現在、日産のセレナに乗っています。

ミニバンなので仕方がないのですが、走行時に強風を受けると、タイヤが歪む感じがします。
そこで、ホイールを替えて、16インチにしようと思います。
(195/65/15 → 195/60/16 or 205/55/16
 215/45/17も考えましたが、幅が広すぎてパワーがついてこないと思います)
扁平率が下がれば、若干はタイヤのよれは抑えられますから。

さて、扁平率を下げるとロードノイズを拾いやすくなり、
乗り心地が悪くなります。
そこで、サスペンションを替えて、乗り心地を良くしたいのですが、
どこのサスペンションが良いでしょうか。

東京発条のスポーツマッチは、純正より乗り心地が良いと聞いたことがありますが。
乗り心地の良いサスペンションをご存じの方、お願い致します。

※異常に車高が落ちるサスペンションは止めて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

サスペンションは劣化によって、乗り心地に影響がでることもあるみたいですね。


サスペンションの交換などについて記載されている下記サイトの内容も参考となるかもしれませんね。

・クルマのことならオートバックス、カー用品・車検もお任せください!
http://www.autobacs.com/static_html/techinfo_01/ …

A 回答 (7件)

ダンパー設計者です。



乗り心地については、
・タイヤ
・バネ
・ダンパー
・車体剛性
が大きな要因になると思います。

(1)タイヤ
低扁平タイヤはシャープなハンドリングが得られる代償は、乗り心地の悪化,タイヤ代の上昇,パンクの危険性など。
一般ユーザーにおける限界は50~55かと思います。
(2)バネ
「バネレートを上げると乗り心地が悪くなる」と一般的に言われますが、私は一概にそうとは考えません。
“大きな段差を越えた際に車体がガクンと大きく揺さぶられる”
これはバネレートを上げたことにり、伸び・縮みのストローク量が足りなくなったのが原因だと思います。
(3)ダンパー
路面の小さな段差(コツコツと跳ね上げるような衝撃)を拾うのはダンパーに要因があると思います。
原因としては、フリクション(抵抗)と減衰力。
ピストンロッドとシール類の抵抗が大きいために、ダンパーの初動作にひっかかりができ、それを感じていることも多いです。
減衰力もむやみに上げれば良いということも無く、バネとのバランスが大事になります。
(4)剛性
サスペンションでいくら衝撃を消そうとしても、ボディが柔らかいと衝撃の入力が直接ボディをねじってしまいます。
さらに、力がボディに逃げてしまうために、サスペンションで緩衝することもできません。
とはいえ、ここでボディ剛性について議論しても・・・、ですよね。


surfuctantさんの受け答えを見る限り、多くの知識と経験をお持ちのようなので上記の現象を考えて頂ければ自分の目指す「乗り心地」へのアプローチが見えてくるのでは?と思います。

最後に一点
コーナリングでのハンドリングを考えるのであれば、スタビライザーはどうでしょうか?
ハンドリングはクイックになりますし、ロールも抑えられる。
直進走行時の乗り心地にはほとんど影響しないのではないでしょうか?
社外品は高価で選択肢も少ないですが、純正品に加工して少々の強化品には出来ると思います。
ま、それはあくまで自己責任という前提ですけどね。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

お礼が非常に遅くなり、申し訳ありません。
(締め切り忘れていました)

スタビライザーは考えから抜け落ちていました。
確かに、スタビを強化すると、ロールが抑えられると言いますね。
ハンドリングもシャープになると。

下手に足回りを変えて失敗するより、スタビ強化のほうがよさそうですね。
乗っている人に迷惑もかからないので。

締め切り忘れから、貴重な意見を頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/19 20:57

セレナのリアサスペンションは特殊なリーフスプリングサスペンションみたいな構造じゃありませんでしたか?


アブソーバーのストロークも少なかったような印象でした。

たまたま整備工場で見て変わったサスペンションだなーって印象があります。
ノーマル以外で、どんな乗り心地になるかはやってみないと想像も付かないですよね。
ノーマルは普通なんでしょうけど。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

セレナは、フロントは通常の形状ですが、リアはショックとサスペンションが別で付いている構造です。
Vitzもおなじ形状ですよ。

ただ、私が見た中で一番変わった印象を受けたのは、サニートラックです。
サスペンションの形状が、スプリングではなく、板なのには驚きました。

あまりお礼になってませんね。
すみません。

お礼日時:2006/02/07 19:36

過去から現在まで4台(内3台はミニバン)で足回りを交換してきた経験から書きますね。



まず、どのような「乗り心地」を希望されていますか?
文面からすると。。。
 インチアップして乗り心地が悪化した分を取り戻す=ノーマルのような乗り心地で、
 且つ横揺れしない=カーブでもロールが少ない
って感じですかね?

個人的には乗り心地で分かりやすいのは、段差(高速の継ぎ目)などでの乗り越え方の違いだと思います。
「コトッ」「ゴトッ」「ガタッ」「ガツンッ」、これが右に行けば行くほど、「突き上げ感」という表現になると思います。
おそらく、ノーマルタイヤ、ノーマル足回りだと、「コトッ」か「ゴトッ」って感じでしょう。

それと、高速のうねりなどでのふわふわ感とカーブでのロールかな?


