マルシェル新規登録で5000円分当たる

明日、庭の一部目隠しに使う「袖垣」が届きます。
サイズは、高さ200幅60厚9cmです。

2本の木の柱部分を30cm程度地中に埋め込んで固定するのですが、少しでも防腐を長持ちさせる方法と防腐剤をご教示いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

木材が直接地面に触れないように、フェンスブロックなどを活用。


私は防腐剤はキシラデコール(http://www.jechem.co.jp/xyladecor/diy/xyladecor_ …)を使っています。大抵のホームセンターで売っています。定期的に塗装することが重要だと思います。

参考URL:http://www.diy-town.co.jp/sozai/shizai_fence.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
>木材が直接地面に触れないように
ここが懸念している個所ですので、参考になりました。
露出部は、天を向いている木口以外は、意外に持ちますよね。
URL大変参考になりました。

お礼日時:2006/06/16 12:12

木材を直接地中に埋めるのなら、やはり最強なのは、その部分より少し上までクレオソートを塗る事だと思います。

最近では臭いの少ない物も出回っているようです。我が家では最初デッキを作るときに地面の上の土台にクレオソートを塗りましたが、その臭いに驚きました。2週間ほどで臭いは飛ぶと教えて貰ったので直ぐには使わず、他の場所に置いておき臭いが飛んでから使用しました。でも効果は絶大で10年以上たった今もびくともしていません。昔の木の電柱や枕木にも使われていたもので防腐に対しては完璧では無いかと思います。

この回答への補足

済みません。
取り付け場所の都合で、袖垣本体が30センチほど高過ぎるので、
本体の柱を地中に埋めようと思います。

柱が地中か地上かで、腐食がかなり違うと思いますので、
素人考えですが、クレオソート塗布後に、

本体柱の埋め込む部分を幅広のビニールテープで何重にも巻く。

という方法は、どんなものでしょうか?

補足日時:2006/06/18 07:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
この質問後、毎早朝に住宅街をウオーキングする際に参考にしようと他所様の庭を見てきたのですが、直接柱を地中に埋めている家と、別に支柱を立て、そこに固定している家と半々でした。
アドバイス大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/17 23:13

普通は「焼柱」を使うでしょうね



http://item.rakuten.co.jp/taketora/ka00045/

そう高価な物ではありませんから交換しやすいように取り付けて貰ってはどうでしょうか?

でも、けっこう永く持ちますが...。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/taketora/ka00045/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

左右の柱は、一応焼いてありました。
URL参考になりました。
クイックアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2006/06/16 12:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹垣の設置方法

90cm×190cmの竹垣を自立して設置したいと考えております(竹垣の周辺には括り付けるものはありません)。
校庭のど真ん中に竹垣を立てることをイメージしてください。
現時点では杭を打ち(地面は土)固定しようと考えておりますが、その杭を地中にどれくらい埋めれば良いのか?地上にはどれくらい出して括り付ければ良いのかをご教授下さい。
出来ればコンクリートは使用したくありません。
尚、竹垣の密度は高く風の抵抗はかなり受ける様子です。

Aベストアンサー

こんにちは。

ちょっとイメージしてみました。
うわぁ暑い。これは午前中に終わらせないと熱射病になりそうだ。あ、水持ってくるの忘れた。しかし校庭の真ん中に竹垣立てて邪魔にならないかな・・・。

建築資料研究社発行の「竹垣・石組図解事典」によると建仁寺垣のような風を受ける竹垣でも高さ1950mmに対し埋め込み深さは500mmとなっています。
しかしどこでもこの寸法で通用するわけではありません。風が強くない場所か、倒れてもあまり被害のない場所の為の寸法と考えるべきでしょう。

やはり同じ出版社の積算ポケット手帳に大和塀といわれる板塀の詳細図があります。高さ1500mmに対し、埋込深さ500mmを確保しているにもかかわらず、控え柱を主柱2本毎に建て、尚且つ根がらみ(地中梁のようなものです。)まで作るよう図示されています。

板塀は風を受ける敷地の境界沿いに建てることを想定してのものですから、後者のほうが質問者さんの要求する品質に近いと考えます。
従ってコンクリートを使わないのであれば、埋め込み深さは600mm程度にして、根がらみを付ける。出来れば控え柱をつければ尚良いでしょう。柱の埋込の転圧はこれでもかというほど突きまくってください。

こんにちは。

ちょっとイメージしてみました。
うわぁ暑い。これは午前中に終わらせないと熱射病になりそうだ。あ、水持ってくるの忘れた。しかし校庭の真ん中に竹垣立てて邪魔にならないかな・・・。

建築資料研究社発行の「竹垣・石組図解事典」によると建仁寺垣のような風を受ける竹垣でも高さ1950mmに対し埋め込み深さは500mmとなっています。
しかしどこでもこの寸法で通用するわけではありません。風が強くない場所か、倒れてもあまり被害のない場所の為の寸法と考えるべきでしょう。

やはり...続きを読む

Q土に埋める木材を腐食させない方法

知り合いの息子たちが
卒業記念に記念樹を植え、その横に
卒業生の名前を書いた木材の柱を埋めるそうです。
子どもたちが成人するまで(後8年くらい)は腐食させないで
しっかり立たせておきたいということです。
そこで質問です。
土に埋めた木材を、腐食しないでもたせる方法を教えてください。
「焼く」とかという方法もあるようですが・・
「防腐剤を塗る」という方法もあるようですが・・
それぞれの注意点、手順、その他の方法など、教えていただけたらうれしいです。
安価で簡単な方法がベターです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは焼き杭にする事です。
ペール缶などに木っ端材などを入れ炎を上げ杭を炙る感じにすればOK。
最後に水をかけておかないと燃え尽きる場合がありますので、ご注意を。

Qレモンにアゲハ蝶が卵を産んで困っています。

大阪府に住んでいます。
3年前のゴールデンウィークに80センチくらいの木を購して庭植えしました。夏にかけて新しいきれいな葉っぱが
生えてきて10センチくらい背が伸びるのですが、ふと秋頃に気づくと新しく生えた部分が全部無くなっているのです。2年目に犯人がアゲハ蝶の幼虫であることに気づきました。今年も10センチほど新しく伸びたのですがやはり
アゲハチョウの幼虫がウヨウヨいます。1週間も見ていないとあっという間に増えてしまいます。割り箸でつまんで捨てるのですが、これ以外にどういった対処方法がありますか?また初夏に花が咲いて良い臭いがしますが実がなる気配はありません。年に1度3月頃に追肥をしています。
今後の育て方についてアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

揚羽蝶の産卵を防ぐには防虫網を架けるのが,そのことだけを考える場合はもっとも簡単です.しかし,網目に接した葉っぱに産卵されたら,逆に幼虫保護になってしまいますし,殺菌剤を撒くときにはそのままでは邪魔になります.
 晩春から夏の産卵の時期には、オルトランなどの浸透移行性の薬剤を3ヶ月に2回程度地面に散布して幼虫の段階で除去します.もし,葉を食われた部分を発見したら,とりあえず手で除去すればよいでしょうが,なかなか取りきれるものではありません.夜盗虫か他の虫が食っている可能性があります.実が付いている時期は、幼虫専用で人畜無害のトアローを散布すると良いでしょう.

Q家庭用、簡単なブロック基礎の作り方(ブロック塀2~3段)

簡単なブロック基礎(ブロック塀2~3段)の作り方がわかりません。穴を掘り砂利を敷き、足で踏んでセメントを流してブロックを置きならべていくということですが平行にならないと思います。各ブロックはでこぼこになるとおもいます。また水平器や水糸を使ってどのようにして修正していくのでしょうか?実はホームセンターの人も詳しくは知らないらしく、こちらは家の周囲と犬小屋の塀(子犬がその中で自由になれる様に)をつくりたいのでこまっています。本が1冊だけあって取り寄せたのですが省略が多く、また専門用語だらけでむずかしいでしょう。詳しくわかりやすく超素人に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
いと思います。固まるまで次の日まで待ちます。

基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません
が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。コレを水糸といいます。

この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に
前もって出しておきます。このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。

この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り
に積んでもまっすぐには絶対に積めません。

ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い
て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ
うに決めていきます。当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・

またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。

分かるかな~?

参考URL:http://www.landes.co.jp/ext/diy/block.htm

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング