日本赤軍の重信房子についてなのですが、この人達はイスラエル人に感謝されていますが、具体的にどのようなことをしたのでしょうか?いまいちよくわからないので教えてください。あとブラックセプテンバーも存在しましたが、この人達との繋がりもあったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんばんは。



 彼女はユダヤ人からは憎まれています。しかしパレスティナ人からは支持されているでしょう。

重信房子 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E4%BF%A1% …

日本赤軍 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …

ブラックセプテンバー : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84% …

 なお、日本赤軍とブラックセプテンバーはパレスティナ極左過激派組織パレスティナ解放人民戦線(PFLP)を通じ関係を有していたと推測されます。

>>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あろがとうございました。とても役にたちました。

お礼日時:2006/02/03 10:51

北朝鮮や社民党とお友達ですね。

    • good
    • 0

>この人達はイスラエル人に感謝されています



逆ではないでしょうか?
というのは、日本赤軍はイスラエルのテルアビブ空港で、イスラエル人に対して無差別テロを起こしました。

その時の、犯人の中の唯一生き残った「岡本公三」はイスラエルの裁判で、終身刑を受けています。
アラブ人(アラブゲリラ)が、日本赤軍を敬愛するのはわかりますが、イスラエル人に感謝されているというのはわからないですね。

無限回廊 日本赤軍テルアビブ空港事件
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/teru.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですね。ありがとうございました。もっと勉強します(笑)

お礼日時:2006/02/03 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラック省認定のブラック企業のブラック度!?

ブラック企業の親玉の厚生省にさえ「ブラックじゃね?」と思われてしまうブラック企業って、どこまでブラックなのでしょうか!?

ブラック省が認定するブラック企業にどこまで意味があるのか分かりませんが、ヒットマンの影武者を逮捕して、裏社会のボスを救うみたいなもんなんですかね!?

ブラックと言われたくない大企業から影武者の用意要請とかあったのでしょうか!?

Aベストアンサー

  2013 ブラック対象の企業を認定すれば・・・まじめにやっていると認めて上げよう


 http://blackcorpaward.blogspot.jp/


 ちなみに大賞は

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-03/2013080314_02_1.html


 影武者て上の人ですよ

Q日本赤軍の犯行動機

 当時、まだ生まれてなかったので、時代の空気感や日米安保問題などの国際摩擦など、わからない点もたくさんあるんですが、日本赤軍の反抗動機として
 「このまま就職して普通の大人になりたくない」
 という稚拙さがないでしょうか?
 
 それとも、本当に真剣に社会の幸せを考えた政治思想が反体制になってしまったので、武力行使で体制を壊そうとしたのでしょうか?

Aベストアンサー

当時学生運動をしていたクズ共に「真剣に社会の幸せを考えていた」者など一人としていません。
要するに単なるファッションです。
こういう事をやっていれば世間は自分達を「かっこいい」と見てくれる、マルクス主義を論じていれば周りのみんなは自分を「進歩的知識人」と認めてくれる、-と思っていた、下らない、どうしようもない、犬の糞以下の存在価値すらない、勘違い野郎に過ぎません。
当時の学生でも左翼思想に汚染されないのが普通であり、その方がまともな知能と判断力を持っていたと言えます。
今のものさしであろうが、当時の三角定規であろうが、サヨクなどというのは生きる資格すら認める必要のない、最低の汚物以外の何物でもありません。

現在は大学を出てもなかなか就職できない状況ですが、当時の大学進学率は全体の約15%程でいわばエリートです。
大学に入ってさえしまえば就職は何とかなってしまった連中なんです。
だから在学中は好き勝手な事をして、いざ就職する時には何食わぬ顔で就職し、後は年功序列に乗っかりそれなりの地位まで上るのは最初から織り込み済みです。
もちろん学生運動にのめり込み過ぎて、就職も出来ずどんどん汚物としての人生を歩んで行く者もいますが、こいつらはこいつらで、さも自分達は社会に影響を与えたと勝手に思い込み「今の若者は怒りを忘れている」だの偉そうな事をほざいているわけです。

まあ自分達は自分の人生を「良かった一生」と思っているのでしょうね。
自分がええ格好したいが為に、他人や社会に多大な迷惑を掛け(時には人殺しまでして)それで世間は自分達を認めてくれていると自惚れている訳です。
正に最高の人生でしょうね。

当時学生運動をしていたクズ共に「真剣に社会の幸せを考えていた」者など一人としていません。
要するに単なるファッションです。
こういう事をやっていれば世間は自分達を「かっこいい」と見てくれる、マルクス主義を論じていれば周りのみんなは自分を「進歩的知識人」と認めてくれる、-と思っていた、下らない、どうしようもない、犬の糞以下の存在価値すらない、勘違い野郎に過ぎません。
当時の学生でも左翼思想に汚染されないのが普通であり、その方がまともな知能と判断力を持っていたと言えます。
今...続きを読む

Q学生運動・赤軍派の本音

 伊勢崎賢治さんが戦争で兵士として戦っている子供の心理として「若者にとって暴力はセクシーで魅力的」とファッション性を挙げています
 正直、団塊の世代の学生運動・赤軍派においても、当時の共産主義思想の台頭があったものの、ファッション性が強く本音にあると思わずにはいられません。

 あの運動から月日は流れ、刑期を終えて出所した人・獄中にいる人・何十年も逃亡を続けた人、様々いますが当時を振り返って
 「結局は暴力・反体制の自分たちに対する陶酔。生活に何も不満を言わず、黙々と生きる平凡な人生に対する拒絶というファッション性に支配されていた」
 という本音をポロリを出している方はいないのでしょうか?

Aベストアンサー

子どもは大人の真似事をしているだけなのですけどね。
戦場で育てば余程でない限り暴力的になる。
暴力以外にファッション性が無い世界で育てば想像に難くないと思います。

単純に、それ以外にエンターテイメントが無かった。程度です。

Q連合赤軍って今どこにいるの?

タイトルのとおりです。
教えてください

Aベストアンサー

1 塀の中
 坂口弘、永田洋子ら幹部は”総括”を起こした妙義山中からあさま山荘事件終結までに逮捕、それぞれ判決を受けて収監されています。

2 塀の外
 浅間山荘に立て篭もった加藤倫教氏は有期刑を受けた後出所しました。文筆やNPOなどをしているようです。また、浅間山荘に立て篭もった中に一人だけ少年がいました。少年法によって保護され少年院経由で娑婆にいます。こちらはテレビ出たところを見た記憶が。
 ふた昔も前のことですし、捕まって有期刑の判決を受けたメンバーは概ね出てきていると思います。

3 国の外
 あさま山荘でリーダー役であったと目される板東国男は日本赤軍が起こしたハイジャックにより「超法規的」に塀の外に出ています。多分パレスチナあたりにいるのではないでしょうか。

以上概略ですが。

なお、よど号犯ですが、彼らは連合赤軍結成以前に北朝鮮入りしています。

Qイスラエルとパレスチナの問題

現在もイスラエルとその周辺とで激しく争っていますが、なぜあのように争っているのでしょうか?
正直、これまで分かっているつもりで全く分かっておりませんでした。
よろしければなるべく分かりやすくかいつまんで教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

宗教絡みで捉えると、ややこしくなるだけです。
単純な話は下のとおりです。

1、第二次世界大戦の前にヨーロッパ全域にユダヤ人がたくさん住んでいました。
一次大戦後の”民族自決主義”の名の下にヨーロッパのそれぞれの民族はそれぞれの国家を持ちましたが、
ユダヤ民族は国家を持てず、たくさんの国々に散らばって住んでいました。
そして、各国々で程度の差はあれ、少数派ゆえ、嫌われ、迫害されていました。
そんな中で”民族の伝説のふるさとイスラエルに帰ろう”というシオニズム運動が発生しました。
2、一方、パレスチナの地には今のパレスチナ難民の皆さんが長年住んでいました。
英国の植民地となっていましたが、大した資源も産物も無く、貧しくも平和に暮らしていました。
3、迫害やシオニズム運動の影響もあって、ヨーロッパからパレスチナに移住するユダヤ人が増えてきました。
パレスチナ人から土地を買って住み着き出したのです。
4、第二次世界大戦が始まり、ユダヤ人の大富豪たちは英国に協力しました。
見返りに、戦後に、ユダヤ人国家の建国を約束させました。
英国人にとって辺鄙な中東の土地など、どうでも良かったのです。
また欧米のマスメディアに影響力のあったユダヤ人は、
ナチスドイツによるユダヤ人迫害を数倍、数十倍に誇張することにより、
世界的な同情を引くことに成功しました。
(実は”アウシュビッツ”や”アンネの日記”の話はかなり怪しい)
5、大戦終結後、ユダヤ人は”イスラエル建国”を宣言します。
欧米諸国は賛成しました。米国ではユダヤ人資本の力が強かったし、
英国はユダヤに借りがある。
他のヨーロッパ諸国は”厄介払い”が出来ると考えたのです。
アラブ諸国はパレスチナ人の味方をして、これに反対しましたが、当時は力がとても弱かった。
それでもパレスチナ人を救うために戦いますが、
第1次~4次の中東戦争はアラブ側の負けに終わってしまいました。
そんな過程のなかで、古くからパレスチナに住んでいた人たちは迫害され、貧しい生活を強いられています。
”話し合い”が通用しないので武力に訴える人が増えてしまうのは自然の流れです。

パレスチナ人は”自分の土地を取り戻し、安全で自由に生活したい。”
イスラエル人は”ココを追い出されたら行く場所が無い。”
と考え、必死になって戦争をやっているのです。

宗教絡みで捉えると、ややこしくなるだけです。
単純な話は下のとおりです。

1、第二次世界大戦の前にヨーロッパ全域にユダヤ人がたくさん住んでいました。
一次大戦後の”民族自決主義”の名の下にヨーロッパのそれぞれの民族はそれぞれの国家を持ちましたが、
ユダヤ民族は国家を持てず、たくさんの国々に散らばって住んでいました。
そして、各国々で程度の差はあれ、少数派ゆえ、嫌われ、迫害されていました。
そんな中で”民族の伝説のふるさとイスラエルに帰ろう”というシオニズム運動が発生しました。...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報