最新閲覧日:

みなさんは楽しい事って何ですか?趣味に打ち込むことですか?
私にはこれといって趣味がありません。
友達と遊びに行く事ですか?ときめく恋愛をするために出会いを求める事ですか?
いい服を着て、いい物を持つ事に命を掛け、見た目を着飾る事に夢中になる事ですか?
海外旅行に行きまくる事ですか?

もうすぐ私は30代になります。とにかく今までそういった遊ぶ事ばかりに夢中に
なって来たのですが、何だかふとばかげているように思えて来たのです。
「もっと他に考える事、やらなきゃならない事があるだろう?」と思うのです。
そう思うのは年とともに当たり前の事ですよね?気づくのが遅いぐらいですよね?
逆にいつまでも遊ぶ事しか考えていない大人の方が恐ろしいですよね?

しかしそう考えてばかりいると、この頃自分は「楽しむ」という事を
していないなと思ったのです。では何をしたらいいのだろう?
今まで「ただ遊ぶ」事以外の楽しみをして来なかったので、
実際何をしたらいいのかわからないのです。

できれば30代以上の方や、お若くても「ただ遊ぶ」ではない
楽しみをいている方のアドバイスをお伺いしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

33歳男性です。



・書道(19歳から習い始めて14年目になります)
・資格試験・検定試験の勉強
・行きつけのマッサージ店でスタッフと雑談しながら施術を受けること
    • good
    • 0

50歳男性です。



ひとつは、人や物との出会い、逆に疲れたときは、そのようなものから逃れるときの、自分の生き方を味わうのを楽しみにしています。

結構、自分の固定観念で把握しきれない展開などがあれば、面白いと感じたりします。

もうひとつは創作です。
仕事の延長の面もありますが、経済的な制約から少し外した趣味的な部分を加味して楽しみたいと思ってやっています。

いわゆる「遊び」自体を自己目的化してむさぼるような楽しみ方は、するタイプでもなく、する年齢でもないですが、何か面白いライフスタイルや出来事に出会えないかという意味では、遊び志向と自覚しています。
    • good
    • 0

もうすぐ28歳になる女性です。

「ただ遊ぶ」ではない楽しみ、ですよね。「ただ遊ぶ」の部類に入るのがカラオケとか合コンとかだとしたら、私ももうそういうことには興味のない年齢だなあ…
最近の私の「ただ遊ぶ」ではない楽しみはというと、「5ヶ年計画作成」です。
エクセルでこれから5年のうちに達成したいことを年割、月割り、日割りのスケジュールで作ります。とりあえず私は5年以内に大学院に入ることを目標にしているのですが、それにかかる資金を今の給料をどうやって割振るべきか、とか計算して積立にしたりしてみます。1年計画はもう少し細かい目標ばかりで、英語検定とかTOEICとか、翻訳講座を受講&終了予定日まで書いてあります。日割りスケジュールにはポストイットで各目標(大きいものから小さいものまで)今日のTo Do Listをペタペタつけています。毎日少しずつ達成されていくのを見て、千里の道の三歩くらいは進んだかな?などと思ってほくほくしています。やりたいことが変わったりもするので、随時更新しています。これ、趣味です。
計画して実施する、ということをやる前は、図書館の気になる本をガッと借りて一気に読むとか、大学の時のノートをまとめようとしたり(これはいつも挫折するため、半永久的に続く楽しみです)してました。こういうの好きな人にはオススメですね。
もっともっと時間があったら、陶芸とかジュエリー作成とか、編み物とかクリエイティブなこともしてみたいなあって思います。
shibako74でした。
    • good
    • 0

32歳男です。


みなさんとダブるかも知れませんが。

遊びの範囲が分かりません。
自分が楽しいこと=遊びと考えています。
つまり、日常を趣味にしてしまうのがストレスが少なくていいですね。

何か興味の湧くことは無いですか?。身近なところで親や兄弟姉妹は何か趣味を持っていますか?。一緒に取り組んでくれる人がいれば、最初は分からない事でも、教えて貰えるので、長続きしやすいでしょう。
仲間は必ず友人である必要は無いんです。
仮に友人が何か一生懸命になっている趣味は無いんですか?。あれば、それに興味がありますか?。
もし、何を趣味にしていいのか分からなければ身近なところから趣味に転換してしまう手があります。

では、私の例を挙げましょう。


料理:楽しめば上達も早く、作ったものを食べる楽しみがあり、一石二鳥。できれば、何を作るのでは無く、安い材料を用意してそれで何か作る方が絶対面白い。

ガーデニング:相手が生き物だけに1年目は失敗に終わることは多いかも。でも、上手く育ったときの喜びは言い表せない。特にハーブ類だと、料理にも使えるし、スーパーのドライハーブと違って香りが良く、新鮮でいつでも摘み立てが使えるというメリットが大きい。プランターでもOKです。ちなみに園芸と呼ばれるころからやっていたので、基礎知識は小学校2年でマスター。今は手間にならないくらいのペースで楽しんでやっている。

山菜採り:自然の中で、山の幸を分けていただく。運動にもなり、おいしい空気が吸える。山菜料理は一般人が加工済みや栽培ものを食べている時に山で採ったものをその場で天婦羅や御浸し、味噌汁や刺身で戴く。この上ない幸せ。山に行くときはオニギリだけで充分。
いわゆる、漁師さんの食べ方が一番おいしいというのと同じ。TVで高級料亭などの山菜の料理が紹介されると、「勝ったな」と思うのは言うまでも無い。

海:浮き輪で波間を漂いながらゴーグルとシュノーケルで海の底を眺めている。(たまに流される)少しだけ海の幸を戴く(トコブシ・タマキビ・海草など)。鍋に入れて海水半分と真水半分入れて煮る。これがまた美味い。海水の中のミネラル分を補給するのにも役立つ。海水浴は肌を丈夫にする。(日焼けは程々に)

原チャリ:スーパーカブ50でチンタラ県内を散策。馬鹿に燃費が良く、満タン(3.3L)で軽く150kmは走れる。体重が軽い人なら多分倍は走れる。車と違って、駐車場を探さなくてもいいので、道端にちょっとしたスペースを見つけて停められる。甘味処や、蕎麦屋、美味いラーメン屋を回ったり、デジカメ持ってパソコンの壁紙探し。
キャンプ道具を満載して、温泉のある野営場を探すのも楽しい。日常と違う時間を楽しめる逸品だね。

温泉:山の河原に沸くお湯が勿体無くて始まった趣味。仲間に入れて貰った。(というか仲間にされた)手作りの温泉。全国放送でTVにも映った。夏は毎週バーベキュー。
温泉入って飲んで食べて車で寝る。朝起きたら温泉入って夕方までのんびり。

取りあえず現状で楽しいと思えることの一部です。趣味はいくらでもありますし、いくつかはセミプロ級のもあります。まあ、仕事でパソコン使ったり、手書きの書類を全部自動印刷に切り替える作業も楽しいし、ITだなんだと意味も分かっていない連中の相手をするのも遊びのひとつ。
日常を趣味にしていくのも楽しいですよ。

これらは男女問わずできそうなものばかり。ただし、今の若い女性が興味を引くのは料理とガーデニングくらいでしょうか。それ以外のは、オヤジくさいかも知れませんね。
    • good
    • 0

今までawityさんは


>とにかく今までそういった遊ぶ事ばかりに夢中に
>なって来たのです

が、楽しい事だったのではないかしら。
お付き合いでしょうがなく友達と遊んでいたのではないと思うし。

awityさんが年齢と共に楽しいと思える事が
変わってきているところなのではないでしょうか。

おかしなたとえですが、17・8才頃の好きだなと思う男性の好みと
少し、人生で経験を積んでからの好みって少しだけでも
変わってきていませんか。

私の従兄弟(男性30代後半)は、奥さんと20代で知り合っていたら
絶対結婚しようとは思わないタイプだと言っていました。

人間って好みや考えが変わらない人もいると思いますが
変わる人も大勢いると思いますよ。

「遊ぶ」と一口にいっても人それぞれ。
勉強を遊び感覚と捉えて楽しんでいる人もいるかもしれません。
awityさんの求めている物はやりがいや充足感、満足感、達成感、こんな感じかなぁ。

仕事では、それが満たされていない状態なのかもしれませんね。

楽しいと思える事はいろいろな場面であると思いますよ。

これは趣味の話ですが
私はたまたま、家の観葉植物が枯れる寸前で、見るに見兼ねて
本を読んで、原因を考えユッカという観葉植物が枯れずにすみました。
それまでは、家にある木にも興味なんてなかったです。

でも、ユッカとの事があってから、植物に興味が湧いて
最初は観葉植物でしたがそれが園芸に変わって大根を鉢で育て収穫。
自然の育て方をしたいと本をあさって読んで防虫の自然除去方法を探したり。
それからハーブや、普通の花を育てる事もとても好きになりました。

