ヒッタイト帝国と鉄器について学んでいて疑問に思ったことが2点ありますので、どなたか詳しい方、回答くださると幸いです。

1.なぜ鉄器の方が青銅器よりもすぐれていると言われているのか

2.それぞれの古代文明圏のどこに、青銅器の原料となる銅の鉱山があったのか。

1については、
「鉄の方が硬度が高い」「銅に比べて、鉄鉱石の方が入手しやすい」が答えかと思っているのですが、青銅の「さびにくい」「融点が低く加工が容易」という視点に立つと、決して鉄に劣らない金属だと思えてしまいます。

2については、
四大文明の近辺に銅鉱やすず鉱があったのか疑問に思いました。例えば、古代エジプト文明周辺の銅鉱・すず鉱は地図帳を見る限り、アナトリア半島の奥地やザンビア・コンゴのカッパーベルトにしか見つかりません。

A 回答 (6件)

1.青銅器の堅さは軟鉄の堅さとほぼ同じです。

鋼鉄はこれよりもさらに堅くすることができます。青銅は錫の量を多くすると堅くなりますが、脆くなります。しかし鋼鉄は堅くかつ粘さも持たせることができます。これらのことは鋼鉄が熱処理によって幅広い特性を持たせることができるからです。素材としては鋼鉄のほうが格段に利用価値が高いのです。また、No.5さんの言われる鍛接できるという点も大きな魅力です。
 さびの問題は残りますが、黒皮による防食や日頃の手入れである程度は克服できます。青銅もさびない訳ではありませんから似たようなものといえそうな気もします。

2.銅の鉱山は四大文明発祥地の比較的近くにあります。エジプトはシナイ半島、メソポタミアはイランやトルコなど。錫はまだ謎に包まれているようです。トルコにある貧弱な錫鉱脈を利用していたとか、初期の頃にはアフガニスタンからではないかとか言われています。

http://www.kuzuha-tc.jp/~archmetal/
このサイトがある程度参考になると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
銅山が近くにあったのですね。
鉄の解説についてもありがとうございました。どうやら古代でも鋼鉄は作れたようですね。ずっと古代の鉄=銑鉄だと思ってました…

お礼日時:2006/03/23 21:15

 青銅器って、鋳造でしょう? 古代中国の巨大な青銅器の製作を再現する様子や、あるいは日本の寺の鐘を造る様子をTVで見たことがあるけど、それは大変な作業でしたよ。

まず最初に鋳型を造らなければならないから。

 鉄の最大の利点は鍛造ができることだと思いますよ。輸出するにしても、青銅だと鉱石のままかあるいは製品でないと出来ないけど、鉄はそんなことありませんからね。

 さらに青銅は鋳物なので、銅を溶かすために1100度の熱が必要ですが、鉄の場合は溶解しなくても7~800度の熱で可鍛鉄を得さえすれば、後は熱して鍛造できます。武器のように細長くて鋭利なものを作るにはこちらの方が適しています。折れても接合したり付け足したりが可能ですから。ちなみに鉄の溶解には1525度が必要です。

 というわけで、単純に必要な温度という点から見れば、青銅よりも鉄の発見の方が早くても不思議ではないわけですが、古代のある天才的な人が鉄の発見以前に銅とすずの合金の最適な比率(があったと思う)を発見したために、それがまたたく間に広まってしまったというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
鋳造か鍛造かの違いですか。
簡単に高温をつくりだせない古代にあって、低い温度で加工・修復ができることは、重要な要素ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/21 22:58

最初の質問文では加工性が価値基準のように書かれていましたが、そのようなフツーの基準なのですね?



古代人にとって鉄は現代人にとってのプラチナのような融点の壁を持っています。
鋳鉄であっても鉄が融けるのは1250℃辺りですので、炉を使わずに1000℃も出すのは困難で、融点が800℃台の青銅でないと鋳造が不可能だった。
隕鉄しか知らなかった人類にとって、鉄の価値を知りながら鉄を作るなんて事は“錬金術”だったのです。(蛇足ですが、先に書いた通り、製鉄の無い時代の鉄は金よりもはるかに鉄の方が希少性が高く貴重なものだった)
そして、まぁ、人の業なわけですが、夢の素材『鉄』がとっても欲しくてたまらない人類は錬金術を発明するのです。最初は融点まで加熱する方法がわからず、融かさずに叩いて鉄を作っていたので質も生産性も実用面では先行技術である青銅に追いつけなかった。それでも夢の素材『鉄』を手に入れるためにあらゆる改良や発明を繰り返し、鉄の品質や生産性を高めて行ったのです。

なぜ鉄器が優れているのかとの問いですが、そのような場合の見るべき価値というものはそこにあった鉄器その物の品質ではなくて、それを作った人々の文化文明です。
その鉄を作り出す事の出来る(出来た)文明が優れているという事です。金銀はそれこそ天然に金属で産出しますが、鉄は人類がはじめて金属でない原料から作り出す事に成功した金属素材であって、鉄前・鉄後は狩猟採集時代から畜産・農業を手に入れたのと同じ程のインパクトのある進歩なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
製鉄法の重要性を感じることができるご回答でした。
金よりも鉄の方が高価だった時代があったんですね…勉強になりました。

お礼日時:2006/03/21 23:12

1については「銅に比べて、鉄鉱石の方が入手しやすい」でしょう。


初期の鉄器は青銅器に比べても質がいいとはいえないものでした。つまり質ではなく量、コストの問題です。実際、戦国末期、秦の青銅武具は他国の鉄製の武具に劣ったものではなかったといわれています。
青銅器時代は、金属製の武具をそろえられるのは基本的に一握りのエリートだけでした。それ以外の、今まで金属製の武具を使えなかった歩兵たちにも鉄器が行き渡った軍隊が、それ以前の軍隊に比べて強いというのは容易に想像できると思います。

2については1にも関連するのですが、しばしば自国の勢力外にしか銅・錫の鉱脈がないため、交易に頼らざるを得ず入手が不安定だった、という面も青銅から鉄へと移行する要因の一つではなかったかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
質より量と考えると、鉄器文明が強大だった理由や青銅が鉄に取って代った説明がつきますね。

古代の製鉄法でつくった鉄は鋼でなく銑鉄の状態なんで、青銅よりももろいんじゃないかな~と思ってました。
質より量の論理で考えれば、その欠点をカバーして余りある価値があることが分かる気がします。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/21 23:04

一方が相手の鎧を貫く槍を持っているのに、相手側の槍が敵の鎧をつらぬけなかったら戦いはどうなったでしょう?



一方的な戦いになってしまうと思います。
また、青銅は、鉄に比べ柔らかな金属ですから、農作業などでも磨耗が早かったり、木を切るにしても、効率がだんぜん違ってきます。

アッシリアが古代において大帝国を作りえたのは、攻城兵器の量産が可能であった事も理由です。
木を切り、攻城櫓を組んだり、投石器などを素早く造る事ができたのも、鉄器の使用によるところです。

また、akkun_febさんご指摘のとうり、銅やスズは、産出場所が限られ、どこでも生産するわけにはいきません。
それに対し鉄は、はるかに入手が簡単であるため、製鉄の技術さえあれば、多量の兵器や工具を造れる事も利点となっています。

産地は知りませんが、銅の場合、緑色の石に微量に含まれていますから、それらを精錬して取り出していたと思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。戦争においては武器防具の硬度の差が、そのまま戦力の差につながるわけですね。
また、木材の伐採によって攻城兵器を充実させることができることは、気づきませんでした。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/19 19:02

現代人にとって鉄なんて何も珍しくも無いし、原料に鉄鉱石が使える事を知っていますが、もしも知らなかったらと考えてください。



人類が製鉄を発明するまでは自然界に存在した鉄は隕鉄のみです。隕鉄なんて地球外から飛来するものですから、黄金などよりもずっと希少性の高い金属でした。

金銀銅鉛錫などは地殻含有率がどうであろうと、科学技術を持たなかった人類にとっては発見しやすいマテリアルであって、そもそも金属として存在しない鉄鉱石など“存在していないのと等価”です。


ところで1について、優劣の基準が示されて無いので答えようがありませんけど、基準は一体なんですか?

2については私は知りませんが、近くに鉱山がある必要が無いのは冒頭に書いた通りです。

それから蛇足かもしれませんが、現在日本の大規模製鉄ではオーストラリア産鉄鉱石などを用いていますが、たたら製鉄で用いる原料は磁鉄鉱です。鉄は赤い鉄鉱石から作ると思いこんでいるのも常識の落とし穴です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

1の質問の仕方が悪かったですね。申し訳ありません。
自分が聞きたかったのは、
「四大文明を初めとする古代文明の金属器利用の変遷が、なぜ青銅器→鉄器の順なのか。鉄器の方が生活や統治にとってすぐれているとすれば、それはどんな点なのか。」
ということです。
高校世界史の教科書を参考にする限り、これら文明圏がすべて青銅器→鉄器の順に変遷しているので、疑問に思ったのです。

