離婚した時に、母親が子供2人の親権者になりました。しかし、子供1人は父親である私の方に住んでいます。今度、保育園の入園などがあり親権がないと困ったりするので、親権者を変更したいのですが何かいい方法を教えて下さい。母親は、間違いなく反対すると思います。非常に困っていますので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

親権」に関するQ&A: 親権が取れますか?

A 回答 (4件)

現在の家裁の方針では子供さんが小さい場合は親権者は母親絶対有利ですが、子供さんが相談者の手元で生活し事実上の監護者はGTO02248さんですから、親権変更は無理でも現在手元で子供を育てている事実を説明すれば、監護権者として家裁に指定して貰い、子供さんを手元で育てることができます。


監護権者であれば、子供の生活や教育についての決定権は監護権者にありますから、事実関係を市役所に説明すれば入園も無理ではないと思いますが。
監護権者と親権者を分けた場合は、親権者は子の財産管理を行うことになります。


親権を譲らない父親に対して、親権者を父親、監護権者を母親として指定する場合がありますから、認めらる可能性はあります。監護権者として何年か子供さんと共に生活すれば、子供の為に親権者変更を認めてもらえる可能性も高くなります。
    • good
    • 0

 お子さんの利益のために必要があると認められる場合には、お子さんの親族が家庭裁判所へ調停か審判の請求をすることによって、変更が可能です。



 が、保育所のお子さんでしたら、母親が親権者になるほうが子どもにとっての利益が大きいと判断される例が、多いようです。

 保育所の入所だけのことでしたら、お子さんの戸籍を提出する必要もありませんので、そのままでも良い良いかと思いますが。

参考URL:http://www.komei.or.jp/komei_news/contents/horit …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
入園に関して母親が強固に反対しているために、市役所の方から拒否されています。私としては、子供の為には入園させたいと思っています。

お礼日時:2002/01/23 14:38

家庭裁判所での調停で「親権者の変更」はどうでしょうか?



元奥さんの現住所によって異なるかもしれませんが、近くの家庭裁判所に問い合わせてみては如何でしょうか?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
母親は親権者変更には絶対に反対するので、調停では解決しないと思います。

お礼日時:2002/01/23 14:46

戸籍の勉強を少しだけしていました。


ただうる覚えなので、詳しい事は法律に詳しい方に再度ご確認ください。
親権者を変えるのは(システムは簡単なんですけどね)、確か裁判所の書類が
必要だと思います。そのためには母親の同意が必要ですね。
普通親権を獲得すれば面倒を見るのは親権保持者だと思いますので、
現在お子様と一緒に住んでいる、養っているという点では有利だと思いますよ。
※有利というのは訴訟時にということです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
母親の同意は無理だと思います。同意がなくても、変更できる方法はないでしょうか?

お礼日時:2002/01/23 14:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

親権」に関するQ&A: 親権と養育権の違い

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親権者の同意とありますが親権者とは親だけのことをさすのですか?

それとも兄弟で未成年以上ならいいのでしょうか?

Aベストアンサー

親権者とは通常は両親を差しますが、離婚、親の非行などの事情により、片方に指定されることがあります。
これは戸籍を見れば分かります。
戸籍に「親権者:母」などと成っていれば、この人のみが親権者であり、父親は親権を持たないことになります。
また、両親が死亡している場合などには後見人というモノが設定されます。
この場合も戸籍に「後見人:○山○太郎」などと記載されます。よって親権は○山○太郎氏にあることとなり、実親が居ても、親に親権はありません。
さらに、親(親権のある)が再婚したような場合、その親の結婚相手(継父や継母)には自動的には親権が発生しません。養子縁組をして初めて親権者となります。
レアケースですが、里親や児童保護施設の長には、親権の代行が認められる場合があります。

よって、兄弟では単純には親権が発生しないこととなります。戸籍上で「親権者 or 後見人」に指定されなくてはいけないのです。

ちなみに成人するか結婚すると、親権者を必要とはしなくなります。

Q親権は虐待してても母親?

法律を勉強していますので、少し教えて下さい。

「子に対して暴力を振っている母親の方が、たとえ暴力があったとしても監護者としては母親が適切」という裁判所の判断(事例)がありました。

<母親側のプラス面>
・子どもには母親が必要
・監護の継続性が重要
<母親側のマイナス面>
・資力がない(現在働いておらず働く気が無い)
・子どもに児童虐待を実施

<父親側のプラス面>
・非難される事項はない
<父親側のマイナス面>
・仕事をしているので母親と同等の監護が出来ない

これは妥当な判決でしょうか?

個人的には、児童虐待防止に関する法律に照らし合わせると、母親が子に手を上げ、病院沙汰になった本件は、母親に親権が行くのはおかしいと思うのですが、法律家からすると妥当な判断なのでしょうか?
(法律家と一般国民との感覚のズレ?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、誰を親権者とするか・誰を監護権者とするかは具体的事実を積み上げて判断されるところ、お書きの事実関係は(大変に失礼ながら)非常に断片的なので、裁判所が何を決め手にそのように判断したのかちょっと不明です。

また、親権と監護権とはイコールではないところ、その判例で争われたのが親権なのか監護権なのか、お書きの内容からは必ずしも明らかでないように感じました(「たとえ暴力があったとしても監護者としては母親が適切」となさっている一方で、「母親に親権が行くのはおかしい」ともなさっているので、監護権が問題なのか親権が問題なのかちょっと不明確な印象がありました)。

判決日等を具体的に挙げてみてもいいかもしれません。


なお、親権・監護権の決定と、「女性は弱いもの」との先入観とは、まったく無関係です。むしろ、より弱い者を親権者・監護権者にしてしまうと、子の福祉になりません。そのため、そのような判断は回避すべきであり、また、実際の事案においても裁判所はそのような判断をしていません。

Q未成年者の法律行為に対する親権者の同意について

共同親権者(父母)のうち、父親が父親名義のみで同意をし母親は同意をしておらず、未成年者が契約をした場合、その後離婚等により単独親権者となったケースで質問です。

1)単独親権者が父親の場合、父親は取り消しができるのか。また、契約当時親権者だった母親は取り消しすることができるのか。

2)単独親権者が母親の場合、取り消しすることができるのか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨は良くわかりました。要は、「共同親権者のうちの片方(母親または父親)が、未成年者のした法律行為について、自己単独名義で同意した。この場合には、同意が共同名義で無い以上、無効であるため、未成年者の法律行為を、なおも取消できるのが原則だが、後に、その父母が離婚して単独親権者となった者が、この同意をした者か否かで、後に取り消しできるかどうかについての結論が異なるのか?」と言う事だと思われます。

実はこのような判例があります。「未成年者の後見人ではない者が、後見人として未成年者の所有する不動産を売却後、この者が現実に後見人に就任した場合には、就任と同時に売却の効力が発生する」(判例番号はすいませんがわかりませんでした) この判例とご質問の事例とでは、「未成年後見人」と「親権者」という違いはありますが、双方とも「未成年者の法定代理人」である事には変わりありません。つまり、「最初に権限なく行い、無効な行為だったからといって、その者が、後にその権限のある者に就任すれば、民法1条2項の信義誠実の原則から、その無効な行為が当然に有効になり、もはや取り消す事は出来ない」と言う事を意味しています。したがって、この判例に従えば、次のようになると思われます。

「母親(または父親)が単独名義で、未成年者の法律行為について同意したが、後に父母が離婚した」この場合に、

(1)同意した母親(または父親)が単独親権者となった場合→もともとの同意は単独名義であり無効であるが、同意した者自身が単独親権者となったのだから、民法1条2項の「信義誠実の原則」から、同意は当然に有効となり、もはや未成年者の法律行為を取り消す事は、信義誠実に反し許されない。

(2)同意していない父親(または母親)が単独親権者となった場合→同意していない者が単独親権者になったのであるから、(1)のような事はなく、その単独親権者が取り消す事が出来る。

