A 回答 (6件)

http://www.realiser.org/unit/communication/artic …

このサイトに、生分解性プラスチックの欧州規格やマークの説明、世界の現状および、問題点の報告もあります。
    • good
    • 0

生分解性プラスチックは微生物によって分解されるプラスチックのことです。


プラスチックの環境問題は大きく分けて4つあります。
1.埋め立てによる土壌汚染、間接的に起こる水質汚濁、有毒ガスの発生
2.埋め立て地が足りなくなる問題。
3.美観上の問題 (道端や山、川、海、湖などのプラスチックゴミの問題)
4.動物たちに与える被害(食べて死んでしまう動物たちも沢山います)
生分解性プラスチックは微生物の力で分解してなくなってしまうので、これらの問題を解決します。
生分解性プラスチックについて次のホームページに詳しく書いてあります。
http://www.shedfourre.com/WhatsBiodegdarablePlas …
    • good
    • 0

生分解性でないプラスチックのゴミを焼却処分するのに比べて、現段階の生分解性プラスチックは、生産の段階でエネルギー消費も大きく、環境負荷はかえって大きい、という計算を聞いたことがあります。


 だとすれば、埋めちゃうような用途、確実に処理できないかもしれない用途に限って使うべき、ということになりますね。
    • good
    • 0

生分解プラスチックはその名の通り生き物によって分解されるプラスチックです。

ただ分解されるだけではなく、成形性の酔いものでなくてはなりません。これらは高分子でできていて、エステル結合を介して大きな繊維状分子として存在します。エステル結合についての化学てきな説明は省きますが、ポリエステル、ポリテレフタレート(PET)などがそうです。乳酸系の高分子、ポリ乳酸と言いますが、医療の分野、縫合するときの糸になどに用いられていますが、そんなにはすぐに分解されません。ただ、人体に影響もありませんが。だいたい生分解性プラスチックは分解されると有機酸になるものがほとんどです。
もう少し化学的に、とおっしゃる奈良俣回答いたしますよ。
    • good
    • 0

おしい!!



テレビ東京の夜23:00からやっているニュース番組「WBS」で確か19日(火)のニュースで「生分解性プラスチック」を扱ってたんですよ。地中の細菌によって分解されていく様子が映っていました。

内容はというと…
下の方の回答ほど詳しくは説明してませんでしたが、逆にある開発業者のコメントや、どう使われているか、が流れていました。
例えば、ゴミ処理で生ゴミを処理する際、庭に埋めると臭いということで、生分解性プラスチックで作ったゴミ袋で回収し、何ヶ月か後にはそれが堆肥として近所に無料で配られている、という自治体が紹介されていました。
現在開発業者では、消費者のニーズに合った期間で分解されるように調整中とのことです。
    • good
    • 0

生分解性プラスチックは最近「グリーンプラスチック」とも呼ばれてます。


この(簡単な)定義は地中等で放置すると自然に分解するプラスチックの事です。
 幾つかの種類があります。
1.澱粉系、2.乳酸系、3.その他(これも詳細には幾つかに分類できます。)
生分解性プラスチックと言っても、従来のプラスチックに例えば、澱粉系の物を混ぜたものもあります。
 その点、乳酸系は完全な生分解性を持ってます。
環境にに良いのですが、問題点はまだ価格な従来のプラスチックに比較して高価な事です。
 更に、詳細なことがお知りになりたければ補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリ乳酸が熱に理由

ポリ乳酸は熱に弱い、という話を聞いたことがあります。
しかし、融点は170℃前後と、汎用されているポリプロピレンと大差ないです。
ガラス転移点なども常温以上で、熱に弱い要素が見当たらないのですが…。

ご存知の方、回答お願いします。

Aベストアンサー

> 熱に弱い要素が見当たらないのですが…。

ポリ乳酸は、構造的にはポリエステル系なので、「加熱+湿度」による加水分解かなと
思いつつ調べてみたのですが・・・確かに加水分解もするようですが、どうやら一般的に
「熱に弱い」と言われているのは、ガラス転移点や融点とは別に、「軟化点」という尺度が
あって、これが低い、ということのようです。

ex)
<軟化点>
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nakacchi/Plastic.htm
 高密度ポリエチレン(HDPE):120℃前後
 低密度ポリエチレン(LDPE):100℃前後
 ポリ塩化ビニル(PVC):70℃
その他、参考(「ポリオレフィン」となっていますが詳細は不明(汗)):
http://www.sumitomo-chem.co.jp/polyolefin/03product/01sumikathene_b.html
(左端の物性項目「熱的性質」の一番上の、「ビカット軟化点」)

一方、肝心のポリ乳酸の「軟化点」が挙げられているサイトを見つけられなかった
のですが、一番下に示したサイトの「耐熱性は60℃程度」というのは、恐らく軟化点を
指しているのではないかと思います。
(以下のサイトによれば、「ポリマーの耐熱性は軟化点で示され,この軟化点は
 材料強度が増すとそれに伴い増加します。」とされていたことから:
http://www.tokyokasei.co.jp/product/materials-chem/F012.shtml )


ポリ乳酸の耐熱性:
http://www.smrj.go.jp/shinrenkei/renraku/kanto/ninteianken/part12/020698.html
(なお、上記サイトによれば、どうやらポリ乳酸を他の材料とポリマーアロイにするか
 何かで、耐熱性を150℃まで上げたとのことです)

> 熱に弱い要素が見当たらないのですが…。

ポリ乳酸は、構造的にはポリエステル系なので、「加熱+湿度」による加水分解かなと
思いつつ調べてみたのですが・・・確かに加水分解もするようですが、どうやら一般的に
「熱に弱い」と言われているのは、ガラス転移点や融点とは別に、「軟化点」という尺度が
あって、これが低い、ということのようです。

ex)
<軟化点>
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nakacchi/Plastic.htm
 高密度ポリエチレン(HDPE):120℃前後
 低密度ポリエチレン(LDPE):100℃前後
...続きを読む

Q生分解性プラスチック

でんぷんや乳酸などから、生分解性プラスチックを簡単に作る方法を教えてください。

また生分解性プラスチックについてのホームページ等についても教えて頂けると嬉しいのですが。

Aベストアンサー

>生分解性プラスチックを簡単に作る方法を教えてください。
344729さんがどのレベルの方か分かりませんが、簡単には出来ないのではないでしょうか・・・?

以下の参考URLには関連質問がありますが、参考になりますでしょうか?
「生分解性プラスチック研究会」
●http://www.gtr.co.jp/cgi-bin/design/guest-c/guestbook.shtml
(生分解性プラスチック&環境掲示板)

・実用化進む生分解性プラスチック/白石信夫∥〔ほか〕編…/工業調査会/2000.5

文献調査をすれば「生分解性プラスチック」に関する総説等は沢山あります。

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.bpsweb.net/

Q生分解性プラスチックについての質問

ポリ乳酸をはじめとする生分解性プラスチックは、熱可塑性ですか?

Aベストアンサー

その通りです。
生分解性プラスチックは熱可塑性になります。
熱を加えて流動状態にし、金型に射出して冷却して固めますので、立派な熱可塑性になります。

それに対して熱硬化性は、金型内で更に熱を加える事によって硬化する樹脂です。

生分解性プラスチックは、環境に優しいエコプラスチックですが、概観基準が満たしにくい事や、強度不足の問題があり、開発メーカーの売り上げ目標値には中々達成できていませんね。

Q生分解性プラスチックのこと

今、学校で習っているのですが、なぜ生分解性プラスチックはグリーウプラスチックとも呼ばれるのでしょうか?

そして、生分解性プラスチックを販売・製造しているのはどこなんでしょう?

このことについてなんでもいいですから情報を下さい。お願いします。

ちょっとしたことでいいですッ^^

Aベストアンサー

#1さんの最後の行
「植物からつくられる」からグリーンプラスチック。

そして、おそらく
生分解性プラスチックを販売・製造しているところは
生分解性ではないプラスチックを販売・製造しているところ。
その理由は、プラスチックを作るための設備投資が既にされており、
販売ルートも確立しているから。
だと思われます。

国内だと、東レとか帝人とかでしょうか。
海外だとデュポン(この会社は石油関連施設を他社に売り払って
バイオマス関連会社に衣替えしました)です。

Q生分解性プラスチックを探してます

材質がポリ乳酸(樹脂)の食器、または部品等でもよいのですが、
一般的に購入できるところはありますか?
できれば、ポリ乳酸100%に近いもので、少量が希望です。

また、材質が、ポリグリコール酸、ポリブチレンサクシネートでも探しております。

Aベストアンサー

生産もしくは、販売している企業に話せば、少量サンプルをくれると思いますよ。
もちろん、ちゃんとした理由が要るとは思います。
個人の趣味的なものだと難しいですが、公的機関(含む学校)での試験や授業用であれば、多分大丈夫です。

代表的なところでは、
ポリ乳酸:ユニチカ、三井化学、トヨタ、・・・
ポリグリコール酸:クレハ
ポリブチレンサクシネート:三菱化学、昭和高分子
だったと思います。

Q生分解性高分子の分解率を調べたい

土壌中に生分解性高分子を埋設しその分解率を調べる方法として、現状高分子の成形体(ダンベル)を土中に埋めてその重量変化や物性(引っ張り強度など)の経時変化で見ていますが、分解していく状態を定量的に分析する手法は他にありませんか?よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

生分解性高分子は特異的に分解される個所があります。
アミド結合やエステル結合といった部位でですね。ですからIRなどで観測できると思いますよ。
またガスクロ等で分子量を調べてみるのもいいでしょう。

この質問、『化学』のカテのほうがよかったような気がします

Q生分解性プラスチックについて

生分解性プラスチックがなぜ土に分解されるのか教えてください!!



出来るだけ簡単に分かりやすく教えて欲しいです!!

Aベストアンサー

完全生分解性プラスチックに限定してお答えしますと、主成分はデンプンが多く、デンプンは土壌中の微生物によって分解されて、水と二酸化炭素になります。

よって、生分解性プラスチックが土になる訳ではありません。

土壌に埋没したとしても、完全に分解されるまでには1~2年を要します。

また、これらの点から通常のプラスチックと違って耐久性や強度が不足しますので、使用用途に限りがあります。

また価格面も通常のプラスチックの2~3倍しているので、未だに使用されている率としては10%未満です。

Q一般的な合成洗剤の生分解率を教えて下さい

以前に比べ、最近の合成洗剤は生分解率などよくなったと聞きます。
そこで、よくCMなどで紹介されている日本の大手メーカーの合成洗剤は、
今、どの位の生分解率なのか教えて下さい。

というのは、最近ドイツのエコ洗剤として「フロッシュ」というメーカーの
洗剤をお店などで見る機会が増えました。
そのフロッシュには
「排水後も19日間で98%が自然に還る界面活性剤(OECD試験法)を使用」
となっているのですが、
果たして、日本の大手メーカーの合成洗剤と比べると
どの位の違いがあるか知りたいと思いました。

知っている方、ぜひ教えて下さい!!!

Aベストアンサー

市販されている洗剤のMSDSはありませんが、洗剤の原料となる界面活性剤のMSDSはインターネットで見る事ができます。
花王とかライオンのホームページの工業用原料のところで探す事ができます。

とりあえず当てずっぽうで選んだ界面活性剤の分解性はほぼ100%ということでした。測定法が異なるので単純な比較は出来ませんが良好と言えます。

環境に配慮するのであれば、洗剤選びも重要ですが、それ以上に適切な使用量を守る事が大事です。

参考URL:http://www.lion.co.jp/chem/msdspt/181827.pdf

Q生分解性プラスチックの経済性

今、生分解性プラスチックについて調べています。
インターネットでいろいろと調べているのですが、新しい情報がなかなかないので教えてください。

ある資料には『生分解性プラスチックは既存のプラスチックと比べて3~5倍の費用がかかる』とありました。
そこまで高いと環境にやさしいとはいえ普及しないように思うのですが、現在ではどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
ちなみに、その資料は2001年のデータを使っていました。
どなたかご存知の方がいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在、生分解プラスチックと呼ばれているものには次のものがあります。
1.微生物から得られるもの
  ポリヒドロキシブチレート
2.化学合成により得られるもの
  ポリブチレンサクシネート、ポリブチレンアジペート
  ポリカプロラクトン、ポリ乳酸
  ポリビニルアルコール、ポリエチレンサクシネート
2.天然高分子
  デンプン、酢酸セルロース、キトサン+セルロース

生分解プラスチックの市場規模は、2001年に5100tであり、2003年には1万トンを越えるとされています。
これらのうち、化学合成によるポリブチレンサクシネートやポリ乳酸の生産量が大きく、実用化段階にあります。
しかしながら、まだまだ、量的には少なく、使用される用途も限られているため、ポリ乳酸で500円台/Kgと既存のプラスチックに比べて3~5倍となっています。数年後には300円前後/Kgとなる可能性もありますが、用途がどれだけ広まるかによります。

ところで、生分解プラスチックが環境に優しいと言われていますが、そのような時代は過ぎたと考えています。
地球温暖化や資源枯渇が危惧され、持続可能(Sustainable)な社会に向けた取り組みとして、資源の有効利用に向けた取り組みが広がっています。
プラスチックにおいては3R(Reduce,Reuse,Recycle)
が進めれられており、そのような中で、生分解プラスチックは、安易に捨てる意識を助長し、また、捨てるときに熱エネルギーも回収できないことから、環境に優しいとはいえないと考えます。唯一環境に優しいといえる点は、
ポリ乳酸などの一部の生分解性プラスチックが、植物を原料として造られていることです。植物は再生可能な資源であり、大気中の二酸化炭素を増加させないことから、
植物を原料とした非生分解プラスチックが必要となると考えています。 

現在、生分解プラスチックと呼ばれているものには次のものがあります。
1.微生物から得られるもの
  ポリヒドロキシブチレート
2.化学合成により得られるもの
  ポリブチレンサクシネート、ポリブチレンアジペート
  ポリカプロラクトン、ポリ乳酸
  ポリビニルアルコール、ポリエチレンサクシネート
2.天然高分子
  デンプン、酢酸セルロース、キトサン+セルロース

生分解プラスチックの市場規模は、2001年に5100tであり、2003年には1万トンを越えるとされています。
これらのう...続きを読む

Q気泡は疎水性(疎水性を生む要素は何か?)

はじめまして

環境の勉強をしています
お恥ずかしいのですが(TT)
汚泥処理の中で「加圧浮上」
という方法があるのです

その方法では懸濁物質に気泡をつけて
見かけ上の密度を軽くして処理する方法です
(沈降とはまた反対の方法)

その部分の問題の中に
「微細気泡・気泡は疎水性である・○」とありました。

確かに有機物は疎水性で、活性炭吸着で活性炭自体が疎水性でくっつくというのは分かりますが…

水の表面張力と関係があるのか
単に親水性だと溶けてくっつく何処ろではないと思いますが

気泡=疎水性がどうしても分かりません
物質でなく、物質の穴(気泡・何も無いところ)だからでしょうね^^;

もしや太古の生物が生まれることのキッカケとなった
気泡内に物質が濃縮されてゆく…というのと(原理はわかりません)と関係が?
(NHKの生命40億年はるかな旅で言ってました)

表面張力の相互作用(水の表面張力にくっついてやってきた)と関係が?

というわけで、色々予測を立てて見ました
ご存知の方、お助下さい^^;

前置きが長くて申し訳ありませ…ーー;

はじめまして

環境の勉強をしています
お恥ずかしいのですが(TT)
汚泥処理の中で「加圧浮上」
という方法があるのです

その方法では懸濁物質に気泡をつけて
見かけ上の密度を軽くして処理する方法です
(沈降とはまた反対の方法)

その部分の問題の中に
「微細気泡・気泡は疎水性である・○」とありました。

確かに有機物は疎水性で、活性炭吸着で活性炭自体が疎水性でくっつくというのは分かりますが…

水の表面張力と関係があるのか
単に親水性だと溶けてくっつく何処ろではないと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

気泡が疎水性である理由>
気泡の構成要素は真空ではなく殆んど空気と変りありません。
主な主成分である窒素はNNという三重結合をした直線分子です。この窒素原子と窒素原子間の結合様式は共有結合(π結合とs結合の混合軌道)で量子化学的に静電モーメントを持ちません。故に密度の関係もあるかと思いますが、水素結合や水の静電モーメントとのクーロン的相互作用が無いんですね、それが故に疎水性であると…と言う感じでしょうか。これは分子吸着する有機物質(CH3とかが連なって水と水素結合したり(OH基やNH2基やSO4基等が無いか分子に対してその官能基の数が少ない)強い分極が無い分子なども同じような理由から疎水性であります。


汚泥物質が気泡へと遊離される根拠>
さらに、気泡の構造から(界面活性剤が無いのとあるのとでは殆んど代わらない)、気泡周辺の水構造は程よいランダムさ加減です。熱力学的に疎水性物質は水中に存在するより、水から押し出された方が水構造が水素結合と静電モーメントとの兼ね合いで安定化します。汚泥物質が水でない環境である気泡内の表面に存在した方が水のクラスター構造が安定であるから、という理由なのでしょうね。水のクラスター構造が云々というのが表面張力と関わってくるのでしょう。表面張力というより恐らく水のクラスター構造という、よりミクロな水の構造安定性の理由から来るものだと思われますよ。

微小水泡な訳>
なぜ微小でないといけないかというと、汚泥物質が付着している壁面での場合を考えて、かなり大きい水疱が作る壁面に対する表面積(壁面に接している部分のみ)と、微小水泡が作る壁面に対する表面積(微小水泡の場合は水泡一個あたりの全表面積の3/4くらいか?)を比べると、丸みがある分微小水泡の方が表面積が大きいのです。そして先ほどの議論に戻って、汚泥物質は気泡の表面にあるのだから汚泥物質がより多く気泡に取り込まれるのはトータルで表面積のでかい微小水泡であるという事が言えますね。

専門家ではないですが、まぁそういう根拠に基づくものではないかと。

気泡が疎水性である理由>
気泡の構成要素は真空ではなく殆んど空気と変りありません。
主な主成分である窒素はNNという三重結合をした直線分子です。この窒素原子と窒素原子間の結合様式は共有結合(π結合とs結合の混合軌道)で量子化学的に静電モーメントを持ちません。故に密度の関係もあるかと思いますが、水素結合や水の静電モーメントとのクーロン的相互作用が無いんですね、それが故に疎水性であると…と言う感じでしょうか。これは分子吸着する有機物質(CH3とかが連なって水と水素結合したり(OH基やNH...続きを読む


人気Q&Aランキング