仮死産(漢字これでいいのでしょうか。)で生まれてきた人って、他の人と比べて、体力が弱いとかってことあるのでしょうか。(肺活量少ないとか。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

新生児仮死による機能的な障害の発症は幼児期から既に見られるものです。

hanshinさんの経験談は異常のない場合の一般の内容そのものだと思います。(これについては何にも補足知識をもちません)

仮死の原因、(詳しくは参考URLにあります)と適切な処置の有無によって障害ので方は変わります。
わかりやすそうなURLがあったので参考まで。

参考URL
○back number小児科学
http://www.134-torio.com/medical/backnumber/0702 …
○【 新生児仮死 】
http://www.os.rim.or.jp/~mia/stan/nicu/all/6.htm
    • good
    • 1

我が子は重度仮死で生まれ、直後に新生児救急がある病院に入院しました。


臨月まで胎内にあって体重も3000gあった為か、
その後は順調に成長しています。
特に体力的な弱点はありませんが4歳になるまで定期的に通院して
医師の診断を受けました。

重度の仮死産の場合、呼吸器障害や脳機能の障害が残るリスクがあり、
母子手症にもそのような記述が残っています。
現在は小学校ですが、クラスでも大柄で身長も高い方ですが、
幸いにして、全く障害はありません。
経験者の話しでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新生児はくしゃみが多いの?

先日2人目を出産したばかりです。

入院中(9日間)から今現在まで、授乳後に頻繁にくしゃみをよくします。1回の授乳につき1~5回くしゃみをします。
ゲップが出なくとも、くしゃみをしてスッキリ顔になっていることが多いです。
入院中はほぼミルク、今は混合です。

看護士さんにくしゃみの現場を見られて「赤ちゃんはくしゃみすることが多いからね」と言われたのですが…上の子はそんなことなかったし、初耳です。

鼻の穴が大きく、中がよく見えるので、それも関係あるのかなと思ったりもします(^o^;

また、アレルギーとか持っているのかなと不安でもあります。(家族にアレルギー持ちはいません)

本当にただ単に赤ちゃんはくしゃみすることが多いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

うちのこも産まれてしばらくはくしゃみ多かったですよ~!
おかげで、お姑さんに見せに行くと「寒いのよ!」と暖房の上に毛布グルグル巻きにされ顔が真っ赤でした(^_^;)


鼻の穴覗くとわかるのですが、鼻毛がなくないですか?(気づいた時感動しました)
だからかなぁと思います。

専門家ではないので、ハッキリとは言えませんが、2人の子供共にクシャミはかなりしてました!

あと、鼻毛の関係なのか鼻水もすぐ垂れて来て、鼻くそが塊になりやすく、取るのが大好きでした(笑)



産後間もないとの事。
赤ちゃんもですが、ママさんもお体大事にして下さいね。

Q肺活量測定検査で、全身麻酔手術はできないと言われた

母ががんにかかり、手術に希望を持っていたところ、検査入院中に行った肺活量測定検査の結果が思わしくなく、全身麻酔手術はできないと担当の内科医に言われてしまいました
母は、肺活量測定検査時に、指示通り息をはくことに失敗したということで、もう一度肺活量検査をお願いしましたが、内科の先生は肺レントゲンなどを含めた担当医の総合的判断であると述べて、再検査には応じてもらえませんでした
質問ですが、、肺活量測定検査を失敗して、思わしくない値が出たときでも、概ね正しい判定が出来ているものでしょうか。再検査すれば違った結果が出ることはあるのでしょうか
なお母は、70代中盤、別の神経系の病気で半年前から歩行困難ですが、看護の方いわく、体力はあるとのことです
手術ができないと、大幅に見通しが悪くなるので、困惑しております
お医者さんお方、教えてください
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

ケース・バイ・ケースですので、最後は担当外科医と担当麻酔科医の判断になると思います。

麻酔中に限っては、呼吸機能検査の値が悪くても大きな問題はありません。実際、私達麻酔科医も、呼吸機能検査の値はあくまで参考にしかいたしませんし、特にご高齢者の方や知的障害がある方の検査値はあてにならないことも多いです(大抵、検査技師さんのコメントが添付されております)。また多くの場合、全身麻酔の時は、薬で患者さんの意識を取ったあとに気管に管を入れ、手術の間中ず~っと人工呼吸を行いますので、患者さんの呼吸機能はあまり問題にならないのです。

むしろ問題は手術の後でしょう。こればっかりは、患者さんの状態や手術の内容によっても変わってきますので、なんとも申し上げられません。今回の内科の先生が「総合的に判断して」とおっしゃってますので、他にも問題点はあるのでしょう。

いずれにせよ、これは医療系の質問に関して皆様にその都度申し上げているのですが、このような匿名掲示板で、私も含めた自称医療関係者の怪しい回答に一喜一憂するくらいであれば、実際に他の大きな病院の医師に検査の結果を持って行き、ご家族やご本人のご意向も伝えたうえで、直接ご相談なさるのがベストかと思います。

取り急ぎ、まずはご参考まで。

ケース・バイ・ケースですので、最後は担当外科医と担当麻酔科医の判断になると思います。

麻酔中に限っては、呼吸機能検査の値が悪くても大きな問題はありません。実際、私達麻酔科医も、呼吸機能検査の値はあくまで参考にしかいたしませんし、特にご高齢者の方や知的障害がある方の検査値はあてにならないことも多いです(大抵、検査技師さんのコメントが添付されております)。また多くの場合、全身麻酔の時は、薬で患者さんの意識を取ったあとに気管に管を入れ、手術の間中ず~っと人工呼吸を行いますので、...続きを読む

Q新生児(そろそろ1ヶ月)の免疫

両親はハウスダスト等のアレルギー持ちです。

今日押入れから出した古い布団を干して家に入れてから、私(母親)の鼻水とくしゃみが止まりません。
鼻にティッシュを詰めておかないと、垂れ流し状態です…

しかし新生児の赤ちゃんは、くしゃみも鼻水もありません。
この子はアレルギーはないのでしょうか?
それとも、ハウスダストの免疫があるのでしょうか?

Aベストアンサー

新生児は母親の免疫があるため、生後2.3ヶ月までアレルギー症状は出ない場合多かったと思います。

>>この子はアレルギーはないのでしょうか?

いえ、ほぼ100%アレルギー体質です。両親共にアレルギー体質であれば、ほぼ100%遺伝してしまいます。片親がアレルギー体質であれば、60%くらいの確率で遺伝するそうです。

アレルギー体質であれば、食物アレルギー・アレルギー性鼻炎・アトピー・喘息・花粉症 等いずれか発症する可能性高いです。

Qガンの再発とか転移とか

よく聞くのはガンが再発したり転移してたりとかそういうの。
不思議なのは一度ガンになった場合そのあと病院に時々行くわけですよね。化学療法のいる人いらない人がいて後者にしても定期的にお医者さんを訪れるわけで。なのに何故つぎに見つかった時は転移していてもう末期とか、そうなるのですか? なんのために一度ガンの手術をした人のその後の観察とか検査とかがあるのですか? 

たとえば知り合いの人にもいました。胃がんで手術したあと定期的に点滴両方とか薬とかそういうので一ヶ月に2度はちゃんと主治医に会っていたみたいで、そして血液検査もしょっちゅうしていて、マーカーのなんだかの値が高いとかそれを抑える薬とかそういうのは知っていましたが、12年後の去年、神様のところに行きました。転移していて末期だったとか。

ん???? 12年の間お医者さんがしょっちゅう見ていて、なぜ突然末期に突入するのですか? その過程があってもいいわけでしょ?

Webとか芸能人とか時々ニュースになったのを読んだりすると、一度手術してその後の再発とか転移とかがあったとかよく見ます。なぜ、なんのために途中途中にお医者さんにかかっているのでしょうか? なぜ途中途中で検査しているのに発見できなくて突然末期になるのでしょうか?

お医者さんにかかっていること療法を受けていること血液検査をしていること、これらは末期の前に予防するためじゃないのですか?

とても疑問なので納得できる理由をご存知の方、教えてください。

よろしくおねががいします。

よく聞くのはガンが再発したり転移してたりとかそういうの。
不思議なのは一度ガンになった場合そのあと病院に時々行くわけですよね。化学療法のいる人いらない人がいて後者にしても定期的にお医者さんを訪れるわけで。なのに何故つぎに見つかった時は転移していてもう末期とか、そうなるのですか? なんのために一度ガンの手術をした人のその後の観察とか検査とかがあるのですか? 

たとえば知り合いの人にもいました。胃がんで手術したあと定期的に点滴両方とか薬とかそういうので一ヶ月に2度はちゃんと...続きを読む

Aベストアンサー

癌細胞が目に見えない所がポイントと思います。
数ミリ、数センチ程度になれば検出できますが細胞レベルは現状では顕微鏡ぐらいの精度が無いと無理です。
例えば肺ガンで数センチの腫瘍が有るとします、既に20%の確率で証明できない微細な転移が存在します。
マイクロメタとか潜在的メタと言われます。
これを見越して手術を行い、80%の完治を願い経過を見ます。
で、再発は大抵遠隔転移で再発します。脳であったり骨であったり。
言い方が悪いですが、その時点で進行癌になります。
たとえそれが1ミリで有ったとしても、遠隔まで飛んだと言うことは、全身に細胞が飛んでいる証拠でも有ります。
かつ、それを予防する手段がありません。
抗ガン剤もこの場合(予防)無力です。
>>末期の前に予防するためじゃないのですか
予防は出来ませんので、早期発見に努めると言うのが現状です。
また、そう言った治療面での制約が有る中で、何処まで厳重にフォローアップして行くかも難しい実情です。
例えば、貴方が胃ガンで根治術を受けたとして、毎月、数ヶ月おきに頭のCTを取るとします。
で、数年後に数ミリの転移が見つかった時、医者が言えることは「進行癌です、化学治療をしませんか。」となります。
何処まで厳格にしかも全身隈無く調べるかは患者さんの希望や経済的負担とも相談が必要な事と思います。

癌細胞が目に見えない所がポイントと思います。
数ミリ、数センチ程度になれば検出できますが細胞レベルは現状では顕微鏡ぐらいの精度が無いと無理です。
例えば肺ガンで数センチの腫瘍が有るとします、既に20%の確率で証明できない微細な転移が存在します。
マイクロメタとか潜在的メタと言われます。
これを見越して手術を行い、80%の完治を願い経過を見ます。
で、再発は大抵遠隔転移で再発します。脳であったり骨であったり。
言い方が悪いですが、その時点で進行癌になります。
たとえそれが1ミリで...続きを読む

Q新生児のオシメカバー

新生児のうちは紙おむつにしようかなと
思っていたのですが、入院時持参品にオシメカバー4枚と
あったので、オシメカバーの利用も考えています。
そこで、退院後新生児期のオシメカバーは何枚あれば
まわせますか?
それと、新生児期のもの(50cm)は1ヶ月くらいしか
使えないという体験談も読んだことがあるのですが、
新生児期から60cmのを使うのは、どうでしょうか?
それから、cmに幅のあるオシメカバーってあるのでしょうか?(例えば50cm~70cmとか)
ご存知の方がいらしたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

生まれてみないと…
なぜかというと子供の大きさで全然違うからです。標準的な~3000g前後で生まれれば50cmで丁度いいはずなのですが、もし3500gあったら50cmのサイズのものは1ケ月で使えなくなると思います。3200g位だとしても骨格がしっかりしててモモが太い赤ちゃんだと50cmではきついかもしれません… 新生児用と60cm、70cmを試しましたが、足のつけ根が太くて(肉ではなく骨が~遺伝です)どれもきつそうでした。