もしご存知ならば、ご回答くださるとありがたいです。

補足日時:2006/03/19 18:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q底の薄いフライパンのおすすめはありますか

ガスコンロが、温度調節付きのハイテクなガスコンロなのですが、今使っている、底が厚く焼く面がデコボコのテフロンのフライパンでは、温度変化が遅くて、かえってデキが悪いのです。

そこで、底の薄い、表面が平らな、熱伝導の良いフライパンを買おうと思います。でも、安いの高いのいろいろあって、高いのを買ったほうがいいのか、安いのでも同じなのか、わかりません。
昔の鉄フライパンのほうが、料理はおいしかったような気がするので、鉄フライパンが気になっています。

鉄フライパンが良いでしょうか?手入れのラクなおすすめのメーカーはありますか?

テフロンでも底の薄い、表面の平らなフライパンてありますか?

Aベストアンサー

ちょっと高価にはなりますが、このようなフライパンはいかがですか?
うまく使うと一生モンのフライパンです。

参考URL:http://www.nisikimi.co.jp/

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Q鉄フライパン、鉄鍋を何十年と使ってる方

最近鉄フライパンを使い始め、とても料理がおいしくでき、くっつかないことにも驚き、鉄フライパンの魅力を知った者です。
26cmのものを使っているのですが、小さめのオムレツなどを作れるサイズのものも欲しいなと思っているのですが、いろいろ調べたところ、鉄フライパンなどを長期使っている人が鉄分を取りすぎになってしまい、鉄フライパンなどを使うのをやめたら血中の鉄分濃度?が通常に戻ったなとどいう話がありました。
鉄フライパンで鉄分が取れるのはいいことだと思っていたのですが、取りすぎると鉄分過多で体に悪いということを知りました。
しかし、鉄フライパンや鉄鍋というのは古くから使われてきた道具・・・そんなに鉄分過多ばっかりならないでしょ、と思いますが、鉄フライパンを使っている人の何パーセントが鉄分過多になっているというデータも知らず、不安だけがあります。
特に男性に多いらしいですが、とりあえず何十年も鉄フライパンや鉄鍋を使っているが、問題ない、問題あったというお話を聞きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
もしかすると、siroyanさんと同じブログを読んだことがあるかもしれません。
もし同じだとすると、その方はお医者さんに通院されているようなので、特別な場合に当たるのではないかと、個人的な感想では思います。

1日の鉄分必要摂取量は、成人男性で10mg、成人女性で12mg。
ただし、何でも取りすぎは禁物で、男女ともに、毎日40mgの鉄分を摂取し続けると、健康に障害が出てくるそうです。
鉄分を多く含む食材として代表的なほうれん草を食べる場合を比較すると

生で食べるy場合・・・約10mg/100g
テフロン・フッ素加工のフライパンで調理・・・約11mg/100g
鉄のフライパンで調理・・・約15mg/100g

という差が出るそうです。
男性より女性の方が必要量が多いのは生理で鉄分を排出してしまうせいです。
書かれている「特に男性に多いらしい」というのは、女性は鉄分過多になる前に排出してしまう可能性が多いことをさしているのでしょう。

とはいえ、鉄分が豊富なほうれん草を鉄のフライパンで調理しても、1日の必要量を少し上回る程度です。
病院で処方される鉄剤をのみ、鉄分補給のサプリを必要以上に摂取し、その上で毎日、大量のほうれん草とレバーの炒め物を欠かさず3食とも食べ続ける・・・そんな生活をするのであれば、鉄分過多になる可能性は否定できません。
が、そんな食生活はまずありませんよね?
フライパンを使わない食事のこともあると思います。

肝臓に病気がなく、ごく普通に鉄のフライパンを使用して、普通の料理をしている分では、仮に鉄のフライパンで鉄分過多になろうとしても無理だと思います。

こんにちは。
もしかすると、siroyanさんと同じブログを読んだことがあるかもしれません。
もし同じだとすると、その方はお医者さんに通院されているようなので、特別な場合に当たるのではないかと、個人的な感想では思います。

1日の鉄分必要摂取量は、成人男性で10mg、成人女性で12mg。
ただし、何でも取りすぎは禁物で、男女ともに、毎日40mgの鉄分を摂取し続けると、健康に障害が出てくるそうです。
鉄分を多く含む食材として代表的なほうれん草を食べる場合を比較すると

生で食べるy場合・・・約10mg/100g ...続きを読む

Q日頃から疑問に思う事があります。 日本には古代から中世頃までの時代に石造りの建築物がほとんどないか、

日頃から疑問に思う事があります。
日本には古代から中世頃までの時代に石造りの建築物がほとんどないか、少ないと思います。
世界を見れば西洋は言うに及ばず東南アジア インド
中国 中東に至るまで夥しい石造建築が残っています。
この差は文化の違いと言うだけではない根本的理由があるように思うのですが皆様のお考えをお聞かせください。
単純に外国に比べ加工に向く石が少ないとかなんでしょうか?
知ってる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.7回答者phjさんの回答は、素晴らしいと思いました。
住宅や建築物の構造などが地域によって違う理由は、単純ではなく、いろいろ複合した結果だろうというのは、そうだろうなと思いました。

ただ、地震の多少は、建築上石造り/石造りでないとはあまり関係ないのではないかと思います。
地震の分布図を見ても、日本特有の主要な理由にはならない感じがします。
http://www.asahi.com/articles/ASK1L6SR9K1LUHBI03W.html
温暖湿潤な地域の住宅は、だいたい、柱と梁によって構成される木造構造が多いようです。
日射が強い地域では壁を厚くして屋内の温度を低く保つ構造が多いようです。大きな石造の建築物に入ると確かに体感的にひんやりするのです。
しかし、こうした住宅を作る地域の環境条件では、石造やレンガにするか、壁構造にするか、柱と梁で作るかは、決まらない・あまり関係がないと思います。
半地下のような堀り込んだ建築をする地域も多いし、過密というか水平方向よりも垂直方向に住宅がぎしぎしと詰まった地域も結構多いです。 海外旅行のパンフレットをみても、建築には地域差が多いのがわかります。
地球海沿岸は樹木が建築用材に向いてないように思います。多少はそれが関係しているのかもしれませんが、もしも住宅は木造という意識が強くあれば、なんとかそうした植林をしていたと思います。 意識が向いていれば、遠くからでも調達してくるのが人類の歴史です。
12世紀のロンドンで大火が相次いで発生し、「各戸は必ず家の境に、厚さ0.93m、高さ4.88mの防火用煉瓦壁を設け、屋根は街路に面して切妻にし、直接防火壁のうえに葺きおろし、瓦葺とすること」という法令がでて、石造りの家が増えたそうです。日本では、応仁の乱での京の町、江戸時代の江戸の町は大火があり、関東震災では、東京市(15区)住家全潰1.2万棟、焼失約22万棟、死者の総数約6.9万人の95%は火災によるもの、横浜市住家全潰が1.6万戸,焼失6.3万戸と、被害対策としては火災対策がポイントなのに、基本的には木造が続きました。 火事がやばいとレンガや石造りが増えるというような単純な考えを、世界に広げることはできません。
石は冷えると思いますが、ヨーロッパでも木造が多い地域は結構あります。木造が多いと言われる北欧やロシアでも石造の住宅は多いし、ドイツでは木造が観光名所にもなっています。
http://unohideoblog.seesaa.net/article/108110538.html
日本が中国文化を朝鮮半島経由で入手したのは明らかで、寺院建築や宮殿、都城も、これを導入しています。レンガ造建築は、文明開化のショーウインドウのような誇示のために造られているのですが、古代の新羅、百済、隋、唐などから技術導入し肩を並べるだけのものだと誇示したのと似ています。
今でも、高級住宅地とか言われる地域は、その地域で似た構造や外観を持っていることが多いです。 
建築物、住居も、文化の大きな要素であり、自分たちがある勢力をもつものであること、他とははっきりと違うものであることを示す重要なものです。
だから○○様式の建築というのが世界中で、どの時代にも、身分や格式、階級などを示す形であるのです。伝統的構造の住宅というものがあるのも、その様式から逸脱しないで建設するし、格違いの他の人々や集団にはそうした構造や様式で建築することを認めないというようなこともあるのが、建築物の重要な性質です。
宗教というか、信仰というか、アミニズムのようなことも、建築に関係しています。神の依り代のようなもので考えるような思考が多いと、石造やレンガ作りではちょっとな、、という気分になるでしょう。 仮寓一時滞在処のような作り方がしっくりするのかもしれません。遷宮するから木造、支配者一代ごとにあるいは同じ支配者でも何度か拠点を移動するから木造なのではなくて、石造りしたくなかったから、その支配者の頭にすり込まれている宮殿や宮殿構造のイメージが、木造のある特定の様式の範囲から脱することができなかったから、そうした構造が続いたのだと思います。
基本的には戦闘や斬り合いがなかった江戸時代でも武士が帯刀していないとならなかったのと同様で、その社会での文化がある階級集団と他の階級集団とに対して要求している様式の強制が、住宅の構造、高さ、門のあるなしにも関係してくるのだろ思います。

高層マンション群の地域、広大な敷地をもつ住宅地の地域、安価なマンション地域、安アパート地域、雑然とした木造住宅地域、バブル時代にできた新興住宅地と、結構住宅の構造が違います。 社会の中での階級、階層意識をその時代の中で外見的に表現するようなものが、住宅の構造や色使いなどにはっきり出てきます。
この差は文化の違いと考えるのが、一番現実的だと思います。

No.7回答者phjさんの回答は、素晴らしいと思いました。
住宅や建築物の構造などが地域によって違う理由は、単純ではなく、いろいろ複合した結果だろうというのは、そうだろうなと思いました。

ただ、地震の多少は、建築上石造り/石造りでないとはあまり関係ないのではないかと思います。
地震の分布図を見ても、日本特有の主要な理由にはならない感じがします。
http://www.asahi.com/articles/ASK1L6SR9K1LUHBI03W.html
温暖湿潤な地域の住宅は、だいたい、柱と梁によって構成される木造構造が多いようです。
日...続きを読む

Q鉄のフライパンで魚を焼く

断捨離にて、テフロン加工のフライパンをすべて処分し、鉄のフライパンひとつのみにしました。

魚を鉄のフライパンで焼きたいのですが、鉄のフライパンの説明書きに「油を入れて良く熱し」「空だきはしないでください」と書いてありました。

サンマのような油の多い魚を鉄のフライパンで焼く際、大量の油が出ると思いますし、サラダオイル等を入れて焼きたくありません。

そこで、オーブンシートを敷いて焼き、魚から出た油はこまめにキッチンペーパーで吸い取ろうと思うのですが、そもそも鉄のフライパンに油をしかずにオーブンシート、という使い方でフライパンにダメージがあるでしょうか。
高いフライパンですので、なるべく悪くなるように使いたいのですが…

Aベストアンサー

今更な回答でごめんなさい。

よく、魚の切り身をオーブンシート+鉄フライパンで焼いてます。
弱火で始めて、蓋して、焦げ目がついたら裏返して、美味しいですよ。干物もいけます。
ただ、秋刀魚や鰯のような、脂の多い魚は試したことがありません。

あ、でも、鰤照りの時は、(脂多いのに)フライパンに油をひくのが嫌なので、
オーブンシートありで焼き始め、味付けの段階でオーブンシートを外しています。

うちのは高いフライパンではないので、フライパンのダメージは保障できませんが、
ここ15年位、たまに(たぶん2ヵ月に1回程度)そうやってって、フライパン健在です。
テフロンとは寿命が違うのかな。

「断捨離」がよく判らないのですが、魚焼きグリルがあるのならば、それで焼くに越したことはないと思いますが。

Q古代中国の青銅器について…

古代中国の青銅器は「現代の技術を持ってしても再現が不可能」ということを聞いたことがありますが
ヤフオクやネットでたくさんの明らかにレプリカだと判断しにくい物が出回っています。
どういう点が再現不可能なのでしょうか?
どなたかご教示頂きたく…

Aベストアンサー

現在まで継承されていない技術であるため「現代の技術を持ってしても再現が不可能」という思い込みである可能性もあります。
例えばオーパーツとして有名な「水晶ドクロ」もよく「現代の技術を持ってしても再現が不可能」とされていますが、現在の工具を使えば数カ月程度で作成可能だそうです。
単純に同等のものを製作費用を無視して作成するなら再現不能ということはないように思われます。

Q【フライパンの謎】鉄フライパンやステンレスフライパンがありますよね。 取っ手も同じ材質の鉄、ステン

【フライパンの謎】鉄フライパンやステンレスフライパンがありますよね。

取っ手も同じ材質の鉄、ステンレスですよね。

なぜ熱が伝わらないのでしょう?

Aベストアンサー

>なぜ熱が伝わらないのでしょう?
伝わって熱くなりますよ。
なぜ伝わらないと思った?

Q古代文字の発音、古代音楽の音について

古代の文字というと、ヒエログリフや突厥文字などがありますが
ウィキをみるとたいていラテン文字による転写が書かれています。
そこで思ったんですが、すでに滅んだ文字なのになぜ「発音」がわかるのでしょうか?
古代の音楽。
たとえば今様などが楽譜に残されていても、文献に書かれていてもそれを再現することは不可能に近いと思います。
そういう「音」がわかる学問があるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。すみません、間違った表現があったようなので訂正です。
“ウィキペディアはリンク禁止”と書いてしまいましたが、勘違いのようでした。
以前は私もバンバン、リンクを貼っていたのですが、最近続けて何処かで駄目だと書かれた記述を見かけたので…。

でも、気になってもういちどウィキペディアのサイトで確かめたら、問題ないようです。そそっかしくて済みません。
ご存じかとは思いましたが、そのままにしておくのも心残りだったので再投稿しました。

なので、今回は古代音楽や楽器について、リンク先を紹介させていただきます。

【古代の音楽】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E9%9F%B3%E6%A5%BD

こちらでは、中国河南省で発掘された当時演奏可能であった紀元前6000年頃のタンチョウの骨からつくられ世界最古の笛や、またシリアのウガリットから出土した約3400年前の粘土板から世界最古の歌の記録が見つかり、音階が研究されたり、同じく前1800年頃の粘土板からも楽譜と見られるものが発見されており、再現を試みられたことなどが記述されています(試聴先のリンクもあります)。


また、以下のような記述もありました。(原文のまま)

古代ギリシア時代の完全な形の音楽が残存している。「セイキロスの墓碑銘」は最古の完全な楽曲のひとつであり、クレタ島の作曲家メソメデス(2世紀)による3つの完全な形の賛歌が残っている。 他には断片的であるが古代ギリシアの音楽が伝えられており、それらは悲劇、エウリピデスの演劇オレステースのためのコロス(コーラス)、ソフォクレスのアイアコスから器楽曲などである。

――以上のことから、古代の楽器そのものの音を再現したり、メロディーを再現する学問は存在すると言うことだと思います。


>そういう「音」がわかる学問があるのでしょうか?

音楽考古学というのではないでしょうか。本も出版されています。
http://www.amazon.co.jp/%E5%9F%8B%E3%82%82%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%A5%BD%E5%99%A8%E2%80%95%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%82%89-%E7%AC%A0%E5%8E%9F-%E6%BD%94/dp/4393930169

No.2です。すみません、間違った表現があったようなので訂正です。
“ウィキペディアはリンク禁止”と書いてしまいましたが、勘違いのようでした。
以前は私もバンバン、リンクを貼っていたのですが、最近続けて何処かで駄目だと書かれた記述を見かけたので…。

でも、気になってもういちどウィキペディアのサイトで確かめたら、問題ないようです。そそっかしくて済みません。
ご存じかとは思いましたが、そのままにしておくのも心残りだったので再投稿しました。

なので、今回は古代音楽や楽器について、リ...続きを読む

Q鉄フライパンの購入を考えています。柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で

鉄フライパンの購入を考えています。
柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で迷っています。
どちらがイイでしょうか?それとも他にもっといいものがありますか?
色々アドバイスを頂けたらなと思います。

Aベストアンサー

私は極を使ってます
友人はエンボス加工(ファイバーライン加工と同義)
一長一短有ります
フライパンとして使うには 柳宗理
中華鍋は極だと思います 

柳宗理は 脂の馴染みが良いので 焦げ付きにくくあおらなくても焦げにくいです
食材を触らずの調理が出来ます
鉄鍋の最終の手入れが必要です

極 鍋をあおる料理に向いてます 軽くて扱いやすい
手入れは不要錆びない(錆びにくい)ので楽です

両製品は家庭用で 凄く使いやすくなってます
焼いた物を直接オーブンで加熱を続けたりは不可能です
極は軽くて使いやすいですが 取っ手が貧弱ですが十分使えてます

Qヒッタイト関連資料

ヒッタイトに関連する書籍、論文を探しています。
ほとんど趣味なので、お暇な方、ご存じな方お願いします。

出来れば、通史的なものか、
BC1000年前後について詳しいものだとありがたいですが、
手当たり次第に当たりたいと思っていますので、
どんな些細な情報でも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんなページが検索されました。
参考にして下さい。

○http://www1.kcn.ne.jp/~a7627/kod5.htm
○http://www.jca.apc.org/~altmedka/afric-30.html
○http://www.mmjp.or.jp/jst/index/jst03490.htm

以上、「ヒッタイト」と検索すると、た~くさんヒットします。


人気Q&Aランキング