で、横揺やロールを減らすという事は、何かが硬くなっています。
スプリングのバネレートが上がったり。。。
ショックが硬くなったり。。。
扁平率が下がってたり。。。

で、足回りの交換は、横揺れやロールと、上記の乗り心地がトレードオフの関係になってしまいます。

当然、足回りを硬くすると、横揺れやロールが減ります。極端にガチガチの足回りにすると、ロールしません。その代り、段差では跳ねまくりになるのは簡単に想像できますね。

逆に、段差が分からない位のやわらかい足回りにすると、横揺れやロールはすごいことになるでしょう。
イメージは「船」です。水という極端にやわらかい上にいますから、ゆれたら止まらないですね。


で、足回り交換は、このトレードオフの関係を、いかに自分流にバランスを取るかということになります。

横揺れやロールを減らせる代わりに、段差では、「コトッ」から「ゴトッ」に変わるとか。。。
出来るだけ気持ちよくコーナリングをしたいから、「ガタッ」までは我慢するとか。。。


でどこまで希望されるかにもよりますが、乗り心地改善の為に、最初にタイヤを交換するのはすばらしい選択です。
タイヤの銘柄を変えるだけでも乗り心地が変わりますので、インチアップすると余計に変わるのが分かるでしょう。

ただ、タイヤもショックを吸収する部品の一部なのは理解されているようですので、「タイヤのたわみ」が減る分、安定感が増しますが、逆に「コトッ」から「ゴトッ」に変わる可能性があります。
考えておられる、扁平率が60か55なら乗り心地のバランス的には無難な選択だと思います。
逆に、45にすると、足回りがノーマルでも、「ガタッ」や「ガツンッ」と来る時があります。

で、私は、このタイヤ交換で「完了」する事をお勧めします。


というのも。。。

まず、スプリング。
よく、「ローダウンしたいからスプリングを変えたい」という人に、経験上「同時にショックアブソーバーも変えた方が良い」とアドバイスします。
スプリングのバネレートが上がるということは、確実に縮みにくくなると言う事です。
それと、同時に縮んだ時に、伸びようとする力が増えるともいえます。
ノーマルのショックにこの、伸びようとする力が強いバネを入れると、うねりなどで大きく縮んだ後、すぐに伸びてしまい、結果ピョコピョコした足回りになってしまいます。下手をすると、この上下動が収まらず、いつまでもふわふわしてしまう可能性があります。
(良く、高速などでローダウンした車がいつまでもふわふわしているのを見ませんか?)

どうしてもとおっしゃるなら、お勧めはΣ180です。
私も違う車で使いましたが、それほど車高も落ちませんし、ショックがノーマルだと突き上げ感は少ないですね。


でも、もし変えるなら。。。
ショックアブソーバーの交換をお勧めします。
バネの硬さを感じると、金属の硬さなので、とげとげしい硬さを感じます。しかし、ショックの硬さは、オイルやガスの硬さなので、おなじ硬さ感でもマイルドな硬さになります。

で、バネはノーマルで、ショックアブソーバーを外品の物にすれば、「コトッ」から「ゴトッ」には変わるとは思いますが、ノーマルのやわらかいバネをうまく「いなして」くれますので、気持ちのよい「カチッ」っとした足回りになると重います。
ただ、あまりにも硬いショックを選ぶと、突き上げ感が増えるかもしれません。

少しは車高を落としたいなら。。。
NISMO:http://www.nismo.co.jp/products/g-attack/index.h …
セレナ C24なら適合があります。
日産で取り付け出来ますので、乗り心地が破綻することはありませんし、どの車種でも評判が良いです。

GAB車高調:http://www.yrc.co.jp/yfc/gab/
車高調と聴くと硬いイメージがありますが、下にも書いているように、かなり乗り心地重視ですよ。
この車高調で「硬い」と感じるなら、どの足回りを選んでもそれ以上に「硬い」と感じるでしょう。
この車高調は結構「落とせる」し、推奨車高は結構低いのですが、それでも乗り心地は良いです。
しかも、車高調ですから、あまり落ちない(25mmダウン程度)という設定も出来ます。
さらに。。。
この車高調、ローダウンスプリング+外品ショックくらいの値段で変えますし。。。


最後に。。。
私は、現行のエルグランドですがいろいろ試しましたので少しだけ。。。

A)GAB車高調、B)RSR_Ti200+KONIショック、C)HS純正+KONIショック

これで、一番突き上げ感が少ないのは、A)GAB車高調でした。
ノーマルタイヤを履いている時には、誰も足回りを交換している事に気が付かない位です。
その代り、カーブでのロール感は結構します。
サマータイヤは19インチで扁平が40ですが、このタイヤの時もこのGAB車高調が突き上げ感が一番少ないです。


一番ロールが少ないのは、B)のセットです。
車高調よりも、ロールしませんが、ノーマルタイヤでもGAB車高調+19インチと同じくらいのゴツゴツ感がありました。


C)のセットは一番バランスが良いと感じました。
乗り心地は、ノーマルの足回りでタイヤの空気圧がちょっと高いかな?という感じです。
それなのに、コーナリングはきっちり踏ん張ってくれ、高速でも、ルーフBOXを積んでいるにも関わらず、安心して走れます。
(強風時の横揺れも不安になることがあまりしません。)
ただ、このセットでも19インチの時は、結構ゴツゴツします。


