1度に100万円以上の請求をすると、
源泉徴収税額が100万円を超える部分に対しては
20.42%になるとのことで、質問させていただきます。

基準になる「100万円以上」というのは
消費税額抜の請求額に対してなのでしょうか。

例えば2014年1月度の請求(消費税5%の時)が
>小計:100万円
>消費税:5万円
はどうなりますでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>1度に100万円以上の請求をすると…



誰が何の請求をするのですか。
大事なことを省略しないようにしましょう。

>基準になる「100万円以上」というのは消費税額抜の請求額に…

個人が、源泉徴収の対象になる特定の業種における取引の話だとすれば、請求書等に消費税額が区分明記されているかどうかにより異なります。

消費税額が区分明記されていれば、本体価格分のみが源泉徴収の対象。

「税込 △△円」などとしか表記されていなければ、税込み総額が源泉徴収の対象。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>>小計:100万円…
>>消費税:5万円…

請求書等にそう明記されているなら、源泉徴収税額は 102,100円です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答をいただき、ご指摘やご説明、大変勉強になりました。
よくわかり助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/01 03:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告書の消費税及び地方消費税の合計額と会計システムでの納税額(消費税及び地方消費税合算)との差額について

今年4月から経理を担当することになりました。新米なのでいろいろ教えて下さい。まず、会社では会計システムで消費税を計算し納税額(消費税及び地方消費税の合計)を計算できるソフトになっており、100円未満の端数は雑収入として処理しています。それを元に税務署から届いた「課税期間分の消費税及び地方消費税の確定申告書」に記入していますが、100円未満の端数を切り捨てることから、会計システムでの納税額と申告書での消費税及び地方消費税の合計税額に100円差額が生じています。申告書の額で納税すると全体の納税額に100円不足となります。システムでの納税額を記入するのか、申告書の計算どおりに記入すべきか悩んでいます。皆さんはどのように考え対応しますか。

Aベストアンサー

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて(平成元年3月1日直法2-1)」
(仮払消費税等及び仮受消費税等の清算)
6  法人が消費税等の経理処理について税抜経理方式を適用している場合において、消費税法第37条第1項((中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例))の規定の適用を受けたこと等により、同法第19条第1項((課税期間))に規定する課税期間の終了の時における仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額(控除対象外消費税額等に相当する金額を除く。)を控除した金額と当該課税期間に係る納付すべき消費税等の額又は還付を受ける消費税等の額とに差額が生じたときは、当該差額については、当該課税期間を含む事業年度において益金の額又は損金の額に算入するものとする。

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に...続きを読む

Q消費税申告書に消費税率3%の欄があるのですが、現在の税率5%でなく

消費税申告書に消費税率3%の欄があるのですが、現在の税率5%でなく
昔の消費税3%が、出現するのは、どんな取引のときですか?

Aベストアンサー

経過措置の適用のあるもの
http://www.net-b.co.jp/jbox/B1/9604B104.htm

上記のサイトの対象取引のうち、今も適用があるとすれば、(4)の資産の貸付と(9)の有料老人ホーム関係だと思われます。

Q入会金を5%か8%の消費税で請求するか

初めて質問させて頂きます。

業務委託契約を受託し入会金を請求することになっています。
契約締結日は平成26年2月中、契約期間は平成26年4月~です。

入会金を請求するのですが消費税の税率は契約締結日を基準に5%なのか
契約期間を基準に8%なのかと考えています。

関係ないかも知れないですが入会金の売上計上は4月です。

ご意見いただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の条件の場合は8%です。
このケースには経過措置は該当しません。
役務の提供日付により判断されますので、4月1日以降と確定している場合は8%となります。

Q消費税95%ルール撤廃後の 消費税処理について

平成24年度の消費税に関しての質問です。


消費税95%ルール撤廃前は、消費税を全額控除できていたため
月次決算に単純に下記仕訳を行っていました。

仮受消費税XXX   仮払消費税XXX
             未払消費税XXX

そして、実際の確定申告時に
未払消費税を取り崩して支払を
行っていましたが、今後全額控除ができなくなるため
月次の時点で5万ぐらいの控除できない、消費税が
発生しています。

この場合月次時点で雑損を認識しなければなら
ないのでしょうか?勘定は雑損でよいのでしょうか?
具体的な処理が記載されてある
ページがあれば教えて頂けないでしょうか?

当社では、一括比例配分方式を選択しています。


仮受消費税XXX   仮払消費税XXX
雑損   XXX   未払消費税XXX

Aベストアンサー

月次決算の精度をどこまで要求するかにかかってるけど、今まで勤務してきた会社
の場合は消費税差額の損益は決算時点だけで良かったです。
ただ制度が変わり金額的重要性が出てくるなら、検討の余地ありかもしれません。

表示も上場会社なのに雑損を使う会社や租税公課を使う会社があります。
金額的に重要で無いので監査上の争点にならないケースが殆どですが
金額的重要性が生じてくると租税公課として処理するのが適正なのではないかと
個人的には思います。

日本公認会計士協会(消費税の会計処理に関するプロジェクトチーム)が公表した
「消費税の会計処理について(中間報告、平成元年)」では租税公課処理
って書いてるからね。

Q弥生会計の消費税集計表で消費税額に誤差がある場合の修正方法を教えてくだ

弥生会計の消費税集計表で消費税額に誤差がある場合の修正方法を教えてください。

弥生会計 04 スタンダードを使用しています。
消費税集計表の売上集計で、課税売上(税抜)15,533,418 に対し、消費税が 621,320 となります。
弥生会計では国に収める4%で計算するそうなので、単純に計算すると、621,336 となるはずではと思うのですが・・・。
免税売上はゼロ、非課税売上は44,510です。
設定等が間違っているとすれば、修正方法を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消費税集計表の売上集計で、課税売上(税抜)15,533,418 に対し、消費税が 621,320 となります。
弥生会計では国に収める4%で計算するそうなので、単純に計算すると、621,336 となるはずではと思うのですが・・・。

・確かに15,533,418×4%=621,336となりますが、消費税額の計算に当たっては、課税売上の千円以下を切り捨てて税率を掛けることとなっています。
したがって、15,533,000×4%=621,320となりご質問の数値とは合致するように思われます。

消費税の申告に当たっては、「仮受消費税と仮払消費税の差額」と「未払消費税」に開差(ほとんど)が生じますが、この開差は雑収入(損失)等で処理するのが一般的のようです。

なお、小生、弥生会計に触ったこともないので的外れの回答でしたらゴメンナサイ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報