の字の表示方法を教えてください
「草」において「早」を「利」に置き換えた字です
またこの字は何と読むのでしょうか?

A 回答 (4件)

「り」の変換候補にでませんか?

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
「り」で出てきました

お礼日時:2006/02/02 12:17

音読みで、リ、ライです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/02/02 12:19

「莉」ですよね。


これは「り」と読みます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/02/02 12:19

「り」で変換されませんか?



音訓は「リ」です。
昭和56年に人名用漢字の別表54文字の中に追加されている漢字です。
茉莉←これで「まり」と読む例が多いようです。
女優さんで岡田茉莉子という方が居ます。
他には、茉莉花=ジャスミンの一種。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます

お礼日時:2006/02/02 12:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q草冠+貫 でなんという言葉になるのか教えてください

栗の(草冠+貫)とありますが読めません。調べてみましたが調べようにも読み方もわかりませんし草冠+貫で調べても出てきません。

あまりに常識なのかもしれないのですがわかりませんので

草冠+貫 でなんという言葉になるのか教えてください

Aベストアンサー

「今昔文字鏡」という漢字検索ソフトで調べたら、「国字」であり、訓読みが「つらなくさ」であると書かれています。

以下のサイト(真ん中あたり《1585》番)にも、「ツ良奈久佐」と、もう一つ「タチマツル」という読み?意味?が記載されてあります。
「タチマツル」が何なのかよく分かりませんが(「ツル」は「鶴」?「蔓」?)、「ツ良奈久佐(つらなくさ)」の方は「くさ」と付くところをみると、植物の名前でしょうか……?

http://homepage2.nifty.com/TAB01645/ohara/p15.htm#b140

いずれにしても、「栗の■」の■の部分に入れて意味が通じるとは思えません。

「栗の■」と書かれていたなら、先に回答がありますが、《うかんむり》の「實」なのでは?
「實」なら「実」の旧字ですから「栗の実」で意味が通じます。

Q「H」 ←これなんて読みますか? 「sex」や「ハレンチな」など以外の普通の意味でHを読むとき何と読

「H」 ←これなんて読みますか?


「sex」や「ハレンチな」など以外の普通の意味でHを読むとき何と読みますか?

例えば、水素の元素記号はHです。
「エッチ」と読みますか? 「エイチ」と読みますか?

ちなみに私は「エイチ」派です。 「エッチ」というとエロく聞こえます笑


あと、答える際は 年齢と住んでいる地域を教えて下さい。

Aベストアンサー

エイチ。中部です。

Q草冠に「容」という字はありますか?

草冠に「容」という字はありますか?

Aベストアンサー

ありますよ --> 芙蓉(ふよう)の花

Q漢字について 「酒」という字についてなのですが 字の流れ的に「せ」と読む事はルール的に出来るのでしょ

漢字について


「酒」という字についてなのですが
字の流れ的に「せ」と読む事はルール的に出来るのでしょうか。
漢字について詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

《音訓》シュ・さか・さけ
《名乗り》さか・さけ・み

せ・・ではなく み  ならよさげみたいです。

Q薔薇の「薔」の草冠がない漢字の読み方

タイトルどおり、薔の草冠が無い字の読み方がわかりません。
音読み、訓読み、両方あれば知りたいです。
悩んで夜も眠れません。

Aベストアンサー

 こんぱんは。
嗇と書いて、音読みでは「ショク」訓読みでは「お・しむ」と読みます。「吝嗇漢:リンショクカン(ケチな人間)」などの表現用例もあります。

Q「七擒七放」―この四字熟語は何と読みますか?

吉川英治著『三国志』(講談社文庫)にこの語が出てきますが、何と読めばいいのでしょか?辞書には載っていませんでした。これは、蜀が南蛮王孟獲に辺境を侵され、諸葛孔明が50万の大軍を南下させた時、孔明が孟獲を7回擒人(とりこ)にして7回解放し、ついに孟獲が孔明の懐の深さに感銘を受けて軍門に下るという場面があり、「七擒七放」の故事はこの遠征に由来するそうです。

また、Googleでも調べましたら、他にも「七捉七放」や「七擒孟獲」という語もありましたが、中国語のサイトなので、どういうつながりがある語なのか分かりません。ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

調べてみたのですが、やはりこのままの四字熟語は吉川英治関連しか見つかりませんでした。
一般には「七擒七縦」(しちきんしちしょう)という読みの四字熟語が使われるようです。
なので「しちきんしちほう」となるのではないかと思います。

参考URL:http://ww5.enjoy.ne.jp/~hajime.hunt/4moji.htm

Q草冠に末 ま、以外に何て読むの?_

まなかなちゃんの、まって字なんですが辞書等で探しても 草冠に末って変換できないんです。知ってたらおしえてください。

Aベストアンサー

「茉」←これのことですか?
「まり」で変換すると出てきます。

Q「譲」と「喪」の下の部分の「衣」という字の「ノ」がついている字と付いて

「譲」と「喪」の下の部分の「衣」という字の「ノ」がついている字と付いていない字があります。
どんな意味づけがあるのでしょうか。あわせて覚え方を教えてください。

Aベストアンサー

「ノ」がついているものの多くは「衣」という字を含んでいます。「衣」は着物(中国のですが)の特に襟のところをかたどった象形文字で、楷書の書体で現代のような形になりました。
その襟のところは少々大げさに書けば「∧∧」のような形で合わせ目を表現していたため、楷書でも合計四本の線があるわけです。

表 < 衣+毛(ひらひらする上着。おもてに着るもの)
衷 < 衣+中(内側に着る肌着。内側)
裏 < 衣+里:音を表す)(着物の裏)
裳 < 衣+尚:音を表す)(もすそ)

哀 < 口+衣:悲しみの声を読みの近い文字で表したもの)(かなしい、あわれむ)※ころもとは関係なく「衣」は読みだけのため

しかし「譲」のような複雑な形声文字で、読みを表す部分に「衣」があってもそれは単なる発音記号のそのまた一部で、「譲」の意味に「衣」を求めることは不可能です。もちろん#1で言われているように読みを表す「襄」の成り立ちまで踏み込めばなぜ「衣」があるのか納得することはできますが、それは実用とはまた別のことです。

「喪」「長」などはもともと「衣」とは関係ないところから発達したもので、楷書でたまたまよく似た形になったものです。

「ノ」のない方が少ないですからそちらを間違えないように重点的に覚えればいいと思います。

「ノ」がついているものの多くは「衣」という字を含んでいます。「衣」は着物(中国のですが)の特に襟のところをかたどった象形文字で、楷書の書体で現代のような形になりました。
その襟のところは少々大げさに書けば「∧∧」のような形で合わせ目を表現していたため、楷書でも合計四本の線があるわけです。

表 < 衣+毛(ひらひらする上着。おもてに着るもの)
衷 < 衣+中(内側に着る肌着。内側)
裏 < 衣+里:音を表す)(着物の裏)
裳 < 衣+尚:音を表す)(もすそ)

哀 < 口+衣:悲しみの声を読...続きを読む

Q「草冠+刈」と「酋+大」の漢字を教えてください。

プリントを作成しているのですが、漢字が読めず困っています。

1つ目は、草冠に「刈」という漢字で、
二つ目は「酋」という漢字の下に「大」が組み合わさったものなのですが、教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

「苅」
音・ガイ
訓・か(る)
「奠」
音・テン、デン
訓・まつる、そなえる、さだめる

(『漢字必携 一級』より)

あと、頻繁にプリントを作成するのなら、漢字の辞書くらい手元に置いておくことをお勧めする。

Q「おいて」と「ついて」の使い方

文章を書くときの
「~について」と「~において」の使い分けがよくわかりません。
同じと考えていいのでしょうか?
厳密に言えばちがうような気がするんですが。
どうなんでしょ?

Aベストアンサー

再度お答えします。

「結局、「において」と「について」はどっちを使っても同じ場合があるということでいいのでしょうか」というご質問への回答は、「同じ」をどう解釈するかによるでしょう。

例えば、「ウサギは耳が長い」と「ウサギの耳が長い」は、大体同じことを言っています。普通の人に、それぞれの文が表していることを絵に描かせたら同じになるでしょう。しかし、後者では助詞「の」が、「ウサギ」と「鼻」の間に「ウサギが鼻を所有する」という関係があることを示しているのに対し、前者にはそれがなく、「ウサギ」と「耳」の関係は明示されていません。それと同じような違いは「について」と「において」の間にもあります。

「東京においては地価が高い」という場合、「地価」が「東京」という場所のものであることが示されているのに対し、「東京については地価が高い」では、「地価」が「東京」に関係するものであることは漠然と分かりますが、それ以上のことは不明です。

「彼が彼女にプレゼントをあげた」という文において、助詞「も」は、この文の「が」、「に」(「彼は彼女に<も>プレゼントをあげた」)、「を」の位置に置換または挿入できます。助詞「は」も、「が」「に」「を」の位置に置換または挿入できます。「について」という表現も、色々な助詞の位置に置換または挿入できるという点で、「も」や「は」に似ています。そして、「も」を置換または挿入した場合、英語のalsoのような意味が付加されます。

要するに、「において」が「について」に替えて意味が通る場合があるとしても、それによって表される意味には若干の違いがあるということです。

再度お答えします。

「結局、「において」と「について」はどっちを使っても同じ場合があるということでいいのでしょうか」というご質問への回答は、「同じ」をどう解釈するかによるでしょう。

例えば、「ウサギは耳が長い」と「ウサギの耳が長い」は、大体同じことを言っています。普通の人に、それぞれの文が表していることを絵に描かせたら同じになるでしょう。しかし、後者では助詞「の」が、「ウサギ」と「鼻」の間に「ウサギが鼻を所有する」という関係があることを示しているのに対し、前者にはそれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報