このたび、自宅が、市の区画整理に引っかかり、家を建て替えることになったのですが、下手の業者に依頼すると、欠陥住宅にも成りかねないので、慎重に業者を選びたいと思うのです。そこで3つほど質問いたします。
(1)業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
(2)契約する際に気をつけなければいけないことには、どんなことがありますか。
(3)実は、親がある業者と接触して、新築予定の我が家の部屋の構図(見取り図)を営業担当者が持ってきたのですが、その際にそれを書いたと思われる設計士吐きませんでした。業者が見取り図を持ってくるときにそれを書いた設計士が来ない(又は説明に同席しない)のは、変なことですか。怪しいですか。
 皆様からのアドバイスをよろしくお願い致します。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

建築業者を選ぶことは魚屋で生きの良い魚を選んだり、八百屋で新鮮な野菜を選ぶように「コツ」があるわけではありません。


必ず「当たり外れ」があります。
一般的に私がお薦めする建築方法は「建築設計士主導型」なのですが、これとて設計士に当たり外れがあります。
最も確実な方法は、施主が建築の基礎知識を身に付けることです。
数千万円の買い物をするにもかかわらず、他人任せの施主が多いのには驚かされます。
良質の家を建てるために必要な素人向けの教則本は多く出版されていますので、そのうちの2・3冊を熟読するだけでも十分な知識が得られます。
まずは、基礎知識を身に付けてください。
その上でのアドバイスとしては、
(1)業者選び
・価格にばかりこだわらない
・周辺環境との調和に意識が向いている
・インテリアより基礎、屋根、断熱など住宅の骨格部分に配慮している
 (もちろんインテリアも重要だがこれはインテリアデザイナーの分野)
(2)契約に際して
・本体工事とオプションを明確にする
・建築工程の確認
(3)設計士の同席
工務店主導の建築では一般的なことです。
個人の意見としては、営業マンと図面を元に話をすることはお薦めしません。
営業マンは図面を読むプロではありませんから、素人同士の打ち合わせになってしまうからです。
設計士主導型の建築をお薦めする利点はここにあります。
施主の知識の不足を設計士に補ってもらうという考え方です。
工務店や大工さんでもあるていどの設計はできますが、情報の範囲に限があり施主の望み通りの住宅が出来上がる確率は、設計士に依頼した時よりも低くなる傾向にあります。
多くの建築士の建てた住宅をいろいろと見せていただいて、その中から自分の意識に合致するもの作りをしてくれる「人」を選ぶやり方が間違いが少ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かくアドバイスしていただき誠にありがとうございました.今後の参考に致します.

お礼日時:2002/01/18 11:28

設計事務所を主宰する者です。


設計者が同席しないのは、設計事務所が下請けの立場だからです。そうとう安い下請け料で設計を依頼されているため打ち合わせにまで出席すると赤字になってしまいます。
また良い設計者でお客様から気に入られてしまい、施工業者抜きで話が進むと、施工業者は困るからです。
本来お客様と設計者が主導で設計を進め、出来上がった図面を元に何社かの施工業者に見積もってもらい。
安くて、信頼のできる施工業者を選んでゆきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご指摘いただきありがとうございました.情報提供ありがとうございます.

お礼日時:2002/01/18 11:29

建築屋です・・m(__)m



確かにあってはならないことですがクレームの付く住宅も実際にありますね。
ですので、あくまでも参考までにですが・・

(1)
大手ハウスメーカでも、地元の工務店でもそうですが、「口コミ」の信頼性は確かなモノです。
悪い噂はアッと言う間に広がりますから、その中でも『良い評価の口コミ』がつく
会社は信頼して良いと思います。
友人や親戚周りで情報を収集すると良いと思います。

(2)
契約時には図面も提出されるので、契約段階で自分の思っている仕様になっているか
どうかの確認が必要です。。足りないのに気づいて「追加工事」となると若干割高に
なるので(工程の調整や材料、職人の調達などの理由)余計な出費になりかねません。
あとは、工事中の近隣対策についてや各下請け業者のリスト等も明確にしておくと良いでしょうね。

(3)
これはウチでも設計事務所は契約時か契約するのが前提の打ち合わせの段階で明らかにしてます。
理由は設計士を束縛させないためです。
設計元が明らかになると、契約前に直接接触されたりして設計事務所の他の業務に支障が出る場合があるのでこれは伏せています。
ただし自分で図面を書いた場合は自分で打ち合わせしますが。。
あくまでも設計事務所には『設計・管理』をウチの場合は依頼してるので確定で無い場合には遠慮頂いております。m(__)m

>ココから本音(おぃおぃ
ぶっちゃけた話し・・設計事務所が嫌がる場合があるんですよね・・・(-"-;)
あの人達『金にならんことはやらん!!』ってスタンスの人が多いので、確定前に
施主に接触するのを面倒臭がるんですよ。。
(○○工務店は××円で見積を出してるが、あんたのところはいくらで見積もってるの? って聞く人もいて困るそうです。)

ですが、例外的に積極的に施主に会う設計士もいます。
設計士が熱心で施主を納得させて仕事が決まった事もありますから(笑)

ですので(3)に関してはケース・バイ・ケースでしょうね。

出来るだけ信頼の置ける工務店さんを見つけて素敵な家を建ててくださいね。

以上ご参考までにどうぞ・・m(__)m 
(一般には当てはまらないかもしれないので「自信なし」にしときます・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 親切なご回答どうもありがとうございました. 参考にさせていただきます.

お礼日時:2002/01/18 11:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一級建築士と二級建築士の違い?

建築家に住宅の設計(一戸建て、2階建、60坪、たぶん木造)を依頼したいのですが、一級建築士と二級建築士では、やはり知識やノウハウの差があるのでしょうか?ちなみに検討している候補の一人は二級建築士なのですが、デザイン性はかなり優れていて、感性も十分共有できるし、信頼できそうなのですが、「二級」の肩書があると、どうしても「一級」と比べてしまいます・・・

Aベストアンサー

1も2も持っています。
確かに1を持っている人の方が「偉そうには」見えるでしょう。
図らずも自己暗示が働きそんな臭いを発する様です。
「君の血液型はAだ」と診断されると俗に言うAっぽい特徴にばかりに目が行き、果てはそんな性格傾向がより出易くなるのに似ていますか、そんでもって「診断間違いでした、AB型でした」、なんて事になると今度はABっぽくなる・・・・ああ!書いていてつくづく馬鹿馬鹿しい。

本題に戻ります、実力とは「全く」別物だと思って下さい。
はっきり言って自邸の設計のイロハのイすら出来ぬ一級などごろごろ居ます。(近くに居りまして・・・)
特に営業に回されればもう仕方の無い事です、責める事は出来ないと感じます。

実際建築士の本当に力を発揮できる領分は「おもちゃを作る事」だと思うんですよ。
型にはまらぬ空間を、外観を構成する事。
構造的、設備的な専門に特化した無理は一定の割合で存在する学級タイプの建築士や監督にサポートしてもらう。

現場に入れば完全な調整役になります。
よくは分からぬ専門的難題を専門家集団で解いていく訳ですがそのコンダクターが建築士(監理)となる訳で、ぶっちゃけそこで少しづつ専門知識のさわりを覚えていく事でちょっとづつ大人になっていく、それが大方の建築士の有り様であり、また、それで良いと思うんです。

とにかく頭でっかちの建築士に面白い物は出来ません、ですから1だろうが2だろうが知識はほどほど、センスと僅かな押しの強さがあれば特級建築士になれると思いますよ。

時間が無くてめちゃくちゃだ、御免ねー。

1も2も持っています。
確かに1を持っている人の方が「偉そうには」見えるでしょう。
図らずも自己暗示が働きそんな臭いを発する様です。
「君の血液型はAだ」と診断されると俗に言うAっぽい特徴にばかりに目が行き、果てはそんな性格傾向がより出易くなるのに似ていますか、そんでもって「診断間違いでした、AB型でした」、なんて事になると今度はABっぽくなる・・・・ああ!書いていてつくづく馬鹿馬鹿しい。

