最新閲覧日:

先日婦人科に行き、「膣内に雑菌がいる」とのことで「クロマイ膣錠 100MG」という薬を使いました。妊娠している可能性はないと思ったものの・・・・。もし、妊娠していたら胎児にどんな影響があるのでしょうか。ちなみに7日間分処方して頂きましたが、6日分使用しました。どなたか、薬に詳しい方教えて下さい。お願いします。

A 回答 (6件)

胎児に危険が及ぶ可能性は、はっきり言えば「検討がつかない」というのが正直なところです。

でも、前回の回答で申しましたように、基本的にクロマイの安全性は「高い(よほど妙な使い方をしない限り)」と考えて差し支えないので、それほど深く心配する必要はないと思います。noon40さんが投与されているのはクロマイ膣錠で、これは外用剤(湿布薬や軟膏と同じ分類)の範疇に属しています。それに対して、前々回の回答でお話ししたウサギの毒性試験の投与経路はおそらくは経口だと思います。従って、ウサギで早産・流産が観察されたのは、母体から胎児に血液を通じてクロマイが移行した結果ということになります。クロマイの膣内投与では、血中への移行はほとんど認められていません。当然母体から胎児への血液を通じての薬物移行の可能性は小さいので、その分安全と考えてよいと思います。また、毒性試験では、ヒトに対する投与量の何十倍もの薬剤を動物に投与して試験をすることは、前にもお話ししたとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの質問に答えて下さって、ありがとうございました。本当に感謝しています。SAT40さんの言われるとおり、ちょっと神経質になっていたように思いました。
今回のことで色んな事が分かったし、気になっていたことが全てクリアになりました。
本当にありがとうございました。
ちなみに、薬局の薬剤師がSAT40さんのように詳しく丁寧に教えてくださる方が居てくれたらなー。と思いました。

お礼日時:2000/12/23 00:55

SAT40さんの言う通りと思います。


私の見た本が古かったためでしょう、御質問の「クロマイ」については錠剤が記載されていなかったので補足をお願いしたしだいです。
 お役にたてなくてご免なさい。
蛇足になりますが、「医者からもらう薬」等等、薬に関する本が沢山出版されていますので、書店でお求めになることをお薦め致します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も薬に関する本を1冊持っておこうと思いました。
今回のことで、実感しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/23 00:46

 あの、余計お世話だとは思いますが、


妊娠の可能性の有無について問診等は、
なかったのでしょうか?
そちらの検査の方が先かと思いまして。
(不安の解消のために)

 また、noon70さんの
お薬に対する不安が影響する可能性もあるかと
思いますので、担当医師・薬剤師にお電話ででも
確認、相談、もしくは、お薬の変更を申し出ては
いかがでしょうか?
    • good
    • 0

回答に関する補足の件、当然の疑問だと思います。

「動物で得られたデータが、どのようにヒトに反映するのか?」といった問題は、私たちの間では最近よく話題にされるポイントですし、厚生省でも考慮すべき問題として取りざたされています。動物で観察されたことが必ずヒトで起こるという確証はないのですが、さりとて絶対にヒトでは起こらないとも言い切れません。このあたりは薬を開発するものにとっては常にジレンマなのですが、少なくとも動物で起こった事例(特にご質問のように安全性に関わる事項)については、少なくとも使用するものに「こんなことが動物ではありました」と一応は情報を公開しておくのが、製造者の義務だと思います。クロマイの例について言えば、この薬はもう20年以上に渡って使用されています。従って薬の使用方法や安全性に関する情報の蓄積もかなりあり、相当に安全な薬剤であると思います。ただ、不必要に大量を投与しないような一種の歯止めとしての意味合い(要するに使いすぎの防止)でご理解いただければと思います。どんな薬でも生体には異物なので、利益がない場合には飲まないに越したことはないのです。

この回答への補足

解答ありがとうございます。大変参考になりました。最後にもう1つだけ質問させて下さい。
もし、妊娠していたとすると、胎児に危険が及ぶ確率はどれくらいだと思われますか。個人的な意見で良いので、聞かせてください。

補足日時:2000/12/22 00:17
    • good
    • 0

製薬会社で薬物動態学の研究に携わっています。

ご質問の薬剤は三共製薬のクロマイ膣錠100MGだと思います。この薬剤は正式名称を「クロロマイセチン」という抗生物質で、錠剤や軟膏など他にもいろいろ剤型があります。ご質問の件なのですが、この薬剤は、動物実験(家兎)で流早産,胎仔の生存率の低下等の胎仔毒性が報告されていることから、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にだけ投与することが推奨されているようです。ただ、これはあくまで動物実験の考察に基づいています。動物実験ではヒトに使用する投与量の数十倍から数百倍を投与して試験をしますので、一概に危ない薬だと決めつけることは出来ません。実際にヒトでこの薬剤が原因で早産、流産が怒ったという話は、少なくとも私の耳には入っていません。むしろこの薬剤の場合、乳幼児(妊娠中にではなく)に投与したときのグレイシンドロームが問題となり、有名な副作用として知られています。これで答えになりましたでしょうか?

この回答への補足

質問なのですが、もし、仮に妊娠していたとしても薬が原因で早産、流産、胎児の異常など全く無いとは言っても、危険だという可能性もあるということなのでしょうか?来週、妊娠検査をしてみようと思っています。でもSAT40さんが詳しく解答を下さったおかげで、大分落ち着きました。もしよろしければ質問の解答をお願い致します。

補足日時:2000/12/21 23:14
    • good
    • 2

すみませんが、錠剤に数字や記号がありませんか?


数字と記号から調べられるかもしれません。
ちなみに私は、書店で買った薬の事典を見ています。

この回答への補足

薬には番号や記号などは見られません。ただの白い錠剤です。

補足日時:2000/12/21 23:13
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