ねずみ撃退に有効な超音波装置の作り方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> ねずみが嫌う周波数は15KHz~20KHzなのですが


> 低コストで作製可能でしょうか。

単に15K~20KHzの発振回路なら低コストで簡単に出来ますが...
市販のねずみ駆除用の物を調べたことは無いので、何とも言えませんが、
人間の可聴領域にかかるくらいのところですし、聞こえなくても人体に
影響があるとか考えられるので、出力、波形などノウハウがあるのでは??

単に発振回路の話をすれば、大きく分けると正弦波発振回路と弛張発振
回路があり、それぞれLC発振回路・水晶発振回路・CR発振回路とマ
ルチバイブレーター回路・ブロッキング発振回路があります。
アナログ回路なので、部品の値段は知れていますし、これに増幅器とス
ピーカー(ツゥーイーターなどの高域の周波数特性を持ったもの)を組
み合わせればいいです。

柔軟性を考えるなら、低い周波数なのでCPUやUPP(ユニバーサル
パルスプロセッサ)と呼ばれる類の物を使ってプログラムで色々作れそう
ですがちょっと高くなるかな。

回路的な知識がどれくらいなのか分かりませんが、基本的な回路は本屋さ
んの電子工作の所や、HPを探しても載っていると思いますので参考にす
れば出来ると思います。

市販品の値段から考えてそれほど複雑なことをやっているとは思えません
が、そう高いものでもないので、1つ購入して周波数特性や出力などを調
べて、自作に反映するのがいいような気がします。

あまり良いアドバイスでなくてすいません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただきありがとうございます。
すごく参考になりました。
なんとかガンバッテみます。
またわからない事があったら、よろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/25 00:31

ひとつお聞きしたいのですが、あなたは電子回路に対する知識を


お持ちですか。
まったくの素人というのなら「無理」です。

でもまあ一応。
発振機はICを使えば簡単に出来ます(NE555,74LS123等)
その出力を必要に応じてブーストします。これは発振波形がパルスですので
トランジスタのオンオフ回路で良いです。
スピーカはオーディオ用のホーンツイータが良いのでは。

この説明で判りますか。製品を買ってくるのが良いのでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
電子回路については、まったくの素人ですが
最初から無理って諦めたら、人生進歩がないので
がんばってみます。

お礼日時:2002/02/25 00:04

こんにちは。



ホームセンター等で安く売られているので購入した方が早いのではない
でしょうか(^^;

ねずみが嫌う周波数がどのくらいなのかわからないですが、分かれば、
そうした固有振動数を持つ圧電素子を探すとか、そうした発振をするよう
に加工するとか、高周波発振器を作成してそこまでの周波数特性を持つ
スピーカーに繋ぐとか考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ねずみが嫌う周波数は15KHz~20KHzなのですが
低コストで作製可能でしょうか。
よろしければ、さらに詳しくご指導よろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/22 02:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由研究レベルで太陽電池の簡単な実験装置の作り方は

小学校の夏休みの自由研究で太陽電池を使って発電する簡単な実験装置を作りたいと思っています。安価な太陽電池のパネルや必要な部品の他、回路図などを入手することは可能でしょうか?
あるいは、手軽に手に入れられる教材などがあれば教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

電子工作キットを扱っているところにいけば入手できます。
昔からある有名どころとしてはエレキットなど。
http://www.elekit.co.jp/product/4a532d363130
http://www.elekit.co.jp/product/4a532d363930

燃料電池で走るミニカーのキットなんかもあります
http://www.elekit.co.jp/product/4a532d37393030

秋葉原に店舗がある秋月通商では各種電子パーツを扱っています。
通販もやっています。
http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx

ソーラーパネル単品
http://akizukidenshi.com/catalog/c/csolar2/

Q超音波を発生させる装置は簡単に自作できますか

水を強く掻きまわすような方法で超音波を作ることはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

「水を強く掻きまわす方法」とは、スピーカーなどを使わずに発生させる超音波で、キャビテイション/キャビテーション(cavitation)という現象のことでしょう。
 高速で回転する船のスクリューの表面で気泡が発生し、それが急激につぶれることで超音波が発生し、スクリューを破壊する現象として知られています。
キャビテイション OR キャビテーション 超音波 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+OR+%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_en%7Clang_ja
 それ以外の方法として、振動子を使うキャビテーションや超音波スピーカーですね。振動子を使う方法が一般的でしょう。双曲線局面を持つ振動子の一方(大きいほう)を、コイルで振動させ、小さいほう側から水中に超音波を放出する。

「水を強く掻きまわす方法」とは、スピーカーなどを使わずに発生させる超音波で、キャビテイション/キャビテーション(cavitation)という現象のことでしょう。
 高速で回転する船のスクリューの表面で気泡が発生し、それが急激につぶれることで超音波が発生し、スクリューを破壊する現象として知られています。
キャビテイション OR キャビテーション 超音波 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+OR+%E3...続きを読む

QWDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との比較について

WDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との違いについて教えてください。
*:蛍光X線ではなくSEMに付属するものです。
WDXはEDXと違いピークの分離能がよいことはわかるのですが、感度もやはりWDXの方がよいのでしょうか??
その他、WDXとEDXの比較が乗っているサイトとかわかる方
は、大変面倒とは思いますが、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

EDX(SEM計装)しか使ったことがないので,比較ができませんが,参考URLや下記サイトが参考になるでしょうか.
http://www.muroran-it.ac.jp/mat/momo/epma/epma.html
メーカーに問い合わせるのがいいと思いますよ.
取り急ぎ.

参考URL:http://www.dent.niigata-u.ac.jp/epma/edxwdx.html

Q電気分解の装置作りについて

ある化学物質の電気分解の装置作りについて質問があります。

(1)定電圧系において作用極の面積を固定した後、対極の面積を増加させると全体にかかる電圧、作用極にかかる電位、対極にかかる電位、全体を流れる電流値は一般的にどう変わるでしょうか??

(2)反応効率を上げるための電極の配置方法、撹拌方法、容器の形等はあるのでしょうか?

本やインターネットで調べたのですがなかなかでてこないので
ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どのような電気分解を考えて居られるのか良く分かりませんが、
1.水溶液系なのか溶融塩系なのか。
2.定電位電解なのか定電流電解なのか。
だけでもおおいに違うと思いますが、ポテンシオスタットなどはどうされるのでしょう。
単純に二電極に低電圧源から給電する水の電気分解と、工業的や研究に用いられる電気分解で装置建ては全く異なります。
詳細が公表できるなら、多少のお手伝いは出来るでしょうし、私よりもっと詳しい方もたくさんおいでですので、
開示の程度でお答えの深さも大きく変わるでしょう。

Q液晶製造装置とタッチパネル製造装置

各製造工程の液晶製造装置は、各タッチパネル製造工程に応用可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

I液晶パネル製造工程上のガラス洗浄、フォト・レジスト、シール塗布・スペーサ散布・張り合わせ、圧着・シール硬化、以降の基盤関連やセット工程などは応用可能でしょうね。
ただ実際のところ、指やペンで接触する程度のタッチパネルの製造に、液晶パネル製造時に必要とされるほどの精度は必要じゃないので、同レベルの製造装置はまったく必要としません。
また、現在大型化している液晶パネル製造装置の規模も、必要ないでしょう。

つまり、「応用」という程の事では無く、既存技術で可能であるという事です。
そのタッチパネルに、何らかの特殊技術を付与しようとする場合には、話が変わるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報