もう一つ。。。
ミニバンで、Σ180を使っていた時、リアショックが外品ショックと、ノーマルショックを比べました。

ゴツゴツ感はノーマルショックの時が少なかったですが、大きなバウンド(グッっと沈むような時)ではノーマルショックでは底付きしていましたが、外品ショックでは底付きしませんでした。

特にミニバンは、リアにかかる重量が、乗車人数や積載状況で変わりますので、設定が難しいですね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

非常に詳しい回答を頂き、ありがとうございます。

確かに、タイヤの踏ん張りがサスペンションに勝ってしまうと、ロールが大きくなりますね。
逆に、サスペンションが勝ってしまうと、タイヤのヨレを感じ、不安定になります。

となると、足回りとタイヤをバランス良く手を加えるのがいいことになりますね。
ただ、この質問をしたのは、純正ショックに対応しているサスペンションがあるからです。
その程度で何とかなればと思ったのですが・・・。

以前、乗っていた180sxでは、TOKIKOのHTSダンパーと、k
g/mmのDRスーパースポーツで乗っていました。
当時は、スポーティな走りだったので、乗り心地は気にしませんでしたが、
家族ができると気を遣います。

車高調は、寿命が短いので、セレナに使う気はありません。
GABは、非常に良いメーカーなのですが・・・。

爽快に走り、乗り心地を失わない状態がベストです。
ただ、社外サスペンションを使うと、多かれ少なかれ車高が落ちます。
そうなると、同じスプリングのレートでも硬く感じることも、悩みの種です。

ただ、Σ180は、他の方も薦めて下さいましたので、調べてみることにします。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/07 19:31

>現在、日産のセレナに乗っています。


◎グレードや年式、走行距離等が分からなければ正確には答えようがありません。

>ミニバンなので仕方がないのですが、走行時に強風を受けると、タイヤが歪む感じがします。
◎背が高い車の宿命でしょう。
ただし、タイヤが歪んでいるかどうかは定かではありませんが。

>扁平率が下がれば、若干はタイヤのよれは抑えられますから。
◎基本的には正解ですが。
(扁平率65→60→55となることは、扁平率が高くなる(あるいは上がる)と言います。)
まずは空気圧をチェック。指定よりも若干高めにしてみましょう。
それでもご不満なら、何らかの手を打つのも一考です。

>扁平率を下げるとロードノイズを拾いやすくなり、乗り心地が悪くなります。
◎基本的にはその傾向です。
しかし、選ぶタイヤ次第で、むしろ逆になることがあります。
BSならREGNO GR8000などのコンフォート系の高級タイヤですね。
すなわち、扁平率が55などになっても、静かで乗り心地が良くなることがあるということです。

>サスペンションを替えて、乗り心地を良くしたいのですが、
どこのサスペンションが良いでしょうか。
◎サスは大変重要で微妙なもの。
メーカーは、何十万キロもの走行テスト(最近はコンピューターシュミレーション主流?)や、想定されるあらゆる使用状況を考慮し、そのうえで走行性能と耐久性、なにより安全性を充分確保した設計をしているはずです。
その車に最も合った設定になっているといえます。
但し、いわゆる万人向けの傾向ですから、お好み次第では不満が出るのは当然です。

そこで手っ取り早く改善するには、
ショックアブソーバーの交換です。
例えば、カヤバのニューSRスペシャルなどがオススメ。
乗り心地を損なわず安定性を高めるには、主にショックの伸び側を強化(締め上げる)し、縮み側は若干の強化設定したもの。

>東京発条のスポーツマッチは、純正より乗り心地が良いと聞いたことがありますが。
◎一般にスプリング交換は、縮み側の強化となり、乗り心地が硬くなります。
但し、可変(プログレッシブ)レート・スプリングという二種類の強さのバネを一本にしたものなら、小さなショックは柔らかく吸収し、ある程度以上の大きなショックには強力なほうが対応するというわけで、乗り心地を損なわず、かつ、一定以上の部分で強力に踏ん張るものになるというわけです。

>乗り心地の良いサスペンションをご存じの方、お願い致します。
◎乗り心地の良し悪しは、人により違います。
柔らかいフワフワした乗り心地、あるいは硬いゴツゴツを良しとするか、はたまた柔らかいながらダンピングの効いたフワつかないものを心地良いとするかなど、さまざまです。

オススメの一つカヤバのニューSRは、
縮み側10%、伸び側20~30%強化したものですから、ゴツゴツ感のないシナヤカで踏ん張り感のある足回りとなります。

※信頼の置ける足回り専門ショップへご相談下さい。
足回りの変更は、安全に関わる重大なものですから、
例えば、BS系なら「コクピット」「タイヤ館」などへの相談が良いと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しいご説明を頂き、ありがとうございます。

ショックの交換を進めてきた方は、初めてですね。
しかし、私もサスペンションが死んだ車と、ショックが死んだ車に乗った経験がありますが、
ショックが死ぬと、乗り味は極端に悪くなりますね。
そう考えると、ショックの強化もアリかなと感じます。

参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/07 19:15

デイトナのΣβ180はいかがでしょう。


ホームページの適合表に実際のユーザーのコメントが載っています。

参考URL:http://www.daytona.co.jp/dcuatro/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考ページを見させて頂きました。
考える材料になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/07 19:10

初めまして。


“走行時の強風”というのは“横風”でしょうか?
横風はボディの形状から、ある程度やむを得ないものと諦めるしかないと思います。
私はエスティマに乗っており、冬は15インチの70タイヤ、それ以外は16インチの60ですが、どちらでも○20キロからは横風の影響を受け易く感じます。

低扁平率タイヤに換えると、ハンドル切り始め時の応答性は良くなりますが、タイヤの横方向のグリップがサスに勝り、ロールが過大となります。
そこでサスを社外品に換えることになるのですが、#1の方も仰る通り、社外品は純正比レートを高めたものが殆どで、「純正より乗り心地が良くなった」というのは「純正に限りなく近い固さでありながら、踏ん張りが良くなった」とか「純正ショックの出来がイマイチで、サスキットに換えたら、固いけど突き上げ感は消えた」という程度のものだと思います。

“乗り心地の良さ”の質の違いというか、(1)赤ちゃんを乗せて走れる乗り心地と、(2)ハンドル操作にしっかり反応して気持ち良く走れる乗り心地は違います。(私は(1)のつもりで書いておりますが、ご質問文からすると(2)を志向されているようにも思われ、的外れな回答だったらスミマセン)

スポルトマッキも、純正よりバネレートが高いためコーナリング時の不快なロールが抑えられる、のであって、町乗りで段差を越えた時の衝撃が減るのではないと思います。

コストパフォーマンスでは、ミニバン用を謳っている重量車向けや、ロードノイズの小さい高級車向けのタイヤが一番に思います。

あと、サーキット用の車に同じメーカーのSWIFTのサスを入れてますが、これは生物のようで、1年したらバネがへたり車高が1センチ強落ちました。
マッキは違うタイプの製品でしょうが、一般的に、社外品は純正品の良いバランスを崩して、操舵性等に振っていることが多いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おっしゃる通り、私の求めている乗り心地は(1)です。
やはり、サスペンションを替えたら応答性が高くなる分、乗り心地は硬くなりますね。
それをタイヤでカバーするのが良さそうですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/07 19:09

乗り心地良い、のとり方次第なんですけど、純正が最も乗り心地良く出来ていると思います。


社外品は、ルックスとハンドリングをよくするため?に、ちょっと固めになるので突っ張った感じになると思います。

純正がヘタっているのなら、純正の新品ダンパーに交換するのも価値があるかと思います。

ロードノイズはタイヤをコンフォート系タイヤ(横浜DNAdbなど)高級なタイヤにすれば、静かになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

1年程度乗っての希望ですから、まだヘタってはいないでしょう。

やはり、タイヤの性能次第ですか・・・。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/07 19:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硬い車の乗り心地を軟らかくしたいのですが

 マイカーはOutback3600で購入後1年半ほどになりますが、ゴツゴツ感が苦になります。前の車はランカスター3000でしたが快適なドライブが楽しめました。もちろんノーマルでタイヤ空気圧は取説のとおりにしています。東名高速のように良く管理されている道路は快適ですが中央道や高規格道路では路面の荒れが吸収されず直にお尻にきます。前にこのサイトでレカロのシートに交換すると良くなると教えていただきましたが田舎住まいでできません。妻も同様で最近は薄手の座布団を使っています。

 現職時クラウンやセドリックのバンを使っていましたが乗り心地が良く運転が疲れた記憶はありません。最近の車はコーナーリングなどの操縦安定性を良くするためサスペンションを固めにしているのでしょうか。また、極端なフワフワ感は望みませんがいま一つ軟らかい乗り心地にする方法かグッズがありませんか。Outbackを買った時点で”アウト”だったんなら諦めますが。

Aベストアンサー

BR型は リアセルフレべリング機能付きダンパーでは 無かったはず BPはこれが起因して酷かった。

まず 安く簡単に 対処する方法。
ドライルーブルforダンパーを 1500円くらい
ジャッキーUPして アブソーバーのダストブーツを めくり
シャフトに 塗布すると
アブソーバーの 動きが スムーズになります。 結構体感出来るので 馬鹿に出来ません
1回塗りより 2~3回塗るとより効果が高いです。

また KUREから出ている ドライファーストルーブルも 同様の効果が あり 1缶840円位で
かなりの回数塗れます。

次 タイヤ交換 ジオランダーも そんなに固いタイヤでも有りません ゴムは ぶ厚いですけど。
普通の ラジアルタイヤに 履き換えるだけで 乗り心地は 改善方向に向きます。
特に コンフォート系なら 確実 お薦めは ミシュラン プライマシーLCですねー
レグノーは、BS サイドは 固めのゴムだと思います(履いたことないので 詳しく無いですが)
BSのタイヤは 割高かつ 摩耗が早く 不経済
欧州タイヤは 信頼あり 摩耗性も 国産の倍持ちます。

ミニバン用 タイヤも 重心が 高い outbackには 良いです。トランパスや エコタイヤのRV系

次に アブソーバー 
市販で 柔らかいと言えば KYB NewSRくらい

純正が 複筒式アブソーバーなら 千葉のサンコーエンジニアリングで ネオチューンという
加工をしてもらえます。
アブソーバー 下部に穴を開け オイル・ガスを抜き洗浄 ホイールのバルブみたいな物を取りつけ
専用 オイルと ガスを充填し 好みの 足に」調整してくれます
サイドスリップ調整まで 含め 七万前後で出来ます。
自分も BP9ですが この加工をして 快適な 乗り心地にしてもらいました。対費用効果は 高いです。

シートは 乗り心地とは 間接的ですが
BP型から 極端に コストを落とし 祖悪なシートです。
RECARO交換が 良いですが カー用品店で で購入しても 取り付けが 客の体系や 体重 車別のノウハウもなく ジャストフィットに セッティングが まず出来ません。
RECAROは良いシートですが ストラーくゾーンが狭まるので 適切位置に取り付けないと 
万人向けの 純正シートの方が 良い結果となります。
RECARO純正シートレール ポン付けでは 扱いずらく 合う人が居るのか?
購入は 八王子JETSET が まず お薦めです。
苦労無く ほぼ一発で 客の快適位置にセッティングしてくれ 結果安く購入出来た事になりますよ
自分は、運転席ST-DC、助手席ST-JCを取り付けてます。

参考URL:http://www.drilube.co.jp/product/for_damper.html

BR型は リアセルフレべリング機能付きダンパーでは 無かったはず BPはこれが起因して酷かった。

まず 安く簡単に 対処する方法。
ドライルーブルforダンパーを 1500円くらい
ジャッキーUPして アブソーバーのダストブーツを めくり
シャフトに 塗布すると
アブソーバーの 動きが スムーズになります。 結構体感出来るので 馬鹿に出来ません
1回塗りより 2~3回塗るとより効果が高いです。

また KUREから出ている ドライファーストルーブルも 同様の効果が あり 1缶84...続きを読む

Q社外品と純正ショックアブソーバーどちらがいい?

○所有車 イプサムエアロツーリング SXM10G(走行75000km)

まもなく車検なので、同時にショックアブソーバーを交換しようと思っています。
以前にこのサイトで質問した時は純正を勧められたのですが、社外品にも興味があります。
工賃も含め値段は大幅には変わらないのですが、純正は見た目的に安っぽく?見えてしまうので、目的にさえ合致すれば社外品にしてみたいと考えています。
毎日運転していますがロールが大きくなったとか、揺れが収まらないとかを感じることはありません。しかし、ギャップを拾ったときの「コツコツッ!」や道路の継ぎ目などで「バタン!バタン!」といったショックを車内に伝えてしまっている感じがします。

目的は、「乗り心地アップ&新車時の足回り回復」です!
やはりこのような目的の場合は純正のほうがベターなんでしょうか?
また、社外品でこういう目的のショックアブソーバーはあるんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 新車時の乗り心地でOKなら、純正品や純正代替え用の社外品で良いと思います。
 また、社外品の中には、モンロー社のラジアルマチックのように、乗り心地の向上を目的とした物もあります。
 ラジアルマチックは、特殊なバルブを使用していて、ストロークの小さな動きに対してはノーマルショックよりも柔らかく動き、大きなストロークに対してはしっかりした減衰力を発生させる仕様の物です。
 このため、初期ロールはノーマルよりもやや大きめになるきらいがありますが、乗りごごちは非常にマイルドになります。
(と言うか、ラジアルマチックはコーナリングの初めに、フラッと言う感じで一気にロールがでます。
 もちろん、抜けてしまったショックアブソーバのように底づきまでロールする訳では無く、ある程度ロールした所からはふん張ってくれ、最終的にはノーマルよりもコーナリング限界が向上します。
 この挙動から、ロールが嫌いな人には向かないですね。)(^^;
 車種に対応した物が有るかどうかは、カーショップで確認して下さい。

 サスペンションが底づきしてしまうような大きなショックについては、減衰力が大きなスポーツショックアブソーバの方が、ショックが少なくなります。
 ただし、減衰力の大きなショックアブソーバをつけると、細かいショックは拾い易くなります。
 その辺は、目的や好みに応じ、どこでバランスを取るか?と言う所なんですが。
 まぁ、乗り心地に関しては、主に細かいショックをどれだけ拾うか?の方が重要な要素だと思います。
 その点では、細かい振動を柔らかく受け流してくれるラジアルマチックのような物がベストでしょう。

 また、同じスポーツ用のハードな物でも、メーカによってかなり違いがあります。
 過去の私の経験では、カヤバのスポーツショックアブソーバ(SRスペシャルやニューSR)は目茶苦茶ゴツゴツした乗り味でした。
 高速道路のつぎ目で、車体がふらつく位抜けてしまった状態でも、ゴツゴツ感は変らず。
 その後、同じ車にカヤバの代りにつけたコニのスポーツショックは、減衰力自体はカヤバ製の物の倍くらい高いのですが、ゴツゴツ感ははるかに少ないものでした。
 ただし・・・お値段も、コニ製はカヤバ製の5割り増し・・・高かったです。(^^;

 新車時の乗り心地でOKなら、純正品や純正代替え用の社外品で良いと思います。
 また、社外品の中には、モンロー社のラジアルマチックのように、乗り心地の向上を目的とした物もあります。
 ラジアルマチックは、特殊なバルブを使用していて、ストロークの小さな動きに対してはノーマルショックよりも柔らかく動き、大きなストロークに対してはしっかりした減衰力を発生させる仕様の物です。
 このため、初期ロールはノーマルよりもやや大きめになるきらいがありますが、乗りごごちは非常にマイルドになり...続きを読む

Qショックやサスのヘタリ具合の判断方法について

標記の質問ですが、どこで判断するのでしょうか?走行中突き上げ感が大きくなったとか?

Aベストアンサー

車重、普段の荷物の積載量などによりけりですが、おおよそ普通に使ってれば7万kmないし、7年程度でショックが抜けて気が付く頃だと思います。

抜け始めを感じたら後は完全に抜けるまで時間の問題です。走行中の突き上げが大きくなる場合、タイヤが原因である事もあります。サイドウォールが硬かったり、扁平率を落とす、空気圧が高いと乗り心地に響きます。

完全に抜けた場合は、車高が落ちるので見た目で判断もつきますね。良く見るのは平成1桁、それも前半だと大抵の車が抜けて車高ぺたぺたになってます。
要はショックが抜ける→スプリングのみで車高維持→スプリングもすぐへたる→ストローク量0ですから一番車が沈んだ状態になります。乗り心地は最悪ですよ。

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む

QTRDのサスとKYBのサスの違いは?

サスペンションセットを購入予定ですがTRDとKYBのサス(ショック)の違いは何ですか?
KYBなら値段が安いんですが。

ちなみに純正がへたってきたのでリフレッシュをかねて交換しようと考えてます。
単純に見た目で車高をさげるのは嫌でどうせ交換するならコーナリングとか足を良くしたいと考えてます。

カローラフィールダー zze122g 走行距離は12万Kです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔 スターレット KP61で TRDのラリーショックを付けていました。
購入時付いていたTRDは カヤバ製 後に交換した 同TRDラリーショックはトキコ製でした。

TRDでもニスモでも無限だろうと ショックは 造っていません 
アブソーバーメーカー カヤバ、トキコ、ショーワなど専門メーカへ生産発注です。

TRDでも スポーツ走行に特化したモデルは、特別仕様でしょうが
通常の 軽度の強化タイプなら カヤバNew SRスペシャルと まず同等だと思います。
メーカーって さほど 多くの製品を造らない 流用がほとんど 販売するブランド銘や
塗装が違う程度 
アブソーバー自体の型式も スターレットとレビンも リアは共通だったりします。


カヤバNew SRスペシャルは、純正より 若干しっかり感を持たせた造りです。極端に固くなる事は有りません 純正サス(コイルスプリング)と組み合わせ 良い足になります。
安価で 買い易いので お勧めです。
交換の際 ストラットアッパーマウントは、純正新品交換して下さい 理由は 12万km使用で経たってるからです。
純正部品としての アブソーバーは、かなり割高です。メンテンナンス交換用では New SRが主流


Nwe SR以上の固い足を入れる場合 アーム関係のブッシュも交換しないと 経たったブッシュにさらに負担が掛り 異音や 足の挙動の異常が出てくると思います。
この先 5万km以上乗るお考えなら ブッシュ類の交換も検討して下さい。

たまに カヤバなんて 直ぐに抜けちゃう ダメ!との 書き込みをみますが
初期 ゆっくりストロークさせ オイルシールの馴染みを取る 慣らしを行わない 馬鹿野郎の書き込みです。 装着直後に 急旋回や フルボトムさせ 抜く様な 使い方をすれば どんなアブソーバーも抜けます。 動く部分を持つ部品は、全て 優しく徐々に動かし 馴染みを持たせる事はひつようです。
特別な事はなく、 暖気走行するように走り出しゆっくり走って上げれば 良いだけです。
物を長く 良好な状態を維持させるには、乱暴に扱わない事!!

昔 スターレット KP61で TRDのラリーショックを付けていました。
購入時付いていたTRDは カヤバ製 後に交換した 同TRDラリーショックはトキコ製でした。

TRDでもニスモでも無限だろうと ショックは 造っていません 
アブソーバーメーカー カヤバ、トキコ、ショーワなど専門メーカへ生産発注です。

TRDでも スポーツ走行に特化したモデルは、特別仕様でしょうが
通常の 軽度の強化タイプなら カヤバNew SRスペシャルと まず同等だと思います。
メーカーって さほど 多...続きを読む

QKYB New SR Special カヤバ ニューSRスペシャル シ

KYB New SR Special カヤバ ニューSRスペシャル ショックアブソーバーについて

今のショックが硬くて走行に関してうんざりしてて、現在このKYBのショックの購入を検討しています。
不快に感じないくらいショックは吸収されるでしょうか?個人の主観で良いので感想や知ってることなんでもお聞かせください!
また、このショックは良いよ!ってものもありましたらお聞かせください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>アリスト,jz-160,H11,走行15万くらいで、まだショックやスプリングは純正のままで変えていません!!

 これが事実だとすると、ショックが抜けて、スプリングがへたっているとしか考えられません。
 しかしこの車、車高短、大径ホイールに改造されて、とんでもない乗り心地と、走行性能になっている場合が多いです。
 どちらにしても、新品の純正ショックとスプリングが一番無難にお勧めできます。

Qショックアブソーバーの寿命

純正のショックアブソーバーとバネの寿命って新車時からそれぞれどれぐらい(何万キロ)持つものなんでしょうか?

ちなみに自分のクルマはホンダなのでおそらくショーワ製だと思います。
ノーマルではなくてオプションの固め仕様のダウンサスタイプです。

Aベストアンサー

ショックアブソーバーの寿命とは中に入っている作動油の寿命です。
作動油が小さな穴を通過する抵抗で車のゆれを押さえています。
作動油の劣化はショック内を移動している時に分子がせん断されて粘り気が無くなると言う事です。
凸凹道を高速で走るようなことをしていると作動油の温度が上がり熱での劣化も加わり1-2万kmで寿命を迎える事もあります。
その反対に舗装された平らなところを一定速度で走ることが多いと寿命も長くなります。

つまり使い方で大幅に寿命が変わると言う事です。

Qショックアブソーバーの交換時期について

トヨタグランビアを新車で’99年から5年間乗っています。
走行距離は現在85000kmになりました。

最近、乗りごごちが新車当時より柔らかくなってしまったような気がします。 ふわふわした感じがするのですが、
通常車のショックアブソーバーは交換するものなのでしょうか?

以前車の雑誌で普通の道路を走っていてもショックアブソーバーはへたってゆくものだと書いてあるのを目にしました。

ただ、交換時期等は忘れてしまったので、詳しい方ぜひ教えてください。 

車は動く限りはずっと、最低でも5年はのろうと思います。 のりごごちも良い状態をキープしたいのでご意見よろしくお願いします。家族で車でどこへでも出掛けるので、高速にのる機会が多く、最近特に後部座席に乗ると車の揺れを以前より強く感じる気がします。

(1)80000km乗るとショックアブソーバはへ足り、のりごごちはふわふわするものですか?
純正のショックアブソーバーでも新品に交換するとのりごごちというのは、見違えるものですか?

硬いのりごこち重視すると言って、特に特別なショックに変えるつもりはありません。

経験者、技術者の方、具体的なアドバイス頂けると助かります。 よろしくお願いします。

トヨタグランビアを新車で’99年から5年間乗っています。
走行距離は現在85000kmになりました。

最近、乗りごごちが新車当時より柔らかくなってしまったような気がします。 ふわふわした感じがするのですが、
通常車のショックアブソーバーは交換するものなのでしょうか?

以前車の雑誌で普通の道路を走っていてもショックアブソーバーはへたってゆくものだと書いてあるのを目にしました。

ただ、交換時期等は忘れてしまったので、詳しい方ぜひ教えてください。 

車は動く限りはずっと、最...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは!

ぼくはワゴンRに乗っていて、最近ショックを交換しました。
走行距離6万3千キロくらいで、うしろから異音がするようになったのでメンテナンスに出したところ、ショックのオイルが抜け切っていると言われました^^;


中古購入してすぐだったので、軽の乗り心地はこんなものかと思っていましたが、ショック交換後はだいぶ良くなりました!!

新しいショックは純正のものです。
お金がなくてリアのショックしか交換できなかったのですが、乗り心地がかなりよくなったので、ちゃんと両方とも交換したらもっと良くなるのでは・・と思っています。

ちなみに、整備士の人には前とうしろ同時に交換したほうがいいといわれました・・・

交換時期は、詳しいことはわかりませんが、トランクの部分をぐっと押してみて、車がいつまでもゆれている状態なら交換時期らしいです。
(ちなみに、うちの車はゆらしてみたときに、ギーギーと音をたてていました;;)


素人のはなしで、すいませんが、参考になれば嬉しいです☆

Qショックアブソーバーの交換の工賃て、どれくらい?

ショックアブソーバーが経たっているために、交換しようと思っていたら、知り合いの同じ車を乗っている人が、ほとんど使っていない物を持っていたためにそれを交換しようと思っています。車はローバーなのですけど、ローバーを専門に扱う工場に電話で問い合わせると、はじめ4~5万、アブソーバーとスプリングがバラバラだと言うと、組むのに、またいくらかかかるそうで見てみなければいくらか解らないと言われました。近所の修理屋に聞くと、あとの保証が出来ないので中古は付けられないと言われてしまいました。他の店に聞くと簡単に2万ぐらいで出来るんじゃないと軽く言われました。これって普通いくらぐらいなのでしょうか?
車はローバートゥアラー1.6L(ボディはほとんどホンダ・コンチェルンです)どなたか、経験ある人、その筋のひとおねがいします。

Aベストアンサー

交換はボルトを数カ所外すだけの作業です。
コンチェルトの場合、スプリングとショックアブソーバーが一体型ですから、
これを丸ごと交換することになります。(マルチリンクサスなど一部の車ではスプリングとショックアブソーバーが別々に取り付けてある場合あり)
スプリングは基本的に無交換でよい耐久品です。

作業にあたっては、まず何をおいても必ずウマ(車を載せる台)に車体を載せること。取り外し時には相当強い力でボルトを外さないといけないので、ジャッキアップだけでは車体落下・大ケガする危険があります。

まず、外す前にショックアブソーバーにブレーキホースなどが固定されている場合は、ペンチ・マイナスドライバーなどでクリップを外します。

次にショックアブソーバーの下端。サスペンションとの接合部のボルトを外します。大きさは24mmくらいでしょう。ボルトをナメちゃうので必ず信頼あるメーカーのメガネレンチで外します。かなり強く絞まってますので、レンチが入る鉄パイプなどで延長し、えいやっ!と外します。

で、ボンネットを開けてタイヤハウスの上にサスタワーの取り付け部があります。後輪はトランク内の内装をはがすと出てきます。ここに3個ないし4個の12mm程度のボルトがありますのでこれを外します。
(真ん中の大きなボルトは外さないこと!バネがはずれてすっ飛びます。)
ボルトをいっぺんに外してしまうとショックアブソーバーが落っこちてしまうので、最後は注意しながら手で緩めていきましょう。けっこう重いですよ。

あとは新しいものを逆の手順で組み付けていきます。スペーサー等のゴム類もヘタッているので新品に換えましょう。慣れた人で4輪で2~3時間程度の所用時間です。

と、作業自体はこれだけのことですが、車いじりが初めての方には困難だと思います。経験者の方についてもらってできれば楽しいのですが・・・初めて&1人作業ならお勧めできません。

工賃の件ですが、一般的に1本5000~が相場でしょうか。
持ち込みの中古品使用ですからディーラーでは対応してくれないと思います。
「他の店に聞くと簡単に2万ぐらいで出来るんじゃない」というのが普通ですね。

中古があって・・・とのことですが、車外品の新品も検討されては?
カヤバのNewSRなんか純正からの交換品として安い割にお勧めです。
1本15000円くらいからです。工賃も含め8万円少々で得られる満足度は大きいですよ。

細かいことまで言うならアライメント調整も忘れずに!カーショップで20000円前後です。私の乗っていたカペラはショック交換も含め、全く別物の車になりました。走行時の安心感がまるで違うし、乗り心地も雲泥の差。
乳母車からベンツに乗り換えたくらいの驚きでした(言い過ぎ ^^;)

交換はボルトを数カ所外すだけの作業です。
コンチェルトの場合、スプリングとショックアブソーバーが一体型ですから、
これを丸ごと交換することになります。(マルチリンクサスなど一部の車ではスプリングとショックアブソーバーが別々に取り付けてある場合あり)
スプリングは基本的に無交換でよい耐久品です。

作業にあたっては、まず何をおいても必ずウマ(車を載せる台)に車体を載せること。取り外し時には相当強い力でボルトを外さないといけないので、ジャッキアップだけでは車体落下・大ケガする...続きを読む

Qダウンサスのみの交換でショックアブソーバーはどうなるの?

レガシーに乗っています。
とりあえず見た目重視でダウンサスに交換しました。
2~3cm程落ちました、やはりゴツゴツした感触が増えました。
 お店の方に「いつかはショックアブソーバーも交換した方が純正のアブソーバをそのまま付けているより乗り心地は良くなるよ」と提案していただき交換するかどうか考えています。
店の人は「純正のアブソーバが一番ソフトでよく動くが、車高を落とした場合は社外品のアブソーバに替える事で安定する」という説明をしていただきました。
素人な考えで申し訳ないのですが『安定する』というのはコーナーなど攻める人向けの言い回しなのでしょうか?
それとも一般的な運転をする人にとっても良い影響がでる言い回しも入っているのでしょうか?例えば車高に合わせたアブソーバに替えることで何らか影響があるとか??もしくは純正よりもっとソフトなアブソーバがあったりするのかな?
家族を乗せて運転する機会があるので少しでも家族には負担を減らしてやりたいのですが・・・

Aベストアンサー

販売店でお聞きになった≪安定する≫というお話ですが、攻める
攻めないの話とは違います。

スプリングは車の傾きの量を規定し、ダンパーはその連続的な動
きを規制する為のものです。純正ダンパーはメーカーが開発段階
で全長やレートを決めています。という事は、ローダウン専用の
スプリングを装着した場合、メーカーが設計時に想定した値から
逸脱するという事です。

文面からの印象ですと、ローダウンスプリングの装着によってロ
ールセンターの位置がずれてしまう為、却ってロールが大きくな
り、結果的に安定性を欠くという結果になったと考えられます。
これは本来の性能を損なうことになります。

車高調整式のサスペンションキットは、車高を落とす事が第一目
的ではありません。あれはあくまで結果論です。本来、車高調整
キットの目的は、多くの種類のスプリングを装着する事が可能に
なるので、セッティング幅が広がるということです。その場合、
ダンパーの硬さは一種類という訳はありませんで、その傾向に合
わせて仕様変更が必須になります。

私も少し競技をかじっていた経験がありますが、その際は目的毎
にダンパーを用意していました。

さて、乗り心地の話ですが、正直申し上げて純正スプリング/ダ
ンパー以上の乗り心地と操縦性のバランスを実現できるセットは
無いと思います。純正品は舗装路だけでなく、不整路面も想定に
入れて充分なテストを行なっていますので、耐久性とクオリティ
は折り紙つきです。ローダウンを目的にした社外ダンパーは、そ
こまでの想定がされていません。

ビルシュタインなどの車高調整キットの中には、比較的乗り心地
の良いものもありますが、それでも何処かに芯が残ったような硬
さは感じられます。一番バランスが良いのは、やはり純正の足回
りということになるでしょうね。

販売店でお聞きになった≪安定する≫というお話ですが、攻める
攻めないの話とは違います。

スプリングは車の傾きの量を規定し、ダンパーはその連続的な動
きを規制する為のものです。純正ダンパーはメーカーが開発段階
で全長やレートを決めています。という事は、ローダウン専用の
スプリングを装着した場合、メーカーが設計時に想定した値から
逸脱するという事です。

文面からの印象ですと、ローダウンスプリングの装着によってロ
ールセンターの位置がずれてしまう為、却ってロールが大きくな
り...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報