教えてください。
従業員用のアパートを何件か借りています。もちろん法人契約で。
内容は、次のとおりです。
 (1)前年度中に借りて、今年度中は家賃のみの支払い
 (2)今年度中に更新し、家賃と更新料の支払い
 (3)今年度中に新規で借りて、契約料と家賃の支払い
この場合、提出しなければならないのはどれですか?
家賃は、家主に払うのと不動産屋には払うのとありますが、関係しますか?
よろしくお願いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「不動産の使用料等の支払調書」で、支払先が法人の場合は、権利金、更新料等以外のものは提出の必要がありません。


支払先が、個人の場合は、同一人に対して支払額が15万円以上の場合は、すべて提出の必要があります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7441.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
毎年、悩んでいたことから、ようやく抜け出せました。とにかくアドバイスがほしかったのです。いまから頑張って作成します。

お礼日時:2002/01/21 08:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の会計処理について教えてください。店舗家賃の敷金として185万円を家主に預けています。家賃交

個人事業の会計処理について教えてください。店舗家賃の敷金として185万円を家主に預けています。家賃交渉で賃料を下げてもらう時に、賃料を3万円減額すると同時に、敷金も20万円に減額することとなりました。この場合の敷金の会計の処理はどうしたらよいでしょうか?家賃充当金として経費計上できるのでしょうか?

Aベストアンサー

家賃20万円、毎月3万円ずつ敷金が戻ってくるとするなら
現金 3万円 / 敷金 3万円
地代家賃 20万円 / 現金 20万円
にすればいいのでは。
または、敷金の分を差し引いて家賃を振込むなら
地代家賃 20万円 / 敷金 3万円
/ 現金 17万円
です。家主がどう返却するのかそれしだいです。

敷金は預っているだけのものでもともと収入ではないので、家主の収入は変わりません。敷金は収入でも経費でもないので何の問題もありません。

Q青色申告初年度。昨年発生の今年度入金は?

今まで白色でしたが、今年から青色申告をすることになりました。

昨年度に発生している申告済みの「売上」の実際の支払い(銀行振込)が、今年度に入ってからありました。預金出納長に記載する時には「事業主借」?となるのでしょうか。それとも、今年から青にあったにしても、昨年からの続きで収入に組み入れなければならないのでしょうか?他に、何かしらの記載方法はあるのでしょうか。発生主義と考えると、今年の売り上げには入らないし、、、。

因みに、やよいの青色申告ソフトを使い始めたばかりです。
いくら本を読んでも答えが見つからず。教えてください!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>預金出納長に記載する時には「事業主借」?となるのでしょうか…

白色時代に売上として処理されているとのことなので、青色申告特別控除を 10万円で済ますなら、事業主借でよいでしょう。

一方、65万円の控除を取りたかったら、貸借対照表に期首と期末の現況を書かねばなりません。

・1月 1日付の開始残高として、【売掛金 ○○円】
・入金日に【普通預金 ○○円/売掛金 ○○円】

Q今年度から申告用ソフトを導入した場合の前年度の売掛金について

今年度から青色申告のため「やよいの青色申告」ソフトを導入しました。
昨年は白色申告です。
以下、質問です。
前年度12月末締めで売上があり、今年度1月に銀行に入金がありました。
入金に関する取引きについては、処理しました。
そこで貸借対照表で見ると、【売掛金】のところが、前年度12月末締めの売上分の金額がマイナス(-)となります。
期首残高(導入時)で、何か処理をする必要がありますか?
決算(申告)時に、【売掛金】はマイナス(-)のままで良いのですか?

素人質問かと思いますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>期首残高(導入時)で、何か処理をする必要がありますか…

そのソフトに限ったことではありませんが、「開始残高」として、ソフト使用開始日における売掛金の現在高を入力する必要があります。

>決算(申告)時に、【売掛金】はマイナス(-)のままで良いのですか…

【売掛金】がマイナスというのは、通常ありません。

Q支払い家賃と家賃収入について

支払い家賃と家賃収入について教えてください。

不動産屋さんとの賃貸契約はうちがしているのですが、
店舗の一部をグループ会社が使用しており、グループ会社からうちにその賃貸料が支払われています。

不動産屋への支払いは地代家賃に計上し、グループ会社から受け取った分は地代家賃のマイナスにしています。
(ちなみに、不動産業は営業外になります)

グループ会社から受け取った分は営業外収入にしなくても良いでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原則的に考えれば営業外収益で処理すべきものです。
立替金的な考え方を取ると確かに原価戻しという処理も考えられるのですが(グループ会社分をうちが立て替えて払ってるからそれで受け取るお金は収益ではなく費用の戻しという考え方)、厳密に考えると不動産屋とうちが契約しているのであってもともとグループ会社が不動産屋に払う義務がない以上立替という考え方は適用できないんです。
あくまでうちが不動産屋から借りて(費用)、グループ会社に貸す(収益)といった関係になります。

ただ、消費税なんかの売上割合も変わってきますし、簡易課税とってる場合には税額が変わってくることにもなります。
ですから営業外収入で処理したほうがいいと思います。

ただし、税金計算では調整を入れるってことで会計上だけ原価戻し処理をすることは十分考えられます。
うちの場合、社員の借上家賃を収益計上していました(億近いのかな)が、社員に家を借上げるってだけで収益が計上されることになり、会計士と話した結果、収益にあげないで原価戻しという結論になりました。(会社が働いてる社員に社宅を借上げてそれで収益がこんなに立つって処理になるのは財務諸表を見る人に変な誤解を与えるって理由です。)

少し複雑な論点も絡めてしまいましたが、会計の処理については会社でどうしてそうやってるのかを聞かないでは判断できないと思います。
会社の上司に理由を聞いてみてはいかがでしょうか。何か特別な理由がないとも限りませんよ。

原則的に考えれば営業外収益で処理すべきものです。
立替金的な考え方を取ると確かに原価戻しという処理も考えられるのですが(グループ会社分をうちが立て替えて払ってるからそれで受け取るお金は収益ではなく費用の戻しという考え方)、厳密に考えると不動産屋とうちが契約しているのであってもともとグループ会社が不動産屋に払う義務がない以上立替という考え方は適用できないんです。
あくまでうちが不動産屋から借りて(費用)、グループ会社に貸す(収益)といった関係になります。

ただ、消費税なんか...続きを読む

Q確定申告:昨年度売上・今年度入金の源泉徴収

個人事業主です。
22年度の確定申告について教えてください。

・22年12月に売上を計上しました。(売掛)
・23年1月に入金されました。(源泉徴収)
・22年度の支払調書が送られ、それには22年12月の売上に対する源泉徴収額も含まれていました。

この12月分売上は22年度の帳簿に計上していますが、源泉徴収は入金時に帳簿につけるので22年の帳簿には記帳されていません。売掛・未入金の状態で繰越です。

Q1:実際に源泉徴収されたのは23年1月ですが、22年度分に含んで申告してよいのでしょうか?

Q2:その場合、帳簿上の源泉徴収合計額と申告書類の源泉徴収合計額が合わなくなるのですが、よいのでしょうか?

過去ログで同様の質問を探しましたが、ぴったりのがみつからず、質問させていただきます。おそらく専門家には「何を今さら」という質問だと思われます。お恥ずかしいですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Q1 本来、22年分に含めて申告しなければなりません。
あなたの22年12月の売上は、23年1月だろうが2月に入ろうが、22年の収入ですから。

Q2 その場合は、源泉と確かに合いませんよね。
なので、売掛金にもひとつ仕訳を追加するのです。

事業主貸(源泉税)/売掛金  ○○円

そしたら、1月に入金される額と、売掛金の額は合ってるはずです。
源泉税の22年の合計額も合っているかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報