【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

カテ違いだったらすみません。

今さらながらふと思ったのですが
なぜ「日本」という国名は「Nihon(あるいはNippon)」
ではなく「Japan」と呼ばれるようになったのでしょうか。
だれ(どこの国?)が最初にJapanと呼ぶようになったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

なぜ「日本」は「Nihon(あるいはNippon)」と呼ばれてるのですか?



ご質問者は、今さらながらふと思ったことはありませんか? 基本的なことをお忘れの方もいらっしゃるようですが、「ニホン(あるいはニッポン)」は訓読みではなく、音読みですね。つまり中国音(ちゅうごくおん)です。
したがって答は、「昔の中国(の一部地域)で、『日本』をそういう風に発音したから」(または、少なくとも日本人にはそう聞こえたから)となるでしょう。中国風の発音を日本人が真似して、訛って、「ニホン(あるいはニッポン)」になったわけです。訓読みなら、「ひのもと」などです。

次に、なぜ「日本」は「Japan」と呼ばれてるのですか?
これについても同様です。答は、「昔の中国(の一部地域)で、『日本』をそういう風に発音したのが元になっている」(または、少なくとも外国人にはそう聞こえた)となります。中国風の発音を外国人が真似して、訛って、廻り回って英語では「Japan」になったわけです。
要するに、「Japan」にせよ、「Nihon(あるいはNippon)」にせよ、最初は中国音であることに変わりはありません。両者の違いは、もとの中国音の違いであり、それは時代と地域(中国のどの地域か)で、中国音が異なっていたことに由来しています。
その時代と地域、および外国への伝播を具体的に説明すれば、他の方のご回答のようになるでしょう。ただし、二、三の有力な説はありますが、まだ定説はないようです。

私が申し上げたいのは、「なぜ Japan? と疑問が浮かんだら、なぜ Nihon? とも考えてみましょう」ということです。同様の例は多数あり、例えば、なぜ「お茶」は「tea」ですか? 答は、「もとの中国音の違いに過ぎない。『チャ』も『テー』も、中国音から来ている」。
しかし、茶は中国原産(説が有力)で、その飲用の風習も中国で始まり東西に伝播したから、「もとは中国音」が当たり前だとしても、他ならぬ「日本」の呼び方も同じ仕組みだとは、納得がいかない……と感じる方もいるでしょう。
しかし、昔は中国中心に(東洋)世界が回っていたのだから、当然の話なのです。幕末以前の日本の知識人の教養は、中国の歴史・文物・詩文・文字などが、大きな割合を占めていました。

さらに、少なくとも17世紀初頭まで、日本人自身が「日本」を「じっぽん」とも呼んでいました。『日葡辞書』(1603-04年。原題は Vocabulario da lingoa de Iapam )は、日本に来たイエズス会宣教師が編纂して、当時の日本語約3万2800語を(ポルトガル式)ローマ字で表記し、ポルトガル語で的確に解説したものです。同時代の日本人がつくった辞書に比べても格段に優れており、日本語研究の上で第一級の資料とされています(『世界大百科事典』平凡社による)。その『日葡辞書』に、「日本」は「にふぉん。にっぽん。じっぽん」の読みがあると記録されています(類例としてヒノモト、ヤマトも)。
したがって、次の説を唱える人もいるくらいです。「日本に来た外国人が、日本人みずから『じっぽん』と呼ぶのを聞き、西洋に伝えた」。

「じっぽん」という呼び方が日本で行われなくなったのは、その後のことです。もし、「そんなの聞いたことがない。日本人は絶対、日本を『じっぽん』と読まない」という人がいるとしたら、単なる無知でしょう。何しろ、元は中国音なので中国次第であり、日本人も西洋人もそれを真似したに過ぎないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
確かに「にほん」という呼び方も音読みですから中国語から来ているわけですよねー。
マルコポーロ説にしてもマレー語説にしても中国語との関係は切っても切り離せないものですね。

お礼日時:2006/04/04 02:35

参考URLを忘れていました。


「日本」という国名の読み方について
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r18-88.htm
    • good
    • 0

