医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院として、医師やその他の資格、免許を持っていないにもかかわらず、治療して、治療費を受け取っていましたら、業として行っていることから、「医業」にあたり、取締りにはなると考えます。
 そうでなければ、民間療法として、たとえば、おばあさんの知恵といったものまで禁止され、非常に生きにくい社会になってしまいます。
 職業としての医師の身分を保証した条文なのはわかりますが、業(なりわい)としていない、単なるアドバイスとしての「医療行為」までは禁止した法律ではないと考えますが、いかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。


 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付けられており、ともに、罰則規定が設けられています。

 匿名の元で行われる医療行為は医業に該当するかについては、その判断は恐らく内閣法制局も、現段階では下せないのではないでしょうか。その責任の所在があいまいなこと、特定できないことという理由から推測します。当事者に責任能力があるか、(能力という言葉は不適切かもしれませんが)ということですね。

 しかし、この医療相談により、医療過誤という問題が起こったときは、匿名性などに規制という枠組みをはめようとする議論が、今までの医事法制の流れから、起こることは予見できると思われます。取り越し苦労かもしれませんが、そのようなことは起こって欲しくないことに加えて、何よりも、回答者様には立法主旨を是非ご理解の上、ご回答していただくよう重ねてお願いしたく書きこみました。

 私は、このサイトが好きで、合間にのぞかせてもらっています。他の擬似サイトに比べると、はるかに質が高いように思います。ぜひ、よき方向にご質問者様、ご回答者様、運営者様のもと、このサイトが発展されることを心からお祈りします。

 回答になっていないので、申し訳ないのですが、アドバイスにチェックしてしまいました。

 最後に、ddiibb様、また、最初に回答させていただいたkuaaina様、発言の機会を与えて頂いてありがとうございました。また、一部ひんしゅくを買った記述がもしありましたら、どうぞご容赦下さい。決して批判したり、非難するつもりで書きこんだことではないことをどうぞご理解くださいませ。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって済みません。丁寧なアドバイスありがとうございました。慎重に回答・アドバイスをしていきたいと思います。

お礼日時:2002/02/23 03:37

ddiibb さん こんにちは



この質問立ち上げていただき感謝m(__)m

全くの素人の回答です。あくまでこのサイトで「医療」「病気」「メンタルヘルス」に対する質問に対する回答について。

まず、営利目的ではないということ。また、回答の殆どがアドバイスであること。また回答の殆どが、●●を行いなさい、もしくは●●を服用しなさいと強制していないこと。●●が良いらしいですよ!というアドバイスがほとんどであるという事。

医師が電話で患者からの質問に回答するのは医療行為です。実際、点数加算されますからね。ですがこのサイトにおきましては、医療行為でないと思います。NO1のhanaboさんが言われる通り、親切心であり、心配をする配慮であり、知人への愛情であり、体験からのアドバイスと思います。

私が言える立場でないと思いますが、貴方がこの質問を立ち上げたきっかけは、私の質問でしょう。ごめんなさいね

それでは by クアアイナ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって済みません。アドバイスありがとうございました。あくまで、私の判断で勝手に質問を立ち上げましたので気になさらないで下さい。

お礼日時:2002/02/23 03:35

医師法でいう『医業』と一般用語における『医療行為』は厳密には違います。


医業を営めるのは医師のみですが、医師の指示によって医療行為を行なえるのは医師のみならず看護婦やそのほかコメディカル全てです。
ただし普通に会話する時は医療行為という用語にどこまで狭い意味付けをしているかが問題です。
医業と間違うような使い方をしているものは多くあります。

>風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます・・・○です。
ですが、誤解を生じかねない書き方でしたので蛇足ながら付け加えます。