本題に戻ります、実力とは「全く」別物だと思って下さい。
はっきり言って自邸の設計のイロハの...続きを読む

Q設計業者2件。1件絞りこみの断り方

設計業者を2件あたっています。
設計に際して、あら見積もりがお互いから仕上がりました
だいたい建築面積は同じくらいなのだけど、
1件はローコストに強い業者・センスの相性が合う
1件はローコスト住宅は手がけた事のない・センスの相性イマイチ
2件の差と言えば、500万の開きがあります
なのですが、コレだけでみれば簡単に断れそうなものなのだけど
センスの相性イマイチの業者は、旦那の親戚にあたる業者になるので....(困)
どー考えても、ワタシ達夫婦の求める住まいとはかけ離れているし、そのうえ高価ときたので、ワタシ達の住まいの問題ですしローンを払っていくのも自分達(当たり前ですが)ちょっとお願いできないね~とゆー話しに一致しているのだけど
親戚なだけに、お断りにとても勇気がいるので
良いアドバイスがないかと聞かせてほしいのですが
もしかすると背中を押してくれる誰かを探しているのかもしれません...(´ε`)

Aベストアンサー

いくら親戚とはいえ、高価な一生の買い物です。
「予算が合わない」といえば気にする事ありませんよ。
でも、断った場合、きっと必ず、
「では、予算に合うようにもう一度見積もって見ましょう」
と言われると思います。
やはり、「センスの相性イマイチ 」とは言えないので、
「私の好みとちょっと違うので」ときっぱりことわりましょう。
相手も商売ですし、ただで作ってもらうわけでもないのだから、気持ちを大きく持って、はっきり断りましょう。あやふやではお互いよくないです。
ガンバ!!

Q一級建築士の二級建築士事務所登録について

 現在、私は二級建築士で、二級建築士事務所の管理建築士をやっております。そこで質問ですが、将来、一級建築士の資格を取得して登録したら、建築士事務所も一級建築士事務所にかならず登録しなければならないのでしょうか?
 それから、確認申請等に添付する建築士の免状の写しも一級建築士の免状の写しを添付しなければならないのでしょうか?(二級建築士の免状ではダメですか?)
 要するに二級建築士がその後、一級建築士試験に合格して一級建築士の登録をしたら二級建築士の身分のままではダメかということが知りたいので宜しくお願いします。
 (二級建築士の資格を消失して一級建築士になるのか?それとも二級建築士でもあり一級建築士でもあるということなのか?という事です。)

Aベストアンサー

建築士事務所登録は、上位資格で登録する事が原則です。
一級建築士の資格を取得して免許登録したら、直に登録しなおすようにして下さい。
詳しくは、所轄の都道府県建築確認審査機関へ問い合わせて下さい。
上位の資格があるのに、下位の資格のまま仕事をする事は、建築士法違反となります。
ご参考まで

Qリフォームは建てたメーカーで?それとも違う業者でもOK?

ミサワホームで6年前に家を建てました。

今度、リフォームして二世帯にしようと思っていますが、
ミサワは「高い」とよく聞くのですが・・・。
本当の所どうなんでしょう?

そこで、ミサワと近所のリフォーム専門の業者さん両方見積もりを頼もうと思っています。

でも、聞いた所によると、ミサワは他の業者さんがリフォームなどをして手をつけたら、住宅の○年保証とかいうのがなくなってしまうと・・・。
どこの住宅メーカーも10年保証とか新築する際、そういう感じでアピールしてますよね・・・。

ということは、無難にミサワにリフォーム頼んだほうがいいのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

お手元に図面(平面、立面、展開図、構造関係のわかる図面など)はありますか。詳細な図面なしにハウスメーカーの仕様に熟知していない業者にリフォームを任せると、構造が弱くなったりして、様々なトラブルの元となりかねません。
近所のリフォーム専門の業者さんがミサワの物件の経験があるか、確認した方が良いと思います。
ミサワのようなパネル式の住宅の場合、壁を一つ抜いても構造が弱くなったりすることがあります。したがって、勝手に、リフォームをして家がゆがんだり、雨漏りがしたりしても、ハウスメーカーは保証してくれなくなるのが普通です。
リフォーム会社の保証は、リフォームした部分に関する不具合があった場合への保証であって、構造に関する保証はしてくれないと思います。また、リフォーム会社が倒産した場合には保証は当然なくなります。
私なら、ハウスメーカーの保証期間内のリフォームなら、ハウスメーカーを通すと思います。ただし、価格交渉では、他の業者の価格も参考にするでしょうけど。

Q一級建築士と二級建築士

戸建て新築(木造SE工法2階建)を検討しています。 某工務店と既に間取りプラン・カーテン・照明・金額の詳細を合意しておりますが、契約直前の今になって、今まで担当されていた一級建築士の方が個人的な事情から2月一杯で会社を退職するとの理由で、後任の設計士を紹介いただきました。
後任の設計士は二級建築士で、設計士の経験は15年程度とのことですが、二級建築士でも問題ないのでしょうか? SE工法であれば、SE側が構造計算をしてくれるので、構造そのものは心配ないかもしれませんが、やはり詳細設計に展開していく上で、一級と二級の差が出てくるのでは?と不安です。 専門家の方のアドバイスをいただけますか?

Aベストアンサー

一級建築士と二級建築士の違いというよりは、SE工法を理解しているかどうかだと思います。
インタ-ネットで調べたら、木骨組構造というようにかかれ、大臣認定をとっている工法のようです。
一般的な木造りの場合は、構造計算を特にしないで、地震時と風圧時による力と地震時に回転しないか
の安全検討するのが普通だと思います。(壁量計算)
SE工法の場合は通常のビルもの(鉄骨の建物とか鉄筋コンクリ-トの建物)のように構造計算をして
、SE工法の管理資格をもったひとが管理をし品質確保し住宅品質保証制度を得るという一環システム
建築物のようです。骨組自体は集成材を使用しているようです。
したがって集成材を工場加工プレカットして、建てこむ工法のようです。
たぶんSE工法の代理店かどこかで設計屋さんと協議した内容で、図面は作成されると思います。
そうしないと、SE工法自体が成立しないからです。
集成材の特徴は大規模空間を可能とすることです。したがって幼稚園・保育所のホ-ル等で集成材梁でかなりのスパンをとばせます。
質問内容で不明なのは、設計施工で発注なされるのか、設計事務所に発注なされるのか記載がありません
。設計施工で発注なされるのなら、その工務店さんは設計部門をもっていることになります。
したがって工務店に所属された建築士ということになりますし、設計事務所に発注なされるなら
そこに所属されている設計士さんということになると思います。いずれにしても所属会社があると
思いますので、設計事務所登録をしていれば、その中にはスタッフがいると思います。
変わる設計士さんが、1人でやっている場合ですが、まずSE工法の建物を理解しているか
どうかの確認が一番大切ではないかと思います。まず最初に過去にSE工法の建物経験があるどうか確認された方がよろしいと思います。メ-カ-サイドが講習会とかひらいて教育をして、教育を受けた人が管理
するような建物であれば、監理する上でもSE工法に精通された方かどうかが、重要だと思います。

一級建築士と二級建築士の違いというよりは、SE工法を理解しているかどうかだと思います。
インタ-ネットで調べたら、木骨組構造というようにかかれ、大臣認定をとっている工法のようです。
一般的な木造りの場合は、構造計算を特にしないで、地震時と風圧時による力と地震時に回転しないか
の安全検討するのが普通だと思います。(壁量計算)
SE工法の場合は通常のビルもの(鉄骨の建物とか鉄筋コンクリ-トの建物)のように構造計算をして
、SE工法の管理資格をもったひとが管理をし品質確保し住宅品質保証制度を...続きを読む

Q家を建てたりリフォームするときに業者をどうやって選びますか?

旦那が建築屋の2代目です。現在、不況で大手建築・建設メーカーもばったばたと倒産しているご時世ですが、それでも、家を建てたり、リフォームする方はいらっしゃいます。その場合は、どのようにして皆さんは、業者を選んでいるのでしょうか?

もちろんメーカーの代理店もしてますので、そちら経由で依頼が来るのですが、利益率を考えたり、顧客の費用などを考えると直接うちに頼んでもらったほうがマージンかからない分、安くできます。が、「不良住宅」「欠陥住宅」などの報道もありますので、大手メーカーの名前の方が先に来るんですよね。

ここを見てらっしゃる皆さんは、もし家を建てる(リフォームする)のなら、どのようにして業者を選定していきますか?口コミも限度があるので。。。

Aベストアンサー

安ければもちろん歓迎ですが、ご存じのように世の中には悪質な業者なども数多くいます。
私の認識としては、

1.大手メーカ
 中小よりも倒産する率が低いので、何か問題があったときに対応してもらいやすい。
 ブランド名維持のためにも、そうひどい施工は出来ない。(施工自体は下請けでも、あとの責任を持ってくれるから)
 でも割高。
2.中小工務店
 立てる途中はもちろん立てた後に倒産されても、後で問題が発覚したときの対応がとれないから困る。
 中にはコスト削減のために手抜き、粗雑な施工をする業者がいるが、良質な業者との区別が付きにくい。
 コストは一番安い
3.設計事務所+中小工務店
 良い設計士に出会えれば、施工も不安がないし、コストもそれほどでもない。(大手メーカ程度以下にはなる)
 ただ、敷居は高いし、良い設計士を見つけるのがとても骨の折れる作業。
 土地を持っていないときには土地探しも大変。

最近では住宅性能保証制度が出来たので、中小工務店の倒産に対するおそれについては随分緩和されたと思います。
ただ、手抜き、粗雑な施工に対してはある程度の制限は出来るでしょうが、中間検査などでも見えない部分での手抜きは見つけにくいので困り者です。

どれだけ自分たちの施工がしっかりとしているのかをアピールする事が必要でしょう。
たとえば、自分たちの行う施工に関する技術(特徴だけでなく、なぜそうするのかまで)を詳しく解説したパンフレットを作って販促資料とするなどです。
家が良い家かどうかは、ちょっとしたこと、たとえば基礎でもきちんと地質調査をしているかどうかに始まって、鉄筋の入れ方など基本的な所で且つ見えない部分をどのようにきちんと施工しているかを、施工例の写真などで説明していくのが良いかと。

要するに、良質な業者であることを如何にアピールするかが決め手となるでしょう。
潜在的な顧客に対して現場見学会などを頻繁に行うなど、工夫することが決めてとなりそうですね。

では。

安ければもちろん歓迎ですが、ご存じのように世の中には悪質な業者なども数多くいます。
私の認識としては、

1.大手メーカ
 中小よりも倒産する率が低いので、何か問題があったときに対応してもらいやすい。
 ブランド名維持のためにも、そうひどい施工は出来ない。(施工自体は下請けでも、あとの責任を持ってくれるから)
 でも割高。
2.中小工務店
 立てる途中はもちろん立てた後に倒産されても、後で問題が発覚したときの対応がとれないから困る。
 中にはコスト削減のために手抜き、粗雑...続きを読む

Q一級建築士・二級建築士にどうしてもなりたい

現在28歳
最終学歴 中卒
将来の夢 貧しい国に建築の知識とお金の提供

これから未経験の業界、不動産業(実務経験を積める部署があるところ)で勤務しようと思っています。(雇用難で、ましてや中卒なんてという意見は重々承知していますので無しでお願いします)
そこで聞きたいのですが、将来の夢の為に勤務しながら(福岡の夜間の学校は18時から21時とありましたが、現実的にその開始時間に間に合うとは思えません)、最短で安く(50万円くらいまでで、確実に覚えたい、同じ目標のある人たちと刺激しながら学びたいので独学は基本NGで)という条件で一級ないし二級建築士の資格を取得したいです。ある本の中で現在大学等では聴講生あるいは科目等履修生として大学の授業を聞くことを認めていると書いてありました。
そういった方法を利用できるのかはわかりませんが、何か具体的なアドバイスあればよろしくお願いいたします。
一応、大検の試験には合格しております。現在、福岡に在住していますが、東京に行く可能性も無きにしも非ずの状況です。

Aベストアンサー

聴講生などでは受験資格に値しないと思います。
不動産業も実務になりうるのは厳しいことが多いですし、実務経験というのは年数もありますが業務内容の100%が認められる業務でなければ減じられるものです。しかも、確か卒業してからの実務経験だったのでは?夜間ならいいのかな?ここには昼間の学校在学中はダメと書いてありました。
http://www.jaeic.or.jp/2kmk-youryou.htm#2

まずスピード面で。
大検合格は高卒資格に判定できるかがわかりません。
だめなら中卒+専修または各種学校+実務(計6年)か
大学4年で実務0年だと思います。
大検通っているならもったいないです。大学がいいと思います。
夜間の大学で。これなら多少は働けます。
奨学生なら費用も少なくて済みます。

ただし、学びたい割に夜間の授業に間に合いませんとはいただけません。正直大学の学習は(どこでもそうでしょうが)、学校で講義を受けているだけでは足りません。課題もあるし。大学は留年という方法もありますが、二級なら卒業さえすれば受験資格ですから夢を優先するなら仕事の方をうまく都合付けていくしかないでしょう。

少しでも効率的にということなら専門学校系の方が実務に近いとききますので受験資格をとれる学校を確認して通う方がいいかもしれません。
でも費用がね。

次に費用で。
これなら7年実務がベストでしょう。
そのかわり現場監督、設計補助、いろいろやらせてもらうところが勉強になります。聴講生などにもなれるだろうし、並行して資格の学校に通うと受験資格だけでなく受験対策にもなりますよね。この方法で50万前後だと思います。WEB+通学なんてのもあります。ここも講座に間に合わないなんてのはダメですよ。

しかし、海外で仕事をするのなら資格なんて意味はないのでは?必要な知識と考え方を身につける方がいいのではないでしょうか。だったら大学にいって広い知識で物事を考えられるようにし、同時に実務を知る方法が私はいいのでは?と思います。

頑張ってください。

聴講生などでは受験資格に値しないと思います。
不動産業も実務になりうるのは厳しいことが多いですし、実務経験というのは年数もありますが業務内容の100%が認められる業務でなければ減じられるものです。しかも、確か卒業してからの実務経験だったのでは?夜間ならいいのかな?ここには昼間の学校在学中はダメと書いてありました。
http://www.jaeic.or.jp/2kmk-youryou.htm#2

まずスピード面で。
大検合格は高卒資格に判定できるかがわかりません。
だめなら中卒+専修または各種学校+実務(計6年)か
...続きを読む

Qマンション売却の際の仲介業者について

お願いします。マンションを売却します。仲介業者と専任(専属?)契約を結び、早速今週末に2組ほど内覧に来ます。そのとき、専属契約をした仲介業者はこられないので対応お願いしますと言われました。買手の仲介業者が来ますから大丈夫ですといわれただけです。仲介業者とはこんなもんですか?そのときの対応で売れたり売れなかったりすると思いますが、素人1人ですので、何かアドバイスください。お願いします。

Aベストアンサー

一緒に来た仲介業者が売り込んでくれます

その業者には物件の資料と説明を貴方の不動産屋がしています

それ以上の事はどうせ貴方が依頼した業者も知らないでしょう

普通は貴方の不動産屋も同席してくれますが2-3月は忙しいので無理です

買手の仲介業者も契約を成立させないと儲かりませんので一生懸命売り込んでくれます

Q一級建築士の受験

一級建築士を志す者です。
自分は建築系の大学を卒業後、同じ大学の大学院(もちろん、建築系です)に進学することで2年間の実務という条件を満たし、大学院卒業後すぐに一級建築士を受けるつもりでいます。
そこで質問なのですが、一級建築士を目指す人は、体裁的というか、慣習的な意味で、先に二級建築士を受けるものなんですか?もしくは設計会社などに就職して、実質の『実務』を経験しておくべきなのでしょうか?
大学院卒業後いきなり一級建築士を受けることっていうのは、世間的に見たら、やっぱり無謀なことなんでしょうか?

質問をまとめると
(1)大学院卒業後すぐに(就職経験無しで)一級建築士を受ける人はどれくら いいるのか
(2)(1)のような、二級建築士の存在を事実上無視し、一級建築士をいきなり受けたいと思っている人についての是非
 (企業や学校は、そういった人をどう思うのか、どう評価するのか。)
(3)逆に二級建築士を受ける人は、どういった意味で受験するのか
 (いずれ一級を取るつもりで受けるのか、
それとも、二級が必要で、あるいは二級で充分だと判断して受けるのか)

 質問のニュアンスが分かりにくいかもしれませんが、3つのうち1つでもお答えしていただけるものがあれば、よろしくお願いします。

一級建築士を志す者です。
自分は建築系の大学を卒業後、同じ大学の大学院(もちろん、建築系です)に進学することで2年間の実務という条件を満たし、大学院卒業後すぐに一級建築士を受けるつもりでいます。
そこで質問なのですが、一級建築士を目指す人は、体裁的というか、慣習的な意味で、先に二級建築士を受けるものなんですか?もしくは設計会社などに就職して、実質の『実務』を経験しておくべきなのでしょうか?
大学院卒業後いきなり一級建築士を受けることっていうのは、世間的に見たら、やっぱり...続きを読む

Aベストアンサー

法律では一級建築士は二級建築士を完全包括しています。両者の違いは規模ですから一級建築士は限定解除で二級建築士は限定有りということになります。

一級試験は難易度も高いし設計規模も無制限となれば一級取得だけで十分ですね。とすれば二級試験は簡単?一級の下位?

