イランでこの両派が対立していますが、教義が違うのでしょうか。それとも宗教的な相違はあまりなくてもただ中が悪いだけなのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

教義が若干違います。


イスラームの基本信仰箇条である「アッラーの他に神は無し」「ムハンマドはアッラーの使徒なり」については同じですが、ごく簡単にいうと預言者の後継者(=後世の指導者)の資格についての考えの違いから、イスラーム史の比較的初期のうちに分かれました。スンナ派(スンニー)は血統による世襲にこだわらなかった主流、シーア派は預言者(ムハンマド)の血を引く子孫に特別の資格があると考えた少数派(というか、戦って負けて少数派になった)が連綿とその後千年以上も残っているもの。イスラームの戒律や慣行についても、今では双方で微妙に違いがあります。一般には、シーア派のほうが信仰の内面を重視するが、戒律についてはスンニーの方が厳密に実行する傾向にあるとされます。
(例えば、イラン人は今でも意外に酒を飲む人は多いし、ラマダーンの断食をしない人もいます。シリアやエジプトや湾岸アラブ諸国の方がずっと戒律を守る率は高い。)
現代ではシーア派の地域に行くと、ホメイニの肖像とかが街角に大きく掲げられていたりして、そういう点で普通のイスラーム(スンニー)の地域とはちょっと違うと思います。
歴史的には、シーア派を支えたのは主にイラン民族です。

スンニの教義ではシーア派は異端で、真のムスリムには含まれません。スンニーの一般ムスリムに尋ねても、シーア派への宗教的共感は全く無いようです。
ただ、現代においては、ムスリムの間では「世界の中でムスリムは被害者である」という思い込みが強いため、例えば欧米・国連がイランに圧力をかけると「ほらみろ、やはり欧米はイスラームの国を目の敵にしているではないか」という風には見る。でも、シーア派のイランのために一緒に戦おう気には全くなりません。スンニーから見ればシーアは理解しにくい異常な教派に過ぎないから。

>イランでこの両派が対立していますが

イランではなくイラクですね。イランは圧倒的なシーア派国家で、それに対立するようなスンニ勢力は無いです。
今のイラクは、イラク社会を混乱させ内乱状態を激しくさせようとするテロリスト勢力(アル・カーイダなどに同調する連中。また、旧サッダーム・フセイン派など)が、スンニーとシーアとの間で紛争を起こさせようと煽り立てているので異常な対立状態になっています。普通は、なんとなく共存してきたのです。
普通のまともな時代、まともな状態では、ムスリムだって、宗教の違いだけで他人と全面対立したり殺し合ったりなんてしません。
    • good
    • 55

2番です。



>なぜ厳しい対立をしているのでしょうか

シーア派とスンニ派の場合、教義内容で対立しているわけではありません。
正当カリフの正当性による対立、つまり、1500年前の権力闘争に由来しているのです。

教義内容からすれば、シーア派内のドルーズ派と12イマーム派(イランの国教)では、同じ宗教とは思えないほど違ったものになっています。
スンニ派内でも、ファナフィー法学派(トルコなどに多い)とワッハーブ派(サウジアラビアの国教)では、全く異なった考え方をします。

現在では、スンニ派のワッハーブ派と、シーア派の12イマーム派の考え方は、極めて近い考え方になっていますが、過去のいきさつから、対立を繰り返しています。

そもそもこの対立は、4代目カリフであるアリー(ムハンマドの従兄弟で、娘婿)が、3代目カリフであるウスマーンを殺害したグループにより擁立されたため、ウスマーン支持者(主にウマイア家)とアリー支持者(主にハシム家)の対立に端をはっしています。

その後、アリー支持者たちが、カルバラにおいて壊滅し、ウマイア朝が成立する過程で、ウマイア朝が、アリーの支持者(シー・アリー)を弾圧したため、シーア派内に、強い反発心を根付かせます。
さらに、ハシム家の一族であるアッバースの子孫が、シーア派の反発を利用し、ウマイア朝を倒しアッバース朝を起こしますが、カリフの地位につくと、シーア派を弾圧します。
この事が、シーア派の反発を呼びます。

これは、シーア派にとってカリフとは、アリーの子孫以外ありえず、ムハンマドの叔父での一族のアッバース家であっても、カリフとして認めないためであったと思われます。

教義内容で対立しているのではなく、過去の遺恨が現在まで続いているのです。
    • good
    • 28

イスラム教の派閥には大きく分けて、スンニ派、シーア派、ハワーリジュ派の3つがあります。



スンニ派は、全体の85%程度を占める最大勢力です。
スンニ派は、スンナ(慣例)を重視する人達です。
このスンナは、開祖ムハンマドとそれに続く正当カリフであるアブー=バルク(ムハンマドの舅の一人)、ウマル(ムハンマドの舅の一人)、ウスマーン(ムハンマドの娘婿)、アリー(ムハンマドの従兄弟であり娘婿)の教えが中心となっています。

シーア派は、3代目カリフのウスマーンが、反乱軍により殺害され、殺害者によりアリーが新カリフとして擁立されたため、ウスマーンの一族であるウマイア家と戦争となります。
アリーがハワーリジュ派に暗殺されたため、アリー支持者が急速に減少し、現在のシーア派が形成されます。

ハワーリジュ派は、ウマイア家とアリーの抗争中に、アリーにカリフの資格が無いとしてアリーに反旗を翻した人達です。

教義の大きな違いは、スンニ派が、ムハンマドと正当カリフの教えを守ろうとするのに対し、シーア派は、アリーの子孫(イマーム)の教えを守ろうとする事です。
教義に不明点、実情に合わない点が有る場合、スンニ派では、宗教指導者や住民代表が合議の上決定したり、各地区ごとの合意を重視するのに対し、シーア派では、宗教指導者(現在イマームがいなくなってしまったため)の指示に従う事になっています。

イランは、イスラム革命以前は開放的な国でしたが、イスラム革命によりホメイニが実権を握ると、宗教指導者ホメイニの考え方が、イラン全てを被ったのは、このシーア派の考え方によります。

このように、シーア派では、教義が急展開する事があり、だれの教えに従うか(誰を宗教指導者とするか)が問題となり、いくつかの分派が存在します。

スンニ派では、スンニ派公認4法学派があり、建前では、スンニ派であれば、どの法学派に属しても良い事になっています。
4法学派は、イスラム法の解釈の仕方の考え方であり、同じ法学派に属していても、解釈が全く違っている事もありますし、別の法学派であっても、全く同じ解釈になる事もあります。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

詳しい解説をありがとうございます。大変よくわかりました。もうひとつ解説いただきたいのは、なぜ厳しい対立をしているのでしょうか。ルターの宗教改革のときは旧教と新教の対立のポイントがはっきりわかりますが、この件はよくわからないのです。

お礼日時:2006/02/23 15:12

こちらを参照してください。



参考URL:http://www.watanabesato.co.jp/wldculture/dnames/ …
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスンニ派とシーア派はなぜ対立するのですか?

スンニ派のイベントを狙った爆発事件がありました。

なんでも、スンニ派とシーア派の対立が問題にあるようですが、たまたまテレビを見ていた小学校4年生の娘が

「なぜスンニ派とシーア派はケンカをしているの?シーア派はなんで爆弾を使って仲間を殺すの?」

と聞かれ困ってしまいました。うまく説明できずに困っています。娘は両者が同じイスラム教というのはわかっているようです。

Aベストアンサー

シーア派とスンニー派の対立に関する歴史的背景についてはすでに適切な回答がなされていますので、別な観点について紹介します。

イスラム教は、多数の信者を有する大宗教にしては珍しいほど分派が少ない宗教です。キリスト教や仏教の分派の数は、覚えきれないほど数多く存在していますが、イスラム教の場合は、正統派(多数派)であるスンニー派以外には、シーア派、ドルーズ派、アラウィ派が知られている程度です。
また、これらの分派が発生した主たる理由も、キリスト教や仏教の分派と異なり、教義の相違に基くものではなく、宗教指導者の正統性など政治的(?)な見解の相違に端を発しています(分派が宗派として独立する段階では教義の違いも生じていますが)。それだけに正統派(多数派)と分派の対立は常に権力闘争の様相を呈し、世俗の政争と区別がつきません。

