プロが教えるわが家の防犯対策術!

1月25日から黒めだかを2匹、1月31日には日めだかを2匹追加し同じ水槽内で飼っています。
2月に入り1匹の黒めだかの口や背中、尾びれの付け根辺りに白いモワモワが見られ、もう1匹の黒めだかにも背中の辺りにプツプツとあるように見えます。日めだかにはまだみられないのですが、、。餌は全く食べないということはないようです。
ペットショップに相談したところ水カビとのことでした。症状が出すぎているので薬を入れて水質を変えるのはよくないとのことで、水温を20度前後に保つようにして症状が治まってきたら薬を使うよういわれました。感染している可能性もあるので4匹とも同じ水槽でともいわれました。
私としては、薬を使用するほうがやっぱり治るのではないかと思いが消えず、、薬はやっぱり使わないほうがいいのでしょうか?
このまま水温を保つことで回復する見込みはどれくらいあるのでしょうか?4匹とも死んでしまったらと不安です。
魚の水カビについて治療や情報を知っている方や経験された方、なんでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。


ミズカビにはマラカイトグリーンです!
これに勝る薬は無いと魚病学の権威が著書で述べています。

さて、20℃で放置して良いものかどうか現状が手に取るように分かるのであればアドバイスしやすいですが、推測では結構進行していると思われます。
放置しても回復が不明な現状では薬を使われたほうが良いと思います。

また、おって対処方法を書き込みますが、お薬を使われたほうが良いと思いますよ。

もし何かありましたらご質問下さい。
なんなりとご相談にのりますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございますー。やっぱり薬を使ってあげたほうがいいですよね。
水温20度くらいにしたところ、めだかさんたちの動きは活発になりました。一安心しています。
黒めだかのモワモワは正面から見ると白い襟巻きをしているように見えるくらいです。鰓の間からもふわふわとしたものが見えるような、、。
とにかく水温と清潔な水と薬を少量からでがんばってみます。
また水カビによる症状の経過や対処方法教えてください。

お礼日時:2006/02/01 23:51

こんばんは。


遅くなり済みません。何匹か他界してしまったようで、お力になれなくて残念です。

まだ間に合いますでしょうか分かりませんが、先ほど学生時代に勉強した魚病学の権威、江草周三氏の専門書の一文です。

氏、曰く『抗ミズカビ剤としてマラカイトグリーンに勝るものは未だ見つかっていない』とのことです。0.1ppmでミズカビ菌糸の発育を抑えることが出来、魚体に有害でない濃度でミズカビを抑制するものが見つからないからです。
養殖魚で使用されているので大型魚での使用実績だと考えられますが0.1ppmと言えば本当に僅かな量です。(全水量の1/10000000、1000万分の1)その量で使用できるのですからメダカへの影響も考えなくて良いと思います。ですので初めて魚病を経験される場合であっても使用しやすいお薬です。使用はどんな薬でも徐々に追加して、通常使用量に達するようにすると、薬の使用加減が身につくと思いますし、魚へのショックも多少緩和できます。

また薬をご使用になる場合、日光にて分解されてしまいますので直射日光は避けて下さい。お部屋は今のままで大丈夫だと思いますよ。日光で薬が分解されてしまいますと有効残成分が変わってきますので追加投薬した場合薬の影響力が分かりにくくなってしまいます。
目安としましては薬の色の濃さで判断しやすいです。

もし追加の繰り返しで薬の量の危険性を感じたら、飼育水を半分、または1/3程度抜き、新しく水を追加して薬を少しずつ様子見しながら追加投与してください。(この時、色は目視で記憶しておいて下さい。コップなどで計量して色を確認するのも良い方法です。規定量を目安にそれより濃くならないように比較するのが良いです。)

罹病は魚飼育において避けては通れないことだと思います。様々な病気に様々な対処方法がありますが経験を積まないと適切な処置は出来ませんし、様々な情報が無いと学べないと思います。

病気に対しては皆さん様々なご苦労があると思いますし、そこから様々な見地が生まれていると思います。水環境さえ整えれば魚の免疫力が強く結果予防という見地もとても重要だと思います。様々な見地や経験から皆さんが質問者様を助けてあげたいと思っているのだと感じます。私の言葉足らずで批判的に感じられたら陳謝いたします。
また質問者様の気持ち、大切なメダカが痛々しくて、藁にもすがる思いで薬に頼る思いである現状はよく分かります。
薬は使用を間違えると毒にもなりえますが、そうならないよう私は私の経験と知識を託したいと思います。

また何かありましたらご質問下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

結局、日めだか1匹が残りました。元気です。何が良くて何が悪かったのかはわかりませんが、次にいかせる気はします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/15 09:39

 メダカに限らず魚の病気について書いてみます。



 魚が病気になる原因と、私たち人間が病気に掛かるのでは根本的に違います。このことが理解できないと、魚の飼育は途中で必ず挫折すると思います。

 私たちが呼吸でき毎日健康で暮らせるのは空気が有るからです。この空気は公害などに犯されない限り、害はありません。しかし魚たちにとっての水は、常に有毒物質の発生に晒されており、濾過不足に因るアンモニアや亜硝酸の発生は飼育者の技量によりいつでも発生し、魚たちにとってはストレスとなり病気を発生させます。これを水槽内環境の悪化と言い、人間社会では考える必要の無いものです。

 私たち人間は、病気になれば薬を飲んで治療でき健康となります。空気を含め環境が極端に悪い事は無く、病気になれば早期に薬を使用する事が一番と認識しています。

 この様に魚と人間を同様に考える方が、魚の病気発生=薬の投与と考える訳です。
 魚の病気発生=魚にとって環境の悪化が原因ですから、この環境を飼育者の方が改善しないことには、同じ過ちを繰り返す事になります。薬云々は魚たちの命をもてあそぶ結果となり、本当に魚たちのことを考えるのであれば、生物濾過の基本と、魚の適正水質を理解する事で、病気とは無縁の楽しいアクアライフとなります。

 質問者様の水槽環境がどのようになっているか全く判りませんので、極一般的なメダカ環境を書いて見ます。
 水槽30センチ、底砂に大磯砂、エアーポンプにチューブを繋ぎ、投げ込み式フィルター(水作エイト)を使用、日照時間8時間、水草にはアナカリスを一束、水道水を塩素抜きしてセット完了。1週間水を廻しておきます。市販のバクテリアなど不要です。
 この時点で、水質浄化のバクテリアはまだ発生していませんが、水道水を使用するため、こなれた新水となっております。水道水を塩素抜きして直ぐに使用する事は、セット時だけは、尖った新水なのでやめた方が無難です。
 メダカ2匹投入、1週間後に再度2匹投入再度2週間後に4~5匹投入、この様に徐々に増やすことで、水質浄化のバクテリアも徐々に増えてきます。

 私自身の治療薬についての考えは、良く効く薬は副作用等のことも有り、知識の無い初心者の方が安易に投与するべきでは無いと考えています。投与するときは全滅を覚悟して使用してください。治ったとしても偶然上手く行ったと考え、前記ご理解下さい。

参考まで
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。めだかは簡単と思っていましたが、生き物を飼育するのは難しいですね。最初からカルキを抜いた水なら何でも良いと思い水温も意識していませんでした。発病後、水質を変えるといっても水温を変えただけかもしれませんが、それで様子を見ようと思っていました。でもどんどんカビが増えていくのを見ているとやっぱり薬と考えてしまいます。残念ながら黒めだかは薬使用前にダメになりました。ペットショップの方が「症状が軽いのであれば薬の使用もいいですが、、」と言われていたので、予防と思い薬を使用しました。その翌日元気に泳いでいますが日めだかにも発生しています。singuraの言われているように素人があれこれするのはよくないのかとも思いますが、やらずにはいられないというか、、。殺してしまいたくはないけど、覚悟も決めて治療してみます。
あと、わたしの住居環境としても昼夜で部屋の温度にかなり差があり、水温が左右されにくいように一番暖かい部屋にと思うと日光がほとんど当たりません。ので昼間家にいる間(毎日は出来ませんが)は日光浴をさせてみようと思い実行しています。

お礼日時:2006/02/04 09:44

NO.2です。



古代魚となまず類の魚が病気にかかったときに治療しようとしたときに、全ての薬剤がNGだったことがありました。

それから、熱帯魚屋でも商売を優先と思いますが、どのお店も薬剤を使うことを飼い始めの人とかに勧めません。

どれくらいの比率で薬剤を投入するとか、別水槽をお持ちでないとか、魚を療養されるには、多大な知識と機材などが要ります。

あくまでも問題は、魚の状況と自分の財政などを考慮して、対処すべきではないのでしょうか?

私は、6度ほど治療を行いましたが、はじめの3回は全て飼っていた魚を全滅させています。

今では、別水槽を完備しているので、まず全滅することはありませんが、治療する設備も知識も無いのに安易に魚を治療するのは危険すぎると思うだけです。

ここで、治療することを勧めても、どれくらいのスキルの持ち主かも分からない状態で薬剤治療を勧めるこは私にはできません。

私には、今のこの方の質問内容から、初めての病気治療と思いますので、今回の治療は全滅覚悟と言うのなら、何も言わないのです。

水槽全部が感染しているかも・・・・って言っている時点で、発症しているメダカだけでも別水槽に隔離するという観点になっていないので、お勧めしなかった理由です。

質問内容にもありますが、ペットショップの方は水質を変えないようにと言っていますが、水質を調べて改善すると言ったほうが良いとか、突っ込んだらきりが無いけど薬剤治療がどれだけ難しくて、愛情だけではどうしようも無いことが多いのです。

時には心を鬼にすることもいりますし、薬剤治療を行ったら、最低30分は魚の状況を見ていて、だめなら救出するとか時間もかかります。
最悪の場合、薬剤を投入してすぐにもがき苦しんで息絶える魚を見る覚悟があるのでしたら、良いかも知れませんが、治療に失敗して苦しむもが見たくないというなら、あきらめるのも手段の一つと言っているのです。

質問者の方も、全滅は避けたいといっているので、とりあえず今回の一匹はあきらめる方が良いかと思います。

今回のメダカを治療して成功や失敗にとらわれずに薬剤治療の経験の糧にできる人なら、薬剤治療すべきでしょうし、もう少し機材や状況を揃えてから、対応するなら今回はあきらめましょうと言っているのです。

私から言えることは、熱帯魚に対する愛情の向け方の違いがsuperbeagleさんと私ではあると思います。
    • good
    • 0

こんばんは。



さて『水温20度くらいにしたところ、めだかさんたちの動きは活発になりました。一安心しています。』ということで、水温を上昇させたのですね?
寒いところから温かいところに行ったということで活動が活発になったということで、残念ながら根本的な治療にはなりません。
代謝が活発になる反面病気の進行も早くなる場合もありますので一長一短であると思います。

お薬ですが、単純に水槽+水に投薬しても処置が早ければ治ると思います。ですが薬は飼育環境に影響を与えることがありますので、飼育環境を教えて頂けますか?(どのような設備があるのか)