「日本」を中国語(北京語)のピンイン(発音記号)で表すと、



「riben」

となります。中国語のrは「ジー」と聞こえますので、「日本」は聞きようによっては「ジーパン」と聞こえます。

マルコポーロなど訪中した西洋人がこれを聞いたり、No.5さんのおっしゃるようにアルファベット化した文字を見たりして、Japanになったのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
なるほどー。ピンインからもつながるんですねー。

お礼日時:2006/04/04 02:32

マルコ・ポーロが中国に滞在した時、その頃の中国人が



「日本国」

という漢字の綴りを

「ji pan guo」

のような風に発音していたらしいのです。それを聞いた支配者モンゴル人を介してマルコ・ポーロが「東方見聞録」に

「Cipangu」

と記述したのが発端だということです。これがヨーロッパにやってきて

「Japan」

となまったのだと考えられます。ちなみにマルコ・ポーロの出身地イタリアでは

「Giappon」

と綴ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
マルコポーロ説もやはり有力なのですね。

お礼日時:2006/04/01 01:32

したではマルコ・ポーロとマレー語の説がありますが、実はどちらも説としてあり、どちらが正しいかは不明です。



東方見聞録に関してですが、当時執筆されたのはイタリア北部ですが、実はこの原本は行方不明でして、数冊の写本が残っているのですが、掲載内容、スペルといったものに違いがあり、Aという本では○地方の紹介があるが△地方の紹介はない。逆にBという本では○地方の紹介はなく□地方の紹介がある。Cでは△地方の紹介はあるが○と□はない。といった具合です。

現在主に日本で訳本として出回っているのは、リッチ英訳本などといった、後世にそういった写本をまとめたものです。
それまでには、各国語に翻訳され、さらにその各国語を基にした翻訳本がでるという状態が続きました。

また、ヨーロッパという国は、小さい地域に違う言語の人がいるという地域です。そのため、共通語(に近い言語)は訛りがとても強いです。有名なのは人名で、チャールズ(英)とシャルル(仏)、カエサル(ラテン系言語)とシーザー(英)といった具合に、口伝えと考えられる言葉は、軒並み訛っています。
そのため、チパング-ジパング-ジャパン説は有力であると考えられています。

次にマレー語についてなのですが、これも有力説のひとつではあります。理由はNo3の人のものです。

なににしても、まだどちらかはっきりしていないですので・・・・難しいところですね。
ポルトガル交易が広まったころと、活版印刷によって爆発的に書物が普及した時期とが、近いというのもどちらの説が正しいのかわからなくしている原因かと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ジパング
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
どちらの説が正しいかまだ不明だとは驚きです。

お礼日時:2006/04/01 01:30

参考 URL に書いてありますが、マレー語の呼び方 Japun または Japang がマレー地方で交易していたポルトガル人とオランダ人に伝わったのが元だろうとあります。

マレー語の読み方は中国南部の「日本」の読みから来ているのではないかとあります。
また、通説の東方見聞録ですが、マルコポーロは "Chipangu" と書いた筈で、これが "Japan" になるのはおかしいともあります。

参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/yasuaki/misc/lang …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
マレー語からきているとは想像もしてませんでした。

お礼日時:2006/04/01 01:26

要するに外国が「日本」をどう「読んだか」ということですね。


例のジパングについてはモンゴルが中国を支配していた時代ですが、漢字文献のやりとりは基本的に女真や漢族、契丹などの漢字文化圏の連中がやっていました。したがって日という漢字の読みのうちjitz(u)という読みを採用したという事でしょう(というか当時の読みなのでしょう)。中国側の読みか日本がそう発音していたのかそれともヨーロッパ人の耳にそう聞こえただけか、といったことは不明です。マルコ・ポーロなる人物(いろいろ疑義あり、だそうですが)が漢字を読めた形跡は無いので、おそらくモンゴルとの会話はペルシア語あたりかと思われますし。
翌日、という言葉では日はじつ、と読みますね。ですから日本はjitzphonになります(本というのはもともとphonに近い発音のはずです)。
ここからjiponないしjipanへの変化は十分あり得る事です。

なお。歴史的に見て英語が世界の言葉の中心みたいになるのはとりわけ19世紀にイギリスが世界制覇してからの事で、こういう「大航海時代」以前の歴史を考えるのには英語は不適切といえるでしょう。むしろラテン語とか古いイタリア語、スペインやポルトガル、それにペルシアやもちろんマルコ・ポーロ当時の中国周辺の諸言語、これらが基準にならないとわかりにくいでしょうね。たとえば現代スペイン・ポルトガル語ではjaponですし(読みはハポンですが)現代イタリア語ではgiapponeですね。つまりpon→panという変化が英語やドイツ語に伝わる際に起きているわけです。現代ラテン語ではiaponiaですが、(iとjはラテン語では同じ)
要するにラテン系ではjaponという形が基本のようですね。
ちなみにNihonもNipponも元はといえばNiphonでしょうし。むしろjapanというつづりは英語とドイツ語ぐらいじゃないでしょうか(ここ、どなたか補足お願いします)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
「ジパング」にもいろんな言語の絡んだ由来があるのですね。
「日本」という漢字名からjitzphon→jipon(jipan)は納得です。
全然違う言葉かと思ってましたがつながっているんですね。

お礼日時:2006/04/01 01:25

ジャパン(Japan)は英語で日本の事を指す。

語源はマルコ・ポーロの東方見聞録に登場する「黄金の国・ジパング(ZIPANG・ZIPANGU)」であると言われ、ヨーロッパの言語ではここから派生した呼称を日本として使用していると言われる。ジパング自体、当時の元で日本のことをそのような発音で呼んでいたことを表しており、何重もの間接だが、Japanも日本(当時の中国語)が語源であるといえる。

日本側では、現在のところ公式にJAPANを日本の英名であるとしているが、「ニッポン(NIPPON)」を世界的な公式名称にしようとする動きもある。しかしながら、すでに日本国民にもJAPANは広く受け入れられており、この動きが大きくなる気配は、現在のところ無いといえる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Japan

ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
「ジパング」から来ているのですね。

お礼日時:2006/04/01 01:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の名前の由来

日本という名前はいつ、どのようにつけられたのか教えてください。

Aベストアンサー

もともと、日本には名前がありませんでした。弥生時代の日本列島には
いくつかの勢力が存在しており、中国はこれらの勢力をひっくるめて倭と
呼んでいました。日本の勢力もこれに対応し、自分たちの国を倭と呼んでいました。

7世紀初頭の遣隋使において、「日出ずる処の天子が書を日没する処の天子に致す」
という書き出しで始まる親書を送っています。「日出ずる処の天子」とは
単純に「東」を意味するものとするのが一般的ですが、倭という呼び名を
嫌がって作った呼び方とも言われています。というのは、倭という漢字には
「従順」「矮小」といった意味が含まれていて、見下された呼び方だからです。
結果として、自分たちを「日出ずる処」、隋を「日没する処」と表現して
しまったために、倭国は「無礼者」と怒られ、その時の使者(小野妹子)は
処罰されそうになったようです。

その後しばらくは倭国と呼ばれ続ける日々が続いていましたが、701年の
大宝律令によって正式に「日本」という国名を名乗る事になりました。
ここで何故「日本」と名乗ったか、という問題が起こるのですが、残念ながら
それを明らかにする文献は存在しないようです。日本の歴史書として有名な
日本書紀も8世紀に成立しており、既に国名が日本に変わった後なので、
そのあたりの記述が存在しません。ただ、「日出ずる処の天子」が
「日本」に変わったのだろう、という見方は一致しているようです。

もともと、日本には名前がありませんでした。弥生時代の日本列島には
いくつかの勢力が存在しており、中国はこれらの勢力をひっくるめて倭と
呼んでいました。日本の勢力もこれに対応し、自分たちの国を倭と呼んでいました。

7世紀初頭の遣隋使において、「日出ずる処の天子が書を日没する処の天子に致す」
という書き出しで始まる親書を送っています。「日出ずる処の天子」とは
単純に「東」を意味するものとするのが一般的ですが、倭という呼び名を
嫌がって作った呼び方とも言われています。というの...続きを読む

Q日本国がなぜジャパン

ニホンまたはニッポンが、なぜジャパンと呼ばれるんでしょうか?またジャパンとは何語にあたるんでしょうか?
同様に大韓民国(韓国)コリアも解りません。中華民国(台湾)に至ってはタイワンだったりチャイニーズタイペイだったりして、しかも中華民国の人は台湾という呼び方自体あまり好ましく思っていないそうですが・・・・。
中華人民共和国がCHINAというのはローマ字読みすればチナなんでシナ(支那)が語源のような気がしますが、支那という呼称は差別用語扱いですよね?ってことはCHINAの語源も支那に由来している訳では無いようにも思えます。もしかしたら過去の戦争から「日本にだけはシナと呼ばせない」といったような感情的理由でもあるんでしょうか?
話が若干それましたが、国名の語源が知りたくて投稿しました。(ラーメンを支那そばと呼んでたりするいる以上、支那は差別用語ではないと勝手に解釈していますが問題があったら削除してください)

Aベストアンサー

【日本】15世紀の日本でポルトガルの宣教師がこしらえた辞書には、“ニフォン”“ニッポン”“ジッポン”の3種類が記載されていました。「日」が漢音で“ジツ”、呉音で“ニチ”であること、マルコ・ポーロの時代(13世紀)の日本では、漢音が「正式な読み方」だったことから、「日本国」が“ジパング”のように聞き取れたのは妥当だったと推察できます(“ジッポンゴク”に近かったのでしょう)。“ジャパン”が何語かという問いには、遡れば中国語とも日本語とも言えるでしょうね。

【韓国/北朝鮮】“コリア”が高麗(コリョ)から来ていることに異論はないようです。

【台湾】中華民国(台湾)では、「台湾」という呼称を正式名称としようとする動きが大きいようですね。パスポートの記載で最近話題になっています。反対論も盛り上がってます。中華民國(ジョンファ・ミングオ)が正式名称ですが、国際社会では、中華人民共和国を「全中国を代表する主権国家」であると認めたので、チャイニーズ・タイペイ(中華台北)やタイワン(台湾)とするのが一般的です。

【中国】“シナ”の音は、「秦」がインドを経由して逆輸入されたもののようです。中国共産党は、“シナ”という読み自体は蔑称ではないと言っていますが、「支那」という漢字表記には「支」に末端とか端っこという意味があるという理由で認めていません。“チャイナ”はご推察の通り“シナ”と同じです。

【日本】15世紀の日本でポルトガルの宣教師がこしらえた辞書には、“ニフォン”“ニッポン”“ジッポン”の3種類が記載されていました。「日」が漢音で“ジツ”、呉音で“ニチ”であること、マルコ・ポーロの時代(13世紀)の日本では、漢音が「正式な読み方」だったことから、「日本国」が“ジパング”のように聞き取れたのは妥当だったと推察できます(“ジッポンゴク”に近かったのでしょう)。“ジャパン”が何語かという問いには、遡れば中国語とも日本語とも言えるでしょうね。

【韓国/北朝鮮】“コリア”が高麗(コ...続きを読む

Qなぜ日本は外国に「JAPAN」と呼ばせているのか

なぜ日本は世界の公式な場に出ていってまで自らの国名を「JAPAN」というのでしょうか。
そもそも「JAPAN」とは外国が勝手に付けた呼び名のはず。
昔、マルコ・ポーロが「Zipangu(ジパング)」と言ったことに由来するらしいですが。

知らない人に勝手に変なあだ名を付けられ、
そのまま公式の場でその変なあだ名を自分の名前として自己紹介する人がどこにいるでしょう?
「いいえ、私には○○という名前があります」というのが当然ではないでしょうか?

日本人だって、外国の国名を勝手な日本語で呼んでいるところはいくつもあります。
しかしそれは日本の中だけでのことであって、その国に行ってまでその呼び名で呼ぶことはありません。
ましてや、その国が日本が勝手に呼んだその国名を公式の場で名乗りはじめることもないでしょう。

記憶に新しいところでは、北京という都市名。
世界に向けて英語表記はBeijingとしてくださいと発信しました。

なぜ日本は世界に「JAPAN」と名乗るのでしょうか?
なぜ日本は世界に「NIHON」だと主張しないのでしょうか?
もちろん英語なまりの「NIPPON」でもありません。

なぜ日本は世界の公式な場に出ていってまで自らの国名を「JAPAN」というのでしょうか。
そもそも「JAPAN」とは外国が勝手に付けた呼び名のはず。
昔、マルコ・ポーロが「Zipangu(ジパング)」と言ったことに由来するらしいですが。

知らない人に勝手に変なあだ名を付けられ、
そのまま公式の場でその変なあだ名を自分の名前として自己紹介する人がどこにいるでしょう?
「いいえ、私には○○という名前があります」というのが当然ではないでしょうか?

日本人だって、外国の国名を勝手な日本語で呼んでい...続きを読む

Aベストアンサー

なんか非難轟々のようですが、じつは私も以前より同じ疑問を抱いておりました。

「ニッポン」とはあくまでも”固有名詞”であるはずなのに、なぜ国際的な場において「ジャパン」と呼ばれ、それを当の日本人がなんともおもわないのか、不思議におもっておりました。

「机」は普通名詞なので「desk」と言い換えてもなんら問題ありません。
ですが、国際的な場において、いくら英語で話すからといっても、固有名詞である「田中」はやはり「TANAKA」です。
「日本太郎」という名前であれば「TARO NIPPON」で「TARO JAPAN」にはならないでしょう。
「NIPPON」を「JAPAN」とわざわざ言い換える必要など無いのです。


固有名詞である国名はその国が決めるべきものであり、他国に「ジャパン」と呼ばれているから「それでいいや」とか、発音がしにくいとかの問題ではないとおもうのですが。

国内的に他国をどう呼ぼうが、失礼にならない限り自由ですが、国際的な場においては、呼ばれる側の国の正式なる固有名詞、または略称を使うのが礼儀でしょう。
日本でオリンピックをするとして、表彰式でアメリカを「BEIKOKU」(米国)とは呼ばないはずです。
国連においても、固有名詞なのになぜ英語表記というものがあるのか理解に苦しみます。(大韓民国:デイハンミングクにしてもKoreaと呼ばれてなぜクレームをつけないのか、コリアの語源の高麗と今の大韓民国は別の国なのに)

まあお隣の国のことは置いといて、
なぜこんなことになってしまったのか。

私はとても単純なことだとおもいます。
「国際的な場において英語が使われる。ならば「NIPPON」という国名も英語調に変換されるんだな~」
と、それほど深い考えも興味も無く、ぼんやりと無意識的に勘違いしてしまっている日本人が多いからなのではないでしょうか。
あと白人や欧米文化に対して持たなくても良い劣等感を持っている、国家意識、国民意識の欠如、祖国の呼ばれ方などどうでもよいとする輩の存在、などが拍車をかけているようにおもえます。

名前とはとても大事なものです。個人でも名前を間違えられると気分を害します。
中共は大嫌いですが、この件に関しては見習うべきところがあるとおもいます。

もめている「NIHON」か「NIPPON」かというのは、今回の質問の趣旨からそれていますね。

なんか非難轟々のようですが、じつは私も以前より同じ疑問を抱いておりました。

「ニッポン」とはあくまでも”固有名詞”であるはずなのに、なぜ国際的な場において「ジャパン」と呼ばれ、それを当の日本人がなんともおもわないのか、不思議におもっておりました。

「机」は普通名詞なので「desk」と言い換えてもなんら問題ありません。
ですが、国際的な場において、いくら英語で話すからといっても、固有名詞である「田中」はやはり「TANAKA」です。
「日本太郎」という名前であれば「TARO N...続きを読む

Qなぜ英語で日本はJAPANなのか?

最近不思議と思って、誰に聞いても分からないのでここで聞かせてください。質問はタイトル通りなのですが、なぜ英語では日本をJAPANと呼ぶのでしょうか?それとは逆なんですが、なぜ日本語ではイギリスと呼ぶのでしょうか?

国の名前って翻訳されて?それとも意味合いから各国の言語に変えているのかな?っと疑問になりました。どなたか知っていましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語で日本がJAPAN
→ マルコ・ポーロの東方見聞録を思い出してください。
 あれでは「ジパング」となってますよね。
 これは元々当時の中国が日本のことをそれに近い発音で呼んでいたからだそうです。
 それがヨーロッパに伝わる際に変化して最終的にJAPANになったのではないか、といわれています。

日本で英国がイギリス
→オランダ語あるいはポルトガル語でイングランドのことを示す言葉がイギリスに近かい発音だったから、と言われています。

Q日本語って外国人にはどんな風に聞こえるのでしょう

前から外国人に聞いてみたいと思っていたこと。
日本語って、訳を知らないで音だけ聞いた時、どんな感じに聞こえますか?
面白いところ、特徴、うそんこ日本語モノマネのコツなど、楽しい話題があれば知りたいなと思います。
外国人の方が日本語の勉強をしていておかしかった話(これって教科書どおりじゃないだろう!という話とか)とか、興味があります。
そういう雑学?サイトももしあればお願いします。

例えば、日本人の私にとって、
韓国語はチャチュチェチョがあるため、ちょっと舌足らずで、特に女性が言うと、かわいい感じがします。
ヒンディー語?(インド)は、妖艶な感じ。
イタリア語はアーというはっきりのばす母音があり、最後も母音で終わるので、あっけらかんと言い切っている感じ。
英語は子音で終わったり子音が続いたりrで終わったりしてちょっと気取った感じ。
中国語はゆっくりだと音楽のようで心地よいですが、早口だと真面目な話も歌ってるように聞こえてしまうので、笑ってしまう。
フランス語はもったいぶった感じ。

Aベストアンサー

私も興味があって、尋ねたことがあります。

相手の人の母国語は、英語。

彼曰く、「日本語は、静かに水が流れる感じ」だそうです。
抑揚があまり無い、ということでしょうか。

きれいな響きだと思う言葉は「さようなら」
美しい響きの人名は「たみお」
とのことでした。

ただ、知り合いの中国人に、この話をしたら、
「私はそうは思わない」と、言われてしまいましたが・・・。
その人の日本語への印象は、
「区切りがどこか、わかりづらい。母音が多くて、発音しづらい」だそうです。

Q日本の国際呼称にJapanはおかしい

こんにちは。
日本の公式の英語表記、Japan(ジャパン)の由来は、外国で呼ばれていた日本の呼び名だそうですが、
​http://oshiete1.goo.ne.jp/qa88692.html​
その海外での発音ジャパンという言葉を日本の国際的な正式呼称として使うのはおかしいと思うのです。
「にほん」「にっぽん」Nihon Nippon が正しい呼称だと思うのですがいかがですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

以前、同じような質問がありましたので参考までに。
私も回答しております。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4495747.html

「ニッポン」とは普通名詞ではなく固有名詞なので、「ジャパン」と変換する必要は本来どこにもありません。

個人間や自国内で他国をどう呼ぼうが勝手ですが(イギリス、英国等)、たとえばオリンピックのような国際的な場において、仮に日本で開催するからといって、表彰式で「IGIRISU」なんて呼称は用いません。

固有名詞である国名を、なぜ国際的な場において英語表記されなければいけないのか、理解に苦しみます。

いろいろと難癖付けるのが得意な大韓民国(デイハンミングク)も、なぜ「コリア」と呼ばれてクレーム付けないのか不思議です・・不思議膏です。
高麗と現在の韓国は全く別の国家なのに。


と、いうようなことで、質問者さんの意見は全く正しいとおもいますよ。

Q日本て「じっぽん」という読み方があるのですか? だから英語で日本はJapanなんですか?

日本て「じっぽん」という読み方があるのですか?
だから英語で日本はJapanなんですか?

Aベストアンサー

>日本て「じっぽん」という読み方があるのですか?
ないです。

>だから英語で日本はJapanなんですか?
マルコ・ポーロが東方見聞録で、日本を「ジパング」と紹介したところからきているのでは。

QJAPANとNIPPONの使い分けについて

サッカーワールドカップで日本中が盛り上がりましたが
JAPANとNIPPONの違いってなんでしょう?
外国人の方がNIPPONといっているのはあまり聞いたことがないような・・・

あと、JAPANっていう単語は誰がどういう意味合いでつけたんでしょう?

Aベストアンサー

日本語で発音すると「NIPPON」です。しかし外国人が勝手に「JAPAN」と名称をつけてしまい、海外ではその名前が主流になってしまったわけです。

韓国だって同じことです。
本来は「大韓民国(発音は忘れた)」ですが、KOREAという英語名がついてます。
ちなみにKOREA=高麗です。高麗を韓国語で「コリョ」と発音します。

ちなみに「ドイツ」はドイツ語発音なんですよ。
ドイツ人は自国のことを「ドイチュランド」と呼びます。しかし英語だと「ジャーマニー」ですよね。

JAPANの由来ですが、マルコポーロが東方見聞禄の中で「Zipangu(ジパング)」という名前で日本を紹介しています。このZipanguがJAPANの由来です。
ではZipangとは…
実は中国語では日本のことを「ジーベン」と発音します。マルコポーロは中国に滞在してる時にこの言葉を聞き、日本を「Zipangu」という名前で紹介したのでしょう。

中国=China(チャイナ)ですが、この由来は秦(シン)王朝時代の名前です。
フランス語では「Chine」と書いて「シン」と発音します。ここからChinaが生まれたようです。

参考URL:http://wedder.net/kotoba/japan.html

日本語で発音すると「NIPPON」です。しかし外国人が勝手に「JAPAN」と名称をつけてしまい、海外ではその名前が主流になってしまったわけです。

韓国だって同じことです。
本来は「大韓民国(発音は忘れた)」ですが、KOREAという英語名がついてます。
ちなみにKOREA=高麗です。高麗を韓国語で「コリョ」と発音します。

ちなみに「ドイツ」はドイツ語発音なんですよ。
ドイツ人は自国のことを「ドイチュランド」と呼びます。しかし英語だと「ジャーマニー」ですよね。

JAPANの由来ですが、マルコポー...続きを読む

Q人間にも劣等種は存在すると言ってはいけないですか?劣っていて醜い人間は

人間にも劣等種は存在すると言ってはいけないですか?劣っていて醜い人間は存在しませんか?



21歳男性です。この質問を書かせていただく前に謝っておきます。この質問で気分を害される方が必ずいらっしゃると思います。なので、読んでくださる方は私のような馬鹿げた質問をする若者に対してどうか広い心でご容赦ください。また、運営の方によりこの質問は削除されてしまうかもしれません。そのような場合に運営の方にご迷惑をかけてしまった場合申し訳ありません。


大学で人種差別について議論をする講義がありました。私を含めた生徒が間違った意見を言ったときの先生の反応と、私の隣に座っている障害を持っている人が間違った意見を言った場合でも、明らかに先生の対応が違います。たしかにその障害を持っている人は障害により体の数箇所が奇形であり、それにより人生の大半をいじめられ続け、随分心が荒んでいるように見受けられます。


たしかに私はその人が醜いと思います。容姿も、心も。だから意識をしていなくても冷たく接してしまっている自分にも気付きます。人種差別について議論するという偽善者の集まった大学の講義という教育の場でも無意識に差別は行われていました。しかしこれはしょうがないことだと思いませんか?


もちろん、黒人が容姿によって奴隷にされたり、ユダヤ人がナチスに迫害されたり、絶対に賛成できません。同じ人間としても神経を疑います。そんなことをしていい人はいませんし、悔いるべきだと思います。



私が話しているのはちょっとした日常の中にある差別です。最近ではことあるごとに偏見だ、差別だという言葉が浴びさせられます。誰の心にもあるものなのに、一線を踏み外すと社会的な倫理や世間体を気にして攻撃しますよね。メディアの前でみな神経をすり減らしています。



私は同じ人間なのに、どうしてこうも美しい人間と醜い人間がいるのだろうと思ってしまうことが度々あります。みなさんも感じませんか?容姿が美しく、見とれてしまう人。逆に視界に入るだけでも嫌悪感を感じる人。これは差別じゃないですか?


また、例えば障害者の方が使ったスプーンと健常者が使ったスプーン。AIDS患者が使ったスプーンと健康なものが使ったスプーン(エイズはそんなことじゃ感染しません)それぞれ精神的に違いは生まれませんか?みなさんはどちらを選びますか?



それなのに、平等がどうとか偏見をなくせだとか言う人は、偽善者としか思えません。



結論として私の隣に座っていた人を劣等種とみなしていいですか?オンリーワンがどうのこうのということにより、その人にしか持っていないものがあるかもしれません。しかし容姿も心も考え方も、生きようとする姿勢も、私が見る限りでは魅力を感じません。感情の起伏が激しく私たち集団に理不尽な理由で大きな迷惑をかけることすらあります。何かずば抜けた魅力や才能があるにしても(おそらくないでしょうが)トータルで見ると劣等種ではないんですか?そういう遺伝子は自然の摂理に従い淘汰されませんか?(決め付けるのはよくないですが)


バイト中にとても醜い夫婦が、どう考えても彼らが悪いのに客と従業員という立場でくだらない論理を延々と聞かされ、容姿だけでなく内面まで腐っているのかと思うと、吐き気すらします。申し訳ございません、申し訳ございませんと情けない顔で、相手が納得するまで謝っている中、ちらりと視界に入ったベビーカーに対し、心の中では、こんな醜い遺伝子を受け継いだ子どもはさぞ不幸だとか、ただでさえ生きづらい世の中なのにこの2人に教育を受けてこの2人の遺伝子を引き継いでこの世で人生を歩んでいくなど酷だな、と寒気がします。

人間に平等なんてありえない!無意識のうちに遺伝子レベルでそれ相応の扱いを受け、あなたたち自身与えているのでは?

なお、このような質問をしてしまう私の方が腐っているのでは?という回答も多いに受け付けます。私はたいした人間ではございません。楽しいことには笑い、悲しいこと、辛いことで涙し、人並みに恋愛もしてきました。みんなの前ではこんな考えが言えず、匿名ということを利用し質問させていただきました。実際のところみなさまの本音が聞きたいです。ご回答よろしくお願いします。

人間にも劣等種は存在すると言ってはいけないですか?劣っていて醜い人間は存在しませんか?



21歳男性です。この質問を書かせていただく前に謝っておきます。この質問で気分を害される方が必ずいらっしゃると思います。なので、読んでくださる方は私のような馬鹿げた質問をする若者に対してどうか広い心でご容赦ください。また、運営の方によりこの質問は削除されてしまうかもしれません。そのような場合に運営の方にご迷惑をかけてしまった場合申し訳ありません。


大学で人種差別について議論をする講義が...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず言えることは、

遺伝子はニッチ産業です。
生物学的立場から言えば良い遺伝子、悪い遺伝子なんてものは基本的には存在しません。
生物はより多様な可能性を残すことで、種としての多様な可能性を残そうとします。
例えば鎌状赤血球発症がある人は度々貧血発作に襲われますが、マラリアに罹患しません。
そんなのは特殊な例で、遺伝病の人を前にそんなきれいごといえないとお思いかもしれません。ですが、遺伝的な病気というのは、遺伝子そのものの影響もあれど、巡り合わせも重要なファクターなのです。昔の人は純粋な王の遺伝子だけを残そうと近親交配を重ねましたが、結果として遺伝病に苦しむことになりました。それは別に特殊な例ではなく、小さな村の閉鎖的な社会では遺伝病は珍しくなかったようです。
また遺伝子そのものが原因の遺伝病なんて言ったって、その人の遺伝子のほんの数文字が悪さをしているだけで、その人は全く別の優秀な遺伝子を持っているなんてことだって全く珍しいことではないのです。

ようは、
遺伝子のせいではないでしょう。
性格は遺伝子と環境、双方が相互作用しあって生まれてくるものです。
あなたはその人を嫌いなことに、正当な理由づけをしたいだけだと思います。

とりあえず言えることは、

遺伝子はニッチ産業です。
生物学的立場から言えば良い遺伝子、悪い遺伝子なんてものは基本的には存在しません。
生物はより多様な可能性を残すことで、種としての多様な可能性を残そうとします。
例えば鎌状赤血球発症がある人は度々貧血発作に襲われますが、マラリアに罹患しません。
そんなのは特殊な例で、遺伝病の人を前にそんなきれいごといえないとお思いかもしれません。ですが、遺伝的な病気というのは、遺伝子そのものの影響もあれど、巡り合わせも重要なファクターなのです...続きを読む

Q日本の植民地だった国の一覧

日本の植民地だった国の一覧を知りたいのですが
そういうのが載ってるサイトはありますか?

Aベストアンサー

大東亜共栄圏が一番近いかもしれませんね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Portal:%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E5%85%B1%E6%A0%84%E5%9C%8F


人気Q&Aランキング