危険資産・安全資産とはどのようなものをいうんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

危険資産・安全資産というのは、一般に金融資産に関する用語です。

金融資産が危険か安全かを決めるのは、ボラティリティ(volatility:不安定性とでも訳せますか)の高さです。つまり、いかに期待しているリターンからかけ離れる可能性が近いかによって危険資産か安全資産かが決まります。

例えば、政府発行の国債などは、満期が来れば購入時の期待リターンが償還されるのはまず確実なので安全資産の典型的な例と言えましょう(金融論の世界では、国債はリスクフリー(リスクが全くない)な安全資産とみなされます)。一方、新興企業の株などは、リターンが1年で1000%になることもあれば株が紙くずになることもあるので危険資産と呼ばれます。

大雑把に言えば、
(1)国債→(2)社債(大企業)→(3)社債(中小企業)→(4)株式(大企業)→(5)株式(中小企業)
の順に危険度が高まります。あえて言うならば、(1)、(2)が安全資産、(5)が危険資産ですかね。(3)と(4)は特に呼び名がないと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポートフォーリオ分離定理がよくわかりません

証券分析で、ポートフォリオ理論のところに出てくる、危険資産のポートフォリオに安全資産を組み入れると、投資家のリスク許容度に関係なく、一意に安全資産とリスク資産のウエイトが決まる、これを分離定理という、という説明がありますが、どういうことなのか、色々本を読みましたが、さっぱり分かりません。どういうことをいいたいのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者の方がどこまで理解できて、どこから理解できないのかがわからないので、何とも説明しづらいですが、

まず危険資産(例えば株式)だけのポートフォリオを考えると、ポートフォリオの分散効果が働いて、これらの危険資産ポートフォリオの有効フロンティアが描けるというところは理解できているのでしょうか。
Y軸に期待収益率(リターン)、X軸に収益率の標準偏差(リスク)をとると、左上に向かって凸となる曲線です。
この有効フロンティア上の点は、いずれも、あるリスクが与えられたときに、最も高いリターンをもたらすポートフォリオとなっているので、理論上、この線上にないポートフォリオはまず選ばれることはありません。
では、この有効フロンティア上のどの点を選ぶのか(すなわちどの株式をどの位のウェイトで保有するのか)ですが、これはそれぞれの投資家のリスクとリターンの選好関係を表す効用曲線(右下に向かって凸)によって変わってきます。
よって、「危険資産のみのポートフォリオでは、投資家のリスク選好度によって、ポートフォリオを構成する危険資産の中身(種類とそのウェイト)が異なる」ということができます。

しかし、ここに安全資産(リスクがゼロの資産、Y切片の点)が入ると、この「危険資産の有効フロンティア上の点A(無数の点)」と「安全資産B(一点のみ)」で構成される新たなポートフォリオCをつくることが可能になります。そのときの点Cは、点Aと点Bを結んだ線上にあります。
点Aが危険資産の有効フロンティア上に無数にあるので、これと点Bを結んだ線も無数に引くことができる訳ですが、ここでも「同じリスク(X)であれば最も高いリターン(Y)をもたらすポートフォリオが望ましい」のですから、その線A-Bのうち、最も左上にある線(つまり点B=Y切片から危険資産の有効フロンティアへ引いた接線)だけが生き残ることになり(資本市場線といいます)、危険資産について言えば、有効フロンティア上の無数の点のうち、資本市場線との接点A*が唯一残ることになるわけです。

安全資産が入ることによって、結局、資本市場線上の点Cしか投資対象とならず、最終的には、投資家の効用曲線(右下に向かって凸)と資本市場線との接点C*が、その投資家の最適なポートフォリオとして決定されます。
ここで、この点C*は、危険資産の点A*と安全資産の点Bとのウェイトによって決まるのであって、どんな点Cであっても、点A*は変わらないのですから、危険資産の中身については常に同じです。
よって、「安全資産と危険資産からなるポートフォリオでは、投資家のリスク選好度によって、安全資産と危険資産のウェイトが異なるものの、危険資産の中身については、投資家のリスク選好度に関係なく一意に決まっている」ということができます。

ですので、ご質問中の「投資家のリスク許容度に関係なく、一意に安全資産とリスク資産のウエイトが決まる」という文はおそらく誤解ではないかと思われます。

図示できないので、わかりにくいと思いますが、下記URLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.sumitomotrust.co.jp/PEN/research/pdf/lecture1_04.pdf

質問者の方がどこまで理解できて、どこから理解できないのかがわからないので、何とも説明しづらいですが、

まず危険資産(例えば株式)だけのポートフォリオを考えると、ポートフォリオの分散効果が働いて、これらの危険資産ポートフォリオの有効フロンティアが描けるというところは理解できているのでしょうか。
Y軸に期待収益率(リターン)、X軸に収益率の標準偏差(リスク)をとると、左上に向かって凸となる曲線です。
この有効フロンティア上の点は、いずれも、あるリスクが与えられたときに、最も高...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報