こんにちわ!!
英単語に詳しい方是非教えてください。

今、日本語を英語に直せなくて困っています。
営業部・製造部を英語で言うとなんていう単語に
なるのでしょうか?

製造部の製造とは”電子部品を製造”の製造です。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

営業部は、sales department の方が良いかも。

いわゆる営業部隊ですよね?

製造部は、No.1 の言い方以外に

manufacture department
production department
producing department

なんて言い方があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速使わせていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/10 14:42

営業部・・・Marketing department



製造部・・・Manufacture department

で良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
助かります。

お礼日時:2002/01/10 14:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q語源で英単語を覚える方法は大学受験に向いていますか? システム英単語という単語帳で英単語を覚えようと

語源で英単語を覚える方法は大学受験に向いていますか?
システム英単語という単語帳で英単語を覚えようとしていたのですがなかなか頭に入ってこないので語源がのっている参考書を買いました。しかし接頭語接尾語を覚えても、それ以外の語の意味がわからなければ意味がないと思いました。
例えば、provincial proが前に、ialが形容詞に と覚えてもvinceが何なのかわからなければ単語の意味も理解できません。
記憶力に自信がないのですが諦めて単語帳で覚えていくのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問者さんは、かなり優秀な方だと思います。私は、学生の時には、そういうことは気が付かなかったのです。単語を分解して覚えれば、英単語は覚えられると思っていました。

ところが、ある時点、覚えた単語が1万語ぐらいを越すようになって、分解した単語などで頭に入っているものは、ひとつもないとこに気が付きました。

pro + vinc+ ial

この説明ができる人はいるとは思いますが、それが、個々の語の組み合わせが、「地方の」という化学反応になる、というプロセスを説明できる人はいるのでしょうか。

語源で覚えるという方式で説明する人は、このような例を持ち出しきます。
precept pre- 前に cept 取る (前もって取る)→ 処世訓
detain de- 離れて、下に tain 持つ、保つ (離れて押さえつけておく)→ 勾留する

私には、こじつけのように思えてくるのです。

でも、私は、ちょっと言いたいと思うのは、precept や detain ぐらいは、まるっと覚えられないのでしょうか?(ただし、これらは受験単語ではありません)

私は、こういう方法は、リスクが大きいように思うのです。
abrupt (突然の)、erupt(噴火)、corrupt(崩壊する)
"rupt"という語源で結びつけて覚えるにしては、脈絡がなさすぎるように思います。

もちろん、私の持っている単語集に、語根が書かれていて、こういう意味だと載っているものはあります。例えば、alb =白, andr=男, bi =生物, gen =遺伝子
でも、それは分野が限られているものです。必ず、そういう決まりで使われる単語があるわけで、そういう特定の分野があるということだけなのです。

そうでもなければ、私のハンドルの元、Wind+Fall ぐらいなら、
「風が吹いて、りんごが落ちる」 ->棚からぼたもち
と結びつきますが、そんな単語は数少ないのです。

もう一つ、リスクの高いのが語呂合わせなのです。
「あぐり(吉行)さんは、ugly だ」というのは笑い話でいいけれども、度が過ぎるものもあります。「solemn (ソ連)は、厳粛な国だ」とやってしまったら、それは、もう越えてはいけない部分を超えていると私は思うのです。

solemn と言ったら、"The priest read a solemn invocation in the new church." とか、宗教的なものを思い浮かべます。私たち外国人には、想像できないものもあるものの、なるべく近い所まで近づこうと試みます。

また、add -> addition -> additional こういう覚え方をしてよい、という人がいますが、add は、基本単語として、
addition は、It is hot, in addition, is muggy. というように覚えられないかなって思います。

これらの欠点は、英単語に別のイメージを持たせてしまうという問題点があります。

ところで、『システム英単語』は、覚えられませんか?
ミニマムフレーズというもので、覚えやすいように工夫されているはずですが、それでもうまくいきませんか?

単語帳の使い方というのは、まるっきり知らない単語がずらずらと出てくるものよりも、ある程度(6割り程度)知っているものを確認していく、というスタイルのほうが効率がよいのです。市販の英単語帳そのものは、勢いをつけて、長くても3ヶ月程度で終わらせてしまう、という方がよいようです。

受験で効率よく覚える方法は、単語集から、覚えたものをどんどん減らしていく方法を取っていくのが、楽で早いのです。
1回目ぐらいで、2割はすぐに覚えられるもの。10回やっても、1~2割は、覚えないもの。その残りは、4~5回の内には、未知だった単語が、未知ではなくなっています。6回過ぎくらいで定着してきます。得てして、ネガティブな部分ばかりを気にして、覚えたものに意識がいっていないこともおうおうにしてあります。