問題なのはまったくの無償であっても例えば薬剤師が説明するなどの行為は周辺で金銭が発生しているところが問題なんです。行為そのものではなくともその周辺で金銭授受や利益の取得が発生しているものはボランティアとは呼ばれず、医業を禁止する項目に抵触します。
また完全なるボランティアであっても『診察・治療行為』というものは医師免許の無いものには禁じられています。
合法的に人の体を傷つけうる行為を許されているのは医師のみです。つまり治療行為は相手を傷つける可能性のある行為ですから方に触れます(緊急避難を除く)。つまり継続的にこうした行為を行うボランティアというものも禁止条項に当ります。(継続的に続く緊急避難など存在しえないから)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって済みません。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/23 03:32

 医療行為の判例には明るくないのですが、自分の知っている限りをとりあえず…。

念のため、医師ではありません。

 まず、医師法第17条でいう「医業」とは、「反復継続の意志をもって医療行為を行うことである」という判例があります(例えば、昭和36年(う)第841号、昭和41年(う)第2978号)。では、どのような行為を医療行為というのかについては、前者で「人の疾病の治療を目的に診察・治療をすること」との解釈がなされ、また、昭和32年(う)第714号では、「人の病名・容体を聴き病状を判断して、これに適当な薬品を与え、または薬液を注射するなどの行為をいう」との解釈がなされています。

 このように、ほとんどの判例によれば、「行為を繰り返して伴うとダメ」ということのようなのですが、「この症状には、このクスリを服用しなさい」と断定して特定の薬を勧めるというのも基本的には宜しくないのではないでしょうか?
 実際、薬売商がサービスで血圧測定し、その血圧から、「あなたには、こういう持病があるようです。この薬がよいですよ」として販売した行為が医療行為に該当するとした判例(昭和33年(う)第17号)もあるくらいです。
 このサイトで、「症状がこれだから、多分、●●だと思います。これに効くのは×××というクスリなのですが、でも、断言はできません」とアドバイスするのは構わないだろう、とは思いますが。

 なお、「医業」とみなされるのは、営利・非営利を問いません。昭和27年(う)第833号、昭和27年(う)第1336号でも明確に述べられています。なぜなら、医師法第17条の主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあるからです(昭和27年(う)第1336号)。

 では、「おばあちゃんの知恵袋」がダメなのかというと、そうではないようです。医師法第17条の問題になるのは「医療行為」であって、熱が出た孫にたまご酒を飲ませたり、消化の良い食物を食べさせたりするのは、そもそも投薬ではないので医療行為には当たらないはずです。家庭内で市販風邪薬を服用させるのも、家庭内での行為は「反復継続して行う」ものではないですから、法に抵触する行為ではないと思います。

 判例から自分なりの考察を書き込みましたが、医療に従事する者ではないので、思い違い等あるかもしれません。特に、最後の一文は自信ありません。あくまで、私の考察であることを考慮されますようお願い致します。

この回答への補足

すみません、ご回答へのお礼の最後のご質問に書き忘れがありました。
このサイトが匿名でやりとりされているということは、
違法性を構成する条件にどのように
影響し、斟酌されるかについてもお答えいただければ幸いです。

補足日時:2002/02/22 20:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 法律分野では全くの素人です。判例というものはどの程度拘束力があるのですか。つまり、過去に判例があるから、罰金などを行政は科すことができるのですか?
 そうだとすると、書かれている判例からの罰金を科せられる条件は
1営利・非営利を問わず、
2医師以外の者が、
3反復継続の意志をもって
4又はその意志を持たなくても
5人の疾病の治療を目的に診察・治療をし、
6より具体的には人の病名・容体を聴き病状を判断して、これに適当な薬品を与え、または薬液を注射するなどの行為をした
場合と考えていいのですか?

 そうだとすると、このサイトで、
1医師以外の者が
21回でも
3相談者の疾病を治すことを目的に
4薬品の服用や治療方法などを勧める
行為は、
※断言できないなど医学的な根拠に自信がないことを明らかにしなければ、
医師法上の違法になると考えてよいのでしょうか?
重ねてお尋ねして申し訳ありません。特に※はこのサイトで回答するための必要十分条件かどうか教えてもらえませんでしょうか。

お礼日時:2002/02/22 19:38

これは,医師の方たちにお答えしてもらうものでしょうが・・・。



診断して,薬の処方などの治療行為をするのが「医療行為」だと思います。
つまり,「風邪ですね。薬を飲んで休養しなさい」は医療行為で,「風邪じゃないかな。薬を飲んで休養したほうが良いよ」は医療行為外だと思います。

また,何らかの理由により,すぐに医師の診断を仰げない場合などで,電話等で医師に症状を伝え,医師の指示の下,処置をした場合は医療行為であると考えられますが,法律には反しないと思います。だって,そうでなかったら,緊急時の救命行為などは違法行為になっちゃうもの・・・。

まぁ,素人考えですから,間違っているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。怪我をして、あかちんを塗るといったことは、よくあることで、昔、保健室でやってもらったことがあるのですが、医師ではなく、養護教諭の免許をお持ちの先生による、治療行為ですよね。まあ、いわゆる診断というか判断をして応急処置をしたと考えるわけですが、これは、医師法でいう医業には該当しない医療行為だと思うのです。業として行っていないので。
 緊急避難的な応急処置は、また、話は別のような気もするのです。例外として。そうしなければ、その人の命が危険にさらされるわけですから。
 ただ、赤チンを塗るという治療行為は業として行っていないので、医師法でいう医業にはあたらないと考えるのですが。

お礼日時:2002/02/22 17:41

 単なるアドバイスは、医療行為には該当しないと思われます。

医療行為の定義はあるのでしょうが、治療が目的であること、医学的な裏づけがあること、患者が承認をしていること、などがあげられるかと思います。
 「薬を飲んで休養しなさい」と声をかけるのは、親切心であり、心配をする配慮であり、家族の愛情であり、体験からのアドバイス、でしょうから医療行為には当てはまらないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のアドバイスありがとうございます。重ねてお聞きして申し訳ありませんが、医師法でいう医業と、おっしゃられている「医療行為」は同じ意味ですか?
 また、医師法でいう医業というのは、業として行っていることが必要十分条件でしょうか?
 業として行っていないが、家庭医学書などの本から医学的な知識を得て、ボランティアとしてアドバイスをするのは、医師法でいう医業にはあたらないと考えるのですが。

お礼日時:2002/02/22 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免許の無い助手の医療行為について

ちょっとどうかなー、と思った事が有るので質問します。保健師助産師看護師法 31条に看護師でない者は
医療行為を行ってはならない。ただし、医師法、歯科医師法で定める行為は除く。と有るのですが、これは看護師免許が無くても医師の指示なら医療行為をしても良いという事ですか?実際、クリニック等で看護師の方が薬の調合をしてますが、行為は違いますが同じ
ように捉えてみると医師の指示で免許のない助手の人
が医療行為をしても良い様に捉えてしまいます。いかがですか。

Aベストアンサー

見当違いの話ならば、ごめんなさい。

「医療的ケア」ってご存じですか?
免許のない者が、医師の許で、研修を受けてから行われる医療行為です。(実際には吸引・吸入などの簡単なモノだけですが・・・)

実際、薬の調合まで医師が免許のない助手に任せるかは、疑問ですが・・・

Q企業の賞賛行為は迷惑行為として不法行為にあたるのでしょうか?

知り合いは匿名掲示板で、とある企業をほめ殺しかといわれんばかりに
気が狂ったかのごとく過剰といえるほど賞賛しているのですが、
この気が狂ったような賞賛行為を、企業側が迷惑に感じて
企業側が知り合いを民事(不法行為・迷惑行為など)で訴える事はありえるでしょうか?

知り合いのこの行為は2年間継続的に行っていました。
この行為で知り合いは匿名掲示板の住人から鬱陶しがられています。

Aベストアンサー

実際に訴えるには、実際に企業に損害が発生していることが必要なので、ほめ殺し程度では難しいと思います。

名誉を毀損する行為であれば、例えばそれにより評判が落ちた、株価が下落したなどの損害が発生しますし、
それを証明できるなら告訴もありうるでしょうが、気が狂ったように褒めちぎる程度では何の効果もないと
思いますので、企業側も相手にしないと思います。

Q医療行為の範囲(視力検査)と判例、あなたの判断は?

 眼鏡店で視力検査をして眼鏡をいつもつくっていましたが、眼科医会のHP  
 http://www.gankaikai.or.jp/health/11/09.html

 などそれは医療行為であるとしています。しかし、実際には多くの眼鏡店が普通に検査しています。

そこでいくつかの疑問があります。判例や専門家の方の判断はもちろん私と同じような法律を学ぶ学生のかたの判断をお聞かせください。ちなみに教授は「グレーゾーンだから答えは出てこない」とのことでした。

1,近視とか乱視ということが医療行為なのか
2,視力を計ることが医療行為なのか
3,たとえば白内障かもしれないから医者へ行きなさいとか病名を口にするから医療行為なのか
4、そもそも処方箋以外の眼鏡作成が違法行為なのか

 眼科医の方や眼鏡店の方とくにアドバイスお願いします。HPや参考文献等の情報も待ってます。

 医師法の17条だけでははっきりしませんでした。

Aベストアンサー

タダの素人が検索しただけですので,そのお積りで参考にして,御自分で良くお考え下さい。

 チョット古いですが,下記の通知を御覧下さい。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=766&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=6
  検眼行為について

『眼鏡店において、非医師が、検眼機を使用して検眼を行う場合・・・(中略)・・・医師法第十七条・・・(中略)・・・違反を構成するものと解せられる。』

『なお、検眼について非医師の行い得る範囲は、眼鏡の需要者が自己の眼に適当な眼鏡を選択する場合の補助等人体に害を及ぼすおそれが殆んどない程度に止るべきであり、通常の検眼器等を用いて度数の測定を行うが如きは、許されないものと思料する。』

 どの様な検眼の仕方をするかが問題なようです。どこまでが『人体に害を及ぼすおそれが殆んどない程度』かの判断は難しそうですね。その意味では,教授がおっしゃる「グレーゾーンだから答えは出てこない」となるのかもしれません。

 なお,同じ事ですが,こちらも参考になるかもしれません。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=294&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=4
  検眼の広告及びその行為について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=780&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=3
  検眼器設置による眼鏡の販売について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8c%9f%8a%e1&EFSNO=784&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=1
  コンタクトレンズの取扱について

参考URL:http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFS

タダの素人が検索しただけですので,そのお積りで参考にして,御自分で良くお考え下さい。

 チョット古いですが,下記の通知を御覧下さい。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=766&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=6
  検眼行為について

『眼鏡店において、非医師が、検眼機を使用して検眼を行う場合・・・(中略)・・・医師法第十七条・・・(中略)・・・違反を構成するものと解せられる。』

『なお、...続きを読む

Q医師法第17条でいう医業の範囲について

医師法第17条でいう医業の範囲について判断した、判例があれば、その内容を教えてください。医業の定義、具体例があれば幸いです。また、医療カテゴリでの回答者への注意書きとして『「それは○○という病気です/と思われます」「○○という薬を使用してみてはいかがでしょう」といった、病状の改善を目的とした投薬や治療方法に関する指導やアドバイスは、医師法第17条に反する恐れがあるため、禁止させていただきます。』とあるのですが、その判例から見てどう思われますか。ご感想をお聞かせください。

Aベストアンサー

1.医療行為は、人の生死にかかわる可能性があり、国が免許を与えた一定の資格をもった者しか行ってはならない。(医業の独占)
2.医師であっても、患者を観察、診察せずに診断を行ったり、治療、投薬等に関する方針を決めてはいけない。(無診断治療の禁止)
3.「診断」自体も重要な「医療行為」であり、医師以外が業として行ってはならない。

などの諸要素を勘案しながら、ケースバイケースで判断が行われます。

医師以外の者が、実際に質問者の観察もせずに、単に書き込みという一方的な情報を読んだだけで、診断名や薬を断定するのは、医師法17条に違反するおそれが大といえます。

回答者が医師であっても、無診断医療に該当して好ましくありません。

断定を避けながら、いろいろな可能性を指摘し、最終的な判断は、主治医の診断を仰いで決めなさい。という回答が、望ましいものと思われます。

Q保育士の医療行為について

乳児保育所に勤務する保育士です。
最近勤務し始めた保育所で保育士が行っている医療行為について質問します。よろしくお願いします。
乳児保育所ですが看護師が不在です。
これまで、喘息発作をもつ園児が携帯用の吸入器具を持参した場合、
保育士が吸入を行ってきたそうです。
わが子が幼い頃喘息持ちだったという保育士さんは、特に吸入行為に慣れているということで、頻回に吸入行為を行っていたとの事。
「わが子にしてきた事なので、簡単なのよ」と話されていました。
吸入という行為は医療行為と了解していた私には驚くばかりなのですが、園長先生にあっけらかんと「簡単ですよ、吸入は。先生も覚えてくださいね」と要請されると、「私がおかしいのかしら。吸入は誰でもできる医療行為なのかしら?」とさえ思ってしまいます。
保育所において、このような行為は行ってよいのでしょうか?
詳しくご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

看護大学の教員です。

医師・看護師が常駐しない介護の現場や学校等で誤解が生じないように何が医行為で何が医行為でないのかについては、平成17年に厚労省から通達が出ています。
医師等や薬剤師の指導を受けていることを前提として、3つ重要なポイントがあって、投与する子供さんの状態が安定していること、個人向けに薬が処方されていて、投与量の調整などの必要性がないこと、投与に伴う危険性が(出血など)ないことです。

「吸入は誰にでもできる」ことなのではなく、医療職のサポートの下で、「きちんとできる人であれば吸入をしてもよい」という理解をしていただければと思います。
また、医療職や保護者から説明を受けている場合を除き、いつもと様子が違うといった場合に薬をどうするのかといったことを保育士さんが自分で判断するのは適切ではありません。そういうときの連絡体制ができていることも重要だと思います。

参考URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/jigyo/shougaifukushi/fukushi/tuutirui/files/iryokoui.pdf

看護大学の教員です。

医師・看護師が常駐しない介護の現場や学校等で誤解が生じないように何が医行為で何が医行為でないのかについては、平成17年に厚労省から通達が出ています。
医師等や薬剤師の指導を受けていることを前提として、3つ重要なポイントがあって、投与する子供さんの状態が安定していること、個人向けに薬が処方されていて、投与量の調整などの必要性がないこと、投与に伴う危険性が(出血など)ないことです。

「吸入は誰にでもできる」ことなのではなく、医療職のサポートの下で、「きち...続きを読む

Q営利法人による医業行為は許される?

勤務医である医師が副業として業務委託契約で医業を行う場合(アルバイト感覚ですね)、
それを法人として遂行することは法律上可能なのでしょうか?
ただし、医師はあくまでも勤務医が本業なので、一人医師医療法人にはなれないため営利法人としてやることになってしまいます。
しかし普通に考えて医師法17条に抵触している気もしますが・・笑

Aベストアンサー

医師法の17条は、医師以外のものが業として(ここでいう業とは、継続反復してという意味で、対価をもらってという意味ではありません)医療行為をしてはいけないという規制で、医師免許を持った方には関係のない条文です。

一方で、「医療法」に、営利を目的として医療機関の開設を求めてきたときには、行政は許可しないことができるという条文があり、現在は株式会社などが病院の開設をしようとすると許可されません。

但し、医療法も、営利を目的に医業をしてはならないという法律ではありませんので、JR病院(旧鉄道病院)などの病院は、株式会社の病院で、東芝病院、NTT病院など株式会社の病院がたくさんあります。(要は新規に開業できないというだけですし、法律は「認可しないことができる」という条文で、法文上は認可もありえます)

医療法人は認可されませんが、一般の「法人」(株式会社など)なら医師も設立が可能です。

ただ、アルバイト先が法人と契約することは、まずありませんが、OKというなら問題はありません。

ただ、法人と個人は別の人格ですから、法人が個人である医師を「派遣」するということになって、派遣法の問題が新たに生じるかもしれません。

医師法の17条は、医師以外のものが業として(ここでいう業とは、継続反復してという意味で、対価をもらってという意味ではありません)医療行為をしてはいけないという規制で、医師免許を持った方には関係のない条文です。

一方で、「医療法」に、営利を目的として医療機関の開設を求めてきたときには、行政は許可しないことができるという条文があり、現在は株式会社などが病院の開設をしようとすると許可されません。

但し、医療法も、営利を目的に医業をしてはならないという法律ではありませんので、...続きを読む

Qヘルパーの医療行為

ヘルパーの医療行為

ヘルパーの人は、医療行為をする事もあると聞いたのですが本当ですか?

実際、どんな事をするのですか?

Aベストアンサー

禁止されているけどあるにはある。
でもそれは施設などでどこまで容認されているかにもよると思うから、一概には言えないと思う。
看護師がやるのは当然だけど、看護師が手が離せないとか急ぐとか、これくらいなら自分で出来るなんて時はやる事もある。

Q医療関係(医師、薬剤師医療事務)法律に詳しいかたにお聞きします。

医療関係(医師、薬剤師医療事務)法律に詳しいかたにお聞きします。

私は病院勤めをしています。電子カルテでロックがかかってなければ簡単にその患者のカルテが開け、院内だれでもカルテをみることができます。

なので私自身はあんまりうちの病院にはかからないようにしてます。風邪くらいかな。私の個人情報みられるの嫌だし。


前おきが長くなりました。そんな環境下の中、この間救急受診のカルテをみていたら、知った名前がありました。

ひらいてみてしまいました。同じ病院で働いている医師(若手)自身のカルテでした。

これはまずい、と思ってすぐに閉じようとしたのですが、薬のオーダー画面が全面にでてしまいみてしまいました。

去年1年の間に4~5回受診して、内服をもらっていました。

そこまでは問題ありません。

処方の内容と出し方が異常でした。もちろん風邪、抗生剤などもあるのですが、それに不随して睡眠導入剤3種類、安定剤2種類をそれぞれ屯用で10回分づつくらい処方されてました。

ようするに種類は違えども睡眠導入剤が手元に30錠あるような状況です。しかも救急受診で。


もちろん自分(医師)が出してるわけではなく、他の医師のカルテからオーダーされてます(医師は自分で自分の処方はできませんから)


しかしこの処方の出し方おかしくないでしょうか?何か薬事法、医師法にひっかかりませんか?


私は単純にその医師が内服するために処方したんだと思い込んだのですが、他の上級医師に相談したところ、自分のための処方ではなく、誰か別の人に渡すため、もしくはネットなどで売る?とか、そういう可能性もあると。


どんな用途にしろまずいし(自分で内服してたとしてもむちゃくちゃ、他人に渡すにしてもやりすぎ)

様々考えられますが、まずこの処方の出し方自体が問題にはなりませんかね。


私としては報告したほうがいいと思うのですが、こういう場合どこにどうやって報告?密告?したらいいのかわかりません。

院長あてに直接匿名でメールを送る、、、とかですかね。

詳しいかたいらっしゃいましたらアドバイスよろしくお願いします

医療関係(医師、薬剤師医療事務)法律に詳しいかたにお聞きします。

私は病院勤めをしています。電子カルテでロックがかかってなければ簡単にその患者のカルテが開け、院内だれでもカルテをみることができます。

なので私自身はあんまりうちの病院にはかからないようにしてます。風邪くらいかな。私の個人情報みられるの嫌だし。


前おきが長くなりました。そんな環境下の中、この間救急受診のカルテをみていたら、知った名前がありました。

ひらいてみてしまいました。同じ病院で働いている医師(...続きを読む

Aベストアンサー

薬剤師です。
当直の医師が他のDrの名前で自分の薬を処方する事はよくあります。
処方日に処方したDrが勤務していなければ不正が明らかになるでしょう。
ただ医師は激務なので、睡眠導入剤が必要な場合もありますし、また、そのような行為を病院が黙認している場合もあります。
また、個人情報の問題で、あなたが知りえた内容を他の人に伝えた時点であなたが罪に問われる場合も有ります。
長々かきましたが、私の結論としては、病院ではよくある事。
になります。