基本的な注意点は、投薬した場合、ろ過装置の活性炭を外しておきます(薬を吸着するため効果ダウン)。感染している場合があるので全員治療&予防します。
治療中は餌を控えめにしてください。場合によっては断食にもします。
もし治療中に水質が悪化してきたら、水量1/3程度交換して薬を追加してください。

とりあえず今思いついたことを挙げておきます。思いついたらまた書き込んでおきます。

No.2の方が仰るように、薬対メダカのコストを考えると新しいメダカを入手したほうが安くあがるかもしれません。ですが、飼い主様の魚飼育経験値の向上には繋がらず、他の魚を飼っても結局病気にさせてしまうのではないかと思われます。
その点、メダカは魚飼育経験を向上させるには良いパートナーとなりえます。繁殖も簡単にできます。
また大切な命なので、病気だから廃棄というのも世知辛いと言いますか薄情と言いますか。。。出来れば可愛がってあげて欲しいものです。

明後日から暫く返事できなくなってしまいますが、また書き込みますので何かありましたら、ご記入しておいて下さい。
頑張ってくださいね。

この回答への補足

丁寧にアドバイスいただきありがとうございます。
水槽は一辺18cmの立方体、外付けろ過装置、水底に石を敷き、水草、、といった感じです。残念ながら薬投入前に黒めだかは二匹ともだめでした。今は日めだかの一匹の頭にモワモワが発生。元気に泳いではいますが、、。薬は説明書に書いてある量を2/3に投薬しました。翌日から日中日向ぼっこさせてみています。
コストのこともありますが、、わたしも命は大事にしたいです。今回治療のつもりがめだかに負担となっているかもしれないし、私の行為が大事にしてるに反しているのかもしれないと思ったりもしますが、、。

補足日時:2006/02/04 09:07
    • good
    • 1

こんばんは



一応病気のページです。

黒めだかですか・・・・・薬を買って治療するのと新たに購入するので価格を見たほうがいいと思いますよ。

薬も結構高いので、あきらめるときはすっぱりと割り切るものいいかと思います

参考URL:http://www.glegle.com/byouki/mizukabi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ページ教えていただきありがとうございます。確かにコストのこともありますが、ひとつの命粗末にしたくないので自分善がりかもしれませんが頑張ろうと思います。

お礼日時:2006/02/04 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカ水カビ病?、対処法ご教授お願いします。

いつもお世話になっております。

室内飼育メダカ、東天光メダカ三匹/9L水槽:テトラ RG-20HLV/水草:アヌビスナナとバリスネリア/ろ過器:テトラOT-30

10月から飼育を始めて、5ヶ月ほどです。1週間に1/3水換えしています。

3日ほど前から、一匹の尾びれにごく小さなかじられたような?跡があったので気になっていましたら、今日どうも白いもやっとしたものが広がっているようです。
白いもやもや?は、とても小さく、メダカ自体は食欲もあり、動きもいつもどうりで、とても元気です。

素人なりに調べた結果、水カビ病というものか?と判断し、治療を試みようと思っています。

計画としては

(1)とりあえず水換えをいつもどうり(1/3、カルキ抜き、温度合わせした水を追加)。
(2)症状のある一匹を隔離後、7Lほどのプラケース、ろ過無し、エアレーション使用で、水合わせしてから、0.5%塩浴(初めてで少し怖いので、0.4%ほどにしてみようかと思っています)
(3)2、3日様子を見て、塩浴のまま1/3水換えを実行?
(4)あまりに効果がなければメチレンブルーの薬浴?

現在(1)を実行し、
(2)の準備をしているのですが、本当にこれでいいのかな??と不安になっています。
予備の小さいプラケースに隔離したメダカは不安そうでかわいそうな気がします。

とても可愛がっていて、適切に水換えしていたつもりですが病気のようで、心配しています。また、とても小さいので、不慣れな治療を試みて弱らせてしまわないか心配です。アドバイス頂けると嬉しいです。

また、病気の疑いのある一匹以外はとても元気なので(疑いがある子も元気そうなんですが・・・)本水槽はとくにリセットもせず、様子を見ようと思っています。(慣れない事を無理にして下手をしないか慎重になってしまっています)
しかし問題があったのであれば改善したいので、このあたりもご教授いただけると嬉しいです。
週一1/3水換えで、テトラOT-30は水流が強いので、少し弱めになるよう負荷をかけて使用しています。たまに水ミミズを発見します。キレイすぎも良くないのかな?と思ったりして迷っていました。

どうぞ、よろしくお願いします!

いつもお世話になっております。

室内飼育メダカ、東天光メダカ三匹/9L水槽:テトラ RG-20HLV/水草:アヌビスナナとバリスネリア/ろ過器:テトラOT-30

10月から飼育を始めて、5ヶ月ほどです。1週間に1/3水換えしています。

3日ほど前から、一匹の尾びれにごく小さなかじられたような?跡があったので気になっていましたら、今日どうも白いもやっとしたものが広がっているようです。
白いもやもや?は、とても小さく、メダカ自体は食欲もあり、動きもいつもどうりで、とても元気です。

素人なりに調べ...続きを読む

Aベストアンサー

水カビ病の原因菌は真菌類(アクリア/サプロレグニア・アファノマイセス)です。
この菌類は常在菌ですから、ほぼすべての水槽に存在します。
真菌類は水中の有機物(=水の汚れ)が増えると爆繁殖します。
一般的に水カビ病が発生した場合、底砂清掃や餌の与え過ぎなどの可能性があります。
今般は一匹だけなので、ハッキリとした原因は分かりません。

