3月の末に引越しをしようと、2社から見積もりをもらったのですが
通常の時期の2倍から3倍の値段です。 と言われました。
引越しのシーズンで値引きの必要が無いので。
と言われましたが、これは法律的には問題ないのですか?
ある一定時期、各業者が値段を通常より高い。
業者の言い分は分かりますし、
世間でも認められているようですが、
釈然としないので、詳しい方に簡単に教えて頂きたく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 航空券も、季節によって大きな差がありますが、この場合は法律で国土交通省に届け出ることになっています。


 引越し料金については、このような届出や認可制度はありませんので、業者が自由に価格を設定することが出来ます。需要が高まれば料金を上げて、低くなると料金を下げていますが、自由競争の商取引の中では釈然としない部分もありますが、法的には問題がありませんので、あとは利用者がいかに価格交渉によって、料金を下げれるかでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
会社員ですから自由競争と言うのは良く分かります。
が、釈然としない矛盾もあることはhanbo様にもご理解いただけると思います。
値段交渉はしています、ちょっとだけ下げられました、
まだまだ頑張って下げていきます。

お礼日時:2002/01/23 11:10

運賃の部分は国土交通省への事前の届け出が必要になっています。


この運賃は業者により異なり
(国土交通省が定めた運賃を利用する業者もいます)、
運賃の上下10%内で自由に金額を変えることができます。

運賃以外の作業員料や梱包費用などは
届け出の費用がありませんので自由に料金を設定できます。

ご質問の問題では
運賃は届け出運賃のままで
作業員料等を繁閑期に応じて変更していると考えられます。

結論としては法的には問題ないと言わざるを得ませんが、
下記サイトなどで再度見積をしてみるのも良いかもしれません。

引越達人 http://www.inter-eye.com/move/
引越一発便 http://www.atmoving.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
誰も文句を言わないから正当にまかり通ってしまうことが
多くあるので、気になったことは、聞いてみようって
このサイトに質問しました。
知らないことをいろんな方からそれぞれお教え頂いて感謝しています。
料金はネットで見積もったり、実際に見積もりを依頼したり
と競合させて値引き交渉もしています。
値引きしすぎると・・。 と忠告も頂きましたが。。
ほどほどにしながら続けていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 09:53

アドバイスにはならないかもしれませんが、私の知り合いに某引越しセンターの見積り担当者がいます。

オフシーズンの引越しは作業員の実際の日当プラス車両関係費程度の金額でも引越を受けてしまうことがまれにあるそうです。会社にとっては全くと言ってもいいほど利益がないそうですが、日給月給の作業員とトラックを遊ばせておくよりはマシとの事です。

引越業者の言い値のとおりの金額を支払うお客にはそれなりのサービスを、値切るお客には値切るなりのサービスをするのが本音のようですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。 お知り合いの方のアドバイスありがたく
頂戴いたします。

> 引越業者の言い値のとおりの金額を支払うお客にはそれなりのサービスを、
> 値切るお客には値切るなりのサービスをするのが本音のようですよ。
怖いお言葉ですね。 そうならない為に言い値で・・。
性格上そうはいか無いみたいです。。
引越しの時期が選べればいいですがね。。

お礼日時:2002/01/25 16:11

>料金は交渉して下げていくつもりです。



うーん、難しいと思うなぁ…
だって、たくさんお客がいるわけでしょ。
もし、tattiさんしかお客がいないんなら、
何としてでも仕事を取ろうと思うけど、
たくさんいるんだから、
「そんな文句を言うなら、うちはやりません」
ってなると思いますよ。
そんな交渉をしなくちゃならない客よりも、
何もいわない客の方を選ぶと思いますよ。
たくさんいるんだから、
一人ぐらい減ったってどうってことないですからね。
少なくとも、僕が業者ならそうします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
tomikou0000さんの言う通りで業者の言い分も分かりますし、
私も仕事上では同じようなことはしています。
受けての身勝手とも分かっていますが、
なんとかなるものなら、何とかしてみたい。
という、関西人ならではの考えと、お笑いください。
でも、業者も逃げれない程度に交渉には乗ってきています。
決め手のいい方法は無いかと思案していまして、
いろいろな方のお知恵を拝借しようとしています。
ご理解いただけたら幸いです。

お礼日時:2002/01/23 13:35

私自身が詳しいわけではないのですが、こういったことについて詳しい方が開いておられるサイトがあります。


そこで質問すれば、よい回答が返ってくるかと思います。

http://www.heyasagase.com/index.html

また、ネット上で引越しの見積もりを出してくれるところがありますので、そこと比較されてはいかがでしょうか?
ご参考になるかと思います。

http://www.heyasagase.com/link/hikkoshi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
ネットの見積もりは試してみます。
法律的には問題ないようとのお答えが多いですね。
受け側が社会の体制を変えれない矛盾に苛立ちを覚えます。
需要が大量の時は、値段が下げられても、数をこなせば、売上は上がります。
これが需要と供給のバランスだと思っていましたが。
需要が減り、そのお客さんをなんとしてでも、自分の会社で獲得しなければ、
その為のサービスが時期的になくなることが、バランスとは思えないです。

お礼日時:2002/01/23 11:33

需要と供給のバランスですね。


学校の授業で勉強したとおりです。

似た例ではJRの特急料金があげられます。
年末年始やGW、お盆の時期などは通常より特急料金が高く設定されています。
また、こういう時期は航空運賃も値引きはほとんどありませんね。

需要が多ければ、それなりに企業側もアルバイトを雇ったり、他の運送便を用意したりと通常よりも+αの経費がかかります。その費用です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
需要と供給のバランスは大変分かります。
ただ、業者がその垣根を外すぐらいのサービスを求める
のが受け側の考え方ではないでしょうか。
ちょっとでもと欲を出すのと、違った意味での勉強だと思っています。
知らない分野を経験する時に、よく知っている人からアドバイスを
頂いて、有利な立場になりたいと。
料金は交渉して下げていくつもりです。。

お礼日時:2002/01/23 11:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引越し業者を何社か同時に自宅に招き、見積もりをしてもらいたい。

こんにちは。

近々引越しを考えております。
引越し業者を何社か同時に自宅に招き、
入札のような感じで、業者を一社に決めるやり方は、
法律的に、問題あるのでしょうか?

このやり方なら、1度で、見積もりが貰えるのと、
競争意識がより増すかな~っと思うのですが、
問題ありのやり方なのでしょうか?

ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

そうすると金額の低い業者を選ばざるを得なくなります。態度や保証内容など金額以外の点も、大事だと思いますよ。複数社から見積もりをとることはいいことですが、最低金額の業者以外を選ぶという選択肢もあっていいと思います。そのためには、同時に見積もりを取るのはいいですが、その場で「入札」とは言わず、見積もりを貰って、追って回答、ということにしてはいかがでしょう? 金額で決めない方がいいと思います。

Q火災後の清掃業者の言い分が納得出来ません!

はじめまして!どうにも納得出来なくて投稿さして頂きました!
先日近火の火災で私の営んでいる店舗の天井にススがついてしまい高圧洗浄と塗装を行うので店舗内の物を撤去してくれと業者に言われましたが何故に僕が撤去しなければいけないのか納得出来ません!業者に何故僕が撤去しなければいけないのか問いただしますと撤去を業者がすれば費用が発生して火災保険ではその費用が降りないとの事でした!
この案件では僕が撤去しなければいけないのでしょうか?

僕の言い分は

養生等で出来ないのか?
高圧洗浄意外の方法では駄目なのか?
他に方法は無いのか?
です!宜しくお願い致します!(^_^)

Aベストアンサー

保険の事故処理担当の専門家かその業務経験者の回答がつくといいのですが、回答を試みます。

このケース、保険屋、その差し回しの業者とあなたの関係でなく、大家とあなたの関係となります。大家との賃貸契約に、物件維持についてなんと締結しているかです。たとえば、物件維持に関して大家が立ち入れることができる、といった条項です。それについてあなたの協力(受忍)義務がどう定めてあるかです。通常は、その作業にいちゃもんつけられず、移動に要した費用や、作業期間中の賃料は割引く、というのが、見てもいませんが賃貸契約の中身と思われます。

よって交渉相手は、保険屋・作業業者でなく、大家です。

Q車の事故、承諾した見積もり高い値段を請求された。

アドバイス、上策を教えてください。
車の事故を起こしまして、保険適用外により、こちら側は保険が効きません。
相手はエンジンがかかってましたが、
ほぼ停車していましたので、頑張って9:1の割合を主張しても良かったのですが
全額弁償すると言いました。

すると、相手と駅で落ち合うことになり
保険会社代理人を連れてきて『こちらで見積もりを出すので最悪40万~50万覚悟してください』と
しかし、『あなた側の承諾なしに修理着工はいたしません』とはっきり言いました。
なので『はい』といいました。

後日、電話で見積もりが送られてきまして『48万円でした』高かったので
しぶしぶ相手に『この見積もりなら承諾しますと言いました。』
相手は『代車代も見てくださいね。』と行ってきたので
『この見積もりより高くなることはないですよね。』と念押して、修理着工の承諾をしました。

ところが後日、見積もりに忘れた部分がありまして、70万円になりますといってきました。

これは拒否できませんか?
48万円で承諾したのに後からいわれました。
そもそもの見積もりが70万円でしたら、別な修理工場。

加害者の私と被害者の両方の知り合いではない修理工場をでやらせる事は出来なかったでしょうか?
こちらが全額保障するのに、修理工場も相手の指定した場所でやらなければいけないでしょうか?
そもそも後から見積もりをあげてくるようなら、9:1の割合を強く主張すべきだったのでしょうか?
今からでも9:1を強く主張できるでしょうか?

まだ70万円の見積もりは承諾していませんが、勝手にどんどん直されてしまったら、どうしたらよいでしょう。最初の承諾どおり48万円しか支払わなくていいですか?
48万円は承諾したけど70万円は承諾できないので
70万円と後から高い値段を吹きかけられ、承諾できないので別の修理工場にしてくれとかいえるものでしょうか?

どのようにしたら上策でしょうか?
この場合電話で口約束のため48万円の承諾は認められませんか?
逆にいうと70万円も承諾してませんから不当に修理を開始してるのもおかしいと思いますけど

そもそも70万円のものを承諾したわけじゃないですけど
48万円の電話承諾もクーリングオフできますか?電話による口約束で5日目です。
(クーリングオフは自動車修理でも自動車に該当しますか?)

アドバイス、上策を教えてください。
車の事故を起こしまして、保険適用外により、こちら側は保険が効きません。
相手はエンジンがかかってましたが、
ほぼ停車していましたので、頑張って9:1の割合を主張しても良かったのですが
全額弁償すると言いました。

すると、相手と駅で落ち合うことになり
保険会社代理人を連れてきて『こちらで見積もりを出すので最悪40万~50万覚悟してください』と
しかし、『あなた側の承諾なしに修理着工はいたしません』とはっきり言いました。
なので『はい』といいました。...続きを読む

Aベストアンサー

信用できる、自動車の正規ディーラーでお互い立会いの元で見積もりしてもらうのがいいと思いますよ。
変な工場では相手の思う壺ですから。

金額があまりに違うじゃ有りませんか?これでは、当方も納得できません。
お互いに納得できる方法として、○○のディーラーで見積もりすることにしてもらえませんか?
見積もりには、私も立ち会います。

ということにすればよろしいかと思います。

Q釈然としない私がおかしいのでしょうか?

 弟が領収書を発行したにも関わらず、会社にお金を納めておらずに着服した模様です。その額はかなりの金額でした。その後解雇され、以前の会社の社長の知り合いの会社で強制労働させられ、給料も全額差し押さえの状態で働いているらしいのです。普通の給料ではとても払いきれない額を回収するまで働かせるつもりなのかどうかはわかりませんが、多分そうだと思います。自分には給料が入らないので、当然自分の支払も出来ておらずに、私が連帯保証人になった残金200万円の催告状が銀行から来ました。連帯保証をしているので、当然支払わなければならないのですが、実はもう一人、弟が勤めていた会社の社長が連帯保証しております。保証人としては同じ立場なので、そちらにも支払う義務があると思い、折半して払おうと提案した所拒否されました。理由は、弟が迷惑を掛けたので親族として、それだけは責任を負ってくれとの事でした。しかし、弟に強制労働をさせているにも関わらず、親族だからと言う理由で全額支払わなければならないのか、弟の行為を申し訳ないと思いつつも責任は取れないので、そのまま意思に従わないといけないのかと思うと釈然としません。銀行に対しては、全額返済をする気持ちはありますが、2人の連帯保証人が居る事に対してはどう考えればいいのか解りません。
 そう思ってしまう私がおかしいのか、いいアドバイスを下さい。

 弟が領収書を発行したにも関わらず、会社にお金を納めておらずに着服した模様です。その額はかなりの金額でした。その後解雇され、以前の会社の社長の知り合いの会社で強制労働させられ、給料も全額差し押さえの状態で働いているらしいのです。普通の給料ではとても払いきれない額を回収するまで働かせるつもりなのかどうかはわかりませんが、多分そうだと思います。自分には給料が入らないので、当然自分の支払も出来ておらずに、私が連帯保証人になった残金200万円の催告状が銀行から来ました。連帯保証をして...続きを読む

Aベストアンサー

連帯保証人が複数いる場合は、連帯して賠償責任があります。
また、債権者は、どの連帯保証人に請求するか、全員に請求するかも、債権者の任意です。

銀行は、neko1223さんだけに催告してきたのでしょうか。
その社長には催告が行っていないのでしょうか。
その点を銀行に問い合わせたらいかがでしょう。

いずれにしても、これは弟さんの使い込みとは別件で、社長にも連帯保証人としての賠償責任はあります。

弁護士会の、30分5000円の法律相談で、相談されたらよろしいでしょう。
法律相談の申込先は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html

Q「通常損害」と「通常生ずべき損害」

言葉の問題なのですが、「通常損害」とは、通常の事情により生ずる損害を言い、「通常生ずべき損害」とは相当因果関係の範囲内の損害を言うのでしょうか?
つまり特別の事情により生じる損害である「特別損害」でもその事情に
つき予見可能であり、その特別の事情と相当因果関係の範囲内にある損害であれば、「通常生ずべき損害」であるということが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、最終的には説明の仕方として、(1)1項は広く損害賠償の範囲を認め、2項はそれを制限している、と説明するか、(2)1項は一定の部分につき損害賠償の範囲を認め、2項で一定の場合はその範囲を拡張している、と説明するか、の違いで、結果は同じですね。

ただ、(1)の考えだと、「特別な事情によって生じる通常生ずべき損害」という、なんだか矛盾した損害を観念しなければならないことになります。

また、文言上、「特別の事情によって生じた損害であっても」という書き振りからすれば、1項では認められない部分であっても、2項の要件を満たす場合には損害賠償請求ができる、というふうに読むのが通常ではないか、と思われます。

その参考書の説明図がわからないので何ともいえませんが、単に説明のために(1)のような図になっている可能性はあるかなと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報