先日、MRSAに感染した患者さんの遺族が、訴訟を起こして勝った、というニュースを聞きました。
じつは、知り合いの家族の方が、やはり病気で手術したあとから、発熱し、
MRSAに感染していると、病院に言われ、結局亡くなってしまいました。
手術そのものは成功したのに・・です。
知人はひどく嘆き、病院からの説明を求めましたが、「MRSAは通常は発病しない菌です。体力が弱っていたから、発病してしまった」という回答で、亡くなった方に体力がなかったため、仕方なかった、とのことで、病院側の対応には非はない、といった内容だったそうです。この場合も、病院の責任を問うことはできるのでしょうか?よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

法律の専門家でないため一般人としての書き込みです。



MRSAの問題はいまや社会的な問題となっています。院内感染という言葉からもわかるように問題になるのは病院内ですが、MRSAという細菌自体は(ブドウ球菌でなくMRとなったブドウ球菌自体)一般人でも保菌者として存在しています。つまり感染の可能性は病院内だけではないのです。

そこで『MRSAに感染した患者さんの遺族が、訴訟を起こして勝つ』ためにはどういう条件が必要か考えてみます。通常の病院では感染に対して対策をしていますよね。その感染対策の程度と実際の方法…これです。

結論を書けば、世間一般で必要とされている細菌感染への対策を行い、実際に施行した上での感染か否かです。不可抗力という言葉がありますが、院内感染についても同様の考え方をするべきだと思います。
知人の家族の方が入院された病院が、世間一般で必要とされている対策を十分に講じていたかどうか。その上での感染であり、さらに感染に対して遅滞ない対応を取られたのであればその責任はないものと思います。逆に対策に明らかな手落ちがあり(必要な手洗い処置をしていないなど)その結果であれば当然ですが責任を問うことができると思います。また可能性を考えて処置するのが遅くても責任はあるでしょう。またその点について明らかでなければ責任の追及は難しいでしょう。実際に責任を追及できる病院は…それほどは多くないと思いますよ。たいていの病院は厳しく管理されています。それでも感染を防ぎきれないのが・・現状ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shu_sさん、お返事を頂きましてありがとうございました。
なるほど・・病院がきちんとした対応をしても、それでも感染してしまうこともあるわけですね。そしてその場合は、責任は問えないのですね。
大変参考になりました。ありがとうございます。
病院のミスで亡くなったとしたらすごく残念なことではあるのですが、
そうとも言いきれないとなると、やはり寿命だったのかな・・と
少し納得もいきます。
知人にも話してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 14:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった患者さんのご家族へかける言葉

看護師をしています。

職業柄、今まで多くの患者さんの最期に立ち会ってきましたが、
病棟の特性上、積極的な延命治療はしないというケースがほとんどでした。
残されたご家族は、悲しみの中にも安堵や達成感などの気持ちを持っておられ、こちらも自然とねぎらいの言葉をかけることができました。

しかし今回、お若い方の死に立ち会いました。
事故で入院された直後のことでした。
体のどこかで出血しているかも知れないと感じ、慌てて医師に連絡している最中に心停止してしまったのです。
できる限りの手は尽くしました。
何とか蘇生して欲しいという思いでこちらも必死だったのですが、力及ばず、その方は亡くなりました。

ご家族は私たちに「お世話になりました、ありがとうございました。」と深々と頭を下げてくださいましたが、私はどう言葉をかけてよいものかわからず、ただ頭を下げることしかできませんでした。

こういった経験は初めてではないのですが、そう多くもありません。

もしかしたら救える命だったかも知れない、と何の根拠もなく思うこともあります。
私の力不足だったかも、という思い上がりもあります。
ただ、ご本人やご家族の「何とか助けて!」という思いを叶えられずすみませんでした、という気持ちでいっぱいです。

だけど、たとえ申し訳ないという気持ちがあっても、むやみやたらに「すみませんでした」と謝ってしまうと、後々トラブルにもつれ込んでしまう場合もあります。

こういう時、ご家族にどういった言葉をかければよかったのでしょうか。


ご本人のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の心の傷がいつか癒える日が来るのを願っています。

看護師をしています。

職業柄、今まで多くの患者さんの最期に立ち会ってきましたが、
病棟の特性上、積極的な延命治療はしないというケースがほとんどでした。
残されたご家族は、悲しみの中にも安堵や達成感などの気持ちを持っておられ、こちらも自然とねぎらいの言葉をかけることができました。

しかし今回、お若い方の死に立ち会いました。
事故で入院された直後のことでした。
体のどこかで出血しているかも知れないと感じ、慌てて医師に連絡している最中に心停止してしまったのです。
できる限り...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

医療関係者ではない、ただの一般人ですが、
smile24さんのご対応が一番無難だったのではないでしょうか。

同じ言葉をかけても、ご家族一人一人で捉え方は異なると思いますし、
例え同じ方でも、場面が異なれば同じ言葉を違って捉える可能性はあると思います。
相対的に無難な言葉はあるのかも知れませんが、こう声をかければ間違いないという絶対的な言葉などは存在しないのではないでしょうか。
その場面で自分の気持ちに一番ピタッとくる言葉をかけられれば、それは嬉しい(心が救われる)ことかも知れませんが。。。

お役に立たないアドバイスで恐縮ですが、これからも経験を積まれていく中で、一番無難な言葉を見つけられることを期待しております。

Q40代の看護学生です。病院実習で体力が持たない。

40代の看護学生です。

始めての病院実習で、緊張とストレス。そして睡眠不足。

特に、記録が多くて睡眠不足が辛く、昨日は体力が

精一杯の状態でした。

睡眠不足だと身体がもたないです。

同じような経験をお持ちの方でどのようにして

乗り越えられたか、アドバイスの程お願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

看護士は、シフト制です。当然、夜勤など変則です。

私は、20歳台の時夜勤をした経験があります。

そして、40歳を過ぎた時に職場がシフト制になりました。
(30歳から40歳までは、管理職でしたので昼勤でした)

そして、シフト制ですから勤務時間帯はバラバラです。
1週間単位で時間が変わります。

当然、今までの生活のリズムが狂い夜や眠れない(夜と昼が逆転したので)昼間は眠い
などなれたころは、また次のシフトになり体がついていかないでした。

当然、自律神経がおかしくなり病院へ通院。

ある程度の長年の生活リズムができてしまうと若い人と違いなかなかなれないと思います。
とくに家庭がある人は、自分のシフトに合わせることをしないので
例えば早く帰宅しても、家の仕事をさせられて→疲れて体が休む暇もなく出勤時間になります。

単身ならある程度、自由が利きますので対応できますが・・・

乗り越えるには、廻りの人の協力が大事です。
又、自己管理(健康管理)も重要だと思います。

ご参考まで。

Q大学病院の手術室勤務の仕事とは?

大学病院の手術室勤務とはどういう仕事なのでしょうか?
それから、資格が必要なのでしょうか?
専門の学校とかへ行っている人がなるのでしょうか?

ご存知の方がいらしたら、是非教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

一般的に考えて、No1さんの挙げたような資格のある人が、その後クリニックで看護助手として働くとは考えずらいと思うんです。待遇面で差があるでしょうから、普通は持っている資格を生かした仕事につくと思いますので。

特別な資格はないが大学病院の手術室で勤務していた、といって思い当たるのは、手術室で使用する手術の道具や医療器具などの洗浄・消毒・滅菌などを行う方たちでしょうか。大学病院の手術室ともなると、かなりの数の器具などを使用しますので、手術室に付属して、そのような業務を専門に行う部署があるところもあります。そこで働く人たちも助手さんと呼ばれます。
ただ、それを手術室勤務と表現するかどうか・・ですね。

Q手術する病院選びに困っています。

富山市民病院で内科の手術をすることになりました。周囲から「あまり上手ではないから別の病院を探せ」と言われます。少し難しい手術なので不安です。病気についても先生からあまり詳しい説明が聞けませんでした。実際は「内科系手術の上手な病院」なのでしょうか?また、「上手な富山市内の病院」があれば教えてください。

Aベストアンサー

病院の通信簿と言う評価機構も参考にされると良いと思います。

http://www.tusinbo.com/

設備だけでなく、看護などの面が優良かどうかも目安がつきます。

県立病院や市民病院だと、大学病院と違って、研修医が、執刀に当たるということがないと言ういい面がありますが・・。
大体風評で、あの医者は馬鹿だ、とか噂が立っていると、恐ろしいことに本当です。
評判が悪いから、教えてくださったのでしょう。
セカンドオピニオン、という理由で、もう一人医者を捜されるのもいいと思います。

Q子の大学病院での手術の担当医について

息子がこの度、同じ治療の4回目の手術の為、大学病院に入院する予定なのですが、その際の担当医の事で少し心配な事があります。

前回の3回目の手術の時、2回目まではずっと同じ担当の医師が、違う医師になっていました。
手術の際は、教授・以前までの担当の医師(今回は主治医となっていた)・新しい担当医とチームで執刀されたのですが、
担当医が変わっても、トラブルがなければ、良いのですが…。
すべてが担当医の直接の原因ではなかったですが、たくさんトラブルがありました。(術前の再採血、手術後の点滴の針が折れてしまい刺し直し、術後2週間目に風邪?高熱が出た為、感染症の疑いもあり、緊急手術の危機など)

前回の担当医は一応、主治医との事でしたが、実際は担当医が個別の患者の治療にあたり、主治医は名ばかりで、治療方法などもほとんど、伝達されていないようで、手術後の処置も違ったり、逆にこちらに聞いてこられたりして、それだけでも正直不安になる事が多かったです。
今までの経緯や、息子の体調の把握、処置の巧さなどを考えると以前の担当医が良かった事や、実際点滴のトラブルもあったので、以前の担当医にお願いしたいのが本音なのですが、以前の担当医は、治療から完全に離れた感じではなく、同じ病室の他の患者さんの方を担当をされていました。

このように、同じ治療でも途中でいきなり担当医が変わるのは大学病院では良くあることでしょうか?
2回一緒だったのが、偶然だったのでしょうか?
また、4回目の手術もまた全然違う医師になる事も考えられますか?

ご存じの方や、ご経験された方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願い致します。

息子がこの度、同じ治療の4回目の手術の為、大学病院に入院する予定なのですが、その際の担当医の事で少し心配な事があります。

前回の3回目の手術の時、2回目まではずっと同じ担当の医師が、違う医師になっていました。
手術の際は、教授・以前までの担当の医師(今回は主治医となっていた)・新しい担当医とチームで執刀されたのですが、
担当医が変わっても、トラブルがなければ、良いのですが…。
すべてが担当医の直接の原因ではなかったですが、たくさんトラブルがありました。(術前の再採血、手術...続きを読む

Aベストアンサー

>このように、同じ治療でも途中でいきなり担当医が変わるのは大学病院では良くあることでしょうか?
私がいた頃にはよくありましたよ。それが大学病院というものですという説明をしていました。

質問者さんが書いておられるトラブルなるものにかんしては、担当医はまったく関係はないとしても、対応や説明などに不安を抱かれるのは仕方がないかもしれませんね。ただ大学病院は高度医療を行うところであると同時に、若手医師の研鑽の場でもあります。見えないところで相談し、指導されています。患者さんの不利益になるようなことはしませんよ。それを理解し、納得できないならば、大学病院への受診は避けるべきだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報