痔になりやすい生活習慣とは?

木造住宅で、施行令49条2に高さ1mまで防蟻処理についてかいてありますが、防蟻処理はかならずしなければいけないのでしょうか?フラットなら明確な基準内容、適用内容はありますが、施行令はどうなんでしょうか?柱、土台120角、檜なら大丈夫でしょうか? 中間検査でいわれるとかも気になります。よろしくお願いいたします、。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 建築基準法では防蟻処理に関しては明確な規定はありません。



 参考までに、国土交通省の住宅の性能の評価の基準を示します。P49からが相当する部分です。
      
       http://www.mlit.go.jp/common/000052960.pdf

 この中の樹種は農林水産省のホームページから検索できますが、参考までに↓。
       
 ’ 耐久性D1の樹種は、ヒノキ、ヒバ、スギ、カラマツ、ベイヒ、ベイスギ、ベイヒバ、ベイマツ、ダフリカカラマツ及びサイプレスパインとする’

 通気構造をとっていることを前提として、記載の条件では薬剤による防蟻処理なしでも等級3が得られます。

 この等級を得るためには、薬剤処理した安い柱、太い柱、やや細いが品質の良い柱、このどれかから選ぶことになります。薬剤処理した柱が一番安いため多用されています。
    • good
    • 3

>>それは、基準法に施行令にあるからでしょうか?


>>断熱材でしなくてもよいものもあるようですが、またご回答ください。
違法建築とまではいきませんでした。
すいません。
しかし、例えしなくても良い等級でも瑕疵担保保険では白蟻被害による補償は出ません。
それを考えれば、当然すべき工事だと思います。
家主が負担、施工店が保証、どちらがするか知りません…

白蟻予防、新築の時の予防の施工費は安いです。
建ってから予防するのは作業性が床下や壁中に散布・塗布するのは高くなります。
さらに、白蟻が発生してから散布するのは一部解体・復旧費がかかり大変高くなります。

長期優良住宅の防蟻処理は土壌処理だけすれば良いようになっています。また、高気密・高断熱で気密性が高く薬剤が人体に悪影響を及ぼすかと考えますが、今現在の防蟻の薬は揮発性が非常に低く・人体に影響ないようなので、保険みたいなモノと考えて防蟻処理はしてます。

私の施工エリアは白蟻被害が大きいので例えしなくて良くても防蟻工事します。
    • good
    • 1

>>防蟻処理はかならずしなければいけないのでしょうか?


必ず処理します。

>>柱、土台120角、檜なら大丈夫でしょうか?
当然防蟻処理します。外壁部の間柱もします。

>>中間検査でいわれるとかも
通常検査官は見ます。例え検査官が見落とそうとも、すべきです。違法建築になります。

この回答への補足

ありがとうございます!

それは、基準法に施行令にあるからでしょうか?

断熱材でしなくてもよいものもあるようですが、またご回答ください

補足日時:2013/01/15 09:44
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防蟻処理必要ですか?

現在、住宅新築に向けて、工務店と最終調整中です。
工務店からの減額案で防蟻処理を無くす案が提案されています。
色々調べて見ましたが、防蟻処理の有効年数は5~10年程度みたいで、
有効年数を過ぎても、外壁の仕上げを外したりする必要があるため
新たな防蟻処理をすることはまず無い様です。
そこで、質問です。
有効年数が過ぎたときに、新たな処置をしないのであれば、
最初からしなくても良いのではと思ったのですが、通常は
どのように考えられているのでしょうか。
たとえ最初の5年だけでも、処置をした方が将来的にも効果がある
のでしょうか。
現在の仕様では、土台に桧、柱に杉、筋交いに米松となっているため
公庫の防蟻不要の規定はクリアしています。
御助言よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シロアリに関しては建築業界では色んな正しくない話しが出回っており、更にいうといかがわしいシロアリ業者はもちろんのこと、まともなシロアリ業者でも誤った知識が氾濫しているというのが現状です。(詳しくは「床下が危ない」でも読んでください)

>最初からしなくても良いのではと思ったのですが、
大正解です。

>通常はどのように考えられているのでしょうか。
間違った常識としてはやるという考えのようです。

>たとえ最初の5年だけでも、処置をした方が将来的にも効果があるのでしょうか。
ないです。

>現在の仕様では、土台に桧、柱に杉、筋交いに米松となっているため公庫の防蟻不要の規定はクリアしています。

であれば必要ないです。

ちなみに、シロアリ対策として本当に有効なのは床下定期点検だそうです。
もちろんベタ基礎も適切に施工されれば効果はあります。
まあ詳細は紹介した本をご覧下さい。

Q木材防蟻処理の範囲は?

軸組み最下部の水平に据え付けられる部材のうち、土台については防蟻処理されるのが一般的だと知っていますが、大引きや根太などの水平部材についてはどうなのか教えて下さい。素人感覚としては、土台とほぼ同じ高さで水平に据え付けられる大引きや根太についても防蟻処理されるべきだと思うのですが。
 また、垂直あるいは斜めにに据え付けられる部材(隅柱、通し柱、管柱、間柱、筋交い等)について、地盤から1mの高さまでの防蟻処理は
すべての部材について施されるのでしょうか?
(例えば、強度にあまり影響しない間柱や筋交いは防蟻処理しないのが
一般的とか・・・)一般的な処理範囲を教えて下さい。

Aベストアンサー

防蟻処理について、薬剤使用ということで補足させていただきます。
範囲、高さについては、先の回答者様を参考にされると良いでしょう。^^

『一般的には・・・』地盤より1mまでの見えない箇所には防蟻処理は必要ということです。
処理した材料は、こげ茶色の少し小汚い部材になりますので、内装または外観に影響する見える部分には使用しません。^^

<補足>
薬剤は一般的に、「塗布するもの」と「浸透させるもの」があります。
塗布する部材の薬剤効果は約5年と言われております。
塗布の場合、5年毎に再処理する必要があります。しかも、建築中ならいざ知らず、再処理後は密閉された室内に薬剤の成分がこもる恐れがあるうえ、再処理できる箇所は床下ぐらいに限られます。
壁の中を処理するには壁をはがすしかなく、ほぼ不可能なのが現実です。
一方、浸透させるものの薬剤効果は20年から30年といわれております。
若干高価となりますが、20年後のライフサイクルコストを考えるとこちらをお薦めします。
参考になりましたでしょうか。

Q防蟻処理に関して

こんにちは、詳しい方、教えて下さい。
現在ある地場の住宅メーカーさんと新築住宅の話しをしています。
防蟻処理に関してですが、薬剤は使用しない、とのことでした。
基礎パッキン工法を採用しており、基礎内は常に乾燥している
、との理由からです。
まだ私たちの周りにはシロアリ被害を聞いた事はなく、以前話をしたことのある地元の設計士の方も、「まだこの辺りはすぐにシロアリの心配はしなくてもよさそうだね」と言っておりました。
以前、別の住宅メーカーさんで、「蟻に効く薬剤は少なからず人間にも影響を与えるので、当社は通常よりも弱い薬を使用しています。」と聞いた事があります。
防蟻剤は人体にとっても有害であるのは知っております。
防蟻処理を薬剤を使用しないで施工しても大丈夫なのでしょうか?
住宅メーカーさんを疑う、というわけではないのですが、一生に何度も買える様なものではないので、少し心配です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3234160.html
上記以前の似た質問です。
私も回答してますが、20ポイントの方、信用できると思いますよ、他の回答も見るに付け思うのですが。

一応ご参考まで。

前の方の明るい語り口いいですね。

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Q従来工法の防腐・防蟻処理

いつもお世話になっております。

現在、従来工法にて家を建てています。
我が家の防腐・防蟻処理の施工方法について疑問に
思い書き込みさせていただきました。

我が家は、すでに床張りが終わっており、工務店に問い合わせたところ、防腐・防蟻処理は、床下に潜って散布するということでした。地上の柱は1mまで散布するとのことです。

工務店曰く、メリットは「1度に処理できるので、人件費や工期の削減になる」とのことでした。

色々と調べたのですが、上記のような施工で処理する例が見当たりません。

このような防腐・防蟻処理方法は、的確なものなのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

穴あけは床を張ったあとでは大変な作業になりそうなので、逆にちゃんとやっているか不安がありますね。

今回に良さそうなのは、泡状の液体というかを床下一面に撒くような処理方法があるのですが(発泡処理)、これだと人が入らずとも、やり残しが起こらないので、他の方法よりは格段に安心できると思います。

Q家の土台に防腐・防蟻処理したベイツガを使用して大丈夫なんでしょうか?

お願いしている工務店の標準仕様では、家の土台に防腐・防蟻剤を加圧注入したベイツガを使用するそうです。ですが、どのサイトを見てもベイツガは安くて耐久性や防腐性に劣り、シロアリにも弱いと書いてあります。

実際今の技術ではどうなんでしょうか?
ベイツガは基礎パッキンを用いて床下が乾燥していても10年後には白アリがこなくてもボロボロになってしまうような素材なんでしょうか?

同じ木材メーカーで防腐・防蟻剤を加圧注入したヒノキがあり、どうするか悩んでいます。(工務店からはヒバやヒノキは水をはじく性質があり、今後メンテナンスで防腐剤を塗布するときにぬりにくいというデメリットがあるとの説明を受けました)

よろしくお願いします。(ちなみに家は2×6工法で建てます。)

Aベストアンサー

建築にあたり、こうした部材の選定に対してなにを選択するのがいいのか、という問いが何万と出てきます。(アンテナを張ってみれば)

米栂は、ヒノキなどと同じ針葉樹の一種です。他に構造材としては、間柱や筋交い、根太、垂木などに使われることが多い材です。
米栂の防蟻加圧注入材が使われ始めたのは、ここ20年前くらいから。
それまでは、ヒノキ、杉の赤身、(信州などでは)栗などが土台の主流でした。それまで米栂及び栂材が使われてこなかったかは、やはり、虫による食害を受けやすい木という常識からです。しかし、針葉樹で一定の構造安定性もある材であることから、活用が望まれ、加圧注入材が広く使われるようになったということです。(外材の活用が叫ばれたこともあります。環境グローバル的にはどうかと…。)
薬剤が注入されたものですから、木の繊維から揮発していきます。条件にもよると思いますが、10から20年前後で揮発するといわれます。
その後が大丈夫かなということは拭い去れませんが、No.1の方も言われるように、どんなに食害にあいにくい樹種でも、条件が悪ければ、食害にあいます。
地盤面から基礎の高さを40センチ以上(最近の公庫仕様。それまでは30センチでした…)、軒をつくる、犬走りを打つ、防湿コン(あるいはベタ基礎)など、床下・土台への湿気対策の方が大切だということですね。シロアリ対策に完璧はないと思っていたほうがいいくらいです。
予防策として、どこまで頑張るか…。
例えば、家族に喘息があったり、化学物質に過敏な方がいらっしゃるようでしたら、注意は必要でしょう。ただしその場合では、ヒノキなどでも樹種が持つヒノキチオールに反応してしまう方もいるので注意です。
ちなみに、ヒノキの心持ち(年輪の心がある)材を使えば、防蟻処理不要のケースもあります。(この場合柱などにも絡むので注意が要りますが。)それと、ヒノキに塗装が浸みにくいのは、まさに湿気を受け付けない材であることの証明でもあります。油分が湿気及び食害から守ろうとしているわけです。
概ねこんなことなので、何が良くて何がダメということもないと思います。住み手の方のお家への考え方次第かなと思います。
完成してからも、点検できるように、と言われるのはそのためでもあります。必ず一度は床下にもぐりましょう。ぐらいの心構えで。
参考まで。

建築にあたり、こうした部材の選定に対してなにを選択するのがいいのか、という問いが何万と出てきます。(アンテナを張ってみれば)

米栂は、ヒノキなどと同じ針葉樹の一種です。他に構造材としては、間柱や筋交い、根太、垂木などに使われることが多い材です。
米栂の防蟻加圧注入材が使われ始めたのは、ここ20年前くらいから。
それまでは、ヒノキ、杉の赤身、(信州などでは)栗などが土台の主流でした。それまで米栂及び栂材が使われてこなかったかは、やはり、虫による食害を受けやすい木という常識か...続きを読む

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング