私は夏に向けて、シェイプアップしようと一週間程前から、日中に腹筋やヒップアップの体操、バランスボールを使った体操、それと簡単なリンパマッサージを夜、風呂上がりにしてから寝るといった生活をしているのですが、リンパマッサージが、折角つけようとしている筋肉に対して、ほぐす、というのは逆効果なのではないか…という疑問を持ちはじめました。ジムには通わず、あくまで自宅での知識のないトレーニングなので、効果的な方法や時間帯、逆に効果のないものがわかりません。むくみや贅肉をとってスラリとした体型に近付きたいです。間違いがあれば教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

40代。

男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●リンパマッサージというと、体の遠い方から体の中心に向けて、滞った体液を循環させてやるマッサージと認識しています。
このマッサージにより、足のむくみなどが改善されると聞きます。

●スポーツのマッサージは、「筋肉に溜まった疲労物質を少なくするためのマッサージ」、「筋反射、筋肉への刺激による生理反応マッサージ」、「つぼを刺激するマッサージ」と3つに分かれています。
御質問者様のマッサージは「筋肉に溜まった疲労物質を少なくするためのマッサージ」に該当しますのでトレーニング後にマッサージを行っても問題はないと思われます。
むしろ良い結果を生むのではないかと思います。

●「筋肉に溜まった疲労物質を少なくするためのマッサージ」の弊害としては、マッサージで疲労回復をさせるため、本来の自己疲労回復能力が妨げられるという事があります。
これはアスリートレベルの話しになりますので、普通の人は当てはまりません。

●筋肉のパンプアップ(トレーニング後に筋肉がはる事)とマッサージの関係ですが、筋肉を痛めない程度でしたらマッサージをしても問題はありません。

パンプアップは疲労物質である乳酸が、体のphバランスを酸性に傾けるため、浸透圧により水分が集まる現象です。
一過性の生理現象で1時間もすれば収まります。
完全にパンプが抜けるまでは3日くらいはかかります。
この状態を、「硬い筋肉になった」というのは間違いです。
ほっとけば、やがてパンプが抜け、柔らかい筋肉になります。
間違ってもこの状態で、筋肉が柔らかくなるまでマッサージしてはいけません。
筋線維を痛める事になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

専門的な知識をありがとうございます。やりはじめたばかりで、これで本当にいいのか不安があったのですが、EXTさんの御回答を読み安心致しました。筋トレに夢中になってきております。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/04/14 01:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋トレとマッサージ どちらが先??

こんにちわ☆

体を引き締めたくて、筋トレを腹筋や腕立て等、8種類を各20回程
セルライト&むくみ防止のために、家庭用エンダモロジー器でマッサージをしています。

これは、どの順番で行うのが体を引き締めるために一番効果的なのでしょうか?それとも変わらないのでしょうか?
アドバイスをお願いします(*^^*)

Aベストアンサー

私は、体力維持やトレーニングの為に筋トレをしています。
 普段運動や身体を動かしているのであれば、筋トレ→マッサージでいいと思います。
 普段運動していないのであれば、ストレッチをして使う筋肉を伸ばしてから筋トレ→マッサージで良いと思います。
 私は、普段から運動をしていますが、朝起きてから身体を起こす前に布団の上でストレッチをして目を冷ましています!!  筋トレをするときは、お風呂前が多いです。筋トレでも汗をかくので....筋トレが終わったらお風呂に入りながら使った筋肉を伸ばし、上がってから、かる~くストレッチ・マッサージをしています。 

Q筋トレの後にマッサージしたら筋肉つかない?

筋トレの後にマッサージしたら筋肉がつかないって本当ですか? ネットでそんな情報をチラッと見たんですが…(といっても2chですが)。
自分も腕や足はよくマッサージしてたんですが、胸はこちょばいのでしてませんでした。それで腕や足はそんなに太くないんですが、胸の筋肉だけは一丁前にあります。いや、気のせいかもしれない…。
でもマッサージはすべきでしょう?
しないと肩とか凝っちゃいますよね?
本当のところはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

>筋トレの後にマッサージしたら筋肉がつかないって本当ですか? ネットでそんな情報をチラッと見たんですが…(といっても2chですが)。

 完璧に釣られてます(笑)。
マッサージなどを行うことで、血行を良くすることは、筋トレ後の乳酸除去にはかなり有効です。

>自分も腕や足はよくマッサージしてたんですが、胸はこちょばいのでしてませんでした。

 できる範囲で、胸もやった方が良いですよ。

 ご参考までに。

Q筋肉で体重が重くなった後、また減るのですか?

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1435283

↑あと3キロ体重を落としたいということで質問したのですが、また疑問がわいてきたので質問します。

食事は今のままで、筋トレやヨガをして代謝を良くして痩せるという方法を考えていますが、筋肉がつくと体は重くなってしまうとのこと。その後、体重は少しずつ減っていくのでしょうか。

減量をしたい理由は、体力がないのと腰痛があるので、自分の体が重いと感じるためです(階段を昇っているときなど)もっと身軽になりたいと思います。

夜寝る前にやっている筋トレのおかげで、かなり体力はついてきているのですが、てっとり早くもう少し体重が減れば楽になると思うのです。

体脂肪より体重を減らしたい場合は、筋トレよりも有酸素運動の方が良いでしょうか。

支離滅裂な文章で申し訳ありません。どなたがアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

筋トレを始めて4~5週間目ごろに神経が発達し、パワーが飛躍的に向上します。その際は筋肥大・筋肉の増加はほとんどありません。しかし効率的な筋肉に変わりますので基礎代謝も微増します。筋トレを始めて6~8週間目ぐらいから筋肥大と筋肉の増加が始まります。大きな筋肉へと発達しますので基礎代謝も増えます。この頃から今までの(体重が維持されている)食事をしていても、自然と減ってくるようです。

筋肉を1キロ増やすのにはハードトレーニングと効率的な栄養補給を行っても男性で3ヶ月ぐらいかかります。ですので筋トレを始めて一時的に体重が増えるのは、体が水分を蓄えたり、運動により栄養吸収がよくなったりするためです。

ちなみに脂肪が1キロ燃えるのには約7000kcalのエネルギー消費が必要です。しかも運動をしても、その運動エネルギーが全て脂肪を燃やしてくれるわけではありません。一般的な有酸素運動でも多くて半分から1/3程度だと思います。一生懸命運動しても脂肪を1キロ退治するのに1ヶ月はかかります。

>てっとり早くもう少し体重が減れば楽になると思うのです。
ほとんどの方は時間をかけてじっくりとダイエットをされていますので、あせらずゆっくりダイエットしましょう。特に怪我をされているようですので決して無理をしないでください。倦怠感がある時などは完全に休養することをお勧めします。1週間ぐらい休んでもどうってことはないですから。

なお、有酸素だけで痩せると基本的に基礎代謝も減りますので、筋トレをメニューに加えているのは正解だと思います。
*知り合いに基礎代謝が1500kcalもあった人が有酸素で減量に成功したのですが、基礎代謝が1200kcalに落ちました。そこから筋トレを始めたのですが、基礎代謝がさがってるため、筋トレをしても少しの栄養しか取れなくなり(栄養を取りすぎると太るため)、効率的なトレーニングができず基礎代謝を戻すのに数年かかりました。

筋トレを始めて4~5週間目ごろに神経が発達し、パワーが飛躍的に向上します。その際は筋肥大・筋肉の増加はほとんどありません。しかし効率的な筋肉に変わりますので基礎代謝も微増します。筋トレを始めて6~8週間目ぐらいから筋肥大と筋肉の増加が始まります。大きな筋肉へと発達しますので基礎代謝も増えます。この頃から今までの(体重が維持されている)食事をしていても、自然と減ってくるようです。

筋肉を1キロ増やすのにはハードトレーニングと効率的な栄養補給を行っても男性で3ヶ月ぐらいかか...続きを読む

Q筋肉痛時のプロテイン使用について

プロテインの飲み方について教えてください。普段、週2回程度の運動後にプロテインを飲んでいます。運動をしない日には飲んでいません。そこでふと思ったんですが、激しい運動をして3日も4日も筋肉痛が続くような場合、運動はしなくてもプロテインを飲んだほうがいいのでしょうか?(飲んだ方がより筋肉がつくのでしょうか?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、タンパク質の1日の摂取量の目安は、特に運動していないなら体重×1.0g。
週4回程度軽い有酸素運動をしているなら1.2g。
有酸素運動に加えて腕立て伏せなどの筋トレや軽い負荷でのウエイトトレーニングをしているなら1.2~1.5g。
週5回以上の有酸素運動+本格的なウエイトトレーニングをしているなら1.5~2.0gあたりがメドです。
ボディビルダーのように、さらに追い込む人なら2.5gかそれ以上必要とされます。

摂取の基本は運動する日、しない日に関わらず同じ量を摂ること。
また、1回の食事で吸収できる最大量は30~50gとされるので(基本的には低めに見るほうがいい)、一度に摂らないことです。

必要以上にタンパク質を摂取しても、脂肪に変わってしまったり、分解のときにアンモニアが作られる関係で、肝臓や腎臓に負担がかかります。
そして、週2回の運動なら激しく行なったとしても1.2~1.5gの範疇ですから、食事で十分カバーできるはずです。

タンパク質は毎日同じ量を摂ることが必要ですが、それとプロテインを飲まなくてはいけない、ということとはイコールではありません。
それどころか、筋肉痛だからといってプロテインをむやみに飲むのは、体にも財布にも悪影響を与えます。

基本的には、スプーン1~2杯を運動直後~30分以内の吸収のよい時間帯に食事までのつなぎとして摂る、あるいは筋肉痛がある日の就寝2時間くらい前に摂って回復を促すくらいで十分でしょう。

いずれにせよ、回復のための栄養補給の基本はあくまで食事からだということを心がけてください。
それがしっかりできているなら、特別使う必要はありません。

なお食事以外に筋肉痛の素早い回復方法としては、20分程度のごく軽い有酸素運動をする(ただし重い筋肉痛のときは避ける)、熱いお風呂と冷たいシャワーを浴びるのを交互に行なう温冷浴をする、夜の10~2時の間には就寝して十分睡眠時間を確保するなどがあります。

食事が不規則なときなどにプロテインを活用するのはおすすめではありますが、頼りすぎると意外な落とし穴にはまります。なるべく食事をきちんと摂ることを優先してください。

まず、タンパク質の1日の摂取量の目安は、特に運動していないなら体重×1.0g。
週4回程度軽い有酸素運動をしているなら1.2g。
有酸素運動に加えて腕立て伏せなどの筋トレや軽い負荷でのウエイトトレーニングをしているなら1.2~1.5g。
週5回以上の有酸素運動+本格的なウエイトトレーニングをしているなら1.5~2.0gあたりがメドです。
ボディビルダーのように、さらに追い込む人なら2.5gかそれ以上必要とされます。

摂取の基本は運動する日、しない日に関わらず同じ量を摂ること。
また、1回の食事...続きを読む

Qエステ痩身行きました。効果ってこんなものですか?

今年の5月から下半身痩身エステに通っています。
私は俗にいう「下半身デブ」です。

15回コースで20万でした。

約2ヶ月かけて15回終了しましたが、結果は以下です。↓

年齢    24歳。
身長    163cm。
体重    50kg→→→48.3kg(-1.6kg)
体脂肪率  21.2%→→→19.2%(-2.0%)
ウェスト  64.1cm→→→62.1cm(-2.0cm)
ヒップ   88.8cm→→→88.5cm(-0.3cm)
太もも   51.7cm→→→50.2cm(-1.5cm)
ふくらはぎ 34.4cm→→→34.3cm(-0.1cm)
足首    22.2cm→→→21.1cm(-1.1cm)

エステに通いながら、毎日こんな事もしていました。
・ウォーキング(毎日30分~40分)
・腹筋、背筋(50回ずつ)
・夕食を19時前に取る
・入浴中に足の脂肪をほぐすマッサージ

下半身のみの痩身プログラムだったのに関わらず、上半身の方が痩せてしまいました・・・。
体重や体脂肪が落ちたのは、毎日のウォーキングと食事時間を制限したためだと思います・・・。

だけど、エステシャンは「こんなに効果がでるなんて!通ってて良かったね♪体重も体脂肪も順調に落ちてる☆」と満面の笑みで話しかけてきます・・・。

ふくらはぎが-0.1cmって聞いてショックでした。

効果ってこんなもんなんですかね(;;)?

周りの誰からも「足、痩せた?」とは言われません。

むしろ「顔周りが痩せた?」と言われる始末。

20万って私にとって大金だったのに。。。効果にいまいち納得が言っていません。

さらにコースが終るときに「まだまだセルライト落とせるよ!もっと痩せますよ!」と散々言われ、新しいコース計画表を提示されました。
自宅で出来るエステセット「全身用の超音波+EMS+イオンマット」で42万円です・・・。

自宅でも頑張れば絶対痩せると言われました・・・。

信用してよいのか?

なにはともあれ、エステ体験者の皆さん!
20万でこの効果って普通なんですか?

今年の5月から下半身痩身エステに通っています。
私は俗にいう「下半身デブ」です。

15回コースで20万でした。

約2ヶ月かけて15回終了しましたが、結果は以下です。↓

年齢    24歳。
身長    163cm。
体重    50kg→→→48.3kg(-1.6kg)
体脂肪率  21.2%→→→19.2%(-2.0%)
ウェスト  64.1cm→→→62.1cm(-2.0cm)
ヒップ   88.8cm→→→88.5cm(-0.3cm)
太もも   51.7cm→→→50.2cm(-1.5cm)
ふくらはぎ 34.4cm→→→34.3cm(-0.1cm)
足首    22.2cm→→→21.1cm(-1.1cm...続きを読む

Aベストアンサー

あくまでも個人的な意見として聞いてください。
色々なエステを「体験」し実際数か所通ったこともあります。

サロンによって色々な方法があると思いますが、その人との相性が絶対あります。
一概に効果が無いということではありませんが、参考までにお読みいただければと思います。

エステに通うということは、エステの力を借りて努力するということなのだと思っています。(通って得た私なりの感想です)
食事制限や軽い運動のすすめ、早い時間に食事を済ませるなどの食事指導、血流を良くするように心がけるetc…。言われませんでしたか?その方が効果が出ますよって。
で、それをやったことを確認してくれる・褒めてくれる・評価してくれる・疲れをいやすようにマッサージをしてくれる…のがエステの役割なのだと思います。
エステの施術を受けるからと言うよりも上記の役割によって痩せるのではないかと思います。

だから結局 自宅セット…自宅…。やるのはあ・な・た★
ちょっとした手助けと励ますのがエステ。(それで稼いでるのがエステ)

頑張れば痩せますよ!自宅で!エステじゃなくても。(励ましてもらえませんが)
ここで疑問を書かれるということは信用が薄くなっているのだと思います。それがストレスになればダイエットの天敵です。
すでに2か月頑張ってこられたのなら自宅で出来ることを引き続き実践し、ストレス解消&リンパマッサージを兼ねて時折エステじゃなくてもフットマッサージに行けば同じような効果は得られると思います。

追加で40万払ってもやせたいと思うなら美容整形外科の脂肪溶解注射の方がよっぽど効果があると思いますよ。

>自宅でも頑張れば絶対痩せると言われました・・・。
しつこいようですが誰でも(下半身に限定はできませんが)自宅で頑張れば痩せられます!と思いませんか?

2か月頑張った分、やせやすい体質になっていると思いますのでご自身の生活のペースを崩さずつづければエステと同等の結果が出るはずです。

ちなみに体験談ですが、肩こりなどがあるから筋肉を柔らかくする方が先ですね~~。であっという間に20万円分終了。痩せる以前にという定義に行きつく前に終わりました。
耳つぼのハリもしましたがプロテインを購入すること運動すること(自宅で)が前提。でも肩こり腰など和らげるのが先ですね~~。で耳に打つより腰やらに打たれて1キロもやせずに10万終了…。その他もろもろ。

なのでエステの効果って普通かと言われれば普通なのではないかと(嫌味こもってますが)思います。

あくまでも個人的な意見として聞いてください。
色々なエステを「体験」し実際数か所通ったこともあります。

サロンによって色々な方法があると思いますが、その人との相性が絶対あります。
一概に効果が無いということではありませんが、参考までにお読みいただければと思います。

エステに通うということは、エステの力を借りて努力するということなのだと思っています。(通って得た私なりの感想です)
食事制限や軽い運動のすすめ、早い時間に食事を済ませるなどの食事指導、血流を良くするように心...続きを読む

Q筋トレだけしてると体脂肪は減らないのですか?

筋トレだけやっていると体脂肪は減っていかないものでしょうか?
それとも、初めのうちは筋肉量が増え、イコール体重増、その後徐々に体脂肪が落ち始める
というのは本当ですか?もし後者が正しいのならいった筋トレを開始してからどれくらいの月日が
経過すれば、体脂肪が落ち始めますか?

Aベストアンサー

こんにちは

『筋トレ』とのことですが、ウェイトトレーニング(無酸素運動)のことでしょうか?

ウェイトトレーニングを行うということで、回答させていただきます。
また、ご質問文よりダイエット目的と考えさせていただき、摂取カロリーにも制限をかけたとさせていただきます。
また、トレーニング内容でも差がでてきますので、目安としてお考えください。(参考)

●トレ1ヶ月
『筋肉↑(→)?脂肪→体重↑(→)?』
※ このあたりはグレーゾーンですね。
トレーニングの方法や摂取カロリーなど試行錯誤されてらっしゃるでしょうから…。

● トレ3ヶ月
筋肉↑脂肪↓体重→
…と思います。
※ウェイトトレーニングをしながら、摂取カロリー制限しているが、エネルギーとなる脂肪が余分にありますので、筋肉↑脂肪↓のため、体重→ですが、見た目は変わってきていると思います。

● トレ6ヶ月
筋肉→脂肪↓体重↓
…かと思います。
※ウェイトトレーニングをしているが、摂取カロリー制限により筋肉→(ひどく制限すると↓ですね)ですが、カラダはエネルギーを必要としているため脂肪↓…よって、体重↓
…と思います。

※ただし、ウェイトトレーニングは全身してください。
→お腹のまわりが気になるから腹筋だけ…効果ありません。
→大きな筋肉を使ってください。胸、背中、脚など…。
※最初は、胸トレでも腕や腹筋も大きく動員します。背中でも腕や腹筋、脚(種目によっては…)も動員されます。脚トレでも背中や腹筋が動員されます。…というよりか動員されています。

※女性ならば、ハンパない(見せる筋肉作り)ウェイトトレーニングをしない限り、ムキムキにはなりませんので…。

●よって、3~6ヶ月ぐらいで効果が現れてくるのではないかと思います。

●継続することで『ボディーメイク』できるかと思います。
→継続することでトレーニングの質や、カロリー摂取がうまくなると思います。

●『継続は力なり』です

参考になればよいのですが…長文すいません。

※有酸素運動否定派ではありません。時には気分転換に小生もいたしますので…。(1回/2週ぐらいでしょうか…)
あくまでも、カラダの気分転換レベルですが…。

こんにちは

『筋トレ』とのことですが、ウェイトトレーニング(無酸素運動)のことでしょうか?

ウェイトトレーニングを行うということで、回答させていただきます。
また、ご質問文よりダイエット目的と考えさせていただき、摂取カロリーにも制限をかけたとさせていただきます。
また、トレーニング内容でも差がでてきますので、目安としてお考えください。(参考)

●トレ1ヶ月
『筋肉↑(→)?脂肪→体重↑(→)?』
※ このあたりはグレーゾーンですね。
トレーニングの方法や摂取カロリーなど試行錯誤され...続きを読む

Q突然、喉がむず痒くなって猛烈に咳が止まらない時

同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。

親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。

日常会話でも立て込むと、すぐ喉をやられるし(ガラガラ⇒痛み出して⇒腫れて⇒咳へ)、
一度そうなるととても治りにくくてゼーゼーと咳や痰が続きます。朝なんかも起きると必ず咳。

実は、上のようになると必ず1日数回、
そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも

『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦しいほどの咳が出ます。痒くてチカチカイガイガが猛烈に来た感じで、それが止まるまで顔が真っ赤になるほど咳が止まらず、息を吸う間もないほど激しくなります。涙・鼻たれ、グジャグジャ。』

会議中や、バスの中などでこれに出くわすと、精神的にも参ります。必死で息を少しだけ吸って真っ赤になってガマン。水飲んだりのど飴もダメで、時間がある時は、とにかく治まるまで5-10分咳をし続け、疲れ果てたころやっと治まる。

こんな方いらっしゃらないですか?ただの咳というより、喉が奥から急激に痒くなる感じでやってくるような方。キタキタ・・・・とわかるんです2秒くらいで。

一時的にどうされていますか?意外と早くその場でしずめられる妙案ご存知ないですか?

同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。

親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。

日常会話でも立て込むと、すぐ喉をやられるし(ガラガラ⇒痛み出して⇒腫れて⇒咳へ)、
一度そうなるととても治りにくくてゼーゼーと咳や痰が続きます。朝なんかも起きると必ず咳。

実は、上のようになると必ず1日数回、
そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも

『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦...続きを読む

Aベストアンサー

原因は色々考えれますが、まず咳を静める方法として
●カップなどにお湯をいれて、その湯気を吸う
●病院などで医療用具として扱っている、家庭用の小型の携帯吸入器(薬剤を入れる)で対処。
●大型電気店などで市販している吸入器(水を霧状にして噴出させ、それを吸う)
などなど他にもありますが、外出先で『さりげなく』静めるには目立ちすぎるかもですね。

呼吸器をやられる風邪だったようですが、
胸のあたりからイガイガチカチカし始め、一旦咳が出始めると止まらない
という状態に、私もここ数週間悩まされてました^^;

その時は、とにかく部屋を加湿し
気管支を乾燥させないように、市販の吸入器でひたすら湯気を吸っていました。

ただ気管支が弱い(?)方で、質問者様のように仕事先や出先で咳が止まらなくなる時は
一時的な対処だけでは気管支の炎症を引き起こし長引かせてしまう場合も。

ここはやはり今一度、呼吸器内科などで相談されるのがいいかと。
喘息気味が本格的な喘息になる前に、中長期的な治療も考慮されたほうがいいと思います。

お大事になさってくださいね <(_ _)>

Q軽い筋トレは毎日OKですか?

筋トレは、超回復(1日おきに筋トレをして、壊れた筋肉を回復する。)を用いると聞きましたが、

私の場合、腕立て15回、5kgのダンベルを両腕のそれぞれで15~30回くらい、腹筋30回、スクワット20回くらいのトレーニングをしております。

超回復を用いるのは、かなり重いウェイトトレーニングの場合のみで、私くらいの運動だと、超回復を用いるより、毎日やった方が、より筋肉がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方もお答えしていますが、その程度の運動量では超回復や筋肥大はほぼ見込めません。

例えば、歩くという動作は、ふくらはぎの筋トレと同じとも言えますが、
学校や仕事に通勤する際、毎日同じ距離を歩いたら、筋トレ同様となり、
日を追うごとにどこまでもふくらはぎが太くなるでしょうか?

答えは「なりません」です。

筋肉というのは、筋肉の限界を感じる事で補強されるのですが、
その補強こそが筋肉が付くという事なのです。

自分が出来る範囲の運動では、筋肉の疲れは感じても、限界は感じないので補強はされません。

筋肉を増やす運動というのは、筋肉に限界を与える負荷を掛ける必要が必須となるので、
回数や負荷(重さ)をどんどん増やしていかないと変化は生じません。

質問者の場合ですと、
「腕立て15回、5kgのダンベルを両腕のそれぞれで15~30回くらい、腹筋30回、スクワット20回」
を1セットとして計算し、これを5セット~10セットという具合に
だんだん増やしていけば、徐々に筋肉が付く可能性が高まりますが、
本当の意味で筋肥大(筋肉を増やす)を行いたいのであれば、
根本的に運動方法を改め、少ない回数で限界となる負荷を用いた運動を行う必要があります。

現状の運動量では筋細胞が損傷する事も無い(あっても極めて少ない)と思いますし、
超回復も起こらない運動量だと思った方が良いでしょう。

10回以下で限界となるような運動を数セット行う様に心掛ければ
質問者の求める筋肉の損傷や超回復が期待出来ると思います。

他の方もお答えしていますが、その程度の運動量では超回復や筋肥大はほぼ見込めません。

例えば、歩くという動作は、ふくらはぎの筋トレと同じとも言えますが、
学校や仕事に通勤する際、毎日同じ距離を歩いたら、筋トレ同様となり、
日を追うごとにどこまでもふくらはぎが太くなるでしょうか?

答えは「なりません」です。

筋肉というのは、筋肉の限界を感じる事で補強されるのですが、
その補強こそが筋肉が付くという事なのです。

自分が出来る範囲の運動では、筋肉の疲れは感じても、限界は感じないので補...続きを読む

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Q1日800カロリー以下しか摂ってないのですが・・

こんにちは。
ご相談させてください。

20日ほど前からダイエットを始めました。主に食事制限です。ウォーキングもやるようにしてますがまばらなのでやらない日もあります。

今21歳、164CM、54.3キロです。
一日だいたい700カロリーくらい摂っています。お茶漬けやささみや豆腐やさつまいもやサラダや卵白です。
20日程で4キロ痩せました、


私は論理的には一日に700カロリーしか摂取していないことは少なすぎだと思いますし、こんなのずっとは続かないと思います。
しかし!このカロリー制限で4キロ落としてきたので、この1日のカロリーを保たないと、体が痩せ続けてくれないと思うのです。つまり1000カロリー摂る様になったら体重が戻ってしまうと思います。

これについて、700カロリーってどう思いますか?もっと増やしても、ダイエットになりますでしょうか?
無性に今日お腹が空いてしまい止みません。無性に甘いものが食べたいのです。もうちょっとカロリーを増やしても大丈夫なら何か甘いものが食べたいと思い、ご相談させて頂きました。

Aベストアンサー

まずカロリーが少なすぎます。

カロリーを極端に減らすと短期的には体重を減らせます。
ただしそれはダイエットと言う様な話では無く、体に必要な物まで削っていく行為です。

基本的に極端な食事制限は栄養のバランスを崩し、体調に変化をもたらします。(疲れやすい、頭がぼーっとする等)
そして精神的にも影響がでます。(短気、情緒不安定、強迫観念)


今の状況を見ると、チョットした強迫観念から体がSOSを発している状況と推察できます。

「甘い物が食べたい」は精神的にも肉体的にも、限界に近づいている事を示しているように感じます。
それ以上その様な状態を我慢すれば、今度は「拒食症」や「躁鬱病」になったりする危険が見え隠れしています。


ハッキリ言えば今のカロリー制限は脂肪と同時に筋肉を落としていると思います。
いつか体重が苦労の割に落ちない時が来ると思いますよ。

なので、もう少しカロリーを増やして体重を維持する食事量を探り精神的に負担を掛けないようにし、ウォーキングが出来ない時でも軽い筋トレ(腹筋、背筋、腕立て、スクワット等)程度をする様に心がけて、筋肉量を維持又は増やす様にした方が、リバウンドも少なく健康的かつ部分痩せも出来るので、長期のダイエットにはお勧めです。


ダイエットする方は「体重」ばかりに目を向けるのですが、その体重の落ちた原因を「脂肪が減った」と短絡的に考える人が多くて結局失敗する人を多く見かけます。

体重が減るのは「脂肪」「筋肉」「水分」のどれも減るのです。
そして急激な食事制限は「筋肉」の減りが激しいです。(筋肉が維持出来ないので)

結局「基礎代謝能力」が落ちてダイエットに行き詰まると、「効果が無くなった」と思い普通の食事に戻すのですが、基礎代謝が落ちているから「リバウンド」する訳です。

私から見ればキツイ思いして「痩せにくい体」を作っている様にしか見えないのです。

私がいつもダイエットのアドバイスをする時は「体重にこだわらず体型にこだわれ!」と言うのですが、失敗を繰り返す人は「体重」にこだわり、1kgの増減で一喜一憂しているんですよね。(目に見えるんで仕方ないですけどね)

不健康な48kgを目指すのか、健康で引き締まった52kgを目指すのか、どちらの方が自分の考える理想に近いのか、もう少しダイエットする目標を意識した方が良いと思いますよ。

まずカロリーが少なすぎます。

カロリーを極端に減らすと短期的には体重を減らせます。
ただしそれはダイエットと言う様な話では無く、体に必要な物まで削っていく行為です。

基本的に極端な食事制限は栄養のバランスを崩し、体調に変化をもたらします。(疲れやすい、頭がぼーっとする等)
そして精神的にも影響がでます。(短気、情緒不安定、強迫観念)


今の状況を見ると、チョットした強迫観念から体がSOSを発している状況と推察できます。

「甘い物が食べたい」は精神的にも肉体的にも、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報