塩水浴は、浸透圧により真菌類を殺す方法。
浸透圧は、濃い液体側に薄い液体が移動する力。

・メダカの体液は塩分濃度0.9%
・真菌類の塩分濃度0.35%

従って、塩分濃度0.5%を保つことにより、真菌類の細胞内の薄い液体が水槽内に流出し脱水死させる方法。
メダカの体液は0.9%あるので、塩分濃度0.5%では脱水することはありません。

このため、予定濃度0.4%では、真菌類の塩分濃度に近いため効果は薄く、効果が得られない可能性があります。
また、0.4%では、長期間の塩水浴が必要になります。
塩分濃度は0.5%をオススメします。
メダカは塩耐性魚ですから0.6%でもOKです。
塩水浴に使用する塩は天然塩(岩塩や海塩)や人工海水の素など、成分にナトリウムだけではなく、マグネシウムなどが含まれているモノです。

本当は、薬浴+塩水浴がメダカにとって一番安全です。
真菌類はもっとも魚毒性の低いメチレンブルー剤で効果が期待できます。
メチレンブルー剤の魚毒性は塩よりも低い。
メチレンブルー剤+0.5%塩水浴の場合、薬塩水浴期間は7日間です。
治療中の餌は、食欲が有る場合のみ、普段よりも少なく与えます。

> 週一1/3水換えで、テトラOT-30は水流が強いので、少し弱めになるよう負荷をかけて使用しています。たまに水ミミズを発見します。キレイすぎも良くないのかな?と思ったりして迷っていました。
・コレに関しては問題なし。
大量発生はマズイが、偶に、ミズミミズを見かけるくらいならば、メダカにとって良い環境です。

水カビ病の原因菌は真菌類(アクリア/サプロレグニア・アファノマイセス)です。
この菌類は常在菌ですから、ほぼすべての水槽に存在します。
真菌類は水中の有機物(=水の汚れ)が増えると爆繁殖します。
一般的に水カビ病が発生した場合、底砂清掃や餌の与え過ぎなどの可能性があります。
今般は一匹だけなので、ハッキリとした原因は分かりません。

塩水浴は、浸透圧により真菌類を殺す方法。
浸透圧は、濃い液体側に薄い液体が移動する力。

・メダカの体液は塩分濃度0.9%
・真菌類の塩分濃度0.35...続きを読む

Q(再)水槽内の水カビの撃退方法を教えてください!

3週間前よりテトラの30センチ水槽で和金4匹、トゲナシヌマエビを6匹飼っています。
ここ二日ぐらい水のにごりが早く、連続して水換えをしていましたが、先ほど、水草付の流木に水カビが発生しているのを発見しました。
除去する方法がわからず、とても困っています。
(単純に取り出して洗うなどでいいのでしょうか?)
恐れ入りますが、除去方法と今後の防止策をご教授いただけないでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。

【状況】
(くみ出しているので、底の糞が除去しきれていないです)
(水温は、ヒーターをセットしていないので21度ぐらいで推移)
(エサは、キョリン金魚のえさとシラクラNEW微生物の素 1日2回)
(上面ろ過、エアポンプは未使用 明日取り付け予定)
(ライトは、日中から1日14時間程度照射)
(今のところ金魚には感染していないようです)
(エビが水カビを食べてくれてはいるようです)
対策としては、水温をお湯を入れるなどして、少し高くしました。
また、食塩を15リットルに小さじ1杯程度を投入。

Aベストアンサー

・ミズカビについて
ミズカビは、水中の有機物に菌糸を伸ばし、それを餌とし分解吸収して成長する管状生物です。
ミズカビ本体の菌糸体は非常に太い菌糸で、肉眼でも見分けがつく太さがあり、その姿が陸上のカビに似ていることからミズカビと一般に呼んでいます。

・どのような水槽に発生しやすいのか。
→飼育水・飼育環境の有機物いっぱいで富栄養化している水槽。

・富栄養化の原因因子。
1・餌の与えすぎ。
2・過密飼育(水槽の大きさに比べ、生体が多すぎ/大きすぎ)。
3・濾過能力の低い水槽。
4・底床材や濾過器の汚れた水槽。

・水カビの撃退方法
1・水槽水の清水化。
→定期的な換水度合いを増やす。
→餌の量を減らす。/餌の種類を変更する。
→底床材や濾過器の清掃。
→底面濾過器などの追加。
2・過密飼育の解消。
→水槽を大きくする。

以上の対策を、出来ることから根気強く行うことで、1~2ヶ月ほどでミズカビの発生しにくい水槽になるハズ。
ただし、原因が過密飼育にある場合は、効果が出ないこともあります。

> 3週間前より・・・
・水槽立ち上げ初期は、いろいろな事が起こります。
3週間ならば、抜本的な対策を講ずる時期ではありません。
せいぜい、換水程度でしょう。
ミズカビが大量に発生していなければ、しばらくは、様子見でよいと思います。
立ち上げ後2~3ヶ月以上経過し、安定期に入ってから発生したミズカビは対策を講ずる必要のあるミズカビです。

> 先ほど、水草付の流木に水カビが発生しているのを発見しました。
・ミズカビは、有機物を餌とし成長する生物です。
購入した流木自体の「あく抜き作業」や「煮切り作業」が不完全だった可能性があります。
> (単純に取り出して洗うなどでいいのでしょうか?)
・洗ってもかまいませんし、状態からの判断により、水草を一旦剥がして、あく抜き「沸騰水で2時間ほど煮切る」の、やり直しをしても良いかもしれません。
その後、剥がした水草はナイロン糸などで縛り付けて、再活着させることになります。

> 対策としては、水温をお湯を入れるなどして、少し高くしました。
水温が高くなるとミズカビ菌が喜びそうですよ。
> また、食塩を15リットルに小さじ1杯程度を投入。
ヌマエビ類の塩水耐性は、強くないので、エビが危険だと思います。
塩水は、大切な濾過バクテリアを殺すので、立ち上げ途中の水槽に使うと立ち上げが遅れます。

最後に、
和金の大きさによりますが、30cm水槽に和金4匹は、少し多いと感じます。
金魚は3年ほどで20cm以上に成長します。
今の水槽は半年程度の仮住まい。
和金が5cmを超える頃には45cm以上の水槽へ引越しが必要になると思います。

・ミズカビについて
ミズカビは、水中の有機物に菌糸を伸ばし、それを餌とし分解吸収して成長する管状生物です。
ミズカビ本体の菌糸体は非常に太い菌糸で、肉眼でも見分けがつく太さがあり、その姿が陸上のカビに似ていることからミズカビと一般に呼んでいます。

・どのような水槽に発生しやすいのか。
→飼育水・飼育環境の有機物いっぱいで富栄養化している水槽。

・富栄養化の原因因子。
1・餌の与えすぎ。
2・過密飼育(水槽の大きさに比べ、生体が多すぎ/大きすぎ)。
3・濾過能力の低い水槽...続きを読む

Qメダカが底に沈んで動かなくなります。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた水の両方を使いました。
(↑以前からこの方法です)

普段から1ヶ月に2~3度くらいは水を替えていますが、
上記のように立て続けに★になったのと、
底に横たわるようになったメダカをみるのは初めてです。

ポンプでエアーを送っていますが、酸素不足でしょうか。
エアーはろ過ドームを使っています。ろ過剤は水交換のたびに新しいものと交換していますが、ドーム本体は最初に買ったものを使っています。

毎朝、★になっていないか、ドキドキして水槽をチェックしています。
どうすればまた元気に泳ぎ回るでしょうか。
よろしくお願いします。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材に定着するまで、約一ヶ月かかります。
この一ヶ月の間に、金魚や他の観賞魚は死ぬことがあるのです。
ただし、微生物が定着すれば、亜硝酸が硝酸へ変換できる環境になるので、
水が原因で死ぬことはめったになくなります。

質問者様のように、一ヶ月に3回程度の水換え頻度だと、
低濃度でも亜硝酸がいつまでも残り続け、やがて中毒になります。
頻度をもっと増やせばいいのですが、面倒なのでおろそかになるものです。
もちろんろ過ドームだけで育てている人も居ますが、
水換えは月に5、6回以上になるでしょう。それだけ亜硝酸が怖いからです。

ろ過ドームだけで1ヶ月1回水換えは逆に全滅コースです。
ろ過能力が足りないからです。なので、別のろ過装置が必要になります。

別のろ過装置の場合、最初の一ヶ月を乗り切りさえすれば、
微生物のおかげで亜硝酸はほぼゼロになるんですよ。
たとえ一ヶ月の間にサカナが全滅しても、病気ではなく亜硝酸のせい。
一ヶ月経ってからべつのサカナを入れてあげれば、まず死にません。
まぁ、めだかは乗り切れるでしょうね。うちは大丈夫でした。

その後、ろ過材は捨てずに、軽く表面を洗うだけで数年は同じものを使うのです。
底砂もそうです。3ヶ月か半年に一回軽く洗うだけ。

そして、洗うときに注意するのが、飼育していた水槽の水だけで洗う事。
水道水をつかうと、塩素で微生物が死ぬからです。
バケツやボウルに飼育水を少し移して、そこで優しくもみ洗うだけで大丈夫。

なので、メインのろ過を別の装置で行い、
エアレーションのついでにろ過ドームを入れる、
ろ過ドームはメインじゃないから定期的に中身を替えても問題なし、
というやりかたが普通のやりかたです。あくまで補助ですね。

亜硝酸はこれでなくなりますが、かわりに発生する低毒の硝酸を捨てるために、
一ヶ月に一回程度水替えをします。それでもサカナには最高の環境です。




外掛けフィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/12305/

ろ過

ボール状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/20780/
リング状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10184/
ウールマット
http://item.rakuten.co.jp/chanet/42720/



外掛けフィルターの中にはろ過ドームのような使い捨てフィルターが入っています。
これを使ってしまえばろ過ドームの惨劇再びですので、
中身を使わずに、別のろ過材を入れるのが一般的です。
ボール状やリング状のろ過材を90%入れ、
ウールマットでウンコを濃し取る。そんな環境にします。
もちろんウールマットは適性なサイズがないんで、はさみで適当に切ります。



ただし、お金に余裕があるのなら、外部フィルターをおススメします。

外部フィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10080/

外掛けよりもはるかに多くのろ過材が入ります。
水流が強いので水の吐き出し方向の調節が必要ですが、
これに勝るフィルターは無いといっても過言ではありません。
もちろん、中身は先ほどのろ過材を使います。

ただし、外部フィルターの場合は酸素不足になりがちです。
なので、エアレーションを別に用いるか、ろ過ドームを併用しましょう。



ちなみに酸素の供給についてですが、泡がいくら発生しても意味ないですよ。
水面から供給される酸素が大半ですので、水面がかるく波立つ状態が理想です。
とはいっても、めだかなんかは水流に弱いので、本当に軽いエアーで十分。
水流が強すぎると、泳ぎつかれて死ぬ可能性もあります。



さらに、メダカの数ですが、少々飼い過ぎです。
水1リットルに対し、1cmの観賞魚とお考え下さい。
なので、14リットル入るとすれば、14cm分です。
つまり、2cm程度のめだかであれば、7匹が限界です。
3cmから4cmまで成長しますから、5匹以内が望ましいですね。
タマゴもガンガン産んで増えますし…。

楽しい観賞魚ライフを!

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材...続きを読む

Qメダカが毎日死んでいきます

毎日メダカが死んでいきます。
.水槽を購入したのは2月24日でW30,H25,D18の大きさで温度を保つ装置(25度にしかなりません)、ろ過装置が付いています。
.水道水を汲み置きしてメダカ用のカルキぬきの液を使い1晩置きました。
.水槽購入翌日の25日にめだか12匹を水槽に入れました。(袋のまま30分くらい水槽に入れ温度合わせをしました。)
.餌はメダカ用のドライタイプを1日2,3回。水草は本物ではなくにせものを3つ入れました。
.水草の裏に挟まるような形で死んでいることが多かったので、水草を1つとりました。またろ過装置の水流も弱めました。
.3月1日にもう10匹メダカを購入し温度合わせをしてから水槽に入れました。(当初から20匹くらい買いたかったので)水草の代わりに水をきれいにする作用のある石を入れました。
.3月4日メダカを更に15匹飼い始めました。これはメダカが少なくなったためです。現在6日の時点で37匹購入したのに15匹しかいません。

長くなりましたが、最近は1日に死ぬメダカの数も増えてきており心配しています。(今日は朝夕で3匹づつ)
白い点がつくなどの病気は見た感じ無いようだったのですが、今日死んだ2匹は体が赤く傷ついているようでした。(1匹は昨日の時点で気づいたので隔離していました。)
一応今新しいお水を作っている最中なのですが、こういう状況の場合は全部水を替えたほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

毎日メダカが死んでいきます。
.水槽を購入したのは2月24日でW30,H25,D18の大きさで温度を保つ装置(25度にしかなりません)、ろ過装置が付いています。
.水道水を汲み置きしてメダカ用のカルキぬきの液を使い1晩置きました。
.水槽購入翌日の25日にめだか12匹を水槽に入れました。(袋のまま30分くらい水槽に入れ温度合わせをしました。)
.餌はメダカ用のドライタイプを1日2,3回。水草は本物ではなくにせものを3つ入れました。
.水草の裏に挟まるような形で死んでいることが多かったので、...続きを読む

Aベストアンサー

魚が泳がないで止まった時にあまり流されてなければ水流はいいんじゃないでしょうかね。

健康なのは、起きてる時は上の層で活発に泳ぎまわって餌を探してますね。
底でじっとしてるのは弱ってると思います。
エラを良く見て、魚全体がバクバク呼吸が早いような時は水が汚水化してますね。要換水だと思います。

特定の固体だけがエラがバクバクしてるなら、その固体には何か問題がありそうです。
その呼吸にも早さが色々あって激しい時は重い病気かもしれないですね。
エラ病なのかエロモナス病なのかさっぱり分かりませんけど、感染力のある病気であれば怖いので隔離してメチレンブルーや塩投入してます。
治るのもいます。

見た目問題無いのに突然死するのも結構いて、こんなのは分からないですよね。こっちの方がちょっと怖いです。

水換えは餌をやると結構水が悪化しやすいですね。
何日に一度と言うより、状態を見てやったら良いと思います。
なるべく餌をやらないようにして、エラ見てバクバクしてたら緊急水換えですね。なるべくそうなる前に換えた方がいいですけどね。
水量の割に過密で、濾過が出来あがってないとすぐそんな状態になるんじゃないでしょうかね。アンモニア中毒なのか分からないですが。

魚が泳がないで止まった時にあまり流されてなければ水流はいいんじゃないでしょうかね。

健康なのは、起きてる時は上の層で活発に泳ぎまわって餌を探してますね。
底でじっとしてるのは弱ってると思います。
エラを良く見て、魚全体がバクバク呼吸が早いような時は水が汚水化してますね。要換水だと思います。

特定の固体だけがエラがバクバクしてるなら、その固体には何か問題がありそうです。
その呼吸にも早さが色々あって激しい時は重い病気かもしれないですね。
エラ病なのかエロモナス病なのかさ...続きを読む

Qメダカは元気だけど水草がすぐダメになる

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買いました。
(後からネットで見たら、バコパという種類かな?と思います)
店員さんに「買ったポットのまま(土ごと)鉢に沈め、根っこがつかるくらいの水かさを保てばOK」と言われそのようにしていた所、3週間くらいでポツポツ花も咲きました。
が、1ヵ月くらいしたら粉状の(最初は花粉かと思った)大量の虫がびっしり発生し、捨ててしまいました。

その後、別のホームセンターでアマゾンソードというのを購入。
店員に「このまま鉢に全体が沈むように入れる」と言われ行いましたが、1週間足らずで茶色くなってダメでした。

現在は、小さな木に刺さったかわいい水中草(種類不明)を入れてますが、
最近、上のほうの葉が白くなり、下のほうの葉はポロポロ崩れて原型がなくなって来ました。
買った時は赤茶っぽい葉っぱでした。

質問ですが。
メダカが長生きする環境とは思われますが、水草ももう少し長持ちさせたいです。
ただ、肝心のメダカは元気ですし、うちの鉢がインテリア性の高い、かわいい楕円の花器なので、器具をつけたくないんです。
日当たりは抜群の場所に置いてます。

スペースもないので水草を沢山増やしたいほどではないですが、何が不足ですぐダメになってしまうんでしょう?
酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?
(コケは出る前に丸洗いしてるのでいらない気もしますが)
何か具体的な品名で教えていただけると助かります。

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買...続きを読む

Aベストアンサー

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば、日当たり。
部屋の奥側くらいの暗さだと光が足りず弱ってゆきます。多くの水草には日当たりは良い方が向いていますが、直射日光はコケが生えたり水温が上がりすぎたりと水槽としてマイナス面も強いので避けた方が無難です。強い光を嫌う水草もあるので、鉢の置き場所は直射光が入らない窓際などの明るい場所がベターです。
例えば、肥料分。
水草も植物なので肥料分は必要です。光合成では必要な栄養素が摂れません。少量なら魚の糞などが分解されて肥料になりますが、大量にまたは大きく育てたい場合は、魚に害のない水草用の肥料も使います。
例えば、二酸化炭素
植物は、明るい時に二酸化炭素を吸収して光合成をしますので、ある程度の二酸化炭素が必要です。水草が少量なら、飼っている魚の出す二酸化炭素である程度賄えますが、水草が多い場合は昼間だけ人工的に二酸化炭素を添加することも必要です。ちなみに、夜は水草も酸素を吸って呼吸していますが、魚が生きているのなら足りています。

>酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?

この手の物は不要です。効果はほぼありません。
それよりも、鉢の置き場所を水草に合わせる事と、鉢の環境にあった水草を選ぶ事が大切です。条件が合わない水草では枯れるのは目に見えています。まずは、マツモや金魚藻(カボンバやアナカリス)など丈夫な水草を入れてみてはいかがでしょうか。
カボンバはアルカリ性や高温に弱いなどちょっと条件にうるさいところがありますが、うまく合えばメダカの産卵場所にもなりぴったりです。アナカリスは兎に角丈夫で、よほどのことがなければ枯れません。30℃を越えるような高温では弱りますが、それ以外は丈夫で増えすぎるて困るくらいです。

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば...続きを読む

Qメダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

メダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

今日、メダカを飼い始めたんですが
水槽に蛍光灯のライトがついています。

メダカも明るいと寝れないと聞いたので夜は消そうと思うんですが、何時ごろ消せばいいですか?


水槽がある場所は
昼は日光が自然に入るのでライトをつけるのは大体暗くなってからです。



それと
水槽のライトを消していても
部屋の明かりがついてると、メダカは寝れませんか?

水槽がある部屋は
夜中まで明かりをつけていることがよくあるんですが…メダカに影響ありますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家は実に適当なのですが、照明は自分のためと、水草の為です。
外泊するとき消し忘れたら帰って来るまで、点灯したままの時のも有れば、朝点け忘れて暗いままのときも有り、小口モーリーの水槽なんか、稚魚の隠れ家として繁殖しているアメリカンスプライトに、遮られて殆ど明かりの無い状態が、2ヶ月ほど続くことも有りますが、元気です。
明かりには、神経質に成らなくても、大丈夫だと思います。

それより、温度管理と、水質管理が大事です。
他の方と同じですが、窓辺は、温度管理が難しいので、対策が必要かなと思います。

Q1匹だけ強いめだかが…

2週間前から屋外の睡蓮鉢で睡蓮や水草を育て始め、1週間前からその中にめだか(ヒメダカ)を6匹入れました。
めだかの飼育は初めてで緊張しましたが、今のところみんな元気に過ごしてくれています。
そのうち産卵などしてくれたらな…、と思っていますが、6匹のうち1匹がものすごく縄張り意識?が強く、ひとりで鉢の中心でがんばっている感じで、他のめだかが近付くと追いかけ回しています。(よく見ていると、しつこく追いかける時とそうでもない時があるのですが)
何しろ初心者で他の飼育環境をじっくり見たこともなく比較ができないのですが、この威張ってる子はこのまま一緒に飼育しても問題ないものでしょうか?
怪我をさせたりすることまではなくても、こう鉢の中が騒々しいのでは、なかなか落ち着いて産卵する気分にもなれないのではないかと思ったりしています。
それとも、めだかの世界というのはこんなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 完全なテリトリー争いです。メダカは自然界では視野に入らないエリアに達するまで繰り返しをしますし、オス同士の場合では最悪ですと殺し合いになり、メス同士の場合は卵や稚魚を食い殺す場合があります。

 貴方の場合ですが、睡蓮鉢の大きさや匹数によりますが、隔離以外では隠れ場所を作ると問題はありません。隔離の場合では水槽等の引っ越し等はテリトリーを主張するメダカを隔離せずに、他のメダカを隔離し、後からテリトリーを主張するメダカを入れると大人しくなります。

 現在の段階では繁殖を念頭に於いて飼育を考えているならば、繁殖は残念ですが無理です。稚魚の段階では自然淘汰されますので、問題はありません。

Qメダカの卵が孵化しない!

メダカが卵をぶら下げていたので、卵を別の容器に入れて、孵化を待っていたのですが、カビみたいなものが、生えて死にました、なんで死んだのかわかりません、太陽の下に卵をおいていたからなんでしょうか?
早く孵化さしたいんで、一日中、蛍光灯に当てるのもだめなんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありません。

卵の殻は非常にカタイので、水から出してカレンダーなどの厚紙の上で指先でコロコロ転がしながら糸を切ることができます。50個くらいの卵をコロコロ転がすと、かなり大きな糸玉ができますよ。

糸で絡まりあったままの状態で卵を飼っていると、水の通りが悪くなって雑菌が繁殖しやすい状態になります。また、カタマリの真ん中の卵が酸欠状態になります。だから、大きな水槽の中の藻についた卵のように水通りの良い場所なら問題ないのですが、小さな容器に入れて孵化させるときは、付着糸を切って卵をばらばらにした状態で飼います。
メチレンブルーは雑菌の繁殖を抑えてくれます。水がほんの少し青っぽくなるくらいの量で十分です。生きている卵はメチレンブルーに入れても透明なままですが、死んだ卵は真っ青に染まりますので、見た目で生死がすぐに判別できるようになります。

太陽の下におくと、今の時期なら水温が上がりすぎますので、卵が死にます。
直射日光の当たらない部屋の中に置いておけば大丈夫。光を当てても当てなくても、あまり関係ありません。
温度が安定していれば、真っ暗でも早く孵化します。

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありま...続きを読む

Qメチレンブルーの使い方について

飼って数週間のネオンテトラに白点病がみられました。
背びれや尾ひれにぽつぽつとある状態ですが、
10匹中7匹近くは感染してるようです。
そこで、メチレンブルーを投薬することにしたのですが、水槽が小さいので、薬の量が適正かどうかわかりません。
60リットルに対して、10ミリリットルなので、うちの水槽はでは0.2ミリリットルくらいしか入れてはいけない計算になるとおもいます。

もし、メチレンブルーの量が多かった場合、魚は死んでしまいますか?

Aベストアンサー

私は水槽3つ管理してやってます。初心者時には対処できず苦い経験もしました。生き物の飼う以上、飼う責任がありますからね。質問者様の苦労もわかります。頑張ってください。自分のわかる範囲でもお答えしたく回答した次第ですから・・・
その後はいかがですか?
砂利は青く染まっても問題はないですが、最終的に取り出して、米を研ぐみたいに洗ったほうが良いですね。どういうものを使用しているかはわかりませんが、砕けるようであれば、軽く洗い落としましょう。水槽内の美観もありますからね。
ブルーレットの色を覚えておき、水交換時はその濃さよりも薄くし、様子をみましょう。
水槽は直射日光が当らない所で、温度差がない所に置いてください。

Qめだかの転覆病?

朝どうもなかっためだかが、夜、帰宅して見ると
体を横にしてきりもみしていました。

その1匹だけ、別の入れ物(料理用のメジャーカップ)に移し、
手元にあったグリーンFを少し垂らして様子を見ているのですが
一向に状態が元に戻りません。
ネットで検索してみたのですが「転覆病」というのでしょうか、
体を水平に保てず、横になった状態です。
お腹がぷっくり膨れて、横になっているからか
他のめだかに比べて目が飛び出ているようにも見えます。
その状態でくるくる動き回り(かなり激しく)、
しばらくするとくたっと体を横にして浮いています。
そしてまたしばらくするときりもみするようにくるくる動き回ります。

水温を上げる、絶食させるなど回答例がありましたが、
どの程度どれほどすれば良いのでしょうか。
決定的な治療法?というのがないようなのですが、
えらを激しく動かせてきりきりしている状態を見ているのは
可愛そうで何とかしてやりたいのですが。。。

「ココア浴」というのもありましたが、これは実用性はどうでしょうか。

よろしくお願いします。

朝どうもなかっためだかが、夜、帰宅して見ると
体を横にしてきりもみしていました。

その1匹だけ、別の入れ物(料理用のメジャーカップ)に移し、
手元にあったグリーンFを少し垂らして様子を見ているのですが
一向に状態が元に戻りません。
ネットで検索してみたのですが「転覆病」というのでしょうか、
体を水平に保てず、横になった状態です。
お腹がぷっくり膨れて、横になっているからか
他のめだかに比べて目が飛び出ているようにも見えます。
その状態でくるくる動き回り(かなり激しく)、
...続きを読む

Aベストアンサー

心配すると色々な所がおかしく
見えてきますよね。
まずは落ち着いて、症状をよく確認します。
目が出ていて、横たわる・・・となれば
転覆病とポップアイの併発になるので、
両方ここではふれておきますね。



■症状・・・
転覆の可能性もあり、目が出ているなら
ポップアイの可能性もあります。
メジャーカップでは水量が少ないので
バケツぐらいの器に隔離させましょう。

■ポップアイの様なら・・・
グリーンFでもOKですが、もう1段階
強い薬が「パラザンD」です。
メダカということで薬は箱に書いてある
規定の量より、ちょい少なめに入れて下さい。
同時に塩を0.5%~ぐらいになるように
水に溶け込ませると効果的です。

■転覆病であれば・・・
絶食させてみてください。
症状がまだ軽ければ1~2日でおさまる時もあります。
ただ、転覆病の場合は治るのが難しく、
再発性の高い病気です。
「治っても再び転覆したら絶食で戻す・・・」
というように、うまく付き合っていくものだと
思っておいたほうが無難でしょう。
こちらも一応、塩を0.5%~ぐらいになるように
水に溶け込ませておきましょう。

■水温・・・
市販の魚病薬に含まれている薬効成分は
25℃前後の水温のときに最も高いことがわかっています。
20℃以下や30℃以上になると効率が落ちますので、
薬浴をするときには水温のコントロールをすることで
効果を高めることができます。

■ちなみに・・・
メダカがぐるぐると狂ったように泳ぐのは
「カルキ抜きが十分でない」時に起こります。
温度や水質の中和具合を一度、確認しましょう。


もっと症状が性格に判断できれば
的を絞った回答ができたのですが、
書き込み内容で色々な判断・可能性が
ありましたので、各面でふれときました。

最後に・・・ココアは実証性がないので却下の方向でww

心配すると色々な所がおかしく
見えてきますよね。
まずは落ち着いて、症状をよく確認します。
目が出ていて、横たわる・・・となれば
転覆病とポップアイの併発になるので、
両方ここではふれておきますね。



■症状・・・
転覆の可能性もあり、目が出ているなら
ポップアイの可能性もあります。
メジャーカップでは水量が少ないので
バケツぐらいの器に隔離させましょう。

■ポップアイの様なら・・・
グリーンFでもOKですが、もう1段階
強い薬が「パラザンD」です。
メダカということで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング