ヒッタイト帝国と鉄器について学んでいて疑問に思ったことが2点ありますので、どなたか詳しい方、回答くださると幸いです。

1.なぜ鉄器の方が青銅器よりもすぐれていると言われているのか

2.それぞれの古代文明圏のどこに、青銅器の原料となる銅の鉱山があったのか。

1については、
「鉄の方が硬度が高い」「銅に比べて、鉄鉱石の方が入手しやすい」が答えかと思っているのですが、青銅の「さびにくい」「融点が低く加工が容易」という視点に立つと、決して鉄に劣らない金属だと思えてしまいます。

2については、
四大文明の近辺に銅鉱やすず鉱があったのか疑問に思いました。例えば、古代エジプト文明周辺の銅鉱・すず鉱は地図帳を見る限り、アナトリア半島の奥地やザンビア・コンゴのカッパーベルトにしか見つかりません。

A 回答 (6件)

1.青銅器の堅さは軟鉄の堅さとほぼ同じです。

鋼鉄はこれよりもさらに堅くすることができます。青銅は錫の量を多くすると堅くなりますが、脆くなります。しかし鋼鉄は堅くかつ粘さも持たせることができます。これらのことは鋼鉄が熱処理によって幅広い特性を持たせることができるからです。素材としては鋼鉄のほうが格段に利用価値が高いのです。また、No.5さんの言われる鍛接できるという点も大きな魅力です。
 さびの問題は残りますが、黒皮による防食や日頃の手入れである程度は克服できます。青銅もさびない訳ではありませんから似たようなものといえそうな気もします。

2.銅の鉱山は四大文明発祥地の比較的近くにあります。エジプトはシナイ半島、メソポタミアはイランやトルコなど。錫はまだ謎に包まれているようです。トルコにある貧弱な錫鉱脈を利用していたとか、初期の頃にはアフガニスタンからではないかとか言われています。

http://www.kuzuha-tc.jp/~archmetal/
このサイトがある程度参考になると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
銅山が近くにあったのですね。
鉄の解説についてもありがとうございました。どうやら古代でも鋼鉄は作れたようですね。ずっと古代の鉄=銑鉄だと思ってました…

お礼日時:2006/03/23 21:15

 青銅器って、鋳造でしょう? 古代中国の巨大な青銅器の製作を再現する様子や、あるいは日本の寺の鐘を造る様子をTVで見たことがあるけど、それは大変な作業でしたよ。

まず最初に鋳型を造らなければならないから。

 鉄の最大の利点は鍛造ができることだと思いますよ。輸出するにしても、青銅だと鉱石のままかあるいは製品でないと出来ないけど、鉄はそんなことありませんからね。

 さらに青銅は鋳物なので、銅を溶かすために1100度の熱が必要ですが、鉄の場合は溶解しなくても7~800度の熱で可鍛鉄を得さえすれば、後は熱して鍛造できます。武器のように細長くて鋭利なものを作るにはこちらの方が適しています。折れても接合したり付け足したりが可能ですから。ちなみに鉄の溶解には1525度が必要です。

 というわけで、単純に必要な温度という点から見れば、青銅よりも鉄の発見の方が早くても不思議ではないわけですが、古代のある天才的な人が鉄の発見以前に銅とすずの合金の最適な比率(があったと思う)を発見したために、それがまたたく間に広まってしまったというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
鋳造か鍛造かの違いですか。
簡単に高温をつくりだせない古代にあって、低い温度で加工・修復ができることは、重要な要素ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/21 22:58

最初の質問文では加工性が価値基準のように書かれていましたが、そのようなフツーの基準なのですね?



古代人にとって鉄は現代人にとってのプラチナのような融点の壁を持っています。
鋳鉄であっても鉄が融けるのは1250℃辺りですので、炉を使わずに1000℃も出すのは困難で、融点が800℃台の青銅でないと鋳造が不可能だった。
隕鉄しか知らなかった人類にとって、鉄の価値を知りながら鉄を作るなんて事は“錬金術”だったのです。(蛇足ですが、先に書いた通り、製鉄の無い時代の鉄は金よりもはるかに鉄の方が希少性が高く貴重なものだった)
そして、まぁ、人の業なわけですが、夢の素材『鉄』がとっても欲しくてたまらない人類は錬金術を発明するのです。最初は融点まで加熱する方法がわからず、融かさずに叩いて鉄を作っていたので質も生産性も実用面では先行技術である青銅に追いつけなかった。それでも夢の素材『鉄』を手に入れるためにあらゆる改良や発明を繰り返し、鉄の品質や生産性を高めて行ったのです。

なぜ鉄器が優れているのかとの問いですが、そのような場合の見るべき価値というものはそこにあった鉄器その物の品質ではなくて、それを作った人々の文化文明です。
その鉄を作り出す事の出来る(出来た)文明が優れているという事です。金銀はそれこそ天然に金属で産出しますが、鉄は人類がはじめて金属でない原料から作り出す事に成功した金属素材であって、鉄前・鉄後は狩猟採集時代から畜産・農業を手に入れたのと同じ程のインパクトのある進歩なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
製鉄法の重要性を感じることができるご回答でした。
金よりも鉄の方が高価だった時代があったんですね…勉強になりました。

お礼日時:2006/03/21 23:12

1については「銅に比べて、鉄鉱石の方が入手しやすい」でしょう。


初期の鉄器は青銅器に比べても質がいいとはいえないものでした。つまり質ではなく量、コストの問題です。実際、戦国末期、秦の青銅武具は他国の鉄製の武具に劣ったものではなかったといわれています。
青銅器時代は、金属製の武具をそろえられるのは基本的に一握りのエリートだけでした。それ以外の、今まで金属製の武具を使えなかった歩兵たちにも鉄器が行き渡った軍隊が、それ以前の軍隊に比べて強いというのは容易に想像できると思います。

2については1にも関連するのですが、しばしば自国の勢力外にしか銅・錫の鉱脈がないため、交易に頼らざるを得ず入手が不安定だった、という面も青銅から鉄へと移行する要因の一つではなかったかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
質より量と考えると、鉄器文明が強大だった理由や青銅が鉄に取って代った説明がつきますね。

古代の製鉄法でつくった鉄は鋼でなく銑鉄の状態なんで、青銅よりももろいんじゃないかな~と思ってました。
質より量の論理で考えれば、その欠点をカバーして余りある価値があることが分かる気がします。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/21 23:04

一方が相手の鎧を貫く槍を持っているのに、相手側の槍が敵の鎧をつらぬけなかったら戦いはどうなったでしょう?



一方的な戦いになってしまうと思います。
また、青銅は、鉄に比べ柔らかな金属ですから、農作業などでも磨耗が早かったり、木を切るにしても、効率がだんぜん違ってきます。

アッシリアが古代において大帝国を作りえたのは、攻城兵器の量産が可能であった事も理由です。
木を切り、攻城櫓を組んだり、投石器などを素早く造る事ができたのも、鉄器の使用によるところです。

また、akkun_febさんご指摘のとうり、銅やスズは、産出場所が限られ、どこでも生産するわけにはいきません。
それに対し鉄は、はるかに入手が簡単であるため、製鉄の技術さえあれば、多量の兵器や工具を造れる事も利点となっています。

産地は知りませんが、銅の場合、緑色の石に微量に含まれていますから、それらを精錬して取り出していたと思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。戦争においては武器防具の硬度の差が、そのまま戦力の差につながるわけですね。
また、木材の伐採によって攻城兵器を充実させることができることは、気づきませんでした。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/19 19:02

現代人にとって鉄なんて何も珍しくも無いし、原料に鉄鉱石が使える事を知っていますが、もしも知らなかったらと考えてください。



人類が製鉄を発明するまでは自然界に存在した鉄は隕鉄のみです。隕鉄なんて地球外から飛来するものですから、黄金などよりもずっと希少性の高い金属でした。

金銀銅鉛錫などは地殻含有率がどうであろうと、科学技術を持たなかった人類にとっては発見しやすいマテリアルであって、そもそも金属として存在しない鉄鉱石など“存在していないのと等価”です。


ところで1について、優劣の基準が示されて無いので答えようがありませんけど、基準は一体なんですか?

2については私は知りませんが、近くに鉱山がある必要が無いのは冒頭に書いた通りです。

それから蛇足かもしれませんが、現在日本の大規模製鉄ではオーストラリア産鉄鉱石などを用いていますが、たたら製鉄で用いる原料は磁鉄鉱です。鉄は赤い鉄鉱石から作ると思いこんでいるのも常識の落とし穴です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

1の質問の仕方が悪かったですね。申し訳ありません。
自分が聞きたかったのは、
「四大文明を初めとする古代文明の金属器利用の変遷が、なぜ青銅器→鉄器の順なのか。鉄器の方が生活や統治にとってすぐれているとすれば、それはどんな点なのか。」
ということです。
高校世界史の教科書を参考にする限り、これら文明圏がすべて青銅器→鉄器の順に変遷しているので、疑問に思ったのです。

もしご存知ならば、ご回答くださるとありがたいです。

補足日時:2006/03/19 18:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Q古代中国の青銅器について…

古代中国の青銅器は「現代の技術を持ってしても再現が不可能」ということを聞いたことがありますが
ヤフオクやネットでたくさんの明らかにレプリカだと判断しにくい物が出回っています。
どういう点が再現不可能なのでしょうか?
どなたかご教示頂きたく…

Aベストアンサー

現在まで継承されていない技術であるため「現代の技術を持ってしても再現が不可能」という思い込みである可能性もあります。
例えばオーパーツとして有名な「水晶ドクロ」もよく「現代の技術を持ってしても再現が不可能」とされていますが、現在の工具を使えば数カ月程度で作成可能だそうです。
単純に同等のものを製作費用を無視して作成するなら再現不能ということはないように思われます。

Q古代世界の四大文明を今、選ぶと。

60年近く前に四大文明を教わりました。
最近の考古学の進歩から見て、今、四大文明を選んでもやはり60年前と変わらないでしょうか。
5大文明や六大文明とする方が適切でしょうか。
黄河・長江文明は、都市の規模や建造物の大きさの面で他の文明と比べると少し見劣りがするように思うのでこんな質問をしました。
素人がふと思った疑問ですから、文明の定義や王権の定義をどうするのかといった、難しい話は避けて回答をお願いします。

Aベストアンサー

特に変化なしでいいと思います。
というのもまだ発掘物が4大文明に比べて少なすぎるのが現状です。

アフリカから発生した人類が最後に到達したとされるのが南アメリカです。
現在確認されているインカ文明などは鎌倉時代くらいのものです。
そこで紀元前数千年の時点での古代文明は形成できないだろうと思われていましたが、
南アメリカからBC2500年ぐらい昔の遺跡が見つかって物議をよんでいます。

黄河は小さいと言われていますが、神農氏の伝説はそれを補ってもあまりあるものです。
気の経絡とか現在科学でも十分解明できていない文明が誕生したのは奇跡といってもいいです。
その後の中国文明の発展やルネサンスの3大発明といわれた羅針盤、火薬、活版印刷が
全て中国から出た点を考慮しても四大文明の一角に相応しいと思われます。

文明は大きな川の側にできるものですから、今後はミシシッピやアマゾン、
そしてナイル側中流でも文化圏の発見が期待されています。
いずれも発掘調査待ちでまだまだ時間がかかりそうです。

現在、私が注目しているのはハザール汗国です。
8世紀頃なので古代文明というわけではありませんが、世界史でも重要視されていない国です。
ところが最近になってハザールがイスラム勢力の防御壁になっていたと研究されています。

もし、ハザールが滅ぼされていたら東欧はイスラム勢力に落ち、
そこからゲルマン民族がたどったコースで現在の北欧からフランス、英国を攻め、
現在のキリスト教圏はガラッと様変わりしていただろうと言われています。

特に変化なしでいいと思います。
というのもまだ発掘物が4大文明に比べて少なすぎるのが現状です。

アフリカから発生した人類が最後に到達したとされるのが南アメリカです。
現在確認されているインカ文明などは鎌倉時代くらいのものです。
そこで紀元前数千年の時点での古代文明は形成できないだろうと思われていましたが、
南アメリカからBC2500年ぐらい昔の遺跡が見つかって物議をよんでいます。

黄河は小さいと言われていますが、神農氏の伝説はそれを補ってもあまりあるものです。
気の経絡とか...続きを読む

Q超古代文明について、

ムー大陸やレムリア大陸って本当にあったのでしょうか??

Aベストアンサー

大変夢の無い話ですが、ムー大陸はジョージ・チャーチワードの捏造ですし、レムリアもイギリスの動物学者が動物の分布を元にした仮説でしかありません。 ただアトランティスだけがギリシャのサントリーニ島の事ではなかったかという説が今でもチラホラあります。 もちろん地質学的には大西洋に巨大な大陸があるとは思えないようですが・・・

やはり言いだしっぺがギリシャの哲学者プラトンだと説得力が違いますね。
もし超古代文明に興味があるなら、最古の文明と言われるシュメールの方が現実的でしょう。 忽然と現れた文明ということで、もしかしたらシュメールの先駆けになる文明がどこかにあったのかも知れないというロマンを掻き立ててくれますよ。

Q超古代文明とUFOについて質問です。

人間の進化論は嘘っぱちで、遥か未来の人間がUFOで数百万年前に戻り
猿に人型のDNAを打ち込んで人間に進化させました。(タイムマシンUFOはCERNとNASAの開発)


未来人達はいつか南極大陸になる(分厚い氷に覆われるので、痕跡が消える)
大地で研究施設を創設し、未来と過去を行き来しながらウイルスに負けない人間にと修正してきました(現在の南極大陸には、数多くの超古代文明(アトランティスやムー)と呼ばれた数多くの遺跡が眠っているはずです)モヘンジョダロ等の核戦争跡は、未来とても脅威となる人物がたくさんいたからです。

現在我々がいる時間軸は数々の問題を避けてきた時間軸で、ノストラダムスやマヤ等の預言を避けてきました。ジョン・タイターのいる時間軸とも別です。


現代にも稀に見れるUFOは実は遥か未来の人間達で、遥か未来の飢え問題から現在の牛や馬等を未来に持ち帰っています。(クローン増殖させる為)

遥か未来の宇宙では風船のように広がった宇宙がしぼんでいきます。完全に宇宙が無になる前に別の宇宙に行く必要性がありますが、遥か未来の文明でも宇宙の外(ホワイトホール)の宇宙の太陽系まで行くことができず、過去を修正して資源を共有できる世界が求められているのです。(資源を奪い合っていては遥か未来の人類が死滅してしまう為)

遥か未来の人類の目的は超巨大宇宙船を作り、宇宙の外の宇宙(宇宙は無限に存在するが、生命が生息できる宇宙は数少ない為。ダークマターの基準値が適合しなければ無理)に移住する為

ただし、宇宙が消滅する前に研究者や富豪者は過去の地球(人類が進化する前であれば可能。恐竜を絶滅させて移住しても、未来に影響はない)に行くことができるので人間の種は途絶えないが、先もない




と言う夢を見ました。
これは本当でしょうか?

人間の進化論は嘘っぱちで、遥か未来の人間がUFOで数百万年前に戻り
猿に人型のDNAを打ち込んで人間に進化させました。(タイムマシンUFOはCERNとNASAの開発)


未来人達はいつか南極大陸になる(分厚い氷に覆われるので、痕跡が消える)
大地で研究施設を創設し、未来と過去を行き来しながらウイルスに負けない人間にと修正してきました(現在の南極大陸には、数多くの超古代文明(アトランティスやムー)と呼ばれた数多くの遺跡が眠っているはずです)モヘンジョダロ等の核戦争跡は、未来とても脅威となる...続きを読む

Aベストアンサー

1回の回答が長くなるので2回に分けました。

ノストラダムスの予言と言うのは後付けであって、叙情詩の文章が異質な事もあって現代の人達が勝手に予言だと
騒いでいるだけです。
マヤの場合も後付けの部分が強く出て居るだけであって、未だ研究段階ですから「予言」と言い切るのは強引です。
また、宇宙が萎む、つまりビッグクランチについては説の一つにしか過ぎません。
全てのエネルギーが消化されて冷えていくビッグフリーズ(ビッグチル)となると言う説もあり、また膨張によって全ての物質が
引き裂かれていき、原子さえ引き裂かれてしまうビッグリップ説と言う3つの有力な説があります。
どれになるかはダークマターとダークエネルギーのバランス次第で決まると言う事です。
しかし、ダークマターもダークエネルギーも理論物理学であって、計算上以外未だ存在に関して証明出来ていないと思いましたが。

UFOについては異星人の乗り物としている傾向が強いですが、それなら「UFO」と言う定義自体が崩れます。
未確認じゃなくて異星人の乗り物とまで判っている訳ですからね。(笑)

1回の回答が長くなるので2回に分けました。

ノストラダムスの予言と言うのは後付けであって、叙情詩の文章が異質な事もあって現代の人達が勝手に予言だと
騒いでいるだけです。
マヤの場合も後付けの部分が強く出て居るだけであって、未だ研究段階ですから「予言」と言い切るのは強引です。
また、宇宙が萎む、つまりビッグクランチについては説の一つにしか過ぎません。
全てのエネルギーが消化されて冷えていくビッグフリーズ(ビッグチル)となると言う説もあり、また膨張によって全ての物質が
引き...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報