打続く権力闘争は過激派誕生の温床であり、合法的な権力闘争が過激な爆弾闘争に至る例は世界中にゴロゴロしています。

スンニー派もシーア派も、一般信徒は他派の信者を殺しはしません。爆弾闘争を行っているのは排他的な狂信者か、宗教の衣をまとった権力亡者とその手下のいずれかでしょう。こう考えれば、殺し合いの理由を普通の醜い権力闘争として説明できるのではないでしょうか。

シーア派とスンニー派の対立に関する歴史的背景についてはすでに適切な回答がなされていますので、別な観点について紹介します。

イスラム教は、多数の信者を有する大宗教にしては珍しいほど分派が少ない宗教です。キリスト教や仏教の分派の数は、覚えきれないほど数多く存在していますが、イスラム教の場合は、正統派(多数派)であるスンニー派以外には、シーア派、ドルーズ派、アラウィ派が知られている程度です。
また、これらの分派が発生した主たる理由も、キリスト教や仏教の分派と異なり、教義の相違...続きを読む

Q共産党は護憲派? それとも改憲派?

憲法論議がさかんになりつつあり、もしかすると数年の内には憲法改正が実現しそうな雰囲気です。

憲法に関する各政党の立場は、自民・公明・民主の3党は、内容は別として改正に積極的であると報道されています。

逆に社民党は、ご存知のとおり 「ガンコに護憲」 を党是としておりますので 「一字一句代えてはならない」 との明確な立場だと、私は理解しております。

そこで、共産党なのですが、第9条は代えてはならない、との強い主張だったように思いますが、社民党のように憲法全体も一字一句代えてはならない、という立場だったでしょうか? 

あるいは、第9条以外だったら内容によっては改正する事はOK、つまり改憲派の立場になるんでしょうか?  共産党の憲法改正に関する意見などが掲載されているサイトがあれば教えて頂きたいと思います。 なお、共産党のHPを見ましたが、第9条の話ばかりでした。

もうひとつ、第89条の、国は私立学校への経済的援助はしてはならない、という規定についての社民・共産 (もし護憲派なら) 両党の見解も知りたいです。 現行憲法のままで、私立学校への助成金という憲法違反を、どうやって憲法と整合性をとるのか、とても興味津々です。 

もし、憲法の規定どおりに学校運営を行なうのであれば、私立学校は途端に予算不足になるため、授業料の大幅値上げをせざるを得ず、一部の富裕層の子弟にしか教育の場が与えられない事になり、憲法14条にある、等しく教育を受ける国民の権利を阻害する事に直結しますよね。

あるいは、全ての私立学校を公立化すれば、憲法の規定に合致はしますが、莫大な教育予算を組まなければならず、これも非現実的なものとなります。

これらの疑問に答えて頂ける方、宜しくお願いします。 回答がされているサイトの御紹介でも結構です。

憲法論議がさかんになりつつあり、もしかすると数年の内には憲法改正が実現しそうな雰囲気です。

憲法に関する各政党の立場は、自民・公明・民主の3党は、内容は別として改正に積極的であると報道されています。

逆に社民党は、ご存知のとおり 「ガンコに護憲」 を党是としておりますので 「一字一句代えてはならない」 との明確な立場だと、私は理解しております。

そこで、共産党なのですが、第9条は代えてはならない、との強い主張だったように思いますが、社民党のように憲法全体も一字一句代...続きを読む

Aベストアンサー

共産党が変えたいと考えているのは第1章の天皇の部分だと思います。
下記URLの不破哲三氏の「綱領改定についての報告」の中程の「天皇制と自衛隊の問題」のところで、天皇制について「憲法の改定を必要とする問題」とする一方で、それは「将来、情勢が熟したとき」の問題だとしています。