Q「医師法でいう医業」と「医療行為」は業(なりわい)として行うかどうかで違うのではないですか

 医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院として、医師やその他の資格、免許を持っていないにもかかわらず、治療して、治療費を受け取っていましたら、業として行っていることから、「医業」にあたり、取締りにはなると考えます。
 そうでなければ、民間療法として、たとえば、おばあさんの知恵といったものまで禁止され、非常に生きにくい社会になってしまいます。
 職業としての医師の身分を保証した条文なのはわかりますが、業(なりわい)としていない、単なるアドバイスとしての「医療行為」までは禁止した法律ではないと考えますが、いかがでしょうか。

 医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院とし...続きを読む

Aベストアンサー

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。
 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付けられており、ともに、罰則規定が設けられています。

 匿名の元で行われる医療行為は医業に該当するかについては、その判断は恐らく内閣法制局も、現段階では下せないのではないでしょうか。その責任の所在があいまいなこと、特定できないことという理由から推測します。当事者に責任能力があるか、(能力という言葉は不適切かもしれませんが)ということですね。

 しかし、この医療相談により、医療過誤という問題が起こったときは、匿名性などに規制という枠組みをはめようとする議論が、今までの医事法制の流れから、起こることは予見できると思われます。取り越し苦労かもしれませんが、そのようなことは起こって欲しくないことに加えて、何よりも、回答者様には立法主旨を是非ご理解の上、ご回答していただくよう重ねてお願いしたく書きこみました。

 私は、このサイトが好きで、合間にのぞかせてもらっています。他の擬似サイトに比べると、はるかに質が高いように思います。ぜひ、よき方向にご質問者様、ご回答者様、運営者様のもと、このサイトが発展されることを心からお祈りします。

 回答になっていないので、申し訳ないのですが、アドバイスにチェックしてしまいました。

 最後に、ddiibb様、また、最初に回答させていただいたkuaaina様、発言の機会を与えて頂いてありがとうございました。また、一部ひんしゅくを買った記述がもしありましたら、どうぞご容赦下さい。決して批判したり、非難するつもりで書きこんだことではないことをどうぞご理解くださいませ。

 

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。
 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付...続きを読む

Q医師法の条文を調べるには?

医師法の条文を調べたいのですが・・・。

手元にある小六法には見当たりません。
普段、六法全書など見ることはないので、細かい字で探せないのでしょうか。それとも、小六法には掲載されていないのでしょうか。

図書館に行ってみようと思いますが、何をみればよいのでしょうか。

ネットで条文そのままを探すことはできるのでしょうか。
見たいものは、○○条と決まっています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原則的には
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%A2&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S23HO201&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
を使うのが簡単です。

こういう本もあります。
基本法、医療施設、医療関係者、臓器移植・死体解剖、薬事、予防衛生、保健衛生、環境、社会保障、国際医療、判例等医療に関わる法律は網羅していると思われます。
http://www.amazon.co.jp/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%85%AD%E6%B3%95%E3%80%88%E5%B9%B3%E6%88%9022%E5%B9%B4%E7%89%88%E3%80%89-%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%85%AD%E6%B3%95%E7%B7%A8%E7%BA%82%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A/dp/4805849096

原則的には
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%A2&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S23HO201&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
を使うのが簡単です。

こういう本もあります。
基本法、医療施設、医療関係者、臓器移植・死体解剖、薬事、予防衛生、保健衛生、環境、社会保障、国際医療、判例等医療に関わる法律は網羅していると思われます。
http://www.amazon.co.jp/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%85%AD%E...続きを読む


人気Q&Aランキング