人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

H3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生はカラ期間となりますが、私は大学在学のとき市町村の国民年金担当部課に大学在学中であることを申告しておりません。
年金受給申請をするとき、カラ期間だったと証明するため、先日、大学発行の在学期間証明書(何年何月何日から何年何月何日まで在学していたかを証明するもの)を入手しておきました。
この在学期間証明書は、カラ期間だったと認定してもらうために有効でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

社会保険庁のページから「老齢給付裁定請求書」(


http://www.sia.go.jp/sinsei/nenkin/saitei/shorui …
から読める PDF ファイル)
を見てみると、最終ページの「各欄の記入内容によって添えなければならない書類」のところに、ご質問の場合(「ケ欄3の期間がある人」)については
「在学期間を明らかにすることができる書類」とありますので、ご質問の在学期間証明書は、まさに最適な書類だと思います。

(この裁定請求書の内容をご承知の上での、踏み込んだご質問でしたらすみません。)

参考URL:http://www.sia.go.jp/sinsei/nenkin/saitei/shorui …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさに的確な回答有り難うございました。
早速、社会保険事務所へ行き照会したところ、次のような返事を頂きました。
-----------------------------------------------------------
給付裁定請求者が自己の判断で証明書無用と決め付け、在学期間証明書を添付しない場合も少なくありません。
裁定審査のとき、在学期間証明書が有用と判断した場合は、給付裁定請求者に在学期間証明書を提出するよう言っております。
この場合、給付裁定請求者は二度手間になるので、なにわともあれ給付裁定請求書提出時に在学期間証明書を添付することをお勧めします。

お礼日時:2006/02/28 14:32

>>本質問は、年金計算に反映するか否かを問うておりません。


>>また、カラ期間だったと認定してもらう必要があるか
>>否かを問うておりません。


 カラ期間の証明が必要になるのは、老齢年金を受給するときに保険料納付済期間と保険料免除期間を合わせても、300カ月に満たないとき、そのほか、カラ期間がある場合は、そのことを証明すれば足ります。
 したがって、保険料納付済期間と保険料免除期間を合わせて、300カ月をすでに越えているときは、カラ期間については、何もしなくともよいわけです。

平成3年3月までの期間で、かつ20歳以上で昼間部の学生だった期間(でかつ、国民年金に任意加入しなかった期間)はカラ期間となります。大学在学中に市町村の国民年金担当部課に大学在学中であることを申告する必要はありません。カラ期間の証明書としては、卒業証明書などで十分です。卒業したということは、卒業時点から遡る一定期間(大学なら4年間)に、その学校にいたことの証明になるからです。
    • good
    • 0

 カラ期間は、資格期間には影響しますが、年金計算には反映されないと思います。



 よって、カラ期間だったと認定してもらう必要があるかどうかが、問題となります。

 現在まで、厚生年金、国民年金等の加入期間はどうなっていますか(それぞれ何年)?また、年齢は?

この回答への補足

本質問は、年金計算に反映するか否かを問うておりません。
また、カラ期間だったと認定してもらう必要があるか否かを問うておりません。
本質問欄に記載の通り、在学期間証明書はカラ期間だったと認定してもらうために有効か否かを問うております。
在学期間証明書が有効か否かを問うために、年齢や厚生年金・国民年金等の加入期間は関係ないと考え、記載致しませんでした。
在学期間証明書が有効か否かを問うために、年齢や厚生年金・国民年金等の加入期間が必要なのでしょうか?

補足日時:2006/02/24 11:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20歳以上で国民年金加入が義務になったのは、いつから?

主人が大学生の頃には、20歳で年金に加入する義務があったのかどうか、調べたいのですが、よくわかりません。私が大学生の頃は既に義務化されて、親が納めてくれていました。ということで、どこで調べたらよいのでしょう?

また、昨今、社会保険事務所の台帳から、納付記録が抜け落ちていて、未納扱いになっていることがあるらしいと、TVで放送していて、心配になりました。定期的に、社会保険事務所にいって、納付記録をとった方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

大学生は、平成3年3月末日まで任意加入でした。
平成3年4月1日より強制加入となりました。
そのため、大学時代任意加入だった方は、年金の給付裁定請求書を提出するとき在学期間証明書を提出しなければなりません。
http://hanyous.mhlw.go.jp/shinsei/crn/download/form/05730/paper/001-000/nenkin42.pdfの5ページの「ケ」「3」と、8ページの「3表」の「ケ欄」の「3の期間のある人」をご参照下さい。
もしも、質問者様のご主人が私立大学で、将来この私立大学が解散・倒産などになったとき、在学期間証明書を発行してもらうことが出来なくなります。
今のうちに在学期間証明書を入手することをお勧めします。

http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htmの年金個人情報提供サービスを利用すれば、社会保険事務所へ出向かなくても自己の記録をインターネットで閲覧することができます。

Q学生時代の国民年金を払っていないのですが、、、

25歳会社員です。
学生時代、二十歳になってから就職して厚生年金を払い出すまでの期間、
国民年金を全く払いませんでした。
おおよそ、30万円ほどです。
就職後はずっと、会社で厚生年金、国民年金をそれぞれ払っています。
月に25000円くらいでしょうか(合わせて)。
払っていない30万円をそのまま払わないと、
30万を今払うのと比べてどれくらいの差が老後に出るのでしょうか。
また、学生時代の未納分はいつまで払うチャンスが与えられるのでしょうか。
今はまだ請求がきますが、無視しつづけてしまっています。

Aベストアンサー

私も未納分を収めようかどうしようか迷ってます。(年金制度はころころ変わるので)
年金支給時までの物価の上昇と自分でそのお金を運用したときの運用利率が等しいと仮定するならば、(物価上昇率と賃金上昇率があまり差が開かなくて)

現在の老齢基礎年金の満額が 804,200円なので、もし未加入期間が24ヶ月だとすると二十分の一に当る40,210円が現在の価値にしたとき年間当り貰えなくなる分だと私は思っています。

300,000÷40,210=7.46  65+7.46=72.46(才)

もし私の仮定した通りだとしたら上の歳より長生きするんだったら薦めるし、そうでなければ薦めません。また、物価上昇率より自分で運用した方がはるかに高利率であれば上の年齢よりもう少し長生きしないといけません。

ただ、年金制度はころころ変わるので貰える年齢が高くなってる可能性があります。太く短くいきるのなら、収めないほうが良いのではないでしょうか?
ただ、長生きしたときは後悔するかもしれないですね。

素人考えですみません。

私は、もしかしたら未納推進派かもしれません。
ただ、身内(四親等)は戦争と事故以外では若くして死んだ人はいません。基本的に80以上は生きてます。現在、おじおばに当る人は70~100歳にほとんど入ってますが元気です。(20数人いるけど)祖父祖母ともに90歳は超えています。だから、自分も長生きするんじゃないかと思っています。そしたら、逆に年金を払わないことによって国の負担を軽くしてあげてると思ってます。(年金は生きてる限り半永久的に貰えるので)
まあそれは屁理屈でしょうが…。

私も未納分を収めようかどうしようか迷ってます。(年金制度はころころ変わるので)
年金支給時までの物価の上昇と自分でそのお金を運用したときの運用利率が等しいと仮定するならば、(物価上昇率と賃金上昇率があまり差が開かなくて)

現在の老齢基礎年金の満額が 804,200円なので、もし未加入期間が24ヶ月だとすると二十分の一に当る40,210円が現在の価値にしたとき年間当り貰えなくなる分だと私は思っています。

300,000÷40,210=7.46  65+7.46=72.46(才)

もし私の仮定した通りだとしたら上の...続きを読む

Q国民年金に未納期間があります。

現在51歳になります。
年金照会したら20歳から25歳まで
国民年金に加入扱いの未納扱いになってます。

この期間は浪人→アルバイト→学生、という生活をしてました。
その頃は無知で国民年金という制度は知りませんでした。
国民年金について
親から話を聞いた記憶もありません
というか、その頃は国民年金制度なんてあったかな?

25歳からは国民年金、共済年金、厚生年金、国民年金と、
年金は変化しましたが、未納期間はありません。
今になってこの5年って結構大きいと感じます。
私は60歳には絶対に仕事を辞めたいのですが、
満額もらうには5年延長して
65歳まで納付しないとならないですよね?
現在全額免除中ですが未納期間5年分は
免除制度の適用はありませんか??
なんだかしっくりしません。

Aベストアンサー

> 現在51歳になります。
2012年時点で51歳と言う事は・・・
 2012年-51歳-25(和暦換算係数)
  =2012-76
  =1936
 ⇒ 昭和36年のお生まれ[推測]
どうでも良いことですが、私より少し先輩ですね。

> 年金照会したら20歳から25歳まで国民年金に加入扱いの未納扱いになってます。
> というか、その頃は国民年金制度なんてあったかな?
年金制度史を無視した解説が書かれているので、勝手ながら歴史を踏まえて説明いたします。
○ 国民年金制度は昭和36年4月1日から実施されており、このときを持って『国民皆年金』と歌っております。ですから、ご質問者様は生まれた頃から既に法律は存在していました。
○ 昭和60年に公的年金制度全般に亙る大改正が行われたことから、昭和60年の大改正前の国民年金法及びその改正部分を『旧法』と呼んで区別しますが、ご質問者様が20歳になられたと思われる昭和56の時点に於いても、20歳以上は強制加入が原則。
 ですので、浪人中は国民年金に強制加入なのに、納付を怠っていたと言えます。
 アルバイトに関しては、多分、厚生年金に加入させてくれなかったので、これも国民年金に強制加入なのに保険料の納付を怠っていた。
○ では例外はないのかと言うと・・・旧法では一定の者は強制加入から外されており、加入義務は発生しないから保険料を納める義務も無い[保険料を納めたいものは任意加入する]となっております。そして学生はこれに該当いたします。この任意加入できる期間中に国民年金加入していなかった月は、昭和60年の大改正[昭和61年4月1日から適用]により『合算対象期間』と見做すと定めております。
  http://blog.livedoor.jp/sawaikiyoharu/archives/51221692.html
  http://www.nona.dti.ne.jp/~nenkin/kiso/gassan.htm
  http://allabout.co.jp/gm/gc/13431/
  とは言え、ご質問者様が学生であるという事実を国(当時は「厚生省」管轄下の「社会保険庁」)は知りません。自己申告が無い限り、『20歳以上は強制加入』と言う原則が貫かれます。
○ では、26年以上前の手続きミスは修正できないのかと言うと、修正可能です。↓は実際に年金盛況手続きの際に修正する場合になっておりますが、気づいた現時点で行った方がよいと考えますので、お手数とは思いますが「年金事務所(旧 社会保険事務所)」に出向いて、じっくりと相談なさってください。
   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1984042.html
○ 序に・・・
  A 学生が任意加入でいられたのは平成3年3月31日までです。
  B 平成3年4月1日以降の学生であった期間は「強制加入」。しかし、免除申請を行うことで保険料納付義務が免除され、免除から10年以内であれば保険料の追納が可能。

> 今になってこの5年って結構大きいと感じます。
> 私は60歳には絶対に仕事を辞めたいのですが、
私も60歳で退職したい。

> 満額もらうには5年延長して
> 65歳まで納付しないとならないですよね?
> 現在全額免除中ですが未納期間5年分は
> 免除制度の適用はありませんか??
上記に書いた「合算対象期間」として認められたとしても、それは受給権の判断に使うための期間が増えるだけです。
満額受給を目指すのであれば、65歳まで国民年金に任意加入。

> 現在51歳になります。
2012年時点で51歳と言う事は・・・
 2012年-51歳-25(和暦換算係数)
  =2012-76
  =1936
 ⇒ 昭和36年のお生まれ[推測]
どうでも良いことですが、私より少し先輩ですね。

> 年金照会したら20歳から25歳まで国民年金に加入扱いの未納扱いになってます。
> というか、その頃は国民年金制度なんてあったかな?
年金制度史を無視した解説が書かれているので、勝手ながら歴史を踏まえて説明いたします。
○ 国民年金制度は昭和36年4月1日から実...続きを読む

Qねんきん特別便、学生カラ期間について

ねんきん特別便が、先週、私のところにも届きました。
(勤務先の社会保険担当者から手渡しで)
学生のカラ期間の表記について、ご存知の方、教えてください。

届いた特別便の履歴欄は、強制加入となった平成3年4月1日から国民年金に加入
となっていて、これ以降の履歴のみが書かれています。
書かれた履歴に関しては、内容(加入期間、国年・厚年の別、納付・未納の別、加入月数)は
すべて間違いがありませんでした。

私は、学生強制加入前である平成3年3月31日までの期間に、約1年間、
20歳に到達かつ大学生(国内の全日制・4年制大学)の期間があります。
この期間は任意加入だったはずで、納付はしていません。
親に確認しても、一切払っていないとのことでした。
少し勉強したところによれば、この期間については、納付がなくても
「カラ期間」として25年の受給資格期間に合算されるはずですが、
ねんきん特別便には、この期間については何も表記がない状態になっています。
これでいいのでしょうか?

年金記録の紙の下の方にある集計欄では、国民年金の納付月数と厚生年金の加入月数の合計が
「11.年金加入期間合計」のところに記載されていて、
「12.の共済組合等~」は0(共済組合には加入したことはありません)、
その下の「13.合計加入期間」には「11.年金加入期間合計」と同じ月数が書いてあります。
「13.合計加入期間」に、このカラ期間は含まないのでしょうか?
含まない月数で書いてあっても、ちゃんとカウントしてもらえるのでしょうか?
ちなみに、学生であることを理由に年金納付免除、のような届出をお役所にした覚えは
全くありません。大学の方で出してくれるとも思えないのですが・・・。

(1)カラ期間が「13.合計加入期間」に入ってなくても大丈夫なのでしょうか?
(2)上の(1)で大丈夫じゃない場合、ねんきん便の回答に在学証明を添付するとか
お役所に何か届出をするとかの必要はあるのでしょうか?
***上記2点、わかる方いらっしゃいましたら、回答お願いします。

ねんきん特別便が、先週、私のところにも届きました。
(勤務先の社会保険担当者から手渡しで)
学生のカラ期間の表記について、ご存知の方、教えてください。

届いた特別便の履歴欄は、強制加入となった平成3年4月1日から国民年金に加入
となっていて、これ以降の履歴のみが書かれています。
書かれた履歴に関しては、内容(加入期間、国年・厚年の別、納付・未納の別、加入月数)は
すべて間違いがありませんでした。

私は、学生強制加入前である平成3年3月31日までの期間に、約1年間、
20歳に到達かつ...続きを読む

Aベストアンサー

カラ期間の確認は受給の時にするものです、
払込期間+免除期間で、受給資格25年が足りない場合にのみ必要となってくるものです。
不足する方の場合で、学生のカラ期間がいる場合は在学証明書を添付して証明することとなっています。ですので、現在届ける性質のものではありません。
まだ、受給されてない方について、とくべつ便で、カラ期間は含まれていません。

特に問題ありません。


人気Q&Aランキング