砂川の本にBは軸性ベクトルでEは極性ベクトルと書いてありますが
何でBは軸性ベクトルなのかを書いていません

何でBは軸性ベクトルなのでしょうか?
何でEは極性ベクトルなのでしょうか?

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

以下のコメントにつき、



> 機械的に理解できるほうが初学者にとってはありがたいと思うのですが、、、か?

もちろん、人によって、状況によって、役立つ説明の仕方は異なります。分からなくなった時は、必ずしも一つの本などにこだわらず、様々説明を漁って気に入るものを見つけるということは、私自身もやっています。

結局、物理的な定義式が与えられたあるベクトルについて、極性か軸性か判定することは機械的にできますが、そのような区別にどういう意味があるのかということが疑問になったときには、関連する物理現象を含めビジュアルに考えてみるといいのではないか(最後まで数学的に通す方がいいという人もいるらしいが、、)ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一つの考え方としてとても参考になりました
ビジュアル的にものを見るのはおもしろそうですね

どうもありがとうございました

お礼日時:2002/01/25 16:24

>(4)そうだとすると、、でややこしい説明をしないで済むはず、、、



という補足コメントに関連して少しだけ。

確かに、軸性ベクトルの数学的定義としては「空間反転に対して成分が不変に保たれるベクトル」というのが最もうまいやり方でしょう。そうすると、あとは、空間と結びついた変換性のはっきりしたベクトルを足場にして、各物理量の定義式に従い変換性を調べていくという手続きだけが残ります。内容についてはsiegmundさんの解説のとおりです。

nuubouさんの疑問がこれを問うものだったなら、鏡映にこだわるのは余計なことだったかも知れません。ただ、計算で出てくるのは、例えば、Cx=AyBz-AzBy,,のように定義されるならばその変換性はかくかく然々となるということであって、ベクトルCという物理量をこの(不自然な変換性を与える)式で定義するのが本当に相応しいのかという問題は別に考えねばなりません。これを、自分の感覚として確かめるには、視覚的な認識の容易な鏡映にもどして考えるのが(少なくとも私には)分りやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

機械的に理解できるほうが初学者にとってはありがたいと思うのですがどうでしょうか?

よろしくお願いします

お礼日時:2002/01/25 00:50

>(1)ビオサバールを使うよりローレンツの力を使う方が


> Bの定義としては適当ではないでしょうか?
それは話の組み立て方次第じゃないでしょうか.
電流が磁場を生み出すという立場を強調すれば,
dB を I ds であらわすビオ・サバール則を先に持ってきてもいいように思います.

>(2)ということはBは2つの極性ベクトルの外積として定義されているから
> 例の関係式が言えるのですね?
そうです.

>(3)軸性ベクトルの定義は「2つの極性ベクトルの外積」ということですか?
空間反転に対する変換性が極性ベクトルか軸性ベクトルかを決めています.
(極性ベクトル)×(極性ベクトル) = (軸性ベクトル)
はそのとおりです.

>(5)たかだか1つの極性ベクトルを使って定義された軸性ベクトル物理量はありますか?
ビオ・サバールの法則をベクトルポテンシャルで表現すると
dA(r) = (μ_0 I/4π |r-s|) ds   r,s はベクトル
です.直接 dB を表現するよりずっと簡単ですね.
dA は明らかに極性ベクトル,したがってベクトルポテンシャル A も極性ベクトルです.
B = rot A ですから,これが例になっていますかね.

一般に,極性ベクトルの rot は軸性ベクトルです.
rot A を∇×A とも書きますから,ベクトル演算子とベクトルを使っていると
いわれればそれまでですが.
フーリエ空間に移れば∇は単なるベクトル(極性)になってしまいますから.

この回答への補足

(1)ローレンツの力は単位電荷単位速度当たりに働く力という実体で定義できますがビオサバールは実体がないもので磁束密度を定義することになるのではないでしょうか?
各電流から離れている場所に磁束密度という何なのか訳の分からないものがあるといったような

(2)極性ベクトルE(r)の定義はE(-r)=-E(r)であるベクトルであり軸性ベクトルB(r)の定義はB(-r)=B(r)であるベクトルであるということですか?

(3)極性ベクトルでもなく軸性ベクトルでもないベクトルは存在しますか?
あればどんなベクトルであり任意のベクトルは極性ベクトルと軸性ベクトルの和で表されると考えていいのですか?

(4)軸性ベクトルは定義式のx成分の各項にx,y,zがそれぞれ偶数回現われ定義式のy成分の各項にx,y,zがそれぞれ偶数回現われ定義式のz成分の各項にx,y,zがそれぞれ偶数回現われるものと考えていいのですか?
ただし∂xはx一回と数えるものとし項は「・と/」で構成され「+と-」を含まないものとする

たびたびおさがわせ恐縮していますがよろしくお願いします

補足日時:2002/01/24 22:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(2)'
r=(x,y,z,∂x,∂y,∂z,dx,dy,dz)としたとき
極性ベクトルE(r)の定義はE(-r)=-E(r)であるベクトルであり軸性ベクトルB(r)の定義はB(-r)=B(r)であるベクトルであるということですか?

すこし考えてみると(2)はおかしいような

お礼日時:2002/01/25 08:16

siegmund です.



> もし軸性ベクトルが嘘のベクトルであって人工的に決めたベクトルであるなら
> r≡(x,y,z)としr’≡(x’,y’,z’)としr’=-rとして
> B’(r’,t)=-B(r,t)と決めた場合どんな不都合がありますか?

人工的にどういう風に決めたかで,変換性が決まります.
前の角運動量の例を見てください.
L_x = y v_z - z v_y = y(dz/dt) - z(dy/dt)
と決めたら,位置ベクトル,速度ベクトルの変換性から
角運動量ベクトルの変換性が決まってしまいます.

Bも,電流素辺 I ds が場所rに作る微小なBが
dB(r) = (μ_0 I/4π |r-s|^3) ds×(r-s)   r,s はベクトル
というように決めていますので(ビオ・サバールの法則)
位置ベクトルのr,sの変換性から,dB が軸性ベクトルになることは
すぐわかります.

> B’(r’,t)=B(r,t)は約束事であって
> 本質的なことではないと言うことですね?
Bを人工的に決める方式まで含めて約束事というならそうでしょう.
でも,どういう風に人工的に選ぶかが決まったら,
上の議論のように変換性(極性か軸性か)は決まります.

回転運動を特徴づけるベクトルを極性ベクトルになるように選ぶということは
たぶん可能なのでしょうけれど,すっきりした形にはなりそうもありませんし,
規約をいろいろ作らないといけないような気がします.
やはり,回転運動のベクトルは回転軸方向に選び,
大きさで回転の程度を表すのが最も単純なように思います.
こうすると,必然的に軸性ベクトルになってしまいます.

hagiwara_m さん:
> 人によっては、「パリティ変換」と「鏡映」を全く区別せずに使っていて、
> 初学者に誤解を与えています。
たしかにそういう例はありますね.
私は hagiwara_m さんと同じく,区別して使っています.

この回答への補足

(1)ビオサバールを使うよりローレンツの力を使う方がBの定義としては適当ではないでしょうか?
(2)ということはBは2つの極性ベクトルの外積として定義されているから例の関係式が言えるのですね?
(3)軸性ベクトルの定義は「2つの極性ベクトルの外積」ということですか?
(4)そうだとすると説明が簡単でややこしい説明をしないで済むはずなのではないでしょうか?
(5)たかだか1つの極性ベクトルを使って定義された軸性ベクトル物理量はありますか?

よろしくお願いします

補足日時:2002/01/24 06:01
    • good
    • 0

hagiwara_m さん:


> パリティ変換は、対称面の選び方が複数あるという煩わしさを伴わないので、
> 数学的な扱いが、鏡映の場合よりむしろすっきりするようです。

私もそう思います.
hagiwara_m さんの例の,x-z面を対称面にしたとき (x,y,z)→(x,-y,z) となる鏡映変換ですと,
例えば(0,2,0) という位置ベクトルは
(0,-2,0) と変換されて符号が変わり具合がいいのですが,
(2,0,0)ですと(2,0,0)に変換されて同じになってしまいます.
もちろん,ベクトルの方向と垂直な面を鏡映面に選ばないといけないわけで,
(2,0,0) に対しては y-z 面が鏡映面になります.
(1,2,3) だったら,もっと複雑な鏡映面になります.

これに対して,空間反転 (x,y,z)→(-x,-y,-z) で話をすると,
ベクトルによって鏡映面を変えるような煩わしさはありません.
空間反転で符号を変えるベクトルが極性ベクトル,符号を変えないのが軸性ベクトルです.

やはり位置ベクトルが基本で,hagiwara_m さんが書かれているように
速度,加速度,力,電流,クーロン電場,
とたどってゆけばこれらは位置ベクトルと同じ変換性を持っていることがわかるでしょう.

一方,磁場はループ電流などからわかりますように,

 ┌──>──┐
 │     │
 │     │
 ∧  ×  ∨
 │     │
 │     │
 └──<──┘

の時にループ電流内部の磁場を面に垂直向こう向き(×印)とするのは
自動的に決まるわけではなく,
右ねじ関係といういわば約束によるものです.
こういう類の量は軸性ベクトルです.

力学での軸性ベクトルの代表は角運動量です.
回転運動に対して,それを特徴づける量を軸方向のベクトルにするのは
なかなかうまい方法ですが,そう選ばないといけない必然性
(位置ベクトル,速度ベクトルみたいな)があるわけではありません.
こういう意味で,軸性ベクトルは本来の自然的ベクトルではないので
「擬ベクトル」ということもあります.

角運動量のベクトルの成分は
L_x = y v_z - z v_y = y(dz/dt) - z(dy/dt)
ですから,空間反転に対して符号を変えないのは明らかでしょう.

この回答への補足

もし軸性ベクトルが嘘のベクトルであって人工的に決めたベクトルであるなら
r≡(x,y,z)としr’≡(x’,y’,z’)としr’=-rとして
B’(r’,t)=-B(r,t)と決めた場合どんな不都合がありますか?

B’(r’,t)=B(r,t)は約束事であって本質的なことではないと言うことですね?

よろしくお願いします

補足日時:2002/01/23 03:38
    • good
    • 0

私としての説明は一応終えたつもりなので、お手元の教科書の流儀で軸性ベクトルを再説明することは控えます(というよりできません)。



だだ、補足に関連して、定評ある教科書にもしばしば見られる誤解のもとが前から気になっていますので、そのことを少し、、

鏡映変換は、例えばx-z面を対称面にしたとき、(x,y,z)→(x,-y,z)となる変換です。
これに対し、(x,y,z)→(-x,-y,-z)という変換があります。これを反転またはパリティ変換と言います。パリティ変換は、さらに180度の回転を行うと、鏡映変換になります。右手系が左手系に移るという意味では、鏡映変換とパリティ変換は同種のものです。

ここからは私の憶測を含む話です。パリティ変換は、対称面の選び方が複数あるという煩わしさを伴わないので、数学的な扱いが、鏡映の場合よりむしろすっきりするようです。そこで、右手系-左手系の変換の話では、パリティ変換の方が引き合いに出されることも多いです。人によっては、「パリティ変換」と「鏡映」を全く区別せずに使っていて、初学者に誤解を与えています。

そんなわけで、本来、鏡像の世界での物理現象を考えるべきところで、(x,y,z)→(-x,-y,-z)の変換が出てきてしまうのです。こういうときは、y軸の回りに180度回した座標系にもどして、図を書きながら考えてみると、理解できると思います。
    • good
    • 0

根本的な問題ですね。

うまく言える自信がありませんが、叩き台的に書きます。

ベクトル量の鏡映対称の変換の規則の問題ですが、これは単にあるベクトルを眺めていて決められるものではなく、色々な物理量ベクトルの物理的相互関係により判断することになります。鏡映したときに、物理的に起こることが同じになるような変換則を採用するわけです。

出発点となる拠り所は実空間の位置概念です。鏡像の世界を考えると、あらゆる物の配置が鏡映されますから、位置・変位ベクトル、続いて定義されていく速度、加速度、力、さらに派生する、電流、クーロン電場などは、正に図形としての矢印のように、各点の位置といっしょに鏡映して考えればいいことが確信されます。これらが極性ベクトル(普通のベクトル)です。

ところが、例えば環電流の内側に発生する磁束密度Bの向きは、電流の回転の向き(右巻きか左巻きか)で決まります。鏡映によってこの右巻き左巻きが逆になりますが、対するBの向きはどうでしょう。これをイメージするのには、(右ネジの法則を考えるとき使う)手の(人指~小)指の巻く向きとそれに垂直に立つ親指の向きで考えるといいでしょう。親指の先を向かい合わせるように、あるいは、両親指を上に向けるように、両手を鏡像の位置に置いてみて下さい。これが図形的な鏡映関係ですが、親指の向きをBの向きと考えると、右手は右手の法則、左手は左手の法則になってしまい、鏡像の世界で電磁気の法則が成立ちません。鏡像の環電流をつくっても、そこでもやはり右手の法則でBの向きがきまるように考えなければならないのです。このとき、Bは図形としての矢印を鏡映したような変換にしたがいません。このBのようなベクトルが軸性ベクトルです。

こうしたことは、磁束(密度)が、電荷運動や電場の回転に対応づけられる量であることに起因して起こります。ます。一般に、極性ベクトルの外積(あるいは回転)で定義されるベクトルは、軸性ベクトルになります。

この回答への補足

砂川の空間座標の反転の節で
座標をの各軸の方向を逆に取った場合
元の座標をr≡(x,y,z)として
反転座標をr’≡(x’,y’,z’)として
座標はr’=-rとなるが
電界はE’(r’,t)=-E(r,t)となり
磁界はB’(r’,t)=B(r,t)となる
と書いてありますがどうも説明がしっくりしません

どうか分かりやすく説明してください

補足日時:2002/01/22 01:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五角形の最大面積

すべての辺が長さ1の凸五角形で、ある2本の対角線が垂直になるとき、
この五角形の最大面積はいくらか。

面積が最大になるときの五角形は、正方形に正三角形をつけた形になると
おもうので、(√3+4)/4になりましたが、正しいでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の通り、(√3+4)/4で正しいです。

二本の対角線を形作る四点を五角形から選ぶことになりますが
その四点を結ぶと、対角線が垂直で交わることから一辺の長さが
1のひし形になります。となるとこの五角形はひし形に正三角形を
つけた形になります。(すべての辺の長さが1なので)

ひし形の面積が最大になるのはひし形が正方形の場合なので
この五角形の最大面積は
正方形の面積=1
正三角形の面積=√3/4
の和です。

Qベクトルの外積 軸性ベクトルについて

私は理系の大学に通っている3回生です。
いま連続体力学という授業のなかで、ベクトルを勉強しています。
授業のなかで
ベクトルの外積A×Bは軸性ベクトルであることを証明せよ。
という証明問題がでたのですが、どうしてもわかりません。

どなたかわかる方
解説お願いします。

Aベストアンサー

 極性ベクトル(普通のベクトル)と軸性ベクトル(擬ベクトル)の説明って、ちゃんとされないと思うんですよね。しかもそれに数学の線形代数のベクトルの(線形空間の)定義が重なって、余計わけわかんなくなる・・・。

 まず#1さんの方法は、最も簡単なものです。

次に・・・、次に出す言葉でびびらないで下さいね。

  ・軸性ベクトルとは、2階の反対称テンソルの省略記法です.

 2階のテンソルとは、添え字の足2つという事で、たんなる行列です。反対称なんだから、2階の反対称テンソルとは反対称行列の事です。

 3次元の場合の反対称行列を考えると、対角成分全部0に固定で、独立な成分は、非対角成分の上半分か、下半分の3個です。
 独立成分3個である事を強調して、「3個で3次元だから、ベクトル形式で表すと便利だよなぁ~」という事で、軸性ベクトルが導入されます。
 この反対称行列Rは、回転行列をA(θ),単位行列をE,(極性)ベクトルをx、回転によるベクトル移動をδxとして、

 δx=(A(θ)-E)x

を考え、θ→0の1次の項だけ考慮して、R=A(θ)-Eで定義されるので、結局回転移動を表しています。ここらあたりは、ゴールドスタインの古典力学に、明快な説明があります。

 極性ベクトルxと軸性ベクトルrの違いは、ベクトルと行列の変換性の違いです。Sを基底変換行列とすれば、ベクトルと行列はそれぞれ、

 x'=Sx
 R'=S^(-1)RS(≠Sr)