もう一つは、結果を早く求めすぎているということもあります。英単語をいくら覚えても、ほとんど試験の点数には反映してきません。しかし、ある日、英文読解が苦にならなくなっている時に気がつくのです。毎日、規則的に単語をチェックしていく、そんな作業の毎日が次に繋がるのだと思います。

ご質問者さんは、かなり優秀な方だと思います。私は、学生の時には、そういうことは気が付かなかったのです。単語を分解して覚えれば、英単語は覚えられると思っていました。

ところが、ある時点、覚えた単語が1万語ぐらいを越すようになって、分解した単語などで頭に入っているものは、ひとつもないとこに気が付きました。

pro + vinc+ ial

この説明ができる人はいるとは思いますが、それが、個々の語の組み合わせが、「地方の」という化学反応になる、というプロセスを説明できる人はいるのでしょうか。

...続きを読む

Q英単語を 英語日本語と繰り返して英単語を覚えているんですが 品詞はどのようにして覚えていけばいいんで

英単語を

英語日本語と繰り返して英単語を覚えているんですが
品詞はどのようにして覚えていけばいいんでしょうか??

Aベストアンサー

再度回答します。

私は品詞を覚えなくてもいいと言っていません。
名詞と動詞は日本語と全く同じなので、努力せずとも自然にわかります。
すると
SVCのCの半分は名詞で、この形をとる動詞は限られている
SV は名詞と動詞
SVCは名詞と動詞と名詞
SVOO 名詞 動詞 名詞 名詞
SVOCは名詞、動詞、名詞、大部分は名詞

文の骨は名詞と動詞でできています。

つまり、名詞(わかりやすい)と動詞をしっかり覚えれば、
単語の意味を知っていれば、品詞を気にせずとも、あとは文を読めばわかるという意味です。

Q可愛い英単語・かっこいい英単語を教えて!

夢小説のタイトルに使えるような、可愛い英単語、かっこいい英単語を教えてください。読み方や意味も含めお願いします。

Aベストアンサー

(1)beloved(愛されている、愛しの) 例文:My beloved wife(僕の愛しの妻)
(2)fondle(~を愛撫する) 例文:I fondled her softly(僕は彼女を優しく愛撫した)
(3)adorable(とても可愛い) 例文:An adorable dog(可愛い犬)
(4)loveless(愛情のない、冷淡な)
(5)lovelock(女性の愛嬌巻き毛)
(6)lovesick(恋の病にかかった)
(7)crazy(狂った、夢中な) 例文:I'm crazy for you(私はあなたに夢中よ)
(8)engagement ring(結婚指輪)
(9)erosion(侵食)
(10)secret(秘密) 例文:A secret kiss(秘密のキス)
(11)slave(奴隷) 例文:I'm a slave for you(私はあなたの奴隷よ)
(12)love(愛、恋) 例文:I'm in love with you(私はあなたに恋してる)
(13)shooting star(流れ星)

こんなものでしょうか。
すてきな夢小説を楽しみにしています。

(1)beloved(愛されている、愛しの) 例文:My beloved wife(僕の愛しの妻)
(2)fondle(~を愛撫する) 例文:I fondled her softly(僕は彼女を優しく愛撫した)
(3)adorable(とても可愛い) 例文:An adorable dog(可愛い犬)
(4)loveless(愛情のない、冷淡な)
(5)lovelock(女性の愛嬌巻き毛)
(6)lovesick(恋の病にかかった)
(7)crazy(狂った、夢中な) 例文:I'm crazy for you(私はあなたに夢中よ)
(8)engagement ring(結婚指輪)
(9)erosion(侵食)
(10)secret(秘密) 例文:A secret kiss(秘密のキス)
(11)slave(奴...続きを読む

Q文構造自体はある程度把握できるけど英単語が全然わからないことを前提に質問しますが、そういう人は英単語

文構造自体はある程度把握できるけど英単語が全然わからないことを前提に質問しますが、そういう人は英単語をどのように覚えた方がいいでしょうか?
私の場合、長文を見てると毎回単語帳に載ってない単語が出てくるため、少し不安になって長文で覚える方を優先しがちなのですが何かアドバイスをよろしくお願いします。(長々と申し訳ないです)

Aベストアンサー

こんにちは。

英単語を覚えるコツのようなものがあると思います。
覚え方そのものではなくて、英単語を段階的に覚えるということだと思うのです。
単語帳とおっしゃると学生さんなのでしょうか。

ある時期からは、単語帳がなくなってしまうか、極端にレベルの高いものになってしまいます。単語には、単語レベルというのが、それぞれの組織によって存在しますが、大雑把には似通ったものです。

受験レベルですと、ALCのランク9 などは出てこないはずですが、紛れ込むこともあります。
ただ、覚える時は、なるべく自分の今のレベルを越えたものが多くでるようなものは避けるようにしたほうがよいです。

段階別のレベルは、例えば、
Alc 社のSVL という名前で12段階に分かれています。
http://www.alc.co.jp/vocgram/article/svl/

こういうランクで出来たものを、一歩ずつ段階的に上がっていくと語彙力が目に見えて上がるのが分かってきます。その前に、自分が今どのぐらいかの実力か、測ってみるのも良いと思います。

http://www.alc.co.jp/tg/vocab/
https://uwl.weblio.jp/vocab-index

なお、学力試験では、学生さんたちが分からない英単語は、それほど多くないような作りになっているはずです。

こんにちは。

英単語を覚えるコツのようなものがあると思います。
覚え方そのものではなくて、英単語を段階的に覚えるということだと思うのです。
単語帳とおっしゃると学生さんなのでしょうか。

ある時期からは、単語帳がなくなってしまうか、極端にレベルの高いものになってしまいます。単語には、単語レベルというのが、それぞれの組織によって存在しますが、大雑把には似通ったものです。

受験レベルですと、ALCのランク9 などは出てこないはずですが、紛れ込むこともあります。
ただ、覚える時は、なるべ...続きを読む

Q大学入試の英単語だけでなく英熟語のマスターも必要ですよね?となると英熟語帳も買ったほうがいいのでしょ

大学入試の英単語だけでなく英熟語のマスターも必要ですよね?となると英熟語帳も買ったほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

英熟語というのは、底がしれないです。
古典的な昔の西部劇時代のものから、現代のアメリカの野球やスポーツにまつわるものまで、多種多様です。

面白い部分はあっても、それが入試に直結はしません。

私は、英熟語集は何冊か集めてみました。

東進の安河内哲也さんの、前置詞から逆に動詞を付けて意味を決定していく
大西泰斗さんのように、前置詞自体のイメージを把握して、動詞に当てはめていく

ひとつのポリシーを持った人の教え方からすれば、このようなものがあります。

>英単語だけでなく英熟語のマスターも必要ですよね?

私は、よほど,ネイティブ英語に慣れていない限りは、英熟語自体を勉強すると、泥沼化していくような気がします。単語レベルとは違うものがあります。まず、自分が受験する英語全体の何割になるのか、受験大学によっては、熟語に代わる単語で補えるものもあります。会話文の多いところでは、英熟語の度合いが強くなりますし、アカデミックなものには、極めてすくないです。

私たち非英語国民にとって、英熟語は簡単なようでいて遥かに難しいのです。大西さんの言うように前置詞のイメージを捉えるというのは、私のようにひねくれている人間には、その説明は詭弁のように聞こえてくるのです。それは、答えを知っている人にとっては納得できても、答え(意味)を知らない人間にとっては、そんなものはインチキだと思ってしまいます。

例えば、look over と言えば、「全体をざっと見渡す」という意味にはなるのですが、overlook という動詞には「見落とす」という意味があります。look over の over が動詞の前と後ろで意味が変わる?というのも、理屈をつければなんとでもなるのですが、そう簡単に切り替えもできるわけもありません。結果からみれば、180度違います。

だから、基本動詞、go, give, come, get, bring, look などと、前置詞を組合せた代表的なものを攻略するぐらいが妥当だと思うのです。どれぐらい知っているかにもよりますが、あえて、新しいものに手を付けるだけの余裕がありますでしょうか。

英作文に必要な場合を備えるなら、新しい熟語にあえて挑戦するよりも、自分の知っている範囲でこなしたほうが安全だと思います。それでもするなら、前言とは矛盾はしていますが、大西泰斗さんの古い書籍ですが、研究社出版の『ネイティブスピーカーの前置詞』などは参考になるかと思います。また、アルクのキクジュク[Basic]あたりで、十分に備えられると思います。(これはあくまでも、個人的な考えです)

英熟語というのは、底がしれないです。
古典的な昔の西部劇時代のものから、現代のアメリカの野球やスポーツにまつわるものまで、多種多様です。

面白い部分はあっても、それが入試に直結はしません。

私は、英熟語集は何冊か集めてみました。

東進の安河内哲也さんの、前置詞から逆に動詞を付けて意味を決定していく
大西泰斗さんのように、前置詞自体のイメージを把握して、動詞に当てはめていく

ひとつのポリシーを持った人の教え方からすれば、このようなものがあります。

>英単語だけでなく英熟語のマス...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報