歴史の問題で、自分で考えてもよくわからないのでヒントでもいいので教えて下さい。
*明治維新は、欧米の「市民革命」と比較するとき、どのような特徴と性格がありますか。
*自由民権運動とは何であったのか。その特徴と性格、さらに歴史的意味(役割)をもっていますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

明治維新の発端は、ご存知のように、黒船、ですが、ひとつの示唆として、別の観点から、見ることも出来ると思います。



アヘン戦争。イギリスによって、奴隷のように扱われている中国の民衆の姿を、高杉晋作が、現地で見ています。

また、薩英戦争。それにより、薩摩は、イギリスの文明を認知し、軍艦を買っています。

更に、吉田松陰は、アメリカに渡り、物量文明を学び取って日本に持ち帰ろうとしました。

攘夷から、開国へ、さらに、富国強兵へと、日本は歩み、日中戦争、太平洋戦争へと歴史の渦のなかに巻き込まれていきます。
 この戦争の愚かさをよくよく辿っていくと、明治維新の前夜に行き当たるような気がします。
 そこに光を当ててみるのも、面白いのでは?

自由民権運動については、源流は、土佐、にあるといわれています。竜馬、板垣。
 で、確か、ジョン万次郎は、土佐に寄寓した筈。
 明治の岩崎弥太郎は、竜馬と同郷です。

竜馬、海援隊は、今の株式会社の先取り。

土佐の身分制度は、郷士と、支配階層の武士たちの間にあった、アンビバレンツな風土が、自由民権の根ともいえるかもしれません。
戦国時代の余韻をかすがいとする、竜馬たち、郷士という、土佐の階層を解明すると、広い視野で、自由、を、考えることが出来ると思います。

欧米の市民革命と比較すると、明治維新は、「国家そのものの存亡が、立ち現れた」ことによる、国のガバナンスの変更が要請された、(是を、単純に外圧、とはいえない)、のに対し、前者は、国家の内部の支配層の還流、つまり、国家の更新、という性格があったと思います。


以上、思いつくままに書かせていただきました。
ヒント、の、カケラにでもなれば、と思います。
    • good
    • 0

中々高尚な問題に取り組んでおられる様ですね…


難しい講釈は抜きにして本題に入ります。
フランス革命と明治維新を比較してみましょう。
一つの中央集権国家がその威信を失う背景は大抵、動乱及び度重なる政策の失敗や泰平が長らく続いた事による疲弊や怠惰から始まります。
新たな思想が生まれ、人心の求心力を失った中央より斬新な考え方に導かれる様に人の流れが傾き始める事による権力の瓦解が大まかなシステムと言えます。
明治維新に関して面白い記述がありますので参考までに…
明治維新の主役となった薩摩・長州・土佐の3藩はみな、関が原で西軍に属し徳川時代凄惨な時期を過ごした生き残り藩です。
元々幕府に対して恩恵等は受けたことも無く、虐げられてきた武士や民の末裔です。
長州は毛利・薩摩は島津・土佐は長宗我部といった具合に西軍の主力を張った末裔です。
その上で、第一に明治維新はクーデターであり市民革命とは内容を異にする部分がある。
つまり、民衆は当初幕府を支援していた経緯があり、同時にこの大規模クーデターによる民衆の死者は同程度の海外における革命に比べ極めて少ない。
民間人の死者が少ないため復興が早かった。
当初、民衆は幕府がクーデターを鎮圧するものと思っていた事があり、民衆の中から沸いてきた力による革命ではなかった。
第二に物欲や貧しさから端を発した革命ではなく精神論から始まったクーデターに近いものがあり、日本人特有の精神論の原点をここにも見る事が出来る。
アメリカにおける南北戦争は、貧しさやイデオロギーが争点であったし、フランス革命は貧しさに対して振興的な考えの革命化が便乗した経緯が垣間見れる。
第三に民衆解放の為のクーデターではなかった。(権力闘争)
等、かいつまんであげるだけでもかなり異質な革命であった異があります。
実情は、穏やかに事を進めたい薩摩藩と過激に総てを無にした後の再建を目指す長州藩との間にはかなりな摩擦が生じていたようです。
自由民権運動に関しては、第三の理由が関係してきます。
民衆レベルの革命ではありませんでしたので、当初民衆は余り恩恵を受ける事が少なく、逆に新体制になってからは、欧米列強に対抗するため、社会主義的な政策が多く取られた経緯があります。
個人より国家の考え方は、幕府時代の農民より幕府の考え方と余り変わらないと考えた民衆が多くいたのです。
それらの考え方を何とか是正したいと考えた政治家(有名なのは板垣退助ですね。)の中から本質の自由を考える動きが出てきたのです。
後に実を結んでいくこの考え方は、民意を反映するために議会があるといった形に変化していき、貴族や武士からの選出だけでなく、民間からの登用に道を開いた事が大きな成果といって良いでしょう。
人が本質を自由に語る事のできる国家を作ろうとした基礎がこの時代にあったと言う事です。
この考え方は、民間の商・工分野を発展させる原動力となり近代工業や近代商業が大きく発展していくきっかけともなっています。
誰の命令ではなく、自分の信じる事を自分の口で表現し、行動できる時代に導いた功績は大きく、今日の日本経済を支える基盤となった企業・人材を多く輩出するに至った功績と役割はかなり大きな物と言えるでしょう。
まとまった回答ができない事を許してください。
他の方がきっともっと良い回答をくれると思います。
それでは。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。私も自分なりに考えてみます。とてもいいヒントになりました。

