先日私の母宛に一通の封書が参りました。それは品代金が未納なので早急に入金して欲しいとのある婦人服店からの物でした。代金は一万九千八百円とありました。
 ところが私の母は、もう15年近くも前に父と離婚して(私は父の元で暮らしています)、それ以来直接合ったことはありません。
 明らかに母は離婚前に品物を購入しており、ということは最低でも15年近くは経っていることになります(ただ、もし以前にもこういった封書が届いていたとしても、父が見つけた場合中身を確認しないで捨てていた可能性があります)。
 本当に母が代金を踏み倒していたとしたら、その点に関しては息子として申し訳ないとは思いますが、果たして離婚して関係性が断たれていて、なおかつこれだけの年数が経過していても私どもには支払い責任はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問者やお父さんが「保証人」になったりしていない限り、


母親の債務について弁済する法的責任はありませんが、
失礼な話母親が亡くなっていた場合で、その債務を相続した
のなら話は別です。ただ相続は放棄できますので、心配は
ないかと思いますが。

また前の方が時効について回答されていますが、15年前
の債権について今頃督促してくることは通常考えられない
ので、お母さんが最近購入したものなのではないですか?
住所を質問者のところにして買ったのではないかな・・。

「明らかに母は離婚前に品物を購入しており」
と判断された理由がよくわかりませんが、私にはそう
思えましたので・・・・。

支払い責任とは別の次元でその店に連絡してあげることを
お勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。お店には私の方から連絡するようにいたします。

お礼日時:2000/12/24 03:12

結論として、あなたや離婚されて久しいお父さんには全く支払責任はありません。



ただ、お母さんですが、離婚前に購入されたものなのかどうか、文面では、請求書が自宅に来たからお母さんが離婚前に買ったものと思われているようですが、可能性として、お母さんが離婚してから以後に買ったものかもしれないし、まったくお母さんに関係ないことかもしれません。
やはり、ここはお母さんに連絡されて、もし2年以上前に買ったもので、時効が完成しておればお母さんも別段払わなくても良いでしょうが、2年経っていなかったり、中途に請求が来て支払うという返事などをして時効が中断されている場合には、やはり支払うように言ってあげるということになるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 takeup様の母が離婚後に買ったのではないかという点に関しましては、このお店は私の住んでいる所の近くであり、母は離婚後にかなり遠方に移り住んでおりますので、その可能性は少ないと思いますし、そこまでして支払いを逃げるほど悪どい人ではないと息子としては思っています。

お礼日時:2000/12/24 03:23

離婚しているとかいう問題ではなく、例え同居であっても、お母さんの買い物の代金支払い義務は息子であるあなたや夫であるお父さんにはありません。



お母さんの住所がわかっているなら、お店に伝えてあげて下さい。

時効云々はそれから先の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 とりあえず私がお店に連絡して、対応について話し合ってみたいと思います。

お礼日時:2000/12/24 03:39

道義的には責任があるかも知れませんが、15年もそのままにしておいた婦人服店にも本当に回収したい意志があるのか疑ってしまいます、


いずれにしても、商品代金の時効である1年を過ぎているので、お母さんが時効を理由に支払を拒絶することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 道義的という点におきましては、私も心を痛くしております。お店の方には私から連絡をしようと思います。

お礼日時:2000/12/24 03:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車を購入したのは母で使用者も100%母です。新車登録から8年経過した走行距離3万キロの日産のマーチ。
後は、差し押さえるような父名義の私物はありません。

要は、父名義の家ですが行方不明の父なので生活実態が我が家には何年もありません。
借金の額は70万位ですが、連絡すらつかない父の肩代わりをするのも嫌です。
おそらくほかにも数100万くらい借りていると思うので、
肩代わりしてもきりがありませんし、そんないい加減な人間に肩代わりする気もありません。

この場合車などの差し押さえはされるのでしょうか?
また、裁判所等にどのように対応したらいいのでしょうか?
家は近々、出ていく予定です。

どうか知識が御有りの方、助けてください。

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車...続きを読む

Aベストアンサー

裁判所からの出頭要請には従ってください。
推測の域を出ませんが、母親が連帯保証人にされている可能性が高いと感じます。もし、そうであるなら連帯保証人は偽造であるということを裁判所で証明しなければなりません。証明できないのなら自己破産も視野にいれなければなりません。いずれにしても状況把握しないと先に進めません。出頭要請を無視すると全面的に相手(多分サラ金)の言い分を認めたことになります。

Q代金を踏み倒すのは何罪?

こちらのミスに付けこみ、取引先が代金を支払ってくれません。
金なんか払ってたまるか!」、「ぶっ殺すぞ!この野郎!」などと脅迫し、結果的に支払うべき代金を踏み倒しました。
このように、相手を威嚇し、支払う意思が明らかにないという場合、刑法に該当するのでしょうか?
該当するとすれば、具体的な罪名はなんでしょう?

Aベストアンサー

取引先が、最初から難癖つけて代金を踏み倒すつもりで取引をしたのであれば、商品を騙し取ったこととなり、刑法246条1項の詐欺罪に該当します。
【(詐欺罪)刑法246条1項 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。】

また、取引先が「ぶっ殺すぞ!この野郎!」と言ったことは、それ自体が刑法222条1項の脅迫罪に該当する可能性があります。脅迫にあたるか、単なるいやがらせにすぎないかの判断は、発言の内容や状況を総合的に考慮してなされます。
【(脅迫罪)刑法222条1項 生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。】

取引先が相手を威嚇して代金を踏み倒したことに関しては、具体的状況によりますが、恐喝して財産上の利益を得たとして、刑法249条2項の恐喝罪に該当する可能性があります。
【(恐喝罪)刑法249条1項 人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 刑法249条2項 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。】

取引先が、「殺すぞ」と繰り返し脅したり、悪質な営業妨害をほのめかしたり…といった、こちらを畏怖させるのに十分な害悪の告知があり、代金請求を断念せざるを得ない状況に追い込まれたのであれば、恐喝罪に該当する可能性が高いでしょう。

ただ、上記の結論は法の建前ではそうなるという話で、もし告発するなら文書やテープなどで脅迫の状況を証拠にとっておく必要がありますし、そもそも、このようないわゆる「民事崩れ」の事件に対しては、よほど悪質でない限り、あまり警察は協力的ではありません。

無理矢理にでも代金を払ってほしいのであれば、民事で代金請求訴訟をして強制執行をかければ、取引先に財産がある限り、代金回収は可能かと思います。そこまでしなくても、弁護士をつけて、こちらは刑事告発および民事訴訟の準備があることを伝えれば、態度を軟化させて代金を払ってくれることもあるかと思います。

取引先が、最初から難癖つけて代金を踏み倒すつもりで取引をしたのであれば、商品を騙し取ったこととなり、刑法246条1項の詐欺罪に該当します。
【(詐欺罪)刑法246条1項 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。】

また、取引先が「ぶっ殺すぞ!この野郎!」と言ったことは、それ自体が刑法222条1項の脅迫罪に該当する可能性があります。脅迫にあたるか、単なるいやがらせにすぎないかの判断は、発言の内容や状況を総合的に考慮してなされます。
【(脅迫罪)刑法222...続きを読む

Q代金を踏み倒して消えた会社が

私はDTPのSOHOをやっています。
数年前から小さな会社Aの下請けを時々やっていたのですが、徐々に代金の支払が遅れるようになり、10万円ほどの支払が半年遅れたところで連絡をとろうとしたところ、メールを出しても返事はなく、会社の電話も社長個人の携帯もつながらなくなっていて、ホームページもなくなっていました。会社Aが倒産したのか廃業したのかは不明です。

ところが、思いつくかぎりのキーワードでネットの検索をすると、同一人物が同じ住所で別会社Bを経営していることが分かりました。
とりあえずその住所に今も社長がいるらしいことが分かったので郵送での請求の道が残されたのですが、宛名をどうしたらいいのか分かりません。

仮に本来の通り会社Aあてにした場合、宛先不明で帰ってくる可能性が高いですね?
そして会社Bには支払義務はないですよね?
会社名義抜きで社長個人(発注担当本人でもあります)に直接請求していいものなのでしょうか?
それとも、すでに存在しなくなった(と思われる)会社に対する請求自体が無効になってしまうのでしょうか?

相手の住所はかなり遠いので直接出向くのは現実的ではありません。残された細い糸が切れないように慎重に行動したいのですが、良きアドバイスがありましたらお願いいたします。

私はDTPのSOHOをやっています。
数年前から小さな会社Aの下請けを時々やっていたのですが、徐々に代金の支払が遅れるようになり、10万円ほどの支払が半年遅れたところで連絡をとろうとしたところ、メールを出しても返事はなく、会社の電話も社長個人の携帯もつながらなくなっていて、ホームページもなくなっていました。会社Aが倒産したのか廃業したのかは不明です。

ところが、思いつくかぎりのキーワードでネットの検索をすると、同一人物が同じ住所で別会社Bを経営していることが分かりました。
とりあえ...続きを読む

Aベストアンサー

>会社Aが倒産したのか廃業したのかは不明です。
>同一人物が同じ住所で別会社Bを経営していることが分かりました。
>会社名義抜きで社長個人(発注担当本人でもあります)に直接請求していいものなのでしょうか?

社長個人に請求していいか? あくまで会社Aだけか? 同一社長だから会社Bに対しても請求できるか? と云うご質問と考えます。
まず、会社か個人かはjunkoktxさんが最初に請け負い契約する際、だれとの契約かによります。どうも契約書は作成してなさそうです。そうだとすれば「個人」を相手として、例えば、裁判所に「支払催促」の申立をしてはいかがでしよう。簡易裁判所に行けば用紙でありますから聞きながら書き込み提出して下さい。万一、相手から異議の申し立てがあれば訴訟となりますが、その時は反論すればいいでしよう。もし、「細い糸が切れないように慎重に行動したい」なら、又、請け負い契約を継続したいなら、遠くでも直接合い、話し合って、残債額を折り込んで新たに契約書を作るべきです。
なお、junkoktxさんと会社Aとの契約なら、直接に会社Bを相手として訴訟はできませんが裁判所の手続き(そうでなくても)では、会社B内会社Aと送達宛としてかまいません。その場合(会社Aとの契約)は被告を会社Aとその社長個人と両方を被告とします。会社が相手であっても、その責任が個人に及ぶ場合があるからです。

>会社Aが倒産したのか廃業したのかは不明です。
>同一人物が同じ住所で別会社Bを経営していることが分かりました。
>会社名義抜きで社長個人(発注担当本人でもあります)に直接請求していいものなのでしょうか?

社長個人に請求していいか? あくまで会社Aだけか? 同一社長だから会社Bに対しても請求できるか? と云うご質問と考えます。
まず、会社か個人かはjunkoktxさんが最初に請け負い契約する際、だれとの契約かによります。どうも契約書は作成してなさそうです。そうだとすれば「個人」を...続きを読む

Qネット詐欺、代金踏み倒し、消費者センター、少額訴訟

こんばんは。ネットショップを運営している者です。
当店は代金後払い制です。先日、商品をあるお客様にお送りしました。ご入金が遅いので、お電話したところ、留守番電話です。何度掛けてもつながりません。当然、メールや配達記録をお送りして入金の催促を致しましたが、お返事も無いままです。郵便局に問い合わせたところ、お送りした荷物も配達記録も、「翌日には先方様が受け取られ、印鑑またはサインを頂戴している」と確認できました。その後、内容証明に被害届を出す旨を記載し、発送したのですが、何日経っても先方様が受け取りません。

とうとう、警察に相談に行きました。
警察の方が、申し込みの際に記入されていた電話に掛け、その相手は全く関係ない人だと判明。そしてついに、警察の方が送り先住所に住む方の電話番号をGET。ご注文者と思われる人は、「注文した覚えは無い。受け取った覚えはない」と主張。郵便局に、「配達済みの伝票がある」と、私が直接問い詰めたところ、「商品は受け取った。でも、注文した覚えが無い」とのこと。
当店から送ったメールや、配達記録は、「見ていなかった」と発言。結局、8点のご購入品のうち、数点はご注文者の自宅にあり、開封し、食器棚に収納したり、どこに行ったかわからない」とめちゃくちゃな主張。
私は、代金のお支払いを要求しました。そして、断られました。
「注文に覚えの無い商品を開封した(使ってないと主張)ところで、支払い責任は無い」と相手様はおっしゃいます。
「今、手元にあるグラスなどは返します。返せない物もあります。使っていませんが、見当たりません」と。
返せないものについて、せめてそれだけでもお支払い頂くよう、今、お願いしているところです。
相手様は、「弁護士に相談する」と言っています。
私は、泣き寝入りするしか無いのですか?
とりあえず、明日消費者センターに行きます。

こんばんは。ネットショップを運営している者です。
当店は代金後払い制です。先日、商品をあるお客様にお送りしました。ご入金が遅いので、お電話したところ、留守番電話です。何度掛けてもつながりません。当然、メールや配達記録をお送りして入金の催促を致しましたが、お返事も無いままです。郵便局に問い合わせたところ、お送りした荷物も配達記録も、「翌日には先方様が受け取られ、印鑑またはサインを頂戴している」と確認できました。その後、内容証明に被害届を出す旨を記載し、発送したのですが、何日...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

専門家ではないので、間違った先入観をもたれるのは困るのですが・・・

サイトの運営形態として、その申し込みが、真に申し込まれたと判断するためには、専門的な調査や法的差押さえが必要になります。
端的に言えば、訴訟を起こし、サーバなどの記録を裁判所に対して提出させる命令をいただく手続きをとることになります。
・民事訴訟法による訴えの提起時「証拠保全」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#1002000000004000000007000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

その他の収集法
・弁護士法23条の2 弁護士会による照会
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO205.html#1000000000000000000000000000000000000000000000002300200000000000000000000000000
・民事訴訟法による「訴えの提起前における証拠収集」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#1001000000006000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
訴訟継続中の「当事者照会」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#1000000000000000000000000000000000000000000000016300000000000000000000000000000


今回の場合、請求金額がそんなに高額にはならないと思いますので、訴訟に要する金額と回収できる金額とを天秤にかけた場合、費用倒れになるかと思います。

やはり、少額訴訟を起こし、管理責任で『損害賠償請求』するのがよいのではないかと思います。

>証拠は、その他何が認められますでしょうか?
・受注票
・荷物の発送票控
・追跡可能ならば、その状況など
・発送した内容証明書・請求書控などの書証
(*だれかの注文により『通常業務』として発送し、相手に商品が届いていて、支払い請求・内容証明などで再三の請求により間違いと気づいているのに、連絡・返送手続きを取らなかったことを主張証明すればよい。)

具体的な内容は、お近くの役所などの法律相談や、司法書士、弁護士など専門家にご相談ください。

#4です。

専門家ではないので、間違った先入観をもたれるのは困るのですが・・・

サイトの運営形態として、その申し込みが、真に申し込まれたと判断するためには、専門的な調査や法的差押さえが必要になります。
端的に言えば、訴訟を起こし、サーバなどの記録を裁判所に対して提出させる命令をいただく手続きをとることになります。
・民事訴訟法による訴えの提起時「証拠保全」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO109.html#100200000000400000000700000000000000000000000000000000000000000...続きを読む

Q離婚の調停に出られなくて裁判になりました。母が父から嘘の内容で90万請求されてます。

両親は10年ほど前から仲が悪く、母が半年前に離婚を切り出しました。その時は父は離婚を断ってましたが3ヶ月前に父が調停を申し込みました。母は働き出したばかりだったので調停の曜日の希望を父に言っていたのに3回とも全然違った曜日で出られませんでした。4回目は二人で話し合った通りの曜日になったのですが調停の3日前に勝手に父が調停を引き下げ、母には調停の期間をすぎたため裁判になると嘘をつきました。それから父は、母がふすまを強くしめただけでも警察をよび、隣の人に大げさに助けをもとめにいったりするようになりました。次の日には普通に声をかけごはんの支度や洗濯を母にさせてます。父が通帳も母がおろせないように全部管理しだして、食費しか母に渡してません。この間、裁判の内容が母に送られてきたのですが離婚の内容が母が父に乱暴を働き包丁で斬りつけたり・・と全くのうそ事で裁判で負ければ90万罰金がくるとのことでした。私は現在家をでており毎日電話で母の相談をずっと聞いてきました。内容については全部みてきた弟2人は違うといっています。でも長男は裁判の日仕事を休めず、次男は人間不信になりものすごく無口で人前で発言できるかわかりません。父は弁護士をやとっていますが母はお金がないのでやとえません。近所の人は父の味方だし警察をよんだ記録もあり不安です。父と話し合いたいのですが、仕事が終わったあと家にも帰らずどこにいるのかわかりません。あと2週間しかありません。勝つにはどうしたらいいでしょうか。負けた場合、母は財産や引っ越し資金等は分けてもらえるでしょうか。

両親は10年ほど前から仲が悪く、母が半年前に離婚を切り出しました。その時は父は離婚を断ってましたが3ヶ月前に父が調停を申し込みました。母は働き出したばかりだったので調停の曜日の希望を父に言っていたのに3回とも全然違った曜日で出られませんでした。4回目は二人で話し合った通りの曜日になったのですが調停の3日前に勝手に父が調停を引き下げ、母には調停の期間をすぎたため裁判になると嘘をつきました。それから父は、母がふすまを強くしめただけでも警察をよび、隣の人に大げさに助けをもとめにい...続きを読む

Aベストアンサー

離婚請求事件ですか・・・

「法律扶助協会」の話題が出ていますが、弁護士費用の立て替えの審査に1ヶ月程は掛かります。
お金は持っておられないようですから、その点ではクリア出来ますが、他に最低でも和解が見込まれることが弁護士費用の立て替えの条件になります。そして、弁護士が事件に着手する時点から毎月、弁護士代を返還して行かなければいけません。月に一万ぐらいです。

これは、裁判で敗訴しても返還の義務が生じますので、そのことはよく理解しておいて下さい。

とにかく、一審で弁護士が間に合わなくても、二審にて弁護士を付けることは可能ですから、最低でも今の時点では、答弁書を提出して、期日に出向くことです。そうすれば欠席裁判は免れます。本人訴訟で取りあえず出て、一審で敗訴しても控訴審がありますから「法律扶助協会」でよく相談して貰って下さい。

「法律扶助協会」が混んでる場合は、お近くの弁護士会の有料相談も有効です。30分5、000円は掛かりますが、法律扶助を担当してる弁護士に当ると、そのまま弁護もやって貰えるケースが結構あるんです。「法律扶助協会」サイドも急ぎの人には薦めているやり方です。

訴状の内容ですが、原告が事実を主張していないことなどは、民事はいくらでもあります。気にしないで下さい。その為に被告も反訴などが出来るようになっているんです。お母様の弁護士に頑張って貰うしかありません。

>勝つにはどうしたらいいでしょうか。負けた場合、母は財産や引っ越し資金等は分けてもらえるでしょうか。

裁判はやってみないと分かりません。また、離婚事件は和解勧告が殆ど出されますから、その場合は協議離婚です。裁判離婚は全体の離婚の2%程度なんですよ。

勝ち負けとかは今は考えないでおきましょう。

離婚請求事件ですか・・・

「法律扶助協会」の話題が出ていますが、弁護士費用の立て替えの審査に1ヶ月程は掛かります。
お金は持っておられないようですから、その点ではクリア出来ますが、他に最低でも和解が見込まれることが弁護士費用の立て替えの条件になります。そして、弁護士が事件に着手する時点から毎月、弁護士代を返還して行かなければいけません。月に一万ぐらいです。

これは、裁判で敗訴しても返還の義務が生じますので、そのことはよく理解しておいて下さい。

とにかく、一審で弁護士...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報