発明の出願用に、アイデアシートなるものを書く必要があるのですが、その中に「作用」という欄と「効果」という欄があります。それぞれ何をかくべきものなのでしょうか?漠然とした質問になってしまいましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>発明の出願用に、アイデアシートなるものを書く必要があるのですが、



アイデアシートって、発明者が弁理士さんに出願書類(特許請求の範囲・明細書等)の作成を依頼する時に、弁理士さんに発明の概要を説明するための書類ですよね?

特許出願の明細書には、いくつかの項目に分けて、発明を詳しく説明することが要求されます。明細書を書くためには、発明者から様々な情報を提供してもらう必要があります。そして、提供してもらわなければならない情報は、要するに、次のような事柄です。

・従来技術(及び先行技術文献名)
・従来技術の問題点
・その問題点を解決するための手段
・その手段のさらに詳しい説明(下位概念等)
・発明の効果

>その中に「作用」という欄と「効果」という欄があります。それぞれ何をかくべきものなのでしょうか?漠然とした質問になってしまいましたが、よろしくお願いします。

簡単に言うと、「作用」は発明の技術構成から必然的に生じる「働き」です。「効果」は文字通り「発明の効果」です。

でも、昔の法律ではたしかに明細書に「作用」という項目と「発明の効果」という項目がそれぞれありましたけど、区別をつけにくいというような理由で現行法では「作用」という項目はなくなりました。

edamame5656さんがご覧になっているアイデアシートはおそらく昔の法律に基づいて作成されたものではないかと推測されます。きっちりそのアイデアシートに基づいても、あんまり意味がないですよ。企業にお勤めならば、むしろ現行法に沿ったアイデアシートに変更することを会社に提案した方がいいかもしれませんね。

ちなみに、現行法で明細書に書くことが一応求められている項目は、次の通りです。

【発明の名称】
【技術分野】
【背景技術】
【発明の開示】
 【発明が解決しようとする課題】
 【課題を解決するための手段】
 【発明の効果】
 【発明を実施するための最良の形態】
 【実施例】
 【産業上の利用可能性】
【図面の簡単な説明】
 【符号の説明】

でも、中にはなくてもいい項目もありますから、その辺は弁理士さんに相談して適宜判断してください。

また、「特許明細書 書き方」というキーワードでGoogle等で検索するといろいろヒットしますので、そちらの方でもお調べください。
http://www.google.co.jp/

参考URL:http://www.google.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「作用」は発明の技術構成から必然的に生じる「働
>き」です。
そういうことですか。よくわかりました。しかも今は使われていないわけですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/04 09:39

一般論ですが、



作用:その発明により、実現できる事項
効果:発明の実現により、得られること。現状の技術では得られないが、この発明を実現することによって、できること。

 などでしょう。

作用が、今までのない技術思想を表しているものでないと、新規性はないでしょうから、発明者が「ここが発明だ!」と思う部分を、図などを交えてかかれるとよいでしょう。
 
 弁理士に相談するにしても、発明者が何を考えているか、伝わらなければ意味がありませんから。
    • good
    • 0

たとえばどこの公園でも見かけるようなブランコを特許出願するとすると、図参照で図面の説明を物理の教科書なんかを参考にして文章にします、「振り子の原理」ぐらいで充分です。

絵だけのほうがわかりやすいかも。効果のところは、「幼児がよろこんで遊ぶ。」でいいのでは。あとは弁理士さんのところへ持ち込みましょう。ここに、別の方が介在する場合は、思いっきり書かされるかも知れませんが、その場合の書き方は、よくわかりません。ちなみにこの特許が取れても、世の中にはさほど影響しないとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。効果は何となくわかりました。

お礼日時:2006/05/01 20:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q係止とは?

特許の公報などを読むと「係止」や「係合」という言葉が多く見られるのですが、意味がよくわかりません。辞書に載っているような語に言い換えるとどういう言葉なのか教えて下さい。
また、特許の分野以外で見たことがないのですが、意味が通用するのでしょうか?

Aベストアンサー

係止、係合とは、特許分野でよく使われるタームです。特許分野以外で通用するとは思えません。いや、特許分野でも、果たして通用するものなのかどうか?疑問です。具体的な意味は、その明細書の他の部分の表現や、図面などから推察する以外にありません。したがって、明細書によって、微妙に使われている意味が違うと、私は思っています。特許技術用語集では、係りあって止まること、とか、係わり合うこと、・・・などと、記載されておりますが、「なんのこっちゃぁ~」って、感じです。明確な定義はないと思います。このような係止、係合が使われた内容で特許され、侵害訴訟となると、実際には、実施例に記載された構成(係止=爪が引っ掛かって止まる構成)に限定されて解釈されるのが落ちではないでしょうか?
 このような表現が使われる背景としては、特定の要素と要素との関係を、できるだけ広く解釈できるような表現で記載したい・・という意図があるということです。実際は、「爪が引っ掛かって止まる」ような実施例であったとしても、特許請求の範囲には、爪以外の構成(例えば、キーがキー溝に嵌って止まる構成)も含まれるような表現にしたい・・・という、明細書作成者の思惑があります。本来なら、思い当たる構成を全部請求項にしたいわけですが、コストを考えると余り沢山請求項を作るわけにはいかないし、そうしたところで、思いつかなかった構成が請求項から漏れるかもしれない・・という意識があります。そこで、「係合」「係止」といった、包括的な意味を表現した(ように感じられる)言葉が編み出され、使われるようになった・・・ということだと思います。これから、明細書の作成をされる方は、安易に使われない方が良いと思います。
あえて係止を定義すると、要素Aと要素Bが特定の関係(位置関係)を満たした場合に、一方の要素が他方の要素の動きを停止させ、または固定するような相互の関係をいう・・・係合とは、要素Aと要素Bが特定の関係(位置関係)を満たした場合に、両要素が一体化され、挙動を一にする関係・・・といった感じでしょうか????まぁ、これも、微妙にずれているかもしれませんが・・・

係止、係合とは、特許分野でよく使われるタームです。特許分野以外で通用するとは思えません。いや、特許分野でも、果たして通用するものなのかどうか?疑問です。具体的な意味は、その明細書の他の部分の表現や、図面などから推察する以外にありません。したがって、明細書によって、微妙に使われている意味が違うと、私は思っています。特許技術用語集では、係りあって止まること、とか、係わり合うこと、・・・などと、記載されておりますが、「なんのこっちゃぁ~」って、感じです。明確な定義はないと思いま...続きを読む

Q発明の実施の形態と実施例の違い

特許を書いているのですが、発明の実施の形態と実施例の違いがわからず、どういう風に書けばよいのか困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

出願される分野がわかりませんので的はずれになるかもしれませんが、化学特許の場合を例にしますと、
「実施の形態」 
一般的に出願の内容を実施する場合の必要要件をいいます。
特許出願内容を必要要件全てを示す箇所です。 従って最も重要な箇所といえましょう。

「実施例」
具体的な数値、条件、順序、原料などを記述した例を示す箇所で、そのとうり実施すれば特許出願の内容が再現出来る例を示す箇所です。
従ってだれでも再現出来る必要があり、不明確な表現や解りつらい表現はゆるされません。
従って「実施の形態」で「高温に加熱」で許される表現でも「実施例」では数値で示さなければなりません。

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Q特許の審査未請求って?

ある特許を調べていた所、既にある人が出願しており、その後公開となっておりました。しかし、審査について未請求と書いてあります。これって特許として審査していないから特許じゃないってことですか?出願から3年以内に審査を請求=未請求の場合みなし取り下げと特許庁のウェブにものっていますがどういう意味ですか?詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

基本的な部分の説明が抜けているようですので補足しますが、公開公報は原則として出願から1年半経過後に発行されます。現行法における審査請求期限は3年ですから、審査請求の期限が来る前に公開公報を作成しなければならないんです。従って、No.2の方が仰る通り、公開公報作成時点では審査請求されていないという出願はたくさんあります。公開公報の情報は鵜呑みにしない方がいいです。

さらに言えば、審査請求期限が3年になったのは平成13年10月1日の出願からであり、それ以前の出願については、審査請求期限は7年です。つまり、7年前の今日から平成13年9月30日までの出願については、まだ審査請求期限になっていないんです。

なお、審査請求されていないからと言って先行技術として無効というわけではなく、公開されて文献公知になっていれば、同一発明又は容易に想到し得た発明は特許されません。

質問文から推測するとttoru01さんはご自分で特許出願をするために先願調査をされているようにも取れるのでついでに言うと、現時点では文献公知になっていなくても、まだ出願から1年半経っていないから公開されていないというものだってありますし、さらには、国内優先権主張出願ができる期間を経過後に実施例の追加等を含めた補正をしたいような状況になった場合には、その出願については審査請求をせずに、実施例の追加を伴った分割出願をし、まだ公開されていないので検索でヒットしないというような場合だって、可能性として考えられないことではありません。(そういう出願が認められるか否かはまた別問題ですので、誤解のなきように。)

加えて、特許出願はされていなくても、文献に発表されていたり商品として販売されていたりすれば、特許にはなりません。

何が言いたいのかというと、先願調査を完璧に行うことは誰にもできないということです。特許明細書を含めた文献で類似発明が見つからなかったとしても、絶対に特許になるとは言えないんです。もしもそんなことを言う人がいたら、疑ってかかってください。

基本的な部分の説明が抜けているようですので補足しますが、公開公報は原則として出願から1年半経過後に発行されます。現行法における審査請求期限は3年ですから、審査請求の期限が来る前に公開公報を作成しなければならないんです。従って、No.2の方が仰る通り、公開公報作成時点では審査請求されていないという出願はたくさんあります。公開公報の情報は鵜呑みにしない方がいいです。

さらに言えば、審査請求期限が3年になったのは平成13年10月1日の出願からであり、それ以前の出願については、審査...続きを読む

Q同じ手法で目的が異なる場合

はじめまして。
学生時代に研究していた手法を別の目的に用いる事で特許申請する際には、大学時代の教授等に許可を得るべきなのでしょうか?
手法は学生時代に私が書いた論文の中にあるものでありますが、その手法を別の目的に用いることができないかと考えたところ良いものが思いつきました。
具体的には、情報工学の論文で書いた内容をビジネスモデルに応用できないかと考えて、思いつきました。
会社の知財担当者はまるきり同じでなければ良いといっておりますが、手法自体はほぼ同じであり、目的は違うということで悩んでおります。
アドバイスいただけたらありがたいです

Aベストアンサー

今回の発明(本発明)の発明者が誰かという問題と、今回の発明に新規性、進歩性などの特許性があるかという問題があるかと思います。

本発明の発明者は、多分、oais様になると思われます。論文に記載した内容と今回oais様が思い付いた目的との組み合わせについては、教授は何ら貢献していないからです。そして、我国特許法では、発明者又はその承継人が特許出願をすることができます。従って、法律的には、特許出願をする際に、oais様が教授の許可を取る必要はないことになります。

また、特許出願前に本発明の内容を教授に連絡した場合には、新規性を喪失して、特許が受けられなくなることも考えられます。教授に守秘義務があれば、新規性は喪失しませんが、Oais様が所属する会社と、教授とが守秘義務契約を結ぶということも大げさ過ぎて、現実的ではないように思われます。

法律は上記のように解釈されると思われますが、教授に何ら断りもなく特許出願をして、教授の機嫌を損ねるのも、社会通念上、どうかと思います。特許出願後に、一言、連絡した方がよいかもしれません。

次に、新規性、進歩性等について説明します。

化学の分野では、ある物質が知られていても、その物質の用途を見出した場合には、用途発明が成立します。教科書的な事例では、既知の物質DDTに殺虫効果があることが発見されれば、「DDTを有効成分とすることを特徴とする殺虫剤」という発明は、新規性がありますし、進歩性が認められる場合も多いです。

しかし、一般的に、用途発明は、機械や電気・電子の分野では成立しません。

ご質問の案件で、論文に記載されている内容(先行発明)と、今回特許出願をしようとする発明、特に、特許請求の範囲に記載されている発明(本発明)とを比較して、何が同じで(一致点)、何が違うか(相違点)を検討することになります。相違点が何もない場合には、本発明は新規性がなく、特許が受けられないということになります。相違点がない場合が、会社の知財担当者が言うところの同じ発明ということになります。

ご質問の案件では、この相違点が、目的の違いということになるのでしょう。我国の基準では、目的が違うだけでは、進歩性が認められない可能性が多分にあります。

なお、米国特許出願の基準では、目的が違うだけでは、新規性がないとされる可能性もあります。

何れにしろ、明細書作成者、できれば弁理士にその論文を見せて、検討するのを強く勧めます。

今回の発明(本発明)の発明者が誰かという問題と、今回の発明に新規性、進歩性などの特許性があるかという問題があるかと思います。

本発明の発明者は、多分、oais様になると思われます。論文に記載した内容と今回oais様が思い付いた目的との組み合わせについては、教授は何ら貢献していないからです。そして、我国特許法では、発明者又はその承継人が特許出願をすることができます。従って、法律的には、特許出願をする際に、oais様が教授の許可を取る必要はないことになります。

また、特許出願前に本発...続きを読む

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qa plurality ofは複数扱いですか?単数扱いですか?(特許翻

a plurality ofは複数扱いですか?単数扱いですか?(特許翻訳など)
特許翻訳などで、「複数の~」と言う言い回しの訳としてa plurality ofがよく使用されますが、これは単数扱いでしょうか?複数扱いでしょうか?
私の解釈としては、一群と言う意味合いだと思っていたので、”複数の”でも、
後に来る動詞は単数形を使用するのかと思っていたのですが、調べたところどちらも存在するようです。
例えば、
a plurality of bags is produced.
a plurality of bags are produced.
pluralities of bags are produced.

どちらが正しいのでしょうか?どちらも正しい場合、使い分け方法はありますか?
またpluralityとpluralitiesの違いは?複数形と言うのはわかるのですが、
どちらの意味も「複数の」である場合、解釈がわからず混乱しています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか主格の部分で a plurality of を使っている実例がないのですが、ご質問のような例では、バッグの一群という単体のものですので、is produced にあたりそうなものです。

つまり、

a plurality of bags is produced.
pluralities of bags are produced.

というのが筋のように思われるわけですが、実世界ではどちらでも are を使ってしまうようです。自然言語でもあり表現というのは時代によって曖昧に移ろうのですね。(特許を扱う方々には受け入れがたいことでしょうが。困ったものです。)


a plurality of * is - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=a+plurality+of+*+is&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

a plurality of * are - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=a+plurality+of+*+are&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

pluralities of * are - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=pluralities+of+*+are&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

なかなか主格の部分で a plurality of を使っている実例がないのですが、ご質問のような例では、バッグの一群という単体のものですので、is produced にあたりそうなものです。

つまり、

a plurality of bags is produced.
pluralities of bags are produced.

というのが筋のように思われるわけですが、実世界ではどちらでも are を使ってしまうようです。自然言語でもあり表現というのは時代によって曖昧に移ろうのですね。(特許を扱う方々には受け入れがたいことでしょうが。困ったものです。)


a plurali...続きを読む

Q優先権主張出願の審査請求期間

国内で基礎となる出願を元に、優先権主張して新たに特許出願をしましたが、その場合審査請求の期限は基礎となる出願日から3年だと思っていたのですが、あとから出願した特許の出願日より3年と電話で特許庁の人に言われました。これは本当でしょうか?だとしたらどんどん伸ばせるように思えますが何故でしょうか?

Aベストアンサー

審査請求の期限は、実際の(後の)出願日から3年で正しいです。

質問者さんは下記の点で誤解をされているようです。
>勿論、Aの記載内容の新規性はAの出願日を元に審査されるのですから、
→skiplawさんの回答の通り、優先権は累積して主張することができません。
 つまり、出願Bについては、新規性・進歩性の判断基準は出願Aのときになりますが、
 出願Cとなると、判断基準は出願Cのときになってしまいます。

したがって、優先権主張を重ねていけば、審査請求期限も特許権の存続期間も
どんどん延ばせることは確かなのですが、新規性・進歩性の判断基準時も
後ろへどんどんずれ込んでいくことになるので、デメリットが大なのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報