布オムツにするなら新生児のうちから継続しないと、親もついていけません~途中から布にしてみましたが、オムツ換えのタイミングがまったくわからず、錯乱状態になって虐待しそうでした( ̄∇ ̄;) 子供の性格によっても辞めたほうが無難なタイプのあるかもしれません。オムツ以外でも泣き叫んでいる子だったので泣く原因を減らすために3日もせずに紙おむつに戻しました。ちなみに~オムツカバー3枚くらいずぐぬらしちゃいましたけど…(これが続かなかった原因かも)

Q言葉の定義が知りたいのですがポリープとか腫瘍とか教えてください。

言葉の定義が知りたいのですが癌とかポリープとか腫瘍とか良性、悪性とか言葉の定義が知りたいのですがどなたか明確にご存知の方教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ポリープ
外皮・粘膜・漿膜などから発生する、茸状・卵球状の限局性隆起性腫瘤。ポリプ


ポリプ [polyp]<

(1)腔腸動物が生活環の一時期に示す形態。円筒形または管状。上端に口が開き、口の周囲に触手がはえる。下端で岩などに付着して、固着生活をする。分裂によって有性生殖世代であるクラゲ型を出す種と、ポリプのままで有性生殖を行うイソギンチャク・ヒドラなどとがある。またサンゴ類のようにポリプが群体をなす場合もある。


しゅよう ―やう 【腫瘍】<

何らかの要因により、体内で周辺組織とは無関係に過剰な増殖を行う細胞の塊。生命に及ぼす影響の程度から良性(脂肪腫など)と悪性(癌腫や肉腫など)に分ける。


ポリープでも(胃、大腸)に出来るものでは、悪性(ガン)に成る場合もあるそうです。また腫瘍性ポリープなど(ガンに発展する物もあり)で
これらの事をみても、ポリープはガン性の低い(部分に余っては)物で
言われるケースもあるようです。

Q新生児の腸内細菌について

胎児は母親の胎内では無菌だと思われるのですが新生児で割とすぐに大腸菌などが便培養で出るのは新生児はどこから大腸菌をもらうのでしょうか。分娩時に口腔から?肛門から?知っている方がいらしたらお教えください。

Aベストアンサー

胎児は母親の胎内では無菌状態ですが、生後3~4時間もすると、腸内に大腸菌や腸球菌などが出現してきます。
新生児が腸内細菌を獲得するメカニズムは、まだ解明されていませんが、お母さんの腸内菌と全く同じ菌(菌にも人と同じように同じ種でも個体間で差があります)が新生児糞便から検出されるものもいます。検出されればその新生児は母親内で菌を獲得したと示唆されます。
また、同じ病院で同じ日に分娩された新生児から同じ菌が検出されるケースもあります。この場合は、分娩後に菌を獲得したと予想できます。よって、「いつ」「どこから」菌が入り込むのかは、個体差があるようです。

Q会社の健康診断って本当に見て欲しい項目が無く殆どが癌とか心電図とか自分的にはどうでもいいとこばかり検

会社の健康診断って本当に見て欲しい項目が無く殆どが癌とか心電図とか自分的にはどうでもいいとこばかり検査されて本当に見て欲しいとこが見てくれない。てか実費のとこも?あるのがわからないけど高くない?なぜあんな高いの?
見て欲しいというのは一番重要な眼を見て欲しい。緑内障とか、なってないかを見てほしい
正直癌とかよりも失明のほうが心配です。失明したら死んだも当然じゃないですか?なのになぜ眼の項目がないの?心臓とか腎臓とか胃とか自分的にはどうでもいいとこばかり一番重要なのは眼だと思います。

Aベストアンサー

会社の健康診断は、従業員の健康管理であり、全般的なスクールニングにならざるを得ません。
費用は、会社や健康保険組合の負担で、個人負担はありません。

貴方の求める健康診断なら、検診項目を確認し人間ドックを受けましょう。
費用の一部は、健保組合が負担してくれます。
人間ドックに含まれない項目は、個々専門医の診断です。
この場合、病気ではないので、全額自己負担になります。

Qドレミのオムツ(新生児用)のサイズについて

出産前にドレミのオムツの新生児サイズを、自宅にまとめて購入しておいたのですが、里帰り期間が長引き、生後3ヶ月の娘は5キロを超えてしまいました。
今週末自宅に戻るのですが、新生児サイズのドレミのオムツ、まだ使えるのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

厳しいかも…。
新生児用は5Kgまでなので、太ももやお腹周りがきつくなっている可能性があります。

残念ですが、今回は使うのをあきらめて、次のお子さんに使うか、お友達にプレゼントしてはいかがでしょう?

新生児用やSサイズはすぐに小さくなるので、まとめ買いはしないほうが良いですよ(^-^;)

参考URL:http://www2.nepia.co.jp/doremi/product/tape.html

Q細胞を検査ってことはガンの検査ですか?

胸にしこりがあり‥今日病院に行ってきました。
今日はマンモグラフィで検査して‥今週にエコーと細胞を取るためにまた病院に行かないといけません。そして検査結果が出るのは今月の末だそうです。不安と戸惑いで‥先生に何も質問できず‥このしこりは腫瘍なのかもわかりません。細胞を取るということは‥良性か悪性かを調べるためですか?
私は27歳で。母親が胃癌で3年前に他界してます。母親が癌でなくなっているので‥気になっています。
検査結果を聞くまで不安です。。20代で悪性腫瘍の可能性は低いのか気になります‥。
教えてください。

Aベストアンサー

不安なことと思います。
マンモグラフィは若い人の場合、見にくいことがあります。
正常な乳腺も、腫瘍も同じように白く見えるんです。
年をとると、乳腺は脂肪に置き換わって来ます。脂肪は黒く見えます。
黒い中に白い腫瘍があると見やすいのですが、白い中に白いものがあっても見にくいですよね?
そこで、エコーや細胞診を行います。しこりが腫瘍なのかを診る為です。
細胞診ではしこりの部分の細胞を針で穿刺吸引します。
それをプレパラートにのせて染色して顕微鏡で観察します。
腫瘍なのかその他の病変なのか、
腫瘍なら良性なのか悪性かを診る検査です。
細胞診は良悪性を診るだけではなく、乳腺症、乳腺炎、のう胞なども判定します。
乳癌は遺伝する可能性が高い病気ですので家族歴がある方は、注意して検診などを受けることをおすすめします。
ちなみに私も27歳で、母親は進行性乳癌の治療中。今年から乳癌検診を受けています。
20代でも悪性腫瘍はないとは言えませんがそれ程頻度は高くありませんよ。
ただ、若い人が癌になると進行は早いと言われています。
もし、今回の結果が悪性でなかったとしても、まめに検診は受けられることをおすすめします。

とにかく、難しいことですが結果が出るまであまり気にしないことです。
ストレスのせいで、別の病気になってしまっては本末転倒ですから。
何事もないことを祈っています!

不安なことと思います。
マンモグラフィは若い人の場合、見にくいことがあります。
正常な乳腺も、腫瘍も同じように白く見えるんです。
年をとると、乳腺は脂肪に置き換わって来ます。脂肪は黒く見えます。
黒い中に白い腫瘍があると見やすいのですが、白い中に白いものがあっても見にくいですよね?
そこで、エコーや細胞診を行います。しこりが腫瘍なのかを診る為です。
細胞診ではしこりの部分の細胞を針で穿刺吸引します。
それをプレパラートにのせて染色して顕微鏡で観察します。
腫瘍なのかその他...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報