と言うことは、一級試験の勉強をしていたら自動的にその下位で簡単ば試験は合格するということです。同年度に一級試験と二級試験の両方の願書を出して、両方の試験を受験されてはいかがでしょうか。試験日も1ヶ月は離れているので大丈夫でしょう。簡単なので特別に二級対策はしなくても包括性の高い一級の合格レベルに達すれば二級は問題ないはずなんです。

二級試験は一級試験より簡単なので問題ないですよね。なにより質問者氏の悩みも完全に解決されます。

もし仮に一級試験と二級試験では試験勉強内容が違うから、一級試験の勉強だけでは二級合格は無理だと考えるならば、その時点で一級資格と二級資格の関係性を上下関係ではなく、全く別の目的の為の差別化された対等の資格だということを認めたことになります。恐らく一級試験勉強、二級試験勉強では木造建築士試験にそのまま合格はしないでしょう。簡単だと言えばそうかもしれませんが、木造に特化しているので木造に関しては一級、二級の知識では無理でしょうね。

資格による設計規模の関係や、資格と受験資格の関係だけを短絡的にみていると、一級だったら二級も木造も簡単な下のランクのようにあたかも勘違いする人がいますが、そうではありません。限定解除である一級建築士の本当の意味を考えると、二級建築士や木造建築しからの段階を経た受験勉強と実務経験が必要でしょう。

余談ですがその他の国家資格で司法試験と技術士試験はご存知でしょうか。司法試験と技術士試験は一部の例外を除き、段階を経たステップアップの試験工程に近年改正されました。受験資格があるからとショートカットさせてしまうとその資格の資質がどうしても低下するのです。これを同じ国家資格の建築士試験でたとえると「木造建築士」→「二級建築士」→「一級建築士」のステップアップが義務化されるということです。

法律では一級建築士は二級建築士を完全包括しています。両者の違いは規模ですから一級建築士は限定解除で二級建築士は限定有りということになります。

一級試験は難易度も高いし設計規模も無制限となれば一級取得だけで十分ですね。とすれば二級試験は簡単?一級の下位?

と言うことは、一級試験の勉強をしていたら自動的にその下位で簡単ば試験は合格するということです。同年度に一級試験と二級試験の両方の願書を出して、両方の試験を受験されてはいかがでしょうか。試験日も1ヶ月は離れているので大丈...続きを読む

Q解体の業者選びサイト、その信用性

古家を解体して新築することにしました。それで解体の業者選びですが、ネットで、最初は覆面で条件を書き込み、応募してきた業者の中から最終的に選ぶというサイトがあります。

これは優良業者しか会員になれないので安心して納得の業者を選べると書いてありますが、信用してよいものでしょうか?

サイトの構成や内容を読むと、かなりしっかりしているように思います。信用してよいものでしょうか。どなたか経験者などいらっしゃいましたら、感想などお聞かせください。

Aベストアンサー

新築する場合の考え方ですが・・・
新築は業者選択は済まされていますか?
・HMなら解体業者をお探しください。
・工務店・設計事務所なら、解体も任せる方が安価
これを前提に、貴方がHMへ新築を依頼しているとします。

解体は木造なら、サイトより大工・工務店が一番安く、
サイト登録の業者は基本がRC解体得意とご理解ください。
また、何を基準にして「優良」なのか根拠もありません。
業者依頼すれば、しっかりしたHPは作成できます。

また、新築する予定なら、急いで解体は考えず、新築時に
併せて行うのが普通で、基礎解体の土砂搬出後の埋め戻しで
地盤改良や基礎工事の手間・施工方法が変わる場合も出ますので、
よくよくお考えください。


人気Q&Aランキング