今、改憲といえば第9条をさすことは、明白です。
改憲勢力は、アメリカから輸入されたとか、古くなった、あるいは現代に合わなくなったとか言ってますが、結局は同じことです。

今は憲法を擁護することが大事であって、下手に天皇制のことを持ち出せば、改憲勢力によって第9条が葬られることは明らかなのです。

後半部分の問題についても、同じ理由から改憲の議論には参加しないでおきます。

私学助成はなぜ必要なのかということでしたら、今後調べてみます。

参考URL:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-01-15/00_03.html

Qイスラム教のシーア派とスンニ派の違いについて教えてください。

イスラム教のシーア派とスンニ派の違いについて教えてください。

二つの宗派はどういった経緯で対立をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、ムハンマドの後継者を「イスラムの有力者から選ぶ」とするのがスンニ派で、「ムハンマドの子孫から選ぶ」とするのがシーア派です。
スンニ派のカリフとなるのには、ムハンマドとの血縁を必要としません。
しかし、シーア派のイマームとなるには、ムハンマドの正統なる子孫でなければなりません。
イスラム法には、神の言葉である「コーラン」、ムハンマドの決めた「スンナ」、地域や部族で決めた「イジューマ」、個人個人が判断する「キャース」があります。
スンニ派とは、スンナを守る人達という意味で、スンニ派のカリフは、スンナを変更できませんが、シーア派においてイマームは、ムハンマドに匹敵する権威であるため、スンナの変更が認められています。
そのため、時代が経過すると、スンニ派とシーア派では、イスラム法のスンナがちがってきてしまい、統合することができなくなり、どちらが正統かで対立するようになりました。
特に、カルバラの戦いで、当時のイマームのフセイン一行が、ウマイア朝の軍により、全滅させられてから、両者の対立は激化します。

Q【憲法・改憲派と護憲派】自民党が憲法を改正しようとしています。憲法改正は改憲派と呼ばれ、憲法改正

【憲法・改憲派と護憲派】自民党が憲法を改正しようとしています。

憲法改正は改憲派と呼ばれ、憲法改正反対は護憲派と言います。

なぜか日本ではアメリカ寄りの政治をしている自民党が改憲派です。

そしてアンチアメリカの日本共産党が護憲派で憲法改正に反対しています。

これっておかしくないですか?

普通なら日本共産党が改憲派で、自民党が護憲派のはずですよ。

どうなってるんですかこの国は。

自民党はアメリカの言いなりで法律を作ってきたのに憲法はアメリカの押し付けであり改憲したいと言っている。

一方の日本共産党はアメリカが嫌いで天皇制度も嫌いなのに憲法は護憲なのはなぜなんでしょう。

普通は逆ですよ。

Aベストアンサー

>普通なら日本共産党が改憲派で、自民党が護憲派のはずですよ。
なんでやねん?

 自民党は元々 改憲が目的で作られた政党ですよ?
 護憲なんていったら そもそもの存在意義がないです。

 そろそろ 反射で物事をガンガ得るのはやめましょう

Qスンニ派とシーア派って?

今、イラクのニュースでスンニ派とシーア派っていうのが出てきます。
子供に聞かれて答えれませんでした。
それぞれを簡単に説明いただければ幸いです。

Aベストアンサー

お子さんの年齢がわかりませんので、どの程度の理解ができるかわかりませんので、一番簡単な回答と、少し詳しい回答をしますので、参考にしてください。

簡単な回答

1500年ほど前に、ムハンマド(マホメット)がイスラム教を始めましたが、ムハンマドの死んだ後の後継者をだれにするかで対立が起きました。
ムハンマドのグループでムハンマドの次に力のあった人(アブー・バルク)を後継者とする(スンニ派)か、ムハンマドの親戚で、娘婿のアリーを後継者にして、ムハンマドの子孫を代々後継者とする(シーア派)かで後に戦争になり、それが今でもつづいているのです。

少し詳しく

ムハンマドには、成人した男の子がおらず、4人の女の子がいただけでしたので、死後後継者問題が起きました。(632年)
ムハンマドの死後後継者候補は二人いました。
イスラム共同体の最長老であり、友人であり、ムハンマドの娘アイーシャ(ムハンマドの死の前に死去、子供なし)の婿であったアブー・バルクと、ムハンマドの従兄弟であり、ムハンマドの唯一の孫を子に持つアリーでした。
イスラム共同体は、アブー・バルクを後継者(カリフ)としたため、アリー支持者との確執が起きます。
アブー・バルクは、2年と少しで死んでしまいますが、後継者としてウマル(ムハンマドの娘アイーシャを妻としていた)を指名し、ウマルの死後(約10年)ウマルが後継者としたウスマーン(ムハンマドの娘ルカヤとウンムを妻としていた)が3代目カリフとなります。
この後ウスマーンは、アリー支持者により暗殺され、アリーが4代目カリフとなります。
この行為に対し、アリーに対する反発が起きます。
その中心となったのが、殺されたウスマーンの一族であり、シリア総督であったウマイア家でした。
ウマイア家とアリー支持者の間で戦争になりますが、決着はつかず停戦が結ばれます。
この停戦に不満を持つグループ(ハワーリジュ派)が「アリーにカリフの資格が無い」とアリーのグループを離れ、アリーとウマイア家のウマウイアの暗殺を企てます。
ウマウイアの暗殺には失敗しますが、アリーの暗殺には成功し、ウマウイアはカリフになります。(ウマイア朝の成立661年)
ウマウイアは、アリー支持者の弾圧を行ったため、アリー支持者は、ムハンマドの孫フセインを中心にシーア派を結成し抵抗を続けます。
ウマイア家の弾圧のため、メッカを捨てて支持者の多い南部イラクへフセイン一行が逃れる途中カルバラで、ウマイア家の軍に包囲されフセイン一行は、二人を残して全員殺されます。
生き残ったうちの一人が、フセインの子アリーでした。
シーア派では、カルバラの悲劇を忘れず、スンニ派への抵抗を示すため、「アーシュラー」という儀式が行われます。
これは、殉教したフセイン一行の苦痛を味わうため、鎖で背中を叩き、血を流しながら行進する儀式です。
シーア派では、このアリーが初代イマーム(宗教指導者)となり、多数派であるスンニ派に対抗してゆきます。

こんなシーア派を利用して政権をとったのが、元ムハンマドの叔父の一族であるアッバースでした。
アッバースは、シーア派の力を借りウマイア家を倒すと自らがカリフとなり、シーア派を弾圧します。(750年)
(シーア派においては、宗教指導者はムハンマドの子孫であるアリーの一族に限るため、シーア派より、共同体の最有力者をカリフとするスンニ派のほうが都合がよかったため)
シーア派にとっては、さらに恨みが増した事態となりました。

909年に、チェニジアにファーティマ朝が成立します。
ファーティマ朝は、スンニ派であるアッバース朝・同じくスンニ派でスペインの後ウマイア朝に対抗するために、シーア派の国家として成立します。
これ以後イスラム圏最強国家がスンニ派を支持し、それに継ぐ国家がシーア派を支持する事になります。
現在イランでシーア派が有力なのは、オスマン・トルコにイランのサファフビー朝が対抗したとき、シーア派国家となったためです。

シーアとスンニ派の対立は、成立時の怨念を利用して後々の政治的対立に利用されたものであるといえます。

スンニ派のスンニとは、慣習の事で、ムハンマドの時代に共同体との間で交わされた習慣・協約で、スンニ派では、それを重視するため、スンニ派を名乗っています。
イスラム法においては、コーラン(神の言葉)、スンナ(ムハンマドの言葉、協約、慣習)、イジューマ(地域ごとの協約)、キャース(応用)からなりたっており、スンニ派においては、コーランとスンナは、変更できません。
一方シーア派においては、イマームにムハンマドと同等の権利が有るためスンナの変更がイマームによって行われる事が可能であるため、慣習やイスラム法の内容がスンニ派とシーア派では変わってきてしまい、簡単に統合できなくなってしまっています。

お子さんの年齢がわかりませんので、どの程度の理解ができるかわかりませんので、一番簡単な回答と、少し詳しい回答をしますので、参考にしてください。

簡単な回答

1500年ほど前に、ムハンマド(マホメット)がイスラム教を始めましたが、ムハンマドの死んだ後の後継者をだれにするかで対立が起きました。
ムハンマドのグループでムハンマドの次に力のあった人(アブー・バルク)を後継者とする(スンニ派)か、ムハンマドの親戚で、娘婿のアリーを後継者にして、ムハンマドの子孫を代々後継者とする...続きを読む

Q片思い・両思い・両嫌いな国

ってどこですか?たとえば北朝鮮⇔日本とかイラン⇔イラクとかトルコ→日本とかいろいろ。お願いしま~す。

Aベストアンサー

 いわゆる「○○国は親日国」といわれますが、実際は「日本なんてよく知らない。知らないから“嫌い”でもない」。さらには「日本を知っている」といっても、

・経済先進国(お金持ちの国)
・日本製品は優秀なので、よく利用している。
・「ワタシ日本文化ニクワシイネ。Oh、フジヤマ・ゲイシャガール・スシ・ハラキリ」(ファンタジーとしての「ニッポン」幻想)

この程度で日本の実情は知らない。そういった「知らないから“嫌い”ではない」レベルの認識が、拡大解釈されて「○○国は親日国」という都市伝説へと仕立て上げられるのはよくあることなので、あまり真に受けない方が良いでしょうね(有名なのは「フィンランドには東郷平八郎を記念したビールがある。同国はロシアから圧政を受けていたが、日本はロシアに勝ったから親日国だ」という都市伝説。実際は「世界の提督」シリーズビールで、日本代表として東郷平八郎元帥が選ばれていただけだったというオチ)。
 これは日本人だって同じでしょう。よく知らない国、断片的な情報しか得られない国に、嫌悪感は生まれないものです。

まあ、親日感情が利用できるなら利用しない手はないですがね(それが悪いというわけではないので)。

 いわゆる「○○国は親日国」といわれますが、実際は「日本なんてよく知らない。知らないから“嫌い”でもない」。さらには「日本を知っている」といっても、

・経済先進国(お金持ちの国)
・日本製品は優秀なので、よく利用している。
・「ワタシ日本文化ニクワシイネ。Oh、フジヤマ・ゲイシャガール・スシ・ハラキリ」(ファンタジーとしての「ニッポン」幻想)

この程度で日本の実情は知らない。そういった「知らないから“嫌い”ではない」レベルの認識が、拡大解釈されて「○○国は親日国」という都市伝説...続きを読む

Qイスラム教(シーア派とスンニ派)とイラク情勢について

表題の件について、以下の点をご教授下さい。
(1)イスラム教におけるシーア派とスンニ派の違い、またその特徴などについて。
(2)イスラム教のハムラビ法典は「目には目を」というのが有名ですが、「人殺しには人殺しを」という事も肯定されているのですか。
(3)イラク情勢とイスラム教との関係(もし、関係ないならすいません)
(4)「イラク情勢が悪化しているのは、アメリカ(軍)のせい」と聞きましたが、イラク情勢が好転するための条件とは何ですか。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イスラム教についての回答はすでに優れた回答があるので割愛します。

4)のイラクの情勢悪化ですが、単純に今回の米国軍のイラク攻撃のせいだけではありません。
もちろん、フセインとうい「重し」を退けてしまったために混沌とした感はあります。
しかし、それはあくまでも近々の出来事と「イラク」という国家を見ればの話です。
西アジアの国境は元々、100年ほど前に第一次世界大戦の関連で、英国を中心とした欧米帝国の合議の思惑によって引かれたものに過ぎません。
もちろん、大国の利害のみですからそこに住む人々のことなんてこれっぽっちも考えていません。
故に、宗派などの違いで住み分けていたところを関係なく線引きされたので混乱する要因となりました。
今、日本が見ている西アジアは欧米の色眼鏡を通して見ているということを意識する必要があるかもしれません。
そして、できればその色眼鏡を外して見る必要があるかもしれません。
それができれば、日本国家として、また日本人として西アジア地域に対して行えることが見えてくるかもしれませんね。
※蛇足ですが、歴史学的には「中東」または「中近東」とういう名称もヨーロッパ諸国から見た言い方なので蔑称とされつつあるようです。
故に、「西アジア」で統一しようとされています。(地域的にもほぼ一致します)

http://www2m.biglobe.ne.jp/~shotaro/no102.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E3.82.A4.E3.82.AE.E3.83.AA.E3.82.B9.E3.81.AE.E4.B8.89.E6.9E.9A.E8.88.8C.E5.A4.96.E4.BA.A4
↑の「イギリスの三枚舌外交」参照

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%83%94%E3%82%B3%E5%8D%94%E5%AE%9A

イスラム教についての回答はすでに優れた回答があるので割愛します。

4)のイラクの情勢悪化ですが、単純に今回の米国軍のイラク攻撃のせいだけではありません。
もちろん、フセインとうい「重し」を退けてしまったために混沌とした感はあります。
しかし、それはあくまでも近々の出来事と「イラク」という国家を見ればの話です。
西アジアの国境は元々、100年ほど前に第一次世界大戦の関連で、英国を中心とした欧米帝国の合議の思惑によって引かれたものに過ぎません。
もちろん、大国の利害のみですか...続きを読む

Q両議院の規則制定権が例外なのはなぜですか? 両議院は国会なのに

両議院の規則制定権が例外なのはなぜですか?
両議院は国会なのに

Aベストアンサー

国会が唯一の立法機関と定めていますね。原則的には、国会以外が方を作ることはできないという大原則です。

衆議院は衆議院に対する内規(規則)を、参議院は参議院に対する内規(規則)を、
最高裁は裁判所に対する内規(規則)を、地方公共団体は地方公共団体に対する内規(条例)を、
作ることができるので、それらを「国会が唯一の立法機関」の「唯一」という規定に対して、
例外的行為として認めることです。

国会は、衆議院と参議院の両院の可決で立法化できますが、上記例外は、国会の一部である
参議院等が単独で立法化することができるということです。

参考までに。

Qスンニ派?シーア派?

全世界でイスラム教の人口が一番多いという話を聞いたことがあります。そしてイスラム教の中にもスンニ派・シーア派、それに武装組織なるものもあるようですが、これらの区分け、認識をどのようにしたらいいのでしょうか?
昨今のイスラム教関連のニュースを見ると、どうも派によって仲が悪いようですし、イスラム教と聞くと戦いのイメージが強くなってしまい、本来のイスラム教を信仰している人たちまで、一くくりにしてしまいそうです。あまり勉強もせず、このような質問をさせていただきますが、どうか、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「スンナ派(スンニー派)」という特定の派閥があるというより、
「シーア派」以外の多数派を便宜的にスンナ派と呼んでいるのが実情です。

イスラームの中心アラビア半島ではクルアーン(コーラン)の教えと実生活との間に生じる
矛盾を乗り越えるべく妥協が重ねられ融通を利かせて宗教生活を営んでいますが、
アフガニスタンなどの外縁部ではイスラーム自体の歴史が浅く、
クルアーンに頼り切って一字一句を教条的に解釈しています。
それが「イスラム原理主義」と呼ばれる所以でしょう。

とはいえ、宗教はその中に好戦的な要素を孕んでいることを否定はしません。
「愛の宗教」と言われるキリスト教の聖書にも神が敵を殲滅するよう
命令したことが繰り返し書かれています。
イスラームは社会改革運動としての側面を強く持っていましたから、
なおさら実戦に重きが置かれたのです。

Q憲法改正派と反対派

憲法を改正(或いは廃棄創設)する派と、改正は
必要ないと、主張している政治家地図、のような
ものはないでしょうか。

今の衆参議院議員のなかで、誰が改正派か、改正反対派かを、知りたいのです。

お願いします。


何故こんな事をお聞きするかというと、私の感覚なのですが、
なんとなく、憲法改正に反対する政治家は親中国派の
ような気がするのですが、どなたか、識者の方のご教示を得て、
反対派の政治家一人一人を、じっくりと吟味研究したいと、そう、思うのです。

今後の世界と日本は、本当に大事な時期を迎えていますからね、
よくよく今のうちから考えて、次の選挙では、厳密に
投票したいと、願っています。


精しい方、是非、ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

政党レベルで考えると、比較的分かりやすいんですがね。
議員レベルとなると、各党に混在してますね。

保守派は簡単に言えば「日本は資本主義、民主主義のままで良い。
他国が例外なく持っている軍隊も必要だ」派。
革新派とは「日本は中国やソ連のように社会主義を実現すべきだ。
軍隊は平和を脅かす暴力集団であり、百害あって一利なしだ」派。
理論上の社会主義国家は、社長も平社員もいなくて皆が平等で、
犯罪も侵略もない平和な世界。だから軍隊はいらないそうです。

すでに破綻した社会主義(共産主義)は「机上の空論」。
でも、社会主義を「桃源郷」と夢みていた共産党と社民党は
その思考から抜け出せず、今に至ります。
中国は社会主義国家ですから、左派=親中国派です。
つまりは、kamimusubiさんが護憲派=親中国派と考えるのは
まったく正しい判断です。

政党レベルで考えると、比較的に分かりやすいんですがね。
ご存知の通り、保守派は「右」で革新は「左」。
主要政党を大まかに分類すれば
 左派 ~共産党~社民党~公明党~民主党~自民党~ 右派

議員レベルとなると、各党に混在してますね。
「親玉政党で実権だけ掴もう」と考える自民党のバカ議員。
旧社会党で非武装中立(自衛隊廃止)を訴え、党が崩壊したから
民主党に入っただけのアホ議員。
政権政党にやっとなれたけど、主張が二転三転する某政党。

以下、やや独断を交えて書いときます(引退した政治家を含む)。
ついでに、作家などの知識人や評論家連中も加えときます。
思いついた名前を書いただけなんで、そのあたりはお許しを。

【護憲&親中国】
志位和夫 福島瑞穂 横路孝弘 土井たか子 村山富市
田原総一郎 筑紫哲也 鳥越俊太郎 久米宏 テリー伊藤
森永卓郎 本多勝一 佐高信 大江健三郎 井上ひさし 吉本隆明

【護憲&反中国】
みたことありません、護憲派は間違いなく親中国なんだろうな

【改憲&親中国】
小泉純一郎 → 少なくとも「弱腰」 鳩山由紀夫 菅直人

【親中国】※憲法については知りません
橋本龍太郎 河野洋平 加藤紘一 野中広務 田中真紀子(角栄も)

【改憲】※中国について私は知りません
岡田克也 小沢一郎 中曽根康弘

【改憲&反中国】
安倍晋三  舛添要一 石原慎太郎 高市早苗 浜田幸一 三宅久之

政党レベルで考えると、比較的分かりやすいんですがね。
議員レベルとなると、各党に混在してますね。

保守派は簡単に言えば「日本は資本主義、民主主義のままで良い。
他国が例外なく持っている軍隊も必要だ」派。
革新派とは「日本は中国やソ連のように社会主義を実現すべきだ。
軍隊は平和を脅かす暴力集団であり、百害あって一利なしだ」派。
理論上の社会主義国家は、社長も平社員もいなくて皆が平等で、
犯罪も侵略もない平和な世界。だから軍隊はいらないそうです。

すでに破綻した社会主義(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報