お礼日時:2002/01/20 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由民権運動は、南でやってこそ、意義がある ?

 大正デモクラシー、自由民権運動となっておりますが、
西郷隆盛、桂小五郎、板垣退助、自由民権運動は、南でやってこそ、意義がある。
イエス・キリスト、モハンマド、お釈迦様、に対して、エジプトのピラミッドが最大の人類遺産であるように ?
自由民権運動は、南でやってこそ、意義がある ?

Aベストアンサー

>大正デモクラシー、自由民権運動となっておりますが、

何が なっておる のか理解不能。
自由民権運動は明治の憲法発布前の事です。
実態も、国状をも考えずに「自由」に浮かれた俄かの騒動で碌なものではありません。

【明治十四年の政変~日本の恥!自由民権運動】
https://www.youtube.com/watch?v=foUtheCVlh4

Q市民革命

近代市民革命を経ていない社会の憲法は何というのでしょうか?? 教えてください お願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

質問者さんの質問の文脈がいまひとつわからないので、ちょっと回答がつきにくいのかもしれません。とりあえず、推測交じりで書きます。

本来、憲法という特殊な法律は、市民革命を経て、国民主権が確立されて、社会契約の結果としての国民国家の構成を定め、国家権力の限界を決めるためのものです。したがって、市民革命以前の【憲法】というのは形容矛盾だと言えます。

だから、たとえば聖徳太子の十七条の憲法とかいうのは、法学・政治学的には【憲法】ではありません。

そうはいっても、実際には市民革命を経ないで近代化して憲法を持っている国もあるわけで、それをなんと呼ぶか、というのが質問者さんのおたずねですよね。日本の明治憲法(大日本帝国憲法)、プロイセン(=プロシア、ドイツの一部)の1848年憲法(だったかな?)は「欽定憲法」つまり国民代表ではなくて君主が決めて発布した「憲法」ですが、とりあえず、これのことでしょうか? 

Q板垣退助は「自由民権は大切である」という思想をもって自由民権運動を起こしたのですか?

板垣退助は自由民権運動で有名です。
自由民権運動といえば、日本史教育では「日本の民主主義発展のさきがけとなった」といった好意的評価をされてる印象があります。

しかし、板垣自身は明治維新直後は政府の要職についていて、下野したきっかけは征韓論政変です。
下野翌年に「民撰議院設立建白書」を出したことで有名な愛国公党のメンバーも、同じく征韓論政変で下野した人たち(後藤象二郎、江藤新平、副島種臣)が多いみたいです。
征韓論政変自体は、政策の衝突、もしくは派閥争いでしかなくて、自由民権というテーマとは関係がないですよね。

ということは、征韓論政変による下野直後にはじまった「自由民権運動」というのは、
板垣達にとって単なる政治的な地位を得るために政府を攻撃する手段でしかなかった、ということはないのでしょうか。

それとも板垣は元から「民衆に自由と参政権を保障するべきだ」という思想の持ち主で、
もし征韓論政変がなかったとしたら、明治政府の中枢という立場からそのような整備を進めていこうと考えていたのでしょうか。

権利を求める運動なのだから「政治的地位を得るための攻撃」で当たり前で、
そのことにより自由民権運動の評価が下がる、というものではないと思いますが
運動と板垣本人の思想との繋がりが気になったので質問しました。

板垣退助は自由民権運動で有名です。
自由民権運動といえば、日本史教育では「日本の民主主義発展のさきがけとなった」といった好意的評価をされてる印象があります。

しかし、板垣自身は明治維新直後は政府の要職についていて、下野したきっかけは征韓論政変です。
下野翌年に「民撰議院設立建白書」を出したことで有名な愛国公党のメンバーも、同じく征韓論政変で下野した人たち(後藤象二郎、江藤新平、副島種臣)が多いみたいです。
征韓論政変自体は、政策の衝突、もしくは派閥争いでしかなくて、自由...続きを読む

Aベストアンサー

板垣退助は自由民権運動の象徴みたいに思われていますが、
同じく指導的な立場の民権家で、
自由党の機関紙「自由新聞」で先鋭な理論を展開した馬場辰猪からは、
厳しく批判されています。
明治十四年十月に自由党が誕生。翌十五年、改進党の結成。
このころまでは自由民権運動は上げ潮でした。ところがです。
自由党の結成からわずか半年ほどのちに、
党首の板垣が「ヨーロッパに行く」と言い出した。
結成されたばかりで、党が政治問題に忙殺されているこの時期にです。
一年ちかい一般的な視察と観光に終始したその遊の費用はどこから?
政府からでした。
藩閥政府は自由民権運動に弾圧と懐柔をくりかえしたのですが、
板垣の外遊もそうした懐柔策の一環だったのです。
ヨーロッパ滞在中にすでに自由民権運動から隠退する意向の板垣は、
帰朝歓迎会の席上で、突然、
自由党は解散したほうがよいという趣旨の演説をしました。
結成から三年、自由党は解党しました。

萩原延壽「馬場辰猪」を参考にしました。

Q西洋(欧米)文化の特徴?

西洋(欧米)文化の特徴を一言で表すとどのようなものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

それは難しいですよ。例えばヨーロッパの文化を一言で片付けるのは、殆ど的外れで失礼かもしれません。


まず、ヨーロッパとアメリカでは、本当に同じ西洋人か思うくらい、文化・芸術、思想、それに対するスタンス・・・如実に違います。

さらにヨーロッパ内でも、さすが文化・芸術・伝統の国々だけのことはあり、文化・芸術はバリエーションに富んでいますし、また、例えば英国1つ取っても、価値観や文化はかなり多様化しており、さながら「文化のるつぼ」と言っていいかもしれません。


(アメリカなんかは「人種のるつぼ」というイメージが強いかもしれませんが、多種多様な人種・民族・文化・習慣は互いに相容れることは無く、また、アメリカならではの切り口で消化され発展するという姿勢も、ヨーロッパなんかに比べると弱いです。つまりそれらは「アメリカ国内にいる外国人達の文化」ではあっても「アメリカ文化」ではないのですね。
そういう意味で、どんなに異国文化に関心・敬意を持ち影響されてきてはいても、立派に自国(個人)の文化に消化し洗練されていくヨーロッパ文化は一線を画すように思えます。)


ただ一点、日本文化を基準に考えた時に「ヨーロッパのそれとの違いは何か」という観点から確実に言えることはあります。それは、「社会全体が、文化・芸術に対する意識が本当に高い」ということ。長くなるので具体的には言及しませんが、自分自身長年ヨーロッパ文化とその人々の意識に触れていて、日本人(日本社会)とのギャップに驚かされることばかりです。これは、「どっちの文化が優れている」等という話とは別で(そんなのは優劣は付けられませんから)、「文化というものに対する意識の高さ」の違いの話です。

それは難しいですよ。例えばヨーロッパの文化を一言で片付けるのは、殆ど的外れで失礼かもしれません。


まず、ヨーロッパとアメリカでは、本当に同じ西洋人か思うくらい、文化・芸術、思想、それに対するスタンス・・・如実に違います。

さらにヨーロッパ内でも、さすが文化・芸術・伝統の国々だけのことはあり、文化・芸術はバリエーションに富んでいますし、また、例えば英国1つ取っても、価値観や文化はかなり多様化しており、さながら「文化のるつぼ」と言っていいかもしれません。


(アメリカなんかは...続きを読む

Q自由民権運動を考える

昔自由民権運動というのがありました。
何度弾圧されてもたけのこのように復活し活動を続ける力、
今の日本にないものです。
なぜ当時の人はあんなに熱く自由民権運動ができちゃったのですか(?o?)
なぜ団結できちゃったのですか?
鎖国が解かれてすぐだったのに、なぜ急に市民革命見たいのができたのでしょうか?
今の日本でそうした動きがあまりない、政治宗教活動は他行ってやってくださいという風潮が生まれているのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

世の中が進歩して自由民権が確立されたからです。だから必要がなくなったのです。最近は民権ばかり強くなって政治がうまく動かなくなった。先日の秘密保護法がそうです。知る権利なんてアホなことを言って、国の外交力を弱めている。

板垣退助等が自由民権運動をやったのは、江戸時代の封建主義が終わったばかり。まだ憲法もろくに機能していない時代です。だから不平不満が沢山あった。諸外国に追いつこうとする明治政府はしばしば無理筋なこともやった。だからそれに反発する勢力も少なからずありました。

今は違うでしょう。世界に冠たる平和憲法があって、国民の権利がしっかり保証されている。最低生活が憲法で保障されているので、働かなくても生活保護が受け取れる。学校にも行けるし病院にも行ける。参政権も人権もしっかり保証されている。今さら自由民権運動などする必要がない。

それに明治の頃の民権運動はそれほど団結していませんでしたよ。革命にはほど遠かったですよ。不平不満分子が騒ぎまくっていただけ。板垣退助はその親分です。やることがなくなって暇になったら早稲田大学を作った。

唯一例外はソ連邦が出来た後の共産革命。これは国家を転覆して共産主義の政権を作ることが目的。つまり革命運動です。これはかなり団結していました。ソ連の後押しもありました。政府がこれを押さえるのは大変でしたよ。悪名高い治安維持法は共産革命を防ぐことが目的でした。でも共産革命は自由民権運動とはまったく異質です。今でも日本共産党は日本を共産主義国にするのが最終目標です。こんなものやってもらいたいですか?

世の中が進歩して自由民権が確立されたからです。だから必要がなくなったのです。最近は民権ばかり強くなって政治がうまく動かなくなった。先日の秘密保護法がそうです。知る権利なんてアホなことを言って、国の外交力を弱めている。

板垣退助等が自由民権運動をやったのは、江戸時代の封建主義が終わったばかり。まだ憲法もろくに機能していない時代です。だから不平不満が沢山あった。諸外国に追いつこうとする明治政府はしばしば無理筋なこともやった。だからそれに反発する勢力も少なからずありました。

今...続きを読む

Q中学3年*初の委員会*書記になった*上手くできない;

中3になって初めて委員会(生活委員)に入り
そして書記になりました

しかし黒板にまとめるなどのことは
ほとんど経験したことが無く
また委員会は初めてなので
今までの書記の人はどんな感じでやっていたのか
よく判りません。
というのは言い訳にすぎませんが
本当に焦っています。

今日1回目の委員会があって
何を書けばいいのかとか
よく判らなくて
ほんとに迷惑を掛けてしまいました。

長くなりましたが、
書記を上手にするためのコツがあれば
教えて下さい。
まず最低何を書けばいいのか
どうやれば上手くまとまるのか
様々なアドバイスを頂きたいです。

Aベストアンサー

 まずはリラックスです。
 全部を書こうなどとかたひじはらずに、自分が聞き取れたことを丁寧に書いていけば大丈夫。
 そして、少しなれてきたら、自分なりに大事だと思うところを探して、書けばいいのです。
 形式にこだわることはないと思いますが、どうしても分からないことがあれば、勇気を出して先生や友だちに聞けばいいのです。「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」です。明日にでも相談に行って、どうすれば良かったのか聞いてみてください。
 それから、質問文を読む限り、あなたの文はとてもよくまとまっていて、知性にあふれています。自信を持ってやれば、大丈夫です。
 また、たとえ失敗したとしても、ノート書記などもいると思いますし、先生や友だちもある程度は記憶しているはずです。

 何だか、偉そうになってしまい、すみません。委員会の仕事に一生懸命になっている姿が、とてもステキに思えました。応援しています。がんばってください。

Q自由民権運動の資料を読むための文法について

明治の自由民権運動の資料を読もうとしているのですが、語彙、文体、文法・・・と歯が立たない状態です。幸い現代語訳が付いていることが多いので、なんとかなっていますが、ひとつ文法を勉強して原典に当たってみたいと思うようになりました。
別に平安文学を読もうというわけではないので、対処可能だと思うのですが、勉強方法やアドバイスなどいただければ幸いです。

Aベストアンサー

古文と言うより、和漢混合文という範囲の学習が必要です。

漢文の基礎知識を確認し、論語・漢詩を読み下し、漢字・語彙力を上げ、文学なら森鴎外の舞姫などが、
適当な教材かと考えられます。

後は、書点によっては「和漢混合文」のテキスト、問題集がありますので、そちらも参考になると思います。

参考までに。

Q産業革命とフランス革命

18世紀末に始まる2つの革命、産業革命とフランス革命によって、ヨーロッパ社会はどのように変化したと考えられますか?

Aベストアンサー

一つづつ調べてまとめればいいでしょう。

産業革命
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD

フランス革命
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD

Q自由民権運動ごろの日本の歴史をかいた作品

わたしは日本史を勉強するさいにその時代のこと書いている本
幕末ならば、『竜馬がゆく』、『世に住む日々』
明治初期ならば『跳ぶが如く』などを読み、時代背景や歴史上の主要な人物などを勉強してきました。

今、学校で自由民権運動の段階に入ったのですが適当な本がみつかりません。
どなたかおすすめの本がありましたら教えてください。
ちなみに好きな歴史小説家は司馬遼太郎さん、池波正太郎さん、藤沢修平さんなどです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

未読なので勉強になるかどうかは保証できませんが、次のような作品があります。

三好徹「板垣退助―孤雲去りて」
夏堀正元「目覚めし人ありて 小説中江兆民」

Qロシア革命とフランス革命について

ずばりロシア革命とフランス革命って何でしょうか?
分りやすく教えていただけると幸いです。

日本には日本革命が起こる予兆はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

革命の手段として、テロを行うのは、共産主義ないし社会主義思想のシンパが多勢を占める。

フランス革命の目的
・革命的人間への改造
・伝統の破壊による社会改造
・脱キリスト教の新宗教樹立と全人類への布教

ロシア革命の目的
・共産主義的人間への改造
・階級破壊による社会主義体制への改造
・共産主義信仰の全人類への布教とこれによる全人類への救済

これらの革命の背景は,ルソー・マルクスと続く平等・共産・社会主義思想にある。
革命後は、平等という名のイデオロギーにとりつかれた独裁者によって、全体主義国家建設のための大量・無差別殺戮(テロリズム)による恐怖政治が行われた。

日本は潜在的な社会主義への憧れが、いまだに存在しており、過去において、赤軍派などの共産思想を持ったテロリストが闊歩した時代があった(東大をはじめとする大学紛争、血盟団、日本赤軍しかり)。

民主主義が社会主義への前段階と吹聴する知識人は、日本において多数生息するが、保守主義による巻き返しの傾向も感じられる。

日本のテロルの系譜を簡単になぞる。
70年に、よど号をハイジャックし北朝鮮に亡命した赤軍派。
72年の連合赤軍事件。
74年の東アジア反日武装戦線[狼]による連続企業爆破事件。

戦前のテロル思想としては、石原莞爾の世界戦争最終論(戦争をなくす為の最後の戦争)が挙げられるだろう。

革命の手段として、テロを行うのは、共産主義ないし社会主義思想のシンパが多勢を占める。

フランス革命の目的
・革命的人間への改造
・伝統の破壊による社会改造
・脱キリスト教の新宗教樹立と全人類への布教

ロシア革命の目的
・共産主義的人間への改造
・階級破壊による社会主義体制への改造
・共産主義信仰の全人類への布教とこれによる全人類への救済

これらの革命の背景は,ルソー・マルクスと続く平等・共産・社会主義思想にある。
革命後は、平等という名のイデオロギーにとりつかれた独裁...続きを読む


人気Q&Aランキング