なお、どちらの場合も、離婚後に親権者とはならなかった者は、親権が無い以上、取消は出来ないものと考えられます。

ただ、NO2さんの言われるように、果たして、このような事例において、「信義誠実の原則の適用をすべきなのか」という問題は残ると思われます。つまり「未成年者保護の趣旨」や「相手方保護の必要性の無さ」から考えれば、適用しなくてもいいのではないか、という考え方もあり得ると思います。

もう一つは、実は、「親権者の共同親権行使違反行為」(民法818条3項違反)は「絶対無効」であるとされていると言う事です。これに対して、後見人の権限無く行った行為は、原則どおり「無権代理行為」です。したがって、「共同親権行使違反」については、「絶対無効」である以上、「無権代理行為」のように、行為した者自身が権限ある者に就任しても、有効となるような効果は発生しない、と解することも出来ると思われます。

結局どっちつかずの結論になりますが、ご質問の事例がそのまま当てはまる判例等があれば、結論が出るのですが、「どちらとも言えない」、あるいは、私もNO2さんと同じように、「どちらの場合も、同意は無効のままで、単独親権者は常に取消できる」の方がいい解釈かもしれない、と考えています。

ご質問の趣旨は良くわかりました。要は、「共同親権者のうちの片方(母親または父親)が、未成年者のした法律行為について、自己単独名義で同意した。この場合には、同意が共同名義で無い以上、無効であるため、未成年者の法律行為を、なおも取消できるのが原則だが、後に、その父母が離婚して単独親権者となった者が、この同意をした者か否かで、後に取り消しできるかどうかについての結論が異なるのか?」と言う事だと思われます。

実はこのような判例があります。「未成年者の後見人ではない者が、後見人とし...続きを読む

Q母親→父親への親権会得(離婚後)

私は昨年の3月に離婚しました。
8歳の息子がいます。
現在は母方で育てていますが、昨日「子供が言う事を全く聞かなくて手に余るから引き取ってほしい。出来なければ施設に預ける」と何の前触れもなく連絡が入りました。
勿論、私自身は今でも子供と暮らしたいと切願していたのですが、私は現在実家にいるので
家の人間にも話を通さなくてはなりません。
ですので、明日連絡をすると言いその場は電話を切りました。
その日の夕方、私の母からメールがきまして
息子が一人で自転車で実家に来たというのです。
荷物を持って。
(母方の家から私の家までは約5キロあります)
この事が私の家でも大問題となりまして、結果家族は喜んで引き取ると言ってくれました。

その旨を翌日元嫁に連絡(メール)をしましたが、返信がありません。
その翌日に再度メールをしてやっと返信が来ました。
引き取る準備は出来たからといってもなぜか「ちょっと待って」の一点張り
最終的に「今は落ち着いてきているからちょっと待って」と言われました。
全く納得がいきません。
私自身だけではなく、息子も家出させ、家族も巻き込んだのに「落ち着いたからもういい」
これでは納得がいきません。
勿論、子供の気持ちを優先しますが、息子が良いと言ってくれるなら断固親権で争うつもりです。


家族構成は以下です
【私の家庭】
私(34歳、契約社員)
母(車いす。障害者認定を受けており生活保護中)
妹2人(20歳、19歳。共に社会人)

【母方】
元嫁(30歳。社会人(雇用形式は不明)
母(精神的な病気を患い、過去数十回精神科に入院歴あり)
父(会社員)
子供(8歳)

私は実家にいると言いましたが、書類上は近所に住んでいる姉の住所になっています
これは、私が実家の住所に入れると生活保護の額が必要以上に下がるためです。
母は車いすですが、足が悪いだけで他は問題ありません。

元嫁の母親は精神的に病んでる人で、非常にヒステリックです。
今回も息子を家から離さないとお母さんがまたマイってしまう
お父さんも最近おかしいとの事でした。
今回の息子の家出もヒステリックに怒鳴られ「出ていけ」と言われたからでした。

