最新閲覧日:

生分解性プラスチックについて最低限の知識をください。

A 回答 (6件)

http://www.realiser.org/unit/communication/artic …

このサイトに、生分解性プラスチックの欧州規格やマークの説明、世界の現状および、問題点の報告もあります。
    • good
    • 0

生分解性プラスチックは微生物によって分解されるプラスチックのことです。


プラスチックの環境問題は大きく分けて4つあります。
1.埋め立てによる土壌汚染、間接的に起こる水質汚濁、有毒ガスの発生
2.埋め立て地が足りなくなる問題。
3.美観上の問題 (道端や山、川、海、湖などのプラスチックゴミの問題)
4.動物たちに与える被害(食べて死んでしまう動物たちも沢山います)
生分解性プラスチックは微生物の力で分解してなくなってしまうので、これらの問題を解決します。
生分解性プラスチックについて次のホームページに詳しく書いてあります。
http://www.shedfourre.com/WhatsBiodegdarablePlas …
    • good
    • 0

生分解性でないプラスチックのゴミを焼却処分するのに比べて、現段階の生分解性プラスチックは、生産の段階でエネルギー消費も大きく、環境負荷はかえって大きい、という計算を聞いたことがあります。


 だとすれば、埋めちゃうような用途、確実に処理できないかもしれない用途に限って使うべき、ということになりますね。
    • good
    • 0

生分解プラスチックはその名の通り生き物によって分解されるプラスチックです。

ただ分解されるだけではなく、成形性の酔いものでなくてはなりません。これらは高分子でできていて、エステル結合を介して大きな繊維状分子として存在します。エステル結合についての化学てきな説明は省きますが、ポリエステル、ポリテレフタレート(PET)などがそうです。乳酸系の高分子、ポリ乳酸と言いますが、医療の分野、縫合するときの糸になどに用いられていますが、そんなにはすぐに分解されません。ただ、人体に影響もありませんが。だいたい生分解性プラスチックは分解されると有機酸になるものがほとんどです。
もう少し化学的に、とおっしゃる奈良俣回答いたしますよ。
    • good
    • 0

おしい!!



テレビ東京の夜23:00からやっているニュース番組「WBS」で確か19日(火)のニュースで「生分解性プラスチック」を扱ってたんですよ。地中の細菌によって分解されていく様子が映っていました。

内容はというと…
下の方の回答ほど詳しくは説明してませんでしたが、逆にある開発業者のコメントや、どう使われているか、が流れていました。
例えば、ゴミ処理で生ゴミを処理する際、庭に埋めると臭いということで、生分解性プラスチックで作ったゴミ袋で回収し、何ヶ月か後にはそれが堆肥として近所に無料で配られている、という自治体が紹介されていました。
現在開発業者では、消費者のニーズに合った期間で分解されるように調整中とのことです。
    • good
    • 0

生分解性プラスチックは最近「グリーンプラスチック」とも呼ばれてます。


この(簡単な)定義は地中等で放置すると自然に分解するプラスチックの事です。
 幾つかの種類があります。
1.澱粉系、2.乳酸系、3.その他(これも詳細には幾つかに分類できます。)
生分解性プラスチックと言っても、従来のプラスチックに例えば、澱粉系の物を混ぜたものもあります。
 その点、乳酸系は完全な生分解性を持ってます。
環境にに良いのですが、問題点はまだ価格な従来のプラスチックに比較して高価な事です。
 更に、詳細なことがお知りになりたければ補足お願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