黙っているけれど、お日様に当てたりちゃんと育てると
花を咲かせてくれたり、緑が美しい鮮やかな色になってくれます。
ちょっと凝りすぎて、生活に支障が出て今では控えなきゃと思っていますが

何故こんなに好きなのかと考える事が時々あって
その答えは’やった事に対して応えてくれるから’です。
そして、果てにはアロマセラピーも好きになりました。
友達に芳香スプレーをあげたり、ハーブティーを飲んで楽しんだり。

友達で結婚10年程の子が居ますが子供は嫌いで子供はいません。
でも、観葉植物が好きで彼女も枯らしてもまた挑戦!をして育てています。

あと、楽しみとは違いますが充足感から言うと、自分のした事で
相手が喜んでくれた時。嬉しいですね。

何かをやってみて充足感を得られるか感じてみて、駄目だったらまた次へ!

友人と話す事も十分意味を持つと思いますよ。
20才頃はただおしゃれや彼の話だったのが
私の場合、最近は変わってきています。

人生についてちょこっと話してみたりする場面がありますもん。

独身のうちにしたい事はしておいた方が良いと思いますヨ。
器用な人は結婚してからでも始められますが、
家事に追われ、自分の事をするの難しいから今のうちにしておいた方が良いと
先日も結婚したての知り合いに言われましたから。


きっとawityさんのいい意味での変わり時なのではないですか。
こういう事を考え疑問に持つ事のできるawityさんだってステキだと思います。
頑張って下さいネ。
    • good
    • 0

楽しみ.「食って寝る」でしょう。



遊びならば.以下のサイトは十分楽しめます。
http://www3.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/

大学関係サイトをさまよっても楽しめます。以前某大学の放射性製剤の調整方法をみつけて.楽しんでいました。疲れたのでその日は止めて.翌日がいとうサイトにつなごうとしたら.403エラー(アクセス権がない)で締め出されてしまいました。某大学図書館も.その日はつなげられたのに.翌日には締め出されてしまいました。この学校は私の専門とする分野では日本有数の学校です。今の若い人がどのような本を見ているかと.検索してみたかったのですが.検索する前に締め出されてしまいました。
    • good
    • 0

 私は創作活動が楽しいです。

・・・

(仕事は事務で、周りには海外旅行とか食べ歩き、買い物の好きな人が多く、私はそうでないので結構寂しい想いはしています)

 作詞、作曲、3分間スピーチみたいな原稿書き。
下手な脚本や小説のまねごとも。歌詞の英訳も。
あと、創作ダンスも。。時間とメンバーがあったら、群舞の振り付けも凄くやりたいのですがね。
TV番組やCMを見るときも、見せられる側でなくて、創って見せる側の気持ちになってしまう(笑)。

 見つめ直すことや何度も書き直すことが、楽しい。

 別に、「無から有を生み出した」からどう、とかではなく、「見つめること自体」が好きなんだと思います。
書き直すのは、そのもっとも有効な手段。
 
 OKWebも(そういう使い方で良いかどうか自信ありませんが)自分の見解をまとめてみる面白さ、自分探し(?)のためにやらせて頂いているような感じです。。。

 
それからバンドで楽曲を創るときは他人と話し合う楽しさがあるし、ライブでは表現する喜びがあるし。。。

 ・・・なのですが、最近、モティベーション不足を感じていて。

 結婚までが波乱万丈(なんて言葉を使うべきかは疑問ですが)だったのですが、とりあえず今は清貧・幸福。
 もし、子供を授からなかったら、何か、情熱を持て余しそうというかなんと言うか。
 早く、子供に振り回されて苦労したいような、そんな考え方ではいけないような、なんとも表現し難い「暇」感です、暇ではないんですが。(笑)
体力がなくなってしまったし、お金使うのも嫌いだし。・・・

 そういう意味で、質問者さんの、「なにか、やらなきゃ」のようなお気持ちには、共感してしまう点があります。
    • good
    • 0

ただ遊ぶというのは‥


学生さんたちのお付き合いでカラオケで思いっきり唄って‥というのは,発散であって,遊びではないですネ‥
夏に深夜の昆虫採集をするというのは,童心に帰っての遊びといえるでしょうか。

私にとっての楽しみというのは‥学ぶことかも知れません。
「勉強」と聞くと,拒絶反応を起こす方も多いと思いますが,知らなかったことを知ることというのは楽しいことです。

研究でも行き詰まったかのように思えたときに,何日も何日も,時には何ヶ月もの間,うんうんと唸って悩み続けて‥そんなときに,突然ふと解決に向けてのアイデアが浮かんでくる‥なんとも言えない快感で,楽しみですネ。

勤務時間外に参加しているいくつかの研究会や勉強会で,その道の第一人者たちの話を聴き,そして徹底的に討論する‥至福の時間です。
すぐれた方々と交流しあい,互いに思うところをぶつけ合うことができる。この楽しみは他に変えることができないものですネ。
自分が努力し続けていけば,自然と周囲の人脈も変わってきます。そして,楽しみというのもたくさん発見することができるようになると思います。
私はそうでした。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

普段から、ただ遊ぶ、ただ仕事する・・・を繰り返している身からすれば、『「ただ遊ぶ」ではない楽しみ』というのがどういうものなのか想像するより他ないのですが、


個人的に思うのは
『充足感や達成感』を伴っているか・・
『(している間に)苦痛以外の新しい喜び』を見出しているか・・
が大きな分かれ目ではなかろうか?というものです。

子育てにしても、漫然と育てていれば何も発見されないし楽しみにはなりえません。
子供が育った結果という達成感が日々得られているということで(私もそうですが)世の中の親は『楽しみ』と考えているのだと思うのです。そして難しい問題に出会いながらも、ふとしたときに喜びを感じるからこそ継続していけるのだと思います。
仕事についても同じでしょう。仕事を楽しんでいるような人というのは『何がしかの目標設定』と『その達成』を楽しんでいるほか、辛い仕事の中に時々垣間見る何かを見つけるのだと思います。
遊びについても同じです。漫然と出かけたり購入するだけでは空しさを感じて当たり前です。研究したり、同じ趣味の人と交流を深めたりすることで、先ほどの『何がしか』が得られるのだと思います。趣味に没頭する楽しみなんてそんなもんですよ。
このサイトの参加にしたって、ただ眺めてるよりは何か書き込んで参加したほうが楽しいでしょ。点取りや回答をただ重ねるのでも楽しいんですよ。(数字で表されるのは結構目標になりますし(笑))楽しみ方にはマニュアルはありません。自分でいいものが見つかればいいんですよ。

awityさんとほぼ同世代(多少のことは目をつむってね)と考えてアドバイスするとしたら、
『無理にやりたいことを探さないこと』
『あっコレいいな。と思ったら、迷わずはじめること』
です。
10代20代と違って年齢を重ねるとそれなりにブレーキの掛け方を覚えてしまいます。また感動するものはそんなに多くはないです。
今までやってきたことをゆっくりと思い出して・・「あああれ面白かったな」と思ったことがあれば片手間で調べ直してみたらいかがでしょう。新発見があるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

>逆にいつまでも遊ぶ事しか考えていない大人の方が恐ろしいですよね?



どきっ。私の事でしょうか。
でもまあ、人はいずれ死んでしまいます。ストイックに生きるのも享楽的に生きるのも人生です。反論も多いと思いますが、人生にスタンダードはないと思っています。一般的にやるべき事というのはあるでしょうが、模範的な人生が必ずしも満足な人生というわけでもないと思います。

ばかげているように思えてきたのは、そういう方面の事に興味が薄れてきた、という事だと思いますよ。楽しむ、というのは、興味の持てる事を捜して試して、その結果の事だと思います。何をすれば楽しいのかは人それぞれで、趣味も嗜好も現実に様々なものがあります。

なにか面白い事はないか?と、そういう意欲を維持し続ける事が「やるべき事」なのではないでしょうか。人が喜ぶ事がとても楽しい、といった発見なんかもあるかもしれません。親孝行や恋愛などというのはその線上にあるのではないでしょうか。

精神的にもいろんな経験を積んできてるわけですから、過去楽しかった事がむなしく感じたりする一方で過去つまらなかった事が意外に楽しかった、ということもあるわけで、必ずしも未知のものに探し物があるわけでもないと思います。

同じ事でも、義務感でやるのと望んでやるのとでは気分は相当違うと思います。精神的な分岐点で、その瞬間の気分に支配されてニヒリスティックになるのだけは、視野を狭くするだけで良い事はないと思います。
人生とは?などと考えているうちに肝心の自分の人生は終わってしまいますよ。

ちなみに、私の今の楽しみは、魚釣りとこのサイト、あとは、たまに行く夜の街でのお酒かなあ。親戚の独り住まいのばーちゃんのところへ遊びにいくのも、喜んでくれるので嬉しかったりしますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