24歳、自宅住まい、アルバイト1年半勤務、年収200万以上です。
年金は一回も払ったことありません。免除もしてないので請求はがきがたまに来ます。シカトしてます。
保険証は親と一緒のものです。親の会社には私の年収を伝えてあるらしいので、扶養は外れていると思うんですが・・。
給料から引かれるのは所得税だけです。住民税も払ってないし、請求もきません。
私的には、出費が少なくすむので、このまま払いたくないんですけど。いつか払わなきゃいけない日が来るんでしょうか?やっぱまずいですか?
説教的な回答ではなくて、あくまで事務的なご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、年金。

前々職場が年金担当。未納者対策で電話・チャリンコで訪問して、「せめて、免除の申請を」とやってました。そこで良く訊かれるのは「払わないとどうなるの?」という内容。
答えは「障害とかになった時に、国民年金からの支給が出ない事。老後(現65歳基準)に年金が出ない」
「それだけ?」「法律上、義務になってる。」本音は「未納者に罰則適用例は一例も無い。」です。上司の前で言うとエラク叱られるが。年金なんて担当職員さえ「?」まぁ「交通事故にでもなったら免除しとくか」「子供が未納者」結構います。年金で差し押さえ、摘発なんて聞かないでしょう?優等生的な答えは「法律上の義務。未納は本人が困るだけ」これ以上は推測を…。
税金は課税部門。こっちは文面から、はっきり断言。今の状態でこれ以上何もやる義務は無い。何故なら「給与所得のみ」の人は、住民税の申告を自分でする義務は無い。(というより、除外項目に該当。)理由は
<給料から引かれるのは所得税…
所得税を雇用者サイドが税務署に申告済み。住民税はそれを元に各自治体で計算し、課税し、納付書を送付します。言い換えればまだ、住民税課税対象外です。税金滞納の心配は、納付書・督促状が来たら払えば良い。(親に年収を伝えてるだけで「偉い!」と言える。普通は、扶養者で所得税の写しを照らし合わせ「お宅のお子さんは扶養対象外では?」なんて一生懸命やってますから。)

と言うわけで、どうですか?ただ、そのうち住民税は納付書が来る可能性がありますが。
<いつか払わなきゃいけない日が来るんでしょうか?
その通りも「まだ住民税を払う日は来ていません!」
胸を張っていいとマジに思う。金持ちに限って親族を扶養・同居・事業専従者とかに利用したり、本当に「イヤラシイ」

P.S.住民税の申告義務は全くありませんが、例外は「医療費控除(親がする事になりますね)と「寄付金控除」(1万円以上寄付をしてその控除を希望するケース)これだけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まぁー!こんなご回答待ってました!安心しました。
友達のところ(隣の市)には、年金も住民税もしつこく請求が来ていたので、疑問だったのです。とってもためになりました。ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/20 22:54

2番の方も少し触れていますが、年金は老齢年金だけでなく障害者年金も含まれていますから、払った方が良いと思います。



今は健康でもいつ何時障害を負う事になるかわかりませんから…。
    • good
    • 0

国民年金は20歳以上強制加入です。


もちろん支払わないと年数が足りなくなって年金をもらえなくなったり支給時期が遅れたりと、年老いてからが心配です。
でも年収200万以上で住民税の請求が来ないのっておかしくないですか。
最近国民(厚生)年金も破綻状態で本当にもらえるのか心配ですが、一応国民の義務ですので支払わないと権利が得られません。ただそれだけのことです。
払っておいたほうが懸命だと思います。でも2年以上前にはさかのぼって支払えませんので早めにしましょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外移住した場合の年金や保険について教えてください。

海外移住した場合、国によっても異なると思いますが、年金、保険などどうしてらっしゃいますか?
日本で支払った厚生年金などの受取は可能ですか?
特に、フランス、アメリカ永住のケースについて教えていただければと思います。
漠然としていて申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカ永住者です。

まず公的年金についてですが、アメリカは日本の年金制度との相互乗り入れ制度を2004年から始めたところです。
ですので、25年に満たない年金もアメリカでSSNの加入・支払いをすることで合算での支給が可能になりました。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm

また保険制度ですが、日本に居住していない人に関しては(住民票の有無で判断)日本の国民保険に加入することができません。
ですので、海外在住になった段階でまず日本の保険制度とは関係なくなります。
(日本に住民票をおいての長期出張などはこれに含まれません)
#1の方が書いているのは、日本の保険に入っていて海外で治療を受けた時にその治療が日本の保険適用内の時だけです。
日本で行われない、または日本では必要と看做されない治療については支払ってもらえません。
また日本の保険基準に従っての支払いになるので、当然のことながら治療費が高いアメリカの治療は(たとえ適用内であっても)戻っても1/10位です。

通常アメリカでは勤めている会社で扱っている保険か自分で任意で保険に入ります。
特にアメリカは保険料も医療費も高いので、この会社で入れる保険会社については転職の際の大きな決め手になります。
保険の加入は喫煙慣習・飲酒慣習・がん家系かなどの細かい調査があって保険料が決められます。
このような形で保険に入らなければ医療は実際は受けられないと思ってください。
永住者に関しては、もし万が一医療保険がない状態で医療的治療が行われた時はアメリカ市民と同じようにMedicaid。(低所得者用保険制度)が適用されます
ただしその州によって、永住権をとってから何年後から適用というように決められています。

もし他にわからないことがあったら、再度書き込んでください。

アメリカ永住者です。

まず公的年金についてですが、アメリカは日本の年金制度との相互乗り入れ制度を2004年から始めたところです。
ですので、25年に満たない年金もアメリカでSSNの加入・支払いをすることで合算での支給が可能になりました。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm

また保険制度ですが、日本に居住していない人に関しては(住民票の有無で判断)日本の国民保険に加入することができません。
ですので、海外在住になった段階でまず日...続きを読む

Q無職です。年金は払いません。説教は結構です。

すみません。実家暮らしで、働いたことがないので収入0なのですが、
国民年金保険料納付案内書が届いたんですけど、どうしたらいいですか?
もちろん払いません。払う気もありません。
親が今まで、無職だから免除?みたいなものをしてくれていたみたいなのですが、
自分で解決したいのですが、働くという選択肢と収めるという選択肢以外で、
どうすればいいでしょうか?クズですみません。
ご教授ください。


祖父、年金。
祖母、パート+年金。
私、無職。です。
私は無職で、どこの企業にも属しておらず、世間的には無職ですが、
一応金銭的な収入はある状況です。このような場合、無職扱いになって、世帯収入は、
年金と、パートの分だけになるのでしょうか?私の収入は把握されていないと
思うのですが。ご教授お願いします。 銀行の預貯金額とかも調べられるのでしょうか?

私の見解では、企業などからの収入が役所に知れ、そこで家計内の総所得として勘定されている・・?

Aベストアンサー

年金保険料を払いたいけど、無職で金がないとして免除申請をしましょう。

この制度は「払えないから、払ってない」人は期間計算にいれません。
「払えないから、なんとかしてくれ、できたら免除してくれ」と申請をした者には「免除します」となり、免除期間は年金の計算をする際に加入期間として算入してくれます。
無論、全額キチンと払ってる方とは差が出ますが、それはしょうがないと諦めましょう。

一番困る場合として、年金保険料を、免除申請もなしで「滞納し続ける」と、仮に障害者になったときに障害年金が出ません。
私の知り合いで、そういう方がおられ、とても可哀想で不憫です。
「手続きさえしておけば」と後悔されてますが、後の祭りです。

年金保険料については、租税と同じ徴収手続きがとられますので、年金機構が自力で強制執行(滞納処分と同じ)をしてきます。自力でというのは、裁判所に訴えて差し押さえをしてもらうという必要がなく、年金機構の徴収職員自身が差押をする権限をもってます。裁判所から差押がされるということはありません(そういう回答が仮にあったら、間違いです。彼らはそんな手続きなどせずに、財産調査権限を持ち、財産差し押さえすることができます)。
「金があるのに納めない」という者の財産差し押さえは以前からされてましたが、昨今毅然たる態度で差押をするようです。
政府の考え方が代わったのと、社会保険庁から年金機構となるさいに「納める力がある人からは、強制的にでも徴収する」考えが強くなったと思います。

一番悪いパターンは「無連絡、無相談、払わない」です。
差押をして徴収してくれれば、まだ「支払期間がある」ことになりますが、無財産の方で差押えるものがないとなれば、自動的に「年金支払額の計算をする期間が不足してる」状態になるわけです。
差押されるのも困りますが、計算期間が不足してるので、受給資格がないとされるほうが、もっと困ります。
受給年齢になったときに「あなた、資格がありません」といわれても、それこそ後の祭りだからです。

年金保険料を払いたいけど、無職で金がないとして免除申請をしましょう。

この制度は「払えないから、払ってない」人は期間計算にいれません。
「払えないから、なんとかしてくれ、できたら免除してくれ」と申請をした者には「免除します」となり、免除期間は年金の計算をする際に加入期間として算入してくれます。
無論、全額キチンと払ってる方とは差が出ますが、それはしょうがないと諦めましょう。

一番困る場合として、年金保険料を、免除申請もなしで「滞納し続ける」と、仮に障害者になったときに障害年...続きを読む

Q国民年金について(海外移住者です。)

日本にいる間は厚生年金に加入しており、昨年末退職しました。
退職後急遽海外移住になり、国民年金も未払いの状態です。
今度一時帰国した際に支払おうと思っているのですがそれで大丈夫でしょうか。
海外に移住した場合でも任意で国民年金に加入できると伺いましたが市役所でも手続きができますか。
今後も加入しようかと思うのですが、一時帰国した際にそのことを伝えればよいですか。
また支払い方法もその時伺えばいいですか。
年払いすると少し安くなるそうですが、それは一時帰国し手続きした月からの年払いなのか、退職後からの年払いができるのか、なにかありますか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

海外在住(海外へ転出されてるのですよね)の期間は任意加入となります、すなわち任意加入申し込みをされた月のぶんからしか払えません。
手続きされたぶんからしか払えませんから注意してください。

Q父の払い込む年数が足りないので、もらえないが、払った分は戻ってくるんですか。

父は、払い込んでいませんでしたが、何ヶ月か何年か忘れましたが、払い込んでいる時期がありました。
当然足りないのでもらえないのですが、払い込んだ分は戻ってこないのですか。

Aベストアンサー

う~ん、#1,2の方のおっしゃるとおり、現状では「掛け捨て」のようなものになってしまいますね。
ただ、社会保険事務所に相談とかはしたんでしょうか?
純粋に払った期間のほかに、年金受給権をつけるための「カラ期間」と呼ばれるものがあったりするので、まずは相談に行ってみれば???
また、ギリギリの年数で受給権がつかない場合、60歳から65歳までの間で受給権がつくまで、国民年金を払うこともできますよ。
#2の方がおっしゃるとおり、特例措置も検討されていますし、まずは何年分足りないのか、調べてみてはどうでしょうか?

Q海外移住の際の手続き(年金・税金)

こんにちは。
国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。
日本を離れる際の手続き(年金・税金・雇用/健康保険等)
を確かめたいのですが。
(婚姻届とVISAの手続きは出しました。)

皆さん専門家(弁護士?社労士?)とかにお願いしてるのでしょうか。
websiteなどを調べているのですが、個別になっていて
情報もれがないか心配です。

年金は国民年金を払い続けられるらしいですが。。
経験者の方いたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。
この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/index.html の「2.国民健康保険(市町村、組合)中の 2番目の” ・ ” 」 

  また、住民登録を継続して、国民健康保険に加入していると、海外で医療を受けた時には、医療費の還付金をもらえます。
  還付金は、日本で医療を受けた場合の医療費に換算された金額から自己負担分を引かれた部分になります。
  従って、経験からすると、日本より、医療費が高額な国の場合はあまり効果は期待できないです。  
  手続きは、加入している区・市役所で聞いてください。

2.国民年金保険は、住民登録に海外への転出届けを出すと脱退する事になりますが、日本国籍を保持していれば、海外在住でも任意加入が出来ます。

  参照<2-1> 外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/index.html の「3.国民年金 中の 3番目の” ・ ” 」 
  参照<2-2> 社会保険庁サイトの「 国民年金の被保険者 」:http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/01.html中の【任意加入制度】の3.

  加入期間が25年以上あれば、海外在住でも、受給できるとのことです。
  国民年金保険の任意加入手続きは、区・市役所で、簡単にできますよ。
  保険料の支払は、銀行口座からの自動引落も出来ます。

>「国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。」。。。との事であれば、
夫君の国の国籍を取られるようですと、現在、日本は2重国籍を認められていないので、国民年金の任意加入が継続出来なくなる可能性もありそうですね。 

日本と外国間の社会保障協定:http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm があります。
北欧では、スウェーデンと交渉中のようですが、協定国が年々増えているようですので、時々チェックされると良いと思います。

税金は、1月1日付けで住民登録が日本国内にあれば、課税されます。
今年度分の所得が給与であれば、所得税や住民税等は、給与から天引きされていると思います。

但し、住民税は前年度分を今年度に払っているので、年の途中で退職された場合は、前年度分の残額(今年度に支払う分)は納付書で、本人が直接支払うことになり、今年度分(2009年1月1日~住民登録を海外へ転出する日までの分)は翌年4~5月頃?に納付書が送られてきます。
納付書は、住民登録のあった住所に送られてくるので、ご実家等へ転送されるように、日本郵便に転送届けを提出しておくと良いと思います。
住民税も銀行引落が出来ます。

それから、手続きについては、国民健康保険、国民年金保険、住民税等については、区・市役所へ住民登録の転出届を出す時に、半日ないしは1日あれば、必要な手続きは出来ると思います。
時間的余裕がなければ、専門家に依頼するのも良いと思いますが、手続きなどは、ご本人が行い、行動記録や提出書類等の控え書を保管しておくと良いと思います。
海外に居ると、日本への問い合わせなどすると時に、時間帯が異なるので、難儀する事がありますので、手続きや制度の内容を出来るだけ、ご自身で把握しておいた方が、後々役に立つことがあるのでは。。。と思います。
経験上の老婆心ながらですが。。。
       
      

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。
この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係につい...続きを読む

Q国民年金を夫は払わず妻だけ払うのは可能?

私は、厚生年金に加入して16年になります。そろそろ仕事を辞めようと思っています。
夫は自営業ですが、国民年金を払っていないそうです。
理由は、収入があると受給年齢に達しても、年金がもらえないからだそうです。

(1)国民年金を、ずっと払い続けても収入があると貰えないのでしょうか?
(2)私が仕事を辞めた場合、夫の国民年金は払わず、私だけ払えば、将来、私の分の年金は貰えるのでしょうか?
(3)仕事を辞めて、国民年金を払わなかった場合、16年間の厚生年金は無駄になってしまうのでしょうか?

自営で収入があるのを前提に、私も年金を払うのを辞めてしまおうかと思いましたが、
将来、離婚も考えられるので、自分の分の年金だけは払いたいと思っています。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 国民年金は最低限、25年間の支払い実績がないと、将来、年金をもらえません。この25年は断続的でも構いません。ひたすら通算されます。年金の制度上、厚生年金に入っている期間は、この国民年金の25年に参入されます。

 質問者さんの場合は、16年のお勤めの前に年金保険料を納めていないのであれば、あと9年間、働こうと無職だろうと払い続けないと、16年分が全額、かけ捨てになってしまいますのでご注意ください。

 年金は法律によりすべての日本人(日本に住む外国人も含む)は何らかの年金に加入しなければいけないことになっています。払わないというのは本来ありえないことです。経済的、健康上の理由などで払えないときは免除の制度もありますけれど。

 滞納が社会問題になっていますが、交通違反と似たところがあって、あまりに多くの人が払わないため行政も対応しきれないのです。悪質なケースでは財産の差し押さえまであります。それより何しろ、年取ってからが大変ですのでご注意ください。

参考URL:http://www.nenkin.or.jp/data/c03/c10301.html

 こんにちは。
 国民年金は最低限、25年間の支払い実績がないと、将来、年金をもらえません。この25年は断続的でも構いません。ひたすら通算されます。年金の制度上、厚生年金に入っている期間は、この国民年金の25年に参入されます。

 質問者さんの場合は、16年のお勤めの前に年金保険料を納めていないのであれば、あと9年間、働こうと無職だろうと払い続けないと、16年分が全額、かけ捨てになってしまいますのでご注意ください。

 年金は法律によりすべての日本人(日本に住む外国人も含...続きを読む

Q海外移住(オーストラリア)と国民年金

日本で3年、国民年金を払ってきましたが、オーストラリアの永住権が取れたので、行こうと考えています。

最近、日本とオーストラリアとの間で年金の条約が結ばれたと聞きました。年金を1本化する…という趣旨らしいのですが…。今後も日本の年金を払い続けたとしたら、満期に達した場合、海外にいても、受給できると聞きました(合っていますか?)。

でも、オーストラリアでも60歳か65歳から、政府の方から収入に応じて老齢年金というような形で生活費が出ると聞いています。この場合はどちらか一方からしかもらえないのでしょうか。

分かりにくければ、ご連絡ください。分かる範囲内で書きますので。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

〉今後も日本の年金を払い続けたとしたら、満期に達した場合、海外にいても、受給できると聞きました(合っていますか?)。
「満期」という用語はないんですが……。

もともと、外国に居住する人は国民年金に任意加入することができ、保険料納付済み月数に応じて年金が受け取れることになっています。
社会保障協定は関係ないです。

社会保障協定は、二重加入を防止するためのものです。

オーストラリアとの協定は、まだ発効していないから説明がないですが、共通部分のQ&Aは参考になるのでは?
http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm

Q払い忘れた年金は払ったほうが良いでしょうか?

国民年金について教えて下さい!
年金を受け取るには最低25年納めないと貰えず、47才が最後のチャンスと聞きました。2年遡って納め、70才まで納めという内容でした。自営業をしている妻が、年金を納めておらず、最後のチャンスといことで、納めるべきか悩んでおります。
年金について詳しい方、良いアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足です。
カラ期間は#2で述べた以外にもいろいろあります、可能性の高いものを例としてあげました。
なかなか、一般的にはわかりずらいのが難点ですが、一度ご確認ください。

年金受給資格については、いろいろな意見はあれど、年老いて年金すらない様なことななきようには、しておいたほうがいいですよ。

Q年金からの介護保険料自動搾取を防ぐために海外移住は有効か

介護保険料が所得に連動せず低年金者も同額で奪われることを知りました。
下記HPから、生活保護水準以下の人からも自動的に年金から奪う
とんでもない厚労省のやり口にびっくりしました。
「自治体窓口から見た介護保険料の仕組みと問題点
日下部雅喜(堺市職員・介護保険料一揆に連帯する木っ端役人の会)」

そこで、高齢者の骨までしゃぶった上で
保険適用以前に早く死なせようとする日本という国家から逃れて
所得に連動させずに一律に奪われるこのような税が無い
近場の東南アジアか大洋州国家に移住または帰化することで
日本の介護保険という名前の税を避けることができるかお尋ねします。
英語は得意です。

Aベストアンサー

>移住または帰化することで日本の介護保険という名前の税を避ける…

帰化は日本国民でなくなるのですから当然のこととして、1年以上の予定で海外転居届を出せば税法上の「非居住者」となり、介護保険に限らず所得税はじめあらゆる税が課税されなくなります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2012.htm

ただし、自動車税や固定資産税などは、それらの所有権を残したままにするなら課税されますので、納税管理人の選定が必要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1923.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q共済と国民年金の二重払いをしたので返還請求したい

20歳から24歳まで国民年金を払い続けてきました。

また、平成21年度分も一括で払ったのですが、今年4月から公務員になりまして、国民年金から共済の方に移ることになりました。

共済の方の年金は給料から天引きされるとのことで、このままでは平成21年度分に関し、共済の方でも年金を支払い、国民年金の方でも支払うという状況になってしまいます。

この場合、国民年金で一括で支払った平成21年度分に関しては返還請求ができると伺ったのですが、具体的な手順、必要書類がわかりません…。

同じ経験をなさったかた、対処法をご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一番手っ取り早いのは、共済組合員証(保険証)が届いたら
それをもって社会保険事務所に行き、国民年金から抜ける届出を
することです。
 何もしなくてもいずれそのうち還付通知が自宅に届きますが、
共済組合から社保庁本庁に加入したという情報が行くのは半年くらい
先になりなす。年に2回程度しか共済組合は情報を提供しないためです。いずれにせよ、還付通知書が届いたら振込先や住所氏名を書いて
郵送すれば、1ヶ月半程度でお金が返ってきます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング