解決でもやむを得ないと考えるか,気持ちを整理されることと思います。
次に,解雇の理由を明確にさせるため,解雇の理由を記載した文書を会社に請求します。これは労基法22条の「退職証明書」(解雇理由証明書)と言われるものの,会社が拒否すれば罰則もあります。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/tai …
この証明書の交付を受けたら,会社に解雇の理由や手続きの合理性・正当性についての疑問を自分の希望(復職or金銭解決)にそって話し合いを試みる。
当事者間では埒があかない場合は,労働局や都道府県労働委員会で行っている「個別労働(労使)紛争あっせん制度」の利用を検討する。(簡単に言うと,弁護士や大学教授といった第三者に話し合いを取り持ってもらうもので,無料・原則1回・3時間程度)
復職を望んでも,結果的に金銭解決ということもあるようです。
http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/
話し合いやあっせんでも解決できない場合は最終的には裁判での解決となると思います。
(4月から労働審判という新しい制度もできるようですが,原則3回と比較的迅速な審理とのことですが,弁護士が付くのが原則のようです。)
会社と話し合い等進める前に,県・市町村で実施している無料の弁護士相談や弁護士会の法律相談(30分5,000円程度)を利用するのもよいかもしれません。これらの相談はすぐ時間がたってしまいますので,事実関係を時系列的にまとめたものや資料(雇用契約書や診断書等),いつ・誰に・どこで・どのような名言葉で解雇を通告されたかをメモしたもの,自分の希望する結論(復職or金銭解決)を準備することをお勧めします。
(参考URLが多く,長文ですみません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて解雇という立場になってわからないことだらけです。流れを教えていただき、とても参考になります。復職・金銭解決は少しよく考えてから決めようと思います。まだ数時間しか経っていませんし・・・。

>周知がなされていない就業規則の効力と,一般的に合理的とされる「傷病による完全な労務提供ができないこと」の問題と思われます。

自分でも納得いかない部分であり、かなり気が立ってましたので、改めて問題点を指摘されて少し落ち着きました。
確かに会社の言ってる(労務不提供のあたり)のもわかる気がするんです。
でも就労規則に関しては、つい1年前に新しく出来て(パート用)、他の皆も2ヶ月云々とか知ってるの?確かに事務所に置いてあるけどそんな大事な事柄が記載されてるなんて皆知ってるの?って、周知されているかといわれたら凄く疑問です。

教えていただいたサイトも読ませていただきました。慣れない言葉や法律ばかりですが、疑問や不満で終わらないように、ハッキリさせて復帰or解決をつけたいと思います。本当にありがとうございました

お礼日時:2006/01/23 01:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎間板ヘルニアで現在休職中2ヶ月近く休んでるのは休みすぎ?

15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に復帰しても良いでしょうとの事でしたが仕事復帰の為、自宅で座ってる時間を長くしたり家の事をやったりしていると直ぐにまたひどく痛みだし、その度に腰が左右に折れ曲がってしまいます。こんなので仕事の復帰は出来るのだろうか?と自分では自信が無いのですが家族の者からはいつまで仕事を休んでるんだ!さっさと治って仕事に行けないなら違う病院に変われと嫌味を言われるし主人からも休んで家に居るなら、せめて家の事くらいやれよと言う感じなので治ってきたかな?と思っても腰が曲がってしまうの繰り返しで、もう2ヶ月近く休んでる事になり給料は病院代で無くなってきて、これ以上違う病院でまた初診料から払うお金もありません。自分の甘えすぎなのか腰が折れ曲がった状態でも無理に仕事に行くべきなのか今の病院の先生に満足していますが他の病院に移るべきなのか?自分でもどうすれば良いのか分かりません自分が情けなくって毎日悩んで夜も眠れなくなってきています。どうすれば良いでしょうか?教えて下さい。

15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に...続きを読む

Aベストアンサー

3年前に椎間板ヘルニアの手術を受けました。10数年来の持病でしたがとうとう足にしびれがきてしまい痛みは寝てるのも起きてるのもツライ状態にになり受診したところ入院治療で少し様子見をすることになりました。(MRIでも確認済)硬膜外、神経根ブロックなどの注射やリハビリ治療もしましたが一時的に改善されるだけで痛みは戻って来てしまう状態でした。先生からは「あと何十年と働かないといけないし今後のことも考えるとなるべく早いうちに手術がいいのでは?」とアドバイスされて決めました。一度出てしまった椎間板は戻らないのとその状態が長い年月の人は一日でも早い方がいいのでは?手術自体は全身麻酔ですし術後もそんなに痛みはなかったですよ。当然、入院費や手術代などで50万そこそこはかかったような気がしますが保険でかなりカバー出来ました。100%完治は期待出来ないとは思いますがかなりよくなりました。又、ぶっちゃけた話しですが職場でも腰痛で自宅療養ではなかなかいい顔されませんでしたが手術になると「そんなにひどかったのか!」って具合で理解されたようにも思います。

Q椎間板ヘルニアの手術を受けた方、復帰までの過程を教えていただけないでしょうか。

私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ
坐骨神経痛と診断されました。

痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき
当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。
ですが 1週間しか効かずに最初の病院に話たら やっと違う病院で
MRI撮影を依頼→結果(ヘルニア)→背骨専門の国立病院へ診察→1ヵ月後に検査入院
→2週間後に手術待ちのために一時退院→1ヵ月後再入院→手術後3週間後に退院→

再診察(術後)まで3ヶ月間、入浴以外は オーダーしたコルセットを常時着用と言われました。

東北一の病院でしたが 先生と患者とのコミュニケーションが少なくて 退院前に
リハビリをして早くよくなりたいのですがと聞いたのですが 絶対安静みたいな風に言われたので
心配で仕事や運動もするのが怖いです。

自身は 30代後半の力持ちやったので 同症状で手術、入院してる人(年齢がかなり上)よりは
回復力があると思っています。

今は 術後、5~6週間です。

ここ2,3日ですが 慣れてたコルセット着用が苦痛になってきました。

痛みは 坐骨神経痛の痛みは 術前が100とすれば 術後45で今は10~30です。
腰は そんなに痛くなかったのですが術前30、術後60、今は20~30です。

治った方や、私より快方に近い人の経過、意見をお願いします。

私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ
坐骨神経痛と診断されました。

痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき
当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。
ですが 1週間しか効かずに最初の病院に話たら やっと違う病院で
MRI撮影を依頼→結果(ヘルニア)→背骨専門の国立病院へ診察→1ヵ月後に検査入院
→2週間後に手術待ちのために一時退院→1ヵ月後再入院→手術後3週間後に退院→

再診察(術後)まで3ヶ月間、入浴以外は オーダーし...続きを読む

Aベストアンサー

『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。以下、抜粋します。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(コメント付き)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm

腰椎椎間板ヘルニア | Minds 医療情報サービス | 第5章 予 後
5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか
要 約
【Grade A】
腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手術直後からの積極的なリハビリテーションプログラムの必要性も認められない。
【Grade A】
術後1ヵ月経過した頃から開始されるリハビリテーションプログラムは、数ヵ月間は機能状態を改善させ、再就労を早くするという強い証拠があるが、1年経過時においては全般改善度において軽い運動と比較し差は認められない。
【Grade B】
職場での医療アドバイザーによる介入は就職率の向上に有効である。
http://minds.jcqhc.or.jp/G0000045_0049.html

腰痛 | Minds 医療情報サービス | 第9章 職業性腰痛
III.職場復帰について
3.職場復帰を遷延させる因子
(1)腰痛の要因
腰痛のタイプが性や年齢に比べて職場復帰に影響を持つことを示した。非特異性の腰痛の予後は、器質性ものより職場復帰が早い22)。
背部痛の質に関連する23)。
(2)心理的要因
仕事に対する満足は慢性疼痛や身体障害が遺残が少なく、逆に仕事に対する不満は慢性腰痛の危険度を高める可能性が指摘される24)。
もとの仕事への認識と治療開始後の職場復帰間での期間に関連が存在する25)。
補償(特に請求総額)、心理学的障害、欠勤日数、年齢が職場復帰における重要な因子である26)。
(3)社会的要因
腰痛補償は好況の期間に増加し、不況の期間に減少する結果を示しており、不況の期間に増加するという傾向は認められない27)。
既婚患者が独身の患者(P < 0.01)より早期に職場復帰した18)。
慢性疼痛は無視できないので,心理社会的な動機が職場復帰を不可能にすることに確実に役割を果たしている28)。
(4)総合的要因
職場復帰を遷延させる要因としては、放散痛の有無、機能性身体障害の程度、早い作業テンポと作業量、同僚との人間関係などが指摘されている29)。
職場復帰には身体障害の遷延、認識、痛みの性質や精神的重圧などの要因が関与している30)。
更正計画カウンセリングの参加者の分析では職場復帰の期待値が低いものは、高度な身体障害、疼痛の強いもの、若く、失業期間が長いものなどがあげられる31)。
休業している腰痛患者を職場復帰させるための有効な治療や衛生手段はない19)
http://minds.jcqhc.or.jp/G0000052_0061.html

『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。以下、抜粋します。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(コメント付き)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm

腰椎椎間板ヘルニア | Minds 医療情報サービス | 第5章 予 後
5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか
要 約
【Grade A】
腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む

Q腰椎椎間板ヘルニアでの退職

現在、整形外科にて鎮痛剤を頂いています。
また週に1,2度、接骨院にてマッサージ&鍼灸治療をしています。俗に言う温存療法です。

年を通して痛みがある訳でなく、痛みが治まるまで、1ヶ月から1.5ヶ月が年に5回ほどあります。
そして毎回、数日から1週間ほど休職します。

職安(ハローワーク)の雇用保険担当者からは、痛みがあり通院しているときに退職すれば
退職理由が病気理由で退職できますよ。と聞いております。
その際は、病院の領収書等をそえて来て下さいとの事だったと思います。

求職の申し込みをする際は、痛みがない事を診断書にて知らせてくださいとの事です。
※すぐに働ける状態であることを証明するため。

整形外科の先生には、診断書は回復したら診断書を書きますよと確認済み。

傷病手当は受け取っていません。

現在の会社が、自動車修理で肉体労働になります。
日祝休み、朝9時から18時、時間外労働40~80時間、※多忙時120時間(年3回)
今月は、直近3ヶ月残業時間45時間のあれはクリアしていません。

失業保険をもらいつつ、体を休め、少しでもまともな残業時間の会社へ転職希望です。
整形の先生もその長時間の肉体労働だと悪化するよと言われていて、早期退職を決意。


ここからが質問になります。

(1)病気理由での退職に本当になるの?
(2)職業紹介の担当者が、紹介の際に先方へ退職理由を伝えないか?
(3)失業保険受給中に、今の会社で週1日(週末)バイトは平気?
 ※辞めるのが急で、治ったら再就職決まるまで週1回定時でバイトしてくれと頼まれ中。
 ハローワークへは、正直に申告します。

文章がまとまっていなく申し訳ありません。
ご回答おねがいします。

現在、整形外科にて鎮痛剤を頂いています。
また週に1,2度、接骨院にてマッサージ&鍼灸治療をしています。俗に言う温存療法です。

年を通して痛みがある訳でなく、痛みが治まるまで、1ヶ月から1.5ヶ月が年に5回ほどあります。
そして毎回、数日から1週間ほど休職します。

職安(ハローワーク)の雇用保険担当者からは、痛みがあり通院しているときに退職すれば
退職理由が病気理由で退職できますよ。と聞いております。
その際は、病院の領収書等をそえて来て下さいとの事だったと思います。

求職の...続きを読む

Aベストアンサー

「傷病止み難く就労困難な為」が理由ならば、正当事由のある自己都合として準会社都合になります。
紹介窓口では離職理由は聞きませんから先方にも伝えません。
就労可能になる迄1ヶ月以上必要ならば、受給期限の延長手続きをして期限を繰下げます。
就労可能となってから失業給付金認定時に週末のみ復職を要請された旨伝え、指示を仰ぐべき(待期中就労も有り得る為就労開始前に相談する)。この際に他社への移籍を希望している事は必須。

Q腰椎椎間板ヘルニアもできる仕事、 (パートやアルバイトでも構いません)はないでしょうか?

皆さんのお力を貸してください!
腰椎椎間板ヘルニアでもできる仕事はありますか?
現在腰椎椎間板ヘルニアを1年半前に発症し
フルタイムで肉体労働のバイトをしていた為
即クビに、早く治し就職活動に復帰したいので
薬物療法で治療中です。

痛みや痺れでしゃがんだり重いものを
運んだりができないので

コンビニのアルバイト
から始めようかと思いましたが
品出しや急な対応に
動くとしびれが酷くなる為
無理の様です。

薬を飲んで効いてきたので
早く仕事を探して復帰したいのですが

腰椎椎間板ヘルニアもできる仕事、
(パートやアルバイトでも構いません)はないでしょうか?


1年以上薬を飲んでいても椎間板ヘルニアで
起き上がれなくなったり
ずっと座れない、歩けなかったり
歩いても引きずる感じで、行動も制限され
焦りと落ち込みが激しいので

現在、薬がきれなければしびれが引いてくるまでに
なったので

早く仕事に復帰したいです。

自分で考えたのは
警備員(立ち仕事ですが)
デスクワーク
コールセンター
ティッシュ配り
等。

また、実家に今迷惑をかけているので
実家を出たいので
他県の工場なども探していましたが
リゾバなどはヘルニアや腰痛でも無理でしょうか?
工場も、携帯の部品などの軽作業なら
良いかもしれないですが、働いてヘルニアで
酷くするとご迷惑になるので、
工場の軽作業(携帯の部品など)
はどういった内容なのでしょうか?

まだ自転車にも乗れず、
俊敏な動き(急なお客様の対応等)
素早い動きをするとグギッとなって
立てなくなるので
デスクワーク系?と考えています。

ヘルニアでもできる仕事で
何か良い方法はないでしょうか?

皆さんのお力を貸してください!

皆さんのお力を貸してください!
腰椎椎間板ヘルニアでもできる仕事はありますか?
現在腰椎椎間板ヘルニアを1年半前に発症し
フルタイムで肉体労働のバイトをしていた為
即クビに、早く治し就職活動に復帰したいので
薬物療法で治療中です。

痛みや痺れでしゃがんだり重いものを
運んだりができないので

コンビニのアルバイト
から始めようかと思いましたが
品出しや急な対応に
動くとしびれが酷くなる為
無理の様です。

薬を飲んで効いてきたので
早く仕事を探して復帰したいのですが

腰...続きを読む

Aベストアンサー

ヘルニアは辛いですね。
それから家族に迷惑を掛けたくないとお思いなんでしょうね。

そうですね~
急に何かしなければならないということがない仕事の方が良いでしょうね。
たとえば、工場のラインとか。

工場といってもいろいろあるので食品工場のラインならものも軽いでしょうし、
たぶん数百グラム程度でしょうし、良いかも知れません。
ただし、がんばりすぎて偉くなると重い食材を運んだり、ライン全体を見たりして
俊敏な動きを求められることもあるでしょうから、まずはアルバイト的なもので
いかがでしょうか。

それから、質問の内容からヘルニアとしては比較的軽度なものと推測します。
とはいっても、本人にしてみればとても痛いのは承知しています。

そのヘルニアは将来本当に飛び出てくることになる可能性大です。
そういった場合には、入院+手術(おすすめしません)か、1~3ヶ月程度は毎日痛みと闘いながら
起きることも座ることもままならない状況になります。

そうして、飛び出た椎間板をマイクロファージが分解してくれるまで、また、筋肉や体が社会復帰するまではどうしても他人に頼らなければ生きていけません。
病院は手術をしないとすぐに(2週間程度)で追い出されます。

そう考えると実家の生活でも良いではありません。
家族に感謝して毎日を過ごすようにし、心の平穏を家族と自分に与えながら来たるべき時に
備えるのも良いと思いますよ。

痛み止めは副作用が出ないように本当に痛いときだけ飲みましょう。
あとは、痛みを取る塗り薬や貼り薬で抑えましょう。(商品名は宣伝になるため記載しません)

あ、そうそう。
工場での携帯の作業というは、製造かリンク品のリビルト(再組み立て)でしょう。
修理者は知識と経験がいるので、普通に働くというならただの組み立てです。
そうするとたぶん一日立ちっぱなしです。
部品は軽いのですが、立ちっぱなしという面で腰の負担は大と考えます。
立ちっぱなしは効率が良くなるのでそういう工場もありますよ。

コールセンターも良いでしょうけど、あれは声とか話方とかある意味技術が必要です。
また、客と会社と同僚と最大限に注意をしないとまわりに押しつぶされるのでおすすめしません。

デスクワークはあまり仕事自体がありません。
簡単にデスクワークといいますが、実際は何でも屋だったりします。
言葉自体にのそれだけを信じていると現実に裏切られます。

先に挙げた食品工場や弁当屋なんかが私は良いような気がします。
長分になったのでこの辺で。

ヘルニアは辛いですね。
それから家族に迷惑を掛けたくないとお思いなんでしょうね。

そうですね~
急に何かしなければならないということがない仕事の方が良いでしょうね。
たとえば、工場のラインとか。

工場といってもいろいろあるので食品工場のラインならものも軽いでしょうし、
たぶん数百グラム程度でしょうし、良いかも知れません。
ただし、がんばりすぎて偉くなると重い食材を運んだり、ライン全体を見たりして
俊敏な動きを求められることもあるでしょうから、まずはアルバイト的なもので
...続きを読む

Q椎間板ヘルニアって完治するの?

7~8ヶ月前に椎間板ヘルニアって診断されました
そこまでひどくなかったので毎日電気を当てに行っていたら3ヶ月くらいで痛みがなくなりました
元々腰痛があり今もたまに腰が痛いときはありますがヘルニアの痛みとは全然違います
治療中の3ヶ月は毎日湿布をはって腰痛体操をしたり普段の姿勢を気をつけて生活してましたが良くなってからは元の生活にもどってます
MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?
再発したりしないのですか?
ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか?

Aベストアンサー

>MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?

ヘルニアは治ることが分かっています。簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。


>再発したりしないのですか?

ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれらのヘルニアの可能性が高まります。


>ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか?

これはいえると思います。

病院では通常保存療法を選択します。手術は即効性がありますが、髄核を全て取り除いてしまうため上下の椎間板ヘルニアのリスクが高まるからです。保存療法とは飲み薬(NSAIDs、ステロイド)、ブロック注射、理学療法、運動療法、鍼治療などですね。整体やカイロプラクティックは高確率で悪化しますので注意が必要です。これは厚生労働省も警告しています。

再発予防のためには腹筋背筋の強化、屋外ウォーキングなどで運動し、痛くなったらすぐに病院にいきましょう。

>MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?

ヘルニアは治ることが分かっています。簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。


>再発したりしないのですか?

ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれら...続きを読む

Q椎間板ヘルニアと職場復帰のタイミング

 仕事は保育士です。根本的には30年前にぎっくり腰を3回から5回発病させてしましました。中には半年近く休業もした時期もあり、日頃から整形、接骨院など通院しました。
 仕事も一時期事務関係に配属になりましたが、5年前から児童館勤務になり対象も幼児の親子サークルの子ども(1歳から3歳くらい)の活動で子どもを抱っこに負んぶと、泣いたりぐずったりする子のサポートに関わるとどうしても、腰に負担を掛ける結果になり、3年前に椎間板ヘルニアと診断され、1日おきにリハビリで、牽引等の治療を受けていますが、ヒハビリをしても、仕事がきついのか、慢性の腰痛は一向に改善されません。
 今年になり、朝の掃除中に例の座骨神経痛の痛みが走り、動けなくなり仕事を休む事になりました。
 とりあえず、1週間の休業が出ていますが、この先痛みも取れ普段の生活を送れる様なったら仕事に戻るのですが、あの激痛の痛みが脳裏から離れません。
 あの痛い座骨神経痛から解放されるには、この先どうしたら良いのか悩みます。
 手術をどうかは、まだ医者からは話としては出ていませんが、ヘルニアが治るのならした方が良いのか。
 この先、激務の職場でどうしていこうかと悩みはつきません。
 そこで質問ですが、ヘルニアを直された方で職場復帰は病状がどういう時なら戻れるかお教え下さい。
 ちなみに、仕事は以前と同じ児童館です。

 仕事は保育士です。根本的には30年前にぎっくり腰を3回から5回発病させてしましました。中には半年近く休業もした時期もあり、日頃から整形、接骨院など通院しました。
 仕事も一時期事務関係に配属になりましたが、5年前から児童館勤務になり対象も幼児の親子サークルの子ども(1歳から3歳くらい)の活動で子どもを抱っこに負んぶと、泣いたりぐずったりする子のサポートに関わるとどうしても、腰に負担を掛ける結果になり、3年前に椎間板ヘルニアと診断され、1日おきにリハビリで、牽引等の治療を受けていま...続きを読む

Aベストアンサー

痛みは大丈夫でしょうか?
椎間板ヘルニアの痛みはよくわかるので気持ちがわかります。
私は10年ぐらい前にヘルニアになり、2回手術しました。(2回とも違う場所にヘルニアができていました)
年齢や仕事が違うので参考程度に読んでください。
h-kazugonさんの仕事は腰にたいへん負担がきますね。
コルセットなどはつけていますか?
あれで結構負担が少なくはなります。
手術をした時は学生でしたが、1回目の時は手術後半年でまわりの学生と変らないぐらいの運動はできていました。
2回目の時は無理をせずに半年ぐらい運動をせずに術後1年ぐらいかけてゆっくりと直していきました。
今のところ症状はまったくありません。
手術せずに直していくならば配属を変えてもらったほうがいいと思います。
今の仕事では腰への負担が増す一方でよくならないと思います。
医者と話あって今後の方針を決めていくべきだと思います。
からだお大事に。

Q椎間板ヘルニア持ちの方、仕事は?

カテゴリがここでいいのか分かりませんが・・・

最近、腰が痛くなったので病院へ行ったら
脊椎椎間板ヘルニア+坐骨神経痛だと分かりました。
今まで腰痛持ちでなく、ヘルニアになってから日が浅いようで、リハビリで治るだろうと言われました。

現在、美術系の仕事で、頻繁に重い物を持ったり、力をかけたりするので、
仕事が出来るようになるまでの間、休職する事になったのですが
自分でも、そんなに早く職場復帰できるとは思えないので、
その間のつなぎの仕事(パートでも内職でもいい)を考えています。


腰をいたわりつつ出来る仕事ってどんな物があるのでしょう?
椎間板ヘルニア持ちの方はどんな仕事をしていらっしゃるのでしょう?


※書類や数字関係が苦手なので、事務系の仕事は、どちらかと言うと不向きだと思います…。

Aベストアンサー

こんにちは。20年くらいの見事なヘルニヤ持ちです。長~~~~い経験と病気の方とつきあう仕事の立場からお答えします。私の業務状況は、デスクワーク6割、かかえること2割(10~30Kgくらい)、歩きながら2割、という感じですね。

>腰をいたわりつつ出来る仕事ってどんな物があるのでしょう?

具体的な職種はわかりませんが、同じ姿勢をずっと続ける(デスクワーク等)、あるいは頻繁に何かを持って移動する、持ち上げたりおろしたりを繰り返す、ような業務内容は悪化します。大事なことは運搬等はあまりなくて、適当に姿勢が変化するような業務がよろしいかと思います。(具体的でなくてすみません)。

>椎間板ヘルニア持ちの方はどんな仕事をしていらっしゃるのでしょう
仕事についた後ヘルニアになった人がほとんどなのでみなさんがまんして、工夫しながらやっておられます。

でもそんなに自分にとって都合のいい職場はみつからないですよね。そこで普段気をつけることを書いてみます。(きっちりやると効果があります)

まず今はたぶん「急性期」ですから安静が大事です。医師からもう仕事はいいですよ、といわれたら下記にきをつけてください。
1.姿勢をまっすぐして歩く。
壁に背中をあてて後頭部、肩、お尻が壁から離れないようにたった姿勢が、まっすぐ、です。壁で練習するとコツがわかります。
2.しゃがんだりするとき前かがみにならない。上体をなるべくまっすぐしたまましゃがむようにして、立つ時は逆の形でやります。
3.物をもちあげるときかんぜんにしゃがんでから持ち、胸にあてて持ったまま立ち上がる。荷物をおろすときはこの逆です。決して膝をのばしたまま上体を前に倒しておろしてはいけません。もう、一発で再発します。このときの腰の骨には数百キロ以上の重みがかかっています。
4.顔を洗うときは洗面台によりかかって洗う。
5.台所仕事の場合、高さ10センチくらいの台に片足をのせて、時々左右を変えながらおこなう。
6.車の運転は座席の位置は標準よりやや前の位置、背もたれは標準より起こしぎみ、でおこなう。若い方がよくやってる腕をまっすぐのばすと一発で再発します。

とまあこれくらいですか。

それからコルセットは医師から処方されたものをお使いください。でも起きてる間中つけると、腹筋群が弱くなり(どんどん落ちます)これまたヘルニヤを起こしやすくなります。症状と相談しながら、ですね。

水泳は腰痛予防の王様です。もう、一生つきあっていく病気ですから、水泳教室とかで一生泳いだらいかがでしょう。(わたしはかなづちです)

リハビリに通われているならば、担当の理学療法士に普段きをつけることを尋ねてください。適当にしか答えられないような理学療法士ならヘボですから、医師にいって担当を変えてもらったほうがいいです。

前記したようなことは「椎間板ヘルニア」「腰痛」などのキーワードでたくさんサイトがあります。ごらんになってください。

それからもし手術の対象といわれたら、セカンドオピニオン、サードオピニオンをされることをおすすめします(その場合腰痛で有名な病院にいってください)。なぜなら、医師によって考え方が違う場合が結構ありますから。そして手術の目的、メリット、デメリット等をとことん尋ねてから決断してください。

それではお大事に。

こんにちは。20年くらいの見事なヘルニヤ持ちです。長~~~~い経験と病気の方とつきあう仕事の立場からお答えします。私の業務状況は、デスクワーク6割、かかえること2割(10~30Kgくらい)、歩きながら2割、という感じですね。

>腰をいたわりつつ出来る仕事ってどんな物があるのでしょう?

具体的な職種はわかりませんが、同じ姿勢をずっと続ける(デスクワーク等)、あるいは頻繁に何かを持って移動する、持ち上げたりおろしたりを繰り返す、ような業務内容は悪化します。大事なことは運搬...続きを読む

Q休職後、復職を会社が認めてくれません。金もなくなり困っています

休職後、会社への復職を拒否されましたがどうすればいいですか?  心身の不調で休職をすすめられ、そのときは体調が戻ったら元の通りに復職できるからといわれました。休職中は疾病手当てで生活しておりました。最近は体調が戻ったので復職したいと申し出ると、今は別の人間が私の仕事をしており、私にできる仕事がない、また、管理職だったのですが、今は私のことを知らない新入社員もたくさんいるし、元の地位(管理職として)ふさわしくないとのことで復職させてくれません。会社のこのような態度は正しいのでしょうか? 私は「元の地位と給料」で復職することができる体調にもどっています。 会社に対してどのように対応すればいいのか、法的根拠などもあわせて教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに会社に無条件に復職させる義務は無かったと思います。

 しかし 本来休職規定そのものが解雇を避けるために必要な措置でもあり 安全配慮義務の履行という側面もあるのですから 病気休業に当たっての復職は 指定医の診断なり何なりを受けた上で現職の就業可能となれば労務の提供という債務履行が可能なのですから すなわち解雇とは行かないはずです。

 ここで問題になるのは 休業期間というものが定められており ある一定の期間を過ぎると自然退職になるケースがあるということです。

また 解雇に関する規定も就業規則で定められているはずです。
長期入院や合理的な会社の事情を勘案して代償措置をとることは会社に安全配慮義務や私的自治が認められている限り違法ではありません。

むしろ 離脱していたブランクを埋めるための助走期間を会社がとってくれたことに感謝して またもとの職務で活躍できるよう体調も含めて確認しながら行うということで 周囲の安心も得てから 現職に復帰するようにもって行くのが 本人にも会社にも自然な流れになると思いますので 給与や条件面で大幅な不利益を被るのであればそれ相応の労働条件などの配慮が(残業無しで80%の勤務時間など)無ければ(例えば 簡単な担当換えや業務分担変更で対応できるのであれば) おかしいが そういった配慮であれば現実的に対応していると感じます。
(疾病手当てではなく 傷病手当だと思います。私傷病と診断されているのですね。であれば解雇制限はないので 歯止めになるのは解雇権濫用法理です。それに復帰後の安全配慮義務。これを怠ると会社が慰謝料を請求される可能性があります。心身の不調の場合復職後もあせらず慎重に行う必要があるとされている。)
従って
元の地位と給料で復職することが出来る体調であることを 証明できなければ会社には対応する必要がありますし合理的な理由を示せれば会社の人事的措置は認められる可能性が高い。

確かに会社に無条件に復職させる義務は無かったと思います。

 しかし 本来休職規定そのものが解雇を避けるために必要な措置でもあり 安全配慮義務の履行という側面もあるのですから 病気休業に当たっての復職は 指定医の診断なり何なりを受けた上で現職の就業可能となれば労務の提供という債務履行が可能なのですから すなわち解雇とは行かないはずです。

 ここで問題になるのは 休業期間というものが定められており ある一定の期間を過ぎると自然退職になるケースがあるということです。

また...続きを読む

Q椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょ

椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょうか?
椎間板が後方の神経と干渉してるからどこかに神経痛が走る。
しかし自然に治らないということはその椎間板が引っ込まない→神経と干渉→痛いまま のはず。
なのになぜ痛みが和らいでゆくのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることはないのでしょうか?

椎間板とは中心層と、それを取り巻く層の構造になっています。ヘルニアとはその中心層が出ることを言います。大福で言えばあんこの部分です。出てしまったあんこは元に戻りません。


>もしなければつぶれたままということになりますが、それが、
これ以上突出する余裕がないくらいペッチャンコであれば、
今後、突出によって神経への炎症がおきることは無い、ということでしょうか。

ヘルニアによる炎症の可能性は減るかも知れませんね。しかし炎症の原因はヘルニアだけではありません。他の原因によって炎症がおき、激しい痛み、坐骨神経痛などでるかもしれません。

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることは...続きを読む


人気Q&Aランキング