という変換を受けるので、「違うにきまってるじゃないか!」となります(Sが直交変換の時は、=Srになりますが)。
 特にSを座標反転だとすれば、x'にはSのー符号が作用して反転しますが、S^(-1)RSだと(-)×(-)=+1で反転しない事になります。

 さらに事情を悪くしているのが、線形代数におけるベクトルの定義です。軸性ベクトル全体を集めて集合V'をつくると、なんとV'はベクトル空間の公理を全て満たして、ベクトル空間になってしまうんですよね。なので線形代数の立場では、軸性ベクトルもベクトルです。

 「ベクトルの外積A×Bは軸性ベクトルであることを証明せよ」で本質的に問われている事は、以下です。

 極性ベクトルのベクトル空間Vを考えたとき、それを土台にして定義された軸性ベクトルのベクトル空間V'は、果たして、もとのVと同じものか?

です。

 極性ベクトル(普通のベクトル)と軸性ベクトル(擬ベクトル)の説明って、ちゃんとされないと思うんですよね。しかもそれに数学の線形代数のベクトルの(線形空間の)定義が重なって、余計わけわかんなくなる・・・。

 まず#1さんの方法は、最も簡単なものです。

次に・・・、次に出す言葉でびびらないで下さいね。

  ・軸性ベクトルとは、2階の反対称テンソルの省略記法です.

 2階のテンソルとは、添え字の足2つという事で、たんなる行列です。反対称なんだから、2階の反対称テンソルとは...続きを読む

Q五角形の相似

正五角形の五本の対角線が作る内部の五角形はもとの五角形と相似であることは
証明なしで解答に用いてもよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

正五角形と正五角形が相似であることは、
自明ですが、
内側の五角形が正五角形であることには、
理由が必要です。
「対称性より」程度の説明で
構わないと思いますが。

Q逆格子ベクトルの軸ベクトル

逆格子ベクトルGの式で与えられる軸ベクトルbは、基本並進ベクトルaを使って表されていますが(b1=2π*(a2×a3)/(a1*a2×a3)などの式)、これは、なぜこのような式になるんですか?教科書などで見てもこれらの式だけが書かれていて、詳しいことが書かれていません。ご教授のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「なぜ」といわれても、そのように定義したから(そのように定義すると便利だから)としか言えない気もするのですが。
重要なのは以下の点だと思います。

a2×a3 はa2とa3の両方に垂直なベクトルで、b1はこの実数倍になっています。
b1の大きさは、b1のa1への射影ベクトルの大きさが2π/a1になるように取ります。
a1・(a2×a3) は実単位格子の体積です。

もしかしたら、固体物理の教科書よりX線結晶構造解析の教科書を見たほうがわかりやすいかもしれません。ただし、X線結晶構造解析の世界では、2πのところが1になってます。

Q星(太陽以外の恒星)はどうして五角形(星型)なのか?

子供の絵や漫画、アニメ等で星を描くと五角形ですよね
恒星(普通の星)だけでなく流星まで星型ですよね
実際は円形なのに(流星は棒状)
なぜ星は五角形の星型なのですか?
天文学にルーツがあるのですか?
(大昔の天文学者が五角形に感じたとか)

Aベストアンサー

太陽と月は勿論のこと、惑星の金星や火星、木星も土星も、肉眼で大きさを感じることができます。
それに対して、遠くにある恒星は、太陽より大きな星もありますが、遠過ぎて人間の肉眼では大きさを感じられず「点」になります。その光は、地球の大気の影響を受けて、星が瞬いて見えたりします。
ですので、No.1の方のおっしゃる通り、明るく光る恒星は、星の光が中心から放射状に広がって感じられ、それを星印に例えたのだと思います。
五角形になったのは、一筆書きで書けるというのも理由の一つではないでしょうか?

Q三次元極座標の位置ベクトルに垂直な速度ベクトル

三次元極座標で、座標R(r,θ,φ)に質点があり、位置ベクトルに対して垂直な質点の速度ベクトルVの表記がわかりません。
わかる方がいらっしいましたらお願いします。
速度ベクトルの大きさはVで、位置ベクトルに対して垂直であれば方向はランダムです。
私は、位置ベクトルに対して垂直な半径Vの円を考えて円上でのVを(V,θ2)としてそれを表記しなおそうとしたのですがわからなくなりました。
最終的な表記は極座標でもデカルト座標でもかまいません。
お願いいたします。

Aベストアンサー

求められていることがよくわからないのですが,
junmae1417さんは,(V,ψ)とされてつまづいたということですが,どのように考えられたのですか?
たとえば,
V_φ=V cosψ,V_θ=V sinψ
のように変換してはどうなのでしょうか?

Qサッカーボール問題、五角形と六角形の数

サッカーボールは次の条件で作られる。
(1)正五角形と正六角形の多面体を球状にしたものである。
(2)各々の五角形の周りは六角形に囲まれており、六角形の周りは五角形と六角形に交互に囲まれている。
(3)オイラーの多面体の定理によれば、面、頂点、辺の数の関係に「面の数 + 頂点の数 = 辺の数 + 2」の関係がある。

これから、五角形と六角形の数を求めるにはどうすればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

五角形の数をm、六角形の数をnとするとばらばらにした時の

辺の数  5m+6n
面の数  m+n
頂点の数 5m+6n

このうち、辺は2つが合わさって立体ができており、
頂点は3つが合わさってます。
(90度以上の角度の図形は4つ以上はあわせることができません。また、2個以下なら
頂点になりません)
これを多面体の定理に入れればmが求まります。
また、五角形が六角形に囲まれているならそのすべての辺は六角形と共有です。
そしてそれは六角形の全ての辺の半分に当たります。((2)の記述から)

QベクトルA,B,C A×(B×C)=z(BA・C-CA・B)

「ベクトルA,B,C A×(B×C)=z(BA・C-CA・B)この式では、A,B,Cに関して
線形だからzはこれらの大きさに依らない。」

ってどいうことなのかわかりません。特に線形が何を意味するのか。
解かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

訂正です。最後の一行
>zはこれら3つのベクトルのなす角のみに依存しています。
は無視してください。
 A×(B×C)=B(A・C)-C(A・B)
は良く使う恒等式の1つですね。

Q「五角形のもの」何がある?・・・ありそうなのに意外と見つからないので、教えて下さい!

三角形も四角形も、いやというほど身近に満ち溢れているのに、五角形となると意外に見つかりません。

「野球のホームベース」は、すぐに思いついたんですが・・・

皆さん、五角形のものをご存知でしたら、教えて下さい!

Aベストアンサー

こんにちは

先に回答がありますが、花とかヒトデとか、生き物には結構ありますね

その他だと…
「使いかけの消しゴム」って五角形になりがちですよね
「イラストに描かれる家」の形も五角形ではないでしょうか?
「昔、医者でくれてた粉薬の包み」今では見かけませんねぇ、昔は五角形に折った紙に包んでありました。
「から揚げクン用の紙パック」コンビニ(ローソンだっけ?)のメニューです
「牛乳パック」ある角度から見れば五角形です

ぱっと思いつくのはこの程度です

Q交流回路のベクトル図と力率についてですが、 図の回路のベクトル図を書いてみました。 V1とV2は同相

交流回路のベクトル図と力率についてですが、
図の回路のベクトル図を書いてみました。
V1とV2は同相なのでV1=V2を基準とするとそれに同相成分のI2、コイルがあるので遅れたI1を書き、そのベクトル和がI3となりました。

そこで回路の力率cosθなのですが黒く書いたθか赤いθかが分かりません。
力率cosθとは回路に流れる抵抗成分と位相?成分の位相差の事だと思っていたので黒いθだと考えたのですが、赤いθが正解でした。

力率cosθはなぜ赤いθなのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。

>補足の回路図で「負荷」と点線で囲ってありますがその注意書が無い質問の手書きの図面でもその考え方は同じなのでしょうか。

「同じ」ということではなく、「どこの力率か」ということで、断りがなければ「負荷の力率」でしょう。
手書きの回路図では、「抵抗+コイル」の部分を「負荷」と考えるのが普通でしょう。

もし、真ん中の「抵抗」だけの部分の力率なら、V1とI1との「電力」ですから、力率は「1」(位相角=0)です。これを問う問題は、ふつうはあり得ないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報