【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

平成16年式のエブリィワゴン(DA-62W)に乗っております。

1.ブースト計を取り付けるにあたって、エンジンルームから車内への配管の仕方に悩んでおります。
圧力を取る場所はわかっているのですが、そこからの配管の仕方を教えて下さい。

2.純正ブローオフバルブの大気解放をさせようと思っております。
社外品への交換も考えましたが、単に音だけ楽しもうと思っています。
大気解放させることによって車両に悪影響がありますか?

以上2点ですが、できるだけ、わかりやすく説明いただけると幸いです。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



1. 配管ですから機械式ですね。圧力を取る場所はお分かりでしたら、あとはブースト計の配管をお好きな場所から室内にもってくればいいのではと思います。お好きな場所とは、エンジンルームのファイヤーウォール部のどこかに、すでにある穴が、何かプラスチックなどの蓋があったり、ワイヤリングハーネスが通っている部分などです。
こちらは電気式ですが↓
http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/product/meter …
http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/product/meter …
しかし、取り付けが甘いですと、エアークリーナーを通さない砂埃混じりの空気をエンジンに吸わせてしまいますので、取り付けは専門ショップが良いのではと思います。


2. まあ、大気放出させても、ブローオフバルブから出てくるものは綺麗な空気ですから、とりあえずはそっちの方のものは環境への影響はなしとして(!排気ガスは環境に非常に悪くなりますが!)、No.1様(No.2様)がお教え下さる通り、お車への影響は非常に悪影響があります。
原理ですが、純正ブローオフバルブは、作動時は、エアークリーナー側(エアーフローセンサー)からの吸気は、アイドリング時と同じ量の吸気しか、しないようになっています。放出されない空気はタービンの前に戻して、ぐるぐる回しながらタービン自体の回転数も落ちないようにしています。
しかし、大気放出させてしまいますと、放出された分の空気は全てエアークリーナー側から吸気してしまうことになりますため、エアーフローセンサー(とコンピューター)はその分を全てエンジン自体が吸っているものと計算してしまい、そして燃調が狂うのです(No.1様ご説明のところ)。
具体的には、燃費はとんでもなく落ちます。環境にもエンジンにもとてもよくないことが起きます。あそこが融けます。(No.1様お言葉を借りますと、)狂うので激しくおすすめしません。

国際ラリー車などは、大気放出させる場合、全て全く別物のコンピュータープログラミングで計算させていますので、エンジンも壊れませんし、環境にも悪影響は与えないのです。(ブローオフバルブから出る空気はキレイですし。)

今回のご質問者様のお車では、改造純正ブローオフバルブ取り付けの方は、お車と地球環境のために、あきらめて頂く事が ご質問者様の最も利益になることと思いますので、

宜しくお願い致します。


当方は、過去に実際に(市販車で)やってみたことはありませんし、車関係のお仕事の者でもありませんため、そしたら、一般人にしておきましょうね。(当方、海外でラリーをドライバーとして楽しみ、エアロバティックスをパイロットとして楽しんでいるものです。エンジンのことやラリーのブローオフバルブについては、二次エアー供給ミスファイヤリングシステムも含めて知識のある者ですので、そこそこ信用して頂けますとありがたいです。)
.

この回答への補足

知識あるprop_and_jet様に再度お尋ねしたいと思います。
社外品のブローオフバルブでは車および環境への影響はないのでしょうか?
お忙しい中とは存じますが、ご回答いただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

補足日時:2006/03/17 09:22
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳細に説明していただき大変勉強になりました。
大気解放については車のため環境のためにあきらめることにします。
この度はご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2006/03/17 09:18

環境にいいか悪いか、悪いです。


本来計量された空気量を、使わずに捨てているので、計算された燃料噴射量の元になる部分から狂ってしまいます。

さて、車が壊れるかどうか。
壊れます。
ただ、使い方にもよりますが、確実に寿命が縮まります。実際に、ユーザーレベルでやった草チューン車でサーキット走行車のターボ付エンジンのブローしたものを観察するとよくわかります。ブローオフバルブが働いた瞬間に滅茶苦茶になった燃調が悪影響を及ぼしているわけです。
(ピストンが溶ける、コンロッドが曲がる、バルブが溶ける、ピストンリングが砕ける、いろいろ見ましたねー)

市販車をどんな形であれ、いじくってしまうと、寿命がかなり縮まることを念頭においておけば、何が起こってもあきらめることができます・・・よね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。
今回の件は色々な方からご回答ならびにご指摘をいただき諦めることといたしました。
またの機会お世話になることがあるかもしれませんが、宜しくお願いいたします。

お礼日時:2006/03/20 09:21

No.3です。




No.4様(No.5様)、ご指摘、大変にありがとうございました。(ブリーザパイプ付き オイルキャッチタンクなしの市販車の)ブローオフバルブ大気放出の空気の中に極微量のブローバイガスが含まれていることは当方も存じ上げておりますが、吸気内に含まれるブローバイガスの量自体の微量さと、ガス成分自体がエンジンオイル気化成分とガソリン気化成分であること(わずかに、触媒を通さない排ガスも。)、また、ガソリンスタンドで満タンにすれば40リットル以上の気化ガソリンが大気放出されておりますことを考えますと、特に今回はブローバイガスにつきましては“あえて”無視させて頂きました。

ではなぜ私が、ブローバイガスを“あえて無視”するといった、余計なことをしたかと申しますと、それは、

一部競技車(オイルキャッチタンク付き、ブリーザパイプなし、PCVバルブなし、の車両)では、コンピューターを専用のものにし、インテークマニホールド配管の設計から新設し、そのような車両(国際ラリー車など)であれば大気放出タイプのブローオフバルブを取り付けても環境にも車両にも何の悪影響もない。ということを強調しておきたかったため、

また、市販車ではブローオフバルブを取り付けますと、車両にも環境にも(特に、車両への影響)非常に悪影響があるということを強調してご理解頂きたかった為、

『ブローオフバルブから出てくるものは綺麗な空気』 と、あえて余計なことをまじえて記載させてしまいました。(記載させて頂きました。)



ブローバイガスは環境に有害なものだと仮定すれば、当然、ブローオフバルブ大気放出の空気の中には、環境に悪い成分が含まれております。ご指摘の通りでございます。



No.3を書いた時点では、No.5様のお礼の欄もありませんでしたので、「車両にさえ悪影響がなければ、環境や法律は たいして問題視はしない。」といった雰囲気もありましたため、きっちり専用設計されて造った競技車両ではOK。中途半端な取り付けでは車両への影響は計り知れない。というないように主眼を置いてNo.3を書かせて頂きました。
ご指摘のほう、大変にありがとうございました。

No.4様(No.5様)、同じ車好きどうし、あーでもない こーでもないの“車話”は楽しいですよね。このごろ、“車好き”はめっぽう減り、あまり “車好き” がいないので さみしくないですか?

これからもよろしくお願い致します。




>社外品のブローオフバルブでは車および環境への影響はないのでしょうか?

ここは私も知りたいところですね。カー用品店では社外品が売ってますよね。カッコよさそうですよね。しかし、車両への影響ですが、“私も知りたいところ” とは、つまりは、日本の専門ショップでは どうやって 取り付けを行なっているかによるからです。専門ショップが、国際ラリー車のように、しっかりコンピュータープログラミングから専用で設計し直していれば、当然、車両への悪影響は完全に“ゼロ”といえます。

ただ、“完全にゼロ”と書いたそばからなんですが、 大気放出タイプのブローオフバルブ、いずれにせよ 本当は車両によくないんですよね。といいますのは、ブローオフバルブが閉じる瞬間ですが、(厳密には)どうしてもそこからエアーを吸ってしまうのです。砂埃混じりの、エアーフィルターを通さない空気を吸ってしまうのです。その砂がシリンダーの内壁を傷付けますので、いずれにしろ、大気放出タイプのブローオフバルブは、実は厳密には車両にとってはあまりよくはありません。

なぜよくない物をラリー車は取り付けるかといいますと、(自動車競技は毎年規定が変わりますので一概には言えませんが)規定で付けても良い時に、大気放出タイプのブローオフバルブを取り付ける理由は、レスポンス重視です。エンジンの寿命は3日間の競技期間内もてば良い。それよりも、レスポンスの方を優先させ、コンマ1秒を縮めようというのが狙いになります。


(砂埃混じりのエアーを吸ってしまう悪影響は無視するとしても)、市販車への大気放出タイプのブローオフバルブ取り付けは、たとえ専門ショップにてしっかりコンピュータープログラミングから専用で設計し直していても、上記理由や、No.4様(No.5様)がお教え下さる通り、環境への影響もありますし、 No.1様(No.2様)がお教え下さる通り、車検にも通らないようですので、社外品を専門ショップで本格的に取り付けることも、やめた方が良いようです。


※当方、エンジンの工学的/技術的なことは強いのですが、逆に日本の(海外長いですし)車検制度やその法律的な部分はそれほど特には詳しくはありません(違法改造自体が好きではないので、そのせいかもしれません。)。オイルキャッチタンクを取り付けたり、ブリーザパイプを取り外すことは車検不合格になることは知っていましたが、大気放出タイプのブローオフバルブ取り付けが車検不合格になるとは、実は初めてここで知りました(ありがとうございます)。

ショップでは立派な社外品の大気放出タイプのブローオフバルブが売っていますよね。あれは違法なものなのですかぁ … 。


ご質問者様は、「大気解放については車のため環境のためにあきらめることにします。」との事で、良かったです。これからもよろしくお願い致します。
.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再三の質問に対してご回答いただきありがとうございました。
専門的な領域の話になってしまい、少々理解に苦しい部分もありましたが、今回は非常に勉強になりました。
今まで「知識もなく単なる格好だけを求める車イジリ」をしていましたが、今回の件でいろいろ考えさせられました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/17 16:34

#4です。

後から申し訳ありません。質問者さんのためにも補足です。
自分もスケールは小さい物の過去にそういう車に乗っていまして、ブローバイガスはキャッチタンク経由で大気開放していましたが、一般車のブローバイガスはインテーク付近に還元されている筈です。
したがってブローオフから大気開放すると、少量ながらブローバイガスが大気開放されてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大気解放については車のため環境のために見送ることにしたいと思います。
この度はご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2006/03/17 09:21

2 


ブローオフから出る空気は、ブローバイガスを含むので有害です。したがって大気開放が車検に通らないのです。
エアクリからの空気の流れを追ってみると、ブローバイガスが混じるポイントに気が付くと思います。
#3さんの意見と食い違ってしまいますが、#3さんほどの知識の方ならすぐにピンと来ると思います。

車両への影響もあり、当然悪影響です。#3さんの説明のとおり。
    • good
    • 0

> 車検の時などは元に戻せばいい話


ばれなきゃ良いという考えは止めた方がよいですが、それは置いておいても燃調狂うとエンジンストールの可能性が高くなり、それを繰り返すと最悪コンピュータやエンジンが壊れますので止めた方がよいです。
泣くのはあなたです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスいただきありがとうございます。
kazu2296さんは経験者となってますが、過去に実際にやられてたことがありますか?それとも車関係のお仕事の方ですか?

お礼日時:2006/03/16 15:20

1.配管方法について


 既存のケーブル等の配線用の穴を利用します。

2.純正ブローオフバルブで大気解放ってできました?
 どちらにしろ大気解放は車検に通りませんし、燃調が狂うので激しくおすすめしません。
 なにかあってもディーラー、カー用品店では対応してもらえなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
いろいろサイト等で調べてみたんですが、実際に純正ブローオフバルブの大気解放をやってる人がおられました。
車検の時などは元に戻せばいい話ですので、対応できると思います。

お礼日時:2006/03/16 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエブリイ DA64ターボのノーマルブースト圧は?

スズキ エブリィ DA64V ターボのブースト圧は何kかかりますか?

ブースト計を付けてみたら、最高で0.6kでした。
ノーマルってこんなもんですか?
簡単にブーストアップする方法ありませんか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

機械式ブーストコントロールとして?
有名なのは
要するに「リリーフバルブ」をだまして
ウェストゲートバルブに行く
吸気パイプを
可動オリフィス(熱帯魚のエアコントロールに使われる)もので
絞ってやれば
いくらでもブーストアップはしますが・・・

それは、
ふつう。
オーバーシュートと呼ばれる故障状態で、
過給圧が高くなりすぎている「エンジン破損寸前状態」のことを差します。

これを電気的にオリフィスを絞ったり開けたりするようにしたのが
ちまたにあふれる?EVCエレクトリックブーストコントロ-ラーで
原理的には非常に簡単な代物です。

しかし。
仮に0.6で適正であるのを
1.0まであげてしまうと
即ち、
空気流入量おおすぎ=燃焼温度の異常増加=ピストンなど溶断=エンジンブローとなります。
適正な燃料噴射コントロールマッピングを追加しないと
エンジンが即ブローするのが
ターボ車の恐ろしいところです。

多少のオーバーシュートマップは持っていますので
0.6標準で、0.8くらいまでなら何とか
ブーストコントローラーで動かしてもかまわないレベルかも知れませんが・・・

とうぜん。
1.0とかまでいくと確実に燃焼温度あがりすぎになりますし
増大したエンジンパワーをコンロッドやシリンダーやクランクが受け止められるか?
軽自動車のエンジンには基本そんなマージンはありません。

0.6で普通ですよいまどきは。
0.8以上にあげる場合、

強化ヘッドやピストン
メタルガスケットや強化コンロッドなど
エンジンフルチューンとなりますし、
現車あわせの燃料マッピングが必須になります。
そうなると
総額安く見積もって50万円からですな。ってこと。

ただブーストアップするのは
単なる自殺行為。

まだ。
大気解放ブローオフつけて
ぷしゅぷしゅやっているほうが
かわいいくらい。

機械式ブーストコントロールとして?
有名なのは
要するに「リリーフバルブ」をだまして
ウェストゲートバルブに行く
吸気パイプを
可動オリフィス(熱帯魚のエアコントロールに使われる)もので
絞ってやれば
いくらでもブーストアップはしますが・・・

それは、
ふつう。
オーバーシュートと呼ばれる故障状態で、
過給圧が高くなりすぎている「エンジン破損寸前状態」のことを差します。

これを電気的にオリフィスを絞ったり開けたりするようにしたのが
ちまたにあふれる?EVCエレクトリックブーストコントロ...続きを読む

Qターボが効きません

スズキのエヴリーですがターボが効きません。
アクセルを踏めばタービンの回っている音は聞こえます。パイプは外れている様子はありません。
あと燃費も10キロ無いくらいで悪いです。

何が原因なのか推定できる方教えてください。調べてみますので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。

乗り換えでしたか。他の方が書かれているようにエブリイにはターボが2種類あります。

個人的な経験から書くと

NAエンジン車・・・パワーがない。高速道路の上り坂ではみるみるスピードが落ちる。ただし,燃費を考えれば平地の町乗りではこれで十分とも言える。

低圧ターボ車・・・NAよりは力強くそれなりに加速する。高速道路の上り坂では速度が落ちにくい(角度によってはスピードが落ちます)。トルクはNAと64馬力仕様ターボエンジンの中間くらいで,最高馬力も60馬力に抑えられている。加速重視で運転すると10km/Lになるのは仕方がない(燃費を良くするには運転の方法を変える必要があります)。

64馬力仕様ターボ車・・・ターボが利き始めるとドッカーンと加速を始める(といってもだいぶおとなしくなりました)。高速の上り坂でも加速可能。ただし,加速重視の運転をすれば,露骨に燃費に跳ね返ります。

という感じです。ですから,低圧ターボエンジンであれば,アトレーからの乗換えでは非力に感じると思いますが,NAエンジン車であればもっと走らないですよ。

車の型番を記されますと良いと思います。

#5です。

乗り換えでしたか。他の方が書かれているようにエブリイにはターボが2種類あります。

個人的な経験から書くと

NAエンジン車・・・パワーがない。高速道路の上り坂ではみるみるスピードが落ちる。ただし,燃費を考えれば平地の町乗りではこれで十分とも言える。

低圧ターボ車・・・NAよりは力強くそれなりに加速する。高速道路の上り坂では速度が落ちにくい(角度によってはスピードが落ちます)。トルクはNAと64馬力仕様ターボエンジンの中間くらいで,最高馬力も60馬力に抑えられている。加...続きを読む

Qエブリィワゴン(DA62W)の型?について

みなさん、はじめまして。
今度、エブリィワゴンの中古購入を考えております。
色々と勉強しているところ、ある疑問が発生しましたので掲示させていただきました。
ディーラーにでも聞けよ!ってかんじですが・・・。
タイトルにも記載いたしましたが、DA62WはエンジンがK6Aになると思いますが、4型、5型、6型というように「型」があるようです。
この型の違いで何かエンジンの構造が違うのでしょうか?
無知な私を皆さんのお知恵でお助け下さい。
みなさん、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

スズキ車は(他もだが)車がフルモデルチェンジした直後が1型でその後マイナーチェンジするたびに2型、3型っと進化して行きます。
先代エブリイは平成11年に出たのでそれから5回マイナーチェンジして6型になったと言うことになります。
最も最初はDA62WではなくDA52Vでしたが・・・。
この時DAがエブリイをさし、最初の数字がエンジンの種類で5がF6A、6がK6Aになります。
次の2は型かな?ちょっと忘れてしまいました。
そういや昔DA51Vとかあったっけ。
んで最後のアルファベットが形状。VがバンでWがワゴン。他にTだとトラックでSがセダン等があります。

最初の質問に戻りますが5型でも6型でもエンジンの構造は基本的に同じです。
でも細かくは違います。
特にエブリイはエンジンの変化が激しくオイルパンが鉄板からアルミの鋳物になったりオイルエレメントの取り付け位置が変わったり整備する面からは結構変わっています。

普通に乗る分にはエンジンの違いはあんまり変わらないけど修理する側からだとエンジン乗せ替えの時「型」が違うだけで大変な目に会うこともあります。(/_<。)

スズキ車は(他もだが)車がフルモデルチェンジした直後が1型でその後マイナーチェンジするたびに2型、3型っと進化して行きます。
先代エブリイは平成11年に出たのでそれから5回マイナーチェンジして6型になったと言うことになります。
最も最初はDA62WではなくDA52Vでしたが・・・。
この時DAがエブリイをさし、最初の数字がエンジンの種類で5がF6A、6がK6Aになります。
次の2は型かな?ちょっと忘れてしまいました。
そういや昔DA51Vとかあったっけ。
んで最後のアルファベットが形状。VがバンでWがワゴン。...続きを読む

Qブーストコントローラーについて教えてください。

DA64Wのエブリイワゴンに TRUST (トラスト) GReddy ブーストコントローラー プロフェック イージー 軽自動車専用を取り付けたいのですが(純正の圧力センサーと純正の過給圧制御用ソレノイドバルブを使用し、面倒な配管不要で取り付け簡単と書いてある)実際はどういった配線をするのでしょうか?本当に自分で簡単に取り付けれるのでしょうか?

そして純正のノーマル状態で最大ブースとは何処まで行けますか?

また、アクチュエーターにスプリングを引っ掛けて強化し併用しても良い物なのでしょうか?

最後にブーストメーターが無いので、BLITZ(ブリッツ) R-VIT i-Color FLASH Ver. 2.1を取り付けるのですがブーコンと取り付けは被らないでしょうか?

宜しくお願いします。

 

Aベストアンサー

定かではありませんが、64にはスクランブルブースト制御でアクセルをいっぱいまで踏み込んだ時に1キロまで上げる制御があったように思いますが。。。誤っていたらごめんなさい。

1キロまでならプラグを冷え型タイプに取り替えてギリギリ?!対応可能と思います。しかし0.2キロ上げたとしてもそれ程変化は感じないでしょうし、燃調なしでのブーストアップは、エンジンを過熱状態させるので耐久性を削って走る事を理解したうえで行ってください。

Q機械式ブーストメーターの取り付け方!

DA64Wのエブリィワゴンに機械式ブーストメーターを取り付けたいと思うのですが、エブリィワゴンのエンジンの写真付きで解説して頂ける方見えませんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ここらあたり、どうでしょう?

参考URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/253442/car/182628/note.aspx?page=2

Qブローオフバルブの大気開放について

当方SW20(GT-S)に乗っています。
先日ブローオフバルブの装着を検討していて気になったことがあったので質問させてください。
某T社のブローオフバルブの説明書に
「大気開放にすると燃調等が狂い、エンジンストールを起こすことがあります。その場合はリリーフエアーを戻して使用してください」
とありました。
これは要するに「大気開放をやめろ」という解釈で良いのでしょうか?
しかし、そうだとするとバルブを付ける意味そのものがなくなってしまう気がするのですが…
大気開放をやめるのであればバルブを外してしまうのと変わらないのでは、という気がしてしまいます。
車のメカ的な部分はあまり詳しくないのでよくわからないのですが、今後勉強していきたいと思っているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これは要するに「大気開放をやめろ」という解釈で良いのでしょうか?

そうです。

まず、ブローオフバルブの大気開放は、車検に合格しないようですので、一般道を走る車への取り付けはできません。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2067141.html)の ANo.4

公道は走らない、ナンバーなし車のサーキット用でも、吸気系(や、燃調のコンピューターなど)がノーマルのままのような車ですと、大気開放しては全てが狂います。

簡単に説明しますと、エアークリーナー後に付けられた「エアーフローメーター」では空気をバンバン吸っていると検出されているのに、実際は空気はエンジンには行かずに外にバンバン棄てているわけですので、コンピューターが狂うのです。

純正タイプの大気開放しないブローオフバルブですと、ブローオフバルブが開いても、[エアーフローメーターよりも後~タービン]との間に全ての空気を戻しますので、エアークリーナーからエアーフローメーター間の空気の流れは止まります。よって、エアーフローメーターは正しい空気の流れを検出することができます。



>しかし、そうだとするとバルブを付ける意味そのものがなくなってしまう気がするのですが…

大気開放しないブローオフバルブは、純正で付いています。つまり、付いていたほうが良いので付いています(過去の車には付いていない車もあったようです)。

なぜ付けるかの理由は、タービンやスロットルバタフライなどの負担軽減、タービン回転数のドロップによるロス軽減、などです。

タービンは、強力な空気ポンプのような物ですね、ブローオフバルブが開けば、タービン出口からの空気が勢い良く出てきていても、スロットルバタフライで塞き止められることなく、サイドから逃がした空気をタービンの入り口に戻してやることができますので、勢いの良い空気がタービン入り口に供給されることによりタービンの回転数も維持できますし、エアークリーナーからの空気供給はほとんどストップしますので、正しいエアーフローの検出も可になります。



>大気開放をやめるのであればバルブを外してしまうのと変わらないのでは、という気がしてしまいます。

どういう意味でしょうか?

「社外品のブローオフバルブなど公道車には不要ではないのか?」という意味でしたら、まさにその通りです。

「純正車にも付いているブローオフバルブも、意味が無いのでは?」という意味でしたら、それは全く違います。付いていたほうが、良いことだらけです。
 

>これは要するに「大気開放をやめろ」という解釈で良いのでしょうか?

そうです。

まず、ブローオフバルブの大気開放は、車検に合格しないようですので、一般道を走る車への取り付けはできません。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2067141.html)の ANo.4

公道は走らない、ナンバーなし車のサーキット用でも、吸気系(や、燃調のコンピューターなど)がノーマルのままのような車ですと、大気開放しては全てが狂います。

簡単に説明しますと、エアークリーナー後に付けられた「エアーフローメーター...続きを読む

QFRベースの4WDの雪道運転

エブリィワゴンPZターボ4WDが納車されました。


今までは2WDのFFで必要時はチェーンを付けてました。
エブリィワゴンの2WDはFRなので、後輪駆動が嫌で4WD(フルタイム)にしました。
しかし取説の4WDのページを見ると『FRベースの車なのでチェーンは後輪につけてください』みたいな事が書いてありました。
結局後輪!?
そこで教えて頂きたいのですが、

①FFベースの4WDとFRベースの4WDは違うのですか?
4WDだから四本ともが駆動輪になるのではないんですか?

②今までFFの2WD(たまにチェーン)にしか乗った事の無い私が、FRベースの4WD(チェーンは後輪)で雪道を走る時の運転の仕方の違いや注意点はありますか?


この車、1月には雪道デビューさせようと思っているのでアドバイスよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

FFベースとFRベースの4WDは違うのか?

違います。
既に回答は出ているようですが、エンジンと直に繋がっているのが前輪か後輪かという差があります。
これらは基本(ベース)的には前輪または後輪のみで走ります。それらが滑った(システムによっては滑りそう)ときに初めて後輪または前輪が駆動します。
ですからチェーンを巻くのであれば、常に駆動しているタイヤに巻かなければならず、エブリィワゴンであれば後輪ということになります。


運転の仕方の違いや注意点はありますか?

基本的には安全運転をしていれば駆動形式に違いで問題となることは早々生じません。
上り坂やコーナーで駆動輪が滑り易いので、FFなら前輪がFRなら後輪が滑り易いことになります。FFの場合、当然ではありますが操舵は前輪ですから、滑っているタイヤで操舵をしなければなりません。アクセルを緩めて対応します。(ABSがあっても急ブレーキは禁物。特にコーナーでは)FRの場合は操舵する前輪がきちんとグリップしていればという前提ですが、アクセルをちょっと踏み込んで逆ハンなどで乗り切れます。これはスタッドレスタイヤを履いている場合の話。

一方で、チェーン走行であれば話がちょっと違ってきます。チェーンは駆動輪に巻かれている訳で、操舵輪はFFでは滑りにくく、FRだと滑り易い。つまり、FRでは上述の方法は使いにくい状況になります。スタンバイ式の4WDはここで前輪に駆動を配分し、対応する訳です。


みなさん仰っていますが、スタッドレスタイヤを購入した方が自分自身、同乗者、周りの人の安全性を考えると賢明かと思います。軽の13 inchであれば1本7千円前後、ホイール込みでも3万円台からあるはずです。それで3~4シーズン使えます。年間1万円台。ホイールは使い回せますから、次回からはタイヤ代2万円台でOKです。


ご参考になれば幸いです。

FFベースとFRベースの4WDは違うのか?

違います。
既に回答は出ているようですが、エンジンと直に繋がっているのが前輪か後輪かという差があります。
これらは基本(ベース)的には前輪または後輪のみで走ります。それらが滑った(システムによっては滑りそう)ときに初めて後輪または前輪が駆動します。
ですからチェーンを巻くのであれば、常に駆動しているタイヤに巻かなければならず、エブリィワゴンであれば後輪ということになります。


運転の仕方の違いや注意点はありますか?

基本的には安全...続きを読む

Q平成11年エブリィDA52V(F6A)エンジン不調。

下記車両が不調ありで整備工場にて診断
点検等行ったのですが不良箇所不明で戻ってきました。どなたかご教示お願いします。

平成11年スズキ エブリィ タ-ボ DA52V(F6A)
走行距離 81500km タイミングベルト交換(コマずれ等点検済み)、
交換済みのもの、ラジエター、O2センサー、プラグを標準のものに、プラグコード、タペット内一部カーボン除去、ハイオクにし、燃料添加洗浄剤投入、燃費がリッター/5kmとかなり悪く、(街乗り)
遠乗り国1等で、リッター/8〜11km
アクセルの使い方はかなり気を使っています。

いつも朝一始動しようとすると、パワーがなくアクセルを踏み込んでも、アイドリングが不安定で、ガタガタとなり、まったく動きがないくらいで、息継ぎをする感じもあり、暖気をしてから改めて走り出した所、通常に走れる様になったのですが、急加速、通常加速(走行)時に、断続的に息継ぎをして加速できず、ズバッズバッとなります。
アイドリングは1000回転くらいですが、停車時、
一回1200くらいまで上がって、900〜850くらいまで下がり、軽いぶるぶる出るようになりました。
また、この手のターボ車は乗った事がないので比較できませんが、ブーストがかかってる感じがありません。整備士もターボの効きが悪いと言っていました。
音的には、アクセルを踏むと"コーーコーー"と言う感じの奥に"キューン"と小さく聴こえている感じです。
単純にターボ自体の不調で燃費に影響があるのか、
その他なのか、同時併発なのか...
同じ状況だったりで、どの辺に不具合が考えられるか、雲を掴む様な話ですが、どなたか似た様な症状、またなんとなくお判りになる方ご教示願います。

下記車両が不調ありで整備工場にて診断
点検等行ったのですが不良箇所不明で戻ってきました。どなたかご教示お願いします。

平成11年スズキ エブリィ タ-ボ DA52V(F6A)
走行距離 81500km タイミングベルト交換(コマずれ等点検済み)、
交換済みのもの、ラジエター、O2センサー、プラグを標準のものに、プラグコード、タペット内一部カーボン除去、ハイオクにし、燃料添加洗浄剤投入、燃費がリッター/5kmとかなり悪く、(街乗り)
遠乗り国1等で、リッター/8〜11km
アクセルの使い方はかなり気を使っています...続きを読む

Aベストアンサー

ターボだけとは思えないトラブルの様に思います、まずアイドリングの不調はアイドルコントロールバルブあたりの清掃が必要かも(同年代のF6Aのターボ付きに乗っています)3速オートマでも今の時期13~14は伸びますしアイドルが不安定ならまず疑います(この年代のF6Aでアイドルコントロールバルブの汚れで不調になる物ありです)

アイドルコントロールバルブのメーカーで違うようですが、なお、キャブキリーナー等下手に使用すると最悪コンピューターも壊れますから使用しないこと(知らないと大変高価な出費になります)その他にも何らかのトラブルを抱えていそうですが・・・

軽のターボはタービンの潤滑のオイルラインがスラッジでつまりタービンブローしやすいので(F5Aと同系列のF6Aも同じと私は思っています)要注意、ブローしたら白煙はきまくると思いますがさすがに経験がないので(全く走らなくなりますから白煙が無くても解る)もちろん燃費も全くパワー無くなるから悪くなると思います。

おそらく60キロ出すのも苦労すると思う(普通車でもそうですから)もしタービンブローしていたら程度によっても買い換えを考えた方が良いかも知れません(タービンだけならまだしもエンジンにも被害があれば)F5Aなら載せ替え経験ありです。

エブリーのターボは乗ったことがないですが今の3速オートマでも(ターボのインジケーターなしのモデル)でもNAとは全く違う加速をしますから坂道などでもたつくことは無いです(通常3000回転くらいで信号発進などでも普通に加速できます(これがNAだと結構踏み込まないととろとろして後続の邪魔だと思うくらいでした)

と、言うことでアイドルコントロールバルブやターボ周りの点検をした方が良い感じです(最悪コンピューターも)アイドルコントロールバルブの清掃は絶対にキャブクリーナーに頼らないこと、絶縁体が溶けてバルブ内でショートしてコンピューターを破壊するおそれが高いと思って間違いないです(私が知る限りスズキは、もちろん同じコントロールバルブを使用している他社種も)ミクニなどのメーカーですから私は他のメーカーでも怖くてできません、やり方は分解して綿棒使用します(もしくは交換、ただし中古と言うことですから以前のオーナーが使用していた可能性はあります、この場合・・・)

どちらにしても圧縮圧力なども測定してエンジンに不具合が無いか判断してからだと思いますよ、その上で点火系と燃料系という風に見ないととても一つのトラブルとは思えない(あくまで私の感じ方です)

参考程度に・・・

ターボだけとは思えないトラブルの様に思います、まずアイドリングの不調はアイドルコントロールバルブあたりの清掃が必要かも(同年代のF6Aのターボ付きに乗っています)3速オートマでも今の時期13~14は伸びますしアイドルが不安定ならまず疑います(この年代のF6Aでアイドルコントロールバルブの汚れで不調になる物ありです)

アイドルコントロールバルブのメーカーで違うようですが、なお、キャブキリーナー等下手に使用すると最悪コンピューターも壊れますから使用しないこと(知らないと大変高...続きを読む

Qエブリワゴンのオフセット許容範囲

夏タイヤは165/60/R14みたいです。
スタッドレスタイヤ155/65/R14 オフセット43mmをはいたら問題をおこすでしょうか?
雪道なので凸凹でショックはフルストローク動くでしょう、またハンドルも細道なのでフルにきると必要あり。

Aベストアンサー

すいません、タイトル見逃してました。。。orz
エブリィワゴンですね。

単純に、オフセットだけの問題なら標準がオフ50なので、43なら問題ないかと。(純正より外側に7mm出る計算)
#6Jのホイールにオフ43でフロントがツライチらしいので、標準ホイールサイズで155/65R14なら問題ないと思います。
http://www.carview.co.jp/bbs/104/321/?bd=100&th=3363928&act=th

Qスズキ エブリイワゴンのヒューズボックスの場所

こんばんわ。
今回、車にETC(パナCY-ET809D)を付けようと思っています。
車はエブリイワゴン(平成17年式:GH-DA62W)です。

ヒューズ電源を使って、ETCを取付けをしようと思い、助手席下に
ヒューズボックスらしきものを見つけたんですが、ネットで載っている
ようなヒューズボックス(平型ヒューズが多数差しこんである)では
なく、30~50A位のヒューズ(平型ヒューズを2つ合わせたくらいの大
きさのヒューズ)しか差さっていませんでした。

常時電源やACC電源(10~20A)のヒューズボックスはこの車ですと、どこに
あるのでしょうか?
また、助手席下のヒューズボックスの蓋に英語で何とかFUSE_Onlyと記
されていたのでそこしかないのでしょうか?
どなたか分かる方いらっしゃいましたら、詳しく教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

運転席右下にあると思います。
(運転席に座って右ひざの前辺り)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング