今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

3階建の戸建住宅を計画中ですが、一室有効採光がどうしてもとれない部屋があり困っております。

そこでふと思ったのですが、
たとえば、
1階の居室の窓の上部にバルコニーを出した場合。
水平距離(D)は小さくなります。
垂直距離(H)は、窓の中心からバルコニーの手摺天端までの距離となり、屋根先でとるよりも、短い距離となります。
このように考えてバランスさせれば有効採光がとれる状況にありますが、考え方としてあっているのでしょうか。
1階の壁面が出る訳では無いので、垂直距離(H)のとり方に不安が残ります。

A 回答 (3件)

3階建と採光はいつも悩みますよね。

狭小地に建つことがほとんどだし...

で、質問の答えとしましては、一般的に軒先とバルコニー等で
計算してみて厳しいほうを選択します。

分かりやすいPDFがありました。
http://www.ura410.com/00_ura410/syuppan/05_saiko …

>有効採光がどうしてもとれない部屋が
ぶっちゃけ納(うわっ何をすqあwせdrftgyふじこlp
    • good
    • 1
この回答へのお礼

厳しい方なんですね。。。
PDF詳しくてわかりやすかったです。
ありがとうございました!・・・やっぱり納(ry

お礼日時:2006/03/29 18:20

下記URLの採光のところに図入りで説明があります。



参考URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/ota/ken-shin/kentik …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/29 18:24

採光補正係数の考え方は基本的にはお考えの通りです。


ただし、対象窓上部の突出部は全てが検討対象ですので、バルコニー上にある2階及び3階の各軒の出に対するD/Hも全て検討する必要があります。
そしてバルコニー手摺部と各階軒の出部で計算した補正係数の一番不利側となる数値が採用対象となります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

まさにその通り。
的確なアドバイスありがとうございます。
もう一度考え直します!崖地で採光十分なのに;;

お礼日時:2006/03/29 18:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q採光計算

バルコニーの窓を採光計算に使うときはどうしてましたっけ?
奥行き1間で開口部は0.5間です。
またバルコニー部分には丸々屋根がかかっています。
手摺は透過性のないもので、床から1.1mの高さまであります。

Aベストアンサー

屋根がかかっていると審査側で透光性があっても軒先から境界までの距離を取れと言われるかもしれませんよね。

その境界までの距離を  D
軒先から窓の中心までの高さを H

地域が住居系としたら

(D/H)×6-1.4

無指定や商業系なら

(D/H)×10-1

(以上確認事項)

ここで出てくる数値は採光補正係数ですが、上限「3.0」は変わりません。

手摺の高さには規定していません。(下階があれば、手摺笠木の天端が下階の採光計算に関係します)

Qマンションの採光計算について

共同廊下側に窓を設けた場合採光計算するにはバルコニーの時と同じ考え方でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
共同の廊下が囲われ十分な採光が確保されている場合
縁側などがある場合と同じように計算できます。
縁側の幅によって計算式が違います。
幅900mm超える
A・W≧k・S
幅900mm以下
7/10・A・W≧k・S
参考法文
建築基準法第28条の1
同施行令第19条、第20条
ご参考まで

Q採光補正係数の考え方

採光補正係数についてお教え下さい。現在、第一種住居地域にマンションを建てるという課題を行っているのですが、その際に採光補正係数のことが問題になりました。
まず住居系地域の採光補正係数の考え方ですが、
「建物各部から境界線又は隣接建物までの距離÷窓中心から直上の建物
の各部分までの距離×6-1.4」だと私は習っています。

という事になるとマンションのバルコニー下の窓の場合、採光補正係数は『バルコニー先端から隣地までの距離÷窓中心からバルコニー下までの距離×6-1.4』と考えてよいのでしょうか?

またある方に聞いた所、「採光補正係数は隣地から7m以上はなれていないと計算する権利が与えられない」とか「7m以上はなれていないと不利になる」ことになっていると言われたのですが、私にはその部分が良く分かりませんでした。補正係数の補正値という形で7mという距離が出てきますが、それがあるからといって不利になったり計算する権利がなくなったりする事はない様に感じます。どうか返答お願い致します。

Aベストアンサー

一番目の質問について
バルコニー下ではなく上(手摺部)です。更に屋上パラペット
天端での計算と比べて不利な方が採用されます。

二番目の質問について
7m以下で計算する権利を失うことはありません。
補正係数が1未満となった場合(仮に0.5とした場合)
7m未満の場合では窓面積の半分が有効となります。
(補正値により窓面積が不利にな方向になる)
7m以上の場合は修正値1が採用になり窓面積全てが有効です。
7m以上の場合は有利だと言えますのでこのようなことを言いたかった
のでしょうか?
権利が無いというのは、水平距離7m以上の場合で補正係数が1未満
となったっ場合は1とすることから、「補正なし」と同じことだよ。
という意味なのでしょうか・・・
ただしこれは計算結果によるものなので権利がないとは言えないし、
私にもそのある方の言う意味が良くわかりません。

Q共同住宅の廊下幅員について。

共同住宅の廊下幅員について。

2階建て4戸の共同住宅で、1階(2戸)の床面積が52平米です。
建令119では片側居室の場合の廊下(屋外)幅員が≧1.2m(>100平米の階の共用のもの)
とありますが、それぞれの階が100平米以下の場合はどうなるのでしょうか?
また、プラン調整により、合計の延べ床面積が100平米に満たない場合も想定しています。
上記の内容でしたら、階段の幅員は75cmで良いという認識なので、廊下も同様に75cmでは不可なのでしょうか?

共同住宅に詳しい方がおられましたらご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通行する人間がいたとすれば、大変危険な状況に成ります。

確かに、2所帯の為の共用廊下ですから、通行量は少ないでしょうが、最低90cm以上は廊下幅員を確保する事が、常識でしょう!
引越しの時の荷物の出し入れにも、苦労しますよね。
基準法は、最低の規約です!!
これを理解しないと、とんでもないしっぺ返しを食らいますヨ!

また、階段の事にも触れていますが、共同住宅の階段を幅員75cmで設計したら、その方は設計士としては落第です!

どちらにしても、廊下及び階段は、非常時の大切な非難経路です!
通常では起こらない事も、非常時では起きてしまう可能性がありますので、充分な配慮を希望致します。
これは、居住者の安全のため、オーナーの管理責任のため、そして設計者の設計責任ためです!!

以上です。

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通...続きを読む

Q平均GLと斜線制限について

教えてください。
平均GLと北側斜線 平均GLと道路斜線の関係です。
平均GLが設計GLよりも下がってくる時

1.北側斜線はその平均GLからですか?
2.高低差が大きい時その平均GL毎に北側斜線を計測するのですか?
図面上で2本の北側斜線のラインが出るって事ですか?

3.道路斜線は平均GLじゃなくて道路高さからですか?
(その物件は高低差はほとんどないんですが
平均GLは1m以上下がります)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
>1.北側斜線はその平均GLからですか?
そうです平均地盤面からです。
ただし、隣地が平均地盤より1m以上高ければ(h-1)/2だけ緩和されます。

>2.高低差が大きい時その平均GL毎に北側斜線を計測するのですか?
>図面上で2本の北側斜線のラインが出るって事ですか?
そうです平均地盤ごとです。

>3.道路斜線は平均GLじゃなくて道路高さからですか?
道路中心の高さよりの計算になりますので平均地盤は関係ありません。
道路が敷地より1m以上下がっていれば他の斜線と同じく緩和があります。

Q中庭の採光計算について

採光計算の方法なのですが居室が道路に面するところが無くて中庭から
採光計算が出来ないかどうか、考えているのですが
そいうい規定が見当たらないのですが
どなたかわかりませんか??

中庭があって向かいに建物がある場合は採光計算は成り立たないのでしょうか?

Aベストアンサー

1の方が書いてますが、漫画チックに言えば。・・・・

平面上四角い家があるとします。
そこに中庭がある。(四角いドーナッツですね)

リビング窓の前に中庭がある、対面しているのは書斎の外壁である。

この書斎の外壁面(軒先、庇があればその先端)イコール「隣地境界」、と考えると分かり易いのでは。

中庭にパーゴラありなどの特殊要件が無い限り経験上自信あり、です。

とにかく結論としては成り立つ、残すは計算結果がクリアされるかどうか、早速執りかかってみましょう。

Q平均地盤面高さの求め方

http://rakutore2houki.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

これって間違いですか?
日建学院の解説は間違っていないと思うのですが

Aベストアンサー

あ、『足して2で割る』を誤った知識と書きましたが
条件付で「正しい数値」になるので、条件込みで簡易式として覚える事を否定するものではありません。
ブログ主は条件がある事を忘れてしまっていたんでしょうね
(一応、突っ込まれる前に弁解しておきます)

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q採光計算 dとhの取り方

全ての場合において最も不利な方法で計算するのが、基本だと思いますが、ダメ元で聞いてみます。
軒先での算定で補正係数が0になってしまうので、庇を軒先より少し長めに付けてhを短くする、という方法は認められませんか?

Aベストアンサー

両方検討して不利な方を採用するんですよ。
庇でもバルコニーでも軒先でも一番不利なものはどこかを検討するんです。
基本的には窓の高さを上げる、屋根を母屋下げする、配置を動かす、などその状況によって対処すべきでしょう。

つまりその方法は軒先の補正係数を大きくしてくれる要因にはなりませんので ダメです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング