土壌、底質などの含水比を測定するときに、どのくらいの時間乾燥させたらいいか教えてください。
JSF T 121に準拠という話なのですが、手元に調べるものがなくわかりません。急いで願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

恒量」に関するQ&A: 恒量

A 回答 (2件)

土壌は室温で恒量(風乾土)にした後、105℃で24時間程度乾燥し、恒量にして、乾土とします。

    • good
    • 0

「含水比を求める」ためではなく「含有物を分析するための前処理」としてなら土壌を乾燥させたことが有ります。

風乾で少なくとも1週間はかかったと記憶しています。粒子の細かいシルトみたいな底質なんかだともっとかかると思います。加熱乾燥は経験がないのでわかりません。それから「JSF T 121に準拠」と有るのはJSFではなくてJIS(日本工業規格)の間違いではないですか?もしそうなら日本規格協会に電話して、規格書を置いてある図書館等について教えてもらうと良いと思います。それとも日本規格協会のホームページってあるのかな?(当然有るだろうな)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJSFでJavaScriptを使用するには?

JSF初心者の為、頓珍漢な質問で恐縮です。

以下のようなJSFタグを使用したJSPがあるとします。

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f" %>
<html>
<head>
</head>
<body>
<f:view>
<h:form>
<h:inputText id="number" value="#{myBean.message}"/>
<h:commandButton action="#{myBean.doHoge}" value="送信"/>
</h:form>
</f:view>
</body>
</html>

このJSPに、以下の処理をJavaScriptで実装したいと思っています。
「送信ボタンのOnClickイベントでinputTextに入力された文字をJavaScriptのAlert()関数でポップアップ表示する。」

JSFタグがなければなんてことのない処理ですが、JSFタグを使用している状況でどのようにJavaScriptを使用していいものなのかがよくわかりません。


上記の処理はどのように実装すればいいのでようか?
JSFでJavaScriptを使用する方法について参考になるサイトがあれば教えてください。

JSF初心者の為、頓珍漢な質問で恐縮です。

以下のようなJSFタグを使用したJSPがあるとします。

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f" %>
<html>
<head>
</head>
<body>
<f:view>
<h:form>
<h:inputText id="number" value="#{myBean.message}"/>
<h:commandButton action="#{myBean.doHoge}" value="送信"/>
</h:form>
</f:v...続きを読む

Aベストアンサー

JSFでも、普通にJavaScriptは組み込めますよ。

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f" %>
<html>
<head>
<script language="JavaScript">
function test(){
alert("Hello");
}
</script>
</head>
<body>
<f:view>
<h:form>
<h:inputText id="number" value="#{myBean.message}"/>
<h:commandButton action="" onclick="test()" value="送信"/>
</h:form>
</f:view>
</body>
</html>

こんな感じで、ボタンをクリックするとtest()が呼び出されると思います。onclickを使うならば、当然ですが同じコンポーネントのactionに設定したバインディングははずしておきます。
<h:commandButton>など、JSFのGUIコンポーネントには、onclickなどのJavaScriptイベント用の属性が用意されていますので調べてみるといいでしょう。

JSFでも、普通にJavaScriptは組み込めますよ。

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f" %>
<html>
<head>
<script language="JavaScript">
function test(){
alert("Hello");
}
</script>
</head>
<body>
<f:view>
<h:form>
<h:inputText id="number" value="#{myBean.message}"/>
<h:commandButton action="" onclick="test()" value="送信"/>
</h:fo...続きを読む

Q被測定箇所にセンサを取り付け、ピックアップで取り出した振動を電圧などに変換して測定する方法を◯◯測定

被測定箇所にセンサを取り付け、ピックアップで取り出した振動を電圧などに変換して測定する方法を◯◯測定法という。
この測定法の名前を教えてください!

Aベストアンサー

「間接測定法」?

「センサ」と「ピックアップ」の関係、測定するものは「振動」なのか何なのか、この文章ではよくわかりませんが。
「振動」を、それと一定の関係にある「電圧」に変換して測定するのであれば、「間接測定」でしょう。

QJSFについて

JSFを使おうとしてるのですが

<%@page contentType="text/html; charset=Shift_JIS"%>
<%@taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f"%>
<%@taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<html>
<head>
<title>jsfsample1</title>
</head>
<body bgcolor="#ffffff">
<h1>JSF サンプル</h1>
<f:view>
<h:form>
<h:outputText value="ようこそJSFへ" />
<h:inputText />
<h:commandButton value="click"/>
</h:form>
</f:view>
</body>
</html>

上記の10行目<f:view>でエラーが出るのですが何ででしょうか??
ライブラリやweb.xmlは本を見て所定の場所にコピーしました。

JSFを使おうとしてるのですが

<%@page contentType="text/html; charset=Shift_JIS"%>
<%@taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f"%>
<%@taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<html>
<head>
<title>jsfsample1</title>
</head>
<body bgcolor="#ffffff">
<h1>JSF サンプル</h1>
<f:view>
<h:form>
<h:outputText value="ようこそJSFへ" />
<h:inputText />
<h:commandButton value="click"/>
</h:form>
</f:view>
</body>
</html>

上記の10行目...続きを読む

Aベストアンサー

> エラーが出る
どんなエラーですか?
ほかの、簡単な、完動が証明されているサンプルは正常に動きますか?

Q減速比とギア比について

現在、ギアボックスの設計で悩んでいます。
入力側にピッチ円直径xのギア
出力側にピッチ円直径yのギア
があった場合、減速比はx:yで合ってますでしょうか?

モジュールは1です。

Aベストアンサー

> ギアの歯数が・・・、ギヤの直径が入力側に比べて大きいという捉え方でよろしいでしょうか?

そういうことですね。滑車などで重いものを巻き上げる時には実際ロープを
巻く部分と手で巻き上げるハンドルとではハンドルの外径が大きいですよね。

> 入力側2:出力側1としたら入力側のピッチ円直径が30cmの場合は出力側のピッチ円直径は60cmという事になるんでしょうか?

減速比率で駆動力が伝わるって事ですが入力側より出力側が遅いって事でしょう
例えば入力側が10枚で出力側が30枚なら1:3で駆動力は3倍になる。
しかし回転数は3:1になる。
又ギアはピッチが同一でなければかみ合わないので歯数が異なれば
当然ピッチ円径も異なってくる。

Q土木設計の土質部の仕事って?

土木設計(建設コンサルト)の設計部から土質部に異動されました。
今まで(7年間)設計部の助手としてやってきましたが、今回は土質部の助手となりました。早速、『報告書』というものの、データ(基準点や土の種類など)打ち込みをやっているのですが、打っているだけで意味が分かりません。土質部は何のためにやっているのですか?路しょう、上層、下層の土の種類が分かり、強度が決まったり?します。どなたか、土質部に勤めている方いらっしゃいましたら、報告書の意味を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人ですが

建築物(構造物)が、長期間にわたって安定的に建っていられるかを示すための報告書なのだと思います。

なので、
強度を測り、建築物を支えられるかを見積もり、
支えられなければ、杭を打つ、土質を改良する、別の候補地を提示するなどを示す必要があるのではないでしょうか。

これを調査しないと、建物が軟弱地盤では傾いたり沈むでしょう。
ダムであれば水を溜めたとたん決壊することもあるのではないでしょうか。

知り合いの土木屋さんは、地面は意外と軟らかく重いものを乗せると、豆腐みたいなものだといってました。

土質調査って重要なんですね。

参考URLには、道路の場合の土質調査の指針(おそらく宮城県のもの)が書かれているものです。
1ページ目の調査の基本的な考え方が参考になるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.pref.miyagi.jp/jigyokanri/sekkeimanyuaru/sekkeisekou/sekou10.pdf

Q曲げ材の幅厚比・径厚比

曲げ材の幅厚比・径厚比が大きいほど、局部座屈を起こしやすいとあるのですが、どうして、厚みがあるほど、座屈しやすいのでしょうか? 逆だと理解できるのですが、どなたかご教授おねがいします。

Aベストアンサー

幅をB 厚さをt とするなら幅厚比はB/t

厚みが少なくなるほど径厚比が大きくなる。

Qjsf-1_1.zipのダウンロードページへの辿り方は?

velociryを
http://muimi.com/j/jakarta/velocity/
で勉強中ですが、Helloなサンプルを動かす為に
commons-beanutils.jarファイルが必要とか、それを入れるには
jsf-1_1.zipを入れる必要があると知りました。
しかし、ネットで調べた先のURLページに行っても、
同名のzipファイルをダウンロードするページがありません。
https://cds.sun.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/CDS-CDS_Developer-Site/en_US/-/USD/ViewFilteredProducts-SimpleBundleDownload
拡張子がpdf、jnlpといったものしかダウンロードできません。
jsf-1_1.zipはもう手に入らないのでしょうか。

Aベストアンサー

JSFは、今はdev.java.comに移動してますよ。

https://javaserverfaces.dev.java.net/servlets/ProjectDocumentList

release->1.1->1.1_02->binary にjsf-1.1_02.zipがあります。

Q混合気体について、 分圧比=分体積比 で良いのですか?

混合気体について、
分圧比=分体積比
で良いのですか?

Aベストアンサー

同温同圧下の条件では。
分圧比=モル比=体積比 の関係が成り立ちます。
条件に注意して下さいね。

Q土質の標準値

土木工事の推進工事で、物質収支や推力計算をするのに土質の情報が全くありません。大体の標準値があれば計算できるのですがよく分かりません。
  土質:礫質土・砂質土・粘性土・岩盤
  計算条件:単位体積重量(kN/m3)・土粒子の密度(真比重)(g/cm3)・間隙率(e)
標準はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

なかなか都合の良いサイトは見つかりませんでしたが、下記URLを参考下さい。基本的に土質関係の本を見れば、大方のことは書いてありますので、本屋さんで立ち読みされるのがよろしいかと。

ちなみに、岩盤に対して、土粒子密度・間隙率は適用できません。

参考URL:http://www.n-buturi.co.jp/etc/lecture/1rockwt/

Qこの問題、分流比と分圧比を使って 解いてください! 途中式もお願いします!

この問題、分流比と分圧比を使って
解いてください!
途中式もお願いします!

Aベストアンサー

とりあえず、並列抵抗の合成抵抗を求めます。
合成抵抗R2=400×200/(400+200)=400×200/(600)=400/3Ωとなります。
R1=200Ωとして、直列抵抗のそれぞれにかかる電圧を分圧の法則より求めます。
R1にかかる電圧V1=1000×200/(200+(400/3))=1000×200/(1000/3)=600V
R2にかかる電圧V2=1000×(400/3)/(1000/3)=400V
I1は、合成抵抗R=R1+R2=200+400/3=1000/3Ωより、I1=1000/(1000/3)=3A
I2は、電圧V2=400Vより、I2=400/200=2Aとなります。
I2は別解として、分流の法則と合成電流=3Aより、I2=3×400/(400+200)=3×2/3=2Aです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報