離婚後の父親が母親から親権を奪うのは難しいのはわかっています。
ですが
・元嫁の母親が精神病に患っており、過去入院歴も数度あり
・8歳の子供に出ていけ等と怒鳴る家庭環境
・わが子を施設に預けると判断した親の育児放棄

これらを押していけば勝てるのではと考えております。
ですが私の家庭環境も普通ではありません(障害者の母等)

私自身には見えていない私の要点
他に詰められる箇所
等のご意見を賜りたく。

長文となりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

私は昨年の3月に離婚しました。
8歳の息子がいます。
現在は母方で育てていますが、昨日「子供が言う事を全く聞かなくて手に余るから引き取ってほしい。出来なければ施設に預ける」と何の前触れもなく連絡が入りました。
勿論、私自身は今でも子供と暮らしたいと切願していたのですが、私は現在実家にいるので
家の人間にも話を通さなくてはなりません。
ですので、明日連絡をすると言いその場は電話を切りました。
その日の夕方、私の母からメールがきまして
息子が一人で自転車で実家に来たというのです...続きを読む

Aベストアンサー

 親権の変更が認められるためには、家庭裁判所に対し、申し立てをする必要があります。そして、親権が変更されるのは、「子の利益のため必要があると認めるとき」(民法819条6項)でなければなりません。離婚したときから子供のために親権の変更を必要とする特別の事情が必要というわけです。

 親権は、基本的には、子の意思を尊重する必要があるとされています。そこで、子供がどちらが良いのか明確にしておく必要があると思います。そして、実際に住んでみたものの、母方の家庭とはうまくいかず、子供はむしろ父親を望んでいることを強調していくのが良いとは思います。

 ただ、・元嫁の母親が精神病に患っており、過去入院歴も数度あり、・8歳の子供に出ていけ等と怒鳴る家庭環境、・わが子を施設に預けると判断した親の育児放棄、とのことですが、それを裏付ける相手からのメール等の客観的な証拠はあるのでしょうか。電話で会話したにすぎず、証拠が少なくなかなか主張が認められないようにも思えます。相手方は、今まではうまく1年半やってきているのであり、今回は、子供が勝手に出掛けただけで、出て行けとけとか、施設に入れるは別に言っていない等、あなたの主張を否定してくる主張をする可能性もあります。

 そこで、変更の主張を認めてもらうためには、相手からのメール等、ある程度の証拠を集め、子供は父親の親権を希望しており、母親も、実際には、面倒を見ていないと主張してべきだとは思います。


 
 
 

 親権の変更が認められるためには、家庭裁判所に対し、申し立てをする必要があります。そして、親権が変更されるのは、「子の利益のため必要があると認めるとき」(民法819条6項)でなければなりません。離婚したときから子供のために親権の変更を必要とする特別の事情が必要というわけです。

 親権は、基本的には、子の意思を尊重する必要があるとされています。そこで、子供がどちらが良いのか明確にしておく必要があると思います。そして、実際に住んでみたものの、母方の家庭とはうまくいかず、子供はむ...続きを読む

Q戸籍記載文の読み方 養父と親権者

よろしくお願いします。

遺産相続関係で戸籍を追うことになり分からない記述があるため教えてください。

昭和47年1月17日「A」の養子となる縁組届出(代表者親権母)

昭和50年9月23日親権者を母と定める旨 養父及び母届出

以上が記載されているのですが、これは養子縁組をした時点では親権者が養父になり、後に母親が親権者に変更になったことを意味するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 戸籍の記載からすると、以下のように推測されます。

1.父と母は離婚して、母が子の親権者になった。
2.母はAと婚姻(再婚)した。
3.子(15歳未満)がAの養子となる養子縁組を母が代諾した。(代表者ではなく、代諾者ですよね。)これにより、子はA(養父)と母の共同親権に服する。
4.母とAは、子の親権者を母と定めて協議離婚をした。


民法

(十五歳未満の者を養子とする縁組)
第七百九十七条  養子となる者が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、縁組の承諾をすることができる。
2  法定代理人が前項の承諾をするには、養子となる者の父母でその監護をすべき者であるものが他にあるときは、その同意を得なければならない。

(親権者)
第八百十八条  成年に達しない子は、父母の親権に服する。
2  子が養子であるときは、養親の親権に服する。
3  親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母の一方が親権を行うことができないときは、他の一方が行う。

(離婚又は認知の場合の親権者)
第八百十九条  父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない。
2  裁判上の離婚の場合には、裁判所は、父母の一方を親権者と定める。
3  子の出生前に父母が離婚した場合には、親権は、母が行う。ただし、子の出生後に、父母の協議で、父を親権者と定めることができる。
4  父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行う。
5  第一項、第三項又は前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、協議に代わる審判をすることができる。
6  子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。

 戸籍の記載からすると、以下のように推測されます。

1.父と母は離婚して、母が子の親権者になった。
2.母はAと婚姻(再婚)した。
3.子(15歳未満)がAの養子となる養子縁組を母が代諾した。(代表者ではなく、代諾者ですよね。)これにより、子はA(養父)と母の共同親権に服する。
4.母とAは、子の親権者を母と定めて協議離婚をした。


民法

(十五歳未満の者を養子とする縁組)
第七百九十七条  養子となる者が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、縁組の承諾をする...続きを読む

Q母親が死んだりした場合、親権は誰に?

今お付き合いしている男性のことなんですが、
彼には認知している子ども(1歳)がいます。
親権はその子の母親(彼の元彼女)で、彼は認知し、養育費も払っています。
もしその母親が、死んでしまったり、病気や牢屋に入ってしまった場合、
その子の親権はどうなるのでしょうか?
母親が元気なうちに、認知している彼との協議の上でなら、
彼に親権を渡せると聞いたことはありますが、
おそらくその元彼女は一人でずっと育てていくと言っているので、
元気な内に彼と協議して親権を渡すことは無いと思います。

協議しないまま元彼女が大変な状況になってしまった場合、
親権は元彼女のご両親に行くのでしょうか?
また、元彼女のご両親に親権が行った後、
ご両親と彼が協議して、彼に親権を渡すことはできるのでしょうか?

また、その元彼女が別の男性と結婚した場合、その男性が子どもと
養子縁組をしたら、彼の立場はどうかわるのでしょうか。

Aベストアンサー

これは民法838条に規定があり

>後見は、次に掲げる場合に開始する。
1. 未成年者に対して親権を行う者がないとき、又は親権を行う者が管理権を有しないとき。
2. 後見開始の審判があったとき。

つまり万一元母親が亡くなった場合は、無条件で(別れた)父親が親権を得て引き取るのではなく、後見者を決めて面倒を見ます。
後見者は(839、840条)
1. 未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定することができる。
2. 前条の規定により未成年後見人となるべき者がないときは、家庭裁判所は、未成年被後見人又はその親族その他の利害関係人の請求によって、未成年後見人を選任する。

という規定で、親権者の母親が遺言で指名した場合は、指名されたもの、遺言がなければ子供の親族・関係者が相談して家庭裁判所に届けを出します。

彼がどうしても引き取りたいと望み、母親の遺言もなければ、引き取ることはかなりの確率で可能ですが、そのときの環境により、裁判所がどう判断するかはわかりません。

Q母子家庭で母親死亡後の親権者について

母子家庭で親権者である母親が死亡した場合、その後の親権者を前夫ではなく同居している自分の母(子にとっては祖母)にしたいのですが・・・

普通にできることなのでしょうか?
何らかの手続きをすれば(しておけば)可能でしょうか?
あるいは、前夫が親権を主張すれば、親権は前夫にいく可能性もあるのでしょうか?

解る方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

まずね、親権者になれるのは 親 だ け なの。だから、祖母が親権者になるには、孫を養子にして養親とならないと駄目なのね。それが1番の回答。
んでね、これは判例ないみたいだから確定的なことは言えないけど、両親が婚姻関係にない場合は一方の親の単独親権になるわけで、この親権者が死亡した場合は、審判で親権者をもう一方の親に変更することはできずに未成年後見が開始するってのが学説では通説なの。つまり通説的には、親権者の母親が死亡しても 父 親 は 親 権 者 に は な れ な い の。だから親権者が遺言で祖母を未成年後見人を指定しておけばそれでいいってわけ。それが2番の回答ね。

だけど、通説が未成年後見が開始するとしているとは言え、確立した判例でないからリスクが0とは言えない。
そうすると一番間違いないのはやはり祖母の養子にすることだね。もっとも養子にした段階で親権者は養親の祖母になっちゃうけど。あと、祖母が高齢だと次のことまで考える必要があるかもしれないね。

Q離婚したら親権は大半が母親側に行くことについて

離婚したら親権は大半が母親側に行くことについて

周知のとおり、日本では離婚した場合、親権はほとんどの場合母親側に行きますよね。
(「ほとんど」ですから、客観的に見て明らかに妻側に離婚原因があるであろう場合さえ母親側に親権が行くケースは
珍しくないのでしょうね)
国によっては共同親権のところもあるようですが。

それについて、子供の福祉や子育ての便宜を考慮した結果、このようになる、とおぼろげながら聞いたことがあるのですが、
その具体的な根拠はどこにあるのでしょうか?
女性は子供を産み育てるという生物としての特性があるから、母親が引き取るべきという
単純な理屈で一刀両断されているのでしょうか?

おりしも大阪で風俗に勤める女がホストクラブのような豪遊にうつつを抜かして、
幼児二人の監護をすっぽかして死亡させる痛ましい事件がありましたが、
本当に子供の面倒を見るのは女性がふさわしいのかどうか、
ひいては離婚した場合優先的に母親が親権者となることが真に適切なのか、
非常に疑問に感じたのです。

Aベストアンサー

男性、経験者です。
現在の司法の常識は親権は女性親にということです。
確かに一般的に女性に親権が行くことは正しいと思います。
男性側に親権が渡っても擁護施設があるので男性が働きに行っていても
子育てに困ることは有りません。  

私の場合一回目の妻と離婚したとき、子供が1歳でした。子供を擁護施設に預けました。
毎週面会に行きました。学齢に達したとき再婚し子供を引き取りました。しかし
再婚相手の精神的虐待にあい離婚を決意しました。
当然子供は私に親権が来るものと思っていました。
しかし裁判の結果は血縁のない妻側でした。  

子供は娘ですが非常にやさしい気性でかわいいのです。彼女も妻の気性の荒さを知っているため逆らうことは出来ません。 
時々包丁をもって威嚇する行為もありました。 
現在の司法の考え方は画一的で全く個別の条件を考慮に入れていないと思います。

調停は私の側から起こしましたが、
離婚裁判は妻側から始め、慰謝料の額が気いらないらしく最高裁まで控訴しました。

離婚後妻は精神障害者2級を取りました。  婚姻中は子供と話すことさえはばかられる
雰囲気でした。  裁判の期間中は私は家を追い出されぼろアパートに隠れるように住んでいました。
風呂に入るため時々帰ってきていましたが、2回ほどカギを替えられました。 
元妻の知り合いの話では私が暴力を振るうと言っていると云うことでした。

 元妻のような人は一般的にありえない存在です。 しかし確実に存在します。

その後仕事を解雇されても再就職して給料が半額になっても養育費の給料からの差押額は変更されずに続いています。  
養育費の減額についても改定すべきと思います。  

男性、経験者です。
現在の司法の常識は親権は女性親にということです。
確かに一般的に女性に親権が行くことは正しいと思います。
男性側に親権が渡っても擁護施設があるので男性が働きに行っていても
子育てに困ることは有りません。  

私の場合一回目の妻と離婚したとき、子供が1歳でした。子供を擁護施設に預けました。
毎週面会に行きました。学齢に達したとき再婚し子供を引き取りました。しかし
再婚相手の精神的虐待にあい離婚を決意しました。
当然子供は私に親権が来るものと思っていました。
しか...続きを読む

Q親権者

親権者に断りも無く勝手な行動をした場合。問題有りますか?例えば学校に親権者の断りも無く、学芸会の手伝いに出たり、こちらは子供達が母親が学校に来る事事態嫌がって居るんで。父子家庭の父からの質問です。

Aベストアンサー

「親権者に断りも無く勝手な行動をした場合」
1.親権者に断りも無く(学校が)勝手な行動をした
2.親権者に断りも無く(同級生が)勝手な行動をした
3.親権者に断りも無く(児童が)勝手な行動をした
と言うぐあいに、三つの可能性が考えられます。

「学校に親権者の断りも無く」
最初の「学校に」の意味は?
1.学校が親権者に断りをせず・・・
2.誰かが学校を通しての、親権者の断りを取らず・・・
素直に読めば1.のようですが、「学校に」で「に」とあるので、2.の様でもあります。

「学芸会の手伝いに出たり」
で、手伝いに出るのは誰?
1.児童
2.学校の教員
3.同級生の母親
4.母親に限らない父母
の四つの可能性が考えれますが、文脈からは判断困難です。
もちろん、出る人によって意味が全く異なります。

「こちらは子供達が母親が学校に来る事事態嫌がって居る」
「こちら」って誰、児童? 質問者? 児童と質問者?
その次の文の嫌がっている主語は? 「子供達が学校に来る事を母親が嫌」? 「母親が学校に来る事を子供たちが嫌」? どちらにしても、「こちらは」という文との関係は?

ということで、何回読んでも良くわかりません。
もう少しわかりやすく書いていただければお返事もしやすいと思います。

「親権者に断りも無く勝手な行動をした場合」
1.親権者に断りも無く(学校が)勝手な行動をした
2.親権者に断りも無く(同級生が)勝手な行動をした
3.親権者に断りも無く(児童が)勝手な行動をした
と言うぐあいに、三つの可能性が考えられます。

「学校に親権者の断りも無く」
最初の「学校に」の意味は?
1.学校が親権者に断りをせず・・・
2.誰かが学校を通しての、親権者の断りを取らず・・・
素直に読めば1.のようですが、「学校に」で「に」とあるので、2.の様でもあります。

「学芸会の...続きを読む

Q幼稚園の入園を辞退した際の入園金・施設費用の返金について教えてください

幼稚園の入園を辞退した際の入園金・施設費用の返金について教えてください。
転勤を理由にした質問や、ある程度時間がたったケースの相談はいろいろありますが、私の場合、入学金を支払った翌日の話です。
第二志望のBという幼稚園に合格したのですが、その当日に入園金20万円と施設費用10万円を支払わなければなりません。そして、その翌日に第一志望のAという幼稚園に合格(もちろんAに入園)し、B幼稚園に辞退および返金をお願いした場合、B幼稚園から返金の可能性はあるでしょうか。

全額とは言わなくとも、たった一日で多額の実損が発生するとも思えません。以前は規約にあるから絶対返金は無理です・・・が常識でしたが、消費者契約法等の影響で数年前とはかなり実情が変わってきてるとも聞きます。法律の観点から、このカテゴリーでお伺いしました。

(翌日に辞退とはひどいじゃないか・・・等の話は取りあえず置いておいてください。話がずれるので)

Aベストアンサー

入園金は「入園する権利」を得るためのお金なのでこれは返還請求しても無理のように思えます。

施設費用は実際に入園してからのお金と考えられるので返還をお願いすれば戻ってくるように思えますね。

幼稚園は地域の特性がものすごくあるので、入園するのが困難な人気の幼稚園がA幼稚園でB幼稚園はそのすべり止め的な位置づけだったりすると今回のような日程になりますよね。

ウチの幼稚園は入園金については明確に「返還しない」と書いてありますね。

ちなみに入園金は入学手続き時に、施設費用などの初期費用は12月頭に授業料を引き落とす口座からの引き落としになってます。


人気Q&Aランキング