【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

こんにちわ。
質問がありましたので、この場をお借りしました。
私は今年の4月から高校2年生になります。
クラスも文系、理系に分けられ、将来がしっかりと決まっていないままです。

そんな時に大学冊子を見ていたら、OA入試という方法で
大学に入れるというのを知りました。
自分の特技をアピールし、誰にも負けないという自信があれば
OA入試が可能だと書いてありました。

OA入試というのを初めて聞いて分からない事だらけなので
誰か教えて頂けませんか?

質問内容は以下に書いておきます。

1.OA入試とは具体的にはどのようなものなのか
2.OA入試を希望すぐ場合、何かのコンクールや大会での実績が必要か
3.OA入試で入れる国公立大学はあるのか
4.OA入試において必要だとされる科目は何か
5.自己推薦との違いは何か

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

九州大学にはAO入試あります。


センターを課さないものもあります。
法学部、薬学部、医学部、農学部などです。
また21世紀プログラムという特殊なものもあります。
説明が難しいので、自分で調べてください。

参考URL:http://www.kyushu-u.ac.jp/
    • good
    • 0

こんにちわ。


OA入試ではなくAO入試ではないでしょうか?
それともそういう受験の仕方がある大学があるのかな?

私は今高校三年生でAO入試受けました。
AO入試というのは、学力検査とは違い、自分の個性を十分に発揮できる試験だと思っています。
例えば、勉強があまり得意ではなくても、小論文や面接が得意な人はAO入試を受けた方がいいでしょう。
勉強ではなく、自分をめいっぱい出すことで大学側に自分を知ってもらうことが大事だと思います。
AOを希望する場合、大学によっては何かの実績が必要になることもあります。面接のときに話の繋がりがいいし。
また国公立でAO入試を実施しているところは…私の知っているとこりではありません。ないと思います。
AO入試で必要なのは、大学によって異なりますが大抵は小論文や面接だと思います。
自己推薦との違いは、自己推薦の場合学校の成績が見られます。
AOの場合は成績はあまり気にしないのではないでしょうか?

あまり質問の解答になっていませんが、これを機にいろいろ調べてみて下さい。
頑張ってください!
    • good
    • 0

 AO(Admission's Office)入試でしょうか。

でしたら、過去に参考URLのような質問もあったので、幾分か参考になると思います。
 私は一般入試しか経験していないので詳しくは知りませんが、「試験の成績」という画一的な基準ではなく、面接官が多角的に見て「入学してもらう価値がある」と判断した人を合格させる仕組みです。
 どのような人が選ばれるかは学校、学部により違うと思うので、受験雑誌などで情報を探すか、志望校を決めてからここで聞くというのが良いのではないでしょうか。

 受験まであと一年ですね。無事に春を迎えられますようにお祈りいたします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1170130
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAO入試って何ですか?

AO入試って何ですか?
ボランティアや部活やってれば勉強できなくても大学入れちゃうんですか?

Aベストアンサー

元塾講師です。

 AO入試に関しては、受験生の立場としてどのような試験かを説明するのではなく、「大学側の考え」を書きます(そのほうが理解がしやすいと思います)。
 
 実は大学に入ってくるお金の中に「受験料」というものは非常に重要です。通常学生は年間100万円程度払い、年間200日登校した場合は1日5000円程度学校に払っていることになります。しかし、受験ではそれが3,5万円になり、大会場で行い教員等の費用も安く済みます。また数に対しても学生の何倍もの受験生がいるわけで(倍率が高ければですが…)、それこそ通常の1日の何十倍ものお金が大学に入ることになります(国等からの補助金等は今回考えません)。特にAO入試などは、そこそこネームバリューがある大学が、一般では到底かなわないから受験しない受験生が殺到してくれるので凄く儲かります。また、定員割れしている大学の場合、「筆記試験がないよ」という飴をぶら下げてそれにつられる受験生の獲得という目的もあります(大学を卒業するのに400万円程度は結局払っています)。

 一般的に受験生は大学を選ぶ基準として大学のブランドや就職活動時の強さで決めます。その時に大学のブランドをアップしてくれる人がAOでは合格することになります。大学側というのは一般で取ろうとAOで取ろうと自由です。つまり、自分たち(大学側)が、「AO10人、一般100人」にしているだけで、「AO30人、一般80人」にしてもいいのです。では、AOの定員はどこで決まるのか?それが、「大学に貢献する度合い」です。AOの合格者数を増やしたら、一般の定員を減らさないといけません(大学の総定員は設備である教室の座席数等によって決まっているのでそう簡単には変えられません)。つまり、AOの合格ギリギリの人と、一般の合格ギリギリの人は比較されているのです。そのため、AOの人は筆記試験はない場合が多いですが、筆記合格者の筆記能力と(大学への貢献では同じレベルで)AOで試される試験の能力が近かったり勝っていないとAOでは合格しません。
 
 スポーツ推薦等はまさにこの典型で、「箱根駅伝でしか有名でない大学」がいくつか存在しますが、もしその大学に箱根駅伝がなかったら、それこそ「本当に無名大学」です。その無名大学群から一歩抜け出すために、箱根に大学の全精力をかけているのです。そうすれば無名大学の中から受験校を決めようとしているひとに強力なアピールになります。すると、大学にはお金が入ってくるわけで、スポーツ推薦をした甲斐があるということになります。
 AOも根本は一緒で、AOの場合は、「就職活動で活躍」が求められています。近年、受験生はその大学からどれだけいい企業に就職できたかを考えています。そのため、「就職活動時に活躍する人」をAOで青田買いしていると考えられます。一般試験では筆記ですが、AOでは面接や自己PRなど就職試験と同じ方式で試験ができるので就職試験時に活躍する人かどうかを見れるというわけです。この能力がAOに求められている部分で、そうした能力の証拠としてボランティアや部活動に積極的に関わったかを見ています。ただ、部活やボランティアをやっているひとはそれこそ受験生でも5万といます。実績がないと意味がないです。ちなみに灘高校のスーパー高校生のTehuさんという方は、スマホのアプリ開発をしていてその企業の社長もしています。彼はそうした活動が認められて、来年度慶應に進学が決まっています。彼もAO入試突破組です。大学としては普通の筆記合格者よりよっぽど価値があると考えたのでしょう。たしかに彼は筆記試験を受験していません。しかし、筆記試験で求められる能力のレベルを遥かに超える別の能力があります。AOとはそういうものです(他にもありますが、それは今回関係ないようなので省略します)。

 ちなみに、そんなことはないと思いますが、AOではこうした長い文章や口頭質問を聞いて自分の意見を述べることもあります。その程度の文章が「長い」と感じられるなら、まずは。しっかり文章や会話を聞きとるだけの能力がないと、面接で何を聞かれているかが分からず。明後日の方向の回答をしてしまいますよ(念のためです、そうでなければ申し訳ないです)。
ご参考までに。 

元塾講師です。

 AO入試に関しては、受験生の立場としてどのような試験かを説明するのではなく、「大学側の考え」を書きます(そのほうが理解がしやすいと思います)。
 
 実は大学に入ってくるお金の中に「受験料」というものは非常に重要です。通常学生は年間100万円程度払い、年間200日登校した場合は1日5000円程度学校に払っていることになります。しかし、受験ではそれが3,5万円になり、大会場で行い教員等の費用も安く済みます。また数に対しても学生の何倍もの受験生がいるわけで(倍率が高ければです...続きを読む

QOA入試の受験

現在社会人ですが、もう一度大学に行こうかと
考え中の人間です。
普通にセンター試験を受けて、一般入試で
挑もうかと考えていたのですが、
行きたい学科でOA入試が実施されるのを知りました。
倍率は15倍と高倍率ですが、試験は行われず
代わりに面接や論文で判定されるようなので
今すぐではないですが、受験を考えています。
しかし、高倍率なため、当然不合格となる可能性が
大きいです。
でも、やはり行きたいので、落ちてもまた受験すると思います。

そこで質問なのですが、毎年面接を行っているので
何回も受けに行っていたら、さすがに面接官の方に
またこの人受けに来ているんだ、って覚えられてしまうと思うのですが
実際いちいち覚えていないもんでしょうか?
仮に覚えられているとしたら、それはチャンスでしょうか?
それともしつこいな~と思われるだけでしょうか?
また、落ちても何度も受けるって、無謀でしょうか?

Aベストアンサー

AO入試のことだと思いますので、AO入試のことで回答します。

高3の娘が難関私大のAOを受けて合格しました。
一次試験はエッセイや、自己アピールなど、ハンパじゃない小論文の量でした。また、二次試験は、保護者控え室にいたのですが、明らかに高校生でないという受験生が結構多かったように思えます。

AOにもいろいろタイプがあって、受賞歴や全国大会○位入賞などとハッキリした、ハードルが設けてある場合簡単なのですが、そうでない場合は合格の基準がわかリませんよね。正直、うちの娘が何故受かったのか今でも、よくわからないんですよ。合格者のエッセイが公開されているわけでもなく、面接も個人面接なので優劣はわかりません。


ただ、私が達した結論は受験生が過ごしてきた18年の全てが評価されると言う事だと。だから、あなたが20歳として20年の評価がされるわけですから、そこで落ちたとして翌年、21年の評価を受ける場合、よほどこの一年でとても大きな経験をしない限り、去年と一緒と言う判定を受けてしまうのではないでしょうか。

AOの書類審査や、面接はその学部の複数の教授がやる場合が多いので、あなたが違う学部を受けない限り、去年の受験者は憶えている可能性が大きいと思います。ただそれが良い方向に向かうか反対かは、教授の気持ち次第です。
AOはどの大学でも歴史が浅いので、大学全体のマニュアル化はされていないようです。教授個人または、学部の教授の合議にゆだねられる部分が非常に多いように感じました。

AO入試のことだと思いますので、AO入試のことで回答します。

高3の娘が難関私大のAOを受けて合格しました。
一次試験はエッセイや、自己アピールなど、ハンパじゃない小論文の量でした。また、二次試験は、保護者控え室にいたのですが、明らかに高校生でないという受験生が結構多かったように思えます。

AOにもいろいろタイプがあって、受賞歴や全国大会○位入賞などとハッキリした、ハードルが設けてある場合簡単なのですが、そうでない場合は合格の基準がわかリませんよね。正直、うちの娘が何故...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング